カテゴリー

カテゴリー「相棒」の148件の投稿

2017年2月16日 (木)

相棒15 テレ朝(2/15)#15

第15話 パスワード

あらすじ
胃潰瘍で入院した幸子(鈴木杏樹)の見舞いで病院を訪れた
右京(水谷豊)と亘(反町隆史)は、思いがけず病室で伊丹(川原和久)たち
捜査一課と出くわす。
聞けば、小松崎(小林且弥)というヘルパーが刺殺された事件に関して、
腕を負傷して入院中の真奈美(橋本真実)という盲目の女性に
事情を聞きに来たらしい。
0_131
真奈美は訪問介護サービスを利用する際、度々小松崎を指名していたという。
捜査に乗り出した右京と亘は、被害者である小松崎にも不審な点が
あったことを知り、部屋を捜索。
すると亘が、部屋に置いてあった手作りの香水と、同じ香りをさせていた
人物がいたことに思い当たる。
0_171
それは、交際相手について真奈美と病室で揉めていた姉の貴子(池津祥子)だった。
さっそく、本人から話を聞くと、香水は真奈美が趣味で作っているものだという。
ただ、貴子いわく、真奈美と小松崎はいつも言い争いばかりしていて、
プレゼントを渡すような関係ではないらしい。
だとしたら、なぜ小松崎が真奈美の手作りの香水を持っていたのか!?
また、貴子の話から、真奈美と貴子が実は腹違いの姉妹であることや、
吉田(田中幸太朗)という真奈美の恋人を、貴子がいぶかしく思い、
交際に反対していることも分かる。
そんな中、小松崎が介護をしていた相手から、詐欺まがいの寄付を集めていたことが発覚。さらに、小松崎の部屋から、なぜか貴子の指紋が発見されて…!?

---次回 「ギフト」---

正直分かりにくい、設定過多だと思う。
香水や点字が鍵だったが義理の姉の存在はカットしても良かったと思う。
右京さんの推理が冴えると言えば聞こえは良いが、
 語りばかりで分かりにくかった。

小松崎の部屋から姉と真奈美の指紋が検出されたが、
 この時点で吉田の指紋は調べなかったのはご都合的に??

貢がせた遺産を別荘の地下に隠すって何かおかしい。
口座振込じゃないの?
最近のストーリーは複雑に描こうとしすぎた作品が多い。
今作はその最たるものだと思える。

2017年2月 9日 (木)

相棒15 テレ朝(2/08)#14

第14話 声なき者~突入

あらすじ
今から一年前に右京(水谷豊)と亘(反町隆史)が遭遇した謎の立てこもり事件。
膠着状態に陥る中、右京は尊(及川光博)から犯人の要求している
女性・吉井聡美(及川莉乃)に関する情報を入手する。
尊によると、すでに亡くなっている彼女の死因は自殺の可能性が高いのだが、
なぜかその前の2か月余り幼い息子と姿を消していた時期があるという。
いっぽう、亘は右京が立てこもり犯と目星をつけている
0_171
新堂司(田中偉登)という高校生の家族について調べていた。
司の父・誠(永野典勝)は法務省矯正局のホープだが、家族に
暴力をふるっていた疑いがあり、妻や子供たちと別居中であることが判明。
さらに、誠が女性蔑視の思想を持つ団体の会員であることも分かる。
その団体には、省庁の重役も多く、警察庁長官官房総務課長の
山崎(菅原大吉)も名を連ねていた。
司は、誠から逃げるためにシェルターに身を寄せていた母と妹を通じて、
同じくDVから逃れようとしていた聡美と知り合ったのではないか? 
しかし、だとしたらなぜ司は真渕(三浦英)に重傷を負わせ、人質を
取って立てこもりなどしているのか…!?
0_151
そんな中、右京の依頼で真渕のパソコンを調べていた
米沢(六角精児)の報告である疑惑が浮上し、右京は真渕に
なりすまして立てこもりを続ける司の真の目的を察知。
人質を含め全員を無傷で確保しようと動き出す。
しかし、立てこもり犯が真渕でないことが公となり、司が危機的な状況に陥ってしまう。
そんな中、なぜか事件を隠蔽しようと暗躍する山崎により、
特殊部隊の強行突入が刻一刻と迫っていた。

---次回 「パスワード」---

事件の発端はDVでした。
上級公務員として出世を狙う男たちの行き場のない怒りが
 家庭に向けられた。
そんな夫から逃れる妻と子供。
その妻と子供たちが偶然出会って仲良くなった。
そんなDVが繋ぐ事件。
名誉を重んじる夫は暴力団関係者の有料サービスを利用して
 子供を取り戻そうとする。
その真実に気づいた息子が父親の現状を暴く。

ストーリーとしては法務省矯正局の新堂誠だけのエピソードなら
 面白いが、同じDVの警察庁長官官房総務課長の山崎を
 絡めたのは無理矢理感が強い。
そのお陰で神戸尊も関わったのも無理矢理過ぎる。
色々と残念に思える。
山崎がお咎め無しで出世して劇場版のラスボスに近い位置に
 なるのでしょうか。
偶然にも繋がったDVの輪、妻と夫がお互いに知り合う確率は
 高いのだろうか。
今時の上級公務員なら離婚は問題にならないと思うのだが
 そうでもないのだろうか?
変な組織を使うよりも離婚して再婚するのが手っ取り早い気がする。
冠城は法務省キャリアなのに強いのは格闘技経験者?

新堂母役で仁藤優子さんが出演、PatoraborTV版のOP曲を
 歌っていて一昨年は特番で見かけました。
あの頃のアイドルは歌唱力もあったのでした。

2017年2月 2日 (木)

相棒15 テレ朝(2/01)#13

第13話 声なき者 ~籠城

あらすじ
時は、今から1年ほど前にさかのぼる…。
2016年2月。住宅街の一角で、若い男が頭から血を流して
倒れているのが発見される。
目撃者の情報から、現場から逃げた車の持ち主が
司法浪人の真渕(三浦英)と判明。
スマホの位置情報などから、小さな町工場に逃げ込んでいることが発覚する。
立てこもり事件の発生を受け、警視庁から特殊部隊が出動。
その様子がテレビで生中継されるなど、現場は騒然となる。
そんな中、たまたま現場に居合わせた右京(水谷豊)と、
法務省から出向中だった亘(反町隆史)は、独自の捜査を開始。
すると事件直前、『若い男が女児に声を掛けている』という
不審者情報があったことが分かる。
その頃、捜査本部には真渕からメールが届いていた。
吉井聡美(及川莉乃)という女性を連れてくれば、人質は解放するという。
しかし、彼女は3週間前に死亡しており、警察は犯人を刺激しないよう、
亡くなっていることを伏せて説得を続けることに。
0_191
くしくも彼女は、尊(及川光博)が大河内(神保悟志)からの
個人的な依頼で、身辺を調査していた女性だった。
また、警察庁長官官房総務課長の山崎(菅原大吉)も、
吉井聡美と何らかの繋がりがある様子で…!?
0_171
いっぽう、捜査を続けていた右京と亘は、真渕が企業や
団体がネットを通じて不特定多数に業務を外注する
クラウドソーシングに登録していたことを掴む。
その仕事が今回の一件と関係しているのではないかと考えた2人は、
その頃まだ鑑識の米沢(六角精児)の協力を得て、
押収されていた真渕のパソコンを調べることに。
そうこうするうち、立てこもり現場では、捜査本部の指示を受けた
特殊部隊が強行突入に踏み切ろうとしていた。
しかし、まさに突入しようとした瞬間、現場を大混乱に陥れる不測の事態が発生する!

---次回 「声なき者 ~突入」---

ストーリーは神戸尊から冠城へのメールからの回想。
1年前の事件での回想。
劇場版へ繋がる前後編の事件。
犯人と被害者の立場が逆だった事件。
それでも多数の謎が発覚した前振り編。
なので、悪くはないというか興味津々で視聴者を
 解決編に引っ張る設定は悪くない。
どうして?何故のオンパレード。
懐かしい米沢さんも出演しているが怒っているだけなのは
 ちょっと悲しい。

そう言えば、警察学校で米沢さんに講義を受ける冠城のシーンも
 見てみたかった。

2017年1月18日 (水)

相棒15 テレ朝(1/18)#12

第12話 臭い飯

あらすじ
郊外の廃倉庫で白骨化した遺体が発見され、捜査一課に
捜査要請が入るが、骨だけでは調べようがないため、
特命係が捜査を押しつけられる。
0_151
骨の発見現場にやってきた右京(水谷豊)と亘(反町隆史)は、
廃品に紛れた遺留品から米の入った袋と紙片を発見。
その紙片には、「大手米穀販売会社・タキガワが、主食用の
米に加工用米を混ぜて販売している」という主旨の告発が書かれていた。
また、骨髄から摘出したDNAの型から、遺体の人物に
前科があったことが判明。
遺体は、蜂矢(稲健二)という中年男性で、3年の服役の後、
協力雇用主制度を利用してタキガワに再就職した人物だった。
協力雇用主制度とは、元受刑者の社会復帰を促すために、
彼らを雇用した企業に補助金が支給される仕組み。
亘が法務省時代、策定にかかわった制度でもあった。
0_131
蜂矢は、タキガワの不正を告発しようとして殺されたのでは
ないかという疑惑が浮上する中、右京はタキガワで雇用されていた
元受刑者のリストから、蜂矢の失踪と同時期に
「逮捕による懲戒処分」という理由で退職している人物を発見。
問題の男は、塀の中と外を行ったり来たりしている、
亀井(笹野高史)という年老いた累犯受刑者だった。
右京と亘は、刑務所を訪れて亀井から話を聞くが、
「自分は殺しとは関係ない」と言うばかりで要領を得ない。
いっぽう、亘が行きつけにしているレストランの
女性オーナーシェフ・しおり(入山法子)にも疑惑が。
しおりは、食材アドバイザーとしてタキガワの経営にも
かかわっていたのだが、食品偽装の疑いが持ち上がる直前、
タイミング良くタキガワから身を引いていた。
そんな中、右京と亘は刑期を終えて出所してきた亀井に接触。
しかし、亀井は特命係の2人ですら手を焼く老かいな人物で…!?

---次回 「」---

この作品は右京の推理の確証が明かされない場合が多い。
視聴者に意外性を感じさせればいい脚本が多く、
 右京の推理が全て正しい前提でストーリーが展開される。
今回も何故、蜂矢が自_殺したと思ったかは明かされなかった。
そう思う理由が薄く、彼の行動も良く分からない。
せめて食品偽装を告発したが受け入れられなかった事実は欲しい。
服役後に遺留品を見つけるのも苦しいと思う。
捜査が予想どおりになるのも都合良すぎる。
それなら匿名による電話で遺体を発見させるべきだと思う。

今回の新米に加工米が混ぜられている事件は現実にもありそうで怖い。
特に政府備蓄米は加工米利用に限って安く販売されるが
 悪用している業者が居ないとも限らない怖さがある。

来週は休みで、2周続けて予告の劇場版に繋がる事件を描くらしい。

2017年1月13日 (金)

相棒15 テレ朝(1/12)#11

第11話 アンタッチャブル

あらすじ
都内の裏通りで会社員の男性が刺殺される事件が発生。
犯人の遺留品はなく、捜査が難航する中、有力な目撃者が現れる。
しかし、その人物が警察上層部の家族で、中学生の少女ということが
分かり、捜査本部にも接触禁止が厳命される。
0_151
それを受け、刑事部長の内村(片桐竜次)は、自分に火の粉が
及ばないよう、あらかじめ特命係に事件とかかわらないよう釘を刺す。
ところが、そんなことはお構いなしの右京(水谷豊)と亘(反町隆史)は、
さっそく事件現場に足を向ける。
周辺の状況を確認した右京は、現場は人通りの少ない通りで、
近くにコンビニなどもないことから、目撃者である少女は
どこに向かおうとしていたのか気になる。
すると、事件現場付近の空き家に中学生ぐらいの少年少女が
たむろしているのを発見し、注意する。
その中には、事件の目撃者である里奈(桜田ひより)の姿もあった。
そんな中、中園(小野了)は、事件が起きた日が被害者の娘の
誕生日だったことを知り、同じく娘を持つ父親という自身の境遇を重ね、
事件の早期解決と上層部の命令との板挟みに苦悩する。
実は、中園たちが頑なに口を閉ざしている目撃者・里奈の父親とは、
警視庁副総監である衣笠(大杉漣)であった。
0_191
さらに、その事件の背後で“ある人物”が特命係の存続に
かかわる危険な裏工作を進めはじめて…!?

---次回 「臭い飯」---

今回のエピソードは警視庁副総監が特命を本気で
 邪魔に思うエピソードだったのでしょう。
それと青木の真実の目的と役割も明らかになりました。
中園参事官も部長ポストを狙って暗躍するのかと思ったら
 そうでもなかったのは残念。
でも被害者遺族のために男気を見せたのはチョット良かったかな。
彼の警察学校時代の知り合い刑事、稲葉役が草川祐馬さん。
かつてはアイドルだったのに・・・。

事件はおまけな感じでしたね。
あんな思いつきの犯行なのに見つからないのも悲しい。

2017年1月 2日 (月)

相棒15 テレ朝(1/01)#10

第10話 帰還

あらすじ
右京(水谷豊)と亘(反町隆史)に、郊外のベッドタウン
黒水(くろうず)町の駐在所への臨時異動辞令が下った。
黒水は問題がある警察官の左遷先と噂される署だった。
その夜、都内では警視総監の四方田(永島敏行)を囲む会合が開かれていた。
それは、都内の浄化作戦で成果を上げた四方田のためのパーティーで、
会場には副総監の衣笠(大杉漣)や峯秋(石坂浩二)の姿もあった。
また、前科のある人間を積極的に受け入れ、寂れかけた町を再生させる
プロジェクトに取り組んでいる黒水町の町長・和合(八嶋智人)も列席していた。
その会場に、四方田宛の差出人不明電報が届く。
そこにはラテン語らしき文章と子供が描いたようなシロクマの絵が
記されていたのだが、それを見た四方田はなぜか動揺して…!?
0_131
 翌日、黒水署に到着した右京と亘は、前任者が交代になった
理由が気になり、調べ始める。
すると、駐在所に住み込んでいた2人の警察官のほか、黒水署の
有本(森岡豊)という刑事も行方不明になっていることが判明。
右京と亘は失踪現場となった団地の住民から話を聞くが、収穫はゼロ。
しかし、有本が最後に乗っていたパトカーから血液反応が検出され、
2人は何らかの事件が起きたことを確信する。
そこに、若月詠子(伊藤歩)という女性ジャーナリストが現れる。
黒水署の警察官連続失踪事件を追っているという彼女は、
警察内部ですら統制されている機密情報をなぜか持っていた。
0_171
 その後、広報課長の美彌子(仲間由紀恵)に取材の矛先を
向けた詠子だったが、「ノーコメント」と突っぱねられる。
しかし、それも含めて自分のニュース番組で警察官の不可解な
失踪事件を報じてしまう。
いっぽう、黒水町で捜査を続けていた右京は、ひょんなことから
町長の和合と知り合う。
和合いわく、町の再生に大切なのは志を持った“人”だというが、
警察内部には「前科者を優遇するとは何事だ」と、今の政策を
快く思っていない人間もいるという。
その話が出た矢先、右京と亘に、なぜか四方田警視総監から
捜査をやめるよう圧力がかかる。
そんな中、四方田の指示を受け、黒水町で暮らす元受刑者・槙野
(平岡拓真)を見張っていた刑事が遺体で発見される。
現場には、四方田に届いた電報と同じフレーズ「私は獣として帰還する」と
いうラテン語が書かれていた。
この事件により、失踪中の警察官たちも既に殺害されている
可能性が高まり、未曾有の事態への緊張が高まっていく…。

---次回 「」---

登場キャラクターが少ないので犯人は邪推すれば分かる。
しかし同期や目的は不明。
また団地の人々も宗教的な胡散臭さを匂わせる。
四方田警視総監の登場と特命を受けた刑事が
 監視しているのも良いのだが、それ以外が良く分からない。

四方田警視総監は何故に牧野を監視させていたのか。
5人の刑事や警官の失踪事件を口止めするだけで
 捜査させないのか。
団地の人々が口裏を合わせていたのは和合に
 扇動されていたようだが、牧野をまるで
 死刑執行人のように扱ったのか不明。
普通なら匿っても良いはず。
彼も府中署内で四方田を襲えたのが、分からない。
誰かが彼の写真を見せて襲えと指図したのだろうか。
警察署内の道場に簡単に入り込めるのだろうか。

面白い部分もあるのだが、そうでない疑問点も多い。
今期初めて?の大河内監察官の登場と捜査協力は
 良かったが嘘の供述なので逮捕できないのはどうだろうか。
あまり面白い演出とはいえない。

会社も政治も犯罪も同じ、グローバル化、アウトソーシング、
 そう言われると確かになとは思う。
でも暗殺者を雇うって今更で新しいとも思えない。
アウトソーシングに該当するという言葉の言い換えたことが面白かった。
どうやら甲斐峯秋が引き続き登場しているので黒幕的な
 立場を与えたいように感じる。
小野田官房長官の代わりだろうか。

2016年12月 8日 (木)

相棒15 テレ朝(12/07)#09

第9話 あとぴん~角田課長の告白

あらすじ
産廃場で光田(樋渡真司)という男性の撲殺死体が発見された。
光田は組対五課長・角田(山西惇)の中学時代の同級生で、20年前に
家族のもとから姿を消して以来、ずっと消息が分からなかったらしい。
0_131
角田によると、光田の妻は当時の恩師・小林(柴田次郎)の娘で、病床に
伏してこん睡状態の恩師のために、一刻も早く情報がほしいという。
角田の思いを汲んで捜査に乗り出した右京(水谷豊)は、産廃場の
近所の住民から、光田が現場監督の仁藤(相島一之)という男から
暴力を受け、金をせびり取られていたという情報を得る。
いっぽう、角田から除け者扱いされていた亘(反町隆史)は独自の調査で、
光田と仁藤の繋がりを掴む。
34年前、光田は近所の工場火災の写真で賞を取ったのだが、
その火事は保険金目当ての自演放火で、仁藤は放火犯として
逮捕された工場主の息子だという。
0_191_2
結果として光田の写真が、仁藤の家族を破滅させるきっかけを作ったのだった。
その後、角田が仁藤に、「あとぴん」というあだ名で呼ばれていた
恩師の小林がこん睡状態にあると告げると、仁藤はあっさり
光田殺しを自供する。
しかし、右京は、真犯人は別にいると感じていた。

---次回 「元日スペシャル」---

色々と盛り過ぎな気がする。
それらが無いと現実的でいい話だと思えた。
仁藤が放火は父親でなく自分の犯行だと自供したが、
 これは必要なかった。
それに加えて角田課長が光田に恩師で義父の現状を
 教えたのも盛りすぎだと思う。
これも無くてもストーリーは成立する。
色々と因果応報的に盛れば良いわけではない。
話の本筋をきっちりと描くのがいい作品で、盛りすぎると
 散漫になって、逆に面白くなくなる。
右京さんが角田課長が知らせたと推理した理由を説明していない。
これでは拙い、妻が事前に教えたでもストーリーは成立するのだから。
恐らくは想像なので深く追求することもなかったのでしょうね。
100%の検察に退職を求めた場合とは異なって。

そもそも光田が合成写真で受賞したのを恐れて家を飛び出すとか
 有り得ない。
どれだけ豆腐メンタルな大人だろうか。
今となっては思い出と開き直れないと言われればそれまでだが、
チョットねえ。
光田の人生にこそ力を注いで欲しかった。
悪いストーリーではないが、気になる点もあったのも事実。
最近のドラマにありがちな意外性だけを追求した感じで
 悪い方向を目指していると思う。

そして次回がいきなりの元旦スペシャルとは・・・。
2クールで全部で20話程度なのだろうか。
また政治がらみの大事のようでハズレの匂いしかしない。

2016年12月 1日 (木)

相棒15 テレ朝(11/30)#08

第8話 100%の女

あらすじ
2か月前、外務省欧州第一局長の棚橋(窪園純一)が、都内の
公園で刺殺される事件が発生。
事件の背景に国際問題が絡んでいる可能性があることから、
警察は慎重に捜査を開始していた。
そんな中、公園近くの中学校で教師をする田村紗季(志保)が、
犯人らしき人物を目撃したと名乗り出る。
証言によると、目撃したのは棚橋と同じ外務省に勤める中嶋(松下哲)
という男で、同僚らによると棚橋と中嶋は事あるごとに職務上で衝突していたらしい。
検察は、これらの状況を加味して、被疑者否認のまま中嶋を起訴。
裁判員裁判が行われることになった。
0_131
中嶋を厳しく追及するのは、負け知らずの有罪率で、周囲から
「100%の女」と評される検事の倉田映子(鶴田真由)。
亘(反町隆史)が法務省時代に研修で一緒になり、現在は
「勝てない事件は不起訴にして有罪率を高めている」との
批判もある検察のあり方を変えようと取り組んでいる女性だった。
しかし、裁判を傍聴していた亘は、紗季が目撃証言を
微妙に変えていることに引っ掛かる。
亘から話を聞いた右京(水谷豊)が捜査に乗り出すと、次席検事の
ポストが目前といわれる映子が、有罪率100%を維持するために
紗季に証言の修正を依頼したのではないかという疑惑が浮上。
0_191
右京と亘が映子に直接その疑惑をぶつけると、彼女は亘の元上司である
法務省事務次官の日下部(榎木孝明)を通じて圧力をかけてきた。
日下部は亘に、もし棚橋の殺害に国際情勢が絡んできた場合、
これ以上事件にかかわると、特命係の存続自体が危ぶまれるというが…!?

---次回 「あとぴん~角田課長の告白」---

右京さんの真実を明かすことこそが正義が描かれたエピソード。
後味の悪さは天下一ですね。
しかも、法務省事務次官の日下部を怒らせた。
このシーンが何やら茶番劇みたいで要らなかった。
ちょっと皮肉を言って終わらせる大人の余裕を演出して欲しかったところ。
そんなに感情を直撃させては右京さんには勝てないと思ってしまった。
冠城の後ろ盾を失わせたかったのでしょうね。

冠城の言うとおり、事実を明らかにしても結果は変わらないだけに
 辞表提出まで促しでしまったのはやり過ぎ感がある。
彼女は弱かっただけ、法を守らない正義など無い。
右京さんが異常なだけにしか映らない。

正月特番は仲間由紀恵さんの子供の父親に絡むエピソードだろうか。
この辺りが一番知りたいし、面白そうな気がする。
毎回、大きな政治がらみなネタで失敗している気がしてならない。

2016年11月23日 (水)

相棒15 テレ朝(11/23)#07

第7話 フェイク

あらすじ
世田谷西署の管轄内で誘拐事件が発生。
行方が分からなくなっていた小学生の男の子2人の内の一人、
翔太(黒澤宏貴)が遺体で発見された。
捜査に潜り込もうと捜査本部にやってきた右京(水谷豊)と亘(反町隆史)は、
署で遺体を確認し、茫然自失のまま帰路についた翔太の
母・美奈子(安達祐実)の姿を見かける。
特命係を捜査から遠ざけたい伊丹(川原和久)は、美奈子を
自宅まで送るよう頼むが、右京はその役割を亘に任せ、自分は
本部に足を向ける。
021
青木(浅利陽介)の機転で本部に潜り込んだ右京は、青木から事件の概要を聞く。
誘拐されたのは、広斗(寺内勇貴)という小学生で、犯人から
両親に3億円を要求する電話が掛かってきたという。
それから10時間後の朝、翔太の遺体が発見されたのだが、本部では
犯人の目的は家庭が裕福な広斗だけで、翔太は巻き込まれただけと見ていた。
一方、帰宅途中の美奈子に追いついた亘は、彼女が不意に
一人で笑い声をあげている姿を目撃。
さらに、アパートまで送っていくと、部屋に入った彼女が子供と話している声が聞こえる。
翔太と2人暮らしだったはずなのに、なぜ? 
その頃、本部には犯人から身代金の受け渡し方法を知らせる電話が掛かってきていた。
本部では、いったん犯人に身代金を受け取らせ、尾行して
アジトを突き止めるという方針を決定。
011
翌日、本部は身代金を指示された場所へ運ぶ広斗の母・有里(木下あゆ美)の
周囲に万全の体制を敷き、受け渡しの時に備えていた。
そんな中、右京は犯人の行動にある疑念を抱いていた。

---次回 「100%の女」---

誘拐事件に内部協力者が二人いた。
それだけでも厄介なのに、関係があるようで無い
 女性が絡んでいるように見せかけた。
結局、翔太の母親を疑った冠城の余計な捜査だったことに
 なるのかな?
でもバス内で現金を入れ替える指示をしたのが彼女の
 役割だったような気がする。
捜査会議に盗聴器を仕掛けた婦警が運び屋に指示したのだろうか。
その部分が良く分からなかった。

ただ事件を複雑に見せたかっただけにも思える。
制作側のミスリード要員に利用された配役だったようだ。
良いような悪いような複雑な心境になるエピソードだった。

2016年11月16日 (水)

相棒15 テレ朝(11/16)#06

第6話 嘘吐き

あらすじ
証拠品の返却で所轄署を訪れた亘(反町隆史)は、アパートの
隣室で殺人事件が起きたかも知れないと訴える女流漫画家の
夏音(柳生みゆ)と知り合う。
011
聞けば数日前、隣室から激しく争う音が聞こえたかと思うと急に静まりかえり、
その後元々住んでいた地味で背の高い女性を見かけなくなり、
彼女とはまったく印象が異なる、派手で小柄な女と、その恋人と
思われる男が、ノコギリを部屋に持ち込む姿を目撃したという。
さらに、見知らぬ中年男女が毎晩のように出入りしているという。
夏音は、バラバラ殺人を疑って所轄署に相談に行ったのだが門前払いを食らい、
たまたま通りかかった亘が話を聞いたのだった。
041
興味を持った亘は、さっそく右京(水谷豊)を巻き込んで調査に向かう。
しかし、アパートの大家は、隣室の女性に変わった様子はないと証言し、
夏音が騒音トラブルで言い掛かりをつけているのではないかと疑う。
右京と亘は、逆に夏音が女性を殺害して遺体を隠しているため、
その恋人らが揺さぶりを掛けるために、今回の件を
仕組んだのではないかと推理する。
さらに、亘が夏音の出身地に出向いて過去を調べたところ、
学生時代から虚言癖があったことが判明。
そのせいか、東京にも馴染めず、引っ越しを繰り返していたことが分かる。
果たして、誰が真実を言い、誰が偽証しているのか。

---次回 「フェイク」---

悪くはないが、良く分からない部分がある。
隣の女性が殺害されたかもしれない。
しかし皆が嘘を言っているのに訴えた女性は虚言癖があった。
設定自体は悪くないのだが、動機が弱い。
訴えた女性が部屋を出た際にお金を持ち出せばいい。
大家が犯人だから、それを許さなかったのだろうが、
 それにしても女性を追い出す作戦はおかしい。
もう少し、何かの理由がほしい。

それに右京さんが部屋に理由があると気づくヒントが欲しかった。
最近は右京さんの推理が凄すぎる。
推理というよりも、作者が真実を明かす場所に右京さんも
 気づいていたと言って立ち会っているような気がする。
最後の漫画で事後を描く演出は面白かった。
大家はお金を何に使ったのでしょうね。
そこから足がついている気もする。

より以前の記事一覧

その他のカテゴリー

30歳の保健体育 | 3月のライオン | 91DAYS | ACCA13区監察課 | AKB0048 | AKIBA'S TRIP | Angel Beats | Another | Aチャンネル | BanG Dream! | BLAZBLUE ALTER MEMORY | BLOOD-C | Brave10 | BTOOOM! | C | C3-シーキューブ- | CHAOS;CHILD | Charlotte | Classroom☆Crisis | Coppelion | D.C. | DAYS | Devil Survivor2 | DOG DAYS | DRIFTERS | Fate/Zero Stay Night | Free! | GANGSTA. | GATE 自衛隊 彼の地にて、斯く戦えリ | GJ部 | Go!プリンセスプリキュア | God Eater | GOSICK | ISUCA | K | LUPIN the Third峰不二子という女 | M3-ソノ黒キ鋼- | Mr. BRAIN | NEW GAME! | No.6 | Occultic;Nine | orange | PSYCHO-PASS | RAIL WARS! | RDGレッドデータガール | Re:ゼロから始める異世界生活 | ReLIFE | Rewrite | Rio-Rainbow Gate- | ROBOTICES:NOTES | selector infected WIXOSS | SHIROBAKO | Star Driver輝きのタクト | Steins;Gate | TARI TARI | TERRAFORMARS | The IDOLM@STER | The Unlimited兵部京介 | Thunderbirds | Tiger & Bunny | TVドラマ | UN-GO | Wake Up, Girls | WHITE ALBUM2 | WORKING | Z/X IGNITION | ZETMAN | あそびにいくヨ | あっちこっち | あの夏で待ってる | あの日見た花の名前を僕たちはまだ知らない | あまがみSS | あまんちゅ! | あんハピ♪ | いつか天魔の黒ウサギ | いなり、こんこん、恋いろは。 | うさぎドロップ | うしおととら | うたわれるもの | うどんの国の金色毛鞠 | うぽって | うらら迷路帖 | えとたま | えびてん | えむえむっ! | おそ松さん | おとめ妖怪ざくろ | お兄ちゃんだけど愛さえあれば関係ないよねっ | お兄ちゃんのことなんかぜんぜん好きじゃないんだからね | お勧めできないアニメ | お笑い | がっこうぐらし | きんいろモザイク | ぎんぎつね | くまみこ | けいおん!! | けものフレンズ | げんしけん | この中に一人、妹がいる | この素晴らしい世界に祝福を! | この美術部には問題がある! | これはゾンビですか? | ご注文はうさぎですか? | さくら荘のペットな彼女 | ささみさん@がんばらない | さばげぶっ! | さんかれあ | しろくまカフェ | じょしらく | すべてがFになる | そにアニ | そふてにっ | そらのおとしものf | それが声優 | それでも世界は美しい | それでも町は廻ってる | たまこまーけっと | たまゆら | だがしかし | ちはやふる | つり球 | とある科学の超電磁砲 | とある飛空士への恋歌 | とある魔術の禁書目録Ⅱ | となりの怪物くん | ぬらりひょんの孫 | のうりん | のんのんびより | はぐれ勇者の鬼畜美学 | はたらく魔王さま! | はんだくん | ばくおん!! | ばらかもん | ひだまりスケッチ | ふらいんぐうぃっち | まおゆう | ましろ色シンフォニー | まじもじるるも | まよチキ! | まりあ†ほりっく あらいぶ | みつどもえ増量中 | みなみけ | めだかボックス | もしドラ | もっとToLOVEる | ももくり | もやしもん | やはり俺の青春ラブコメはまちがっている。 | ゆゆ式 | ゆるゆり | よんでますよ、アザゼルさん。 | ろんぐらいだぁす! | アイドル事変 | アウトブレイク・カンパニー | アオハライド | アカメが斬る! | アクエリオン | アクセル・ワールド | アクティヴレイド | アスタロッテのおもちゃ | アニサン劇場 | アニメ その他 | アニメ・コミック | アニメ個人評価 | アブソリュート・デュオ | アルドノア・ゼロ | アンジュ・ヴィエルジュ | インフィニット・ストラトス | ウィザード・バリスターズ 弁魔士セシル | ウイッチクラフトワークス | エウレカセブンAO | エスカ&ロジーのアトリエ | オーバーロード | カンピオーネ | ガッチャマン クラウズ | ガリレイドンナ | ガリレオ | ガンスリンガーストラトス | ガンダムAGE | ガンダムGのレコンギスタ | ガヴリールドロップアウト | ガーリッシュ ナンバー | ガールズ&パンツァー | ガールフレンド(仮) | キズナイーバー | キャプテン・アース | キューティクル探偵因幡 | キラキラ☆プリキュア アラモード | キルミーベイベー | キルラキル | ギルティクラウン | クイーンズブレイド | クオリディア・コード | クズの本懐 | クロスアンジュ 天使と竜の輪舞 | クロムクロ | グラスリップ | グリザイアの果実・迷宮・楽園 | ケイオスドラゴン 赤竜戦役 | ココロコネクト | コネタマ | コメット・ルシファー | コンクリート・レボルティオ | ゴールデンタイム | サムライフラメンコ | サンダーバード | サーバントXサービス | シドニアの騎士 | シモネタという概念が存在しない退屈な世界 | シュヴァルツェスマーケン | ジョジョの奇妙な冒険 | ジョーカーゲーム | スイートプリキュア | スクールガールストライカーズ | ステラのまほう | ステラ女学院高等科C3部 | ストライクウィッチーズ2 | ストライク・ザ・ブラッド | スペース☆ダンディ | スマイルプリキュア | セイクリッドセブン | セイレン | セキレイ Pure Engagement | ゼロの使い魔 | ゼーガペイン | ソウルイーターノット! | ソードアートオンライン | タブー・タトゥー | ダンガンロンパ | ダンジョンに出会いを求めるのは間違っているだろうか | ダンタリアンの書架 | テイルズ オブ ゼスティリア | テルマエ・ロマエ | ディバインゲート | ディメンジョンW | ディーふらぐ! | デス・パレード | デッドマンワンダーランド | デュラララ!! | デンキ街の本屋さん | デート・ア・ライブ | トリアージX | トリニティセブン | トータル・イクリプス | ドキドキ!プリキュア | ドラゴンクライシス | ナンバカ | ナースウイッチ小麦ちゃんR | ニセコイ | ネトゲの嫁は女の子じゃないと思った? | ノブナガン | ノブナガ・ザ・フール | ノラガミ | ノーゲーム・ノーライフ | ハイキュー | ハイスクールDxD | ハイスクール・フリート | ハナヤマタ | ハピネスチャージプリキュア | ハマトラ | ハヤテのごとく | ハルチカ | ハンドレッド | ハートキャッチプリキュア | バカとテストと召喚獣 | バクマン | バッテリー | バディコンプレックス | パソコン・インターネット | パパのいうことを聞きなさい! | パンチライン | ビッグオーダー | ビビッドレッド・オペレーション | ピンポン | ファイブレイン | ファンタシースターオンライン2 | ファンタジスタドール | フォトカノ | フラクタル | フリップフラッパーズ | フリージング | ブブキ・ブランキ | ブラック★ロックシューター | ブラック・ブレット | ブラッドラッド | ブレイクブレイド | ブレイドアンドソウル | プピポー | プラスティック・メモリーズ | プリズマ☆イリヤ | ヘヴィーオブジェクト | ベルセルク | ベン・トー | ペルソナ4 | マギ | マクロス | マケン姫っ! | ミカグラ学園組曲 | メカクシティアクターズ | モブサイコ100 | モモキュンソード | モンスター娘のいる日常 | モーレツ宇宙海賊 | ヤマノススメ | ヤングブラックジャック | ユリ熊嵐 | ヨスガノソラ | ヨルムンガンド | ラクエンロジック | ラストエグザイル-銀翼のファム- | ラブライブ! | リトルウイッチアカデミア | リトルバスターズ | ルパン三世 | レガリア | レベルE | レーカン! | ロウきゅーぶ! | ログ・ホライズン | ローゼンメイデン | ローリング・ガールズ | ワルキューレロマンツェ | ワンパンマン | 一週間フレンズ。 | 三者三葉 | 下ネタという概念が存在しない退屈な世界 | 世界でいちばん強くなりたい | 世界征服~謀略のズヴィズダー~ | 世紀末オカルト学院 | 中二病でも恋がしたい | 乃木坂春香の秘密 | 乱歩奇譚 Game of Laplace | 亜人 | 亜人ちゃんは語りたい | 京騒戯画 | 人類は衰退しました | 会長はメイド様 | 侵略!イカ娘 | 信長協奏曲 | 俺、ツインテールになります。 | 俺がお嬢様学校に「庶民サンプル」としてゲッツされた件 | 俺の妹がこんなに可愛いわけがない | 俺の彼女と幼馴染が修羅場すぎる | 俺の脳内選択肢が、学園ラブコメを全力で邪魔している | 俺物語!! | 健全ロボ ダイミダラー | 偽物語 | 僕だけがいない街 | 僕はHができない | 僕は友達が少ない | 僕らはみんな河合荘 | 八犬伝 | 六畳間の侵略者!? | 六花の勇者 | 冴えない彼女の育てかた | 凪のあすから | 君と僕 | 君に届け 2nd Season | 君のいる町 | 咲-saki- | 問題児たちが異世界から来るそうですよ? | 喰霊-零- | 四月は君の嘘 | 坂本ですが? | 坂道のアポロン | 城下町のダンデライオン | 境界の彼方 | 境界線上のホライゾン | 変ゼミ | 変態王子と笑わない猫 | 夏目友人帳 | 夏色キセキ | 夏雪ランデブー | 夜ノヤッターマン | 夜桜四重奏 | 夢喰いメリー | 大図書館の羊飼い | 天体のメソッド | 天鏡のアルデラミン | 失われた未来を求めて | 好きっていいなよ | 妖狐X僕SS | 学戦都市アスタリスク | 宇宙兄弟 | 宇宙戦艦ヤマト2199 | 実は私は | 寄生獣 | 対魔導学園35試験小隊 | 小林さんちのメイドラゴン | 少女たちは荒野を目指す | 少年メイド | 山田くんと7人の魔女 | 幕末義人伝 浪漫 | 干物妹うまるちゃん | 幸腹グラフィティ | 幻影を駆ケル太陽 | 幼女戦記 | 弱虫ペダル | 彼女がフラグをおられたら | 心霊探偵 八雲 | 快盗天使ツインエンジェル | 恋と選挙とチョコレート | 恋愛ラボ | 悪魔のリドル | 惡の華 | 戦国コレクション | 戦国乙女~桃色パラドックス~ | 戦姫絶唱シンフォギア | 探偵オペラ ミルキィホームズ | 探偵ナイトスクープ | 攻殻機動隊 | 放浪息子 | 放課後のプレアデス | 政宗くんのリベンジ | 文豪ストレイドッグス | 断裁分離のクライムエッジ | 新世界より | 新参者 | 新妹魔王の契約者 | 日常 | 日記・コラム・つぶやき | 星刻の竜騎士 | 星空へ架かる橋 | 映画・テレビ | 昭和元禄落語心中 | 普通の女子高生が【ろこどる】やってみた。 | 暁のヨナ | 暗殺教室 | 曇天に笑う | 最弱無敗の神装機竜 | 最近、妹のようすがちょっとおかしいんだが | 月の恋人 Moon Lovers | 月刊少女野崎くん | 有頂天家族 | 未来日記 | 未確認で進行形 | 東京ESP | 東京レイヴンズ | 東京喰種トーキョーグール | 桜Trick | 棺姫のチャイカ | 極黒のブリュンヒルデ | 機巧少女は傷つかない | 櫻子さんの足元には死体が埋まっている | 武装神姫 | 残響のテロル | 氷菓 | 波打際のむろみさん | 灰と幻想のグリムガル | 灼熱の卓球娘 | 灼眼のシャナIII Final | 無彩限のファントム・ワールド | 牙狼 | 物語シリーズ | 犬とハサミは使いよう | 猫神やおよろず | 琴浦さん | 甘々と稲妻 | 甘城ブリリアントパーク | 生徒会の一存 | 生徒会役員共 | 田中くんはいつもけだるげ | 甲鉄城のカバネリ | 男子高校生の日常 | 異国迷路のクロワーゼ | 異能バトルは日常系のなかで | 白銀の意思 アルジェヴォルン | 百花繚乱 | 監獄学園 プリズンスクール | 相棒 | 真剣で私に恋しなさい!! | 神のみぞ知るセカイ | 神撃のバハムート | 神様のメモ帳 | 神様はじめました | 神様ドォルズ | 私がモテないのはどう考えてもお前らが悪い! | 競女!!!!!!!! | 精霊使いの剣舞 | 紅殻のパンドラ | 純潔のマリア | 終わりのセラフ | 終末のイゼッタ | 結城友奈は勇者である | 絶園のテンペスト | 緋弾のアリア | 緋色の欠片 | 織田信奈の野望 | 繰繰れ!コックリさん | 美少女戦士セーラームーン | 翠星のガルガンティア | 聖剣使いの禁呪詠唱 | 聖戦ケルベロス | 聖痕のクェイサー | 舟を編む | 艦隊これくしょん-艦これ- | 花咲くいろは | 落第騎士の英雄譚 | 蒼き鋼のアルペジオ | 蒼の彼方のフォーリズム | 蒼穹のファフナー | 蟲師 | 血界戦線 | 装神少女まとい | 謎の彼女X | 貧乏神が! | 赤髪の白雪姫 | 超次元ゲイム ネプテューヌ | 超訳百人一首 うた恋い。 | 輪るピングドラム | 輪廻のラグランジェ | 迷家 | 這いよれ!ニャル子さん | 進撃の巨人 | 銀の匙-Silver Spoon- | 銀河機攻隊マジェスティックプリンス | 銃皇無尽のファフニール | 鋼の錬金術師 | 長門有希ちゃんの消失 | 閃乱カグラ | 電波女と青春男 | 霊剣山 | 青の祓魔師 | 革命機ヴァルヴレイヴ | 響け♪ユーフォニアム | 風夏 | 食戟のソーマ | 鬼平 | 鬼灯の冷徹 | 魔乳秘剣帖 | 魔弾の王と戦姫 | 魔法つかいプリキュア! | 魔法少女まどか☆マギカ | 魔法少女リリカルなのは | 魔法少女育成計画 | 魔法戦争 | 魔法科高校の劣等生 | 魔界王子 devils and realist | 魔装学園HxH | 黄昏乙女Xアムネジア | 黒子のバスケ | 龍ヶ嬢七々々の埋蔵金

2017年2月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28        

Right

Down

  • VividRed
    ビビッドレッド・オペレーション
  • Lagrange
    輪廻のラグランジェ 応援バナー
  • The IDOLM@STER
    THE IDOLM@STER
  • 電波女
    テレビアニメ「電波女と青春男」 公式サイト
  • Steins;Gate
    TVアニメ『シュタインズ・ゲート』
  • あの花
    あの日見た花の名前を僕達はまだ知らない。
  • アスタロッテ
    TVアニメ「アスタロッテのおもちゃ!」公式サイト
  • 超電磁砲
    とある科学の超電磁砲 公式サイト
  • 俺妹
    俺の妹がこんなに可愛いわけがない
  • あそびにいくヨ
    TVアニメ「あそびにいくヨ!」7月より放送開始!

OnDemand

  • NetMile
  • Small
  • s2

BlogPP

Afiliate

AfiliateA

YearSeasons

PV

  • MuraPV
無料ブログはココログ