カテゴリー

ひと











« ジャパコンTV スペース☆ダンディ放送直前SP BSフジ(12/27) | トップページ | 眠りの森 TBS(1/02) »

2014年1月 3日 (金)

熱風海陸ブシロード BS11(12/31)

Keyvisual
シノビに滅ぼされた国イセの姫アメ。
伝説の旧時代の兵器、機神将を求め旧陸を目指していた。
通りかかった村で子供を口減らしの意味も兼ねてシノビに
 生け贄とする場面に遭遇する。
近寄るシノビをシェルで退治するアメとサンダ。
しかしシノビの気配を感じて奥に進むと戦う異形の少年。
ヤギュウの少年スオウだった。
彼を助けたアメはスオウに同行を求める。

機神将ギガロードはスオウの故郷、始まりの地に
 あることが分かる。
目指す場所は、砂嵐が強くベルニウムが濃い。
ベルニウムはシェルのエンジンの出力低下を招き、
 人体にも影響を及ぼす。
倒れたアメとサンダ、侍女たちを捕まえたのは
 トウライの国の王太子カズサ・シンだった。

シンは機神将ギガロードは強大な力を持つ、
 シノビを倒せば人間をも滅ぼしかねない。
自身の力でシノビを倒すと話すシンに返す言葉の無いアメ。
復習の為、敵討ちのために機神将を求めていたと気付く。
母の形見の石、ギガロードの起動鍵をシンに奪われる。
トウライ国の王でシンの叔父、トウギはギガロードを
 自国の兵器として利用することを考えている。

アメを追い出そうと考えるシン、人々を守るために
 ギガロードを起動させると決意するアメ。
アメが笑えば良いと思うよ。
シンに意思を伝えると俺に勝って奪えと勝負を持ちかける。
スオウと戦うシン、そこにシノビの一団が押し寄せる。
シノビと融合したイセの国の学者ツキヨミが指揮していた。
イセの城を動かしてシノビと融合していたのだった。

人間を駆逐するため究極の生命体に進化するのです。
ヤギュウの力を発動してアメやシンを守ったスオウ。
アメとサンダは機神将ギガロードの起動のために
 始まりの地に向かう。
アメを追うツキヨミ、を追うシン。
トウライの城を動かしてアメを援護するつもりだった。

スオウは変身が解けていたが、トウライ国で治療されていた。
トウライノ城に忍び込んでアメを追うスオウ。

シノビの攻撃に逃げながら始まりの地、富士の山の麓に
 向かうアメとサンダ。
シノビの攻撃からヒメを守るために自ら惹きつけて
 自爆するサンダ。
ギガロードに到着して乗り込むアメ、ギガロードが起動するが
 ツキヨミも到着。
実はシノビをイセ国に招き入れたのはツキヨミだった。
ギガロードを動かしてシノビと戦うアメ。
実はギガロードはシノビの母体を封じていたのだった。
ギガロードを起動したのでシノビの母体が出現する。
シノビはコアを破壊されれば消滅して、自らは
 増殖できない。
しかし母体からはシノビを増殖できるのだった。

何も知らずに機神将を起動したことを悔やむアメ。
しかも起動には体力の限界があるのだった。
シンがトウライの城を体当たりさせてシノビの駆逐を
 考える。
それにスオウも乗り込んでアメの下に向かう。
侵入者を守るギガロードに攻撃されながらもアメの
 下に向かうスオウ。
スオウの能力を取り込んで完全体のギガロードに変身する。
シノビの母体を攻撃するギガロード。
遂にシノビを駆逐して成層圏まで突き抜けたギガロード。

ごめん、今までありがとう、スオウ、大好き。
一人アメの力で生還するシン、涙を流す。


---感想---

3時間番組でしたが、紅白ブシ合戦が80分近く最初に放送。
内容は番組の紹介ですが、かるたは必要ないでしょう。
内容は100分程度だが、CMは一回だったのは英断だと思う。
流石に10年来の作品で、会社名もこのためだとか。
劇場版に近い費用を賭けたらしい作品。

内容的には典型的な王道作品。
前半は問題ないが、中頃のアメの悩み、シンの説得演出が
 少し弱かった。
後半のシノビの造形が単純で残念。
戦闘の意味が映像的に分かり辛く、熱い展開の演出が
 少し弱かった気がする。

もうちょっと、丁寧に描けば面白くなったかもと思う。


« ジャパコンTV スペース☆ダンディ放送直前SP BSフジ(12/27) | トップページ | 眠りの森 TBS(1/02) »

アニメ・コミック」カテゴリの記事

コメント

頭からまともに視聴したから、さすがに長かった…
結果的には、本編視聴だけでも良かったような?(苦笑)

「ブシロード」の名称からカードゲームのイメージが強かったのですが、結構見応え有りました。
もっと子供向けかなぁ?と、視聴前は考えていましたので。
ストーリーについて
「王道展開だなぁ」と感じると同時に「宮崎アニメ」を凄く感じました。
途中までは、スオウが未来少年コナンのコナンにイメージが重なっていたし…
飛行石や巨神兵のイメージも重なってました。

3/26発売の円盤のCM、真の結末、新規エピローグと宣伝されていましたね。
普通に考えたら、EDの276(実際には280秒くらい?)+αになるのかな?
昔なら、劇場版のレベルの作品にはなっていそうなんだけどなぁ。
コストを考えた場合、劇場公開より円盤で回収した方がリスクが少ないのかも?
(こーゆー所は、私はわからなくて…苦笑)

良く分かりませんが、劇場版とTV版を考えると、TV放送の方が
 視聴者は増えると思います。
当たれば儲かるのは劇場版だと思います。

コナンやラピュタが好きでもない私には、宮崎アニメは感じなかったですね。
ナウシカや魔女の宅急便は好きです。

ハハハ
好みが有りますからねぇ。(苦笑)
私はコナンもナウシカもラピュタも同じくらい好きですよ。(笑)

で、思い出した。
ラピュタのED「君をのせて」も好きなんです。
関ジャニの番組(仕分け)で、過去に井上あずみさんが出演された時に、劣化を感じてショックだった記憶が…
2012/6/9放送、堀江美都子 vs misono「キャンディキャンディ」対決は、HDDに録画をまだ残してあります。やっぱりミッチはさすがでしたよ。(放送から、もう一年半以上たってました。苦笑)

すいません、脱線延長

未来少年コナンは、某国営放送(総合)、PM7:30枠でしたね。
コナンの次が「ニルスのふしぎな旅」だった記憶が有りますが…(ちと、自信がない)
ナディアも同じ時間枠だったんですよね。
(他にあの時間枠の作品があったか思い出せない…)
火曜日じゃなかったっけ?
あの時間枠の番組って、放送時間30分に対し目一杯時間を使っていたから(まあ、CMがないから当然ですが)、再放送の時はOPやEDをショートverにしたりカットしたり…
コナンがまともに残ってる録画は、もってないんだよなぁ……
(DVDでの全話録画は有るはずですが)

国営放送枠は、古くはひょっこりひょうたん島から始まる夕方枠の
 イメージが強いですね。
里見八犬伝、眉村卓のジュブナイル作品の実写化、ねらわれた学園とかの
イメージが強いですね。
上記は、土曜日の夕方枠?現在のログ・ホライズン枠に相当?

コナンとかの枠はあまり視聴していないので・・・

私はプリンプリン物語が一番印象深いなぁ。
「紅孔雀」ってなかったでしたか?OPをなんとなく覚えています。

それと、脱線の脱線になりますが…
筒井康隆さんの小説の実写ドラマ化作品「七瀬シリーズ」は記憶にあります。
「家族八景」「七瀬ふたたび」「エディプスの恋人」は全部読みました。
「七瀬ふたたび」は何度かドラマ化されましたよね。

止まらなくなってきた…(苦笑)

「スプーンおばさん」も夕方枠だったんですね。(覚えてなくて調べて確認しました)
月〜金、17:50〜18:00でした。
マクロスのヒットで飯島真理さんが主題歌に採用されたから見てました。
ファーストアルバムの「ROSE」をセルカセット(当時はレコードプレイヤーがなかったんです)で買って聞きまくったんだよなぁ…

国営放送の夕方枠、人形劇、少年ドラマシリーズで
 WIKIで一覧が見られます。
ただ制作側がフィルムを残していないようです。
私もかつて新八犬伝を探したことが在りますが、LDで1枚だけ発売されていたのを
 思い出しました。
視聴者のβやVHSの録画を元に多少復刻しているらしいです。
帯番組だったようですね。

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 熱風海陸ブシロード BS11(12/31):

« ジャパコンTV スペース☆ダンディ放送直前SP BSフジ(12/27) | トップページ | 眠りの森 TBS(1/02) »

2019年8月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

Right

  • GTag

Down

  • VividRed
    ビビッドレッド・オペレーション
  • Lagrange
    輪廻のラグランジェ 応援バナー
  • 電波女
    テレビアニメ「電波女と青春男」 公式サイト
  • Steins;Gate
    TVアニメ『シュタインズ・ゲート』
  • アスタロッテ
    TVアニメ「アスタロッテのおもちゃ!」公式サイト
  • 俺妹
    俺の妹がこんなに可愛いわけがない

OnDemand

  • Potora
  • NetMile
  • Small
  • s2

BlogPP

Afiliate

AfiliateA

YearSeasons

PV

  • MuraPV
無料ブログはココログ