カテゴリー

ひと











« 探偵ナイトスクープ TokyoMX(5/10) | トップページ | 放課後のプレアデス TokyoMX(5/14)#06 »

2015年5月14日 (木)

ももへの手紙 TBS(3/22)

Momoletter_wp_sp_sample
あらすじ
心ない言葉をぶつけ、仲直りしないまま父を事故で亡くした小学6年生のもも。
父が遺した手紙には“ももへ”とだけ書かれていた。
「ほんとうはなんて書きたかったの?」ももはその想いを抱えたまま、
母・いく子と瀬戸内の小さな島「汐島」に移り住む。
東京と違う生活に慣れず戸惑う中で、ももはある日不思議な妖怪に出会う。
イワ、カワ、マメ…“見守り組”の彼らは、食いしん坊でわがまま、
でも愛嬌たっぷり。そして彼らには、ある大切な使命があった。
一方いく子は、もものために明るく振舞いながら、忙しい日々を送っていた。
ももは、ささいなすれ違いからいく子とケンカし、さらにいく子は
病に倒れてしまう。いく子が自分のために無理をしていたこと、
そしていく子の本当の思いに気付いたももは、“大切な想いを伝える”
奇跡を起こしていく。
Introp1
作画は凄い。
もう異常なくらいによく動く。
プレスコなのかと思うほどに動く。
なので海外でも幾つか、アニメ映画として受賞している。
背景美術も綺麗で声優ではなく俳優が声を当てている。
ジブリ制作と勘違いするような作品だった。
Storyp1
ただ喘息で苦しむ母親のために台風で隣の島に往診して
戻れない医師を迎えに行ったのだと思うが良く分からない。
スクーターに二人乗りで向かって何が出来るのだろう?
そんなももを助ける見守り組の妖怪と仲間たち。
仲間の妖怪の作画は結構不気味だったりする。
Introp4
本来は見守って報告するだけの見守り組。
でも、衣服を盗んだり、盗み食いばかりしているように見える。
元は神だったが悪さをして神から妖怪に成り下がったらしいが、
今回も悪さが過ぎる気がする。
物語としては、盛り上がるのが台風の中を医師を迎えに行くらしいが、
疑問が湧いて集中できなかった。
Storyp8
最後には禁忌を破って見守り組が手助けして父親からの返答が
 届くのだが俳優の声やメインテーマなど色々と弱い感じがする。
真面目に作りすぎて、笑いもなく淡々とした作風なので
 メリハリを感じなかったのかもしれない。

« 探偵ナイトスクープ TokyoMX(5/10) | トップページ | 放課後のプレアデス TokyoMX(5/14)#06 »

アニメ・コミック」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: ももへの手紙 TBS(3/22):

» ももへの手紙/美山加恋、優香 [カノンな日々]
『人狼 JIN-ROH』で世界の注目を集めたという沖浦啓之監督が7年の製作期間をかけて完成させたおよそ12年ぶりになる劇場用長編第2作です。父を亡くし母と二人で東京から瀬戸内の小さな ... [続きを読む]

» 『ももへの手紙』 2012年4月5日 よみうりホール [気ままな映画生活(適当なコメントですが、よければどうぞ!)]
『ももへの手紙』 を試写会で鑑賞しました。 いや~被った、、、何と? 『ステキな金縛り』と 西田敏行を幽霊で使うなよ 【ストーリー】  父親を亡くしたももは、11歳の夏に母と2人で東京から瀬戸内の小さな島へとやって来る。彼女の手には、「ももへ」とだけ書かれた父からの書きかけの手紙が遺(のこ)されていたが、その真意はついにわからずじまいだった。ももは仲直りできないまま逝ってしまった父親のことで胸がいっぱいで、慣れない場所での新しい生活になかなかなじめずにいた。 映像は奇麗でしたね そして、スト... [続きを読む]

» 映画『ももへの手紙』観てきたよ~~ [よくばりアンテナ]
予告編を見て、あの妖怪たちがなんとも愛嬌があって面白そうだと思って みたくなっちゃったのでした。ジブリっぽい気がしたんだもんね。 劇場にひとりぼっちかと思ったら、男性2人組が入ってきたので とりあえずホッとしたよ~ 公開早々、観客がいないってのは寂しいもんね。 まず、美しい絵の描き込みがほんっとに丁寧で、 瀬戸内海の景色は実写のようでした。 島の古い街並みや建物...... [続きを読む]

» ももへの手紙 [いやいやえん]
「ももへ」とだけ書かれ遺された父からの手紙。その真意はついにわからずじまいだった小学6年生のももは、瀬戸内海の田舎へと越してくる。ももは田舎に来た事を不満に思っていて、田舎との交流にも消極的。そんな中、三人組の妖怪たちと出会う…。 突如現れた奇妙な三人組の妖怪たち、イワ、カワ、マメ。妖怪ではなく実は「ソラ」の見守組。どうして私についてくるの?どうして他のみんなには見えないの?ももは、彼らの奔放で奇異な行動に振り回されながらも、次第に打ち解けていくと同時に島での生活に慣れていきます。 不満... [続きを読む]

» 「ももへの手紙」 [お楽しみはココからだ~ 映画をもっと楽しむ方法]
2012年・日本/配給:角川映画 監督:沖浦啓之 原案:沖浦啓之 脚本:沖浦啓之 脚本協力:藤咲淳一、長谷川菜穂子 キャラクターデザイン:安藤雅司、沖浦啓之 作画監督:安藤雅司 企画:石川光久、池田宏... [続きを読む]

» 空へ~『ももへの手紙』 [真紅のthinkingdays]
 父を亡くした小学6年生のもも(美山加恋)は、母(優香)と二人で瀬戸内の小島 「汐島」 へと越してきた。  「ももへ」 とだけ書かれた父からの手紙。仲違いしたまま亡くなった父を思うもも、 亡くなった父の思い、悲しみを堪えて強く生きようと踏ん張る母、そして妖怪たち。 穏やかな海と、段々のみかん畑が広がる美しい島の風景に抱かれながら、少女 が過ごすひと夏の物語。  船で渡...... [続きを読む]

» ももへの手紙・・・・・評価額1650円 [ノラネコの呑んで観るシネマ]
天から届いた、愛おしき想い。 「ももへの手紙」は、「人狼 JIN-ROH」の沖浦啓之監督が、長年の構想を実らせたノスタルジックな和風ファンタジー。 瀬戸内の美しい風景の中、父を亡くした少女が、一夏の不思議な出会いと冒険を通して、少しだけ大人になる姿を描く。 制作は「ホッタラケの島 ~遥と魔法の鏡~」のプロダクションI.G、作画監督は「もののけ姫」の安藤雅司、美術監督は「魔女の宅急便...... [続きを読む]

» 「ももへの手紙」 手描きアニメーションについて考えた [はらやんの映画徒然草]
アニメーションというのは不思議な表現形態だと思います。 まさに画が動くというのが [続きを読む]

« 探偵ナイトスクープ TokyoMX(5/10) | トップページ | 放課後のプレアデス TokyoMX(5/14)#06 »

2019年8月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

Right

  • GTag

Down

  • VividRed
    ビビッドレッド・オペレーション
  • Lagrange
    輪廻のラグランジェ 応援バナー
  • 電波女
    テレビアニメ「電波女と青春男」 公式サイト
  • Steins;Gate
    TVアニメ『シュタインズ・ゲート』
  • アスタロッテ
    TVアニメ「アスタロッテのおもちゃ!」公式サイト
  • 俺妹
    俺の妹がこんなに可愛いわけがない

OnDemand

  • Potora
  • NetMile
  • Small
  • s2

BlogPP

Afiliate

AfiliateA

YearSeasons

PV

  • MuraPV
無料ブログはココログ