カテゴリー

ひと











« ダンタリアンの書架 テレ東(9/30)#12End | トップページ | 輪るピングドラム TBS(9/30)#12 »

2011年10月 1日 (土)

BLOOD-C TBS(9/30)#12End

第12話 最終回 わすれじの

公式サイトから
 54番:忘れじの行く末まではかたければ 今日を限りの命ともがな(儀同三司母)
すべての謎が解けたとき、小夜の前に現れたのはカフェ・ギモーブの店主、七原文人だった。文人を恐れる香奈子たち、メインキャスト。記憶の衝撃の大きさに 喘ぐ小夜。そんな小夜の横で文人が呼んだ巨大な〈古きもの〉に襲われる香奈子たち。小夜は彼女たちを守ろうと奮闘する。だが小夜の願い虚しく奪われていく 命。そして小夜の前に立ちはだかる最後の〈古きもの〉は、愛する父・更衣唯芳だった。更衣小夜の最後の戦いが始まる――。

良いんですか?
此処までなっちゃうとね、小夜。
戻っちゃったかな?
もうコーヒー飲んでも戻らないね。

若さゆえかな?
君の餌は同類のもの。
その名を朱食免、一定数を食べる代わりに
 制御しようとした。
君は人ではなく同類の血を餌とする。

君に教えて欲しい。
君の人とは違う能力は記憶を変えても変わらない?
根本は変わるのだろうか?
私は変わらない。
これが変えるための舞台と役者か。

演じられない役者には舞台を降りてもらう。
古きものに襲われ食われる時真、求衛の双子。
先生を信じていなかったと襲われるのを助ける
 小夜。
筒鳥先生を襲う古きものを仕留める小夜。
逃げる筒鳥は唯芳を見つけ助けて駆け寄る。
筒鳥の首筋に噛みつき血を吸う唯芳。
古きものと人間のハーフだった唯芳。
小夜の血を与えすぎたと文人。
ワザとだろう?
小夜の血は古きものを使役する力がった。
今まで小夜の血で古きものの出現する場所と時間を
 決めていた。

小夜には勝てないが文人の指示で異形の姿になる。
小夜の力を圧倒する力を発揮する。
小夜は人を殺せない暗示を受けていた。
誰かと契約したらしい。
小夜が勝てば、この暗示を外すのが褒美らしい。
小夜の力が覚醒し、唯芳を切る。
小夜と暮らした時を懐かしむ唯芳。
近い存在だったからか、心地よかったらしい。

文人に向かう小夜。
殺したいのか僕を?
でもまだその時じゃないんだ。
手鏡を落として割れると古きものが出現する。
小夜は一刀の下に切り捨て文人を追う。

軍隊が迎えに来ていて、銃で撃たれて行く手を阻まれる。
委員長が彼を倒し、小夜の下に駆け寄るが撃たれてしまう。
可愛いかなと思って。
それは本当の私じゃない。
それも君の一部なんだよ。

古きものが復活して分裂して村を襲う。
さながら地獄絵図のような状況。
その中を助けを求める人を蹴散らかせて逃走する
 文人たち一行。
結局残ったのは君だけか。
網埜優香は政治家になりたくて参加した。
東京の知事職を準備している文人。

古きものを切り捨てながら文人を追う小夜。

逃げる文人の乗ったヘリにジャンプして追いつくが、
 文人の銃で撃ち落とされてしまう。

立ち上がった小夜、傷口を処理して街に向かって
 走る。
====================================================
何だったのでしょう。
異形の物たちと一定数の人間を犠牲にして良いと言う
 朱食免を与えていた日本政府。
マル秘の契約でした。
しかし小夜はその異形で異能の者たちとは異なる存在。
血で制御できる存在でした。

その小夜を見つけ捕まえたので、実験を試みた文人。
小夜を自分たち、人間の役に立てるために記憶を
 操作したのでしょうか?
しかし戦闘能力は落ちてしまったようですね。

そのやり方に不満を持った小夜は文人をも殺めようと
 しますが逃げられてしまいます。
刀を捨てて追いかけます。

そして劇場版の案内、東京が血で染まる。
ええええーー
この後が劇場版に続くのですか?
最悪なシリーズでした。

もう内容的には4話で十分な作品でした。
最後を劇場版にって、最悪な作りですね。
劇場版のPVを12話も見せられたのでしょうか?
しかもグロい殺略シーンを延々と・・・

今回は文人の語りで色々話されましたが、
 あまり驚きも無く、延々と語りを聞かされた
 だけでしたね。
ふーーん、だからどうしたの?な感じでした。
首謀者は僕だよな内容で新しい説明もなく
 あまり良い脚本とは言えないですね。

« ダンタリアンの書架 テレ東(9/30)#12End | トップページ | 輪るピングドラム TBS(9/30)#12 »

BLOOD-C」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: BLOOD-C TBS(9/30)#12End:

» 「BLOOD-C」第12話(終) [日々“是”精進! ver.A]
東京へと、走り出す・・・ 詳細レビューはφ(.. ) http://plaza.rakuten.co.jp/brook0316/diary/201109300000/ BLOOD-C 2 【完全生産限定版】 [Blu-ray] posted with amazlet at 11.09.27 アニプレックス (2011-10-26) 売り上げランキング: 1535... [続きを読む]

» BLOOD-C第12話(最終回)『わすれじの』の感想レビュー [gurimoeの内輪ネタ日記(準備中)]
行くか、小夜!は良いんだけど、結局肝心なところは全部劇場版に投げてしまうとか、もうね…。な、茶番の終焉回でした。 先週の???感よりはかなり説得力があった気がしましたが、これだけザクザク人が殺されているのを見ても全く悲しくならないのは、流石に悪趣味という...... [続きを読む]

» BLOOD-C 第12話 10/1 あらすじと感想 [ζ[ZETA] Specium blog]
結末は劇場で!w。 遂に正体を現した文人さんの話では、小夜ちゃんと古き者は同類。そして、朱食免とは古き者と小夜ちゃんを指す言葉らしいです。小夜ちゃんは、その古き者を食 ... [続きを読む]

» BLOOD-C 第12話「わすれじの」 [MAGI☆の日記]
BLOOD-Cの最終話を見ました。 第12話 わすれじの 「いいんですか?この状態で現れて」 「うん、まぁここまでになっちゃうと、ね…。小夜」 「文人、さん…」 「ハハッ、戻っちゃったかな…。コーヒー飲ん...... [続きを読む]

» BLOOD-C第12話感想 ~復讐の旅路~ [サイネリア~わたしのひとりごと~]
第12話「わすれじの」 [続きを読む]

» BLOOD-C 第12話(最終話)「わすれじの」 [Happy☆Lucky]
第12話(最終話)「わすれじの」 JUGEMテーマ:漫画/アニメ [続きを読む]

» ■BLOOD-C【第十二話】わすれじの [此方彼方貴方-コナタカナタアナタ-]
BLOOD-C #12の視聴感想です。 真相。 混血。 想い。 虐殺。 願い。 でもきっとキミの一部でもあるんだよ。 ↑さぁポチッとな [続きを読む]

» BLOOD-C第12話(最終回)感想「わすれじの」 [◆◇黒衣の貴婦人の徒然日記◇◆]
本当の戦いはまだ始まったばかり---------!!最後はまぁ予想通り映画に続くという前振りでしたけど、ひとまず分かったことと、明確になった敵の存在と思惑。願いを込めた小夜の戦いと... [続きを読む]

» BLOOD-C 第12話(最終回) 感想「わすれじの」 [★☆TB黒衣の貴婦人の徒然日記☆★]
本当の戦いはまだ始まったばかり---------!! 最後はまぁ予想通りの、映画に続くという前振りでしたけど、ひとまず分かったことと、明確になった敵の存在と思惑。 願いを込めた小夜の戦いと、その裏に隠れたもうひとつの存在。 こりゃ、映画を見ないと全体の評価...... [続きを読む]

» BLOOD-C 最終回 [ぷち丸くんの日常日記]
ねね、のの、慎一郎、香奈子たちの裏切りでシナリオが終了することに。 文人が彼らを雇って、この茶番劇を繰り広げていたのだった。 裏切った者たちは、書庫から出てきた「古きもの」に食われてしまう。 意識が朦朧としていた小夜は、襲われる人たちを見て、正気に返り助けよう... [続きを読む]

» BLOOD-C 12話(最終回) [アニメ徒然草]
メガネ探しの旅が、ついに始まる! というわけで、 「BLOOD-C」12話(最終回) さよなら絶望少女の巻。 わっしょいわしょしょい、グロ祭り。 何だろう、乾いた笑いしか出てこないや。 この全然う...... [続きを読む]

» BLOOD-C 感想と考察 [かめラスカルのアニメ&趣味の戯言]
この作品、映画やらなければ・・・いや、映画だけだったら、とっても受けたのではないでしょうか・・・ CLAMPがこの脚本を書いたとき映画がきまっていたかどうかはわかりませんが... [続きを読む]

» BLOOD-C 第12話 わすれじの [cogito,ergo sum]
完成する、真実という名のジグソーパズル。 そこに描かれる絵は、一体? [続きを読む]

» BLOOD-C 第十二話「わすれじの」 [LUNE BLOG]
劇は終わり、物語は次なる舞台へ。 [続きを読む]

» BLOOD-C 12話 「わすれじの」 ~流血の習わし~ [We live on]
えーと、あれをどう批評せよと。(^_^; なにがなんだかです、結局の処、黒幕の文人がなにをしたかった [続きを読む]

» BLOOD-C 第12話 「わすれじの」 [世の為人の為に生きたいけど感想も書きたいブログ]
TV版最終話。 面白かった。劇場版が楽しみです。 【朱食免】 結局この漢字が正解という認識で良いんだろうか。 朱食免とは政府の極秘文書の名。 「国が手に入れた」という言い回しだったので、国が...... [続きを読む]

» BLOOD-C 第12話(最終回)「わすれじの」 [無限回廊幻想記譚-アニメ・映画感想-]
ルールを破り更衣小夜に全てが仕組まれたものだった事を教えてしまった筒鳥香奈子、求衛ねね、求衛のの、時真慎一郎の4人の前に現れた全ての仕掛け人・七原文人。文人の姿に怯える香奈子たち。姿を見ただけで怯えるというのは、文人の権力がどんなに凄いのか、という事の証明でも... [続きを読む]

» BLOOD-C 第12話(最終回)「わすれじの」 [無限回廊幻想記譚 別宅]
ルールを破り更衣小夜に全てが仕組まれたものだった事を教えてしまった筒鳥香奈子、求 [続きを読む]

» BLOOD-C 第12話(最終回)「わすれじの」 [無限回廊幻想記譚 別館]
ルールを破り更衣小夜に全てが仕組まれたものだった事を教えてしまった筒鳥香奈子、求衛ねね、求衛のの、時真慎一郎の4人の前に現れた全ての仕掛け人・七原文人。 文人の姿に怯える香奈子たち。 姿を見ただ...... [続きを読む]

» (アニメ感想) BLOOD-C 第12話 「ひとをもし」 [ゲームやアニメについてぼそぼそと語る人]
BLOOD-C 1 【完全生産限定版】 [Blu-ray](2011/09/28)水樹奈々、藤原啓治 他商品詳細を見る *一週間のアニメを濃く熱く語るラジオ、毎週水曜日と金曜日夜11時から放送の「ピッコロのらじお♪」をチェック...... [続きを読む]

» 「BLOOD-C」12話(fin)の感想 [最新アニメ・マンガ 情報局]
「BLOOD-C」12話(fin)、観ました。 黒幕は、カフェ・ギモーブの店主、七原文人だった。すべての謎を明かし、真実を語る文人。それは、よみがえる記憶と共に、小夜の心を大きく揺さぶった。。そんな小夜の横で文人が呼んだ巨大な『古きもの』に襲われる時真、のの、ねね、そし... [続きを読む]

« ダンタリアンの書架 テレ東(9/30)#12End | トップページ | 輪るピングドラム TBS(9/30)#12 »

2020年7月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  

Right

  • GTag

Down

  • VividRed
    ビビッドレッド・オペレーション
  • Lagrange
    輪廻のラグランジェ 応援バナー
  • 電波女
    テレビアニメ「電波女と青春男」 公式サイト
  • Steins;Gate
    TVアニメ『シュタインズ・ゲート』
  • アスタロッテ
    TVアニメ「アスタロッテのおもちゃ!」公式サイト
  • 俺妹
    俺の妹がこんなに可愛いわけがない

OnDemand

  • Potora
  • NetMile
  • Small
  • s2

BlogPP

Afiliate

AfiliateA

YearSeasons

PV

  • MuraPV
無料ブログはココログ