カテゴリー

ひと











« 舟を編む フジ(12/01)#08 | トップページ | 亜人 TBS(12/02)#22 »

2016年12月 3日 (土)

ハイキュー!!烏野高校VS白鳥沢学園 TokyoMX(12/02)#09

第9話 バレー馬鹿たち

14-15、白鳥沢のマッチポイントで絶体絶命のピンチ。
俯く烏野選手に下を向くな、バレーは常に上を向いてするスポーツだと
 檄を飛ばした鵜飼コーチ。
そして月島が帰ってくる。
右手小指の裂傷で脱臼しているが薬指にぐるぐる巻きで固定した。
痛いはずがないのだがそれでも集中して戻ったときの事を考えていた。
影山の2アタックも読んでいた天童だが対応が遅れた。
021
牛島のスパイクを月島がワンタッチする。
しかし痛みは半端ない。
それでもブロックの指示を出して集中している月島。
そればかりかブロードの囮も初めて見せる。
その分で天童のブロックが少し遅れる。

堪らず白鳥沢もタイムアウトを取得する。
各学校には守るべきスタイルがある。
青葉城西なら速攻、白鳥沢には大型選手の強打。
烏野にはそれがない、なんでも吸収、利用する。
それだけに怖さがある。
出ずっぱりの澤村、田中、東峰の足は限界に近い。
両校がタイムアウトを使い切って後は選手に託すのみ。
031
15-16でリードして東峰のスパイクサーブは僅かにアウト。
牛島のスパイクサーブもアウトで16-17。
日向が交代、変人速攻が決まる。
牛島のジャンプは空中で止まっているようにも見える。
それほどに高く、ジャンプのタイミングが合わない日向だった。
鷲匠監督はバレー人生40年を賭けて日向を否定したい。

影山のサーブで崩して格好のチャンスボールが帰ってくる。
しかし日向の速攻が天童にシャットアウトされる。
日向が囮にも動けなくなる、足が限界だった。
田中もスパイクを決めるが疲労の色が濃い。
前に落ちるボールを澤村が反応しているのに足が動かない。
西谷が飛び込んでレシーブするがダイレクトでスパイクされる。
それもレシーブする西谷、空中戦は出来ないので任せます。
19-20で、牛島を囮にセンターの速攻。
月島だけがリードブロックとして反応する。
月島は裏を掻かれたくないので、リードブロックを飛ぶ。
合宿で教わった音駒バレー部主将の言葉、最後に笑うのはリードブロックだ。
1タッチした月島のお陰でチャンスボールとなる。

烏野は前衛3枚が高く、後衛にも日向がいる超攻撃的布陣。
ここで決めて欲しい烏野ベンチ。
日向のバックアタックを選択する影山。

---次回 「コンセプトの戦い」---

どうやら鷲匠監督は日向を認めたくないが負けて認めざるを得ない
 展開に演出したいようですね。
でもかなり違和感があって演出が下手というか脚本が下手だと思う。
自分は小さくて攻撃に参加できなかった悔しい思いがある。
でも監督としては大型選手の大砲に頼ったチームづくりをしてきた。
勝つために選択したのだろうが、その理由が不明。
攻撃経験が無いから単純に背の高さに拘っているだけに思える。
自身の経験とチームづくりの思想が一致していない。

及川の言葉、学校にはスタイルがある。
これって指導者の得手不得手が一番大きい気がする。
速攻を上手に教えられる指導者が居れば、速攻が得意の
 チームを作ると思う。
そうでなければそれなりになるのでしょうね。
そういう意味でも白鳥沢は異質で私立高校で近隣中学から
 大砲を毎年スカウトしているとしか思えない。
一度、強豪校として認められれば良い選手が集まるので、
 大砲の確保も容易いのだろうか。
毎年、大砲に依存するチーム編成は難しいと思う。

烏野は影山以外の主力がボロボロで大ピンチ。
日向も限界のようで、速攻を決めたがその後はダメそうです。
今シリーズは月島が頼れる主軸に成長しています。
明らかに彼の成長が頼りです。

白武は牛島のスパイクでなく速攻を選んだのはどうしてでしょうね。
彼の性格なら牛島へのトスだと思うのですが。
セッターとしては詰まらないが強さに憧れたはず。
それとも生意気なことを言ってましたが自我に目覚めたのでしょうか。
速攻は力のないスパイクなので完全に裏をかけないとピンチです。
白武は月島から遠い速攻を選ぶべきだったとは思うが、
 選手がそこには居なかったのでしょうね。

« 舟を編む フジ(12/01)#08 | トップページ | 亜人 TBS(12/02)#22 »

ハイキュー」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: ハイキュー!!烏野高校VS白鳥沢学園 TokyoMX(12/02)#09:

» ハイキュー!! 3期【第9話 バレー馬鹿たち】烏野高校 VS 白鳥沢学園高校 感想 [だいたいこんな感じで -アニメ感想日記-]
☆第9話 バレー馬鹿たち  第5セット、白鳥沢のマッチポイント。あと1点…というタイミングで、月島が戻ってきます。ここから烏野の逆転はあるのか…。あと1点、もう1点、手に汗握る展開に…。 今回良かったですよ!ハイキュー!!らしい熱い内容でした。烏野みんなの成長…... [続きを読む]

» ハイキュー!! 烏野高校 VS 白鳥沢学園高校 ♯9 バレー馬鹿たち (アニメ感想) [白昼夢を見ていた様な…]
今話から烏養コーチの声が変わりましたね。 前の人よりもマイルドな感じ? どちらが良い悪いとかではなく、まだ慣れていないので違和感が(^ ^; [続きを読む]

» ハイキュー!!_烏野高校VS白鳥沢学園高校 第9話「バレー馬鹿たち」 感想 [こう観やがってます]
「最後に笑うブロックだ」 登場してないのに! いい声はそれだけでカッコイイから卑怯。 [続きを読む]

» ハイキュー!! 烏野高校VS白鳥沢学園高校 第9話「バレー馬鹿たち」 [Happy☆Lucky]
第9話「バレー馬鹿たち」 JUGEMテーマ:漫画/アニメ [続きを読む]

» 今日見たアニメ二言三言感想 2016/12/3(アニメイズム編) [アニメガネ]
おしながき ・ハイキュー!! 烏野高校VS白鳥沢学園高校 第9話 バレー馬鹿たち ・亜人 #22 邪魔してるのはあんたの方だろ ・ALL OUT!! 第9話 お前たちは強くなった [続きを読む]

« 舟を編む フジ(12/01)#08 | トップページ | 亜人 TBS(12/02)#22 »

2019年9月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30          

Right

  • GTag

Down

  • VividRed
    ビビッドレッド・オペレーション
  • Lagrange
    輪廻のラグランジェ 応援バナー
  • 電波女
    テレビアニメ「電波女と青春男」 公式サイト
  • Steins;Gate
    TVアニメ『シュタインズ・ゲート』
  • アスタロッテ
    TVアニメ「アスタロッテのおもちゃ!」公式サイト
  • 俺妹
    俺の妹がこんなに可愛いわけがない

OnDemand

  • Potora
  • NetMile
  • Small
  • s2

BlogPP

Afiliate

AfiliateA

YearSeasons

PV

  • MuraPV
無料ブログはココログ