カテゴリー

ひと











« 暗殺教室 2期 フジTV(6/16)#23 | トップページ | 少年メイド TBS(6/16)#10 »

2016年6月17日 (金)

甲鉄城のカバネリ フジ(6/16)#10

第十話 攻め上ぐ弱者

強い者が生き残り弱い者が死ぬ、それが世界の理。
それを認める訳にはいかない、美馬を除くべきだ。
Img041
甲鉄城の人々は軟禁され採血される者とそうでない者に
 仕分けられていた。
克城の手伝いをする巣刈は裏切り者と思われていた。
美馬は菖蒲に金剛郭への入場に叔父の力を借りようと交渉する。
菖蒲の叔父は老中牧野だった。
12年前のカバネ討伐で置き去りにされた美馬。
それまではカバネを制圧できていたが突然、補給が絶たれた。
Img031
甲鉄城の人々の扱いに異論を唱える無名。
美馬は手厚く対応すると答えるが、分からなくなったからと恐れる無名。
滅火の群体化には疑問を持っていた無名。

反乱を計画する生駒。
鍵を奪って、克城の機関部を占拠する。
生駒たちの反乱に無名を制圧に指名するが拒否する。
無名にはカバネ化抑制剤を投与していた。
与える血液を減らしていたので、力の継続が出来ずに取り押さえられる。
意思を失って人形化させる薬を投与する。

生駒は機関部への鍵を奪ったが摩り替えられていた。
外から移動しようとするが美馬は反乱を見越していた。
美馬の弾丸から生駒を守る逞生。
感想を言ってみろよ、気に入ったら仲間にしてやる。
右腕を失い、ロボット化した無名に刺されて落下する生駒。

---次回 「燃える命」---

甲鉄城の人々から大量に採血する美馬の克城。
はっきり言って良く分からない。
血液は長期保存が難しい。
それほどに大量の血液が必要なら、今まではどうやって賄ってきたのでしょう。
それこそ、大量誘拐犯として疎まれると思うけれど。
戦勝品として人々をもらったのでしょうか?

最後の生駒が機関部に向かうところを美馬が駆けつける。
彼は何処からやってきたのでしょうか?
克城は2階建てなのでしょうか?
それとも、横に2両が合体したような構造でもしているのでしょうか?
基本的に甲鉄城も克城も車内は一本道に思える。
機関部まで生駒と逞生は美馬とは接触していない。
例えば最後尾から甲鉄城の反乱を鎮めて到達したのでしょうか。
列車の構造が不明。

さて美馬が悪役として際立ってきましたが、この先は
 金剛郭への入場となるのでしょうか。
無名と滅火の2名だけがカバネリ化に成功したのが不思議。
カバネを実験、研究している施設、人々の成果が
 乏しすぎる気がする。
もっとカバネを利用した兵器が存在してもおかしくないと思う。

どうやらノイタミナ枠では珍しく12話まであるようですね。

« 暗殺教室 2期 フジTV(6/16)#23 | トップページ | 少年メイド TBS(6/16)#10 »

甲鉄城のカバネリ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 甲鉄城のカバネリ フジ(6/16)#10:

» 甲鉄城のカバネリ 第10話「攻め上ぐ弱者」感想 来栖に続いて生駒まで途中下車。あれだな、川に落ちて行ったから生きてるよね! [二次元美少女の笑顔を守りたい duple]
生駒を庇った親友逞生は大丈夫なんでしょうか。 瀕死の彼が握っていた生駒の石が奇跡を起こしてくれる事を信じたい。 生駒の乱はあえなく失敗。美馬に全て読まれてました。ガックシ。 武器を奪われ血も奪われ、菖蒲まで身柄を拘束された甲鉄城の面々は、なんとか状況をひっくり返して姫様を取り戻そうとしますが、実行の時も鍵が奪われる事も美馬が全て見抜いていましたね。 そして兄様を怖いと...... [続きを読む]

» 甲鉄城のカバネリ【第10話 攻め上ぐ弱者】感想 [だいたいこんな感じで -アニメ感想日記-]
☆第10話 攻め上ぐ弱者  今回、あまりにもショックで…。美馬が現れてから話がおかしくなったなと思っていましたが、まさかこんな展開になるなんて思ってなかったです。残酷すぎて、次回からどう観ればいいのか…。全部嘘だと言ってほしいくらいです。 ここからネタバレ…... [続きを読む]

» 甲鉄城のカバネリ 第10話「攻め上ぐ弱者」感想 [アニメ色の株主優待]
美刃により占領されてしまった甲鉄城。 自由を奪われた人々は強制的に血を採取され、生駒も牢に幽閉されてしまう。 美刃への憤懣を募らせる人々が生駒と共に反抗の時を伺う中、無名は人々の安全を嘆願。 表面上は無名に優しい言葉をかける美刃だったが、自らの意に沿わない無名を危惧。 生駒達が反乱を起こす事を予期していた美刃は生駒達を止める事を拒絶した無名に薬を投与。...... [続きを読む]

» 甲鉄城のカバネリ 第10話 「攻め上ぐ弱者」 [Moon of Samurai]
 とうとうカバネが出てこなくなりました。完全に人間と人間との争いにシフトしています。これが『進撃の巨人』みたいな長篇作品で、かつ一部の人間が世界の命運を左右するような秘密をにぎっているばあいなら人が人と戦うのもアリでしょう。しかしカバネリは一クールものなんだからカバネとの戦いにのみ終始してほしかった。無名のおいたちとかカバネリの秘密とかはさらっと流すくらいでよかったんです。  しかしこれが...... [続きを読む]

» 甲鉄城のカバネリ #10 「攻め上ぐ弱者」 [戯れ言ちゃんねる]
== 絶望をその手に刻め ==  どうも、管理人です。結局、咳の調子があまり良くならないまま、また週末を迎えてしまったなどと。とりあえず、ちょっと対策考えましょうか。 === 美馬:「感想を言ってみろ!」 ===  今回の話は、甲鉄城チームの一揆(あながち間違ってない)を描いた話。しかしまあ、毎度言ってますが、美馬さまがただの復讐者でしかなくて、キャラの魅力が死んでるのが本当勿体ない。  美馬の策略で甲鉄城は占領され、領民は血液タンクですか、やっぱり。まあ、スカリを始めとして..... [続きを読む]

» 甲鉄城のカバネリ 第10話 『攻め上ぐ弱者』 何でボケっと見てるのと思ったら「感想を言え!」にビックリ。 [こいさんの放送中アニメの感想]
兄様マジキチ。こんな人跡継ぎになんてさせられませんわ。遠征にかこつけて殿様が暗殺するのも分かる気がする。それとも遠征前はまともだったのか。 弱肉強食なんて認められない。というか女子供を弱いから死ね、じゃ未来ありませんよね。狩り方衆そのへん分かってるのかな。甲鉄城の連中はカバネ用に血をとられる家畜。ちょっとでも異議申し立てしたら腕ズバーン!一緒に居る連中も戦闘狂みたい。弱者にとってはカバネも狩り方衆も大差ない気がする。あと巣刈は裏切ったフリっぽい。 美馬老けた... [続きを読む]

» 甲鉄城のカバネリ 第十話 「攻め上ぐ弱者」 [藍麦のああなんだかなぁ]
甲鉄城のカバネリ 第十話 「攻め上ぐ弱者」です。 『甲鉄城のカバネリ』ですが、こ [続きを読む]

» 甲鉄城のカバネリ 第10話 「攻め上ぐ弱者」 感想 [キラシナのアニメ・ゲーム時々教育の百戦錬磨日記]
献血にご協力ください(強制) [続きを読む]

» 甲鉄城のカバネリ 第10話  攻め上ぐ弱者 [ゴマーズ GOMARZ]
美馬って実は変態でしょ・・・・ [続きを読む]

« 暗殺教室 2期 フジTV(6/16)#23 | トップページ | 少年メイド TBS(6/16)#10 »

2019年10月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    

Right

  • GTag

Down

  • VividRed
    ビビッドレッド・オペレーション
  • Lagrange
    輪廻のラグランジェ 応援バナー
  • 電波女
    テレビアニメ「電波女と青春男」 公式サイト
  • Steins;Gate
    TVアニメ『シュタインズ・ゲート』
  • アスタロッテ
    TVアニメ「アスタロッテのおもちゃ!」公式サイト
  • 俺妹
    俺の妹がこんなに可愛いわけがない

OnDemand

  • Potora
  • NetMile
  • Small
  • s2

BlogPP

Afiliate

AfiliateA

YearSeasons

PV

  • MuraPV
無料ブログはココログ