カテゴリー

ひと











« 牙狼 紅蓮の月 テレ東(2/19)#19 | トップページ | ディバインゲート BS11(2/19)#07 »

2016年2月20日 (土)

亜人 TBS(2/19)#06

第6話 君もブチ殺してやる

永井の反応に失敗だったと考える佐藤。
それでも共に脱出する。
なくなった警備員を見ても平然としている。
永井を人間的に根本がおかしいと考える。
もう少し様子を見ようか。
Cbl7llmuyai4o5w
手を上げている無抵抗な医師たちも殺害する。
それには反対する、手足を折って動けなくするだけでも良いでしょう。
揉みあいながら銃を奪うと佐藤を撃つ。
私を撃ったな、君もブチ殺してやる。
医師と共闘を申し出る永井。
亜人は死ぬよ、再生には近くの肉片を集める。
遠くの肉片は新たに創りだす。

もし首を切断して新たに再生されたら君はどうなる?
永井は囮になって医師を助けて脱出ルートを教わる。
佐藤に負傷させられながらも逃走を図る。
意図せずにスタンドが出現して佐藤を倒す。
その隙にルートのサインを辿って屋上に逃走する。
そこで医師が待っていた、頭部は切断していないと告げる。
佐藤の銃撃で倒れる医師を見捨てるが、生存しているので助ける。
Cbl7l1aukaeywbh
兄の本質は合理的で冷たい、屑だと告げる妹。
亜人の黒い幽霊は不可視の未知の物質で出来ている。
その未知の物質を作る能力が不死身と関係すると
 説明するオグラ。
あまり詳しいことは言えないらしい。

再びスタンドを出現させて逃走を図る永井。
佐藤もスタンドで応戦する。
川は放水路で海と繋がっていると医師が教えてくれる。
植え込みの上に落とせば生存確率は高いと考えて医師を投げる。
スタンド同士が頭を接触させるとお互いの記憶が流れこむ。
屋上から川に飛び込む。

戸崎はコウマ陸佐に対亜人特選軍の出撃を求めていた。
今回はスタンドを出せなかった可能性もあるからと説得する。
しかし永井に逃げられて諦める。

---次回 「そして必ず隠蔽する」---

救出にやってきた佐藤と仲違いする永井。
彼は亜人とは関係なく、人間としておかしい。
でも生きている人間は殺さず助ける。
海斗の友情が彼を変えたのだろうか。
そして為す術なく見ているだけの研究所員。

これは永井圭の成長物語なのだろうか。
スタンドバトルは動いてましたね。
顔が途中までのスタンドは、どんな意味があるのだろうか。
佐藤と下村のスタンドが該当しますが、一度頭部を
 切断されたからだろうか・・・。

« 牙狼 紅蓮の月 テレ東(2/19)#19 | トップページ | ディバインゲート BS11(2/19)#07 »

亜人」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 亜人 TBS(2/19)#06:

» ('A`)人助けマンドクセ… ~亜人 #03 君もブチ殺してやる~ [悠遊自適]
下村さんに離れるなと言う戸崎さん。上から格好良さ気に言ってるが最高に格好悪い台詞だw [続きを読む]

» 機械じかけの良心 [マイ・シークレット・ガーデン vol.2]
Gremzキーワード:リサイクル! 違和感。そうよね・・ 『亜人』 #06 君もブチ殺してやる 急ぎ足でね^^; 佐藤は取りあえず圭を助けることにしました。 自分を助けるために佐藤に殺された人々を見ても冷静な圭。 「そんなことより」ってぉぃ・・@@; 根本的にこ...... [続きを読む]

« 牙狼 紅蓮の月 テレ東(2/19)#19 | トップページ | ディバインゲート BS11(2/19)#07 »

2020年4月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    

Right

  • GTag

Down

  • VividRed
    ビビッドレッド・オペレーション
  • Lagrange
    輪廻のラグランジェ 応援バナー
  • 電波女
    テレビアニメ「電波女と青春男」 公式サイト
  • Steins;Gate
    TVアニメ『シュタインズ・ゲート』
  • アスタロッテ
    TVアニメ「アスタロッテのおもちゃ!」公式サイト
  • 俺妹
    俺の妹がこんなに可愛いわけがない

OnDemand

  • Potora
  • NetMile
  • Small
  • s2

BlogPP

Afiliate

AfiliateA

YearSeasons

PV

  • MuraPV
無料ブログはココログ