カテゴリー

ひと











« 2013年夏アニメの円盤売上げ | トップページ | 東京レイヴンズ TokyoMX(11/19)#07 »

2013年11月20日 (水)

黒子のバスケ TokyoMX(11/19)#32

第32Q あきらめろ

公式サイトから
誠凛と秀徳の戦いは、両校死力を尽くした結果引き分けに終わり、
黒子と緑間はウインターカップでの再戦を誓う。
一方火神は、試合後の控室で話す日向と木吉 の会話を偶然耳にし、
衝撃を受ける。
ひざの痛みに耐えながら、「今年が最後のチャンス」だという木吉・・・。
帰宅中、その言葉の意味を問う火神と黒子に対 し、日向は
誠凛高校バスケ部が創られたいきさつを語りはじめる。
1年前、バスケから離れようと決意していた日向に対し、木吉は
一緒にバスケ部を創ろうとつきまとって・・・。
Kuroko2
火神と緑間の攻防、時間切れ、104-104。
予選大会は特別ルールで延長戦が無い。
両校は引き分け、決着はウインターカップで。

あのシュートを決めていればと木吉にハイタッチを
 求めるメンバー。

良い試合だったと緑間に声を掛ける黄瀬と桃井。
心配するなら誠凛だ、霧崎第一の花宮真、無冠の五将。
対戦相手が卑怯だぞ、そこまでして勝ちたいのかと怒る。
緑間のリヤカーに2号が居た、黒子が探していた。
黒子、ウインターカップでまたやろう。

木吉の左膝は試合中に痛んでいた。
日向も分かっていた、次は出るな。
今年が最後のチャンスなんだ、膝が壊れても出場する。
それを偶然聞いた火神が日向に理由を尋ねる。

誠凛高校に入学した日向は金髪だった。
伊月と同じクラス、バスケは辞めた。
中学時代は頑張っても一度も勝てなかった。
木吉鉄平と偶然ぶつかってバスケ部創設に巻き込まれる。

日向に付きまとう木吉、伊月も入部。
水戸部、小金井も合流、マネージャーは?
相田リコを知る伊月が紹介する。
帝光中学の一強で周りが諦めているのは気に食わない。
一番を目指す本気が無いと嫌よ。

日向は凡人の努力は無駄なんだよと心が折れていた。
1オン1で俺に勝ったら諦める。
1本でも取れればお前の勝ちだ、ハンデとしては足りないか。
必死で向かっていくが一本が取れない。

日向、もう諦めろ。
バスケを諦めることをあきらめろ。

才能なんて関係ない。
中学ベスト4高校の木吉、それでも帝光の天才と対戦して
 絶望を味わされた。
バッシュを捨てようとしても捨てられなかった、俺と同じだ。
分かってんだよ、だから毎日が詰まらないんだ。

---次回 「誠凛高校バスケ部だ!」---

秀徳との試合は引き分け。
残るは霧崎第一との試合、しかしかなりダーティなプレイの
 ようですね、しかも木吉と同じ無冠の五将が率いるチーム。
木吉も膝の古傷再発でピンチです。

木吉が話す、これが最後のチャンスとは。
その理由を説明する前に次回となりました。

それにしても、中学では一回戦で負けて相手も負けて、その相手も負けて
 決勝戦はダブルスコア。
帝光が強いのは分かったけれど、日向、伊月の中学って
 どれだけ弱かったの?
野球なら1回戦コールド負けレベルで素人に毛の生えた程度と
 言われそうですね。

« 2013年夏アニメの円盤売上げ | トップページ | 東京レイヴンズ TokyoMX(11/19)#07 »

黒子のバスケ」カテゴリの記事

コメント

作品全体で考えたら次の試合までの繋ぎなんだろうけど、話にどんどん引き込まれていく…
日向や木吉や他のメンバーの過去を知る事で、次の試合を見る目がさらに熱くなるんでしょうね。
まあ、ある程度連載が長くなければ、こんなエピソードも描く事はできないんだろうけど…

私、何が言いたいんでしょ?(苦笑)
名言は多いし、日向の叫びは凄かったし…
見応えの有る回でした。

この作品も、愛知県での地上波の放送が無いんです。(涙)
こんなに面白いのに…

MBSが絡んでいて、日本BS放送がスポンサーですね。

制作サイドがセールスしないのか、放送局が購入しないのか・・・
 どちらでしょうね。

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 黒子のバスケ TokyoMX(11/19)#32:

» 黒子のバスケ 第32Q「あきらめろ」 [MAGI☆の日記]
黒子のバスケの第32話を見ました。 第32Q あきらめろ 木吉の放つ2本目のフリースローが外れ、リバウンドとなったボールを火神がシュートを叩き込もうとするが緑間がブロックする。 得点に繋がらず、今大会は時間短縮のために延長戦の規定はなく誠凛と秀徳の戦いは両校死力を尽くした結果引き分けに終わり、黒子と緑間はウインターカップでの再戦を誓う。 一方、火神は試合後の控室で日向...... [続きを読む]

» 黒子のバスケ #32 [日々の記録]
誠凛対秀徳、ついに決着です。そして、誠凛バスケ部の創設時のお話になりました。残り時間後わずかで、誠凛はフリースローの権利を得ました。最初の一本を決めて同点。続く [続きを読む]

» 黒子のバスケ #32「あきらめろ」感想 [おぼろ二次元日記]
運命のブザーが鳴る。WCの本選に近づくのは誠凛か秀徳か!?「あきらめろ」あらすじは公式からです。誠凛と秀徳の戦いは、両校死力を尽くした結果引き分けに終わり、黒子と緑間は... [続きを読む]

» 黒子のバスケ 第32Q「あきらめろ」 [Happy☆Lucky]
第32Q「あきらめろ」 JUGEMテーマ:漫画/アニメ [続きを読む]

» 黒子のバスケ 第32話「あきらめろ」感想 [薔薇色のつぶやき  別館]
キタ━━━━━━ (/∀\*) ━━━━━━!!!!日向の黒歴史wwwwww元々 根が真面目なクセに粋がったりしてるのが可愛くてwwww 金髪なのに 踵を踏まずに上靴をちゃんと履いてるとか もう さすがwwww学校を締めてやるとか言ってみても まるで様にならないよwwww慣れないことをするもんじゃありません。 本来の日向に戻してくれたのが木吉だったってことですね 試合は104対104で...... [続きを読む]

« 2013年夏アニメの円盤売上げ | トップページ | 東京レイヴンズ TokyoMX(11/19)#07 »

2019年11月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

Right

  • GTag

Down

  • VividRed
    ビビッドレッド・オペレーション
  • Lagrange
    輪廻のラグランジェ 応援バナー
  • 電波女
    テレビアニメ「電波女と青春男」 公式サイト
  • Steins;Gate
    TVアニメ『シュタインズ・ゲート』
  • アスタロッテ
    TVアニメ「アスタロッテのおもちゃ!」公式サイト
  • 俺妹
    俺の妹がこんなに可愛いわけがない

OnDemand

  • Potora
  • NetMile
  • Small
  • s2

BlogPP

Afiliate

AfiliateA

YearSeasons

PV

  • MuraPV
無料ブログはココログ