カテゴリー

ひと











« キルラキル TBS(11/22)#08 | トップページ | 革命機ヴァルヴレイヴ TBS(11/22)#19 »

2013年11月23日 (土)

Coppelion BS11(11/22)#08

第8話 姉妹

公式サイトから
荊たちの行く先に立ちふさがった、コッペリオン掃除係に所属する小津姉妹。
いきなり襲いかかってきた二人を荊たちは間一髪のところで回避する。
第一師団と共に行動を共にする小津姉妹の目的はいったい何なのか!?
荊の疑問をよそに、あえなく小津姉妹によって取り押さえられてしまう。
そんな荊の窮地を救ったのは、遥人から手渡されていた新型爆弾であった。
絶体絶命の状態から脱した荊は、第一師団から奪った戦車で小津姉妹を迎え撃つ。
だが、電撃を操る歌音の超人的な特殊能力の前に苦戦を強いられ、
再び荊は追い詰められていくことに。
一方、荊たちと離れ単独で行動していた遥人は、旧首都を
吹き抜ける不吉な風を察知するのだった──。
Coppelion2
荊たちの行く手を塞いだのは小津姉妹。
黒澤が所属するコッペリオン掃除係の残りだった。
彼女たちが高レベル廃棄物を町に置いて、
 閉じ込めようとしていたのだった。
妹の詩音は怪力の持ち主だった。
閃光弾で目くらましで、その場から逃れる。

彼女たちはクローンで生まれた双子。
実在したクローンのコッペリオン、彼女たちのDNAは
 小津久音で連続殺人犯。
脳はコピー元の影響を強く受ける、人格や性格も引き継ぐ。
第一師団の見方となった小津姉妹だった。
彼女たちは第一師団の目的を知っていた。
地球人類を滅ぼせば、支配するのはコッペリオンとなる。

小津姉妹に追われる、荊が捕まってしまう。
黒澤作成の新型爆弾、超音波を発する爆弾で逃れる。
師団の指示も無視して荊たちを追いかける姉妹。
戦車を発見して奪う荊、サイドカーで追いかける姉妹。

妹の怪力を利用する、砲弾を発射。
しかし妹の体で砲弾を防いだ姉。
姉の能力は電気ウナギのDNAを組み込んでいた。
電撃が可能な姉。
コッペリオンは突然死する。
実験材料でしかなかった、教頭に復讐する。
荊にも共闘を求めるが断られる。

電線で電撃を吸収させて殴る荊。
二人を拘束してプラネッツに戻る。
しかし周囲を廃棄物で囲まれている。

風が出てきた、廃棄物の放射能が巻き散らかされる。

---次回 「陽動」---

取り残された人間の悲哀、狂気、残酷さを描いた作品かと
 思ったらコッペリオンの悲劇を描いた作品でした。

姉の花音は電撃が可能、御坂さんのように超電磁砲は
 撃てないのでしょうかね。
お台場の石棺を爆破して何処まで放射能が飛散するのか
 分かりませんが、あまり危機感を感じないですね。
劣化ウラン弾なんてのがかつてありましたが、
 そんな感じでばら撒くのか思ってました。

第一師団との戦闘で終わりそうですね。

« キルラキル TBS(11/22)#08 | トップページ | 革命機ヴァルヴレイヴ TBS(11/22)#19 »

Coppelion」カテゴリの記事

コメント

>取り残された人間の悲哀、狂気、残酷さを描いた作品かと
> 思ったらコッペリオンの悲劇を描いた作品でした。

基本そのラインですよ原作もまぁ『ブレードランナー』のレプリカントみたいなドラマが3部と四部で話のフックになります。

>姉の花音は電撃が可能、御坂さんのように超電磁砲は
> 撃てないのでしょうかね。

まぁその代わり次週で歌音の能力は応用が利く能力です。

後,ノーセンスさんが次週以降大活躍します。この原作漫画アニメじゃ描かれないけど作者はお色気は読者サービス程度でメカ趣味が満載してる漫画でやたら凝ったメカが登場します。

この後の展開に第一師団のメカ見たら「絵?」と思うようなメカが登場します。
(OPにそのメカの登場シーンがあります)

気づいてるかもしれませんがコッペリオンの苗字が日本の映画監督に由来してますね。

成瀬荊=成瀬巳喜男

野村タエ子=野村芳太郎(山田洋次の師匠)

深作葵=深作欣二

黒澤遥人=黒澤明

小津姉妹=小津安二郎

一般人は文豪で

三島教頭=三島由紀夫

井伏=井伏鱒二

武者小路=武者小路実篤

夏目総理=夏目漱石

鴎外正宗=森鴎外+正宗白鳥

司馬伝次郎=司馬遼太郎

と言う具合です(笑)

まずお詫びを…
小津姉妹と第一師団、共闘していましたね。(苦笑)
廃棄物のドラム缶が有ったから"どっちなんだろ?"という想いがあって、コメントに「?」を付けたんです。
6話での荊と遥人の会話、7話でわかった第一師団の目的から判断したのですが、廃棄物があそこに有った事は第一師団がかんでるとも考えられたし…(言い訳になってきた。苦笑)
葵を拉致した事と、小津姉妹と共闘するようになった事が、時系列同時なら納得できそうです。
(見せ方の問題でしょうか? 視聴する側の理解力の問題でしょうか?)

それにしても、またヤバい領域に踏み込んできました。
私の過去コメント、人格形成にDNAが関係するかを指摘していましたよね。
性格や判断力にDNAが大きな要素だとすると、簡単に言えば「犯罪者の血縁は犯罪者になり得る」って事を肯定する事になります。
これをもっと拡大解釈すると、民族差別(例えばユダヤ人迫害とかの人種差別)を肯定する事にもなりかねない気がするんです。
だから、作中ではコッペリオンに特殊能力を持たせる為に凶悪殺人犯のDNAを使用したけれど、「小津姉妹の性格が歪んだのは育った環境がそれ程酷いモノだった」という事をもっと強調して欲しかった。(例えば、DNAの説明シーンより、過去に酷い人体実験をされたシーンをもっと入れて強調するとか…)
まあ、完全に私の個人的意見なんだけど、また考えすぎてるかなぁ?(苦笑)

突然死が有りという事実、どこまで悲惨になるんだい?(はぁ)
(この件で、DNAうんぬんの事は多少緩衝材になっているかも)

???さん、無記名での書き込みは辞めて下さい。
 次回からは削除します、何か名前を書いて下さい。

WIKIで監督や偉人の名字を使用していることは知りました。
 まあ、名前を考えるのは大変なのか、戦艦や鉄道の駅名とか良くありますよね。

アニメ化は2部までなので、このまま戦闘で終わるのじゃないでしょうか?
なんだか、コッペリオンの悲哀が強く感じました。
でも2話のエピソードは酷かった・・・
残された人類のエピソードがあまり面白くないですよね。
ブレランと言えばシドミード、シドミードと言えば
∀ガンダム、ヤマト2520などのデザインが・・・

作者はメカフェチなのですか、今回の戦車も面白かったですね。
でも廃棄物を集めるヘリは笑えました。

小津姉妹と第1師団の共闘は、そうなのかな感じですね。
どちらともとれましたから。
DNAの問題も、人体実験を詳しく描くことは難しいのでカットしたのかも
 しれないですよ。
原作は知らないですけれど。

何と言うか、異能バトルに移りつつあるなと思ったので、
 今回はあまり細部を拘らなくなってきました。

すいません ???は僕です。
名前確認が出来てませんでした。

申し訳ございません。

基本二部で終わりますが小津姉妹が二部終盤になると結構感情移入できるキャラになってくるんですよ。

二部は命がメインなのですがそこでラストでコッペリオンの哀しい宿命が三島教頭が言う台詞があるんですよ

二話は作者もその当時新人ですのでまだ人気が発展途上だった頃なのとアニメは自主規制されてたので意図が伝わりら無かったんでしょうね。

三部で司馬伝次郎博士の作った対放射能施設がメインになってきます。

今更ですが、気になって公式サイトを見てみたんです。
スターチャイルドの公式サイトが有るのですが、昔の公式サイトらしきモノもネットにはあがっていたんです。
イントロダクションに多少違いが有りまして…

旧公式サイト…「時は西暦20XX年」「放射能耐性を体内に有する人工的に生み出された人間」「突如起こった、発電所の事故」
現在の公式サイト…「時は西暦20XX年」←これは同じ
「汚染耐性を体内に有する…」「突如起こった事故」
つまり、「放射能」「発電所」のキーワードが改変されているんです。

これは既読の方でなければわからないんだけど、原作では「放射能」や「発電所」の言葉を使っているのでしょうか?
だとしたら、連載を見ておられた方々は相当複雑な気持ちで視聴されているのでしょうね。

ダーク・ディグラーさんでしたか。
ネットでも小津姉妹が登場すると面白くなると言われてるので
 これからを期待ですね。
まだ、初見なので、壊れっぷりや、悲哀が良く伝わらないのですよ。

三島教頭の台詞に期待して待ちましょう。


個人的にはネットの匿名性が失礼でネチケットに反すると思っているので、
前回のような記述をいたしました。
お気を悪くなさらないで下さい。

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: Coppelion BS11(11/22)#08:

» COPPELION コッペリオン 8話「姉妹」の感想 [真実悪路]
要するにちゃんと教育してなかった教頭が悪い。 人形と言う名称含めて裏切りが出て当然のシステムというか人間性の軽視というか、 救助だけだったらロボットなりなんなりを使った方がよほど合理的なので、 なにか別の目的で作られてるとしか思えないのに見た目通りの軽い女子高生ノリで、 計画そのものに緻密さを感じないからなー、というような感じのイカレ姉妹登場話。 まるで会話になってないとい...... [続きを読む]

» COPPELION #8 [桜詩〜SAKURAUTA〜]
【姉妹】 COPPELION vol.2(Blu-ray)出演:戸松遥キングレコード(2013-12-25)販売元:Amazon.co.jp 小津姉妹登場!(堀江さん&坂本さんですね!)  [続きを読む]

» COPPELION(コッペリオン)第8話「姉妹」 [空 と 夏 の 間 ...]
COPPELION(コッペリオン)第8話「姉妹」 感想  小津姉妹、襲来!    荊たちの行く先に立ちふさがった、コッペリオン掃除係に所属する小津姉妹。 いきなり襲いかかってきた二人を荊たちは間一髪のところで回避する。 第一師団と共に行動を共にする小津姉妹の目的はいったい何なのか!? 荊の疑問をよそに、あえなく小津姉妹によって取り押さえられてしまう。 そんな荊の窮地...... [続きを読む]

« キルラキル TBS(11/22)#08 | トップページ | 革命機ヴァルヴレイヴ TBS(11/22)#19 »

2021年7月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

Right

  • GTag

Down

  • VividRed
    ビビッドレッド・オペレーション
  • Lagrange
    輪廻のラグランジェ 応援バナー
  • 電波女
    テレビアニメ「電波女と青春男」 公式サイト
  • Steins;Gate
    TVアニメ『シュタインズ・ゲート』
  • アスタロッテ
    TVアニメ「アスタロッテのおもちゃ!」公式サイト
  • 俺妹
    俺の妹がこんなに可愛いわけがない

OnDemand

  • Potora
  • NetMile
  • Small
  • s2

BlogPP

Afiliate

AfiliateA

YearSeasons

PV

  • MuraPV
無料ブログはココログ