カテゴリー

ひと











« 四月は君の嘘 フジ(11/13)#06 | トップページ | 白銀の意思 アルジェヴォルン TokyoMX(11/13)#19 »

2014年11月14日 (金)

デンキ街の本屋さん TokyoMX(11/13)#07

第7話 いざ銭湯へ・・・/胸がいっぱい
Denkigai
夏コミカも無事終了、打ち上げに近くの温泉へ。
ツモリンも合流してお江戸温泉物語へ。
色んな温泉がある、ツモリンとカメ子は経験者。
ひおたんは初めて、先生は温泉自体が初めて。
ルールを尋ねようとするとひおたんが一番と走り出して
 釣られて走る腐ガールと先生。
そこは浴衣ゾーンで裸を晒してしまう。

ツモリンはおっぱいチェックと先生、ひおたんを触る。
腐ガールとカメ子はコイバナでもしましょうか?
ひおたん以外は好きな人がいる様子。
気付くのが遅いと後悔するよと忠告する。

ツモリンが各自の浴衣をチェックして着付けを正す。
好きな人には良く見られたいよねと先生の浴衣を正す。
館内には屋台が出店している。
ひおたんの欲しいマスコットを代わりに取るカントク。

先生の浴衣が乱れて女子力2まで低下してゴミ認定。
ツモリンがビールを飲んで酔い始めていた。
カメ子は写真を撮るばかり、撮ってあげるとカントクが構える。
表舞台に立つ人間じゃないから。

酔ったツモリンはカントクに膝枕を求める。
かつては膝枕を良くしてもらった。
戻れないかな?
ごめん、好きな子が居るんだ。
知ってた、あの頃と変わらず悪戯したり。
変わったのは私だけかなと泣きだしていた。
ソフトクリームを買って来たひおたんは聞いてしまって隠れてしまう。

8月31日は大!夏フェアの後片付け。
立て看板は出版社に返す、転売を防ぐため。
ポスターももらえなくなったらしい。
カントクの言葉が気になるひおたん。
それって私の事?

指を切ってしまってオータムフェアのポップ作りをすることになる。
どうして秋におっぱいなんですか?夏なら分かるけれど。
秋は食欲の秋、そして冬のために蓄える。
秋はおっぱいが大きくなる季節だ。
もう慣れてきたと冷静な反応のひおたん。
最近おかしくないか?

からかわれて動揺するひおたん。
これは先手を取り戻さないといけない。
自分が好きかと聞いてみようか・・・。
私のおっぱい好きなんですか?
俺はオッパイが好きだ、ひおたんのおっぱいも好きだ。
ツモリンと私のおっぱい、どっちが好きなんですか?
全てのおっぱいが好き、優劣など付けられない。

それは誰でも良い、誰のおっぱいでも良い。
おっぱい博愛主義者。
先生に泣きつくひおたん、普段の逆だった。

急に何を聞くんだと照れて困っていたカントクだった。

---次回 「」---

カントクに復縁を求めるツモリン。
しかし分かりやすい対応のカントク、ひおたんも聞いて
 しまって自分なのかと聞きたいけれど聞けない。
カメ子も監督が気になる様子、だけど一歩引いてしまっている。
3人がカントクを好きだけど、カントクが好きなのはひおたん。
もうペアは決まっている感じですね。

そして相変わらず女子力の低い先生はラーメンにギョーザ。
ギョーザを食べる時点で問題ありですよね。
そして実は恥ずかしがり屋のカントクでした。

腐ガールとソムリエだけが、良い感じでしたね。
それにしても前回郵送した先生の原稿はどうだったのだろう。

« 四月は君の嘘 フジ(11/13)#06 | トップページ | 白銀の意思 アルジェヴォルン TokyoMX(11/13)#19 »

デンキ街の本屋さん」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: デンキ街の本屋さん TokyoMX(11/13)#07:

» デンキ街の本屋さん 第6,7話 11/14 あらすじと感想 #denkigai [ζ[ZETA] Specium blog]
デンキ街の本屋さん 1 (コミックフラッパー) 初投稿、女子力。  冒頭は、海雄くんから早出勤を指摘され、さらに、ジャージを代えてないことも指摘される先生。海雄くんとひよたんに問い詰められ、先生は、うまのほねの仮眠室で、初投稿のための原稿執筆を泊まり込みで作業していることを告げる。  海雄くんが手伝いを申し出てきたが、先生としては初投稿だけに独力で完成させるつもりだった。しかし、...... [続きを読む]

» デンキ街の本屋さん 第7話「本命だからこそ不器用に接してしまうカントクの気持ちも分かる」 [日刊アニログ]
デンキ街の本屋さん #07「いざ銭湯へ……/胸がいっぱい」 夏は終わっても各人の恋愛模様はまだまだ熱い。 カントク、本当に罪作りな男です。 [続きを読む]

» デンキ街の本屋さん #07 「いざ銭湯へ・・・」ほか [ゆる本 blog]
今週も女子力解析されるセンセイ。「デンキ街の本屋さん」の第7話。 「いざ銭湯へ・・・」 夏のコミケの打ち上げで一同とステージを終えたつもりんは「お江戸温泉物語」へ。 カントクの奢りということだけどこの人数だとけっこうな金額だぞ・・・ なんか温泉プールがアレな気がしますが、取りあえず更衣室へ。 スパリゾートのシステムをあんまり知らないで真っ裸で飛び出すひおたん。 ついて...... [続きを読む]

» デンキ街の本屋さん 第7話『いざ銭湯へ……/胸がいっぱい』 キャプ付感想 [空 と 夏 の 間 ...]
デンキ街の本屋さん 第7話『いざ銭湯へ……/胸がいっぱい』 感想(画像付) そこはまだ浴衣ゾーンよ!(笑) ひと夏の忘れられない思い出でしたね、ひおたんたちw 温泉回からの恋愛ストーリーに展開!?   夏コミカ、それは会場内に雲ができるほどに暑いイベント! なので温泉回だー!! 汗を流すためだから仕方がないね、温泉必要だね。 うまのほねはお江戸温泉物語を応援してしま...... [続きを読む]

» デンキ街の本屋さん 7話 感想 恋する少女と、滑り台行きへの切符を切った元カノの恋愛物語でした! [菜の花さんの2次元空間]
[ いざ銭湯へ…… / 胸がいっぱい ] よりを戻したい気持ちがダイレクトに伝わってきて胸が痛い 新しい恋を目撃して、身を引こうとしてるシーンに思わずナミダ [続きを読む]

» デンキ街の本屋さん 第7話「いざ温泉へ……」の感想 [こう観やがってます]
「私のおっぱい好きなんですか!?」 これはどう答えるのが正解なのだ!? イエス・ノーどっちもアウトな気がするんだが。 オープニングのラストが先生さんになってましたね。 以下ネタバレあり。 デンキ街の本屋さん (1) [Blu-ray](2014/12/24)高森奈津美、津田美波 他商品詳細を見る ... [続きを読む]

» 7話「いざ銭湯へ」感想 [アルナのいい加減なブログ2]
つもりんが「そこはまだ浴衣ゾーンよ」と言って裸を見られたひおたんたちに「早く言って欲しかったです」と言われるのと、ひおたんがカントクに「私のおっぱいすきなんですか?」と聞くのが可笑しかったです。... [続きを読む]

« 四月は君の嘘 フジ(11/13)#06 | トップページ | 白銀の意思 アルジェヴォルン TokyoMX(11/13)#19 »

2019年10月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    

Right

  • GTag

Down

  • VividRed
    ビビッドレッド・オペレーション
  • Lagrange
    輪廻のラグランジェ 応援バナー
  • 電波女
    テレビアニメ「電波女と青春男」 公式サイト
  • Steins;Gate
    TVアニメ『シュタインズ・ゲート』
  • アスタロッテ
    TVアニメ「アスタロッテのおもちゃ!」公式サイト
  • 俺妹
    俺の妹がこんなに可愛いわけがない

OnDemand

  • Potora
  • NetMile
  • Small
  • s2

BlogPP

Afiliate

AfiliateA

YearSeasons

PV

  • MuraPV
無料ブログはココログ