カテゴリー

ひと











« 僕は友達が少ない TBS(12/22)#12終 | トップページ | UN-GO フジ(12/22)#11終 »

2011年12月23日 (金)

ギルティクラウン フジ(12/22)#11

第22話 共鳴:resonance
Illustration_18
公式サイトから
 その歌は、東京にロストクリスマス以来のカタストロフを引き起こした。                           キャンサー化の波は、敵・味方の区別無く広がり、東京が大混乱に陥る中、
 アンチボディズ局長・ケイドウはクーデターを起こし、全権を掌握する。
   そして全ての責任を葬儀社に帰し、彼らを掃討しようとするケイドウ。
    ガイやいのり、葬儀社のメンバーたちが窮地に立たされる中、一人残されたシュウは……。 ――罪を乗り越え、もう一度立ち上がるシュウのもとに、奇跡の唄が響き出す。

キャンサー化する住民。
涯もキャンサー化するがこれは違うと
 いのりに話す。
ダンもキャンサー化する、ヤン少将と秘書の
 エミリーと非難している。
息子のダリルはエンドレイヴで突っ込んできて、
 機体番号823は誕生日だと話す。
ダリルの誕生日など気にしていないヤン少将。
父を殺すダリル。
2
アンチボディ局長の径道が非常事態宣言を行い
 軍をアンチボディの指揮下に統括する。
春夏に銃を向け従ってもらいますと告げる嘘界を
 女性に銃を向けるとは見損なったと殴るダン。
私はあなたんか最初から見損なっていましたと
 射殺する。
逃げる春夏。

ふゅーねるが集の元に来て、あんたが来ない
 からだと話すツグミ。
葬儀社のメンバーは壊滅状態で、涯といのり、
 装甲車1台とエンドレーヴ1体だけになっていた。
葬儀社がバイオテロを起こしたと公表された。
1
校内放送で友人を呼び出す集。
供奉院ありさ、魂舘颯太、寒川谷尋、草間花音
 を映像研部室へ呼び出す。
大事な人を助けに羽田に行きたいので手伝って
 欲しいと話す。
俺たちを道具として利用するのか?
祭りからヴォイドを取り出す集。
それは包帯のヴォイドで壊れていたふゅーねるを
 直す。
3人からは以前、ヴォイドを取り出したことを謝る。
各個人の魂の形のようなものだから。
これから羽田に行くのは葬儀社の二人、涯と
 祈りを助けるため。
僕にはやれることがある、お願いします。

涯は自由に動きづらくなってきた。
いのりの血では元に戻りそうにない。
でもあの曲ならばと言ういのり。
突然現れた春夏を捕まえて殺そうとして
 気づくいのり。
色々聞きたい事はあるけれど、集は何処?
安心しろ学校において来た。
3
春夏が施設を操作して、いのりの歌を
 世界に放送する。
歌でキャンサー化が解消する。

ふゅーねるはバギーを盗み運転する。
集が供奉院、颯太、祭のヴォイドでいのりの元に
 向かう。
ダリルはバギーを止めに近いエンドレイヴに
 スイッチする。
谷尋のヴォイドでエンドレイヴを倒す。
いのりの下に辿り着いた集。

背後の空間が割れて少年が現われる。
いのりからヴォイドを取り出して、集には失望したと
 ヴォイドを振り下ろす。
これだから、お前は放っておけないと集の代わりに
 切られた涯。

いのりの歌で押さえられていたキャンサー化が
 再び始まる。


---次回 「再誕」---

ケイドウのクーデターで世界がキャンサー化が始まる。
次回のサブタイトルがロストクリスマスですね。
悪夢再びなのでしょうか。

ウイルスを発生促進させた音、それに対抗できる
 いのりの歌。

アンチボディ局長のケイドウが狙うのは何でしょうか?
それに従う嘘界少尉。
GHQも一枚岩ではないようですね。

ピンチに陥った葬儀社、助けにやってきた集。
取り敢えず、葬儀社のメンバーは助かりそうですが、
 涯は無事でしょうか?
涯が居ないと葬儀社も解体のピンチです。

いのりは取り戻せるのか?

« 僕は友達が少ない TBS(12/22)#12終 | トップページ | UN-GO フジ(12/22)#11終 »

ギルティクラウン」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: ギルティクラウン フジ(12/22)#11:

» ギルティクラウン 第11話 [LUNE BLOG]
そこにいてもいい、存在に。 [続きを読む]

» 「ギルティクラウン」第11話 [日々“是”精進! ver.A]
王の能力を持つ者が、もうひとり… 詳細レビューはφ(.. ) http://plaza.rakuten.co.jp/brook0316/diary/201112230000/ ギルティクラウン 01【完全生産限定版】 [Blu-ray] アニプレックス 2012-01-25 売り上げランキング : 420 Amazonで詳... [続きを読む]

» ギルティクラウン phase11「共鳴:resonance」 [MAGI☆の日記]
ギルティクラウンの第11話を見ました。 phase11 共鳴:resonance 「涯、まさか…!?」 「違う、これは…」 東京にロストクリスマス以来のカタストロフが引き起こされ、キャンサー化の波は敵・味方の区別...... [続きを読む]

» ギルティクラウン 第11話「共鳴 resonance」 [SERA@らくblog]
僕は 僕に出来るやり方でやるしかない――。 いのりたちを助けに行くため 集は花音や谷尋に協力を頼む。 涯のようなやり方はできないので、集は素直に説得を試みます。 ヴォイドの説明と、助けたい人がいる...... [続きを読む]

» ギルティクラウン 第11話「共鳴:resonance」 感想 [超進化アンチテーゼ]
集はヒーローじゃない。 先週から思ってましたが、この作品に漂う妙な心地良さはRPGゲームっぽいからだったんですね。 世界が滅亡する物語とか、ヒロインが奪還されるとかまさにそれやん、って思いました。 だからこそ青春時代にそういうものをそこそこプレイし...... [続きを読む]

» ギルティクラウン [北十字星]
ギルティクラウン 01【完全生産限定版】 [Blu-ray](2012/01/25)梶 裕貴、茅野愛衣 他商品詳細を見る  葬儀社のよるバイオテロに見せかけ、息子にGHQ司令を 暗殺させて、軍を掌握するアンチ...... [続きを読む]

» ギルティクラウン 第11話 「共鳴 resonance」 [世の為人の為に生きたいけど感想も書きたいブログ]
集とユウ。そしてまだ見ぬもう1人のヴォイド使いとは。 [続きを読む]

» ギルティクラウン 11話「共鳴:resonance」 [新しい世界へ・・・]
涯になれないからこそ、自分にしか出来ないことをする。 [続きを読む]

» ギルティクラウン 第11話 「共鳴 -resonance-」 感想 [アニメとゲームと情報局!]
「ギルティクラウン」  第11話 「共鳴 -resonance-」 の感想記事です。   1クール目の最終ってコトで、色々明かされると思ってたけど、   どうやら次回に持ち越しのようですね。   ちなみに次回からは、新OP&EDがお披露目になりそうです。   楽しみ 楽しみ♪ ... [続きを読む]

» ギルティクラウン phase 11『共鳴:resonance』 [本隆侍照久の館 別館]
邪悪な歌が街中に響きわたり、涯も結晶化が始まってしまう。 彼らだけではなく、ダンらGHQの皆もそれが進行し混乱状態に包まれる。そんな指令室へエンドレイヴが強襲を仕掛けてきて、ヤンにナイフを突きつける。 テロリストと思われるそれからヤンが要求を訊こうとすると……... [続きを読む]

» ギルティクラウン 11 共鳴:resonance レビュー [ゴマーズ GOMARZ]
遺伝子共鳴によって、人々が次々と結晶化を起こし ロストクリスマス以来の大パニックに陥る東京。すべては 茎道修一郎がアンチボディズを率いて起こした事だが… あれっ 一般の人々とか涯とか以外に、GHQの人達の一部も キャンサー化しちゃってるじゃん…!! なんとあのダンまで!! どういう事なんだろうか。こうなってくると、アポカリプス ウイルスに感染してなくても、結晶化を起こしてるって事なのかな? GHQの司令室にはダリルの操るエンドレイヴがやってきて、父である ヤン少将の首に武器を突き立てる。 機... [続きを読む]

» ギルティクラウン 11話 [アニメ徒然草]
君だけの王道を行け。 シュウ君が探し、迷い、求め、見つけた答え。 信じて、頼って、力を合わせる…か。 王様っつーか、勇者みたいな感じ? あいつはあいつ、自分は自分。 ガイさんに対するコンプレック...... [続きを読む]

» ギルティクラウン phase11「共鳴 -resonance-」 [無限回廊幻想記譚-アニメ・映画感想-]
茎道修一郎の作戦による嘘界=ヴァルツ・誠が始まりの石の遺伝子共鳴を行った事で、人々のキャンサー化が始まってしまう。何が起きているのか判らないままキャンサー化するダン・イーグルマン。彼らのいた管制室に乗り込んできたエンドレイヴは、ヤン少将とその愛人である秘書へと... [続きを読む]

» ギルティクラウン phase11「共鳴 -resonance-」 [無限回廊幻想記譚 別宅]
茎道修一郎の作戦による嘘界=ヴァルツ・誠が始まりの石の遺伝子共鳴を行った事で、人 [続きを読む]

» 「ギルティクラウン」 11話の感想 [最新アニメ・マンガ 情報局]
ギルティクラウン 11話「共鳴:resonance」、観ました。 その歌は、東京にロストクリスマス以来のカタストロフを引き起こした。 キャンサー化の波は、敵・味方の区別無く広がり、東京が大混乱に陥る中、アンチボディズ局長・茎道はクーデターを起こし、全権を掌握する。 そし... [続きを読む]

« 僕は友達が少ない TBS(12/22)#12終 | トップページ | UN-GO フジ(12/22)#11終 »

2019年11月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

Right

  • GTag

Down

  • VividRed
    ビビッドレッド・オペレーション
  • Lagrange
    輪廻のラグランジェ 応援バナー
  • 電波女
    テレビアニメ「電波女と青春男」 公式サイト
  • Steins;Gate
    TVアニメ『シュタインズ・ゲート』
  • アスタロッテ
    TVアニメ「アスタロッテのおもちゃ!」公式サイト
  • 俺妹
    俺の妹がこんなに可愛いわけがない

OnDemand

  • Potora
  • NetMile
  • Small
  • s2

BlogPP

Afiliate

AfiliateA

YearSeasons

PV

  • MuraPV
無料ブログはココログ