カテゴリー

ひと











« 相棒 Eleven テレ朝(1/01)#11 | トップページ | 探偵ナイトスクープ TokyoMX(12/22) »

2013年1月 4日 (金)

蛍火の杜へ TokyoMX(1/01)

公式サイトから
夏休みに、祖父の家に遊びに来ていた少女・蛍は、
妖怪たちが住むといわれる“山神の森”へ迷い込んでしまう。
途方に暮れ、泣き出した蛍の前に現れたのは、狐の面を被った少年・ギン。
ギンに助けられた蛍は、毎年夏になると、ギンのもとを訪れるようになる。
そして、ふたりはいつしか惹かれあってゆく。
だがギンは、人でも妖怪でもない、触れると消えてしまうという不思議な存在だった。

家を出る蛍、母親から忘れ物は無いか尋ねられる。
履歴書は持った?

6歳の蛍は山神の森で迷って泣いていた。
助てくれたのは狐の面を被った少年・ギン。
彼は人ではなく、人間に触れられると消えてしまうらしい。

翌日もお礼の品のアイスを持参してきた蛍。
毎日ギンと野山を駆け巡って遊んだ。
夏休みに祖父の家に遊びに来ていた蛍だった。
来年も来れるか?

毎年、夏休みにはギンと遊んだ蛍。
危なくても私に絶対触れないでね。
面でも被っていないと妖怪に見えないから。
中学生になった、蛍。
目線がギンに近づく蛍。
ギンの成長は遅かった。
冬でもギンに逢いたい触れたいと思う蛍。

高校生になった蛍。
卒業したらこちらで就職するつもり、これで夏だけじゃなく
 春も秋も冬もギンに会える。
捨て子だったギン、山神さまが妖術で生かせてくれている。
人でも妖怪でもない存在だった。
人が触れると消失するなんて、まるで雪の様ね。
忘れてくれていいよ。
時間がいつか二人を分かつでしょう、その時まで一緒に居ましょう。

人の祭りを真似た妖怪の祭りに蛍を誘う。
蛍は俺が守る。
そんなこと言われると飛びつきたくなる。
飛びつけば良い、本望だ。
デートみたい。
デートなんですね。
妖怪たちも人に化けていた。

蛍、俺もう夏を待てないよ。
今直ぐ人込みを掻き分けて逢いに行きたくなるよ。
狐の面を被せて蛍にキスをする。
きっと来年の夏は彼はあの場所には来ないでしょう。
これが最後の・・・

倒れる子供を助けるギン。
ギンの手が消失し始める。
今の子、人の子だった。

来い蛍、やっとお前に触れられる。
好きだよ。
ええ、私もよ。

蛍、ありがとう。
ギンがやっと人に触れたいと思ったんだね。

しばらくは胸が痛む。
夏を心待ちには出来ない。
さあ、行こう。
就職に祖父の家にやって来た蛍でした。

---感想---

夏目友人帳の原作者の作品を夏目友人帳のアニメスタッフが
 制作した劇場作品。
なんとも淡く切ない恋のストーリーですね。
10年?近く続いた二人の関係。
お互いに、我慢できないような状況。
それが思いがけない偶然から最後を迎えます。
ある意味本望ですが、その結果二度と会えなくなってしまう。
それでも蛍は祖父の下で就職する。

ギンとの思い出を抱いて暮すことになるのでしょうね。
昔の日本には普通に有った光景なのかもしれませんね。

« 相棒 Eleven テレ朝(1/01)#11 | トップページ | 探偵ナイトスクープ TokyoMX(12/22) »

アニメ・コミック」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 蛍火の杜へ TokyoMX(1/01):

« 相棒 Eleven テレ朝(1/01)#11 | トップページ | 探偵ナイトスクープ TokyoMX(12/22) »

2019年10月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    

Right

  • GTag

Down

  • VividRed
    ビビッドレッド・オペレーション
  • Lagrange
    輪廻のラグランジェ 応援バナー
  • 電波女
    テレビアニメ「電波女と青春男」 公式サイト
  • Steins;Gate
    TVアニメ『シュタインズ・ゲート』
  • アスタロッテ
    TVアニメ「アスタロッテのおもちゃ!」公式サイト
  • 俺妹
    俺の妹がこんなに可愛いわけがない

OnDemand

  • Potora
  • NetMile
  • Small
  • s2

BlogPP

Afiliate

AfiliateA

YearSeasons

PV

  • MuraPV
無料ブログはココログ