カテゴリー

ひと











« 宇宙戦艦ヤマト2199 TBS(6/16)#11 | トップページ | 百花繚乱サムライブライド チバテレ(6/16)#11 »

2013年6月17日 (月)

惡の華 TokyoMX(6/15)#11

第11回
Akunohana
パトカーで戻る3人。
僕は何処へも行けないんだ。
警察に引き受けに来た母は泣いていた。
説明を求められても何も話さない春日。
間違ってた、私達の子育てが間違ってた。

あれから一か月、佐伯と逢っても目を逸らす。
待って、佐伯を引き連れて話させようとする友達。
一か月も無視してと怒る。
ごめん、色々。
僕なんかより、相応しい人が居るよ。
分かった、今までありがとう、お別れしよう。
握手して別れる、さよなら。

すいません、今日は食欲が有りません。
折角作っていただいたのにすみません。
自室で横にならせていただきますと両親に他人行儀な春日。

ため息をついて頭を抱える母親。

部屋で嘔吐する。
このまま一人ぼっちで、この町で干乾びて死ねば良いんだ。
何処へも行けないまま。

夜の町をさまよう春日。
惡の華が咲く野原を歩く春日、赤い空。
先に仲村が座っていた。
駆け寄ると惡の華が飛び去る。
私は信じてた、全部の皮をむいて、向こう側について来てくれると。
嘘つき人間。
仲村さんを追いかけると目が覚めた。

部屋で暴れる、あの時仲村さんは傷ついていた。
佐伯さんは一人でも生きていける。
でも仲村さんは一人では生きづらい。
こんな俺を信じてくれた。
作文を書く、一人にはしない。

---次回 「第12回」---

結局、二人のどちらも選べなかった春日。
抜け殻状態だった。
佐伯さんとは別れる。

仲村とも話せない。
両親とも他人行儀。
将に夢も希望も無い状態。

夢で仲村さんと出会って、彼女が傷ついていたと思う。
こんな僕を信じてくれたのに、答えられなかった。
また仲村さんに魅かれていく、閉塞感を打ち破る
 ためなのだろうか。

« 宇宙戦艦ヤマト2199 TBS(6/16)#11 | トップページ | 百花繚乱サムライブライド チバテレ(6/16)#11 »

惡の華」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 惡の華 TokyoMX(6/15)#11:

» 惡の華 ~  第11話 [動画共有アニメニュース]
惡の華(あくのはな) 第1話  ~ 第11話 中学編 クラスの美少女・佐伯奈々子に密かに想いを寄せる春日高男。ある日の放課後、出来心により彼女の体操着を盗んでしまうが、その様子は嫌われ者の女子・仲...... [続きを読む]

« 宇宙戦艦ヤマト2199 TBS(6/16)#11 | トップページ | 百花繚乱サムライブライド チバテレ(6/16)#11 »

2019年10月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    

Right

  • GTag

Down

  • VividRed
    ビビッドレッド・オペレーション
  • Lagrange
    輪廻のラグランジェ 応援バナー
  • 電波女
    テレビアニメ「電波女と青春男」 公式サイト
  • Steins;Gate
    TVアニメ『シュタインズ・ゲート』
  • アスタロッテ
    TVアニメ「アスタロッテのおもちゃ!」公式サイト
  • 俺妹
    俺の妹がこんなに可愛いわけがない

OnDemand

  • Potora
  • NetMile
  • Small
  • s2

BlogPP

Afiliate

AfiliateA

YearSeasons

PV

  • MuraPV
無料ブログはココログ