カテゴリー

ひと











« Free! TokyoMX(7/17)#03 | トップページ | 銀の匙 Silver Spoon フジ(7/18)#02 »

2013年7月19日 (金)

銀河機攻隊マジェスティックプリンス TokyoMX(7/18)#15

第15話 ヴェスタ防衛

公式サイトから
イズルが戦闘中に見せた驚異的なスペック。
アッシュとの繋がりを示すハーモニックレベルの予想を越える上昇。
アッシュの覚醒ともいえるこの事態を前に、シモンはその先にある危惧を
言葉にする「最悪、パイロットの自我が失われる」。
一方、イズルの周囲ではその戦果を賛辞する声が溢れていた。
またどことなく何かが違うイズルの変化も好意的に受け止められていた。
だがそれが異変であることをケイが気付く。
「漫画が面白いの」。

調査中に何かを発見するウルガル軍団長の一人、ルメス。

ブラック6を気に掛けるシモン、アッシュの量産化計画に携わっていた。
都市学園の生徒全般に言える特徴で個々の能力は高いが
 協調性が無い。
それゆえチーム戦が上手く機能しない。
スズカゼの持論は、個々の能力には頼らないチーム戦が重要。
戦闘にヒーローは要らない。
同じDNAを搭載したジュリアシステム、アッシュにも自我がある。
アッシュの自我が覚醒すれば、最悪、意識が取り込まれることもある。
我々はプロメテウスの火を手に入れたのだ。
Photo142
レッド5の修理は大変で各ピットクルーが協力する。
イズルが目覚める、ケイは心配でずっと付き添っていた。
ありがとう、俺に惚れているのか?キラーン。
格好良いイズルにタマキまで意識してしまう。
Photo141_2
アッシュとの同調性が戻らす、ハーモニックレベルは
 依然として高いイズル。
イズルの高度検査を命令するスズカゼ。
アマネが昇進したのでレイカがお祝いするからと連絡。

大尉から少佐に昇進したアマネ、ヴェスタ基地の異変に
 出撃命令が下される。
中佐に昇進したアマネ、チームドーベルマンと出撃。
衛星が攻撃されるまで何も感知しなかった。
Photo143
イズルに付き添うケイ、イズルが変なの。
漫画が面白いの。
スルガが確認に向かう、俺の背中を任せたぞ、キラーン。
頬を染めるスルガ。
タマキも食堂でイズルを格好良く思ったことが不思議だった。
吊り橋効果?深層心理で気に入っていた?
ジュリアーノに声をかけられて喜ぶタマキ、これが恋なのら。

アサギがイズルの部屋に確認に向かう。
漫画は面白い、俺はお前のために戦うぜ。
頬を染めるアサギ。
確かにイズルは変だ。
あんたも変よ。

見舞いに松の盆栽を持参してきたアンジュ、確かに面白い。

いきなりセンサーにウルガルの敵機が反応する。
チームドーベルマンの出撃、しかし相手の動きに
 攪乱される。
光学ステルスを装備している、囲まれる、背後に隠れている。
あまりの大量部隊に緊急救援を要請する。

ケイが自作スイーツをイズルにプレゼント。
一口食べて気絶、呼吸停止、電気ショックで蘇る。
ハーモニックレベルが下がって、元の戻った様子。
Photo145
ゴディニオンが救援要請に応じて出撃。
イズルは待機、アサギがリーダー。

撤退も出来ず、救援が来るまで維持するしかない。
終わったらディナーを奢るわ。
それ死亡フラグだから。
Photo147
敵はステルス機能で、ケイのパープル2のセンサーに反応なし。
ドメスは前線を離れてステルスでヴェスタ基地に潜入する。
情報を検索取得するルメス、一際高いセキュリティの情報、
 MJPを発見する。
テオーリアの映像を発見してやはり・・・フリエグシア。
MJP計画の情報を取得して引き返す。
ラダはアンジュを狙ってDNAを取得しようと攻撃していた。
Photo149
アンジュのブラック6はオーバーヒート気味、救出に向かいたいが
 敵が多すぎて接近できない。
コアで出撃するイズル。
オーバーヒートで動けなくなるブラック6、ラダに狙われるが
 イズルの働きで助かるアンジュ。

敢えて窮地に立ち向かう地球人の行動原理は理解できないウルガル。
アマネの歓迎会、大佐に昇進していた。
二階級特進って、あんた死んだの?
朝に少佐で夜には大佐だったアマネ。

情報に対して外部アクセスに気付くシモン。

我らの目標を見つけました、彼らがグランツェーレ学園と
 呼んでいる場所です。


---次回 「君のヒーロー」---

脚本がSF軍事考証の鈴木貴昭さんでした。
ケレス大戦の敗戦で前線指揮はコミネ大佐から
 アマネに代えるために同じ大佐に昇格した感じですね。
2クールだとこんな細かい設定が描けます。
コミネ大佐は、もうCMでしか見られないのでしょうね。

ステルスには違和感がありますね。
まあ追いかけっこのわけですが、レーダーも進歩しています。
それに基地の衛星などは各種センサーも搭載していると
 思うのですが、見つからないのでしょうか。
光学迷彩も描かれましたが近接戦闘以外で目視が重要なのだろうか。
CICがゴディニオンでも描かれてましたが、各種センサーや
 レーダーなどの敵を感知する技術が確立されていないのだろうか。
それとも、常にウルガルはオーバーテクノロジーで人類より
 優れていることを演出したいのだろうか。

ケレス大戦でもドルガナ部隊が突然現れていましたが
 ステルスを使用していたと思いますが、敗戦で
 検討していなかったのでしょうか。

さてアッシュにも自我がある。
これはチェインバーがレドを強制排除した様に最後は
 アッシュが自爆を選ぶフラグでしょうか。
それともイズルのハーモニックレベルが上がればスープの海に
 取り込まれるエヴァ展開を意味しているのでしょうか。
以前から戦闘を嫌がったり回避したりする状況がありましたね。
意識が戻ったイズルは一段上の反応を見せてました。
コアで出撃ってイェーガーに予備が無いのが不思議でした。

今回も戦闘は動いてました、寿門堂が協力にクレジットされていたので
 専門で描いていたのでしょう。
この会社は戦闘シーンなどでは評判な会社のようですね。

コミック化で漫画構成に綾峰蘭人さんがクレジットされてますが、
 ネームを描いているってこと?作画は別の人らしいですね。
ゲットバッカーズ描いていた人ですよね。

ひよっちが出演する作品で彼女が歌わない作品はあるのだろうか。
これが唯一歌わない作品だと思ったのに後期EDで歌ってますね。

« Free! TokyoMX(7/17)#03 | トップページ | 銀の匙 Silver Spoon フジ(7/18)#02 »

銀河機攻隊マジェスティックプリンス」カテゴリの記事

コメント

日笠さんってそんなに歌ってるんですか?

はたらく魔王さまもダンガンロンパも歌ってませんよ。歌は上手だと思いますが主題歌を歌っているイメージはそんなにありませんでした。進撃の巨人なんかは出演してないのにED歌ってましたがこれがデビューシングルみたいですし

イェーガーの予備に関しては単純に作っている余裕がなかったんじゃないですか?人員自体足りてなさそうな上にアッシュもブラックシックスを足してやっと6機ですし

今期は、ロウきゅーぶ、シンフォギアG(劇中歌、初回ED)、ハイスクールDxD New,MJP,
 古くは、けいおん、IS、歌って無い方が明らかに少ないですよ。
進撃の巨人の、シングルプロジェクトは遅すぎましたね。

イェーガーの予備が無いなら設定上必要ないですよね。
冒頭にシモン指令が汎用機の制作に関わっていると言ってましたから、
 生産ラインは持っていそうです。
6機に対して汎用の1,2機体は、ピットクルーなら保持したく思いませんか?

物語上ほとんど全機で出撃してますが、2話か3話でおやっさんが全機出撃できる方が珍しいといっていますし、指令も序盤になんとかアッシュの製造(5機)が間に合ったと言っているのでこの5機を製造するだけで手一杯で予備を作る余裕はなかったんじゃないですか?

全機での出撃を想定していなかったのなら出撃しない機体の部品を使えますし

それにRED FIVEが覚醒した時もおやっさんが信じられないと言っていましたし、テオーリアが全てを明かして技術提供しているわけではない気もします。

2,3話で何とか間に合ったと言うのは話していたと思います。
ただ言いたいのは、工業製品としてのコピーは難しいのでしょうか?
2,3話から何日経過しているのでしょうか?
アンジュが乗る汎用品の量産化は終わったか、目途が立ったと今回
 シモン指令が話しています。
なのにGDFのエースだった機体の予備が無いなんて・・・。
おそらくプロトタイプなので量産品の方がピットクルーも必要ないので
 後回しなのでしょうね。
テオーリアの持つ何かのブラックボックス製品が必要なら、そもそも
 換装できる理由が乏しいように思えます。

色んな意味で設定が有効ではない様に思えますね。

昔に比べて、声優はキャラソンで結構歌いますからね。
そこで「上手い」、「普通」、「下手」の見分けもそこでできるわけで、更に言うと歌う事は数をこなすと意外と上達するもんなんですよ。
キャラソンもちゃんと音楽プロデューサーがいて歌唱指導をしますから、壊滅的に音感の欠けている純粋音痴じゃなければ、上手くない人もそこそこ歌えるようになるし、素質のある人は開花する事もあるわけです。
日笠は素質が開花した方でしょう。
後は個人名義のソロプロジェクトをやるかは事務所の方針とか、その声優個人の考え方ですからね。
堀江由衣がソロプロジェクトを始める際に、最初は本人が「声優としての成長に悪影響が出るのではないか」と悩んだというのは割と有名な話だし、桑島法子が一時期ソロプロジェクトを休止していたのも「声優業に専念したい」という本人の意志らしいですから。
日笠は個人としてはやりたがっていたみたいだし。
ちなみに「魔王さま」では発売予定のキャラソンアルバムで歌うらしいし、逆に出演していた「百花繚乱」では歌ってませんでしたね。

ウルガルのステルスに対抗手段がないのはオーバーテクノロジーとしか説明できないでしょうね。
しかもGDFをはじめ地球側はこれが史上初の対異星間戦争。
そしてケレス大戦までGDFはほぼ全て後手を踏んでの撤退戦ばかり。
研究しようにもネタすら得る余裕もなかったというところでしょう。
更に、ケレス大戦を大々的に宣伝した辺りに、「本腰を入れてこちらから攻め入れば現有戦力でも勝てる」とGDF本部は本気で思っていたかも。(無能だから)
パープル2も判別できないところを見ると、テオーリアの持ってきた情報にもウルガルのステルスに関してはないという事でしょう。
イェーガーは公表されている設定としては、ブルー1とレッド5は共用できるらしいですが、前回の話を見ていると何か隠し要素があって実は専用なんじゃないか、だから予備を作るにも時間が掛かって、ウルガルの侵攻にはタイムアップで間に合わなかったんじゃないかと感じています。
そして試作機の5機の強化より、量産化を優先したと。
元永監督は製作開始にあたって「ガンダムやエヴァとは違うロボット物を作りたい」とコメントしているので、「エヴァ」のような「スープの海に溶ける」って事はしないでしょう。
アマネも宴会の様子からすると、スズカゼ、レイカ、ルーラの3人と同期みたいですね。
実はグランツェーレ都市学園は北海道富良野市にある設定だそうです。
第6話に描かれた学園の周りの一面の紫の花。
そして今回のラストでルメスが出した学園の画像にある紫の花は、富良野名物であるラベンダーの花との事。
「サーバント×サービス」、「銀の匙」より先に北海道を舞台にしていたアニメでした。
今月から東武鉄道とのタイアップ企画が始まったようです。

ふれいくさん>
 最近はイベントの開催を考えてなのか、女性キャラのユニゾンが
 増えてますね。
 それどころか女性キャラが歌わない場合が珍しく感じますね。
 それにキャラソンも多いですね、各社が数で勝負ですからね。
 ただし、キャラ声で歌うのは辛そうです。
 そこまでしなくても良いのにと思う時も有ります。
 今回の井口さんのEDは凄いですが、歌としては辛い。

百花繚乱はゲストキャラでしたね、それに女性声優が多いのが効いている?
まあ全てが全て歌えるとも限らないのも事実ですね。
ダンガンロンパにも主役級で出演してますが歌わなさそうですね。

でもやはり敢えて言いたい、彼女が歌わない作品は稀少だと。

この作品の弱点はウルガル星が昔風の手抜きにも思える描かれ方ですね。
暗く不気味で生体部品を使っているせいか、人工的な文明が見当たらない。
それがオーバーテクノロジーを持つことの信憑性を貶めているように
 思えます。

イェーガーがあったので、今回はコアだけで出撃できたので、設定としては
 使えてますが、面白くはないですね。
量産機製造で忙しいのも面白くない理由ですねぇ。

そして量産機にはビーストモードは無いでしょうが、何が違うのか?
テオーリアがウルガルから持参したブラックボックスのパーツが存在するのか?
ジュリアシステムの所為か?気になりますね。

マジェプリ関係ないですけどキャラソンも含むなら日笠さんに限らず最近の人気声優の方はほとんどの作品で歌っているのではないですか?

キャラソンは聞かないので分からないですけど作品の主要キャラって大体キャラソンありますよね?

あと別に生体部品を使っているということでオーバーテクノロジーを持っていないということはないでしょう。ロボットアニメですけど科学は機械だけじゃないですし、倫理とかはどうか分かりませんけど生物を応用するのだって技術がいりますよ。実際機械を人間のように動かすのはまだ無理ですし

???さん>
私もキャラソンは詳しくないです。
私が例に挙げた作品ではひよっちは、OP,EDのどちらかで歌ってます。
それどころか、ロウきゅーぶではコンサートも開いてますしPVも
 撮影しています。
 魔王さまとダンガンロンパではOP,EDは歌ってないですね。
全ての作品は言い過ぎですが、過半数と言えるのも事実です。
彼女は歌唱力があり、イベントで別途歌手をスケジューリングしなくて良くて
 便利で重宝されていると思われます。
イベント開催時の出演者のスケジュール調整は出演者の人数に比例して手間になるのは分かると思います。

オーバーテクノロジーをウルガルが持っていないとは一言も書いてませんよ。
持っていないのは地球側だと書いてます。
GDFから見て対処できない、想定できない、実現していない技術を総称して書いてます。
生体部品だってGDFから見れば明らかにオーバーテクノロジーですよ。

オーバーテクノロジーの言葉をどのように考えて使用していますか?

ver違いのED、綱殻のレギオスでやってたなぁ…

キャラソンの話がこちらのコメントにあったので、一番古いキャラソンは何か考えてみました。
機動戦士ガンダム(ファースト)の劇中歌
「いまはおやすみ」戸田恵子、かなぁ?…との結論になりました。
あくまで、私が知ってる範囲ですが…

最初に「けいおん」を見た時、OPよりEDの方に注目した記憶があります。
放課後ティータイムのCDが2枚(アルバム)、ライブBD2枚持ってる程度のファンです。

蛇足ですが、桑島法子さんのCDは1枚しか持ってなかった。
機動戦艦ナデシコの主題歌CD(8cmシングル)
1996/10/23発売でした。………orz(こればっか)

もっちゃんさん>

キャラソンのはじめは、
 うる星やつら ラムのラブソング
 マクロス 私の彼はパイロット 飯島真理
 ヤマト2 好敵手  ささきいさお

等があるようです。
それで問題は、定義です、キャラ名でリリースするか否かですね。
これ以前にも挿入歌が、ドラえもん、おばQにはあるそうです。

さあ、どれが最初でしょうね?

見苦しい所をお見せしてすいません。

アニソン歌手によるイメージソングもキャラソンだとすると…奥が深い!
声優が歌う、サウンドトラックに入っている曲がキャラソンでしょうか?
主題歌と挿入歌が、私の頭の中でごっちゃごちゃです。

ちなみに試しでネットで拾って、「やさしさSAYONARA」「愛・おぼえていますか」「突撃ラブハート」(マクロス7)歌ってみたら、フルコーラスほぼ間違えずに歌えました。
私の「マクロス」認知度は、それくらい。
たぶんカラオケなら挿入歌全曲歌えると思います。(マクロス、マクロス7なら、マクロスFは厳しそうです)

マクロスも当然考えたんです。
クリーミーマミ→マクロス→ガンダムの流れでした。(苦笑)

テレビ主題歌以外がキャラソンなら、トリトンとかでもあったような…?
完全にうろ覚え。もうこの話題終わりにします。失礼しました。

キャラソンの定義は難しそうです。

海のトリトンも人気在りましたねぇ。
今と昔では状況が違うので、かつては大量生産するので、サントラ程度しか
発売されなかった。
今はCD自体が売れないので、数で勝負、何でも作って発売。
キャラソンでも何でも出せるなら出しまくる。
人気など関係なしですからね。

まあ時代性を考慮しないといけないですね。
では終わりにしましょう。

コメントが遅くなりましたが確かにオーバーテクノロジーを持っていないとは言っていませんでした。申し訳ないです

ただ他の人へのコメントで「暗く不気味で生体部品を使っているせいか、人工的な文明が見当たらない。それがオーバーテクノロジーを持つことの信憑性を貶めているように思えます。」というのをみて、別に生体部品等の使用がオーバーテクノロジーを持つことの信憑性を貶めているとは思わなかったということが言いたかっただけです。

オーバーテクノロジーという言葉は純粋にウルガルの技術が地球の技術の水準をはるかに上回っているという解釈で使用しました

了解です。
ただウルガルの星の描写が気に入らないのは事実です。
生体部品自体はオーバーテクノロジーですが、それが視聴者に
 与える印象として進んだ文明に思えないのです。
生体部品だからの有利さ、便利さの描写が無いのです。
それで進んだ文明を表現するには無理があります。

実は昔の作品では、敵側はおどろおどろしい作画で雰囲気を
 出すことも多かったのです。
穿った見方をすれば、地球よりも進んだ文明を建物で表現するのは難しいので
それを端折るための設定が生体部品だとしたら悲しいです。

次回からは名無しではなく、ハンドルネーム等を記述して下さい。

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 銀河機攻隊マジェスティックプリンス TokyoMX(7/18)#15:

» 銀河機攻隊マジェスティックプリンス #015「ヴェスタ防衛」 [MAGI☆の日記]
銀河機攻隊マジェスティックプリンスの第15話を見ました。 #015 ヴェスタ防衛 「個々の性能を追求するより多少スペックダウンしてもチームワーク重視というのが君の持論だったな」 「一人の英雄に頼...... [続きを読む]

» 銀河機攻隊マジェスティックプリンス #15 [ぐ~たらにっき]
『ヴェスタ防衛』 [続きを読む]

» 銀河機攻隊 マジェスティックプリンス 第15話「ヴェスタ防衛」 [空 と 夏 の 間 ...]
アッシュの覚醒を出したイズル。 シモンは、アッシュの覚醒のためにパイロットの自我が消えるのを危惧する。 目覚めたイズルは何かがおかしいのですが…。 イズルの描いたマンガが面白いだと?(笑) 深刻になりそうな設定だったのに…オチが(^^; イズルを元に戻すほどの破壊力とは、ケイのケーキは味は凄まじいですねw  ... [続きを読む]

» 銀河機攻隊マジェスティックプリンス 第15話 7/19 あらすじと感想 #MJPR [Specium Blog]
 イズルの異変を封じたケイのケーキの威力w。  ICUに担ぎ込まれたイズルくんは意識不明。彼を見守るチームメイトたち。一方、ウルガル側も、地球攻略に本腰を入れたようで、情報収集分析活動を活発化し始...... [続きを読む]

» 銀河機攻隊 マジェスティックプリンス 第15話 「ヴェスタ防衛」 感想 [Little Colors]
残念じゃないイズルはイズルじゃないんだ…っ!( ̄▽ ̄;) [続きを読む]

» 銀河機攻隊 マジェスティックプリンス 15話 [逝人]
アニメ 銀河機攻隊 マジェスティックプリンス 15話 の感想 イズルがイケメンキャラになって吹いたよ(爆) てか、コアユニットで出撃とか、どんだけ強くなってるんだよ^^ ケイの作ったケーキを食べたら心停止って(爆) 今まで、女が作った食い物でここまで悲惨な目にあうのも珍しいよ(爆死) ランキングに参加してます(爆)クリックしてくれたら、うれしいです^^ にほんブログ村 漫画制作..... [続きを読む]

» 銀河機攻隊 マジェスティックプリンス 第15話 感想 [荒野の出来事]
 銀河機攻隊  マジェスティックプリンス  第15話 『ヴェスタ防衛』 感想  次のページへ [続きを読む]

» 銀河機攻隊 マジェスティックプリンス 第15話 [閑話休題 -intermezzo-]
第15話「ヴェスタ防衛」の感想です。イズルは先の戦いで消耗し入院。スターローズを訪れたシモン司令とスズカゼ艦長は、ブラック6の事を中心にアッシュについて語ります。... [続きを読む]

» 『銀河機攻隊マジェスティックプリンス』 第15話の評判 、及び感想と考察 [オレが面白いと思っているアニメやマンガは、本当に面白いのか?]
『銀河機攻隊マジェスティックプリンス』 第15話 「ヴェスタ防衛」を観ました。今回の世間の評判をまとめつつ、個人的感想を述べています。銀河機攻隊 マジェ [続きを読む]

« Free! TokyoMX(7/17)#03 | トップページ | 銀の匙 Silver Spoon フジ(7/18)#02 »

2020年8月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          

Right

  • GTag

Down

  • VividRed
    ビビッドレッド・オペレーション
  • Lagrange
    輪廻のラグランジェ 応援バナー
  • 電波女
    テレビアニメ「電波女と青春男」 公式サイト
  • Steins;Gate
    TVアニメ『シュタインズ・ゲート』
  • アスタロッテ
    TVアニメ「アスタロッテのおもちゃ!」公式サイト
  • 俺妹
    俺の妹がこんなに可愛いわけがない

OnDemand

  • Potora
  • NetMile
  • Small
  • s2

BlogPP

Afiliate

AfiliateA

YearSeasons

PV

  • MuraPV
無料ブログはココログ