カテゴリー

« 凪のあすから TokyoMX(12/12)#11 | トップページ | アウトブレイク・カンパニー TBS(12/12)#11 »

2013年12月13日 (金)

蒼き鋼のアルペジオ TokyoMX(12/12)#10

第10話 その身を捧ぐ
Takaoharu
公式サイトから
コンゴウの手を逃れ、タカオたちとの合流を目指すイ401を急襲した2発の侵食魚雷。
イオナの姉妹、イ400とイ402からの攻撃であった。
魚雷に仕込まれた特殊プログラムにより、船体の被害を回復できずに沈みゆく401。
ヒュウガたちの捜索も空しく、2人きりの艦内で、弱っていく群像を見たイオナは・・・。
ようやく401の救難信号を掴まえたタカオが目にしたものは・・・!!
Oa101s
イ401を襲った4発の浸蝕魚雷。
2発が命中、沈むイ401。
フルバースト実行時でソナー感度が低減していた。
自己修復プログラムが9.1%しか機能しない。
ナノマテリアルの再イニシャライズが出来ない。
命令が書き換えられている、同型艦ならではの攻撃だった。
Oa102s
タカオからイ401が発見できない、ハルナでも見つからない。
超重力砲を打ち合って所為で干渉が生じている。
コンゴウとマヤは居ないので、消失海域に向かう。

何故勝手に沈めた。
400と402はコンゴウを監視していた。
コンゴウはイ401を必要以上に執着している。
もう401を気にする必要はないんだよ。
Oa104s
千mの深度まで捜索したが見つからない。
この辺りは海溝9千mの深さまである。
タカオが潜水して直接探そうとするが、軽はずみな事は辞めて。
相手は潜水艦、タカオでは無理。
イオナに後を任されたからと冷静なヒュウガを責めるタカオ。
ヒュウガ、あれを貸して。
一人でも探すタカオ。

浸蝕部分をパージ。
酸素生成部分が含まれる。
構わない、救援を待つしかない。
寒い艦内、イオナは随分変わったな。
私はハードウェアのアップデートは行っていない。
体温低下、脈拍低下、CO2濃度上昇。
無駄なエネルギー消費は押さえろ。

理解した、最善の策は群像を切り捨てること。
この世界を救うためには、俺の事は良い。
振動弾頭を米国に届けてくれ。
イオナは群像を見捨てない。
艦の存続を一番に考えろ、生きろイオナ。
イヤ、私は一人になりたくない、群像。

タカオがイ401の破片を発見。
しかし本体ではない。
救難ポッドを発見する、それにコアが密着していた。
これじゃあ、私の入り込む隙間なんて無いじゃない。
タカオが自身のナノマテリアルを全て与えて修復する。
Oa103s
イ401は復活するが、タカオは体を失う。
ナノマテリアルの補給は不可能、それでも良いの。
千早群像の、それが望みなら。

イ401とタカオが融合して復活した。
コンゴウを解任する、待機となる。
奴を鎮めるのは私。
それはアドミラリティコードからの逸脱。
コンゴウを拘束します。
マヤは感情の無い、監視のためのお人形。
機能は今停止した。

---次回 「」---

乙女プラグインを持つ、群像ラブなタカオ。
しかしイオナの愛には勝てませんでした。
自身のナノマテリアルを全てイオナに与えて自身は
 体を失って戦闘からはリタイヤです。

ここでタカオの自己犠牲、献身的な愛の演出でした。
蒼き鋼の艦隊に加わって自身の衣装も艦も赤から
 青に変更して喜んでいただけに残念でした。

メンタルモデルには感情がある。
そして随時アドミラリティコードは各艦に届いているのですね。
その辺りが描かれていないので、分かり辛かったですね。
マヤに感情が無いのは分からなかったですよね。

これでナノマテリアルの補給が出来れば、そうそうたる、
 蒼き鋼の艦隊が出来上がるのにね。
大戦艦3隻と重巡洋艦と潜水艦。
ただ駆逐艦が欲しいよね。

« 凪のあすから TokyoMX(12/12)#11 | トップページ | アウトブレイク・カンパニー TBS(12/12)#11 »

蒼き鋼のアルペジオ」カテゴリの記事

コメント

いやもう「凄かった」の一語に尽きますね。
OP、ED、アイキャッチ全て飛ばして見せてくれたストーリーもよかったですが、3DCGであそこまで描けるのか…と感嘆しました。
イオナとタカオの献身がそのままサブタイトルで、素敵な表現でした。
そして怖い怖いマヤの真実。
ラストの音声処理も効果的で、あの「カーニバルダヨ」連発は怖さ倍増です。
もうコンゴウさん、あれは回復不能まで叩きのめされましたね。
イ-400とイ-402がコンゴウの指揮下ではなく、別系統で動いている部分は原作準拠です。
オリジナル展開ながら原作設定を上手く活かしたと思います。
最後は姉妹艦対決なんだろうなぁ。
アニメ設定は公開されていないけど、原作の「霧の艦隊」総指揮艦である“あの艦”が出てきても「有り」な感じもしますが。(ぉ)
さあ、どんなラストを用意してくれているやら。
第2期があったとしても、もう原作ネタは完全に使えないくらいになっちゃいましたけどね。f^_^;

ちなみに原作では、マヤはコンゴウから待機指示を出されたまま放ったらかしにされ、その後に接触してきたハルナ&キリクマに喜び、「霧の艦隊」を離反してハルナ&キリクマをある場所に運びます。
一方タカオは群像の指示を受け陽動作戦を展開しますが、そこで旧ドイツ海軍の潜水艦Uボートと激戦を演じます。
しかし艦体を撃破され、メンタルモデルのみをイ-402に確保され、その後はイ-402に嫌々ながら連れ回される事になります。
Uボートは、原作では硫黄島に向かう前のイ-401とも一戦交えています。

原作とは大きく異なっていますね。
設定だけを利用してストーリーを新たに作り直してますね。
でも今回のタカオの献身は今までのツンデレ演出と相まって
 見事なストーリーでした。
イオナは主役なので、まだ感情表現を抑え目な設定ですね。
最後には何かあるのかもしれませんが・・・

雰囲気ぶち壊しコメントになりそうなんですが…(苦笑)

Bパート頭の、イオナ「たった今この艦隊を維持するための方策をシミュレートした。その結果、最善の策はここであなたを切り捨てる事」
このセリフ、おかしくないか?
1話から何度も出てきますが、イオナの中にあるただ一つの命令は「千早群像に会い従う」事。
シミュレート段階で"群像を排除"する選択が有る事(シミュレートでその結果が出る事)が、イマイチ納得できなくて…
その後、イオナが群像の命令に背く事は理解できるし、おもわず"お〜〜〜!"と言いたくなる展開だったんだけどなぁ………

タカオのコアは、どうなったんでしょうね。
イ-401の船体の一部になって演算力アップ?
それなら、イ-400+イ-402連合に対抗できるかも?

群像が、振動弾頭をアメリカに届けて欲しい、が一番の使命と言ってましたから
 そのためには群像の排除も良いのだと思いました。

ヒュウガ、ハルナの大戦艦級の演算能力が加わればタカオは
 必要ないのじゃないかな。
少なくとも、ヒュウガはイ401に乗艦してサブ・プロセッサーに
 なると言ってました。

〉もっちゃんさん
おかしいですか?
イオナが“従う”べき群像が出していた指令が「振動弾頭をアメリカに届ける」なんですから。
これって前々から群像が言ってますよね。
それを最優先事項として考えれば、タカオだけじゃ危ないってのもわかっているでしょうから、艦体の維持を考えるのは至極当然だと思いますよ。
「従う」の言葉の意味を違って受け取られているとお見受けしましたが、いかがでしょうか?
この作品では「アドミラリティコードに従う」という言葉がよく出るじゃないですか。
だから“兵器”、“艦”であるメンタルモデルにとっては、「従う」とは「一緒に行く」ではなく「出された命令を遂行する」の意味なんですよ。
そう考えると納得してもらえると思うのですが。

私のイメージが、イオナのアドミラリティコード=「群像に従う事」なんです。
だからこれが崩れると「ちょっとなぁ〜?」なんて気分だったんですね。

「群像に従う事」がただの命令の一つなら、都度上書きされていく事もわかるし「振動弾頭をアメリカに運ぶ事が最優先」も「群像の排除」も理解できるのだけれど
「群像に従う事」設定およびその後の群像「生命維持に必要な機能を全てカット…」の命令に背く「イオナの判断」の印象が…
あのシミュレートは、あくまで視聴者に「群像の排除の選択が、イ-401を維持するには最善策」だと"知らせる為だけのセリフ"になった気が………
単なる私の屁理屈ですね。(苦笑)
この微妙な感覚は、コメントで伝える事が難しいです。

あー、そうそう。
ぬる〜くまったりとさんは"艦隊編成(構成)がどんなモノか"ご存知のようですが、それは一般知識では有りません。
少なくとも私は知らない!(キリッ)
どこをどう調べていいのやら…(苦笑)
昔とかゲームの世界の"大戦艦"メインの構成と、現代のイージス艦や潜水艦メインの構成は、また違うだろうけど…
ミリタリーに詳しい方は「底が知れない」方が多くて、「スゴい!」と感じてばかりなんです。(笑)

〉もっちゃんさん
確かに「艦隊編成」は一般常識ではないと思いますが、「ヤマト」や「ガンダム」にはまった人なら割とご理解と思うんですが…。
「ヤマト」や「ガンダム」の味方艦隊や敵艦隊にも、「戦艦」(大戦艦はない)、「空母」、「巡洋艦」、「護衛艦」って設定がよく出てくるし、プラモのパッケージにも書かれているじゃないですか。
だから、ミリオタじゃなくてもアニメファンだって「艦隊」にどういう種類の艦があるのかって結構わかると思いますよ。
私自身はたまたま「ヤマト」のプラモから第二次世界大戦時の艦船プラモに走った時期がありますんで、「艦隊編成」の知識はやや多めだと思ってはいますけど。
もっちゃんさんも割とプラモの話をされているので、ご存知の部分があったと思っていました。
あ、ちなみにイージス艦は巡洋艦なのが多いみたいです。(これはどっかの映画雑誌で読んだ記憶)

読み直してみて、わかりにくいコメントになっとるなぁ…(笑)

私のイメージ、「群像に従う事」は、"群像に"がポイント。
「群像」を見捨てたら"元も子もないじゃん!"(苦笑)
シミュレートの段階では、イオナは群像からまだ具体的な指示(例えば、艦体維持の最善策をシミュレートせよ)とかの指示は受けていない。
つまり、あのシミュレートは「あくまでイオナの自己判断」でした事なんです。
だから、「?」になったんです。

イオナが群像を助けた行動、あれがイオナに感情が芽生えている事を示していそうですが
イオナのアドミラリティコードが「群像」が主眼なら、あの行動も理解できる。
つまり「群像を失ったら、イオナの存在意義がなくなる」
私はそんな風に考えてました。

「タカオが、イ-401の一部になっているかも?」には演算力アップだけではなく、タカオの願望である「群像に乗ってもらう」(エロい意味は皆無です!笑)も叶う事になるんですね。
そー考えると、結構意味アリじゃないですか?(笑)


やっぱりわかりにくいコメントだなぁ………orz

イオナの命じられたアドミラリティ・コード、群像に従う事。
つまりは群像が生存すること、生きていることが大本命だと
 考えるか、否かですよね。

言葉に従うか、存在に付き従うかの意味がありまからねぇ。

艦隊は、それほど詳しくないですよ。
たまたま、唯一作った戦艦のプラモが雪風で駆逐艦。
宇宙戦艦ヤマトでも雪風が登場して駆逐艦の名前が強くインプット
 されただけです。
他の漫画で駆逐艦の意味を知って読んで字の如くで覚えています。
現在のイージス艦とは異なりWW2の時代は艦砲射撃が当たらないの
 ですよね。

巡洋艦とか駆逐艦とか、名前くらいは当然知っておりますが…
具体的な役割とか、実際に編成された艦隊ではどの船が何隻いるとか、案外知らないものですよ。(笑)
まあ、空母くらいはわかりますが
SLGやり込んでいたらわかるんだろうなぁ〜
ファミコンウォーズ、サクラ大戦(これは微妙)、SDガンダムガチャポン戦記2、ファイヤーエンブレム、フロントミッション………
あら?SLGそれなりにやってる。(苦笑)
本格的なモノは全然やってないなぁ。(笑)

〉もっちゃんさん
「ファミコンウォーズ」はプレイしたことがないのでわかりませんが、例に挙げられたSLGでは船はあんまり出てこないっすからねぇ。(苦笑)
「艦隊編成」を考えるんなら、「大戦略」とか「提督の決断」とかでしょうかねぇ。
脱線ネタですが、「ファイヤーエムブレム」が出てきて、「オオッ!」と思っちゃいました。
私はファミコン版の第1作「暗黒竜と光の剣」から、3DSの最新作「覚醒」まで全作プレイしましたからね。
「ファイヤーエムブレム」シリーズをプレイする為に、任天堂のほとんどのハードを買った人ですから。(だからWiiはまだ買っていない(爆笑))

ちょっと訂正します。ソフトタイトルやっぱりうろ覚えでした。(脱線継続すいません)
「SDガンダム…」→「SDガンダムワールド ガチャポン戦士2 カプセル戦記」が正解
「ファイヤーエンブレム」→「ファイアーエンブレム」が正解でした。

ちなみに、YouTube「ファイアーエンブレム 歴代CM集」で懐かしのCMが視聴可能です。
「あ〜ぶな〜くな〜った〜ら、スタコ〜ラ〜逃げろ〜♪」(笑)

「ん?」重ねて間違えたかも?
「ファイアーエムブレム」が正解です。ごめんなさい。

〉もっちゃんさん
そうでした、「ファイアーエムブレム」でした。
私も間違えていました。f^_^;
第1作の「暗黒竜と光の剣」は序盤のレナ、ジュリアン、ナバールが加わるところまではOVAでアニメ化されているんですよね。
マルスが緑川光、シーダが丹下桜、オグマが小杉十郎太、ナバールが子安武人、ジュリアンが山口勝平でした。

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/222433/58749235

この記事へのトラックバック一覧です: 蒼き鋼のアルペジオ TokyoMX(12/12)#10:

» アニメ 蒼き鋼のアルペジオ -アルス・ノヴァ- 第10話 「この身を捧ぐ」 [くまっこの部屋]
「イオナはずいぶん変わったな」沈みゆくイ401、自己修復も封じられ、圧潰するのを [続きを読む]

» 蒼き鋼のアルペジオ -アルス・ノヴァ- 第10話「その身を捧ぐ」 [空 と 夏 の 間 ...]
タカオの一途さんがいじらしい結末に…。 コンゴウも思わぬ状況になり、メンタルモデルたちの運命にも明暗が…。 コンゴウの手を逃れ、タカオたちとの合流を目指すイ401を急襲した2発の侵食魚雷。 イオナの姉妹、イ400とイ402からの攻撃であった。 魚雷に仕込まれた特殊プログラムにより、船体の被害を回復できずに沈みゆく401。 ヒュウガたちの捜索も空しく、2人きりの艦内で、弱...... [続きを読む]

» 蒼き鋼のアルペジオ -アルス・ノヴァ- 第10話「その身を捧ぐ」 [いま、お茶いれますね]
第10話「その身を捧ぐ」 ちょろいんタカオさんに泣かされる日が来るとは思わなかった・・・ 姉妹艦であるイ400とイ401に沈められたイオナ。 侵食魚雷によって身を削られていく姿が痛々しいわ。 ナノマテリアルの再イニシャライズ。姉妹艦だからこそ出来た攻撃のようです。 自己修復プログラムに干渉され修復も出来ず、イ401が浮上する可能性はゼロ。 超重力砲同士がぶ...... [続きを読む]

» 蒼き鋼のアルペジオ 第10話 感想 – 切なくて悲しくなった… [ひそか日記]
蒼き鋼のアルペジオ -アルス・ノヴァ 第10話 「その身を捧ぐ」の感想です。 「その身を捧ぐ」…か。 イオナの生存を最優先にする群像,群像と離れまいとその身を捧ぐイオナ,群像のためにイ401を再生させようとその身を捧ぐタカオ。 悲しみを感じる話でした。 そしてラストのマヤには衝撃が! ... [続きを読む]

» 蒼き鋼のアルペジオ -アルス・ノヴァ- 第10話 [刹那的虹色世界]
蒼き鋼のアルペジオ -アルス・ノヴァ- 第10話 『その身を捧ぐ』 ≪あらすじ≫ 自ら囮役となったイオナと群像。イ401のフルブーストモードで一気にコンゴウの索敵範囲から離脱したはずだったが、そこで待ち伏せをしていたのはイオナと同型艦のイ400とイ402。侵食弾頭の直撃と、その時に同型艦ゆえに構造マテリアルの一部の制御を奪われたことで、イ401は海底へと沈んでいく。 十分なク...... [続きを読む]

» 蒼き鋼のアルペジオ -アルス・ノヴァ- 第10話 その身を捧ぐ [cogito,ergo sum]
コンゴウを出し抜いた群像とイオナ。 しかし、同型艦のイ400とイ402の雷撃を受け多大な損傷を…。 このまま、沈む運命でしょうか? [続きを読む]

» 蒼き鋼のアルペジオ -アルス・ノヴァ- #10 [日々の記録]
タカオが! タカオが〜〜〜っっっ!!!(涙)イ400とイ402の攻撃を受けて、イ401は大きな被害を受けました。すぐにイオナは、船体の修復を試みますが、なぜか思うように修 [続きを読む]

« 凪のあすから TokyoMX(12/12)#11 | トップページ | アウトブレイク・カンパニー TBS(12/12)#11 »

2018年11月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  

Right

  • GTag

Down

  • VividRed
    ビビッドレッド・オペレーション
  • Lagrange
    輪廻のラグランジェ 応援バナー
  • 電波女
    テレビアニメ「電波女と青春男」 公式サイト
  • Steins;Gate
    TVアニメ『シュタインズ・ゲート』
  • アスタロッテ
    TVアニメ「アスタロッテのおもちゃ!」公式サイト
  • 俺妹
    俺の妹がこんなに可愛いわけがない

OnDemand

  • Potora
  • NetMile
  • Small
  • s2

BlogPP

Afiliate

AfiliateA

YearSeasons

PV

  • MuraPV
無料ブログはココログ