カテゴリー

ひと











« ヘヴィーオブジェクト TokyoMX(2/12)#18 | トップページ | ディバインゲート BS11(2/12)#06 »

2016年2月13日 (土)

牙狼 紅蓮の月 テレ東(2/12)#18

第18話 星滅

火羅を倒すと赤い光が月に吸収される。
一瞬、表れたのは星明が用いる印。
稲荷に赤い月を尋ねる金時と雷吼。
あれは月ではなく、災いを封じる紅蓮の月。
安倍家の外の高位法師が張った結界。
しかし鍵を開けられてしまった。
各地で魔戒騎士と法師が探している、だから都には魔戒騎士と
 法師が残っていない。
018_02
道摩法師を探す星明、蘆屋道満を発見して戦うが火羅に
 遮られてしまう。
火羅との戦闘で内なる闇が活動を起こし、戦えず逃れる。
駆けつけた雷吼が火羅を倒す。
018_05
祖父の晴明に助けられた星明。
そこは安倍家の聖地・熊野。
道摩法師に施された呪詛を打ち払おうと身を清めていた。
そこは紅蓮の月を見張る場所でもあった。
鍵が開けられたので、最強の火羅ルドラが復活してしまう。
星明の呪詛を解こうとする晴明、老体には厳しい術。

星明の内なる闇が肉体を支配する。
時既に遅く、解呪は無理だった。
支配された星明は晴明を貫こうとした、それを知って道摩法師の
 元に向かう。
紅蓮の月の鍵を開けたのは道摩法師だった。
法師を倒しても術は解けない。
ルドラ復活を願う道満、道長に因縁がある様子。
道満を倒せば望みは叶えると聞いて戦うが破れる星明。
星明の内なる闇を道満は身に宿そうとする、人に戻れなくても良い。
道摩法師と意見を分つが道摩法師を倒す道満。
018_06
遂にルドラが復活する。
紅蓮の月に手を差し伸ばす赫夜。

---次回 「繚乱」---

なんだか分かったようで良くわからない。
紅蓮の月が結界であることは分かるが星明の役割が不明。
ルドラ復活には必要だったのだろうか。
単に火羅の数倍の闇を産み出せたからなのだろうか。
そして赫夜の役割も気になる。

ようやく星明が登場したと思ったら熊野で身を清めていた。
京で倒れたのかと思ったら熊野に居たのでした。
この距離は簡単には移動できないので不思議、
 京と熊野を往復していたのだろうか。

« ヘヴィーオブジェクト TokyoMX(2/12)#18 | トップページ | ディバインゲート BS11(2/12)#06 »

牙狼」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 牙狼 紅蓮の月 テレ東(2/12)#18:

» 昨日の牙狼 第18話 [地下室で手記]
「星滅」 火羅を倒すたびに紅い光が月に上り、月はますます紅く染まっていく。 月に星明が使っていた文様が浮かび、金時は雷吼の前で星明の不在を嘆く。 雷吼と金時は稲荷に紅蓮ノ月について聞き出します。 あれは安倍家が作った強力な火羅嶐鑼を封じるために結界であり本物の月ではなく幻の月。 結界の鍵が開けられてしまったと言うことで、稲荷は魔界騎士や魔界法師に探させていたため...... [続きを読む]

» 牙狼-紅蓮ノ月- 第18話「星滅」 感想 [n-zenの葉酸ってなに]
「牙狼-紅蓮ノ月-」GAROアニメシリーズ第2弾! 私だ テレ東18話です あらすじ 討滅した火羅が紅い光となって月へと昇っていく。 不可思議な現象を訝しむ雷吼は、 番犬所の稲荷から夜空に紅く浮かぶ月の秘密を告げられる。 そのころ雷吼の元を去った星明は、自分の体の異...... [続きを読む]

« ヘヴィーオブジェクト TokyoMX(2/12)#18 | トップページ | ディバインゲート BS11(2/12)#06 »

2021年7月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

Right

  • GTag

Down

  • VividRed
    ビビッドレッド・オペレーション
  • Lagrange
    輪廻のラグランジェ 応援バナー
  • 電波女
    テレビアニメ「電波女と青春男」 公式サイト
  • Steins;Gate
    TVアニメ『シュタインズ・ゲート』
  • アスタロッテ
    TVアニメ「アスタロッテのおもちゃ!」公式サイト
  • 俺妹
    俺の妹がこんなに可愛いわけがない

OnDemand

  • Potora
  • NetMile
  • Small
  • s2

BlogPP

Afiliate

AfiliateA

YearSeasons

PV

  • MuraPV
無料ブログはココログ