カテゴリー

ひと











« うしおととら TokyoMX(9/11)#11 | トップページ | Go!プリンセスプリキュア テレ朝(9/13)#32 »

2015年9月12日 (土)

浦沢直樹の漫勉 Eテレ(9/11)#2

第2回 藤田和日郎
Main_2
ご自身が51歳、浦沢さんは55歳で師匠の部屋にマンガ本が
 あった大先輩、浦沢さんの依頼は断れないと冗談交じり。
でも見た目年齢は逆に見える。
会うのは2度めで初めましてに近い。
3人のアシスタントが通って来る。
連載漫画の作画中の4日間収録したらしい。
Talk_pic01
一番最初に驚いたのが、あたり、下書きを描いてから
 ペン入れをするのが一般的。
藤田さんは、あたり、おおまかな位置を決めたら
 いきなりペン入れを始めた。
そしてホワイトで消し始める。
ホワイトで描いているような感じらしく、ペンを入れては
 どんどん消していく。
Talk_pic02
本人曰く、下書きが上手く描けてペン入れでがっかりしたことがある。
その経験をなくすには、いきなりペン入れを始めればいい。
そんな描き方でどんどんペン入れして消していく。
一般的にはペン入れが清書なイメージだが、藤田さんは
 ペン入れでも試行錯誤を繰り返す。
それもこれもホワイトがあるからに思える。
今まで見た、どの漫画家とも異なるスタイルだった。
そして表紙の眼を8回も描き直した。
浦沢さん曰く、この世ならざる物の目。
Talk_pic03
作品的に人間以外が活躍する作品が多く、その怖さや
 不気味さ、コミュニケーション出来ない感じを表している。

Gペン以外の道具も積極的に使って描く。
割り箸、カブラペン、指、薄墨ペン、読者を飽きさせないための
 サービスらしい。
恐ろしく線の多い作風の理由が分かった映像だった。
個人的にはこの世ならざるものの眼は苦手というか、
 感情が籠もらず理解しづらい。

« うしおととら TokyoMX(9/11)#11 | トップページ | Go!プリンセスプリキュア テレ朝(9/13)#32 »

アニメ・コミック」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 浦沢直樹の漫勉 Eテレ(9/11)#2:

« うしおととら TokyoMX(9/11)#11 | トップページ | Go!プリンセスプリキュア テレ朝(9/13)#32 »

2024年4月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30        

Right

  • GTag

Down

  • VividRed
    ビビッドレッド・オペレーション
  • Lagrange
    輪廻のラグランジェ 応援バナー
  • 電波女
    テレビアニメ「電波女と青春男」 公式サイト
  • Steins;Gate
    TVアニメ『シュタインズ・ゲート』
  • アスタロッテ
    TVアニメ「アスタロッテのおもちゃ!」公式サイト
  • 俺妹
    俺の妹がこんなに可愛いわけがない

OnDemand

  • Potora
  • NetMile
  • Small
  • s2

BlogPP

Afiliate

AfiliateA

YearSeasons

PV

  • MuraPV
無料ブログはココログ