カテゴリー

ひと











« シドニアの騎士 TBS(6/13)#10 | トップページ | ジョジョの奇妙な冒険 SC TokyoMX(6/13)#11 »

2014年6月14日 (土)

蟲師 続章 TokyoMX(6/13)#09

第九話 潮わく谷

公式サイトから
雪の時節も青々と実りをたたえる里。
眠りにつく事すら無く農事に精を出す男は、その脈動と共に何かを刻み続ける。
家族が生きる地の為に、そして己の血が為に──。                
Thumb
足を負傷して雪庇で休むギンコ。
豊一に助けられて家で目が覚めた。
男の住む谷は冬なのに、春の景色だった。
豊一からは甘い匂いが香った。
谷を昼夜働いて開墾していた。

祖父に息子の母親、その男の妻の様子を尋ねる。
息子を産んで1年後に亡くなった、それも酷い死に方だったと訪ねる。
もしそうなら息子さんだけでなく、嫁の命も危ないと伝える。
余計な事は言わないでくれ、恩を仇で返すのかと告げる祖父。

豊一に休んだ方が良い、禄に眠れないのだろう。
それは蟲の影響だ。
母親の命の上に成り立っている。
それでも物心ついた時から働いている。
もっと豊かになるために。
父から母さんを奪って申し訳ないと思っている。
だからこそ、俺は働かないといけない。

俺にこの谷の豊かさを奪う権利は無い。
虫下しを祖父に手渡すギンコ。
必要だと思ったら飲ませて下さい。

豊一が遂に倒れてしまう、嫁が発見する。
しかし目覚めると働きに出ると言う。
祖父が息子の豊一に真実を告げる。
豊一が生まれたころは貧乏で乳が出なかった。
貧しい入植者だけの谷で乳をもらうことも出来なかった。

ある日、甘い匂いのする白い池を発見した。
その水が甘い、豊一にも飲ませた。
次の日から母の千代から乳が溢れるようになった。
しかし千代は体調を崩す。
指を切ると、甘い乳が出るようになっていた。

豊一が乳離れをする頃、千代は白い涙を流して亡くなった。
そして息を引きとった。
乳潮、体液を乳に換える蟲の仕業。
宿主に養分を取らせて強まるが宿主が弱ると次を探す。

豊一は既に、この力を手放せなかった。
俺にも守る物が出来た。
虫下しは飲まずに働いた。
数年後、その谷に厳しい冬が訪れた、豊一はまだ元気だった。

---次回 「冬の底」---

蟲の宿った男、豊一の活力が谷を春にしていたと言う事かな?
数年後に冬だったのは豊一の死期が近づいたから?
母親の寿命と息子の寿命が全然違う。
それは男女の違いと願いの違いだろうか。

分かったような、分からないエピソードでした。
体液が乳になっても昼夜働けるなら、宿主に
 なる人もいそうですね。

« シドニアの騎士 TBS(6/13)#10 | トップページ | ジョジョの奇妙な冒険 SC TokyoMX(6/13)#11 »

蟲師」カテゴリの記事

コメント

蟲師の話ですが…(苦笑)

細かい事はあまり気にしなくても良い話(回)だと思いますが…
母乳って血液から作られるそうです。
物がなくて栄養状態が悪い母親が蟲に侵された結果、お乳が出るようになった。
表現は悪いですが、「身を削って豊一を育てた」って事です。
ギンコの言った「それが母親の命の上に成り立っている」になりますね。
そうして母親の愛情を受けて育った子供が、今度は父親になり家族を守ろうと必死で働いている。
この話のせつない所は、母親が蟲に侵されなければ赤ん坊(豊一)も死んでいたかもしれなかった所。
もう少し続けます。

分からないのは、眠らずに働ける息子、そのお陰で冬なのに
 春だった部分です。
良く働くと冬が晴になるのが不明です。
しかも最後は虫下しを飲んだら冬になった。

乳潮が季節を変えられるのか??不思議でした。

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 蟲師 続章 TokyoMX(6/13)#09:

» 蟲師 続章 第9話「潮わく谷」 [WONDER TIME]
「それが、母親の死の上で成り立っているとしてもか?」 眠らず働き続ける豊一が蟲の影響を受けてると気付いたギンコさん 息子の幸せを願い続けた母親の思い   【第9話 あらすじ】 雪の時節も青々と実りをたたえる里。眠りにつく事すら無く農事に精を出す男は、その脈動と共に何かを刻み続ける。家族が生きる地の為に、そして己の血が為に──。 雪の積もる山中で足を痛め動けなくなっていたと...... [続きを読む]

» 蟲師 続章 第9話「潮わく谷」 [いま、お茶いれますね]
第9話「潮わく谷」 冬の山で足に怪我をし、動けなくなっていたところを助けられたギンコ。 冬なのにその家の周りには青々とした田が広がっていた・・・ 昼夜を問わず働く主人の豊一から香る甘い香り。 本人は昔から体が丈夫で働き続ける事が苦ではないと言うが、ギンコは蟲の関与に気付きました。 ... [続きを読む]

» 乳は血となり・・・ 「蟲師 続章」 第9話の感想。 [あるアッタカサの日常]
「血を造り地へと還る」 第9話 「潮わく谷」 雪の時節も青々と実りをたたえる里。 眠りにつく事すら無く農事に精を出す男は、 その脈動と共に何かを刻み続ける。 家族が生きる地の為に、そして己の血が為に──。 (公式サイトのあらすじより) 今回も蟲とどう共生するか? というようなお話でした。 血潮、ではなく乳潮という蟲。 宿主とその母親の生気と引き...... [続きを読む]

» 蟲師 続章 第9話 『潮わく谷』 真冬に田んぼ?ここは異次元か。 [こいさんの放送中アニメの感想]
人力でした。雪で遭難しかけたギンコは山間の村人に救われる。そこで見たのは一面の棚田、一方で奥には冬山が。春惑いでしたっけ、冬に春みたいな景色を見せる蟲。或いはギンコが桃源郷と言った通りここだけ常春の空間なのか。 そう思ったらこれ、昼夜働き続ける豊一が頑張った結果だった。季節を人力で凌駕する事って出来るんだろうか。冬に稲作って努力じゃどうにもならない気がするんですが。 24時間働けます。この豊一はいくら働いても疲れないし、大して眠くもならない。こりゃ幸いと年老いた父と妻に四人の子供を... [続きを読む]

» 蟲師 続章 #9「潮わく谷」感想 [おぼろ二次元日記]
昼も夜も休みなく働き続ける男。全ては家族の生活のために。「潮わく谷」あらすじは公式からです。雪の時節も青々と実りをたたえる里。眠りにつく事すら無く農事に精を出す男は、そ... [続きを読む]

» 蟲師 続章 第9話 『潮わく谷』 簡略感想 [雨男は今日も雨に]
その意思は誰のもの [続きを読む]

» 命の桃源郷 [マイ・シークレット・ガーデン vol.2]
エコマーク! W杯初戦、残念でした><。 『蟲師 続章』 第九話 潮わく谷 雪の中、脚を怪我して助けられたギンコ。 助けられた家でのもてなしに、 「まるで桃源郷にでも来た気分だ」と感激するのでした・・ その谷の豊かさは、蟲が人の命を糧に実らせたものでした...... [続きを読む]

« シドニアの騎士 TBS(6/13)#10 | トップページ | ジョジョの奇妙な冒険 SC TokyoMX(6/13)#11 »

2021年4月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  

Right

  • GTag

Down

  • VividRed
    ビビッドレッド・オペレーション
  • Lagrange
    輪廻のラグランジェ 応援バナー
  • 電波女
    テレビアニメ「電波女と青春男」 公式サイト
  • Steins;Gate
    TVアニメ『シュタインズ・ゲート』
  • アスタロッテ
    TVアニメ「アスタロッテのおもちゃ!」公式サイト
  • 俺妹
    俺の妹がこんなに可愛いわけがない

OnDemand

  • Potora
  • NetMile
  • Small
  • s2

BlogPP

Afiliate

AfiliateA

YearSeasons

PV

  • MuraPV
無料ブログはココログ