カテゴリー

ひと











« 探偵ナイトスクープ TokyoMX(5/18) | トップページ | 2014年冬アニメ売上 »

2014年5月29日 (木)

アニメのビーム兵装

アニメで良く使用されて描かれるビーム兵装。
メジャーな物としては、レーザーと荷電粒子砲がある。

レーザー、
Light Amplification by Stimulated  Emission of Radiationの
 頭文字を取ってレーザー。
1960年に実現された、光を鏡で反射させて定常波を作り
 倍増させる。
アニメで使う場合は、より高出力化された兵器。
基本的には熱エネルギーで照射部を破壊する。

荷電粒子砲、
サイクロトロン、シンクロトロンなどは1930,40年代に建設された。
これらを小型化、大出力、大容量化できたと想定した兵器。
基本的には電荷を帯びた粒子を集めて加速して発射する。
電荷を帯びた粒子とは、電子、陽子(陽電子)、イオン等。
どんな粒子も質量を持つので、物理的にエネルギーを
 ぶつける兵器。
大砲などと同じ兵器と考えられる。
原子には、原子核と電子、陽子、中性子が含まれる。
これらの電子、陽子を使用する場合が多いようだ。

宇宙戦艦ヤマトのショックカノン(陽電子砲)
ガンダムのビームライフル、エヴァのポジトロンライフル、
 なども全てこれに該当する。

荷電粒子砲は真っ直ぐ発射することが難しい。
例えば複数の電子を発射する場合を考えるとマイナスの
 電荷どうしに斥力が働くからである。
これらを解決するために、例えばプラスとマイナスを発射して
 引き合わせる、レーザーで抑え込む、等があるらしい。
当然ながら質量を持つ粒子は引力などの影響も受ける。
つまり曲がるのである。

また発射速度も加速エネルギーに依存する。
光速を越える物は存在しないが、近づけることは可能だと考えられる。

基本的にレーザーの場合、見てから避けることは不可能である。
例え、察知できても体が動くわけがない、ましてやロボットを
 光速以上に操縦するなど不可能だろう。
可能なのは、ニュータイプの先読みだけでしょう。

また、荷電粒子砲で良く描かれるのが弾丸のような描写。
ビーム兵装なら発射しながら砲台を動かすべきである。
レーザーならチーズを切断する様に動かすシーンを見たことがある。
同じく荷電粒子砲でも動かせば命中精度が上がります。
外れても追いかけて当てれば良いのです。

こう考えるとロボット・アニメの無理な演出、燃えるための
 現実無視な演出が多いことだろうか。
それらを現実的に描くと面白くならないのでしょうねぇ。

« 探偵ナイトスクープ TokyoMX(5/18) | トップページ | 2014年冬アニメ売上 »

アニメ個人評価」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: アニメのビーム兵装:

« 探偵ナイトスクープ TokyoMX(5/18) | トップページ | 2014年冬アニメ売上 »

2019年7月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      

Right

  • GTag

Down

  • VividRed
    ビビッドレッド・オペレーション
  • Lagrange
    輪廻のラグランジェ 応援バナー
  • 電波女
    テレビアニメ「電波女と青春男」 公式サイト
  • Steins;Gate
    TVアニメ『シュタインズ・ゲート』
  • アスタロッテ
    TVアニメ「アスタロッテのおもちゃ!」公式サイト
  • 俺妹
    俺の妹がこんなに可愛いわけがない

OnDemand

  • Potora
  • NetMile
  • Small
  • s2

BlogPP

Afiliate

AfiliateA

YearSeasons

PV

  • MuraPV
無料ブログはココログ