カテゴリー

カテゴリー「フリージング」の24件の投稿

2013年12月21日 (土)

フリージング ヴァイブレーション TokyoMX(12/20)#12終

第12話 最終回 Shaft of Light
Freezing
公式サイトから
凄まじい攻撃力でノヴァを圧倒するシフォン。
その力はパンドラ個人が持ち得る力の限界を優に超えるものだった。
しかしノヴァから放たれた強烈なビーム攻撃 を防くために力を
使い過ぎたことから、シフォンの皮膚は音を立てて硬化していく。
そこへノヴァの中に残るアミリアの意識がシフォンの中へと流れ込んでくる。
やり場のない悲しみと怒りに葛藤するアミリアに対し、
シフォンは彼女への願いを口にする。
1387479225_2_1_f816f08f38e6972dc85a
シフォンのアンチ・ノヴァ、マリア・ランスロットが最初に
 具現化したと言われている。
ノヴァの高エネルギービームを弾くシフォン。
シフォンの攻撃で外郭組織を変形させてコアを守る、
 ノヴァも進化している。
倒すには相応の対価が必要とシフォンが変身する、まるでノヴァの様に。
ノヴァを攻撃するシフォン、それでも倒せない。
1387479225_2_3_5a68f5d475c4944c950f
倒されたマリア形態のノヴァが復活して融合していく。
消失するが巨大ノヴァの近辺に現れる。
ノヴァのビームを吸収するシフォン。
そんなことをして無傷なわけがないだろう。
アミリアと会話するシフォン、どうして守る。
あなたは人間じゃない、分かるはずなのに。
奴らの犯した罪が、我らの悲しみが。
人間を一度だけ許してもらえませんか。
人間は弱い、人間と同じ過ちを犯そうとしている。
あなたには大切な仲間がいるじゃない。
1387479225_2_4_808810393ed098864cc7
もうどうしようもない、私では憎しみを止められない。
ノヴァの形態が変貌していく、自爆の兆候。
人間は悪、仲間が死ぬのは嫌、仲間を守る。
1387479225_1_1_391de9d1ed9accaea08e
サテライザー・エル・ブリジット、私があげる時間を
 大切に使って下さいね。
私は皆を守るために対価を払うことにしました。
人間が犯した罪を背負うことも出来るのではないか。
ラトルが生き返る、これでチャラにして頂けませんか。
ノヴァと共に消失するシフォン。
1387479225_2_6_27ce9aab41bc7a4bebd9
シフォンの意識が副会長のティシー・フェニールに届く。
あなたに後任を任せます、リボンが届く。
パンドラに振り注ぐシフォンの気持ち、暖かい愛。
シフォン、軽蔑に値すると言ったこと撤回させて下さい。
1387479225_2_7_b21102f19ee35f035c60
アミリアとラトルは無事、大原は意識不明。
Eパンドラ計画は凍結、マークス・スペンサーは拘束。
エリザベスはウエストゼネティックスを休養する。
リミッターのアンドレの療養のために。
ウエストゼネティックスはティシーが導けるから休養できる。
1387479225_2_9_62f84b6f97272e28e2bc
副会長ティシーは髪を切ってシフォンと同じリボンを
 飾っていた。

---最終回---

シフォン・フェアチャイルドが主役でしたね。
彼女は何者でしょう、調べたら究極のパンドラ、
 レジェンドパンドラらしいですね。
彼女の命を賭した戦いが全てを収めました。
途中のマリア・ランスロットの出現は良く分からない表現でした。
シフォンがレジェンド・パンドラだからでしょうか。

アミリアがノヴァ化してもコアを破壊して終わりかと思ったら
 進化するノヴァでしたね。
これでは、通常のパンドラでは勝ち目がないのかも。

もっと全員で戦う熱い展開になるのかと思ったら
 全てがシフォン一人の活躍で終わりました。
より強い存在のシフォンを見ると、従来のパンドラは弱く見えます。
パワーアップ策とかでもあるのでしょうか。

今シリーズは、誰が主役か分からなかったですね。
前半はエリザベス、そして最後にシフォン、サテライザーは
 どこ?でした。
弟のルイスとのエピソードが無ければ、それこそ空気となるところでした。
原作を改変して無理やり挿入して良かったのかもしれないですね。
ただシリーズとしてはアミリアたちEパンドラの悲惨さが
 あまり伝わらず、最後の恨み憎しみも伝わらなかった気がします。
それ程にEパンドラが弱すぎる。
事前に数値データで弱い事は分かっていたはずなのに、全国の
 ゼネティックスから上位のパンドラを集めるのも無理がある。
ストーリーや設定に無理を感じました。

個人的にはエリザベス・メイブリーのリタイヤは残念です。
一番の美形キャラですから。

2013年12月14日 (土)

フリージング ヴァイブレーション TokyoMX(12/13)#11

第11話 Nova Crash
Freezing
大原の下に辿り着いたアミリア。
そこにはマリア・ランスロットのクローン、タイプ・マリアが
 作成されていた。
大原の個人的な研究、シュバリエには認められていない。
成功すれば、もうパンドラ自体が必要なくなる。
アミリアが攻撃するが聖痕を無効化するバリアが存在する。
アミリアが無念さで暴走する、それに反応するマリア・クローン。
遂にアミリアがノヴァ化する、マリア・クローンが培養槽から
 次々と出てくる。
そしてノヴァ化するマリア・クローン、アミリアのノヴァに融合し始める。

これはバベルの塔、アオイ源吾の言葉を思い出す大原。
ノヴァはフォトン・ジェネレイターに向かって進撃する。
エルブリジッド家の要請で、シュバリエの査察団として
 アオイ源吾が指令室に現れる。
マークス・スペンサーを解任してノヴァ討滅の指揮を執る。
あのノヴァは異次元からの出現ではない。
大原の実験がノヴァを誤って作り出してしまったのだ。
全パンドラとリミッターに出動要請。
現役最強パンドラのイ・スナに現場指揮を任せる。
11_1
聖痕を介しての精神浸蝕が全パンドラを襲う。
サテラも操られてシフォンを攻撃する。
しかしシフォンには影響がない、イリュージョンターンで攻撃をかわす。
全方位フリージングで止めないとシフォン姉さんに殺されるぞ。
シフォンは規格外、両手にボルトウェポンを展開。
11_2
過去の思い出に取り込まれて居場所はないと
 思い込むサテライザー。
お姉さんの聖痕を使いこなせなくてごめんね。
洗礼できなくてごめんね、カズヤ。
11_3
ラナが手を掴んでカズヤが居ると話しかけて意識を取り戻す。
11_4
スティグマ(聖痕)強制不活モード、障壁自己生成コマンドを送出。
聖痕適合率が高いほど、精神浸蝕に侵されていく。
キャシー、ユリアも影響を強く受ける。
ロックサンヌは精神的に抑え込んで無事だった。
11_5
イ・スナが小隊長として全パンドラの現場指揮。
パンドラ残存率は55%、タイプ・マリアを繰り出して攻撃するノヴァ。
フォトンジェネレイターとの間に立ち塞がるのは
 シフォン、サテラ、ラナ。
カズヤを認識するアオイ源吾。
11_6
アンチノヴァ発動、両目を開けるシフォン。
今はただ、命を懸けるだけです。

---最終回 「Shaft of Light」---

シフォン・フェアチャイルドの本気モードが見られそうですね。

両手にボルトウェポンを装備して最後に目を開けました。
一人だけ聖痕を持たないのか、精神浸蝕を受けなかった。
前回のTrue Pandoraの意味が明かされなかったので
 未だ詳細不明ですが、サテラたちとは異なる存在のようですね。
今回はシフォン会長のイリュージョンターンなど色んな面が
 見られました。

アミリアがノヴァ化するのも、マリア・クローンもノヴァ化するのも
 想定内ですよね。
マリア・クローンとの戦闘が先に見られるのかと思ったら
 アミリアがノヴァ化して巨大化してしまいました。
でも最後はマリア・クローン対全パンドラ。
そしてサテラ、シフォン対巨大ノヴァとの戦闘ですね。

ホーリーとサテラ弟も参戦していましたね。

次回予告で黒いシフォンの映像が在りましたが、気になりますね。
最後はノヴァに浸蝕されるのだろうか・・・

2013年12月 7日 (土)

フリージング ヴァイブレーション TokyoMX(12/06)#10

第10話 True Pandora
Freezing
研究所内では3か所で戦闘中。
ラトルたちEパンドラとシュバリエ、もう直ぐ鎮圧される。
ユリアとキャシー、シャルルとエリザベス。
隔壁を閉鎖しろと命じるマークス。
10_1
サテラの前に立ち塞がるのはシフォン・フェアチャイルド。
眼を掛けていてあげたのに、本気を出す必要もないでしょう。
培養槽のマリア・クローンが何かに反応した様子。

勝者は敗者を自由にして良い賭けをしましょうよとユリアが提案。
ユリアはキャシーが好きで堪らない様子。
実戦で通じて得たもので試してあげましょう。
クアトロアクセルを越えるクインテフル(5倍)アクセルでユリアを
 倒したキャシー・ロックハート。
勝者は好きにして良いのよ。
10_3
シャルルの分身に対応できないエリザベス。
マイレディは負けてはいけない、フリージングを
 強化するアンドレ。
聖痕を解放したの?
正気か?
こんな無意味な戦いにパートナーが死んでも良いのか?
シャルルをアンドレが押さえこむが、それでも勝てないエリザベス。
勝ったとでも思っていたの?
私も父の意思と計画に命を懸けている。
シュバリエのマークス・スペンサーがシャルルの父親だった。
浮浪児のシャルルを引き取って育ててくれたのだった。
お前の志が、僕の命懸の志を凌駕しなければ勝てない。
10_2
シフォンに適わないサテラとラナ。
戦い始めると手加減が出来ませんから。
聖痕を解放するサテラとラナ。
両者の攻撃がシフォンを圧倒する。
10_5
勝ったと思ったがシフォンはラナを攻撃して立ち上がる。
私が本当のパンドラです。
10_4
アンドレが更に聖痕を解放してシャルルを封じ込める。
マイレディは膝まづいてはいけないのです。
あと30秒耐えて下さい。
エリザベスのサテライトシステムがシャルルを貫く。
バイタルレッドの状態。
勝利は常に正しき者とあるのです。
だからこそ、実力に勝るあなたが私に負けることもある。
必ずあなたを救ってみせます、アンドレ。
それは無理だ、お前の身勝手がそいつの命を奪った。
あなたも大切な人のために戦っているのでしょう。
10_6
アミリアに立ち塞がるシュバリエ。
ラトルは倒されていた。
ノヴァフォーム化が進展したアミリアがシュバリエを倒す。
遂に大原の下に辿り着く。
これは何?

---次回 「Nova Crash」---

エリザベスのパートナー、アンドレが頑張りました。

シャルル・ボナパルトとマークス・スペンサーの関係は
 上手く描けていないですね。
WIKIを見てもパンドラになることや、養子に迎えるエピソードが
 有ったようですが、全てカットしても良かったと思う。
少なくともEパンドラ計画に対するシャルルの思い入れが
 描かれていないのでシャルルの言葉が嘘に思える。

此処までの演出ではマーク・スペンサーは汚れ役を引き受けて
 Eパンドラ計画を推進しているようには見えない。
自身の名誉欲や名声のためにしか思えない。
全てをカットして名誉欲の権化に描いても良いのに。
どうせ計画が失敗して二度と登場しないのだろうから。

それにしてもシュバリエのパンドラが弱い。
これではエリザベスの投降がギャグにしか思えない。
シュバリエやEパンドラは出さずに全国ゼネティックスの
 対抗戦にでもすれば良かったのに。

シフォン会長の全力が楽しみですね。
ラナは毎回、無鉄砲に突っ込んでやられる役ですね。
ユリアって百合アだったのでした。
マリア・クローンは完成しているのでしょうか?
どうみてもノヴァ化して暴走しそうですよね。

ロックサンヌに出番は無いのだろうか。

2013年11月30日 (土)

フリージング ヴァイブレーション TokyoMX(11/29)#09

第9話 Traitor
9_1
大事な者とはノヴァへと変貌を遂げているその女の事か?
こんな反乱など必要ないの。
エル・ブリジッド家が査察に動くの。
私の名は、サテライザー・エル・ブリジッド。
私は大切な者を守るために戻った。
あなたはパンドラ、それ以外の何者でもない。
私の大切な仲間だ。
9_3
アミリアたちの反乱が放送された。
ラナが部屋を飛び出し追いかけるキャシー。
エリザベスが目覚める、立ち塞がるシフォン・フェアチャイルド。
私には尊敬する3人の女性がいる。
母親、アミリア、シフォン、かつてのあなたと違い今のあなたは
 軽蔑に値する。
9_2
サテラと出会い、ユリアに突っかかるラナが返り討ちにあう。
やるしかないと聖痕を解放する二人。
此処は任せてとイーストの神速キャシーが対峙する。
世界最強の五人であなたは最下位です。
覗き見をするロックサーヌは邪魔はしたくないと引き下がる。
クアトロフルアクセルを凌ぐユリアのソニックウェーブ。
ボルトウェポンの高速防御が上回っていた。
9_4
大原の下に急ぐ4人を取り囲む6人のシュバリエ。
不意を突いてエリザベスが急所を外して倒す。
アミリアの体はもう元には戻らないことが自分で分かる。
Eパンドラ研究所の事実を白日の下に晒す。
エリザベスと子供の喧嘩レベルの言い争いをするサテラ。

5人の前に立ち塞がるシャルル、お前だけは許さないと
 ノヴァ化が進むアミリアが突っかかる。
しかし相手には成らない。
エリザベスが対戦、大原の下に4人を向かわせる。

シャルルの父は自ら悪役を買って出た人物だった。
私は勝つ必要がありません、時間稼ぎをすれば良い。
迎え撃つつもりの大原。

---次回 「True Pandora」---

パワーバランスが分からない・・・
ノヴァ化したアミリアでもそれ程は強くない。
シュバリエのパンドラって何人居るのでしょうね。
数は多くないようですし、世界最強の5人よりは弱そうですね。
このシリーズでゼネティックス最強のパンドラ5人は
 必要なかったと思いますね。
Eパンドラ対シュバリエ・パンドラが構図として正しい気がする。
ただ、ここで遺恨を残させて次のシリーズで利用したかったのでしょうね。

今回はエリザベスの復活とサテラの喧嘩が見ものでした。
エリザベスの復活はもう少し何かのきっかっけがあると
 思いましたが何もなくあっさりなのは残念でした。

フェアチャイルドもシュバリエ側に立ちそうですね。
ロックサーヌはサテラサイドに立ちそうなので、彼女と
 フェアチャイルドの戦闘になるのだろうか。

フェアチャイルドというと今は無きフェアチャイルド社の
 CPU,クリッパーを思い出す。

そう言えば順序が逆と記述しているサイトが在りました。
人間とノヴァの関係がバベルの塔というのが前回の趣旨。
パンドラとノヴァの例えに勘違いしているサイトの理論でした。
つまり人間がパンドラを持ったことが神の怒りに触れたと
 勘違いしていました。
フォトンジェネレイターなどの人間の行動が神の怒りに触れたと
 説明していたのですよね。

アミリアの中の人は、もう少し頑張って欲しい。

2013年11月23日 (土)

フリージング ヴァイブレーション TokyoMX(11/22)#08

第8話 Rebellion
Freezing
Eパンドラの映像を検証するアオイ源吾。
傍らには現役最強シュバリエのイ・スナ。
二人はEパンドラ計画には否定的。
パワード・エル・ブリジッドから連絡が入る。

マークIVの再投与を大原に命じるスペンサー。
別セクションで既に改良型を制作していた。
ラトルが次の被験者に選ばれていた。
アミリアは大原に直談判するも聞き入れられない。
8_1
ロックサンヌは研究所自体に不信感を抱いていた。
シャルルは上の命令に従うだけだと話す。
しかし研究所の奥にはフォトンジェネレイターが存在する。
太陽の20年分のエネルギー、核の1億倍を保有している。
まるでバベルの塔、人類を戒めるノヴァは・・・まるで・・・
ノヴァは本当に私らの敵なのか?
8_4
エリザベスに、あなたがしたように私も仲間のために
 戦うつもりですと告げるアミリア。さようなら。
増員されてEパンドラ被験者4人と共に逃亡を立案、伝達する。
8_2
キャシーがエリザベスの状況をラナから知って部屋を見舞う。
ワルプルギスのユリアも同行するが興味は無い。
シャルルと同じで上からの命令に従うだけの戦闘狂だった。
8_3
かつてアオイ源吾の下で研究を行っていた大原。
聖骸マリアのDNAマップを解析した大原。
マリアのDNAを複製できれば人工的にパンドラを増員できる。
源吾に拒絶される研究、ノヴァは天罰なのだ。
マリアは神とだとでも言うのですか。
あなたはマリアを崇拝している。

地下の奥深くマリアのDNAマップでパンドラを
 培養、育成している大原だった。
マリアの力は人間の管理下に置かなければいかない。
8_5
反乱するEパンドラ、マークIVを投与しようとすると
 ラトルや他4人が止める。
アミリアが自分を犠牲にして他を脱出させようとしているのは
 直ぐに分かった。
5人がマークIVを自身に投与する、アミリアも続く。
ボルトウェポンを具現化できて本当のパンドラになれたと
 嬉しそうなラトル。
8_6
Eパンドラの反乱に狼狽するスペンサー。
シュバリエの戦闘員と戦うラトル、アミリアを大原の下に
 向かわせる。
彼女の前に立ち塞がるのはワルプルギスのユリア。
彼女の攻撃が見えない、弾き飛ばされるアミリア。
大切な物を守るために、カズヤとサテライザーが戻ってきた。

---次回 「Traitor」---

ようやく主役の出番な感じですね。
結局はゼネティックスの最強を集めて戦わせたいのですね。
アミリア側に立つ、エリザベス、サテライザー、
 ロックサンヌ、キャシーと反対のシャルルとユリアですね。
今回台詞の無かったフェアチャイルドはどちら側?
此処までは命令に従う側でサテラの反対になりそうですね。

ブシ〇ード声優が良い配役を貰ってますね。

何とか収まりそうなところで、マリアのDNAを持つ
 人工パンドラとの戦闘が最後になりそうですね。

しかしシュバリエの存在が後付けすぎて酷い。
本来は全国のゼネティックスの卒業生が所属する
 軍隊なのだから強い筈だけれど、そこを描いていない。
毎年500人程度は入隊するはずなのにねぇ。
今回もラトルたちと互角か少し強い程度に思える。
サテラが強くても数で圧倒するくらいは描くべき。

現役最強シュバリエ、イ・スエが登場してましたが
 出番はあるのだろうか・・・無さそうですよね。
そしてノヴァは神の与えし天罰、良くある正悪反転の設定ですね。

パワーバランスがおかしいのでオリジナルでマリアDNAを
 持つパンドラを追加したのでしょうね。

2013年11月16日 (土)

フリージング ヴァイブレーション TokyoMX(11/15)#07

第7話 Spellbound
7_1
カズヤを襲うホーリーの剣を受け止めるサテラ。
私はカズヤを脅かす全ての物から彼を守る。
7_4
ルイスには思い続ける人が居ることを知るホーリー。
それがサテラだと分かった。
私はあなたの身代わりにさえなれなかった。
ダブルからのトリプルアクセルに適わないサテラ。
ホーリーに勝てば父に話してあげよう。
7_3
今日、ルイスの呪縛から逃れる。
ルイスがイレインバーセット、カズヤが中和する。
背中の聖痕から光の翼が出現する。
ホーリーを倒すサテラ。
7_5
実はサテラが好きだったルイス、そのサテラがカズヤを選んで
 自分は邪魔になると身を投げる。
ルイスが本当に好きでいつも側にいたホーリーが
 飛び込んで守る。
7_2
ホーリーの想いを知るルイス。
ラナから直ぐに戻る連絡がカズヤに届く。
両親とは逢えずにアラスカに専用機で戻るサテラとカズヤ。
7_6
次のノヴァクラッシュは近い、世界を守るのはEパンドラではなくて・・・
育成槽に入った数体の女性。

---次回 「Rebellion」---

サテラの義弟ルイスの呪縛からの克服編であり、
 ルイスもサテラから旅立ちでした。
そしてホーリーの愛を思い出し感じるエピソードでも
 ありましたね。

私服でボルトウェポンを展開するのも面白いですが
 見栄えはしないように思う。
最後にトリプルアクセルがあれば、ルイスを無事に
 ホーリーは助けられたのじゃないかと思う。

原作ではEパンドラ編の前のエピソードなので特に
 ストーリーには影響を及ぼさない作りでした。
ただエピソード的に尺が足りないので、戦闘を膨らませた
 感じでしたね。
そして存在したのか危うい、見送りさえもしない
 バイオレット姉さんでした。

最後のEパンドラではなくてと育成槽に入れられた女性たちは
 何でしょうね。

2013年11月 9日 (土)

フリージング ヴァイブレーション TokyoMX(11/08)#06

第6話 Marionettes

久し振りだね、姉さん。
安心しましたよ、同じリミッターとしてカズヤさん。
僕もゼネティックスUKの序列1位ホーリー・ロードの
 リミッターなんですよ。

エル・ブリジッド家はシュバリエに資金援助を行っている。
ゼネティックスより医療チームを呼んで治療できる。
6_1
その夜、ルイスがサテライザーを訪問する。
4年振りだね、姉さん。
エル・ブリジッド家を動かそうとしているの。
メイブリー家の騒動はシュバリエの裏工作が在ったらしい。
Eパンドラ研究所は胡散臭いから、僕とホーリーは召集を断った。
僕が頼めば母親を押さえて、父親を動かせる。
条件は僕の姉さんに戻ること。
6_2
サテラ、お前は何も変わっていない。
ご主人様。
接触禁止の女王と呼ばれているのは僕以外の奴に
 触れられたくないからだろう?
好きにすれば良い、私はあなたの人形なのだから。
6_3
カズヤに帰って他のパンドラを探せと告げるルイス。
弟に口出しされる覚えはないと断る。
カズヤとサテラを同じ場所に呼び出したルイス。
お前に現実を教えてやろう、ご主人様と呼ばせて
 キスマークを見せる。
6_5
僕の知るサテライザー先輩はいつも胸を張って堂々としている。
6_6
隠れていたホーリーがカズヤに向かってボルトウェポン・
 エクスカリバーで切りかかる。

---次回 「Spellbound」---

4年振りにルイスの人形として弄ばれるサテラでした。
エル・ブリジッド家を動かす必要があるのか良く分かりません。
そしてEパンドラ研究所を潰すのならシュバリエと戦う必要も
 ないように思えます。

サテラにルイスを乗り越えさせられるか、カズヤの見せ場ですね。
あのキスマークはルイスは口紅を付けていた?

シュバリエってゼネティックスの上位組織です。
ゼネティックスを卒業したパンドラが所属する軍。
それならノヴァが出撃した際には、正規軍が出動するのが普通だと
 思いますが1期では登場しなかったですよね。
ゼネティックスの周囲は出動しない?
なんか後付設定にも思えて、組織体制や存在が不明ですね。
シュバリエの正規軍って本当に強いと映像で魅せて欲しいですね。
1期でノヴァを倒したサテラたちの方が強そうです。

Eパンドラも弱すぎて、オリジナルパンドラ上位者を集めて対戦する
 必要もないですよね。
全てが茶番にしか思えない。
Eパンドラの悲惨さを描くなら1000人から50人が残り、30人が
 マーク3,4でノヴァ化したとか圧倒的な物量表現が欲しいですね。
今なら大原博士を倒せばEパンドラ計画が終わりそうです。

納得できる論理、嘘が描かれていないですよね。

今回のルイス編が挿入されることはゼネティックスTVで
 それらしいことが話されていましたね。

2013年11月 2日 (土)

フリージング ヴァイブレーション TokyoMX(11/01)#05

第5話 Noblesse Oblige
5_1
エリザベスから両手両足に負傷を負わされたサテライザー。
治療のためにウエストゼネティクスにかずやと戻ることになった。
しかしバリ島に向かうサテライザー。
5_2
エリザベスはEパンドラ計画の実態を暴くためにシュバリエに
 反乱することを決意する。
実家のメイブリー家を利用することを決める。
しかし実家もただでは済まない、上手く世論を利用できれば
 勝機もある。
高貴な者には責任がある、父親の教えだった。

統括本部に呼び出されるエリザベス。
彼女の実家に送ったレポートはシュバリエに渡っていた。
相談した相手がシュバリエと通じていたのだった。
拘束されて洗脳されるエリザベス。
5_4
3日間もエリザベスが戻って来ないと説明を求める
リミッターのアンドレ。
居合わせたフェアチャイルドと覗き見していたラナに
 エリザベスが作成したEパンドラに関するシュバリエを
 糾弾するレポートを提出したことを話す。
メイブリー家の不始末がTVから放送される。
糾弾レポートへの報復、社会的抹殺だった。
アミリアもメイブリー家のニュースからエリザベスの
 行動を想像する。
5_3
統括本部から戻ったエリザベスは洗脳されて人形の
 様に変わっていた。
5_5
エルブリジット家がサテライザーに迎車を送っていた。
エルブリジッド家の力を使えば、エリザベスが出来なかった
 ことも可能かもしれない。
ホテルのオーナーは姉のバイオレット。
両親も偶然に滞在していた。
5_6
しかし弟のルイスも滞在していたのだった。

---次回 「Marionettes」---

エリザベスの反乱と洗脳でした。
メイブリー家の相談が失敗してエリザベスは洗脳されて
 操り人形となってしまいました。
現場で反乱して戦うのではなかったのですね。
学生のパンドラでは正規軍には勝てないのでしょうね。
ということで、此処まではエリザベスが主役として頑張りました。

そしてここでサテライザーの過去のトラウマ、変態弟の
 再登場です。
原作ではEパンドラ編の前のエピソードを此処で挿入するようです。
まあどちらも大したエピソードでもないので、軽く処理するのでしょう。
それなら、Eパンドラ編を圧縮して次のシリーズの
 途中まで描けば良いのにと思う。

今期のEパンドラ編のストーリーが詰まらないので、必死にプールで
 パンドラがサービスしていた感じです。

2013年10月26日 (土)

フリージング ヴァイブレーション TokyoMX(10/25)#04

第4話 Mate
Freezing
待機命令のサテライザーが部屋を飛び出す。
嫌な予感がする。
4_2
ジーナとの対戦ではノヴァ化の兆候が表れたところで
 模擬戦はストップされた。
サテライザーとほぼ互角に戦えたジーナ。
Eパンドラになって良かった。
4_1
エリザベスがノヴァ化したジーナの下に到着する。
駆けつけたサテライザーには手出し無用と言明する。
殺さないで、ジーナには意識が残っている。
アミリアがジーナを庇う。
MarkⅣは、まやかしだった・・・・
4_3
シャルルが到着、アクセルターンもテンペンストも中途半端だから
 失敗するんだ。
デュポン・テンペスト、同時に8人での攻撃を開始する。
しかし次第に対応するノヴァ化したジーナ。
留めの攻撃を仕掛ける際にアミリアが抱き着く。
それでジーナの攻撃から助かった。
そして止めを刺したシャルル。
どうして、なぜ殺した。
あんたなら殺さないことも出来たはず。

ジーナの遺品を燃やすアミリアとラトル。
ジーナが言っていたMarkⅣはまやかしだったと。
始めから成功の可能性なんて無かったんじゃないの?
従うとお思いですか?
心配するな、従わせる。

責任の一端を感じるサテライザー。
しかしエリザベスが大原に面会を求めて断られていた。
お前はこの件に関して首を突っ込むな。
4_4
アミリアにEパンドラ計画の続行を尋ねるエリザベス。
計画に準ずる覚悟のアミリア、私が亡くなったら
 弟に会って伝えて下さい。
4_5
フェアチャイルドに協力を求めるエリザベス。
政治は私達の仕事ではないと断られる。
メイブリー家を動かすしかないのか?
サテライザーが協力を申し出る。
エルブリジッド家を動かす?
4_6
手出しするなと言った筈だとサテライザーを攻撃して抑え込む
 エリザベスだった。


---次回 「Noblesse Oblige」---

何だろう、1期と比べて面白くない。
緊張感も、スリルも感じない。
今回はEパンドラ首謀者が仮想敵としては弱い。
そして、ジーナが亡くなるのは事前から想像できるが
 悲惨さも哀れさも感じない。
もっとストーリーを早く展開できないのだろうか。
分かり切った結果なので、間延び感しか感じない。

アミリアの中の人は頑張ってもらわないと視聴がキツイ。
今エピソードではメインなのに、これでは・・・
ブシ○ード声優が3人出演なのですね、それでロックサンヌが
 下手だと思ったらフェザーズでした。

1期は原作の6巻までをアニメ化。
Eパンドラ編は9巻から14巻をアニメ化するようですね。
7,8巻は別ストーリーですが含まれるのかな。
いずれにしてもEパンドラ編って面白くないですね。

1期の自分以外全員敵と思っていたサテライザー、その所為か
 上級生からは苛められしごかれていました。
それを逆に遣り込めるサテライザー使命の大きさに比例して
 小競り合いでしたが、数々のキャラとのバトルが楽しめました。
今期は皆が仲良く良い人になってしまって緊張感が感じられない。
そして敵がひ弱というか貧弱、政治を強調するなら
 もっと残酷でどぎつく数の力で押し切るくらいのストーリーが欲しい。
せめてEパンドラがもっと強くて嫌な奴として君臨してくれていれば・・・

2013年10月19日 (土)

フリージング ヴァイブレーション TokyoMX(10/18)#03

第3話 Mark Ⅳ
3_1
Eパンドラに自己増殖型ナノマシンMarkⅣを投与する。
オリジナルパンドラの情報を与えることになる。
3_2
MarkⅣに被験者たちの体はもつのでしょうか?
誰のオリジナルデータを使うのでしょうね。
3_3
MarkⅢは失敗だった。
被験者のアミリアは生死の境を彷徨い髪の色が変わってしまった。
その改良型でオリジナルパンドラから情報を取得したから
 大丈夫だとアミリアに話す大原。
3_4
志願したジーナにサテライザーの情報を使用する。
ボルトウェポンも展開できる程に機能アップした。
サテライザーと対等に戦闘できた。
3_5
しかし人工聖痕が異常活性して身体組織を侵食中。
ノヴァ化していることが判明する。
最初から成功の見込みなど無かったと大原。
これ以上、ジーナに講じる手立てはない。
ジーナがノヴァとして活動を開始する。
3_6
パンドラを使って事態を収拾、事実隠ぺいを図る。

---次回 「Mate」---

丁寧に描いてますが、展開としては遅く感じますね。
結局Eパンドラは失敗だと目も当てられない計画ですね。
もっと被験者を最初から増やして3,4人は成功して
 欲しかったですよね。
大原はマッドサイエンティストとして狂気に走って欲しかったですよね。

まだまだエロ要因のオリジナルパンドラのトップクラス。
何だか不死身のロックサンヌが良い姉御に見えてきましたね。
そしてエリザベスのサービスと美形さも際立ってきました。

その他のカテゴリー

30歳の保健体育 | AKB0048 | Angel Beats | Another | Aチャンネル | BLAZBLUE ALTER MEMORY | BLOOD-C | Brave10 | BTOOOM! | C | C3-シーキューブ- | Charlotte | Classroom☆Crisis | Coppelion | D.C. | Devil Survivor2 | DOG DAYS | Fate/Zero Stay Night | Free! | GANGSTA. | GATE 自衛隊 彼の地にて、斯く戦えリ | GJ部 | Go!プリンセスプリキュア | God Eater | GOSICK | ISUCA | K | LUPIN the Third峰不二子という女 | M3-ソノ黒キ鋼- | Mr. BRAIN | No.6 | PSYCHO-PASS | RAIL WARS! | RDGレッドデータガール | Rio-Rainbow Gate- | ROBOTICES:NOTES | selector infected WIXOSS | SHIROBAKO | Star Driver輝きのタクト | Steins;Gate | TARI TARI | TERRAFORMARS | The IDOLM@STER | The Unlimited兵部京介 | Thunderbirds | Tiger & Bunny | TVドラマ | UN-GO | Wake Up, Girls | WHITE ALBUM2 | WORKING | Z/X IGNITION | ZETMAN | あそびにいくヨ | あっちこっち | あの夏で待ってる | あの日見た花の名前を僕たちはまだ知らない | あまがみSS | いつか天魔の黒ウサギ | いなり、こんこん、恋いろは。 | うさぎドロップ | うしおととら | うたわれるもの | うぽって | えとたま | えびてん | えむえむっ! | おそ松さん | おとめ妖怪ざくろ | お兄ちゃんだけど愛さえあれば関係ないよねっ | お兄ちゃんのことなんかぜんぜん好きじゃないんだからね | お勧めできないアニメ | お笑い | がっこうぐらし | きんいろモザイク | ぎんぎつね | けいおん!! | げんしけん | この中に一人、妹がいる | これはゾンビですか? | ご注文はうさぎですか? | さくら荘のペットな彼女 | ささみさん@がんばらない | さばげぶっ! | さんかれあ | しろくまカフェ | じょしらく | すべてがFになる | そにアニ | そふてにっ | そらのおとしものf | それが声優 | それでも世界は美しい | それでも町は廻ってる | たまこまーけっと | たまゆら | ちはやふる | つり球 | とある科学の超電磁砲 | とある飛空士への恋歌 | とある魔術の禁書目録Ⅱ | となりの怪物くん | ぬらりひょんの孫 | のうりん | のんのんびより | はぐれ勇者の鬼畜美学 | はたらく魔王さま! | ばらかもん | ひだまりスケッチ | まおゆう | ましろ色シンフォニー | まじもじるるも | まよチキ! | まりあ†ほりっく あらいぶ | みつどもえ増量中 | みなみけ | めだかボックス | もしドラ | もっとToLOVEる | もやしもん | やはり俺の青春ラブコメはまちがっている。 | ゆゆ式 | ゆるゆり | よんでますよ、アザゼルさん。 | アウトブレイク・カンパニー | アオハライド | アカメが斬る! | アクエリオン | アクセル・ワールド | アスタロッテのおもちゃ | アニサン劇場 | アニメ その他 | アニメ・コミック | アニメ個人評価 | アブソリュート・デュオ | アルドノア・ゼロ | インフィニット・ストラトス | ウィザード・バリスターズ 弁魔士セシル | ウイッチクラフトワークス | エウレカセブンAO | エスカ&ロジーのアトリエ | オーバーロード | カンピオーネ | ガッチャマン クラウズ | ガリレイドンナ | ガリレオ | ガンスリンガーストラトス | ガンダムAGE | ガンダムGのレコンギスタ | ガールズ&パンツァー | ガールフレンド(仮) | キャプテン・アース | キューティクル探偵因幡 | キルミーベイベー | キルラキル | ギルティクラウン | クイーンズブレイド | クロスアンジュ 天使と竜の輪舞 | グラスリップ | グリザイアの果実・迷宮・楽園 | ケイオスドラゴン 赤竜戦役 | ココロコネクト | コネタマ | コメット・ルシファー | コンクリート・レベルティオ | ゴールデンタイム | サムライフラメンコ | サンダーバード | サーバントXサービス | シドニアの騎士 | シモネタという概念が存在しない退屈な世界 | ジョジョの奇妙な冒険 | スイートプリキュア | ステラ女学院高等科C3部 | ストライクウィッチーズ2 | ストライク・ザ・ブラッド | スペース☆ダンディ | スマイルプリキュア | セイクリッドセブン | セキレイ Pure Engagement | ゼロの使い魔 | ゼーガペイン | ソウルイーターノット! | ソードアートオンライン | ダンガンロンパ | ダンジョンに出会いを求めるのは間違っているだろうか | ダンタリアンの書架 | テルマエ・ロマエ | ディーふらぐ! | デス・パレード | デッドマンワンダーランド | デュラララ!! | デンキ街の本屋さん | デート・ア・ライブ | トリアージX | トリニティセブン | トータル・イクリプス | ドキドキ!プリキュア | ドラゴンクライシス | ニセコイ | ノブナガン | ノブナガ・ザ・フール | ノラガミ | ノーゲーム・ノーライフ | ハイキュー | ハイスクールDxD | ハナヤマタ | ハピネスチャージプリキュア | ハマトラ | ハヤテのごとく | ハートキャッチプリキュア | バカとテストと召喚獣 | バクマン | バディコンプレックス | パソコン・インターネット | パパのいうことを聞きなさい! | パンチライン | ビビッドレッド・オペレーション | ピンポン | ファイブレイン | ファンタジスタドール | フォトカノ | フラクタル | フリージング | ブラック★ロックシューター | ブラック・ブレット | ブラッドラッド | ブレイクブレイド | ブレイドアンドソウル | プピポー | プラスティック・メモリーズ | プリズマ☆イリヤ | ヘヴィーオブジェクト | ベン・トー | ペルソナ4 | マギ | マケン姫っ! | ミカグラ学園組曲 | メカクシティアクターズ | モモキュンソード | モンスター娘のいる日常 | モーレツ宇宙海賊 | ヤマノススメ | ヤングブラックジャック | ユリ熊嵐 | ヨスガノソラ | ヨルムンガンド | ラストエグザイル-銀翼のファム- | ラブライブ! | リトルバスターズ | ルパン三世 | レベルE | レーカン! | ロウきゅーぶ! | ログ・ホライズン | ローゼンメイデン | ローリング・ガールズ | ワルキューレロマンツェ | ワンパンマン | 一週間フレンズ。 | 下ネタという概念が存在しない退屈な世界 | 世界でいちばん強くなりたい | 世界征服~謀略のズヴィズダー~ | 世紀末オカルト学院 | 中二病でも恋がしたい | 乃木坂春香の秘密 | 乱歩奇譚 Game of Laplace | 京騒戯画 | 人類は衰退しました | 会長はメイド様 | 侵略!イカ娘 | 信長協奏曲 | 俺、ツインテールになります。 | 俺がお嬢様学校に「庶民サンプル」としてゲッツされた件 | 俺の妹がこんなに可愛いわけがない | 俺の彼女と幼馴染が修羅場すぎる | 俺の脳内選択肢が、学園ラブコメを全力で邪魔している | 俺物語!! | 健全ロボ ダイミダラー | 偽物語 | 僕はHができない | 僕は友達が少ない | 僕らはみんな河合荘 | 八犬伝 | 六畳間の侵略者!? | 六花の勇者 | 冴えない彼女の育てかた | 凪のあすから | 君と僕 | 君に届け 2nd Season | 君のいる町 | 咲-saki- | 問題児たちが異世界から来るそうですよ? | 喰霊-零- | 四月は君の嘘 | 坂道のアポロン | 城下町のダンデライオン | 境界の彼方 | 境界線上のホライゾン | 変ゼミ | 変態王子と笑わない猫 | 夏目友人帳 | 夏色キセキ | 夏雪ランデブー | 夜ノヤッターマン | 夜桜四重奏 | 夢喰いメリー | 大図書館の羊飼い | 天体のメソッド | 失われた未来を求めて | 好きっていいなよ | 妖狐X僕SS | 学戦都市アスタリスク | 宇宙兄弟 | 宇宙戦艦ヤマト2199 | 実は私は | 寄生獣 | 対魔導学園35試験小隊 | 山田くんと7人の魔女 | 幕末義人伝 浪漫 | 干物妹うまるちゃん | 幸腹グラフィティ | 幻影を駆ケル太陽 | 弱虫ペダル | 彼女がフラグをおられたら | 心霊探偵 八雲 | 快盗天使ツインエンジェル | 恋と選挙とチョコレート | 恋愛ラボ | 悪魔のリドル | 惡の華 | 戦国コレクション | 戦国乙女~桃色パラドックス~ | 戦姫絶唱シンフォギア | 探偵オペラ ミルキィホームズ | 探偵ナイトスクープ | 攻殻機動隊 | 放浪息子 | 放課後のプレアデス | 断裁分離のクライムエッジ | 新世界より | 新参者 | 新妹魔王の契約者 | 日常 | 日記・コラム・つぶやき | 星刻の竜騎士 | 星空へ架かる橋 | 映画・テレビ | 普通の女子高生が【ろこどる】やってみた。 | 暁のヨナ | 暗殺教室 | 曇天に笑う | 最近、妹のようすがちょっとおかしいんだが | 月の恋人 Moon Lovers | 月刊少女野崎くん | 有頂天家族 | 未来日記 | 未確認で進行形 | 東京ESP | 東京レイヴンズ | 東京喰種トーキョーグール | 桜Trick | 棺姫のチャイカ | 極黒のブリュンヒルデ | 機巧少女は傷つかない | 櫻子さんの足元には死体が埋まっている | 武装神姫 | 残響のテロル | 氷菓 | 波打際のむろみさん | 灼眼のシャナIII Final | 牙狼 | 物語シリーズ | 犬とハサミは使いよう | 猫神やおよろず | 琴浦さん | 甘城ブリリアントパーク | 生徒会の一存 | 生徒会役員共 | 男子高校生の日常 | 異国迷路のクロワーゼ | 異能バトルは日常系のなかで | 白銀の意思 アルジェヴォルン | 百花繚乱 | 監獄学園 プリズンスクール | 相棒 | 真剣で私に恋しなさい!! | 神のみぞ知るセカイ | 神撃のバハムート | 神様のメモ帳 | 神様はじめました | 神様ドォルズ | 私がモテないのはどう考えてもお前らが悪い! | 精霊使いの剣舞 | 純潔のマリア | 終わりのセラフ | 結城友奈は勇者である | 絶園のテンペスト | 緋弾のアリア | 緋色の欠片 | 織田信奈の野望 | 繰繰れ!コックリさん | 美少女戦士セーラームーン | 翠星のガルガンティア | 聖剣使いの禁呪詠唱 | 聖痕のクェイサー | 艦隊これくしょん-艦これ- | 花咲くいろは | 落第騎士の英雄譚 | 蒼き鋼のアルペジオ | 蒼穹のファフナー | 蟲師 | 血界戦線 | 謎の彼女X | 貧乏神が! | 赤髪の白雪姫 | 超次元ゲイム ネプテューヌ | 超訳百人一首 うた恋い。 | 輪るピングドラム | 輪廻のラグランジェ | 這いよれ!ニャル子さん | 進撃の巨人 | 銀の匙-Silver Spoon- | 銀河機攻隊マジェスティックプリンス | 銃皇無尽のファフニール | 鋼の錬金術師 | 長門有希ちゃんの消失 | 閃乱カグラ | 電波女と青春男 | 青の祓魔師 | 革命機ヴァルヴレイヴ | 響け♪ユーフォニアム | 食戟のソーマ | 鬼灯の冷徹 | 魔乳秘剣帖 | 魔弾の王と戦姫 | 魔法少女まどか☆マギカ | 魔法少女リリカルなのは | 魔法戦争 | 魔法科高校の劣等生 | 魔界王子 devils and realist | 黄昏乙女Xアムネジア | 黒子のバスケ | 龍ヶ嬢七々々の埋蔵金

2017年5月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      

Right

Down

  • VividRed
    ビビッドレッド・オペレーション
  • Lagrange
    輪廻のラグランジェ 応援バナー
  • The IDOLM@STER
    THE IDOLM@STER
  • 電波女
    テレビアニメ「電波女と青春男」 公式サイト
  • Steins;Gate
    TVアニメ『シュタインズ・ゲート』
  • あの花
    あの日見た花の名前を僕達はまだ知らない。
  • アスタロッテ
    TVアニメ「アスタロッテのおもちゃ!」公式サイト
  • 超電磁砲
    とある科学の超電磁砲 公式サイト
  • 俺妹
    俺の妹がこんなに可愛いわけがない
  • あそびにいくヨ
    TVアニメ「あそびにいくヨ!」7月より放送開始!

OnDemand

  • Potora
  • NetMile
  • Small
  • s2

BlogPP

Afiliate

AfiliateA

YearSeasons

PV

  • MuraPV
無料ブログはココログ