カテゴリー

ひと











« 曇天に笑う 日テレ(11/14)#07 | トップページ | ハピネスチャージプリキュア テレ朝(11/16)#40 »

2014年11月15日 (土)

牙狼-炎の刻印- テレ東(11/14)#07

第7話 人狼-Sorrow Beast-
Garo0
公式サイトから
更なる情報を求め二手に分かれることにしたレオンとヘルマン。
そんなレオンの眼の前に、漆黒を纏う騎士が現れ対峙する。
激しい戦いの末、意識を失うレオン。
次に目覚めた時、レオンは自分が何者なのか思い出せずにいた。
007
何時になったら城に乗り込むんだと父を怒るレオン。
城内の情報を得るためには女性と会わないといけない。
鏡をプレゼントに準備するヘルマン。

二人の様子からレオンをアルフォンソ王子だと思う宿の主。
城に通報したので襲われるレオン。
宿を出て町を走る、襲ってきた兵士はホラーだった。
彼らを操る暗黒騎士と戦うレオン。
弱い、弱すぎる、これが黄金騎士なのか?
危ないところをエマに救われる。

人狼から救われるレオン、しかし自身も人狼となる
 夢を見る。
目覚めたレオンは記憶を失っていた。
アガタがペペお兄ちゃんと呼ぶ。
修道館の笛吹が子供達を連れて行く。
その中から子供達を選んであるところに送られる。
ペペが帰ってきたと聞いてショックを受けるシスター。
お兄ちゃん、結婚して。

部屋に戻って剣を発見する、剣を握って記憶が蘇る。
魔戒法師の祖父がレオンに薬を飲ませて暗示を与えたのだった。
アガタの母親は床屋の男と再婚した。
彼の息子がペペだった。
しかし自警団に人狼の疑いを変えられて殺害された。
レオンが見た夢の正体だった。
兄のペペが居なくなったのだった。
修道会の実体は子供達を集めて旅芸人の一座に
 売っていたのだった。
笛を吹く少年がペペだったがホラーだった。
ホラーを退治するレオン。

エマから聞いたぜ、お前、暗黒騎士に負けたそうだな。
俺には助けてやれない。
一人で修行に向かうレオンだった。
騙されて裸のヘルマンに金を投げつけて去るレオンだった。

---次回 「全裸」---

アガタとペペの件が分かり難いですね。
暗黒騎士に負けたレオンは一人で修行に向かうのかな。
次回は裸で戻ったヘルマンの様子が分かりそうですね。
どう見ても騙されたのでしょうね。

笛を吹く少年はハーメルンの笛吹の様でした。
あの不気味な民間伝承、良く題材に選ばれます。
そう言えば、エマの目的は何でしょうね。

« 曇天に笑う 日テレ(11/14)#07 | トップページ | ハピネスチャージプリキュア テレ朝(11/16)#40 »

牙狼」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 牙狼-炎の刻印- テレ東(11/14)#07:

» 牙狼<GARO> -炎の刻印- 第7話「人狼-SORROW BEAST-」あらすじ感想 [コツコツ一直線]
今回はレオンが記憶喪失になるという、1クールでこの話hellip;!?とある意味驚きの1話でした。レオンは1話で記憶を取り戻すことができるんでしょうか。今回は黒騎士登場、レオン記憶喪失など、イベント盛りだくさんで、密度が濃い1話でした。... [続きを読む]

» 牙狼<GARO>-炎の刻印- 第7話「人狼 SORROW BEAST」 [真・天文台]
あぁ、うん、人狼ゲーム、一時期ブームだったモンね。 逃げる人狼姿のレオン、作画崩 [続きを読む]

« 曇天に笑う 日テレ(11/14)#07 | トップページ | ハピネスチャージプリキュア テレ朝(11/16)#40 »

2022年8月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      

Right

  • GTag

Down

  • VividRed
    ビビッドレッド・オペレーション
  • Lagrange
    輪廻のラグランジェ 応援バナー
  • 電波女
    テレビアニメ「電波女と青春男」 公式サイト
  • Steins;Gate
    TVアニメ『シュタインズ・ゲート』
  • アスタロッテ
    TVアニメ「アスタロッテのおもちゃ!」公式サイト
  • 俺妹
    俺の妹がこんなに可愛いわけがない

OnDemand

  • Potora
  • NetMile
  • Small
  • s2

BlogPP

Afiliate

AfiliateA

YearSeasons

PV

  • MuraPV
無料ブログはココログ