カテゴリー

ひと











« ウィザード・バリスターズ 弁魔士セシル TokyoMX(3/30)#12終 | トップページ | ノブナガ・ザ・フール テレ東(3/30)#12 »

2014年3月31日 (月)

バディ・コンプレックス TokyoMX(3/30)#13終

最終回 第13話 アクセプション
Budycomplex
ガラプーシカの2発目を準備しろ。
15分後に発射可能、ゾギリアで使用する1年分のネクトオリビウムを
 使用する兵器だった。
シグナスはゴーゴン破壊を命じられる、ヴァリアンサー隊を出撃させる。
青葉とディオは試作機で新型機を受け取りに出撃する。

ビゾンとヒナがカップリングを用いるがヒナに異変が生じる。
ドクターハーンは強制的にカップリングを成功させる。
2機が圧倒的な攻撃力でヴァリアンサー隊を攻撃する。
シグナスを狙うビゾン、シグナスの出力40%低下。
新型機ブラディオンNEXT,ルクシオンNEXTが到着。
あれはヒナが搭乗していた機体だ。
カップリングして4機で戦闘する。

ゾギリアのカップリングにはノイズがあることを発見する。
パイロットの意思に関係なく強制的にカップリングできるようだ。
カップリングを解く青葉とディオ。
ヒナに語りかける青葉。
ヒナの洗脳が解けてビゾンとデカップリングしてしまう。

再度カップリングを求めるビゾン、青葉もカップリングを求める。
青葉とカップリングするヒナ。
ゴーゴンに向かうが、2発目を発射する。
ゴーゴンの直撃を受ける青葉とヒナのカップリング機。
それで特異点が、発生する。
ビゾンが吸い込まれるが脱出を試みる。

あれが特異点、タイムトンネルだ。
過去の記憶が蘇るヒナ、此処でビゾンを止めないとと
 特異点に向かった過去のヒナ。
ディオが青葉を止めていた。
ここでビゾンを止めないと命を狙われる、またね青葉。
そして何処かに不時着したヒナ。
青葉を探して特異点に送り込んで自身はゾギリアの
 戦場に幼い姿で到着したのだった。

ヒナだけがループしていたことを知る青葉、ディオは青葉を止めない。
青葉、急げ、ヒナを捕まえた青葉とディオ。
二人でビゾン機を攻撃して特異点から離脱する。

ゴーゴンもアラスカ基地も破壊する連合艦隊。
ゾギリア軍は撤退、ヒナと一緒に帰還する青葉。
どうして私を止めたの?
過去に戻るチャンスだったのに。
こいつは楽観的なんだ。
俺が居なくなると寂しがる奴が居るからな、そいつは鈍いんだ。

ゾギリア中央行政局に現われた男。
お前に未来など無いのだ、渡瀬青葉。
出世していたビゾンだった。

---最終回---

特異点が出現して、ビゾンを追って行けばヒナは
 1話の状態に戻るのでした。
それを止めた青葉とディオ。
此処からループを脱出するのでした。

タイムトンネルを通過すると年齢も変化するのですね。
ヒナは青葉を送って自身は10年前の戦場に出現したのでした。
今度はビゾンが過去に戻って出世したのでした。

これで、新たな4人の歴史が始まるようです。
特に2期の案内も無かったので、此処で終わりです。
資金の都合がつけば2期もあるかもですね。

ガンダムを過去の作品としないためにロボットアニメを
 作り続けるのかなと思ってしまう作品でした。

« ウィザード・バリスターズ 弁魔士セシル TokyoMX(3/30)#12終 | トップページ | ノブナガ・ザ・フール テレ東(3/30)#12 »

バディコンプレックス」カテゴリの記事

コメント

映像的に言うと、よく動いていたしキャラ絵も割と好みだったんだけど
いかんせん、ロボットのデザインがねぇ〜(苦笑)
脚部の膝が長いデザインも、過去にデモンベインって作品があって、斬新というわけではなかったんです。(デモンベインもKOTOBUKIYAから発売されたから、プラモデル作りました。発想でいうと、ZZも同じデザイン発想になりますね)
一番言いたいのは、主役機のカップリング前の顔デザイン!
あれが私には"だんごっ鼻"に見えて、どーしてもゴーダム(ゴワッパー5)を思い出しちゃうんです。

ストーリーとしては、綺麗にまとめたと言えるでしょうね。
嫉妬で狂っちゃったビゾン(で、合ってる?)があまりに惨めで、さすがに同情しちゃうなぁ…

これバンダイがスポンサーですが、プラモデルの発売予定は無いかも?
今の所、私にはその予定情報は有りません。
一方でビルドファイターズのシリーズは売れ行き好調のようで、新作が続々発売されています。
今月も最終話に登場した「1/144クロスボーンガンダム魔王」が発売されます。
プラモデルに関しては明暗がハッキリ分かれちゃいました。
なんだかんだ言っても"ガンダム強し"ですね。
「ガンダムを過去の作品にしないため」の意味合いは有ったと思います。
それと同時に、新しいモノを模索中にも感じました。
でもね、ロボットアニメでプラモデルが発売されないと、ちとツライなぁ…(苦笑)

デモンペインってNitro+のゲームなんですね。
なので、そにアニ でパロディやってた。
WOWOWアニメとして制作されたのですね。

最近の子供は、宇宙もロボット物アニメも知らないらしいです。
確かに流行らないのですよね。
ヤマトやガンダムが売れるのも年寄りメインですからね。

ビゾンは2期が在れば復讐劇になりそうですね。
1期と作風が変わりそうです。

今、ソーシャルゲーム版が配信されていて、現状ではプラモ展開よりこちらがメインの戦略みたいですね。
エンドカードにもソーシャルゲーム版のキャラを積極的に出していましたから、新たな戦略の模索を色々しているのかもしれません。

年寄りですか…厳しいお言葉ですねぇ。(笑)
でも実際、仰る通りでしょうね。
バンダイの超合金魂のシリーズも、ターゲットはどう考えても高年齢層。
万単位の高額商品だから、想い入れが有るか、モノズキでなければなかなか手を出さないはずですから。
最近の子供向けアニメだと、ポケモンに代表されるゲームやカードゲーム、漫画も有る?
ダンボール戦記を初期の頃は見ていましたが、ストーリーが変な方向に行っちゃった気がしてやめちゃったっけ…
でも考えてみたら、私が小学生の頃のスーパーロボットアニメも、ベースは割とハードなストーリーだったかも?
ダイモスなんかは、ベースがロミオとジュリエットかなぁ?

子供向けアニメは今はほとんど見ていないからタイトルだけでの判断ですが、宇宙に対するロマンの成分は少なそうですね。
そにアニ、2話までしか見ていないので知らなかった…
録画はちゃんと残してあるので、また見てみます。(苦笑)

マルチメディア戦略でアニメ、ゲーム、ラノベ、マンガを同時進行する
 作品もありますね。
ソーシャル系は儲かってますから、そちらに力を注ぎたいのも分かりますね。
プロ野球球団も所持できる業界ですから。

宇宙にロマンを感じたのはアポロ11号が月面着陸したからですよね。次は火星で・・・と夢が広がった、あれから4X年?不況で宇宙計画の
 予算が削られて現実的に進歩したように感じない。
だから宇宙を扱う作品も少ないのでしょう。

大人用の仮面ライダーベルトも発売されてますから。

最近、期のアニメ作品の本数があまりに多く、この先まず見ないだろう作品は消去(泣く泣く)しています。
実はバディコンプレックスは消していたんです。
でもね、あのCMはお気に入りでして残してある…
今は、最終話とCMだけは残すつもりです。
ちなみに私は「しょうゆ派」(笑)

宇宙と言えば、鉄腕アトムのラストは太陽でしたね。
さすがにリアルタイムでの視聴ではなく、知識として知っているだけですが…
私が宇宙を最初に意識したのは、やっぱりM78星雲かなぁ?
アニメだとグレンダイザーでしょうね。
東映まんが祭りも見ているはずですが(円盤大戦争)、やはり記憶が曖昧。
そういえば「う〜ちゅう〜の王者、ガッタイガ〜♪」という、映画版主題歌(グレンダイザーの元ネタで、ささきいさおさんの歌でした)、YouTubeにUPされていましたよ。
聞いて笑っちゃいましたが…

「モーレツ宇宙海賊」の佐藤竜雄監督が「ちょっと前までは“宇宙もの”の企画を出しても「何言ってるんですか」って相手にされなかった」とインタビューで言っていました。
風向きが変わったのは人工衛星「はやぶさ」が地球に帰還した頃だとも同じインタビューで言っていました。
それでも今は直球で“宇宙もの”ができるほどには戻ってないんですよ。
科学の最先端が宇宙じゃなくなっているからですね、きっと。

・宇宙の騎士テッカマン、宇宙魔神ダイケンゴー
・UFOロボ グレンダイザー、UFO戦士ダイアポロン …等々
昔のアニメはそもそもタイトルに"宇宙"や"UFO"とか入っていましたからねぇ。(苦笑)

ロボットの動きや見せ方なんかも、私自身はいろんな作品を見てきているからハードルが高いようです。
・ボトムズでのATのローラーダッシュ、これはガリアンでも使用されました。
・レイズナーでの、宇宙戦でのSPTの動き(クルクル回ってる)や、スカルガンナー(無人機)の動きの不気味さ
衝撃を受けたのは、この辺の作品かなぁ?
こーゆーのが、まだ頭に残っているんです。(脳内美化されているのかもしれませんが…)

カップリングシステムって発想も、ゲームのスーパーロボット大戦とかに下地があるように感じたからなぁ…
武器に特徴もないし、デザイン的には私はフルボッコしているし…
動きがはやいだけでは物足らなくなっているのも正直な所なんですね。

今のロボットはCGでモデリングして動かしますから、早く動かすのも
 難しくないですからね。
MJPみたいに長尺でバトルさせることも可能ですしね。
構図やアングルで魅せられるかでしょうか。

国民が宇宙に興味を持てば、予算も増えて、開発も進む。
科学という括りは大き過ぎて、各分野のトップは頑張ってますよ。
ただ予算が無いと研究開発内容が限られて、結果として目立たないのが
 現実だと思います。

映画ではスタートレック、エンダーのゲーム、ゼログラビティとか
 米国では作成されてますけれどね。

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: バディ・コンプレックス TokyoMX(3/30)#13終:

» バディ・コンプレックス #13(最終話)「アクセプション」 [マンガに恋する女の ゆるゆるライフ]
「俺のヒナをおおおーーー!!!」 いつからアナタのヒナになった?! ビゾンは本当に色々と盛り上げてくださいます。 [続きを読む]

» 終了アニメ感想 ~バディ・コンプレックス~ [悠遊自適]
「うおおおヒナァー!! コネクティブヒナァー!!!」 。゚(゚^Д^゚)゚。クソワロタwww いや初回から噛ませ野郎とは思ってたけどこんなに笑わせてくれるとはwww チュー嫌がられて女取られた挙句1人タイムトンネルに吸われるビゾンくんカワイソスwww 白衣杉田に利用された(?)とはいえ可愛い幼馴染を1人にしない!その心意気は嫌いじゃないぜ!w 同じヒナ厨でもパイロ...... [続きを読む]

» バディ コンプレックス 第13話 「アクセプション」(最終回) 感想 [Little Colors]
想いのチカラは未来を掴む。『バディ コンプレックス』最終話の感想です。 [続きを読む]

» バディ・コンプレックス 第13話「アクセプション」 [MAGI☆の日記]
バディ・コンプレックスの第13話を見ました。 第13話 アクセプション ルクシオンとブラディオンを盗まれたことでゾギリアがカップラーを養成する前に叩くようにシグナスは出撃命令が下されるのだが、ゾギリアの砲撃で連合の部隊の半数が犠牲となったばかりかヒナとビゾンが強制カップリングで襲い掛かってくる。 「まさかカップラーが向こうにいたなんて…」 シグナスはかつてない窮地に追...... [続きを読む]

» バディ・コンプレックス 第13話「アクセプション」 [WONDER TIME]
「今度は私が貴方を信じる番、青葉」 ビゾンと無理矢理カップリングさせられたヒナを助ける青葉! そして戦場に現れた特異点――!    アラスカでの戦いでゾギリアから発射されたガラプーシカの攻撃で戦力の半分を失った連合 ガガン中将が第二射を急がせる中、撃たれる前に破壊するよう命を受けたシグナス! しかしガラプーシカのエネルギーは、新エネルギーであるネクトオリビウムそのもの ...... [続きを読む]

» 君と行く明日へ―【アニメ バディ・コンプレックス #13(終)】 [腐った蜜柑は二次元に沈む]
バディ・コンプレックス 1 (完全生産限定) [Blu-ray](2014/03/26)松岡禎丞、内山昂輝 他商品詳細を見る アニメ バディ・コンプレックス 第13(最終回)話 アクセプション 手堅く王道!! [続きを読む]

» バディ・コンプレックス 第13話「アクセプション」 感想 [趣味人の宿部屋]
連合は大損害を受けるがガラプーシカ破壊作戦は続行。 ガラプーシカ、強力な反面、一発撃つのにゾギリア一年分の採掘量のネクトオリビウムを消費するらしい。 燃費悪いな。 「さあ、ヒナ。カップリングしよう」 ビゾンのここの言い方とか「俺のヒナ」が本当に気持ち悪い。 こいつのカップリングはレイプだな。 シグナスを攻撃するビゾンと雛の前に新型が。 乗り換えイベントがあっさり終わった...... [続きを読む]

» (アニメ感想) バディ・コンプレックス 第13話 「アクセプション」 [ゲームやアニメについてぼそぼそと語る人]
投稿者・鳴沢楓 バディ・コンプレックス 3 (完全生産限定) [Blu-ray](2014/05/28)不明商品詳細を見る ☆アニメを濃く熱く語りたい人は集まれ~!毎週水曜日と金曜日21時半から アニメ系ネットラジオ「ピッコロのらじお♪」を放送!一週間のアニメの感想を語り合っています。 掲示板も設置、アニメ交流してみない?初めての方も大歓迎だぜ~!! ↑ポチ...... [続きを読む]

» バディ・コンプレックス 最終話感想 [誤・真夜中日記ミッドナイトモノローグ]
待ってました、「コネクティブ、ヒナ!」 [続きを読む]

» バディ・コンプレックス #13 [日々の記録]
バディ・コンプレックスもひとまず終了です。敵の長距離砲の攻撃を受けて、連合は戦力の半数を失ってしまいました。そこへガラントに率いられた部隊が襲いかかります。さら [続きを読む]

» 『バディ・コンプレックス』 第13話<終>の感想と考察――無限ループの輪は断ち切ったが・・・・・ヒナは、一体どこから来たの? [オレが面白いと思っているアニメやマンガは、本当に面白いのか? |『バディ・コンプレックス』 第13話<終>の感想と考察――無限ループの輪は断ち切ったが・・・・・ヒナは、一体どこから来たの?]
『バディ・コンプレックス』 第13話<終>「アクセプション」を観ました。<ストーリー>巨大ネクター砲「ガラプーシカ」の一撃により、連合軍は艦隊の半数を [続きを読む]

» バディ・コンプレックス 第13話(最終話) 感想 - ディオが青葉を止める or 止めない [ひそか日記]
バディ・コンプレックス 第13話 「アクセプション」の感想です。 モノクロシーンでは、ディオが青葉を止める。 カラーシーンでは、ディオが青葉を止めない。 歴史の変わるターニングポイントを迎えた最終回でした。 記事の最後の方は、「バディ・コンプレックス」の全体印象です。 ... [続きを読む]

» バディ・コンプレックス 第13話 『アクセプション』 ビゾンは良いキャラだった...続きどうなってるの? [こいさんの放送中アニメの感想]
コネクティブ・ヒナ!(笑)別に変じゃないんだけど可笑しい。コネクティブ・ディオじゃない違和感が半端ありません。 ビゾンが俺のヒナに何かあったらどうするんだ、と気遣っていますが、既におかしくなっている。洗脳されてるのに気づかない時点でダメだよね。いつもヒナを見ているようで見ていない。或いはヒナを想い青葉を憎むあまり視野が曇ったか。 敵にすると恐ろしい。強化ビゾンと洗脳ヒナによるゾギリアのカップリング機の攻撃でボコボコにされる連合軍。ここに登場したのがルクシオンネクストとブラディオンネクスト... [続きを読む]

« ウィザード・バリスターズ 弁魔士セシル TokyoMX(3/30)#12終 | トップページ | ノブナガ・ザ・フール テレ東(3/30)#12 »

2019年11月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

Right

  • GTag

Down

  • VividRed
    ビビッドレッド・オペレーション
  • Lagrange
    輪廻のラグランジェ 応援バナー
  • 電波女
    テレビアニメ「電波女と青春男」 公式サイト
  • Steins;Gate
    TVアニメ『シュタインズ・ゲート』
  • アスタロッテ
    TVアニメ「アスタロッテのおもちゃ!」公式サイト
  • 俺妹
    俺の妹がこんなに可愛いわけがない

OnDemand

  • Potora
  • NetMile
  • Small
  • s2

BlogPP

Afiliate

AfiliateA

YearSeasons

PV

  • MuraPV
無料ブログはココログ