カテゴリー

カテゴリー「戦国乙女~桃色パラドックス~」の13件の投稿

2011年6月28日 (火)

戦国乙女~桃色パラドックス~ テレ東(6/27)

第13話 最終話 陽光乙女
Wp02_thumb_2
あれほど頑強に作った城もこうなるとガラクタだな。
また頑張ろうとミツヒデと話すノブナガ。
西国武将たちが帰る。
たいそうな貸を作ったな。

ヒデヨシは食事の準備を手伝っていた。
ケンシンとシンゲンはまたもや言い合い中。
マサムネの宝玉が反応する。

反応する瓦礫の下から真紅の甲冑が見つかる。
甲冑は壊れてなかった。
ヒデヨシがやって来た。
やっぱり私諦められない。
これは私のものよ。
正さないとダメなのよ。
私たちが居た世界は夢も希望もない。
この甲冑を使って、この世界だけでも理想の世界に
 したい。

ならば覚悟を見せてみよとノブナガ。
その甲冑をまとい、その力で天下を取る覚悟が
 あるなら今ここで儂に見せてみよ。
力づくで人を支配しても本当の天下ではない。
此処に居る皆の力で家臣、領民、ひいてはこの国を
 守ることが出来た。
天下取りとは武力ではなく、人を信じ等しく人に信じられること。
他の武将もマサムネを良く知らないから従えないと言う。
これが儂の得た答えだ、甲冑を壊すノブナガ。

ノブナガは変わったわ。
最初に会った時は野心にギラギラ溢れていた。
日出さんが変えたのね。
私たち此処に居てはいけない気がするの。
帰りましょう。

シンゲン、ケンシン、ヨシモト、イエヤスも帰る。
ヒデヨシも帰ると告げる。
シロガ喋るのに驚く伊達先生。

ミツヒデが携帯を手渡す。
伊達先生はミツヒデにノブナガを落とす方法を教える。
お前に出会わなければイエヤスもマサムネも切り捨てて
 いただろう。
携帯のストラップをノブナガにプレゼントするヒデヨシ。

伊達先生の宝玉の力で神社に戻ってくる。
ヒデヨシは不幸に巻き込まれる体質らしい。
でもそれも楽しいらしい。

あの神社に走り込む白い犬を発見する。
追いかけると祠で時間移動するシロを発見する。
忙しいと言いながらも、今度の件をちょっと教えてもらう。
===============================================
まだ真紅の甲冑は壊れていなかった。
マサムネは念願の甲冑を手に入れて、理想の世界を
 目指すと言う。
武力での天下統一は無意味だとノブナガが甲冑を壊す。
ノブナガも学習し変わったようです。
これで伊達先生の望みも潰えました。
元の世界に二人は帰ります。
案外簡単に戻れるのですね。
シロの正体は語られませんでしたが、又何かを見つけたらしく
 時間移動する時にヒデヨシに出会うエンドでした。
淡々と事後を見せる、あっさりとした最終話でした。

この作品はバトルも綺麗で、史実を適度に取り入れた
 ストーリーが絶妙でした。
ノブナガを中心にしたミツヒデのストーリーだったようにも
 思えます。
シンプルなストーリーに熱い展開と綺麗な作画が成功した
 作品だと思います。

2011年6月21日 (火)

戦国乙女~桃色パラドックス~ テレ東(6/20)

第12話 戦国乙女
Wp03_1024_2
公式サイトから
ついに深紅の甲冑が発動! イエヤスの邪な心を甲冑が取り込み、暴走しはじめる。甲冑を纏ったイエヤスの圧倒的な力の前に、ノブナガたちはなす術がない。この絶体絶命の大ピンチに、 今川ヨシモトや武田シンゲン、上杉ケンシンらが駆けつける。ノブナガは、罪なき民のために一緒に戦ってほしいと、皆に頭を下げる。そして戦国乙女たちは、 一つになり…!!
Main12
イエヤスの結界が壊せないノブナガ家臣。
ハンゾウ達に消えてと蹴散らすイエヤス。
ノブナガの大剣で結界を壊す。

殿を助けて欲しいとノブナガに懇願するハンゾウ。
遂にハンゾウの素顔が見れました。
12_008
イエヤスは妖力を解放する。
家臣に引け、領民を非難させろと言うノブナガ。
領民の盾となれ。
お館様、格好良いですね。
ヨシモトが駆け付ける。
イエヤスに呼びかけるが、年増と毒づき
 ヨシモトを攻撃するイエヤス。
ノブナガがヨシモトを助ける。
12_054
ミツヒデが一人攻撃を仕掛ける。
大笑いヘタレメガネが私に触れるつもりなの?と
 結界で守られるイエヤス。
落ちるミツヒデを助けるシンゲン。
異変に気づいて駆けつけたシンゲンとケンシン。

甲冑に取り込まれ始めるイエヤス。
このような甲冑の力を理解されていたのか?
知らずに集めていた風なノブナガ。
頼む御一同、今は儂のために力を貸してくれと
 頭を下げるノブナガ。
12_055
西国武将、モトナリ、モトチカ、ソウリンも駆けつけた。
名乗りを遮って簡潔に紹介するミツヒデ。
お館、徳にゃんを殺さないで。
儂を信じよ。
ノブナガは変わったわ。
12_128
皆が個別に攻撃を仕掛けても駄目です。
ミツヒデが連携攻撃を提案する。
全員の攻撃、そしてノブナガの一太刀で錫杖も甲冑も
 断ち切る。
遂にイエヤスは甲冑から逃れて正気を取り戻す。

謝罪するイエヤス、ノブナガをお姉さまと呼ばせて
 くださいと言う。
お館様は私の物だとミツヒデと口論する二人。

シロも瓦礫の下から這い出してくる。

次回 陽光乙女

ようやく甲冑に取り込まれたイエヤスを全員の連続攻撃で
 撃破することに成功しました。
予想されていた全員攻撃でした。
西国武将の3人にも出番が有りました。
今回はヒデヨシ、マサムネは見ているだけでした。
ミツヒデもノブナガに褒められて満足そうです。
しかしイエヤスの毒舌は面白い。
全員のあだ名を聞いてみたいものです。

さて次回は後日談でしょうが、ヒデヨシは戻れるのか?
シロはマサムネの子孫の未来人なのか?
王道的な展開でハッピーエンドを迎えることと思われます。
まあ単純なストーリーではありますが、史実を適当に
 取り込んで展開してきました。
最後も綺麗にまとめてくれるでしょう。

2011年6月14日 (火)

戦国乙女~桃色パラドックス~ テレ東(6/13)

第11話 強奪乙女
Otome
マサムネを待っていたイエヤス。
私が天下を取る。
その手始めにあんたを殺してやるよ。
Main11
マサムネを追いかける3人。
見抜けなかったとミツヒデ。
マサムネが倒れていた。
城が燃えているのはなぜだ?
イエヤスの事を知るノブナガ。
城へ急ぐミツヒデとノブナガ。
マサムネを助けるヒデヨシ。

伊達先生に詳細を尋ねるヒデヨシ。
彼女は伊達家の末裔だった。
伊達家の未来の末裔が時空移動した。
そこに偶然居合わせた。
突然現れて突然消えた。
実家宝玉と古文書を発見した。
それにより、真紅の甲冑の伝説も本物と信じた伊達先生。
歴史を正すには真紅の甲冑と伊達家の宝玉が必要。
なので真紅の甲冑を集めようとした。
彼女の時空移動に巻き込まれたヒデヨシ。

イエヤスは城内の甲冑を求めて忍び返し内を
 歩いていた。
ハンゾウを犠牲にしながら。
後をつけるシロ。
多数のハンゾウの犠牲の下、遂に甲冑に辿り着いた。
甲冑を発動させて身に纏う。
発動しないと思っていたシロはイエヤスを襲うが
 簡単に飛ばされる。
そう言えばシロの兜ってマサムネと同じ。
彼は伊達家の末裔?

織田家家臣はイエヤスの結界に阻まれていた。

宝玉が無いと発動しない、発動しても制御できなくて
 暴走する真紅の甲冑。
宝玉を持っている伊達家が甲冑を発動しないと
 歴史を正せない。
ノブナガやイエヤスガ発動してはいけない。
それは謝った歴史。
邪悪な心に動かされる。
遂にイエヤスが甲冑を身に纏うが暴走情態?

次回 戦国乙女

遂にイエヤスガ甲冑を身に纏ってしまいました。
どうやら制御する宝玉がないと邪悪な心に支配されて
 暴走するようですね。
この暴走情態を抑えるべく戦いが始まるのでしょうか。
ケンシン、シンゲン、ヨシモトも駆けつけての戦いかな?

甲冑を手に入れるためにハンゾウが複数現われましたが、
 統領の名前なので、先代が亡くなれば次が同じ名前を
 継承します。
だから複数いても良いのですよね。

シロは伊達家の関係者でしょうね。
マサムネを知っているのかいないのか?
以前にも伊達先生のシーンは放送されていたので、
 驚くことは無かったですが、自身の口からの説明で
 全ての始まりも今の事態もはっきり分かりました。
伊達先生は誤った時代に移動したと言ってました。
マサムネが居る世界で甲冑を集めるつもりだった
 のでしょうか?
しかし自身がマサムネになってしまいました。
これは戦国自衛隊の設定ですね。

2011年6月 7日 (火)

戦国乙女~桃色パラドックス~ テレ東(6/06)

第10話 心中乙女
Otome
真紅の甲冑を集めて帰る道中、本能寺に泊まる
 3人。
本能寺?
歴史の教科書を読むヒデヨシ。
織田信長が明智光秀の謀反により殺されることを
 知る。
いつもと同じだよね?

私はこれまでずっとお館様に仕えてきた。
己の全てをあの方に捧げてきたのだ。
この心が届いてないならば、いっそ殺して・・・

殺すとは物騒な・・・
マサムネがミツヒデの側に居た。
さっき言ったことは忘れてくれ。
意味の無い独り言だ。
殺すとは、いったい誰を?
ですが、そう考えても仕方のないこと。
最近のノブナガ殿はヒデヨシを可愛がっているように思える。
何の取り柄のないヒデヨシを。
迷われるな。
それは、あなたの愛の深さ故。
試されるが良い。
強い酒をミツヒデに手渡すマサムネ。
これをどう使うかはあなた次第だ。
命を懸けて確かめる覚悟はお有りか?

ヒデヨシを縛るミツヒデ。
これは賭けだ、私とお館様の運命を確かめるための。

酒を注ぐミツヒデ。
お腹が空いて縄を抜けられるヒデヨシ。
眠ったノブナガ。
火を掛けるミツヒデ。
心中覚悟の様子。
ずっとお慕いしておりました。
ミツヒデは、いつまでも一緒です。
お館様直ぐに私も参ります。

止めに入るヒデヨシ。
これアキリンがやったの?
お館を殺したの?
眠っているだけだ。
まだ間に合うよ。
貴様が現れたからだ。
私の大事なものを奪ったからだ。
違うよ、そんなの間違っている。
お館が笑うところを見れなくて良いの?
アキリンはお館が好きじゃないの?
自分だけを見てくれないお館でないと好きに
 なれないの?
燃え盛る本能寺に助けに入るヒデヨシ。

ミツヒデー、敵は何処か?
矢を放つノブナガ。
敵は本能寺、敵は私の心の中に・・・
この罪、私の命で。
ふざけるな。
読め、と大剣をかざす。
天下布武
儂が夢想し、お主が付いてきたから成し遂げられる。
お主と儂は一心同体。
それはこれからも変わらん。

ノブナガが人工呼吸をする。
至福の時間が長く続けば・・・

甲冑を盗むマサムネ。
危ないヒデヨシを助けるマサムネ。
日出さんと呼ぶ。

意識を取り戻すヒデヨシ。
ミツヒデは昨夜の事を謝る。

焼け跡から真紅の甲冑を探す二人。

甲冑を背に馬で安土城に向かうマサムネ。
これで伊達家の悲願が叶う。
ご苦労様、奥州の田舎侍。
それをこっちに寄越しなさい。
それはあんたが持っていても仕方ない。
私が天下を取る、その手始めにあんたを殺してやるよ。
イエヤスとハンゾウが道を塞ぐ。

次回 強奪乙女

遂に本能寺が実現してしまいました。
ヒデヨシの言葉と、ノブナガの真意を知ってミツヒデの
 心も晴れました。
こうなる前に話せれば良かったのですが・・・
すんでの所でダークサイドから戻ってきました。
現在の歴史とは異なりますが、人物や事象はなぞって
 いるので、こうなる運命だったのでしょう。
でもミツヒデはキスできれば良かったようにも見えます。

マサムネ、伊達先生は結局は伊達家のために
 甲冑を盗んだようですね。
つまりこの世界で天下を取りたいようですね。
現在に戻るためでもなさそうです。
イエヤスの行動は予定通りでしょう。
最後はイエヤス対ノブナガとなるのでしょうか?
それともマサムネも混ざって3つ巴?
中々熱い展開で面白いですね。
1クールだとRioもそうでしたが、単純明快なシンプルな
 ストーリーが正解ですね。
ハンゾウの素顔は見れないのかな?

2011年5月31日 (火)

戦国乙女~桃色パラドックス~ テレ東(5/30)

第9話 西国乙女
Otome
西国武将と戦うミツヒデ、ノブナガ。
ヒデヨシは捕まっている。
大丈夫だよね、アキリン。
OP
海ではしゃぐヒデヨシ。
ミツヒデは元気がない。
前回のキスシーンが頭から離れない。
ダークサイドに囚われ始めている?
Main09
これから会う人はどんな人?
海の子船から自己紹介する3人。
長曽我部モトチカ、大友ソウリン、毛利モトナリだった。
ノブナガが大刀一閃3人を捕まえる。
これで終わり?
こんなギャグもあり?と思ったら。
ヒデヨシが3人をこしょばり漁師小屋に甲冑があることを
 聞き出す。
ミツヒデに取りに行かせる。
ミツヒデの得意は諜報、策略なので敵の罠を見破るのも
 得意だとヒデヨシは行かせないノブナガ。
09_012
桐の箱を開けると、それは罠だった。
間一髪、難を逃れるノブナガ。
しかし3人はヒデヨシを人質にとり山で待つと去っていく。
自責の念に駆られるノブナガ。
09_018
ヒデヨシから情報を得ようとするが、モトナリがミツヒデの
 心情を入手した模様。

モトチカ、ソウリンがミツヒデと対戦する。
仕掛けもあり防戦のミツヒデ。
ミツヒデの嫉妬を利用する2人。
アバンの展開です。

モトチカは霧を利用して痺れ薬をノブナガに
 吸わせて動けなくする。

行方をくらませるミツヒデ。
ノブナガに対する思いに自問する。
好きで仕えてきた、その横で一番
 寵愛されたい。

儂の失態でヒデヨシを人質にされ、ミツヒデに
 自責の念を与えてしまった。
こんなところで終われないと男前のノブナガ。
熱いキャラですね。

仕掛けを利用して反撃するミツヒデ。
2人を捕まえてヒデヨシも助ける。
甲冑も取得した、これならお館様も褒めてくれるだろう
 と考え、立ち直ったミツヒデ。

ノブナガの下に向かうとモトナリを倒していた。
ヒデヨシが駆け寄り可愛がられる。
その様子を見て、褒められても黒い感情が収まらない。

イエヤスは甲冑が全て揃ったことを知った。
マサムネも知ったようで、甲冑の横取りを
 考えている?

次回 心中乙女

ミツヒデの心が晴れません。
まだダークサイドに囚われてます。
ヒデヨシがお館様に甘えれば甘えるほど黒くなって
 行きます。
危ないな、ミツヒデ。

西国武将3人と戦って甲冑を集めるとなると
 イエヤスやヨシモトの出番が無くなるなと
 思っていたら、早々に決着がつきました。
これで万事上手くいくのでもなさそうですね。
まあ、ミツヒデ次第。
マサムネ次第でしょうか?
もしかして全ての甲冑が揃うと元の世界に戻れる?
ここからの展開は先が読めないだけに面白そうです。

2011年5月24日 (火)

戦国乙女~桃色パラドックス~ テレ東(5/23)

第8話 微熱乙女
Otome
真紅の甲冑を求め西国へ向かう3人。
馬を断り旅をするノブナガ。
ヒデヨシはもう歩けない状態。
長曽我部、毛利、大友が保有しているらしい。
ハンゾウが尾行していた。
イエヤスに報告するが目的地は分からない。
イエヤスに怒られるハンゾウ。

宿場町に到着する。
ミツヒデが流した噂が誤解されてノブナガは
 赤子を食う武将との噂に曲解されていた。
ミツヒデの策は失敗だった。
マサムネが尾行していた。

仕方なく獣道を歩く3人。
お寺に泊まることにする。
温泉があり、はしゃぐヒデヨシ。
サービスですね。
しかし風邪をひいて熱を出してしまう。

マサムネが住職に風邪薬を渡す。
それを飲ませるために口移しで水を飲ませる
 ノブナガ。
その場面をミツヒデが見てしまう。
嫉妬するミツヒデ。
私の思いは通じていないと思う。

ヒデヨシは回復する。
ハンゾウが尾行して、マサムネも尾行していた。
そして3人の武将がノブナガ達を見ていた。
これは長曽我部、毛利、大友かな?

次回 西国乙女

最後の3人はこれから会う3人?
ミツヒデの裏切り要素も着々と増加中ですね。
本能寺の変も起こすのだろうか?
マサムネの狙いは歴史通りに進めることか?
 逆にノブナガの天下を見ることだろうか?
今川が生きているので歴史通りにはならないので、
 別の方向に進んでいるような・・・

2011年5月17日 (火)

戦国乙女~桃色パラドックス~ テレ東(5/16)

第7話 演劇乙女
Wp01_thumb
今年も領民を労う季節だな。
巫女の舞を手配いたしました。
巫女の舞って神楽でしょう。
文化祭みたいなものだから芝居しましょうよ。
ヒデヨシの例によって軽い発言で芝居をする
 ことに決まりました。
新しい物好きなノブナガです。
ちょっと嫉妬気味のミツヒデです。

まずは芝居小屋を作るヒデヨシ。
シンゲンもケンシンも手伝ってます。
でも台本が出来ません。
シロが提案するのはHなストーリーで自分が
 主役ばかり。
誰かに相談しようと、シンゲン、ケンシン、
 ミツヒデの部屋を訪れますが皆頼りには
 ならない様子。
そこに今川ヨシモト登場。
文学好きで自作の百合物語もあります。
内容はちょっとH。
でもミツヒデもそれで良いんじゃないの。
イエヤスはヨシモトがノブナガの下に参じたので
 ハンゾウに偵察させてました。
でも信頼は得られてないようです。

芝居の練習を始める面々。
シンゲンがヒデヨシに出番を増やせと交渉する。
ケンシンも見せ場を要求します。
ミツヒデは芝居が成功するのが悔しい。
でもノブナガとの絡みが嬉しい。
悶々とするミツヒデ。
ヨシモトは衣装が地味だと自前の派手な衣装を
 考えてます。
イエヤスも芝居が詰まらないと最後にノブナガが
 乱心して自分が取り押さえる筋を伝えます。
徳にゃんって腹黒?
そうかもな。

各自、自分の拘りがあるようです。
一応、筋を変更したらしく各自満足してる様子。
舞台の休幕から最後の幕、イエヤスの動向が
 気になります。
ハンゾウがノブナガの台本を取り換えたようです。
そして気を利かせたハンゾウ。
それが仇となり幕が燃えてしまいます。
逃げ遅れたヒデヨシを抱きかかえて火事の
 小屋から出てくるノブナガ。
儂は誰も死なせん。

ハンゾウを折檻するイエヤス。
ドジっ子ハンゾウです。
芝居は無事に?ノブナガの言葉で締まりました。
マサムネが残りの甲冑3対は西国にあるとの
 情報を伝えます。
ミツヒデは既に密書を送った模様。
しかしマサムネは何か秘めたる思いがある様子。

次回 微熱乙女

今回はオールスターの演劇回でした。
今川ヨシモトが芸術好きなのか気合が
 入ってました。
衣装もバニーガールに紅白歌合戦の
 あの舞台装置なような衣装とか。
ノブナガもヨシモトも褌なんですね。
そこは女でも武将なんですね。
前回からマサムネはヒデヨシを使って
 ミツヒデを焚き付けてます。
今回も何か考えがある様子。
ヒデヨシを連れて帰る算段なのか?
それとも史実に乗っ取ってミツヒデに謀反を
 起こさせるつもりなのか?
マサムネは帰る術を持っているのでしょうか?

2011年5月10日 (火)

戦国乙女~桃色パラドックス~ テレ東(5/09)

第6話 想出乙女
Otome
退屈だなーとヒデヨシ。
お前はわびさびと言うものを知らぬのか?
 とシロ。
恥ずかしながらお寿司はさび抜きだから。

お館様と初めて出会ったのは、
 こんな雨の日だった。
ミツヒデの回想。
今日で公方様に仕えていたミツヒデ。
その寺に尾張の殿様が遊びに来た。
僧侶相手に相撲を取っていた。
誰も勝てない、ミツヒデも負ける。
ミツヒデを外に連れ出すノブナガ。
型破りにも程がある。
振り回されるのが理解できない。
お主の頭は石より硬い。
儂は天下を取る、お主手伝いをせぬか?

ヒデヨシと遊んでいるノブナガ。
カードでは勝てなくて面白くない。
館を探検する二人。
忍び返しの数々。
ノブナガのキセルのいわれを話す。
小さい頃は暴れん坊で母に叱られていた。
祖母が預かり、ノブナガに教える。
人は水の流れと同じ。
力で抑え込もうとすれば氾濫する。
いずれ天下を取るだろう。
祖母のキセルをもらった。
それが形見となった。

ヒデヨシが壁のスイッチを触り、
 忍び返しが起動する。
ノブナガもスイッチを入れてしまう。
水に流されるが、退避抗があるはずと
 壁を調べて見つける。

マサムネがミツヒデに会う。
甲冑の情報を伝えているマサムネ。
なぜ自身で甲冑を集めぬのか?
器ではない。
確かにお館様以上の器はおらぬ。
右腕のミツヒデ様さえ居れば安泰なのに
 どうしてヒデヨシをかっているのかと
 ミツヒデを煽るような事を言う。

退避抗から逃れた二人は、ミツヒデの
 庭の池から脱出する。

4人で暖かいものでも食べよう。
マサムネの思い出が蘇る。
右目は無事で見えていた。
マサムネは伊達先生だった。
神社の祠からやって来たマサムネと
 出会い消えてしまったマサムネ。
マサムネが持っていた機器で
 祠から移動する際にヒデヨシが
 入ってきて一緒に次元移動した。
つまりヒデヨシが次元移動した際に
 見えた人影はマサムネだった。

次回 演劇乙女

ここで異世界への移動は伊達先生の
 起こしたもので、ヒデヨシは彼女の
 巻き添えで移動したのだった。
そして隠しているが伊達先生は
 ヒデヨシと同じく過去の記憶が有る。
この世界で何をしようとしているのか?
またマサムネはどうやって現代へ
 移動してきたのか?
それとミツヒデの出会い、ノブナガの
 想い出も語られました。

2011年5月 3日 (火)

戦国乙女~桃色パラドックス~ テレ東(5/02)

第5話  会談乙女
Wp01_thumb
退屈しているヨシモト。
小説でも書こうと思ったが上手くいかない。
イエヤスの顔に落書きするヨシモト。
天下取りでも、しては如何ですか?
天下はノブナガに任せれば良いのです。
鷹狩など如何でしょう?
良い鷹が手に入りましたのでノブナガ様を
 誘って出かけましょう。
何か策を練っている様子のイエヤス。

鷹狩って何?
狩りってことは久々のお肉?

シンゲンとケンシンも来る。
お主等は呼んでおらぬぞ。
拙者が呼びましたとイエヤス。

道中、何者かと密談しているイエヤス。
雉、鴨を捕まえる鷹。
ウサギも欲しいと言うヒデヨシ。
ウサギを追って森の中に入る鷹。
しかし戻ってこない。
皆で森の中に入る。
中は樹海でうす暗い。
奥に明かりが見えるので向かうと
 マサムネが居た。

源氏の落ち武者の亡霊らしい。
百物語をしており、怪談をはなして
 100本の蝋燭の火を消さないといけない。
強制的に百物語に参加させられたらしい。
手伝って欲しいとマサムネ。
我らは鷹狩の途中と去っていく。
が戻ってくる。
どちらに向かっても戻ってくる。
諦めて百物語に参加する。

ミツヒデが実は怖がりで煩いので
 縛られる。
残り30本となるが、もう話がない。
ノブナガは怪談が出来ない。
天下を取る人が会談も出来ないとは
 イエヤスガ挑発する。
ヒデヨシが思い出した話を譲れと
 ノブナガが言う。

内容は現代なのでコンビニや自販機の
 話でうまく伝わらない。
しかし亡霊は怯む。
ノブナガの眼力で話し終えると残りの
 蝋燭がすべて消える。
亡霊はノブナガ殿は天下を収める器。

これで調子に乗り全ての甲冑をノブナガは
 集めることでしょうとイエヤスに話す忍者。
服部でしょうねぇ。
その様子を見かけるヒデヨシ。

ミツヒデは怖さのあまり失禁していた。
大量の肉で宴会。
ヒデヨシはウサギが欲しかったが
 食べたいわけでは無かった。

今回はイエヤスの策略に乗ったノブナガ。
そんなことは気にしていない様子。
イエヤスは最後に甲冑の横取りを狙っている
 ようですね。
マサムネは登場するがエピソードは無い。
ミツヒデの怖いの嫌いが分かった回でした。
暫くは甲冑集めに関係ないストーリーも
 混ぜながら進むのでしょう。

2011年4月26日 (火)

戦国乙女~桃色パラドックス~ テレ東(4/25)

第4話 対決乙女
Otome
武田シンゲンと上杉ケンシンの戦い。
川中島で3人は眺めていた。
朝から戦っている、なんて元気なの?
いくらなんでも元気すぎるよ。
598戦598分けって。
事の発端は宴の席での言い争いらしい。
どちらが強いからしい。
二人とも仲良いのかな?
だって二人とも楽しそうだし。
写メを取ろうとして携帯が壊れる。

両者とも甲冑を譲り渡すことを拒否した。

私に良い案がございますとミツヒデ。
片方に味方し負けた相手から戦利品として
 甲冑を取り上げ、勝った方からは譲り受ける。
たわけ、もののふの策ではない。
二度とそのような策を申すでないわ。

携帯が壊れてショックのヒデヨシ。
ノブナガは諦めろと連れない。

怒られて泣いていたミツヒデ。
イエヤスが好きなようにすれば良いのでは?
ミツヒデを煽る腹黒い?イエヤス。

ノブナガは携帯の重要性を分かっていないと
 館を飛び出してきた。
小屋では自身の陰謀に暗躍するミツヒデ。
策を聞かれたミツヒデはヒデヨシを縛って
 出かける。
ヒデヨシを探しに来たノブナガがミツヒデを
 止めに行く。
覚悟せい、ただでは済まさぬ。
帰るイエヤス。

シンゲンとケンシンの戦いに割り込む
 ノブナガ。
生ぬるい戦いだ。
それでなければ引き分けなどあり得ない。
シンゲンに勝負を挑むノブナガ。
ミツヒデは顔にメガネを描かれていた。
眼鏡無しでは様子がよく見えない。

何のために甲冑を求める?
天下を取るためよ。
なぜ天下を求めぬ?

ノブナガの力に圧倒されて負けるシンゲン。
自身の首と引き換えに甲冑を譲るという。
ケンシンが首をかけてシンゲンを守る。
ケンシンの粋に答えて首をはねずに帰る。

両者から甲冑が届く。
さすがです、お館様。
こうなることを分かっていての行動ですね?
わしはシンゲンの首をはねようと思っていた。

ノブナガの強さは本物だ。
今日もシンゲンとケンシンは戦っていた。

次回  怪談乙女

ノブナガ男前です。
何も考えて無くて結果オーライだったようです。
策を講ずるのが好きなミツヒデです。
イエヤスも腹黒い不穏な動きですね。
ノブナガの後を労せず引き継ぐ?盗みたい
 ようですね。
ヒデヨシは策は練らないけれど女子高生と
 してのアイデアが作戦になるのでしょう。
今回で主要なキャラは登場ですね。
次回は息抜き回かな?

その他のカテゴリー

30歳の保健体育 | AKB0048 | Angel Beats | Another | Aチャンネル | BLAZBLUE ALTER MEMORY | BLOOD-C | Brave10 | BTOOOM! | C | C3-シーキューブ- | Charlotte | Classroom☆Crisis | Coppelion | D.C. | Devil Survivor2 | DOG DAYS | Fate/Zero Stay Night | Free! | GANGSTA. | GATE 自衛隊 彼の地にて、斯く戦えリ | GJ部 | Go!プリンセスプリキュア | God Eater | GOSICK | ISUCA | K | LUPIN the Third峰不二子という女 | M3-ソノ黒キ鋼- | Mr. BRAIN | No.6 | PSYCHO-PASS | RAIL WARS! | RDGレッドデータガール | Rio-Rainbow Gate- | ROBOTICES:NOTES | selector infected WIXOSS | SHIROBAKO | Star Driver輝きのタクト | Steins;Gate | TARI TARI | TERRAFORMARS | The IDOLM@STER | The Unlimited兵部京介 | Thunderbirds | Tiger & Bunny | TVドラマ | UN-GO | Wake Up, Girls | WHITE ALBUM2 | WORKING | Z/X IGNITION | ZETMAN | あそびにいくヨ | あっちこっち | あの夏で待ってる | あの日見た花の名前を僕たちはまだ知らない | あまがみSS | いつか天魔の黒ウサギ | いなり、こんこん、恋いろは。 | うさぎドロップ | うしおととら | うたわれるもの | うぽって | えとたま | えびてん | えむえむっ! | おそ松さん | おとめ妖怪ざくろ | お兄ちゃんだけど愛さえあれば関係ないよねっ | お兄ちゃんのことなんかぜんぜん好きじゃないんだからね | お勧めできないアニメ | お笑い | がっこうぐらし | きんいろモザイク | ぎんぎつね | けいおん!! | げんしけん | この中に一人、妹がいる | これはゾンビですか? | ご注文はうさぎですか? | さくら荘のペットな彼女 | ささみさん@がんばらない | さばげぶっ! | さんかれあ | しろくまカフェ | じょしらく | すべてがFになる | そにアニ | そふてにっ | そらのおとしものf | それが声優 | それでも世界は美しい | それでも町は廻ってる | たまこまーけっと | たまゆら | ちはやふる | つり球 | とある科学の超電磁砲 | とある飛空士への恋歌 | とある魔術の禁書目録Ⅱ | となりの怪物くん | ぬらりひょんの孫 | のうりん | のんのんびより | はぐれ勇者の鬼畜美学 | はたらく魔王さま! | ばらかもん | ひだまりスケッチ | まおゆう | ましろ色シンフォニー | まじもじるるも | まよチキ! | まりあ†ほりっく あらいぶ | みつどもえ増量中 | みなみけ | めだかボックス | もしドラ | もっとToLOVEる | もやしもん | やはり俺の青春ラブコメはまちがっている。 | ゆゆ式 | ゆるゆり | よんでますよ、アザゼルさん。 | アウトブレイク・カンパニー | アオハライド | アカメが斬る! | アクエリオン | アクセル・ワールド | アスタロッテのおもちゃ | アニサン劇場 | アニメ その他 | アニメ・コミック | アニメ個人評価 | アブソリュート・デュオ | アルドノア・ゼロ | インフィニット・ストラトス | ウィザード・バリスターズ 弁魔士セシル | ウイッチクラフトワークス | エウレカセブンAO | エスカ&ロジーのアトリエ | オーバーロード | カンピオーネ | ガッチャマン クラウズ | ガリレイドンナ | ガリレオ | ガンスリンガーストラトス | ガンダムAGE | ガンダムGのレコンギスタ | ガールズ&パンツァー | ガールフレンド(仮) | キャプテン・アース | キューティクル探偵因幡 | キルミーベイベー | キルラキル | ギルティクラウン | クイーンズブレイド | クロスアンジュ 天使と竜の輪舞 | グラスリップ | グリザイアの果実・迷宮・楽園 | ケイオスドラゴン 赤竜戦役 | ココロコネクト | コネタマ | コメット・ルシファー | コンクリート・レベルティオ | ゴールデンタイム | サムライフラメンコ | サンダーバード | サーバントXサービス | シドニアの騎士 | シモネタという概念が存在しない退屈な世界 | ジョジョの奇妙な冒険 | スイートプリキュア | ステラ女学院高等科C3部 | ストライクウィッチーズ2 | ストライク・ザ・ブラッド | スペース☆ダンディ | スマイルプリキュア | セイクリッドセブン | セキレイ Pure Engagement | ゼロの使い魔 | ゼーガペイン | ソウルイーターノット! | ソードアートオンライン | ダンガンロンパ | ダンジョンに出会いを求めるのは間違っているだろうか | ダンタリアンの書架 | テルマエ・ロマエ | ディーふらぐ! | デス・パレード | デッドマンワンダーランド | デュラララ!! | デンキ街の本屋さん | デート・ア・ライブ | トリアージX | トリニティセブン | トータル・イクリプス | ドキドキ!プリキュア | ドラゴンクライシス | ニセコイ | ノブナガン | ノブナガ・ザ・フール | ノラガミ | ノーゲーム・ノーライフ | ハイキュー | ハイスクールDxD | ハナヤマタ | ハピネスチャージプリキュア | ハマトラ | ハヤテのごとく | ハートキャッチプリキュア | バカとテストと召喚獣 | バクマン | バディコンプレックス | パソコン・インターネット | パパのいうことを聞きなさい! | パンチライン | ビビッドレッド・オペレーション | ピンポン | ファイブレイン | ファンタジスタドール | フォトカノ | フラクタル | フリージング | ブラック★ロックシューター | ブラック・ブレット | ブラッドラッド | ブレイクブレイド | ブレイドアンドソウル | プピポー | プラスティック・メモリーズ | プリズマ☆イリヤ | ヘヴィーオブジェクト | ベン・トー | ペルソナ4 | マギ | マケン姫っ! | ミカグラ学園組曲 | メカクシティアクターズ | モモキュンソード | モンスター娘のいる日常 | モーレツ宇宙海賊 | ヤマノススメ | ヤングブラックジャック | ユリ熊嵐 | ヨスガノソラ | ヨルムンガンド | ラストエグザイル-銀翼のファム- | ラブライブ! | リトルバスターズ | ルパン三世 | レベルE | レーカン! | ロウきゅーぶ! | ログ・ホライズン | ローゼンメイデン | ローリング・ガールズ | ワルキューレロマンツェ | ワンパンマン | 一週間フレンズ。 | 下ネタという概念が存在しない退屈な世界 | 世界でいちばん強くなりたい | 世界征服~謀略のズヴィズダー~ | 世紀末オカルト学院 | 中二病でも恋がしたい | 乃木坂春香の秘密 | 乱歩奇譚 Game of Laplace | 京騒戯画 | 人類は衰退しました | 会長はメイド様 | 侵略!イカ娘 | 信長協奏曲 | 俺、ツインテールになります。 | 俺がお嬢様学校に「庶民サンプル」としてゲッツされた件 | 俺の妹がこんなに可愛いわけがない | 俺の彼女と幼馴染が修羅場すぎる | 俺の脳内選択肢が、学園ラブコメを全力で邪魔している | 俺物語!! | 健全ロボ ダイミダラー | 偽物語 | 僕はHができない | 僕は友達が少ない | 僕らはみんな河合荘 | 八犬伝 | 六畳間の侵略者!? | 六花の勇者 | 冴えない彼女の育てかた | 凪のあすから | 君と僕 | 君に届け 2nd Season | 君のいる町 | 咲-saki- | 問題児たちが異世界から来るそうですよ? | 喰霊-零- | 四月は君の嘘 | 坂道のアポロン | 城下町のダンデライオン | 境界の彼方 | 境界線上のホライゾン | 変ゼミ | 変態王子と笑わない猫 | 夏目友人帳 | 夏色キセキ | 夏雪ランデブー | 夜ノヤッターマン | 夜桜四重奏 | 夢喰いメリー | 大図書館の羊飼い | 天体のメソッド | 失われた未来を求めて | 好きっていいなよ | 妖狐X僕SS | 学戦都市アスタリスク | 宇宙兄弟 | 宇宙戦艦ヤマト2199 | 実は私は | 寄生獣 | 対魔導学園35試験小隊 | 山田くんと7人の魔女 | 幕末義人伝 浪漫 | 干物妹うまるちゃん | 幸腹グラフィティ | 幻影を駆ケル太陽 | 弱虫ペダル | 彼女がフラグをおられたら | 心霊探偵 八雲 | 快盗天使ツインエンジェル | 恋と選挙とチョコレート | 恋愛ラボ | 悪魔のリドル | 惡の華 | 戦国コレクション | 戦国乙女~桃色パラドックス~ | 戦姫絶唱シンフォギア | 探偵オペラ ミルキィホームズ | 探偵ナイトスクープ | 攻殻機動隊 | 放浪息子 | 放課後のプレアデス | 断裁分離のクライムエッジ | 新世界より | 新参者 | 新妹魔王の契約者 | 日常 | 日記・コラム・つぶやき | 星刻の竜騎士 | 星空へ架かる橋 | 映画・テレビ | 普通の女子高生が【ろこどる】やってみた。 | 暁のヨナ | 暗殺教室 | 曇天に笑う | 最近、妹のようすがちょっとおかしいんだが | 月の恋人 Moon Lovers | 月刊少女野崎くん | 有頂天家族 | 未来日記 | 未確認で進行形 | 東京ESP | 東京レイヴンズ | 東京喰種トーキョーグール | 桜Trick | 棺姫のチャイカ | 極黒のブリュンヒルデ | 機巧少女は傷つかない | 櫻子さんの足元には死体が埋まっている | 武装神姫 | 残響のテロル | 氷菓 | 波打際のむろみさん | 灼眼のシャナIII Final | 牙狼 | 物語シリーズ | 犬とハサミは使いよう | 猫神やおよろず | 琴浦さん | 甘城ブリリアントパーク | 生徒会の一存 | 生徒会役員共 | 男子高校生の日常 | 異国迷路のクロワーゼ | 異能バトルは日常系のなかで | 白銀の意思 アルジェヴォルン | 百花繚乱 | 監獄学園 プリズンスクール | 相棒 | 真剣で私に恋しなさい!! | 神のみぞ知るセカイ | 神撃のバハムート | 神様のメモ帳 | 神様はじめました | 神様ドォルズ | 私がモテないのはどう考えてもお前らが悪い! | 精霊使いの剣舞 | 純潔のマリア | 終わりのセラフ | 結城友奈は勇者である | 絶園のテンペスト | 緋弾のアリア | 緋色の欠片 | 織田信奈の野望 | 繰繰れ!コックリさん | 美少女戦士セーラームーン | 翠星のガルガンティア | 聖剣使いの禁呪詠唱 | 聖痕のクェイサー | 艦隊これくしょん-艦これ- | 花咲くいろは | 落第騎士の英雄譚 | 蒼き鋼のアルペジオ | 蒼穹のファフナー | 蟲師 | 血界戦線 | 謎の彼女X | 貧乏神が! | 赤髪の白雪姫 | 超次元ゲイム ネプテューヌ | 超訳百人一首 うた恋い。 | 輪るピングドラム | 輪廻のラグランジェ | 這いよれ!ニャル子さん | 進撃の巨人 | 銀の匙-Silver Spoon- | 銀河機攻隊マジェスティックプリンス | 銃皇無尽のファフニール | 鋼の錬金術師 | 長門有希ちゃんの消失 | 閃乱カグラ | 電波女と青春男 | 青の祓魔師 | 革命機ヴァルヴレイヴ | 響け♪ユーフォニアム | 食戟のソーマ | 鬼灯の冷徹 | 魔乳秘剣帖 | 魔弾の王と戦姫 | 魔法少女まどか☆マギカ | 魔法少女リリカルなのは | 魔法戦争 | 魔法科高校の劣等生 | 魔界王子 devils and realist | 黄昏乙女Xアムネジア | 黒子のバスケ | 龍ヶ嬢七々々の埋蔵金

2017年2月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28        

Right

Down

  • VividRed
    ビビッドレッド・オペレーション
  • Lagrange
    輪廻のラグランジェ 応援バナー
  • The IDOLM@STER
    THE IDOLM@STER
  • 電波女
    テレビアニメ「電波女と青春男」 公式サイト
  • Steins;Gate
    TVアニメ『シュタインズ・ゲート』
  • あの花
    あの日見た花の名前を僕達はまだ知らない。
  • アスタロッテ
    TVアニメ「アスタロッテのおもちゃ!」公式サイト
  • 超電磁砲
    とある科学の超電磁砲 公式サイト
  • 俺妹
    俺の妹がこんなに可愛いわけがない
  • あそびにいくヨ
    TVアニメ「あそびにいくヨ!」7月より放送開始!

OnDemand

  • NetMile
  • Small
  • s2

BlogPP

Afiliate

AfiliateA

YearSeasons

PV

  • MuraPV
無料ブログはココログ