カテゴリー

ひと











« 魔法科高校の劣等生 TokyoMX(6/14)#11 | トップページ | メカクシティアクターズ TokyoMX(6/14)#10 »

2014年6月15日 (日)

それでも世界は美しい 日テレ(6/14)#10

第10話 正しい国

公式サイトから
遠い所からやって来たリビら晴れの大国の人々を歓迎しようと、
宴の準備で大忙しの雨の公国。
一方、思いのほか元気なトハラの姿を目にしてホッとするニケとリビ。
だが、そんなふたりに不安な影が近づいていた――。
Ep10_01
昨夜のキスから調子がおかしいニケ。
雨の公国では特別な傘を使う、二人で散策。
ここにニケが居て良かった。
晴れの公国ではニケが自由で何処かに飛んで行って
 しまいそうに思える。

キトラが諸国漫遊から帰って来ていた。
婆様、トハラの命令で諸国を旅していた従妹。
今日は父親で国王のテテルの散歩の付き添い。
まだ一度も挨拶していなかった国王。
今でも実効支配は婆様が持つ、テテルはお飾り。
婆様はリビと同じ年の頃に王女となり政策を行った。
鎖国として、秘術の流出を防いだ。
父のテテルはニケを嫁にやって怒られた。
ニケの母親は今も病床に就いている。
Ep10_02
幼いニケとキトラは雨を降らせられなかった。
婆様の下で修業を行った。
ニケは今では、公国一の歌い手となった。
キトラは婆様を崇拝している。
今夜はリビの歓迎式典、コンサートの手配は3女のカラ。
Ep10_03
キトラがニケを呼び出す、帰るとニケが居なくなっていた。
俺が居れば嫁にはやらせなかった。
今の状態はママゴト、同情だ、利用されているだけだ。
お香でニケを眠らせる。
実は婆様が裏で策を練っていた。

ニケが風土病で1ヶ月は治療が必要となった。
実は結界が施された牢に監禁されたニケ。
リビには3日間で暗示を信じ込ませる。
ニケを忘れさせて帰らせる。
Ep10_04
しかしリビはお茶を飲まずにいた。
何かがおかしいと見抜いていた。
3女のカラがリビをニケの下に案内する。
コクレンの塔に捕えられている、自分で判断して決める。
それが婆様と異なっても良いとカラ。

婆様がリビと対峙する。
最初から分かっていた、あんたほどの人がぎっくり腰で
 呼びつけるはずが無い。
ニケは渡せない、あの子は世界を変える力を持つ。
あんたが、その力を利用しないはずが無い。
塔の鍵を沼に投げ捨てる。
鍵を見つけたらニケは返してやる。
この先の人生にニケが居ないなら死んだも同然だ。

此処から出ると牢に体当たりを繰り返すニケ。
婆様の裁定を覆すことは許されない。
リビを失う事を考えると震えが止まらない。
この国の全てを敵に回してもかまわない。
あいつが好きなんだ。

---次回 「通り過ぎる風」---

ニケを呼び戻した婆様、トハラは前公女で今も
 実効支配していたのでした。
そしてニケを呼び戻した理由は、ニケとリビを別れさせること。
ニケの力は強力で世界をも変えられる。
そんな力をリビは悪用するだろうから。

でもリビもニケも既にラブラブ、時既に遅し。
相手が居ないと生きていられない。
問題は婆様をどのように説得するかですね。

普段はやる気のないカラが、今回は立派でした。
リビが太陽王と呼ばれながらも、かつては残虐で
 非道な事も行った過去の描き方が弱かったのが残念。
それを十分に描いていたら、ニケの能力は危なくて嫁には
 渡したくないですよね。

« 魔法科高校の劣等生 TokyoMX(6/14)#11 | トップページ | メカクシティアクターズ TokyoMX(6/14)#10 »

それでも世界は美しい」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: それでも世界は美しい 日テレ(6/14)#10:

» それでも世界は美しい 第10話 『正しい国』 野郎一人の策謀かと思ったら黒幕が居た! [こいさんの放送中アニメの感想]
世界に二人だけみたいだ。晴れの大国に居る時よりもニケが近い、というリビ。気持ちから出た言葉ですが、実際そうなんでしょうね。何しろ晴れの大国に居るリビは多忙。ニケと二人っきりの時間なんてそう取れないでしょうし。 やっとこさお邪魔虫登場キトラって言うのか。リビに跪いたのは敬意じゃなくて敵意、他人行儀の現れか。でも次の瞬間ギャグになった。キトラも一人でフラフラしていた訳ではなく、公王つまりニケパパのお供。そういえば挨拶してなかった。まず何を置いても国主に挨拶するのが礼儀だろうに大失態です... [続きを読む]

» それでも世界は美しい 第10話「正しい国」 感想 [趣味人の宿部屋]
遠い所からやって来たリビら晴れの大国の人々を歓迎しようと、宴の準備で大忙しの雨の公国。一方、思いのほか元気なトハラの姿を目にしてホッとするニケとリビ。 だが、そんなふたりに不安な影が近づいていた――。 前回のキスでリビの事を意識するニケ。ニヤニヤ。 BD/DVDでは自主規制が外れます(嘘) 相合傘で散歩。一緒に傘を持つ所でも悶えたぜ。 リビは以前ニケの故郷を火...... [続きを読む]

» それでも世界は美しい    ~ 第10話 正しい国 [動画共有アニメニュース]
それでも世界は美しい  第1話 ~ 第10話 正しい国 雨を降らせる能力を持つ「雨の公国」の第四公女・ニケ・ルメルシエ(ニケ)。ジャンケンで負けてしまった彼女は嫌々ながらも国のため、「晴れの大国」の太陽王・リヴィウス一世(リビ)に嫁ぐことに。しかも、即位して3年で世界を征服したと聞いたが、会った相手は、なんとまだ子供であった。さらに、くだらない理由で、雨を降らせろと要求され、反発す...... [続きを読む]

» それでも世界は美しい 10話「正しい国」の感想 [真実悪路]
既に世界制覇してる王様に悪用も善用もないと思うが……。 天候を操る能力は凄すぎるので鎖国してた、というのならニケを嫁に出したオヤジが、 自分の国のことをなんにもわかってなくてダメすぎるとしか言えないんですが、 嫁に出した後で取り戻すのに責任をリヴィウスに押し付ける婆様もどうなんだろう。 将来の不安をどうこう言うならニケを殺して憂いを絶つのが鎖国政策の延長じゃね? 発情したぜ...... [続きを読む]

» それでも世界は美しい #10 [桜詩〜SAKURAUTA〜]
【正しい国】 それでも世界は美しい 4 (花とゆめコミックス)著者:椎名橙白泉社(2013-04-19)販売元:Amazon.co.jp 自主規制だと!?ォィォィw  [続きを読む]

« 魔法科高校の劣等生 TokyoMX(6/14)#11 | トップページ | メカクシティアクターズ TokyoMX(6/14)#10 »

2020年8月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          

Right

  • GTag

Down

  • VividRed
    ビビッドレッド・オペレーション
  • Lagrange
    輪廻のラグランジェ 応援バナー
  • 電波女
    テレビアニメ「電波女と青春男」 公式サイト
  • Steins;Gate
    TVアニメ『シュタインズ・ゲート』
  • アスタロッテ
    TVアニメ「アスタロッテのおもちゃ!」公式サイト
  • 俺妹
    俺の妹がこんなに可愛いわけがない

OnDemand

  • Potora
  • NetMile
  • Small
  • s2

BlogPP

Afiliate

AfiliateA

YearSeasons

PV

  • MuraPV
無料ブログはココログ