カテゴリー

ひと











« 未来日記 テレ玉(10/30)#04 | トップページ | 2011年秋アニメ 視聴途中評価 »

2011年10月31日 (月)

境界線上のホライゾン チバテレ(10/30)#05

第5話 月下の卒業者

公式サイトから    (ラノベ原作アニメ)
 花火の正体は、三河の君主、松平・元信が仕掛けた地脈炉の暴走だった。まさに消滅せんとする三河の地で、世界に向けてその目的、そして大罪武装の正体を語 り始める元信。そんな元信の野望を阻止すべく、聖連によって三征西班牙(トレスエスパニア)の“西国無双”立花・宗茂が送り込まれるが、その前に“東国無 双”本多・忠勝が立ちふさがる。ぶつかり合う宗茂の大罪武装「悲嘆の怠惰」と、忠勝の神格武装「蜻蛉切」。末世を迎えた世界が、動き始める――。
■悲嘆の怠惰(ひたんのたいだ)
  「悲嘆」を司る大罪武装。
  剣砲型で、通常駆動では刃に映した対象を割断する能力、超過駆動では広範囲を掻き毟るような強力な砲撃が可能。
  神格武装「蜻蛉切」は試作品である。
■重力制御(じゅうりょくせいぎょ)
  鹿角ら自動人形に備わっている能力の一つ。
  物体にかかっている重力を自在に操り、物を浮遊させたり、砲弾のように飛ばしたりできる。
■超過駆動(ちょうかくどう)
  正式所有者にしか発動できない、大罪武装の駆動状態。
  流体燃費は悪いが、各大罪武装特有の驚異的な能力を発揮する。
■焦がれの全域(こがれのぜんいき)
  「嫉妬」を司る大罪武装で、すべての大罪武装を統括する制御OS。
■地脈統括炉(ちみゃくとうかつろ)
  地脈炉の中央統括炉のこと。
■上位駆動(じょういくどう)
  神格武装の駆動状態の一つ。より特殊で強力な能力を発揮する。
Bd_01_ph
その日の朝はいつもと同じでした。
代わり映えの無い朝、いつもと同じ風景。
ですがいつまでも続くと思っていた日々は儚く崩れ
運命の日を迎えたのです。

鹿角と重武神との戦い、鹿角の攻撃に押され気味。
最後の一撃を準備しているが忠勝が神格武装
 蜻蛉切りで止めを刺す。
駆けつける重武装も全て二人に撃破される。
主の元信の下へ向かう二人。
敵ですと鹿角の左手が何かに撃たれる。

立花・宗茂と大罪武装、悲嘆の怠惰の攻撃であった。
鹿角はまだ動ける状態だったので鎧代わりと
 抱きしめる忠勝。
それならばと首にぶら下がる鹿角。
左手で受けた攻撃を背中から逃がしたらしい。

そこに元信公が地脈統括路と共に出現する。
どうしてこんなことをと尋ねる宗茂。
危機って面白いよね。
極東の危機より怖いのは末世。
考えなさい、大罪武装は8つでなくて9つだ。
最後は嫉妬だ。
噂を聞いたこと無いかい?
大罪武装には人間を材料にしているのは本当だ。
ある少女のね。
その少女の自動人形の魂が焦がれの全域
 そのものだ。
大罪武装にしたのはホライゾン・アリアダストの
 自動人形P-01sだ。
そこの副長をどうにかしなさい。

それを聞いてP-01sを探しに走り出すトーリと
 仲間たち。
P-01sの確保に向かう二代。

忠勝と宗茂の戦闘が再び始まる。
鹿角が宗茂の周りを板で囲み蜻蛉切りを
 突き刺して宗茂を写す忠勝。
しかし悲嘆の怠惰の砲身が出現し砲撃が開始
 されてしまった。
板を外すと体で蜻蛉切りを覆って大罪武装が
 写らない様にして守って気絶していた。

大罪武装の攻撃を防ぐ手だての上位駆動、重力制御も
 使えない状況では一つしか思い浮かばない鹿角。
彼女は死んだ女房の指輪をコアとした自動人形。
忠勝にコアを返し、ただの人形と化して
 大罪武装の射線上で攻撃を一身に受ける。
その鹿角を蜻蛉切りで切り裂く忠勝。
それにより悲嘆の怠惰の砲撃は外れる。

立花・誾が宗茂を引き取りに来る。
今回は忠勝の勝ち逃げで良いが2代目の再戦は
 あるかもです。
負けず嫌いだな。
2代目に蜻蛉切りを渡して欲しいと預ける忠勝。

P-01sの顔を隠して歩く正純。
P-01sはP-01sではないのですね。
二代がP-01sを発見し確保に向かう。

KPAイタリアがトーリたちを抑えP-01sを確保する。
告白しようとするトーリを蹴り飛ばす正純。
今そのやり方では誰も救えない。

これより授業を始めます。
元信も忠興も地脈路の暴発に飲み込まれる。

聖譜歴1648年4月24日、自動人形P-01sはホライゾン
 アリアダストと正式に認められる。
指導者として三河消失の責任を取って自害が決まった。

---次回 「告白場の代弁手」

本多・忠勝と鹿角が良かったですね。
ある意味、特攻のような状態ですが、意味も理由も
 分からないままに主に使える家来でした。

元信公は現状打破のために三河消失を行ったのかな。
P-01sは似ているホライゾン・アリアダストの魂を
 宿した自動人形でした。
しかし9つ目の大罪武装、嫉妬を宿していた。
彼女なら全て8つの大罪武装を制御できるのかな。

と言うことで1話からの話がようやく繋がった感じですね。
でも、正純は意味が無いと言った告白をトーリは
 実行するのでしょうか?
此処からの展開に予想が付きません。
8つの大罪武装を集めてホライゾンが管理することに
 なるのかな?
それには戦争になるか、交渉で友好国となるかを
 模索することが必要なのかな?

« 未来日記 テレ玉(10/30)#04 | トップページ | 2011年秋アニメ 視聴途中評価 »

境界線上のホライゾン」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 境界線上のホライゾン チバテレ(10/30)#05:

» 境界線上のホライゾン第5話『月下の卒業者』の感想レビュー [gurimoeの内輪ネタ日記(準備中)]
うわーん、鹿角さん…な大号泣回でした。 。・°°・(((p(≧□≦)q)))・°°・。ウワーン!! 物語がいよいよ本格的に幕を開け、明かされたP-01sの正体。 トーリの目の前で連れ去られた彼女を救うことは出来るのか? そして末世解決の道のりは?と、風雲急を告げる展開でしたね。...... [続きを読む]

» 境界線上のホライゾン 第5話「月下の卒業者」 [櫻李桃(おうりとう)]
お勧め度・・・☆☆☆☆(80%) うぉぉ、なんやなんや、めつちゃくちゃ盛り上がってきたやんか!…ってな第5回。OPは無しで(みのりんの歌好きだから聞きたかったけど)、EDの時も映像を流し続け、ギュギュッと詰まった24分間でございました。 まず、何より忠勝VS宗茂が熱…... [続きを読む]

» 境界線上のホライゾン #5 [桜詩〜SAKURAUTA〜]
【月下の卒業者】 境界線上のホライゾン 〔Horizon on the Middle of Nowhere〕 1 (初回限定版) [Blu-ray]出演:福山潤バンダイビジュアル(2011-12-22)販売元:Amazon.co.jpクチコミを見る これが始ま ... [続きを読む]

» 境界線上のホライゾン 第5話 「月下の卒業者」 感想 [アニメとゲームと情報局!]
「境界線上のホライゾン」  第5話 「月下の卒業者」 の感想記事です。   きたよ! キタヨ! ホライゾンの 「本気」 がキター!   今週は、全部がメチャ良かったです。   最終回並みのクオリティーと言ってもイイ! ... [続きを読む]

» 【境界線上のホライゾン】5話 自害執行までにかなり話数が費やされる予感 [にわか屋]
境界線上のホライゾン #05 月下の卒業者 169 名前:風の谷の名無しさん@実況は実況板で[sage] 投稿日:2011/10/31(月) 02:28:43.96 ID:IWvbnnl10 ようやくプロローグが終わったな 765 名前... [続きを読む]

» アニメ・境界線上のホライゾン 5話 月下の卒業者 感想 [あにかん!]
5話を見たので感想を書きます。 今回の話は、 トレス・エスパニアの人が三河の地脈暴走を止めようとするが 本多・忠勝&鹿角に阻まれてしまいます。 三河が消滅する前に三河の偉いさんが 9つめの大罪武装&エンターテイメントについて 説明してから三河が消滅します。 …... [続きを読む]

» 境界線上のホライゾン 第05話 『月下の卒業者』 [こいさんの放送中アニメの感想]
壮大なプロローグ。今までは前フリだったんだよ、という感じのする締め方でした。新名古屋城を暴走させる松平・元信。聖連からはこれを阻止せんと武神が襲来。これを迎え撃つ本多・忠勝と鹿角。二人は遂に城を守りきり、新名古屋城とともに消滅。 最初は巨大ロボVS自動人形&おっさんで勝負になるのかと思いきや、むしろロボットがボコボコ。人間サイズでロボットを圧倒とかGガンダムを思い出しますね。自動人形としては別格の鹿角と、何より本多・忠勝の持つ神格武装「蜻蛉切」があり得ない程強いです。 しかし敵もさる者、大罪武装「... [続きを読む]

» 境界線上のホライゾン感想/第05話「月下の卒業者」 [サブカル・カムカム]
「その手は届かない」(本多・正純)  アニメ『境界線上のホライゾン』#5「月下の卒業者」のネタバレ感想です。これにて原作の1の内容が終了。トーリたちがはっきりと目標を定め ... [続きを読む]

» 境界線上のホライゾン 第5話 11/1 あらすじと感想 #kyoukaisen [ζ[ZETA] Specium blog]
 忠勝無双、つか、かっこ良すぎw。  鹿乃さんと機動兵器との戦闘は継続している。鹿乃さんの方が圧倒的に強い!。というか、わたしは惚れた。やがて、忠勝氏が現れ、機動兵器を神格武装「蜻蛉切」で一掃...... [続きを読む]

» 境界線上のホライゾン 第5話「月下の卒業者」 [無限回廊幻想記譚-アニメ・映画感想-]
今回のアバンはP-01sの担当。そうか、この娘の存在を忘れていたな。同じ台詞の持ち回り最後がこの娘なんだな。三河の君主、松平・元信による地脈炉の暴走。この異常事態に三河へと攻め込む三征西班牙(トレスエスパニア)。これを迎え撃つのは鹿角たち自動人形と《東国無双》本多... [続きを読む]

» 境界線上のホライゾン 第5話「月下の卒業者」 [無限回廊幻想記譚 別宅]
今回のアバンはP-01sの担当。 そうか、この娘の存在を忘れていたな。 同じ台詞 [続きを読む]

» 「もう、分かたれるこたあねえよ」・・・境界線上のホライゾン 第5話「月下の卒業者」 [ボヘミアンな京都住まい]
新名古屋城の地脈炉暴走が1巻上のクライマックスなんでわかってはいたけど、ED曲『Stardust Melodia』にかぶせた忠勝の最期のシーン、これが涙なしで見られますかっての・・・(泣)。東国無双はその名に恥じず無双ぶりを見せつけ、 「まだ出るの早いだろ、お前」 と亡き妻の幻想を前につぶやき、亡き妻の形見の指輪を掲げて 「もう、分かたれるこたあねえよ」 で爆発に飲み込まれ、忠義の士として元信に殉じて逝った姿が漢としてあまりにカッコよすぎですってば・・・。 月夜の青と炎の赤を交互に使い分ける演出もア... [続きを読む]

» 境界線上のホライゾン第5話感想 [うたかたの日々 でぼちん珠洲城遥万歳]
#5「月下の卒業者」 三河消滅! 簡易感想です。元信は、このまま日常が推移すれば [続きを読む]

» 「境界線上のホライゾン」 05話の感想 [最新アニメ・マンガ 情報局]
境界線上のホライゾン 05話「月下の卒業者」、観ました。 花火の正体は、三河の君主、松平・元信が仕掛けた地脈炉の暴走だった。まさに消滅せんとする三河の地で、世界に向けてその目的、そして大罪武装の正体を語り始める元信。そんな元信の野望を阻止すべく、聖連によって... [続きを読む]

« 未来日記 テレ玉(10/30)#04 | トップページ | 2011年秋アニメ 視聴途中評価 »

2019年10月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    

Right

  • GTag

Down

  • VividRed
    ビビッドレッド・オペレーション
  • Lagrange
    輪廻のラグランジェ 応援バナー
  • 電波女
    テレビアニメ「電波女と青春男」 公式サイト
  • Steins;Gate
    TVアニメ『シュタインズ・ゲート』
  • アスタロッテ
    TVアニメ「アスタロッテのおもちゃ!」公式サイト
  • 俺妹
    俺の妹がこんなに可愛いわけがない

OnDemand

  • Potora
  • NetMile
  • Small
  • s2

BlogPP

Afiliate

AfiliateA

YearSeasons

PV

  • MuraPV
無料ブログはココログ