カテゴリー

ひと











« 文豪ストレイドッグス TokyoMX(11/09)#18 | トップページ | 2016年夏アニメディスク売上 »

2016年11月10日 (木)

ナンバカ TokyoMX(11/09)#06

第6話 THE・テコ入れ

決勝戦は第4舎と第13舎。
昨年と同じ決勝戦のカードとなった。
百式百子は既にチョコ特集を読んで準備していた。
実況の一声は双六一と友人。
Image_011
決勝戦の種目は鏡開き。
第4舎看守の夜桜犬士郎は百式に惚れていた。
しかし彼女は双六一しか見ていない。
ここで勝って自分に目を向けさせるのが狙い。
双六は徹夜明けで眠いの大和に出場して欲しい。
しかし百式看守長の射抜くような熱い視線には逆らえない。
双六とジューゴが出場することになる。

第4舎の囚人は634番ムサシ、実はジューゴとは因縁
 浅からぬ仲だった。
双六と夜桜のバトル、余裕の態度の双六。
それならば奥の手を繰り出す夜桜。
目にも見えぬ早業でムチを振るう。
それで真空を生み出してカマイタチ現象を作るのだった。
それでも殺気を感じてくぐり抜ける双六だった。
Image_091
それに引き換えジューゴは防戦一方。
実はジューゴの枷が欲しいムサシ。
外せるものならとっくにくれてやっている。
首に傷のある男しか外せないのか?
それを聞いて本能が目覚めるジューゴ。
その両腕は剣となっていた。

---次回 「意外と切ない話でござる」---

まだまだバトルは続くのだった。
双六の姿に見惚れる百式看守長。
彼女の目は双六しか追っていなかった。
双六に勝って百式に認められたい夜桜でしたが今回も
 無理なようですね。

ジューゴは追い込まれるが、首に傷のある男と聞いて
 本性を表す。
両腕が剣になるって、古くは手塚治虫のどろろ、だろうか。
結局ジューゴは人間なのだろうか。

« 文豪ストレイドッグス TokyoMX(11/09)#18 | トップページ | 2016年夏アニメディスク売上 »

ナンバカ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: ナンバカ TokyoMX(11/09)#06:

» ナンバカ【第6話 THE・テコ入れ】感想 [だいたいこんな感じで -アニメ感想日記-]
☆第6話 THE・テコ入れ  新年大会の続きです。13舎と4舎で決勝戦です。何だかんだいって引き続きバトル中なのですが、恋のバトルでもありました。何なのこれww 相変わらずくだらなくて大好きです。みんなキラキラして美しいしw  最後はちょっと謎の展開になりま…... [続きを読む]

« 文豪ストレイドッグス TokyoMX(11/09)#18 | トップページ | 2016年夏アニメディスク売上 »

2019年10月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    

Right

  • GTag

Down

  • VividRed
    ビビッドレッド・オペレーション
  • Lagrange
    輪廻のラグランジェ 応援バナー
  • 電波女
    テレビアニメ「電波女と青春男」 公式サイト
  • Steins;Gate
    TVアニメ『シュタインズ・ゲート』
  • アスタロッテ
    TVアニメ「アスタロッテのおもちゃ!」公式サイト
  • 俺妹
    俺の妹がこんなに可愛いわけがない

OnDemand

  • Potora
  • NetMile
  • Small
  • s2

BlogPP

Afiliate

AfiliateA

YearSeasons

PV

  • MuraPV
無料ブログはココログ