カテゴリー

ひと











« 響け♪ユーフォニアム TokyoMX(4/28)#04 | トップページ | 風立ちぬ 日テレ(2/20) »

2015年4月29日 (水)

黒子のバスケ BS11(4/28)#66

第66Q 勝利ってなんですか?
Kuroko3
公式サイトから
中学3年生になり3度目の全中制覇に向けて始動した黒子たちだが、
もはや敵なしの「キセキの世代」にとって
勝利はただのノルマでしかなくなっていた。
退屈を紛らわすために、公式の試合中に点取り合戦を始める青峰たち。
そんな態度でも、チームは圧倒的な強さで全中本選を勝ち進む。
一方、荻原率いる明洸中も着実にコマを進め、ついに帝光中との
決勝戦の切符を勝ち取った。
しかし、準決勝で負傷した黒子は決勝戦を欠場。
赤司に「全力で戦ってほしい」と託すが...。
Q66_01
桃井と二人で帰る黒子。
青峰とは一緒に帰らなくなっていた。
それどころかメンバーとも連絡事項を伝えるだけになっていた桃井。
黒子さえも、いつまでも一緒だという約束を忘れてしまっていた。
そんなバラバラな状況に涙する桃井。

誰も笑わなくなった。
無冠の五将も卒業して益々、歯ごたえのある選手が居なくなった。
誰が一番得点を取るか競うしかモチベーションを維持できなくなっていた。
Q66_02
黒子も悩んで暗くなっていた。
中3の全中大会で再び相まみえた荻原が声を掛けられない程に
 悩んでいた黒子だった。
準決勝戦で負傷した黒子は決勝戦の出場を禁止される。
赤司に本気で戦って欲しいと告げる。
Q66_03
チームではある提案が為されていた。
緑間は相変わらずマイペースでオフザケには乗らなかった。
111-09の最後にシュートをアシストして111-11に得点を
 コントロールしたのだった。
そんなオフザケに心が折れた荻原だった。

その最後の瞬間を見て怒りの黒子。
赤司を責める、勝利ってなんですか?
だが逆に問われる、他の試合では本気を出せとは言わなかった。
友だちがいる試合だけに言うのはおかしい。
俺達はもう、本気を出せない。
どう実力を出せば良かったのだ?

もうバスケを辞める決意をする黒子。
荻原の所属した明洸バスケ部キャプテンが黒子を訪ねてきた。
荻原はバスケを辞めて転校した。
君にはバスケを辞めないで欲しいと伝言する。
君は俺らと同じ目をしている。
他の五人は氷のような眼をしているが、黒子だけは暖かい
 眼をしていた。
荻原のロッカーに残っていた黒いリストバンドをプレゼントされる。

キセキの世代は異なる高校に進学した。
僕たちは自分より上は居ないと思っている。
他を淘汰して実証したいはずだ。
それに黒子も参加するだろう。

全てお前が悪いと火神。
赤司が気に入らなければ悩まず殴れば良かったんだ。
俺達はもう仲間だろう。
僕らのバスケをするだけです。

---次回 「決勝戦試合開始!!」---

遂に帝光中学の全貌が明らかになりました。
でも赤司が二人いるというのは弱いかな。
覚醒して非常になったのは分かりますが、変わったで良いと思う。

キセキの世代と明洸の決勝戦はやり過ぎで、
準々決勝ならあるのかもと思う。
やはり決勝戦は100-50程度のスコアにするべきだったと思う。

真田監督はせめて1,2Q後に2軍と入れ替える采配を取れば
 5人のモチベーションも維持できたと思う。
それに気の抜けたゲームをさせると怪我をする可能性も
 高くなるので余計に入れ替えるべきだとは思う。

次回から決勝戦、8話も必要なのだろうか・・・。
それとも、6話+後日談だろうか、作画を減らしたい筈だから。

« 響け♪ユーフォニアム TokyoMX(4/28)#04 | トップページ | 風立ちぬ 日テレ(2/20) »

黒子のバスケ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 黒子のバスケ BS11(4/28)#66:

» 黒子のバスケ #66 [日々の記録]
黒子の中学時代の回想も、今回で終了です。赤司のもう1人の人格が目覚めて、帝光中学バスケ部は大きく変わってしまいました。もはや彼らにとって、試合に勝てるのは当たり [続きを読む]

» 黒子のバスケ 第3期 #15 第66Q「勝利ってなんですか?」 [Happy☆Lucky]
第66Q「勝利ってなんですか?」 JUGEMテーマ:漫画/アニメ [続きを読む]

» 黒子のバスケ 第66話「勝利ってなんですか?」感想 [薔薇色のつぶやき  別館]
帝光時代はOPだけをずっとみていたいですわ。 なんてみんな可愛いの!! そしてカラフルなチームwwww 今回でこのOPも見納めになるのかしらん。151対12とか109対5とか圧倒的な得点差を見せつけ勝利する帝光。 実力差があり過ぎるからってやる気をなくす相手もどうかと思うんだけどなぁ。こんなことならキセキの世代がチーム内で誰が一番得点を稼ぐかを競っても 悪くないんじゃないかと私...... [続きを読む]

» 黒子のバスケ #66「勝利ってなんですか?」 感想 [おぼろ二次元日記2]
ついに約束の時がやってきた。 負傷してしまった黒子は赤司に思いを託すが・・・。 「勝利ってなんですか?」 中学3年生になり3度目の全中制覇に向けて始動した黒子たちだが、もはや敵なしの 「キセキの世代」にとって 勝利はただのノルマでしかなくなっていた。 退屈を紛らわすために、公式の試合中に点取り合戦を始める青峰たち。 そんな態度でも、チームは圧倒的な強さで全中本選...... [続きを読む]

« 響け♪ユーフォニアム TokyoMX(4/28)#04 | トップページ | 風立ちぬ 日テレ(2/20) »

2019年11月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

Right

  • GTag

Down

  • VividRed
    ビビッドレッド・オペレーション
  • Lagrange
    輪廻のラグランジェ 応援バナー
  • 電波女
    テレビアニメ「電波女と青春男」 公式サイト
  • Steins;Gate
    TVアニメ『シュタインズ・ゲート』
  • アスタロッテ
    TVアニメ「アスタロッテのおもちゃ!」公式サイト
  • 俺妹
    俺の妹がこんなに可愛いわけがない

OnDemand

  • Potora
  • NetMile
  • Small
  • s2

BlogPP

Afiliate

AfiliateA

YearSeasons

PV

  • MuraPV
無料ブログはココログ