カテゴリー

ひと











« 灰と幻想のグリムガル TokyoMX(2/13)#06 | トップページ | 蒼の彼方のフォーリズム テレ東(2/15)#06 »

2016年2月15日 (月)

シュヴァルツェスマーケン テレ東(2/14)#06

第6話

西側諸国との連合作戦、海王星作戦は大成功。
BETAを一掃して有名になった666中隊。
テオドールはリィズがシュタージのスパイでないと断言する。
アイリス隊長は信じるがグレーテルは今のところはと慎重論。
ベラルーシ近辺からBETAの10万を越える大群が押し寄せてきている。
連合作戦の2倍以上の数だった。
Cbmaawfvaaavw_b
そこにシュタージのアクスマンが率いるベルリン中隊が飛来する。
アイリスを戦闘時の反革命的な言動の容疑で拘束する。
リィズをシュタージのスパイと疑ったことはないのか?
テオドールの拘束が解かれたのも他の身内の献身的な
 犠牲のお陰だとは思わないのかね。
テオドールはリィズを信じていると断言する。

新型のバラライカが多数装備される。
10万を越えるBETA殲滅に期待されている証だった。
ソ連は助けてくれないのですか、同じ社会主義国だし。
ソ連に頼れば東ドイツを守るどころか、手駒のごとく扱う。
シュタージはKGBと繋がっている。
シュタージ内部に勢力争いが生じていると聞いた。
ソ連と強調するモスクワ派とソ連を排除するベルリン派だ。
ベアトリクスがモスクワ派でアクスマンがベルリン派だ。

ベルリンを訪れたグレーテルとテオドール。
666中隊を軍内部での格上げを要求する。
レーザーヤークトは西側との交渉材料にも使える。
一手遅かったと少佐が告げる、シュタージが軍上層部に圧力をかけてきた。
グレーテルは少佐が絵画をロシアンマフィアに横流ししたことを
 掴んで揺さぶりをかける。
次の目的地に向かう前に尾行されていると逃走する。
接触してきたのは穏健派のフランツ・ハイム少将だった。
軍の有力将校はシュタージに拘束された。
次の戦闘時には議会の軍幹部が空席となる。
そこをシュタージが狙ってクーデターを画策している。
シュタージと戦うのは君たちだけではない。
666中隊との共闘を申し出る少将。

グレーテルはテオドールを先に帰してベルリンでの工作を続ける。
妹には気をつけろ、私も同士中尉ではなくグレーテルと呼んでくれ。
絶対に帰ってきて下さい。
アイリスにハイム少将との会見を伝える。
少し希望が湧いてきたと喜ぶ。
中将の娘、カティアも手札の一つだった。
Cbmejrxuaaa2s9w
リィズがテオドールに長い会話だったと内容を訪ねたい様子。
シルヴィアがリィズの拘束を求める。
不安要素は排除したい。
軍では家族を同一部隊には配属しないとファムが告げる。
カティアはアイリス隊長たちのことを尋ねられたと同一意見。
それでもリィズを信じるテオドール、部屋を訪れる。
背後から抱きつき、お兄ちゃん抱いて。

---次回 「」---

一難去ってまた一難ですね。
連合作戦は大勝利、しかしシュタージが不穏な様子で画策している。
しかも内部で勢力争いと権力主義者の象徴のような組織です。
しかもBETAは待ってくれない、新たに2倍以上の進撃。
シュタージの問題がなくても大変な状況。
この作品の主題がこれなのでしょうね、人類が協調すべきなのに
 自国内部でさえ争う人間の愚かさを描きたいのでしょう。

そして義妹を信じ続けるテオドール。
でもどう見ても怪しい、最後の色仕掛けは決定的ですよね。
アクスマンがリィズを利用した動揺を誘って手を結ぼうとしたのは
 彼の派閥ではなくモスクワ派のスパイだからでしょうね。

グレーテルは危ないですね、やり過ぎて戻れない気配ですね。

« 灰と幻想のグリムガル TokyoMX(2/13)#06 | トップページ | 蒼の彼方のフォーリズム テレ東(2/15)#06 »

シュヴァルツェスマーケン」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: シュヴァルツェスマーケン テレ東(2/14)#06:

» シュヴァルツェスマーケン    ~ 第6話 [動画共有アニメニュース]
シュヴァルツェスマーケン  第1話  ~ 第6話 2001年から18年前…1983年のヨーロッパ。ミンスクハイヴにより、東側から押し寄せる膨大な数のBETA群に対し、ヨーロッパ諸国はドイツ民主共和国(通称、東ドイツ)を盾としてBETAの侵攻を押しとどめ、その間に海外への疎開を進めていた。 FC2 Blog Ranking 人気ブログランキングへ... [続きを読む]

» ( *`ω´)ゲロ以下の妹? ~シュヴァルツェスマーケン #06~ [悠遊自適]
冬馬かずさみたいなデレーテル中尉は死亡フラグなのか…。 [続きを読む]

» 【シュヴァルツェスマーケン】 第6話 キャプ付感想 [空 と 夏 の 間 ...]
シュヴァルツェスマーケン 第6話 感想(画像付) 10万のBETAが迫る祖国存亡の危機…。 だがシュタージュは弱体化した軍の留守を狙ってクーデターを企てる。 内部抗争ばかりの人類、本当に終わってますね(^^;  ベルリンに向かい、シュタージュに抵抗する勢力の再編に奔走するグレーテルさん。 テオドールにデレたのが、なんか死亡フラグも立った感がするね。 スパイ扱いされたリ...... [続きを読む]

» シュヴァルツェスマーケン #06 交渉メガネ感想 [アニメガネ]
           メガネ西へ。 [続きを読む]

« 灰と幻想のグリムガル TokyoMX(2/13)#06 | トップページ | 蒼の彼方のフォーリズム テレ東(2/15)#06 »

2019年10月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    

Right

  • GTag

Down

  • VividRed
    ビビッドレッド・オペレーション
  • Lagrange
    輪廻のラグランジェ 応援バナー
  • 電波女
    テレビアニメ「電波女と青春男」 公式サイト
  • Steins;Gate
    TVアニメ『シュタインズ・ゲート』
  • アスタロッテ
    TVアニメ「アスタロッテのおもちゃ!」公式サイト
  • 俺妹
    俺の妹がこんなに可愛いわけがない

OnDemand

  • Potora
  • NetMile
  • Small
  • s2

BlogPP

Afiliate

AfiliateA

YearSeasons

PV

  • MuraPV
無料ブログはココログ