カテゴリー

ひと











« ラストエグザイル-銀翼のファム- TBS(3/23)#21終 | トップページ | 妖狐X僕SS TBS(3/23)#11 »

2012年3月24日 (土)

灼眼のシャナIIIFinal TokyoMX(3/23)#24終

第24話 最終回 涯より開く
Shana
ヴィルヘルミナにヨーハンさんから伝言です。
この子をよろしく頼む。
吉田が預かっていたのは二人の赤ちゃんだった。
ユーストゥスです。
死期が近づいていたのを知っていたヨーハンが
 二人が一緒に生きる術として選んだのは
 子供を作ることだった。
神託の新たなる有り様とは徒とトーチの子供。

ラミーは失われた者の復元の自在式を
 悠二に渡す。
選別にと指輪の自在式グランマディカを悠二に
 施す。
ある条件で発動するらしい。

その子は新世界で育てるべきだと思う。
キアラとサーレも到着。
レベッカが天道宮で現われる。
1225名のフレイムヘイズを新世界に渡るべく
 集めていた。
ゾフィが裏で動いてくれたらしい。
その先導には大地の4神が名乗り出てくれる。
キアラ、サーレも新世界へ向かう。

まだ旅立てないヴィルヘルミナ。
吉田がお礼を述べる。
今のあなたにこそ相応しい、天下無敵の幸運を
 炎髪灼眼の打ち手シャナ。
旅立つヴィルヘルミナを見送るのはシャナ、吉田、
 マージョリー。

悠二がシュドナイと共に現われる。
悠二の願いは壊れた御崎市の復元。
徒に食われた人間も含めて。
そのために、シャナが使う平井ゆかりのトーチも
 返して欲しい。
そうすれば全てが元通りになる。
しかし皆は二人の事は忘れてしまう。
そのために、御崎市を調律した吉田一美が必要。
今と異なる御崎市はザナドゥには存在しない。
しかし復元後はザナドゥに向かう悠二。
自分の目的のためにたくさんのフレイムヘイズが
 亡くなった。
全てを失って罰を受けないといけない。

それなら直ぐに言ってくれれば良かったのに。
トーチを返すシャナ。
それではまだ一緒に歩けない。
シュドナイと戦闘のマージョリー。
私と一緒に行くと言いなさい。
一世一代の即興詩とマルコシアスとシュドナイを
 封じ込め倒す。

珍しく死んでしまったのですか?
それを望んでいたのかもしれないな。
いつかまた3人で。
盟主様を含めて4人でとヘカテ―と手を繋ぐ
 シュドナイ。

一緒の悠二とシャナ。
キスをすると指輪の自在法が発動する。
トーチではなくなった悠二。

---最終回---

灼眼のシャナ終了です。
壮大な痴話げんかが終わりました。
シャナの言うとおり、最初から全てを話して
 協力を仰げよ悠二ですね。

なんかシャナと一緒に歩ける資格が欲しかった
 ようですね。
なんだかな、と言う理由でした。
取り敢えずこれで皆が新世界に移動。
マージョリーは残って佐藤の家にいるようです。
池は平井と付き合ってるようでした。
唯一、吉田一美が悠二とシャナの記憶を
 持っているようですね。

ヴィルヘルミナが内面チキンの設定だったとは
 思わなかったですね。
でもレベッカと子供をあやしていましたね。
シャナが彼女の下を離れたので、丁度
 良かったですね。

ベルペオルが眼帯を外してからは美人でした。
そう思うとは自分自身意外でした。

そう言えばラミーがヴィルヘルミナに星黎殿で
 渡したのは何だったのだろう。
彼は何をしたかったのだろう?
悠二の依頼で御崎市の復元を可能にしていましたが
 それが望み?

1期2期アニメとは違って急展開で何?状態でした。
目的を最後まで引っ張る展開だったので
 視聴途中は苦痛でした。
最後を見てから再度見ると分かる部分もあるの
 でしょうが、良く分からない部分も有りそうです。
それこそ原作既読者のためのアニメでした。
サーレと教授との因縁なんて有ったかな?状態です。
最後まで作画も頑張っていたのではないでしょうか。

« ラストエグザイル-銀翼のファム- TBS(3/23)#21終 | トップページ | 妖狐X僕SS TBS(3/23)#11 »

灼眼のシャナIII Final」カテゴリの記事

コメント

ラミーについて解説します。

>そう言えばラミーがヴィルヘルミナに星黎殿で渡したのは何だったのだろう。

実はこれ、原作でも詳細な描写が無いんですよ
自分の想像ですが、恐らく大命詩編の虎の巻です。といってもわからないでしょうね。
最終決戦でシャナが世界の卵に打ち込んだコルデーにこめられていた大命詩編ですが
これを17話の前半でマージョリーとサーレがいじくっています。
(恐らく改竄の式を組み込んでいたのでしょう。)
この時ギゾー(サーレの契約相手)が言った「虎の巻がなければ、解析だけで何十年~」
の「虎の巻」のことなのでしょう。

>彼は何をしたかったのだろう?

正確に言うと「彼」じゃなくて「彼女」ですね
やはり原作Ⅹ巻をアニメでやっていないことが悔やまれます・・・。
それはおいといて、彼女の目的を簡単に言うと「失われた絵を復活させたい」です。
彼女は天才的な自在師でしたから、そのような自在式を作ることはできました。
しかし、この世で完全に存在を失くしたものを復元するのですから、
この式を起動させるには当然莫大な存在の力が必要になります。
そのために彼女はトーチに寄生して偽りの名を使い
(いろいろあったせいで彼女の姿と「螺旋の風琴」という名前はあまりにも有名すぎた)
フレイムヘイズに討滅されないよう、トーチからのみ存在の力を集め続けたのです
そしてついに最終回で、新世界に渡る徒の残していく大量の存在の力を使って、
この式を起動させることに成功したのです。
また悠二は16話で、この大量の存在の力を使うことと引き換えに、
存在の復元の式を差し出すよう要請したのです。

以上です。

やはりマージョリーとサーレが何かやっていたのが虎の巻だったのですか。
想像はできるのですが何か分からなかったのであれだったのかな?程度にしか
 思えないので助かります。

リャナンシーなんですか、悠二との絡みで女性だったのが本体?だったのですか。
あのシーンは悠二の知る誰かかと思ってしまいました。

原作既読組の方のフォローが無いとさっぱり分からなかったです。
ご教示ありがとうございます。

リャナンシーという名前を入れるのを忘れていましたね、すいません。
ちなみに悠二はリャナンシーと会話しているとき、
「見慣れない知り合い」との印象を抱いています。

以下少し気になったところを抜粋(気に障りましたらすいません)

>選別にと指輪の自在式グランマディカを悠二に施す。

少し勘違いをされているようなので補足させていただきます。
この「グランマティカ」というのは20話で悠二が会得した「坂井悠二の自在法」のことで、
今回リャナンシーがサービスとしてこの自在法に名前を付けてやりました。

また、指輪の自在法というのは、その指輪の前の保持者である“狩人”フリアグネが
都喰らいで得た存在の力を使って起動しようとした「転生の自在式」という自在式です。
彼はこの自在式でマリアンヌを永遠の存在にしようとしました。(覚えているでしょうか)
その効果は「他者の存在の力に依存しない存在になる」といったところでしょうか。
う~ん、書いてる自分でも意味が分かりにくいですね。
まぁ結果は「悠二がミステスという不安定な存在からもっと安定した存在になった」
なんてところで十分でしょう。
それで、この自在式を発明したのは他ならぬ天才自在師リャナンシーなんですよ。
なので16話で「数奇な運命だと思ってね」と語っています。

>なんかシャナと一緒に歩ける資格が欲しかったようですね。

悠二の考えとしては
「僕は自分や仮装舞踏会の目的のためにフレイムヘイズ達をたくさん殺してしまった。
そんな僕がシャナと一緒にいて幸せになるなんてそんな調子の良い結果は許されない。
だから僕は今から何百年、何千年とかけて新世界を独りで流離い歩く。
そうしながら人間と徒の間の共存を説いて、世界から戦いをなくす。
独りじゃなくては罰の意味がない。その罰を受けることで、自分の罪は償われるんだ。
シャナと一緒に歩いていける資格を得られるんだ。」
というものです。
悪いわけでは無いですが、完全にシャナのことを考えていませんね。
その数百・数千年もの間、シャナは一人で悠二を待ち続けなくてはなりません。
なのでシャナとの大ゲンカに発展したわけですね。

以上です。何か他に質問があればお気軽にどうぞ

そうでした、グランマディカは名前でした。
悠二の自在法に名付けたのですね、勘違いしてました。
フリアグネ居ましたね・・・うーーん、詳細は覚えていないですね。

シャナを待たせて一人頑張る悠二ですか・・・面倒なことを
 考えていたのですね。
本当に相談しようよと思います。

色々、御教示ありがとうございます。


アニメの17話?でマージョリーとサーレが大命詩篇の虎の巻で
 自在式を打ち込んでいた?所で床下のドア?が開いたシーンは
 誰かがやって来たのでしょうか?
大勢には影響はないですが、あのシーンが謎でした。

>アニメの17話?でマージョリーとサーレが大命詩篇の虎の巻で
 自在式を打ち込んでいた?所で床下のドア?が開いたシーンは
 誰かがやって来たのでしょうか?

そういえばアニメでは結局語られませんでしたね。ついでにいろいろ彼らを説明します。
その正体は16話でなんかよくわからない男女3人組として出てきて、
19話で戦場にワゴン車と共に颯爽と現れ、約束の二人と吉田を連れ去って行き、
23話で幼稚園バスに乗り新世界へと旅立っていったやつら。
もうわかりますね。隠蔽と遁走に秀でた徒の運び屋、百鬼夜行です。

彼らは16話でフィレスに見つけられた後、彼女から複数の依頼を受けています。
一つ目がフレイムヘイズたちの行動を手伝うこと。
彼らはこれに則してニューヨークにいるシャナたちの元へ向かい、
マージョリーとカムシンを誰にも知られず塔の中へ運び込みました。
ちなみになぜ床下からやって来たのかというところですが
百鬼夜行のうちの用心棒であるゼミナ(つるはしを持った女)が「地駛」という
大穴を掘る自在法を持っていて(普段は遁走に使う)、恐らくこれを使ったのでしょう。
「え~、ごめん下さい」と行ったのは運転手を務めるパラですね。


話は戻って二つ目の依頼がヨーハンが出てきてからの逃走。
これはアニメでもその雄姿が存分に楽しめますね。

あと、ヴィルヘルミナが約束の二人と一緒に旅をしていたきっかけは百鬼夜行なんです。
百鬼夜行の存在を目の上のたんこぶと思っていた「フレイムヘイズ側の運び屋」が
ヴィルに彼らの一時期の殲滅を依頼したんですよ。
そこでヴィルはその頃彼らの運行ルートだった中央アジアに向かったわけですが
そこで襲われたのが、かの“壊刃”サブラク、そしてそこを一時的に救ったのが
フィレスとヨーハン、すなわち「約束の二人」だったわけです。
その後の展開はアニメでも語られましたが、2人と旅をしていたヴィルは
何度もサブラクに襲われながらも何度もそれをかわし続けていたが、
最後にヨーハンは瀕死の状態になり、フィレスが零時迷子ごと転移させたというわけです
あ、百鬼夜行は持ち前の遁走力で一気に逃げ去って、その後アメリカ南部のどこかで
程よい陽気と、なじみのご近所さん、それにいつもの一杯と共に隠棲していました。

話がそれました、すいません。

フィレスがやりたくないけれど揃ってしまったと嘆いていた最後が
 百鬼夜行の存在でしたね。
バルマスケの呼び出しにも応じずに平穏に暮らしていました。
カムシンやマージョリーが塔に忍び込めたのも謎でしたが
 彼らの手引きだったのですか、納得です。
ヨーハンがフィレスに依頼した内容も明らかにはなっていないので
 何を集めていたのか分からないのですよね。

親切な説明ありがとうございます。
中々、色んな設定が端折られていたのですね。

最後にレベッカがフレイムヘイズ1225名を天道宮で集めて新世界に
 移動したのは徒だけだと歪んだ世界になるからでしょうか?

ちょっと遅くなりましたね。すみません。

フレイムヘイズらがザナドゥに行った理由について、原作より
フレイムヘイズの感情的な部分では
1.膨大な数の徒がこの世から逃げることを許さない憤怒
2.結局は場所を移すだけで放埓の行いに変わりはないとの推測
3.復讐の対象を逃さず討つ執念
4.今後の世界の有り様を見届けたい好奇心
5.戦いのなくなる世界への不安
など、いろいろあるそうです。

また、新世界が無制限の楽園ではないことを示し続けていく、
つまり抑止力を作るため、という理由もあります。

回答ありがとうございます。

やはり原作は考えられているのですね。
アニメで表現するには、語りになると詰まらなくなる部分ですね。

色々御教示いただき誠にありがとうございました。
これでスッキリして、見られると思います。

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 灼眼のシャナIIIFinal TokyoMX(3/23)#24終:

» 灼眼のシャナⅢ-Final- 第24話 「涯てより開く」 [藍麦のああなんだかなぁ]
灼眼のシャナⅢ-Final- 第24話 「涯てより開く」です。 さて、シャナもい [続きを読む]

» 灼眼のシャナIII-FINAL- 第24話「涯てより開く」 [MAGI☆の日記]
灼眼のシャナIII-FINAL-の最終話を見ました 第24話 涯てより開く ついに、創造神“祭礼の蛇”の神威召喚がなされ、シャナ達による自在式「人間を喰らわずの理」を織り込んだまま、新世界・無何有鏡...... [続きを読む]

» 灼眼のシャナIII 第24話(終) 『涯てより開く』 [こいさんの放送中アニメの感想]
紅世の徒は神世界ザナドゥに旅立った。残った徒サイドは悠二とシュドナイだけ。さてどんなオチが待ってるかと言う所で最後の決戦が始まります。 フレイムヘイズも行くの?何と1000人以上も集まってザナドゥに旅立つんだそうです。平和な世界にわざわざ殴りこみに行かなくても。フレイムヘイズこそザナドゥの平和を乱す敵になっちゃう。或いは単に人間界に居てもやること無いから新世界に行きたいだけなのか。 しかもフィレスとヨーハンの子供抱えてヴィルヘルミナまで行くって言うじゃありませんか。子育てをするだけなら向こうで暴れる... [続きを読む]

» 灼眼のシャナⅢ(Final)第24話(最終話)感想 [うたかたの日々 でぼちん珠洲城遥万歳]
#24「涯てより開く」 「うるさいうるさいうるさーーーい!!」シャナはキメ顔でそ [続きを読む]

» 灼眼のシャナIII-FINAL- 第24話「涯てより開く」(最終回) [破滅の闇日記]
灼眼のシャナF SUPERIORITY SHANAIII vol.1(2012/02/29)ドラマ、ALTIMA 他商品詳細を見る  長かったぁ。1期で「灼眼のシャナ」を知ったときから、時間もずいぶんと経ちましたね。専門用語が多いアニメだな...... [続きを読む]

» 灼眼のシャナIII #24 [桜詩〜SAKURAUTA〜]
【涯てより開く】 灼眼のシャナIII−FINAL− 第IV巻 〈初回限定版〉 [Blu-ray]出演:釘宮理恵ジェネオン・ユニバーサル(2012-03-28)販売元:Amazon.co.jpクチコミを見る 珍しく死んでしまった ... [続きを読む]

» 灼眼のシャナⅢ-Final- 24話(最終回) [アニメ徒然草]
二人は、永遠に、一緒だ。 というわけで、 「灼眼のシャナⅢ-Final-」24話(最終回) 愛は御崎市を救うの巻。 平井ゆかりさんをはじめ、日常が復元したこと以上に。 ボマー桑島がフラグを返上して、...... [続きを読む]

» 灼眼のシャナⅢ最終話(3.23) [まっつーのTV観覧日誌(*´д`*)]
「私はこの今からでも悠二と一緒に歩いて行ける!」 「悠二、この私のすべてを受けとめて!」 フレイムヘイズと紅世の徒の抗争の中で新世界ザナドゥが誕生、 坂井悠二の望み通り、御崎市は完全な復元を遂げ、 シャナは悠二と共にザナドゥへ旅立ったと ここで平井ゆかりを復活させるとは思わなかったな。存在を忘れてたよ(笑) シリーズ最終話らしくうまくまとめてきたな。 ただ、最終章であるこの3期、 悠二とシャナが敵対するという出だしにワクワクさせられ、 多くのフレイムヘイズ・紅世の徒を登場させたことで世界観が広がった... [続きを読む]

» 灼眼のシャナF最終回レビュー 大団円で最高の終わり [どっかの大学生の読書&ロッテ日記]
いやーでもほんとに良い最終回だった。 JCも普段からこれくらい本気だして作ってくれればいいのに… 結局大団円でしたね 最後の最後までシャナと悠二は戦いでしたね。 原作未読者には相当つらい内容でしたねきっと ラミーが急に女の子に化けて何それって思った...... [続きを読む]

» 灼眼のシャナIII-Final- #24  「涯てより開く」 [戯れ言ちゃんねる]
これは、果てしない愛の物語…  どうも、管理人です。長年続いたこの作品も、ついに最終回。アニメでも足かけ7年ですし、本当歴史を感じざるを得ないですわ。というわけで、おそらく最後の感想参ります。 シャナ:「うるさいうるさいうるさい!」  今回の話は、悠二の本当の目的とザナドゥへの旅立ちの話。戦闘シーンの「緋色の空」「うるさいうるさいうるさい」コンボはやばかったですw  徒たちがザナドゥへ旅立った後、一美はヴィルヘルミナにヨーハンたちから託されたものとメッセージを伝えま..... [続きを読む]

» 灼眼のシャナIII -FINAL- 第24話 涯てより開く [ゲーム漬け]
フレイムヘイズは完敗となりますが、結果オーライ。 有志のフレイムヘイズらも『無何有鏡』へ。 ヴィルヘルミナも一美からの伝言として、フィレスとヨーハンから『両界の嗣子』ユ ... [続きを読む]

» 灼眼のシャナIII 第24話(終) [ニコパクブログ7号館]
第24話『涯てより開く』灼眼のシャナIII−FINAL− 第I巻 〈初回限定版〉 [Blu-ray]ついに、灼眼のシャナも今回で完結です。 [続きを読む]

» 灼眼のシャナ〓-Final 最終話 [自己満足]
「涯てより開く」 とうとう終わってしまった・・・。あっという間だったなぁ。まぁ駆け足だったのは見てとれたけど爽快感があったから問題ない。 フィレスとヨーハンの子供、ユストゥス。吉田からヴィルヘルミナに託される。新しい生きがいを見つけら...... [続きを読む]

» 灼眼のシャナIII -Final- 【最終話】 第24話感想 完結まで長かったぁ [二次元閉鎖空間]
第24話 「涯てより開く」 新世界ザナドゥが誕生。シャナたちによる自在式「人間を喰らわずの理」を織り込んだまま。そして、戦闘は終息へ向かい、多くの“徒”が新世界へと、それを追うフレイムヘイズもまたこの世から旅立って行く。 正直よくわからなか... [続きを読む]

« ラストエグザイル-銀翼のファム- TBS(3/23)#21終 | トップページ | 妖狐X僕SS TBS(3/23)#11 »

2019年7月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      

Right

  • GTag

Down

  • VividRed
    ビビッドレッド・オペレーション
  • Lagrange
    輪廻のラグランジェ 応援バナー
  • 電波女
    テレビアニメ「電波女と青春男」 公式サイト
  • Steins;Gate
    TVアニメ『シュタインズ・ゲート』
  • アスタロッテ
    TVアニメ「アスタロッテのおもちゃ!」公式サイト
  • 俺妹
    俺の妹がこんなに可愛いわけがない

OnDemand

  • Potora
  • NetMile
  • Small
  • s2

BlogPP

Afiliate

AfiliateA

YearSeasons

PV

  • MuraPV
無料ブログはココログ