カテゴリー

ひと











« 凪のあすから TokyoMX(11/14)#07 | トップページ | アウトブレイク・カンパニー TBS(11/14)#07 »

2013年11月15日 (金)

蒼き鋼のアルペジオ TokyoMX(11/14)#06

第6話 ともだち
Alpesio
蒔絵、人形のお前が人ならぬ人類の敵と心を
 通わせようとしている。
どんなに強力な兵器より、お前たちが育んでいる心が
 この世界を変えることになると思える。

統制軍隊が屋敷を取り囲んでいた。
振動弾頭の情報を霧に奪われたくない、奴らの狙いは蒔絵だ。
ハルナとキリシマの存在も感知されていた。

ハルナが軍に抵抗するが、蒔絵が止めに入る。
そこでハルナが霧のメンタルモデルだと知られてしまう。
ショックを受ける蒔絵、キリシマに蒔絵の護衛を頼む。

ハルナは裏庭で陽動を行う、ナノマテリアルで蒔絵を作る。
コンゴウにはキリシマが報告する。
鎌倉沖のマヤに頼めば軍を蹴散らせる。
殲滅を蒔絵は望んでいない。

蒔絵は自身が狙われていることを知っていた。
離れていればハルナは安全。
父親が喜んだので振動弾頭の設計に応じた。
でも開発者なのでハルナの友達になる資格がない。

自立型無人戦闘車両岩蟹が投入される。
火力が強力でハルナはナノマテリアルが不足して、
 蒔絵のダミーを維持できなくなる。
捜索対象は蒔絵、正門付近の蒔絵が発見される。
キリシマのヨタロウが何とか兵士を倒す。

ハルナを助けに行くと裏庭に向かう蒔絵。
軍人を傷つけたくないハルナ、この気持ちは何?
私、ハルハルが好き、許してくれないだろうけれど
 友達が居なくなるのは嫌だ。
蒔絵を守って庇うハルナ。
しかし大量の攻撃でナノマテリアルが不足して防ぎきれない。
誰でも良いから力を貸して。

ハルナ、何をやっているの?
蒔絵、友達を守っている。
それなら手伝うとイオナが無人攻撃機を破壊する。

上陰次官補からイ401に何をしているのだと連絡。
我々は軍ではない、任務は振動弾頭を米国に運ぶことだ。
イ401が無人戦闘車両を全て破壊する。

蒔絵、頼みがある、新たに私達と友達になってくれ。

ハルナの声が聞こえたからイオナが助けに来たと伝える。

目覚めたタカオ、あんた何しに来たの?

---次回 「」---

蒔絵を助けようと守るハルナとキリシマでした。
もうこのまま、3人がメインで良いですね。
表情の乏しい千早群像やイオナは見栄えしないですね。

人非ざるデザインチャイルドと霧のメンタルモデルの友情でした。
人間でないが故に友達になれたのか。

硫黄島で防衛システムに捕まったタカオ。
守っていたのはヒュウガでしょうね。
でもメンタルモデルではなかったですね。

メンタルモデルの維持は辛いのでしょうか?
ナノマテリアルを取得できればハルナやキリシマは戦艦として
 復活するのだろうか。

イ401が既に大戦艦2隻を倒してパワーバランスは壊れてしまったので、
 マヤと戦闘になってもかなり不利な状況が作れないと
 楽しめないような気がする。

« 凪のあすから TokyoMX(11/14)#07 | トップページ | アウトブレイク・カンパニー TBS(11/14)#07 »

蒼き鋼のアルペジオ」カテゴリの記事

コメント

今回は原作とはかなり変えて、今後の予想がつかなくなりました。
◎刑部邸襲撃の首謀者(北⇒上陰)
◎刑部邸襲撃の目的(メンタルモデル(ハルナ)確保⇒蒔絵抹殺)
◎刑部博士の死に方(陸軍襲撃をサイボーグメイド隊で防戦後に自爆⇒生命維持に力尽きる)
◎ハルナの戦い方(人命無視の無双から、刑部博士の死を感じ取り暴走し陸軍襲撃部隊全滅⇒人命は助けながら戦い、あわややられる)
◎ハルナと蒔絵の和解(原作ではもっと先)
◎イオナ登場(原作では無し)
◎群象、上陰と決別(原作では無し)
◎ハルナ&キリシマ&蒔絵がイ-401に同乗(原作では無し、原作ではイオナとハルナ&キリシマは横須賀港での戦闘後は接触していない)
◎マヤの出番(暴走したハルナにコントロールを奪われ、札幌&東京&長崎を同時攻撃しかける⇒コンゴウとお茶会)
これだけ変更すればパラレルワールドです。
1番大きいのは、蒔絵が群象達と一緒に行動する部分ですね。
原作とは恐らく別展開のラストになるでしょう。
原作自体終わっていないですけどね。
これだけ変えると、原作組も「なんじゃこりゃ」として騒ぎそうですが、この作品に関しては「原作とは別の面白さのある良改変」として受け取っている人が多いようです。
ここでハルナと蒔絵の繋がりを持ってきたのは、逆に良かった気がします。
こうなると、原作とどこまで変えて、「原作設定を活かしたオリジナル」としてどう展開していくのか、それを見るのも楽しみです。
ちなみに、ハルナは原作組では「裏の主人公」と呼ぶ人も多いらしいです。
原作で彼女がメインとなる話には、群象やイオナが全く出ずにストーリーが進むようだからみたいです。

原作からかなり変わっているそうですね。
ここからはオリジナル展開のようですね。
でも北は出番が在りそうですね、そうでないと彼の登場が無意味になるので。

1クールでは上手い終わり方が描けないのなら、改変も良いと思います。
特に主人公の二人に魅力を感じないので、ハルナと蒔絵、キリシマの
 三人が主人公になると面白そう。
タカオ、ヒュウガも揃って千早艦隊もあるのかも。

こちらのブログを見たからわかる情報ですね。
ただただ「感謝」です。ありがとうございます。

既読の方達には、「原作との比較をする楽しみ」と同時に「先が読めない楽しみ」も有るんですね。まさに、一粒で二度美味しい…
(これも、わかる人にはわかる表現でしょうか?苦笑)

今の所、私にはハズレ回はないなぁ〜
「ヒュウガ」は、私にもわかりましたよ。(笑)
(EDのキャストで、消去法 → で、声をよ〜く聞いてわかりました)

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 蒼き鋼のアルペジオ TokyoMX(11/14)#06:

» 蒼き鋼のアルペジオ -アルス・ノヴァ- 第6話 ともだち [cogito,ergo sum]
奇妙な縁から知り合った、蒔絵とハルナにキリシマ。 しかし、そこに蒔絵を狙う影が…。 3人の未来は…? [続きを読む]

» 蒼き鋼のアルペジオ -アルス・ノヴァ- 第6話「ともだち」 [いま、お茶いれますね]
第6話「ともだち」 デザインチャイルドとして生み出した蒔絵を本当の娘のように愛した藤十郎が他界。 この人の背景がほとんど描かれていなかったので感情移入は出来なかったけど、最後まで蒔絵の幸せを願う心は本物の父親でしたね。 ... [続きを読む]

» 蒼き鋼のアルペジオ -アルス・ノヴァ- 第06話 感想 [荒野の出来事]
 蒼き鋼のアルペジオ -アルス・ノヴァ-  第06話 『ともだち』 感想  次のページへ [続きを読む]

» アニメ 蒼き鋼のアルペジオ -アルス・ノヴァ- 第6話 「ともだち」 [くまっこの部屋]
お互いがお互いを思いやる気持ちって素敵ですね!ハルハルと蒔絵(とあと1名)、あら [続きを読む]

» 蒼き鋼のアルペジオ -アルス・ノヴァ- 第6話「ともだち」 [空 と 夏 の 間 ...]
ハルナと蒔絵の友情物語な第6話。 キリシマはこのままヨタロウのままでいくのでしょうか(笑) 刑部博士から「蒔絵の友だちになって欲しい」と頼まれたハルナとキリシマ。 デザインチャイルドとして生まれ、「振動弾頭」を開発した蒔絵の寝顔に、言い知れぬ想いを抱く。 そんな中、蒔絵が霧の手に落ちることを危ぶんだ上陰次官補の手の特殊部隊が刑部邸を襲う。 蒔絵を守るため、特殊部隊に立ち...... [続きを読む]

» 蒼き鋼のアルペジオ -アルス・ノヴァ- 第6話 [刹那的虹色世界]
蒼き鋼のアルペジオ -アルス・ノヴァ- 第6話 『ともだち』 ≪あらすじ≫ 振動弾頭を事実上開発した蒔絵の末梢に走る上陰は軍を動かし強襲させる。それを確認したハルナは、迎撃態勢を整えた。たとえ“霧”としての艦艇がなかったとしても、メンタルモデルとして生身の人間に遅れをとることはない。銃弾をフィールドで受け止めると、そのまま力場を反転させて侵入してきた兵士を殺そうとするが―― ...... [続きを読む]

» 蒼き鋼のアルペジオ 第6話 感想 - 互いに罪悪感を抱いているハルナと蒔絵 [ひそか日記]
蒼き鋼のアルペジオ -アルス・ノヴァ 第6話 「ともだち」の感想です。 自分(ハルナ)は蒔絵たち「人類の敵」の霧である。だから友達にはなれない。 自分(蒔絵)はハルナたちを殺す「武器」を作った。だから友達にはなれない。 互いに相手を思いながらも,同時に相手に対して抱く「罪悪感」 前回今回と完全にハルナと蒔絵の友情物語ですね。いい話でした。 ... [続きを読む]

» 蒼き鋼のアルペジオ -アルス・ノヴァ- #6 [日々の記録]
蒔絵とハルナが、友情の再確認をするお話でした。振動弾頭の秘密を守るために、軍は蒔絵の抹殺を決定しました。危機が迫った蒔絵を救うために、ハルナが動きました。霧の力 [続きを読む]

» 『蒼き鋼のアルペジオ』 第6話「ともだち」 [ふるゆきホビー館]
JUGEMテーマ:漫画/アニメnbsp;メンタルモデルのハルナ、もう主役としての大活躍です。死に際の刑部に蒔絵をたくされ、屋敷へ侵入した陸軍部隊を相手に奮戦。しかも、ナノマテリアルで蒔絵のダミーを作って、自分が敵をひきつけ逃がそうとまで。いっぽう、蒔絵も「ハルハル」に危険を負わせないため、「ヨタロウ」を抱えて別方向へ。ヨタロウことキリシマも、小さな防御フィールドで対抗しました。しかし、軍はイワガニという多脚戦闘車両を投入して、3人を追いつめます。この悪役っぽいメカといい、防衛軍のはずが悪の... [続きを読む]

« 凪のあすから TokyoMX(11/14)#07 | トップページ | アウトブレイク・カンパニー TBS(11/14)#07 »

2019年10月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    

Right

  • GTag

Down

  • VividRed
    ビビッドレッド・オペレーション
  • Lagrange
    輪廻のラグランジェ 応援バナー
  • 電波女
    テレビアニメ「電波女と青春男」 公式サイト
  • Steins;Gate
    TVアニメ『シュタインズ・ゲート』
  • アスタロッテ
    TVアニメ「アスタロッテのおもちゃ!」公式サイト
  • 俺妹
    俺の妹がこんなに可愛いわけがない

OnDemand

  • Potora
  • NetMile
  • Small
  • s2

BlogPP

Afiliate

AfiliateA

YearSeasons

PV

  • MuraPV
無料ブログはココログ