カテゴリー

ひと











« ToLoveる ダークネス TokyoMX(12/28)#12終 | トップページ | バクマン。3 NHK(12/29)#13 »

2012年12月29日 (土)

K TBS(12/28)#13終

第13話 最終回 King
01
青の王、宗像と赤の王、周防との戦闘中。
八田と伏見は狗朗と戦っていたが決着。
赤の鎌本が二人を連れて非難する。

菊理を助けるよと狗朗に話す社。
狗朗が膝まづき、一元様に新たな王に着くことの
 許しをもらう。
菊理の下に現われた社と狗朗。
菊理が逃走するが乗り移れる相手は居ない。
お前が第7王権者とは認めないと狗朗が菊理を
 切ろうと身構える。
菊理の体を抜ける狐霊。
油断したなとヴァイスマンの社の体に乗り移る。
既に多重の人格を取り込み崩壊しかかっている。
ヴァイスマンが狐霊を捕えている。

菊理を狗朗に任せて宗像と周防の下に向かう社。
中尉、皆を幸せにする力を発見したと思ってた。
周防の前に現われる社、王を殺せるのは王だけだ。
周防が社を貫く。
赤のダモクレスの剣が壊れて落下する。
周防の上に落下する剣が到達する前に、周防を貫く宗像。

ダモクレスの剣が消滅する。
悪いアンナ、もう綺麗な赤を見せてやれない。

ネコがシロの蛇の目を見つける。
ネコがシロに届けてあげるの。
もう社は居ないんだ。

赤のクランズマンの体に刻まれた紋章が天に昇っていく。
綺麗な赤とアンナ。

---最終回---


赤の王と無色の王が亡くなったので良いのかな?
白銀の王は不死らしいから復活する?

続編制作決定らしいです。
それなら初めから2クールで放送しろと言いたい。
ハッキリ言って世界系なのに、世界が描かれていない。
何が何か分からず王が戦うだけのストーリーだった。
8人で作った作品らしいですが、何も分からないに
 等しい作品でした。

映像は綺麗でキャラも良いのですが、何もかも描き
 足りない感じですね。

早く、ヴィヴィッドレッド・オペレーションが見たいとしか言えない
 放送でした。

« ToLoveる ダークネス TokyoMX(12/28)#12終 | トップページ | バクマン。3 NHK(12/29)#13 »

K」カテゴリの記事

コメント

「テーマは絆」という話ですが、それを聞いても「………はあ…」としか残念ながら答えられません。
シロ達はこれから深める話でしょう。
赤の「吠舞羅」はチラッと描かれたものの、その際のキーマン・十束は亡く、王・周防も消えた。
これからどうするかが問題。
青の「セプター4」に至っては、映像上は何も“絆”は描かれず仕舞い。
作画は良かった。
音楽も良かった。
声優陣含めキャラも魅力的ではあった。
でも脚本が余りにスロー過ぎて、風呂敷畳めず。
演出もところどころ良い点はあったものの、総じて見ると落第点。
小説とコミカライズと設定集を見なきゃわからんという、メディアミックスの悪い点が浮き彫り過ぎでした。
13話の長さだけ壮大なプロローグを見せられた感覚ではあります。
だから第2期なのかもしれません。
しかし、だったら仰る通り最初から2クールやれよって話です。
“化け”が期待できただけに残念です。
“船頭多くして、船、山に登る”
今回の“覆面作家集団”は、このことわざを見た思いでした。
第2期は芯の通ったシリーズ構成と脚本でやって欲しい。
切にそう思います。

私はスタッフが「6話迄はみてください」みたいな発言をしていたので、
みかこしがいたこともありそこまで頑張ったのですが、
訳がわからず、盛り上がりも感じないままそこでギブアップしました。
 ですので、感想や批評出来る立場ではないのですが、こちらの記事によりますとどうやら最後まで同じようなノリで進んだ模様ですね。
 これで続編をするとなりますと、私のように振り落とされたであろうかなりの人達をどう戻すかだと思うのですが、果たしてそれが出来る続編なのか?ですね。
 視聴者ありきではなく、作り手ありきの作品のような気がしました。

面白そうな要素を散りばめて、構築したら1クールでは収まらない。
名場面だけを映像化した感じでしょうか?
それで根本の世界感や設定が良く分からなくなったイメージです。

7人の王権者が何をするのか、出来るのかが不明なのは残念でした。
映像が良かっただけに勿体なかったです。
是非、次回は時間を巻き戻して各王の誕生から現在に至る部分を
 埋めて欲しいです。
それから、この先を描けば良いのではないかと思われます。
俺たちの戦いはこれからだEDの方が楽しめたのかなと思います。
期待がある分良かったかな・・・

>かめラスカルさん
本当に良く分からない作品でした。
恐らく作り手は色々と裏設定も設けて面白い作品を構築したのかなと思われます。
ただ放送された部分がこれだった?みたいな感じですね。
まずは解説者となる人物、Adolf・K・Weissmannを先に登場させて
 説明させるべきだったかなと思います。
ネコに癒されただけで、メインのストーリーは視聴者置いてきぼりでした。
狗朗と二人のキャラで見られた感じでした。
2期は大変でしょうね・・・

後半は早く終わってくれ、ヴィヴィッドレッド・オペレーション早く見たい。
出来れば放送時間を次回作に与えてくれとばかり思ってました

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: K TBS(12/28)#13終:

» K 第13話 12/29 あらすじと感想 #anime_k [ζ[ZETA] Specium blog]
 無色を捕獲、赤の昇天。  赤の王と青の王の激突は続く。しかし、青の王、礼司さんは友である赤の王に対して表情を曇らせていた。何とかして、救いたいらしい。  一方、生徒たちの救出作戦は概ね終了...... [続きを読む]

» TVアニメ「K」第13話(最終回)『King』の感想レビュー [gurimoeの内輪ネタ日記(準備中)]
二期製作決定ヽ(*´∀`)ノオメデト─ッ♪な、学園島占拠事件決着回でした。 社と狗朗の王&クランズマン関係も正式なものとなりましたし、人格を取り込みすぎて自我崩壊しかけていた無色の王をあえて体内に取り込んで一緒に死んであげるという選択も、ある意味、彼の優しさだと考...... [続きを読む]

» K 第13話「King」あらすじ感想 [コツコツ一直線]
いよいよKひとまず最終回。無色の王の戦いに挑むクロ、赤と青の王の戦い、どんな結末を迎えることになるんでしょうかhellip;?そしてあの告知にはびっくりしました。一体ここから何がはじまるのでしょうかhellip;?今回の感想は批判的なところがあるので、ご注...... [続きを読む]

» アニメK 第13話(最終回) あらすじ感想... [◆◇黒衣の貴婦人の徒然日記◇◆]
王の戦い--------------!!やっぱり・・・で、続編製作決定だそうで(^^;)まぁ。今回で一応のオチはついたけど・・・続きはあってもいいなぁって感じだったもんね。最後の戦いの開... [続きを読む]

» K #13 [桜詩〜SAKURAUTA〜]
【King】 K vol.4 [Blu-ray]出演:浪川大輔キングレコード(2013-01-09)販売元:Amazon.co.jp ついに最終回ですね!  [続きを読む]

» 【TV】『K』 [まん病の素]
   原作:GoRA×GoHands 監督・キャラクターデザイン:鈴木信吾 シリーズ構成:GoRA 総作画監督:古田誠 アニメーション制作:GoHands 製作:k-project 出演:浪川大輔 、小野大輔、津田健次 ... [続きを読む]

« ToLoveる ダークネス TokyoMX(12/28)#12終 | トップページ | バクマン。3 NHK(12/29)#13 »

2019年10月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    

Right

  • GTag

Down

  • VividRed
    ビビッドレッド・オペレーション
  • Lagrange
    輪廻のラグランジェ 応援バナー
  • 電波女
    テレビアニメ「電波女と青春男」 公式サイト
  • Steins;Gate
    TVアニメ『シュタインズ・ゲート』
  • アスタロッテ
    TVアニメ「アスタロッテのおもちゃ!」公式サイト
  • 俺妹
    俺の妹がこんなに可愛いわけがない

OnDemand

  • Potora
  • NetMile
  • Small
  • s2

BlogPP

Afiliate

AfiliateA

YearSeasons

PV

  • MuraPV
無料ブログはココログ