カテゴリー

ひと











« 文豪ストレイドッグス TokyoMX(5/04)#05 | トップページ | クロムクロ TokyoMX(5/05)#05 »

2016年5月 5日 (木)

探偵ナイトスクープ TokyoMX(5/01)

顧問 石塚英彦

 ・絶対に寿司を握ってくれない!?   探偵 たむらけんじ
   元寿司屋の父
  かつて独立して寿司屋を営んでいた父親だったが
   経営が上手く行かず店を閉めた。
  4月から就職する大学生の息子の依頼。
  弟が誕生日にお願いしてもダメだった。
  率直に訪ねると、格好いい姿はもう見せられない。
  寿司屋には拘りがあるらしく、今は格好悪い姿。
  息子の気持ちを知りたい、正直に気持ちを打ち明ける。
  ようやくやる気になり、近所の寿司屋に協力してもらう。
  今でも職人としての腕は落ちていなかった。

 ・別れた彼女のタバコを探して  探偵 田村裕
  39歳の依頼者で6年間交際していた彼女と別れた。
  残した煙草の吸殻から同じタバコを探したい。
  女々しい依頼だと話すと、実は32歳の彼女は最近、
   亡くなったのだった。
  横浜のたばこ専門店を訪ねると紙巻きタバコだと分かる。
  手巻きなので、葉っぱは150種類を仕入れているお店で
   ブレンドされると分からない。
  一度だけタバコ屋に行ったことを思い出す。
  小田原の専門店は360種類の葉っぱを仕入れている。
  店頭のタバコに見覚えがあるらしい、ブラックデビル。
  吸ってみて香りでこれだと思い出す。

 ・どちらにしようかな♪の謎  探偵 橋本直
  何かを選ぶときに歌う歌は地域、世代によって異なる。
  町で調べると、60代以上は神様の言うとおり、で終わり。
  しかし若い世代は、その後に色々な言葉や呪文が
   付いている。
  意味不明の言葉まであるが、誰も同じ言葉はなかった。
  誰かが適当に思いを込めた言い回しが近所で、友達で
   流行った感じだった。
  フィリピン、カリブ海の人も同じような選び歌が存在していた。
  フィリピンの女性は英語ではなく母国語だった。

最初の依頼、父親は12年前にお店を閉めて樹脂再生会社を
 経営していたが、再びお店を開きたくなったらしい。
亡くなった女性は様々なタバコを吸っていたらしい。
メインがブラックデビルだった、依頼者の記憶が頼りだった。
オランダのタバコで種類が多いが、緑のアイスバニラ。
 甘いメンソール系のタバコだった。
最後の歌は童唄の一種のようなものかもしれない。
ただ種類が多すぎる。
天の神様と裏の神様と最初から異なるバージョンがある。

« 文豪ストレイドッグス TokyoMX(5/04)#05 | トップページ | クロムクロ TokyoMX(5/05)#05 »

探偵ナイトスクープ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 探偵ナイトスクープ TokyoMX(5/01):

« 文豪ストレイドッグス TokyoMX(5/04)#05 | トップページ | クロムクロ TokyoMX(5/05)#05 »

2019年10月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    

Right

  • GTag

Down

  • VividRed
    ビビッドレッド・オペレーション
  • Lagrange
    輪廻のラグランジェ 応援バナー
  • 電波女
    テレビアニメ「電波女と青春男」 公式サイト
  • Steins;Gate
    TVアニメ『シュタインズ・ゲート』
  • アスタロッテ
    TVアニメ「アスタロッテのおもちゃ!」公式サイト
  • 俺妹
    俺の妹がこんなに可愛いわけがない

OnDemand

  • Potora
  • NetMile
  • Small
  • s2

BlogPP

Afiliate

AfiliateA

YearSeasons

PV

  • MuraPV
無料ブログはココログ