カテゴリー

ひと











« スクールガールストライカーズ BS11(1/27)#04 | トップページ | 昭和元禄落語心中 助六再び篇 TBS(1/27)#04 »

2017年1月28日 (土)

幼女戦記 TokyoMX(1/27)#04

第4話 キャンパス・ライフ

帝都ベルンの軍大学に通うターニャ。
喜々として学問に励んでいる。
卒業すれば安全な後方支援部隊への配属が約束されている。
4_21
図書館で戦務参謀次長のゼートゥーアに呼び止められる。
図書館通いを続けた甲斐があったというもの。
君はこの戦争をどう見るかね?
主観を自由に述べよ。
全世界を巻き込む大戦に発展するでしょう。
我軍の軍事的有利は圧倒的で大陸を掌握するでしょう。
それにより他国から妬まれることでしょう。
補給に気をつけ、慎重に事を運ぶ事が重要。
君は我軍が勝つ必要が無いと言うのかね。
これは拙いと勝つ算段を述べる。
魔導師大隊を組織して有効活用する術を提案する。
社会人にとってプレゼンは手慣れたものだった。
相手に伝える術は心得ていた。
正式に書面にまとめて提出してくれたまえ。
これで、自分の有能さを軍上層部にアピールできたと喜ぶ。
4_61
ターニャの論文を読むレルゲン、過激な内容だが
 否定できないのだった。
そしてどこかで経験した論調だった。

安全な生活を堪能するターニャを訪れるウーガ大尉。
何故軍に志願したのか、もっと安全な道を勧める。
女児が産まれてターニャを我が子のように心配してくれるのだった。
彼は12騎士に最も近いと言われていた。
あなたこそ娘さんのために後方に下がるべきだと提案する。
どこかのファシストの言葉、無防備な者ほど洗脳しやすいを
 実感するターニャだった。

ライン戦線は立て直して双方の睨み合いが続くが
 反面に西方戦線が手薄で陥落しそうな状況だった。
ゼートゥーアは即応部隊の新設を提案する。
魔導大隊の創設に目星も付けていると作戦会議で提案する。

ターニャも卒業となり12騎士に選定された。
人事局大佐がゼートゥーア次長の自宅に配属先のリストを持参してきた。
どれも後方支援部隊で満足な部署だった。
人事局は選択には一切口を挟まない。
参謀本部からも1つ、配属先があるらしいと帰っていく。
人事局の配属先は立て前で初めから選択肢などなかった。
即応部隊の設立を任せたい。
中尉では大隊を指揮できない。
編成官の辞令で大尉に昇進して後に少佐にする。
全ての手筈は整えた。
上司は居ない、48名以下なら好きに編成したまえ。
君は人を選びすぎると批判がある。

選抜に時間を掛けて出撃を遅らせようと考える。
しかしエリートのはずの魔導師の推薦状が山のように届いていた。
1人では無理だ、これを理由に遅らせよう。
ヴィーシャが訪れる。

---次回 「はじまりの大隊」---

安全な後方支援部隊への配属となるはずだったターニャ。
しかし目立ってしまって戦務参謀次長に声を掛けられる。
無能に徹すればよかったのですがつい、有能さをアピールしてしまう。
それが現実的に有効と判断され前線へ舞い戻ることになりそうです。
しかも即応部隊、所謂、何処にも属さない遊撃部隊。
弱い部隊を応援、支援する部隊。
弱いのですから激戦地区ばかり。
望む配属とは最も正反対の部隊を率いる事になりました。

有能さ故の悲劇ですね。
異例の出世もしているのですが、上はまだまだ遠いですからね。
現場では最上位でしょうが、最も危険な地区を渡り歩くことですから
 命がいくつあっても足りない状況になりそうです。
生き延びて戦果を上げれば上げるほどに需要が高まる。
将に最悪な配属ですね。
昼行灯と呼ばれていれば望む結果になった気がする。
民間のサラリーマンの悲劇であり、元公務員だったら
 この結果はなかったのかも知れない。

負けず嫌いな性格が災いしてレルゲンの提案をも跳ね除けそう。

« スクールガールストライカーズ BS11(1/27)#04 | トップページ | 昭和元禄落語心中 助六再び篇 TBS(1/27)#04 »

幼女戦記」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 幼女戦記 TokyoMX(1/27)#04:

» 幼女戦記 第4話 「キャンパス・ライフ」 感想 [ひえんきゃく]
上手くやったつもりが見事に裏目に出たターニャ(笑) ホント回を重ねるごとにどんどん面白くなりますね。 統一暦1924年。 北方では協商連合軍と、西方では共和国軍との戦闘が 継続するなか、晴れて軍大学生となったターニャは、 後方の安全な帝都で大学生活を満喫していた。 軍大学といえども、待遇は一般の大学と同じ。 さらには国費で給与まで貰える、実に恵まれた環境だった。 ターニャ...... [続きを読む]

» 【幼女戦記】 第4話『キャンパス・ライフ』 キャプ感想 [空 と 夏 の 間 ...]
幼女戦記 第4話『キャンパス・ライフ』 感想(画像付) 優秀すぎた提案が自分の首を絞めることに! ターニャちゃんはいつもやりすぎなんじゃないかな?w 新設の即応部隊の隊長となったターニャちゃんは、ヴィーシャとともにまた前線に逆戻り? 危険から遠ざかれない運命ですねw 以下、感想はつづきから ネタバレ含みますのでご注意ください。 ... [続きを読む]

» 幼女戦記 第4話「キャンパス・ライフ」 [悠遊自適]
自爆で大出世。諮問じゃないが聞き方がだんだん誘導じみてるゼートゥーアさんと思いっきり自分を売り込むターニャのやり取りが面白い。前線には出たくないが後方に行くにも優秀さはアピールしないといけないのは難儀だ。あそこで述べた事を自分でやる事になるんだろうなあ。仕事が早いゼートゥーアさん。お膳立て整えてくれた。出来る上司で良かったなw 応募殺到で笑う。愛国心なのか受勲者ターニャを慕...... [続きを読む]

» 幼女戦記 第4話「キャンパス・ライフ」 [いま、お茶いれますね]
第4話「キャンパス・ライフ」 本日のターニャさん、着実にフラグを構築していたはずだったのに、策を弄し過ぎて墓穴を掘ったでござるw (常の如し) [続きを読む]

» 幼女戦記 第4話 『キャンパス・ライフ』 優秀だが詰めが甘い?調子に乗っちゃう?ターニャの目論見大外れ。 [こいさんの放送中アニメの感想]
まるで遠坂凛みたい。8割方上手く行っているのに、最後の最後で裏目っちゃう。そんな性分が見え隠れしてますね。晴れて前線から軍大学へ編入、ここで好成績を納めれば、安全な後方から全軍を指揮出来る。保身と出世の一挙両得を目指すターニャの理想がそこにある。そのための努力は惜しまない。 ついでに神=存在Xの存在も忘れていない。大学でも銃を離さないのは常在戦場の精神から。というのは真っ赤な嘘で「存在Xをぶっ殺すチャンスを逃さないため」というもの。神が銃で殺せるのか?チェーンソー(※)持って来い。 ※&... [続きを読む]

» 幼女戦記 第4話「キャンパス・ライフ」感想 [アニメ色の株主優待]
大学生となったターニャは軍大学でも優秀な成績を収め、このままいけば念願のエリートコースは確実。 そんなで順風満帆の生活を満喫していたターニャはある日、図書館で参謀本部の『ハンス・フォン・ゼートゥーア准将』と遭遇。 以前からターニャに興味を抱いていたセートゥーアは彼女を試すようにこの戦争について尋ねる。 准将の質問に対し、ターニャは前世の世界大戦の知識を参考に...... [続きを読む]

» 幼女戦記第4話「キャンパスライフ」感想 [アニメとマンガの感想と考察]
幼女戦記第4話「キャンパスライフ」は、ターニャが新しい機動大隊の隊長にされてしまうエピソード。 ターニャが帝都に戻って半年も経ってた。 冒頭でモブ子が彼氏の手紙でクリスマスには戻ると話してたけど、 「それはフラグだ」とツッコまれていたw ターニャは「シグナリング理論」に基づいて成績をアピールし、 安全な後方で出世する事を狙っていたらしい。 シグナリング理論とは、企業は大学卒業者を優秀な者を意味するシグナルと見なすという理論の事。 それで図書館通いをしてたら、後方の作戦参謀と遭遇。 ここのドヤ顔のクズ... [続きを読む]

» 幼女戦記 第肆話 「キャンパス・ライフ」 [バカとヲタクと妄想獣]
前線を離れ半年経過 前回のラストあったからどうなるかと思ったが [続きを読む]

« スクールガールストライカーズ BS11(1/27)#04 | トップページ | 昭和元禄落語心中 助六再び篇 TBS(1/27)#04 »

2019年11月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

Right

  • GTag

Down

  • VividRed
    ビビッドレッド・オペレーション
  • Lagrange
    輪廻のラグランジェ 応援バナー
  • 電波女
    テレビアニメ「電波女と青春男」 公式サイト
  • Steins;Gate
    TVアニメ『シュタインズ・ゲート』
  • アスタロッテ
    TVアニメ「アスタロッテのおもちゃ!」公式サイト
  • 俺妹
    俺の妹がこんなに可愛いわけがない

OnDemand

  • Potora
  • NetMile
  • Small
  • s2

BlogPP

Afiliate

AfiliateA

YearSeasons

PV

  • MuraPV
無料ブログはココログ