カテゴリー

ひと











« スイートプリキュア テレ朝(10/16)#35 | トップページ | ガンダムAGE TBS(10/16)#02 »

2011年10月16日 (日)

C3-シーキューブ- TokyoMX(10/15)#03

第3話 彼らの温度の二律背反

公式サイトから
 『蒐集戦線騎士領』からの刺客でフィアを破壊しにきたというピーヴィーと
          対峙する春亮たち。
          戦闘の中、かつて多くの血を吸った拷問器具としての本能に目覚め、          
          狂気に呑まれそうになり春亮を傷つけてしまったフィアは、          
          春亮たちの元から去ろうとする。
31
これから、お前の悲鳴を聞く。
とても楽しみだ。
エミュレーションスタート。
26番機構、アイアンメイデン
8番機構
 そうです、私これが楽しみでしたのよ。
3番機構、ギロチン。
ピーヴィ―の左手を壊す。
よくも私をレイプしてくれましたわね。
オーグジラリがピーヴィを連れてこの場を去る。
32
フィアは元に戻らない。
このはが攻撃して初めて元に戻るフィア。
私の正体が分かっただろう。
奴の言うことはすべて正しい。
私は何百人も殺してきた。
それは良くあることだよ。
此処に居れば大丈夫だ。
私には罪がある。
罰は何だ?
私は許されていいのか?
やはり私は一人で居るほうが良いと去るフィア。
34
追いかけようとするが倒れる春亮。
このはが人間形態に戻る、裸なんですね。

自室で目覚める春亮。
病院に行きましょう。
あいつは一人で居た方が良いと言った。
もっと酷い終わり方をしようとしている。
あの子は私と同じです。
此処に初めて来たときの私と。
まだ、その言葉を私は言ってもらっていない。
35
悲鳴が自分が自分であることを証明すると思う。
上野と出会うが、19番機構、人体螺旋機。
上野錐霞との日々を思い出して攻撃を思いとどまる。
逃げ去るフィア。

チュパカブランバンテージ、ピーヴィの左腕を止血
 するオーグジラリ。
あそこで撤退するのが最善、そうでなければ
 役立たずと言われてしまう。

錐霞から電話が春亮にかかる。
今日のフィアの事は忘れてくれと頼む。

春亮の声が聞こえて探すが見当たらない。
私は何と未練がましい、あいつを殺そうとしたのだぞ。
海に飛び込み一人で静かに暮らそうとするフィア。

フィアが飛び込んだ場所にキューブが落ちているのを
 発見して海に飛び込む春亮。

重いなとフィアを背負う春亮。
奇遇だな、俺も怒ってる、呪うぞ。
話を聞け、私は悲鳴が怖い。
親しい誰かの悲鳴が怖い。
居たいなら此処に居ろ。
私はもっと直接的な風邪と言う呪いをかけられる。
それは怖い、誰もが1年に1回はかかる呪いだ。

裸のフィアが春亮の体を洗おうとしていた。
精一杯、私が体で奉仕しよう言うのにとフィア。
このはが錐霞を連れて様子見に来た。
私も一緒に住みます。

--次回 「夜には母親と抱き枕を」

フィアの正体が分かり、実際に拷問処刑器具として
 ピーヴィと戦う。
ピーヴィを追い払いますが自身も止まらなくなりました。
正気に戻っても罰があてられるべきだ、許される
 のかと悩みます。

春亮と呪いを解くために暮らすことにしたフィア。
このはも一緒に住むことになりました。
さて錐霞はどんなキャラなのでしょうか?
呪いに何か関係しているようではあります。

作品的には、これゾンみたいな感じでしょうか?
エロあり戦闘あり、ちょっとグロも・・・

« スイートプリキュア テレ朝(10/16)#35 | トップページ | ガンダムAGE TBS(10/16)#02 »

C3-シーキューブ-」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: C3-シーキューブ- TokyoMX(10/15)#03:

» C3 -シーキューブ- 第3話「彼らの温度の二律背反」 [SERA@らくblog]
フィアの本性は拷問具。 その狂気の力にピーヴィーは撃退される。 春亮の声で正気に戻ったフィアですが。 呪いの道具としての罪に 春亮の前から逃げ出してしまう…。 ▼ C3 -シーキューブ- 第3話「彼らの温度の二律背反」  フィアと遭遇した委員長よく無事にすんだよね。 あのボンテージといい委員長も秘密ありなんでしょうね。 罪にさいなまれるフィアは終りの場所に海へ…。... [続きを読む]

» C3-シーキューブ- 第3話「彼らの温度の二律背反」 感想 [君は転んで血を流す]
いつかの海へ。 酷い音がする。 内側から。 内側から蝕まれていく。それを無視しても何かで埋めても その音は鳴り止まない。 心の内側でずっと鳴っている不協和音。いつまで鳴ってるんだろう?うるさいなあ。もう止めてよ。鳴り止んでよ。 止まないのなら 自ら...... [続きを読む]

» C3-シーキューブ- #3 [桜詩〜SAKURAUTA〜]
【彼らの温度の二律背反】 C3-シーキューブ- 1 (期間限定版) [Blu-ray]出演:田村ゆかりキングレコード(2011-12-21)販売元:Amazon.co.jpクチコミを見る うるさいのは悲鳴で十分・・・  [続きを読む]

» C3 -シーキューブ- 第3話 [ニコパクブログ7号館]
第3話『彼らの温度の二律背反』C3-シーキューブ- 1 (期間限定版) [Blu-ray]今回は・・・フィアの情緒が不安定に・・・ [続きを読む]

» シーキューブ 第03話 『彼らの温度の二律背反』 [こいさんの放送中アニメの感想]
ピーヴィーのお色気シーンあります。ガーターベルトに黒パンツ、そして上半身裸です。但し片腕もがれて憎しみを露わにしているシーンです。これで興奮するのはハードルが高過ぎる。 エロとグロは分かったのですが、一緒にされるとグロが勝ってしまってどうにも喜べない。彼女のサービスシーンは仕切り直しを要求します。 フィアってフィアー(fear:恐れ)から来ているのか。彼女の正体は多彩な機能を誇る十徳拷問器具(実際は32種)だったんですね。道具として使われていた頃は何でもなかったのですが、意識を持った事で罪悪感にさ... [続きを読む]

» C3-シーキューブ- 第3話 10/17 あらすじと感想 #C3_anime [ζ[ZETA] Specium blog]
 傷心のフィアちゃん。  蒐集戦線騎士団のピーヴィーさんの攻撃で春亮くんが傷つく。そして、彼の悲鳴がフィアちゃんを狂わす。  フィアちゃんは、その本来の姿を取り戻し、次々と処刑機具を召喚し、...... [続きを読む]

» C3(シーキューブ)第3話「彼らの温度の二律背反」 レビュー・感想 [ヲタブロ]
なあ、私は許されてもいいのかな・・・? ピーヴィー・バロヲイとの戦いは狂気に満ち溢れ、自らの業である拷問道具に姿を変えるフィアの姿が痛ましい。 しかし彼女を本当に精神 ... [続きを読む]

» C3 -シーキューブ- 第三章「彼らの温度の二律背反」の感想 [ライトノベルシアター]
暴走モード発動!? [続きを読む]

» C3 -シーキューブ- 3話 「彼らの温度の二律背反」(アニメ感想) [アルベロの雑木林]
【あらすじ】 『蒐集戦線騎士領』からの刺客でフィアを破壊しにきたというピーヴィーと 対峙する春亮たち。 戦闘の中、かつて多くの血を吸った拷問器具としての本能に目覚め、 狂気に呑まれそうになり春...... [続きを読む]

» C³ -シーキューブ- 第03話 「彼らの温度の二律背反」 感想 主人公かっこいいっっ [アニメに充実?]
一旦、バトルは休憩って感じですね~ フィアにはいろいろな過去があったんだな・・・ [続きを読む]

» C3 -シーキューブ 第03話 「彼らの温度の二律背反」 [バカとヲタクと妄想獣]
カモーン急展開&欝展開! 今日も今日とてアブノーマルなヨペチコです。 [続きを読む]

« スイートプリキュア テレ朝(10/16)#35 | トップページ | ガンダムAGE TBS(10/16)#02 »

2021年7月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

Right

  • GTag

Down

  • VividRed
    ビビッドレッド・オペレーション
  • Lagrange
    輪廻のラグランジェ 応援バナー
  • 電波女
    テレビアニメ「電波女と青春男」 公式サイト
  • Steins;Gate
    TVアニメ『シュタインズ・ゲート』
  • アスタロッテ
    TVアニメ「アスタロッテのおもちゃ!」公式サイト
  • 俺妹
    俺の妹がこんなに可愛いわけがない

OnDemand

  • Potora
  • NetMile
  • Small
  • s2

BlogPP

Afiliate

AfiliateA

YearSeasons

PV

  • MuraPV
無料ブログはココログ