カテゴリー

ひと











« 灰と幻想のグリムガル TokyoMX(1/31)#04 | トップページ | 名探偵コナン 日テレ(1/23)#805 »

2016年2月 1日 (月)

シュヴァルツェスマーケン テレ東(1/31)#04

第4話

666中隊に東欧から補充衛士が到着する。
リーズ・ホーエンシュタインはテオドールが探していた妹だった。
母親の親戚、ホーエンシュタイン家に引き取られたテオドール。
リーズは義理の妹だった。
この時期に送られてきたので部隊ではシュタージのスパイだと
 疑われていた。
真意を探るのがテオドールの任務の一つになる。
Cad4brfucaa_53b
カティアも疑ってテオドールを待っていた。
彼女の真意は理解できる、自らスパイの見極めを
 アイリス隊長から命じられていると告げる。

西ドイツへの亡命時に手を離して別れたリーズ。
目覚めたら病院に居たらしい。
シュタージに怯えながら兵士として戦っているテオドール。
それならなぜアイリス隊長の下に居るのかと尋ねられる。
彼女はシュタージに家族を売った犬だと罵る。
テオドールはアイリス隊長を信じている。
それなら私も信じるとリーズも告げる。
Story04_02
低空での飛行訓練、後方から接近するUNKNOWN。
友軍機、西ドイツのフッケバイン大隊とトムキャットだった。
その先にはアメリカ海軍とイギリス海軍が進軍してきていた。
国連、米国、ワルシャワ条約機構、欧州連合が合同で
 BETAの掃討作戦が始まるのだった。
戦術機だけでも500機、参加人員は30万人の一大作戦だった。
西側主導でドイツを盾として支援する作戦だった。

テオドールはカティア、リーズを率いてファムの代わりに指揮も担当する。
衛士として戦って指揮してリーズの真意も確かめる、
 任務が多くなりつつあった。
旧ポーランド沖で開戦する。
艦砲射撃で沿岸付近のレーザー級を掃討する。
その後は3部隊に分かれて出撃する。
東ドイツの進軍が遅れ気味、グレーテルは西側に対する
 見栄と自尊心で遅れを嫌う。
そこに1万体を越えるBETAの増援が侵攻する。

艦砲射撃で増援部隊の一掃を指示する指揮官。
同士討ちよりもBETA殲滅が優先だった。
カティアが弾着観測班の出動を発見する。
近々、艦砲射撃が始まるので撤退を具申する。
グレーテルは遅れを取り戻すべく撤退を拒否する。
テオドールも撤退に賛同するが聞き入れられない。
アイリス隊長が撤退を命じると、運良くフッケバイン大隊の
 ヨアヒム・バルクが声を掛ける。
合流して、一緒に避難する。
米軍のフェニックスミサイルの威力は凄まじかった。
あのまま戦闘を続けていたら一溜まりもなかったことを
 痛感するグレーテル。
西側にとって、社会主義国家など嫌われているのよ。

666中隊を助けたことに怒るフッケバインのキルケ・シュタインホフ。
同じドイツ人だとは思いません。

---次回 「」---

このタイミングで妹リーズが補充されて赴任。
誰がどう見ても怪しいですよね。
シュタージに売ったのですから洗脳か拷問で操られてそうです。
この作品はテオドールが主役なので暗く地味なのですよね。
カティア主体なら楽しめるかもしれない。

何気にジョークで緊張を解すアイリス隊長はデキる人です。
英国の料理が不味いのは世界共通の認識のようです。

レーザー級の着ぐるみは以前のTEで使用したものだろうか?
あの時も映像特典で見た記憶がある。

« 灰と幻想のグリムガル TokyoMX(1/31)#04 | トップページ | 名探偵コナン 日テレ(1/23)#805 »

シュヴァルツェスマーケン」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: シュヴァルツェスマーケン テレ東(1/31)#04:

» シュヴァルツェスマーケン    ~ 第4話 [動画共有アニメニュース]
シュヴァルツェスマーケン  第1話  ~ 第4話 2001年から18年前…1983年のヨーロッパ。ミンスクハイヴにより、東側から押し寄せる膨大な数のBETA群に対し、ヨーロッパ諸国はドイツ民主共和国(通称、東ドイツ)を盾としてBETAの侵攻を押しとどめ、その間に海外への疎開を進めていた。 FC2 Blog Ranking 人気ブログランキングへ... [続きを読む]

» 【シュヴァルツェスマーケン】 第4話 キャプ付感想 [空 と 夏 の 間 ...]
シュヴァルツェスマーケン 第4話 感想(画像付) テオドールの義妹リィズはシュタージュのスパイなのか? 疑惑があっては再会も素直に喜べないですね。 そんな中、西側主導の反抗作戦に参加した666中隊。 そこで、西側の戦力と東ドイツの扱いの現実を知ることになる…。 弱小の共産国家は厳しいよね。 以下、感想はつづきから ネタバレ含みますのでご注意ください。 ... [続きを読む]

» (;`ω´)鬼畜な兄妹設定 ~シュヴァルツェスマーケン #04~ [悠遊自適]
カティアピンチ時に見失ってたというリィズ。あれは演技か。リィズはテオドールを1人の男性として意識してるのは公式通りで、テオドールとカティアが2人で駄弁ってるのを遠目で見てた描写があったが、テオドールと距離が近いカティアに嫉妬してあわよくば見殺しにするつもりだったのでは。ヤンデレだったか。そんで自分が666中隊に疑われてるのも承知だろうし、きっとその通りシュタージのスパイだと思うの。呼ばれて姿...... [続きを読む]

» シュヴァルツェスマーケン #04 石頭メガネ感想 [アニメガネ]
                 【朗報】メガネ無事。 [続きを読む]

« 灰と幻想のグリムガル TokyoMX(1/31)#04 | トップページ | 名探偵コナン 日テレ(1/23)#805 »

2019年10月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    

Right

  • GTag

Down

  • VividRed
    ビビッドレッド・オペレーション
  • Lagrange
    輪廻のラグランジェ 応援バナー
  • 電波女
    テレビアニメ「電波女と青春男」 公式サイト
  • Steins;Gate
    TVアニメ『シュタインズ・ゲート』
  • アスタロッテ
    TVアニメ「アスタロッテのおもちゃ!」公式サイト
  • 俺妹
    俺の妹がこんなに可愛いわけがない

OnDemand

  • Potora
  • NetMile
  • Small
  • s2

BlogPP

Afiliate

AfiliateA

YearSeasons

PV

  • MuraPV
無料ブログはココログ