カテゴリー

カテゴリー「神様ドォルズ」の13件の投稿

2011年9月28日 (水)

神様ドォルズ テレビ東京(9/27)#13End

第13話 最終回 隻・枸雅匡平
Goddolls_2
普段と異なる音で起動するククリ。
ククリと呼ぶ詩緒。

禍津妃に攻撃するククリ。
日々乃と匡平を掴んだ腕をビームで切断する。
勾司朗の宇輪砲が二人を受け止める。
桐生を呼ぶが既に逃げて居ない。

詩緒もまひるも案山子をコントロールしていない
 ことを知る靄子。
勾司朗が3人を連れて移動する事を話すが
 詩緒は見入って聞こえない。
靄子が詩緒を、勾司朗はまひるを連れて行く。
放っておいてと叫ぶまひるの頬を張って抱える。

宇輪砲で4人で逃げる際中、ククリが禍津妃を
 破壊する。
叫ぶまひる。
ククリは詩緒について移動している。

禍津妃の腕を解き匡平に呼びかける日々乃。

病院で日々乃に駆け寄り抱きしめる父。
あれが史場日々乃の父親か、俺は会わない
 方が居良さそうだな。
まひるは逃げ出して、桐生も居ない。
最近のお子様は打たれ弱くていけない。

勾司朗怒ってるかな?
匡平はどうなったんだろうかと考える桐生。

あんなに強いのに匡平様はどうして隻を辞めたと
 考えるまひる。

先生の事を思いだしていた匡平。
好きだった先生を守ろうと案山子まで持ち出した
 匡平に阿幾と出来ていると聞かされる。

阿幾を殴り感情のままに暴走していた匡平。
ダメと叫ぶ詩緒に反応して泊まるククリ。
これがククリとの別れだった。

俺は何も関わる事が出来なかった。
俺は最初から最後まで部外者だった。
こんな力望んじゃいなかった。

日々乃さんは俺のものだと叫んで抱きしめる。
と実際の病室で日々乃を抱きしめていた。
日々乃だけ狡いと引き離して詩緒が抱き着く。

日々乃と屋上で会う匡平。
俺を目指して阿幾とまひるが来ました。
俺の側に居ると危険です。
家を出るつもりの匡平。
もう迷惑をかけたくない。
でも嬉しかった。
私をもう部外者と思わないで。
匡平君は助けに来てくれた。
叫んでくれた。
私は匡平君の持ち物じゃないわよ。
キスする日々乃。
抱きしめる匡平。

部屋に戻ると詩緒がククリが動かないと言う。

壊れているが、動かないのは不明と靄子。
一度村に戻らないと分からない。

俺が責任を押し付けたから、詩緒が苦しんでいます。
匡平君も十分苦しんだでしょう。
匡平君だけのせいじゃないわ。
良い雰囲気ですが靄子の風呂上りの声。

阿幾が出現。
お前これからどうするつもりだ。
村へ行く。
日向の爺様が四足を掘り出したらしい。
自身で再生したんだ。

そんなに世間が憎いのか?
俺の問題は俺や家族の個人の問題だ。
お前は関係ない人を巻き込んだ。
今更立ち止まれない。
小さい頃の訓練帰りに河原でおはぎを食べた話を
 語り笑い出す二人。

今じゃ、お互い随分遠い所まで来ちまったな。
そうだな。
じゃあな、元気でやれ。

EDで次回予告シーン

あんなに通じ合っていたはずなのにとククリを思う
 詩緒。
ククリは私の気持ちを覚えているのかな?
覚えているさ。

阿幾、俺は逃げない。
決着を付けよう。

To be next story.
===============================================
どうやら案山子は隻が居なくても動作するようですね。
ただククリの音楽から気絶していも匡平が隻に
 なってと言うことでしょうか?
詩緒もククリを動かせないと言ってました。
つまり隻が詩緒から匡平に変わったと言うこと?

ククリと禍津妃は勝手に戦い始めます。
これをみても案山子は兵器だと思います。
ククリが禍津妃を破壊して終わります。

まひるにとっては辛い厳しい結果ですね。
隻であり、案山子の力に自身の存在価値を認識
 していましたから。
なので勾司朗の言う打たれ弱いので逃走です。
桐生は匡平を助けようとして味方のククリを
 刺して撃沈させたのがショックで逃走しました。
こちらは、まひる以上に弱いですね。
まあ子供ですから仕方ないのかもしれませんが。

匡平が隻を辞めたストーリーが語られました。
出来れば一度に見せて欲しかったですね。
隻は血の儀式とは関係なく案山子を動かせるの
 でしょうか?
先生の件は匡平の失恋も引き金になって
 いたのですね。
でも暴走し過ぎな感はありますが・・・

阿幾がやって来て、アマテラスも復活している
 ことを聞いてようやく匡平は村に案山子に
 立ち向かう決心をしました。
それには日々乃との交際も力を貸したようですね。

さてここからと言うところで最終回です。
しかしEDでは次回のシーンが流れました。
匡平がククリで天照に対峙するシーンも
 ありました。
この続きは・・・2期あるの?それともOVA?

この作品はいきなり殺人から始まり案山子の
 戦闘で始まりました。
良い掴みなんですが、鬱展開は免れないな。
詩緒と日々乃で鬱を薄めるのかな?
主役はヘタレで悩んで逃げてます。
しかも父親がそれ以上の日和見主義者で
 主人公を助けません。
それくらいに古い因習に囚われた村でした。
今時、こんな村は存在できないとは思います。
警察や医者を思いのままに制御できるのですからね。

その古い村のおかげで始まるストーリーです。

当初は阿幾がもっと暴れるのかなと思ったら
 勾司朗や桐生登場。
そしてまひると様々な人間、隻の登場で複雑な
 ストーリーになりました。
残念ながら人間の空張久羽子は、あまり活躍
 しなかったですね。
彼女が暴れて引っ掻き回すのかと思ってました。
それにまひるは、健気な良い子なのに、暴れて
 終わりとは不憫でした。

最後に次シーンを見せられると気になります。
上手い宣伝ですね。

2011年9月21日 (水)

神様ドォルズ テレビ東京(9/20)#12

第12話 暴走
Goddolls
日々乃を襲う下山。
久羽子はオフィスで目を覚まし情報を物色中に
 日々乃が拉致されていることを知る。
部屋の鍵を見つけ匡平に連絡する。

逃げる日々乃をスタンガンで動きを止めてベッドに
 縛り付ける下山。
枸雅や日向の人間は支配者で俺らは従者だ。
子供の頃は友達でも今は・・・
色々屈折したチンピラですね、役割的に遣られ役で
 しかない下山。

阿幾を助け失望したと見放す久羽子。
下山を殴り日々乃を助けます。

2人で逃げるが廊下で平城に出会う。
銃を持っているので日々乃を非常階段に逃がして
 自身は平城と揉み合う。
銃を取り上げるが撃ってしまう。
部屋から出てきた下山に銃を手渡す。
そこを女子に見つかり、二人で逃げる。

久羽子を助けに行こうとする日々乃。
まひるが匡平にフラれたと日々乃を襲う。
匡平様はどうして村を嫌うの?
あの力を持っていれば全てを押さえつける事が
 出来るのに、どうして?
案山子は私があの村で家で生きていくための力。

到着した匡平が落下する日々乃を受け止める。

屋上に辿り着いたククリ。
まひるもやって来て、邪魔するものを全て倒して
 匡平様と村へ帰る。
まひるちゃんは戦いがっている。
クッキーを踏んだことを謝って。
この広い場所では結界は使えない。

正面からぶつかって殴り合う二人。
何という無様な戦い、見ていられない。
まひるの操縦に感心する匡平。

勾司朗と桐生も到着するが二人の戦いを
 静観するのみ。

今の禍津妃は結界を張るのに時間がかかると、
 ククリで制御部を突き刺して動きを止める。

起きろ、禍津妃と泣き叫ぶまひる。
まひるの意思とは関係なく起動する禍津妃。
日々乃を掴んでいる。
案山子にまひるの想いが溜まって暴走したらしい。

まひるを助ける匡平だが、すぐさま日々乃を助けに
 禍津妃に向かう。
ククリで日々乃を助けようとするが離さない。
動けなくなり勾司朗が宇輪砲で向かうがビームを発する。
ククリとタケミカヅチで防戦するが、ククリを刺して
 しまう桐生。

ククリも沈没する。
隻が案山子の能力をフルに使いこなせているわけ
 ではなかった。
日々乃を助けようと自ら禍津妃に取りついて殴る匡平。
狂気の様そうで叫ぶ匡平。
しかし禍津妃の攻撃で気絶する。

ククリが異なるモードで起動する。

次回 「隻、枸雅匡平」

拉致された日々乃を救出に向かう匡平と詩緒。
目覚めた久羽子が日々乃を助けます。
日々乃は襲われそうな下山に質問します。
日々乃には理解できないことが多すぎます。
隻の家系は支配者でそれ以外は従者。
コンプレックスの塊でチンピラの下山。
同じく議員なだけの平城。

まひるは匡平が好きなだけのシンプルな考えで
 行動しています。
匡平がまひるに全てを話せば良いのに話せません。
主人公がヘタレでイライラします。
しかし彼が完璧だと話が面白くならないですからね。

誰も気づいていない?案山子の本当の力。
匡平がククリの左手を開いたのも気絶時の状態でしょう。
今回も暴走気味なククリが起動しました。
阿幾の例を見ても血の契約だけが隻の資格では
 ないようです。

今回はようやく久羽子が暴れました。
当初はもっと彼女が掻き回すのだと思ってました。
平城議員は撃たれましたが死んではいないのでしょう。
事件にもならないのでしょう。
そうでないと久羽子が捕まって逮捕ですからね。

今回はまひるの気持ちを考えると切ないですね。
全ては匡平がヘタレなことが問題です。
最後には病んでしまった、まひる。
不憫です。

公式サイトではMAHIRU MANIAXが詩緒、日々乃に
 続いて公開されています。
今更なタイミングですが登場が遅かったので
 仕方ないですよね。

2011年9月14日 (水)

神様ドォルズ テレビ東京(9/13)#11

第11話 囚われの日々乃
11_image
11_eread
11_thumb
匡平様は覚えていないと言うけれど、アマテラス
 から守るためにククリの左手がビームを吸収して
 発射して破壊したのを見たまひると阿幾。
あの瞬間、匡平様は私の唯一無二なヒーローに
 なったの。
あの村に居る限り、私と匡平様は結ばれない。
利用できる物は全て利用する。
そこに匡平の意思は?
あいつ彼女いるぞ。
あの胸の大きいの。

匡平を待つ日々乃と詩緒。
まひるちゃんが来て無茶苦茶になったけれど
 もう一度桐生に会いに行こう。

帰宅して勾司朗に話した内容を二人に話す
 匡平。
まひるちゃん狡い、私の知らない匡平の
 格好良い所知っていて。
突っ込むところ、そこ?

まひるちゃんは何のために来たのかしら。
幾ら隻でも一人で女の子が東京へと考える日々乃。
確かにそこが問題です。

靄子と日々乃は渋谷でお買い物。
詩緒は一人でクッキーを焼いていた。
味は問題なし、桐生へのプレゼント。
靄子がトイレに行った隙にまひる登場。
日々乃を連れ出す。

靄子から匡平に電話。

平城の仕事場兼隠れ家に日々乃を拉致したまひる。
匡平と結婚するのは私、現代のロミオとジュリエット。
あんたがこの胸で匡平様をたぶらかしているのね。
胸の大きい女性ってアホっぽく見える。
この世界は弱肉強食なのよ。

下山が平城に電話。
勾司朗に匡平が日々乃の事を連絡。
まひるじゃないかと思うが確信は無い。

デートと匡平の元を訪れるまひる。
詩緒のクッキー箱を踏む。
日々乃のことを聞かれ恋人だから心配なの?
まひるちゃん、色々言いたいことが有るけれど
 足をどけて。
ククリと戦うまひる。
匡平様、私と村に帰って。
それは出来ない。
怒って移動するまひる。

阿幾が匡平に思念通話。
詩緒、阿幾の思念を追えるか?
転移しているよ。
それでもやるしかない。
空張久羽子から電話。
世田谷のマンションに向かう匡平と詩緒。
匡平に飛びつく靄子。

空守村に居た下山の顔を思い出した日々乃。
まひるを誰かが操っていると尋ねると
 匡平はどんな顔するかなと日々乃を襲おうとする。

次回 「暴走」

台風のような嵐のまひる。
もうやりたい放題です。
でもそこがシンプルで分かり易くて良い。

下山はチンピラでやられ役ですね。

そう言えば久羽子は、まひるにスタンガンで
 気絶させられてましたね。
日々乃の居場所を知ってるのかな?
お友達だから救うでしょうね。
阿幾は、まひるが居なくなって目覚めたようですね。
久羽子が戒めを解いていれば逃げれそうですね。

さて誰が暴走するのでしょうか?

隻は皆、暴走しそうですからね。
勾司朗以外は全員やばいですからね。
小さい頃から力を持って周りから奉られれば
 勘違いするでしょうね。

誤った環境の村ですからね。

2011年9月 7日 (水)

神様ドォルズ テレビ東京(9/06)#10

第10話 美姫、繚乱
10_image
10_eread
会いたかったわ、匡平様。
日向と枸雅の隔たり、越えられないと思ってたけれど、
外で勾ちゃんと桐生がこんなことしてるなんて。
私一人我慢する必要ないよね。
日向。
まひる・・・姉様。
10_thumb
匡平から離れろと言う詩緒を弾き飛ばす。
関係無い人は引っ込んでいて欲しいな。
隷属すべき平民の分際で。
まひる、止めろ。
日々乃さんには手を出すな。
俺が言えるのは、今すぐ村へ帰れと言うこと。

皆で寄ってたかって、私を、どうして。
煩いな。
好い加減にしないとお兄さん本気で怒っちゃうぞ。
どうぞ、お好きに。
宇輪砲が禍津妃に捕らわれる。

止めないか、まひる。
もう十分だろう。
器師の癖に。
もうメンテもしてやんねぇぞ。
禍津妃が最強だと言うこと。

桐生と詩緒が結界を解く。
宇輪砲が動き出す。

未だに日向だ枸雅だと言ってる場合だろうか。
事務所の持ち主は空守村初の国会議員平城毅。
久羽子さんあなたは知り過ぎたからね。
直接会ったほうが良いと思ったんだ。
今の時代に合った生き方をするべきだ。
俺を座敷牢から脱出させたのはあんたか?
苦労したよ。
手を組む件、承知かな?

まひるが逃げ込んでくる。
これはどういう事だ?
大事な話だからと来てやったけれど。
平城これはどういう事?
空守村の将来ですよ。

様を付けなさいよ、あんたはただの雑魚。
あの時に何にも出来なかった時から雑魚。
この際、力の優劣をはっきり示してあげたほうが良いわね。
良かったわね阿幾、あんたは匡平様のおかげで
 生きてられるのよ。
良いの持ってんじゃない、デコメガネ。
久羽子の持っていたスタンガンで逆に気絶させられる。

詩緒は怒っていた。
お姉さんは私でしょう。
大事な事よ、私の事姉様と呼びなさい。
それなら威厳とかそれらしいところ見せろ。
じゃあ、まひるちゃんはどうなのよ。
まひる姉様はなぁと思い出してビビる桐生。

勾司朗にまひるとの関係を話す匡平。
あの場では話せないことかもしれないからな。

まひるに縛られた阿幾。

8年前に禍津妃とまひるが倒れていた。
阿幾と匡平が助けてやる。
泣きそうだが泣き止むまひる。
山の中腹に洞窟を発見する。
不審な気を感じ、中を確認する阿幾と匡平。
付いて来る、まひる。

明るい場所で案山子を発見する。
4つ足で動きそう。
俺たちだけの秘密にしないか?
阿幾が捕まる、意識を吸収する。
阿幾を助けるが動き出す案山子。
洞窟から逃げる3人。
追いかけてきた案山子、3対1で戦う。
ククリのビームでも叶わない。
結界で制御しようとするが禍々しい思念に捕らわれる。
まひるを助けて上に飛ぶククリ。
クラミツハで下部から攻撃するも弾かれる。

あいつは人の心を食って動く。
まだ動いている、ビームでククリの右手を壊される。
まひるを背負って、阿幾の手を引いて逃げる。
ククリの左手が開いてビームを吸収反射した。

ここで意識が無くなった匡平。
大人たちが来て案山子を壊したことになっていた。
あの時、俺は心が折れてしまった。

あの時、ククリの左手が開いていなければ私達は
 皆死んでいたとまひる。

次回 「囚われた日々乃」

なんとも激しい性格のお嬢様、まひる。
良いですねぇ。
このスタンスが久羽子の役目かと思ったのですが、
 彼女の存在が無意味になりそうなくらい激しいですね。

たんなる我儘キャラなのか、匡平ラブのまひる。
でも誰も彼女の実態を知らなかったのでしょうか?
村では暴れられなくて大人しくしていた?
今回は抑圧されていたものが噴き出した感じはありますね。

1話のアバンでの戦いが匡平の口から語られましたが、
この後に千波野先生の件が有ったはずですよね。
今回の件も匡平が村を出る一因なのかもしれませんが
 隻を降りたわけでもないですよね。

2つの事件が有ったのは分かりますが、匡平の隻を
 辞めて村を出たの直接の原因は何でしょうか?

案山子って禍々しい姿ばかりでククリが唯一例外
 ですね。
案外、兵器なのでしょうね。
そして今回暴れた案山子は日向の頭首が隠している
 アマテラスなのかな?

それにしても今回も縛られる阿幾。
縛られて横になる姿が一番似合う?
そして国会議員で何かを企む平城毅の登場。
彼が一番の策士で現状破壊を求めているのですね。

2011年8月31日 (水)

神様ドォルズ テレビ東京(8/30)#09

第9話 因縁の渦
09_image
09_eread
緊張しながらオーダーをとる詩緒。
久羽子の父親、刑事が喫茶店にやって来た。
人形騒ぎ知ってる?
あの時居合わせてね、君たちを見たような気がすると
 カマをかける。
09_thumb
あんな子供にすることじゃないと同僚の若い刑事。
このヤマはいけると確信した。

久羽子とあれ以来会えなくて気にしている日々乃。
あの奇人と仲が良いのはあんただけよ。

父親の手帳からパスワードを盗んで警視庁のシステムに
 侵入する久羽子。
事件の情報を取得する久羽子と一緒に居る阿幾。

靄子が詩緒の下を訪れる。
ククリの様子を見に来たらしい。
ここ数百年でククリの左手を開いたのは匡平だけ。
詩緒を見直す靄子。
あの時、詩緒とは異なる曲が流れていたので
 匡平の力で左手を開いた?

勾司朗が一緒に付いて来るように言ったので
 村を出た靄子。
日向の爺様の所に桐生を置いてはおけない。
桐生からの伝言はバカ。
由良子からは手紙とプレゼントを預かって来ていた。
日々乃には渋谷や原宿の案内を頼む。
お前でも女の子らしいところがあるんだな。

駅まで送る匡平、日々乃が詩緒に仕事を頼んで
 2人だけにする。
阿幾探しははかどっているの?
案山子は破壊と殺戮だけの道具だと言った事を話す。
桐生の事を気遣う匡平。

2人遅いね。
気にならないの?
どうして?
やった、ライバル脱落と嬉しそうな詩緒。

空守村を調べる久羽子。
6年前に落石事故でたくさん死んでいる。
でも話題にもならなかった。
あんたおかしいよ。
こんな良い女が上に乗ってるのに。
稀代の殺戮者なんでしょ、もっと派手にやってよ。
父親が訪ねてくる。
何か臭ったと各部屋を調べる父親。
阿幾は外に出かけていた。

スパゲティを作る勾司朗。
匡平から連絡、弟の事を心配にならない兄は居ない。
あの爺さんの下から、俺のパートナーとして行動している
 間は大丈夫だ。
阿幾を逃がしたのはお前か?
日向は何を考えてる?
中途半端は命取りだ。

村を出て何をしたい?
何を得たのかと自問する匡平。

お望みどおり遠くに来たが、俺には駄目だ。
村を跡形もなくしないと、何も始まらない。
何処にも行けない、千波野、ノォノと阿幾。
公園で一人の阿幾の前に男を連れて久羽子が登場。
お久しぶり、顔見知りの男のようだ。

桐生と会うために着替えた詩緒。
日々乃の小さい頃の写真を見て可愛いと言う匡平。
自分も写真を撮ると詩緒。
でも笑えない。

勾司朗と桐生、匡平と詩緒が合う。
靄子と日々乃が立ち会う。
もうお前とは戦いたくないと匡平。
桐生も詩緒とは戦わないと誓う。

親方様が見ていない所で枸雅の人間と勝手に仲良く
 なるなんて流石に次期頭首様。
私なんて我慢してたのに狡い。
出て来い、まひる。
会いたかったわ匡平様と腕を取るまひる。

次回 美姫、繚乱

ようやく久羽子が動き出した感じですね。
そして、それ以上に感の良い父親。
もっと久羽子が掻き回すのだと思ってましたが、
 ほとんど大家なだけですね。

ようやくというか、匡平が村を出たのは良いけれど
 何をしたいか、できるかを考えます。
逃げただけなのか?
詩緒のために、桐生のために積極的に関わるのか
 それでも逃げるのか主人公の決断時期ですね。
これだけ村の関係者が集まってきたら逃げてばかりも
 いられないでしょう。
ここから主人公の頑張りどころ?

そして、まひる登場です。
ピンクの鎖が写りましたが、彼女の案山子は
 公式サイトにも掲載されていないので、次回は
 登場するのかな?
次回は、まひる回のようで期待です。

追記
 
ネットで読んで1話を確認したところ、アバンのアマテラス?
 襲われて逃げているのは匡平と阿幾、まひるでした。
 詩緒と思ってましたが、違いました。
 エンドロールにも、まひるの名がありました。
 あのシーンは最後はククリが相手をやっつけたと
 思ってたのですが・・・

2011年8月24日 (水)

神様ドォルズ テレビ東京(8/23)#08

第8話 神様の役割
08_image
08_eread
08_thumb_2
お姉さんらしい笑顔を練習する詩緒。
でも笑えないことに気づく。

ククリも直り村から帰る3人。
匡平の母と日々乃は最後までお酒に付き合えたと知り
 驚いた様子。
父は部屋から見てるだけで、外で見送らない。
何と失礼な人間でしょう。

桐生がいることが分かり、ククリで対面する詩緒。
笑おうとするが笑えない。
桐生がアッカンベーをして去る。
勾司朗が企んだお見合いは失敗。
車の中で泣いている詩緒。
勾司朗の奴と分かっている匡平。

日々乃父の友人がオーナーの海辺のペンション。
海を知らない詩緒は行きたくて仕方ない。
当日は台風17号が接近。
それでも一縷の望みをかけてやって来た。
2階は雨漏りが酷いペンション。
詩緒は濡れたので風呂に入る。

オーナーに部屋を変えてもらおうと階下に向かうと
 大木が倒れてオーナーが下敷きになって動けなくなる。
ククリで救出するが停電。
納屋の発動機をククリで取りに行くが中が暗くて見えない。
匡平が中を照らすが布がククリを覆って詩緒には
 見えなくなる。
日々乃が駆けつけると匡平は倒れていた。
発動機を持って帰ろうとして日々乃に看板がぶつかりそうに
 なるのを救出する。
翌日は晴天、詩緒と日々乃で海に行く。
昨日は大活躍だったぞと褒められる。

空守村を調べている久羽子の父。

図書館に本を返しに行く日々乃。
東京の図書館は大きいと知って行きたそうな詩緒。
返却忘れの1冊を届けに向かう詩緒。
二人が目当ての客しか来ない喫茶店。
帰省の事を尋ねる、何も変わらないですよ。
村を出て20年たってもあの村は離さない。

タガが外れた時、自分の心の奥底に阿幾と同じものが
 眠っていると知った。
怖くなって隻を辞めた。

図書館で阿幾に出会う日々乃。
どうして匡平君を巻き混むの?
一人ですれば良い。
あいつには黒くて巨大なものが眠っている。
あんたを襲えばあいつは本気になるのかな?
詩緒がククリで対応する。
此処では駄目と外に出る3人。

クラミツハと戦うククリ。
良い事、人助けのために案山子が有ると言う詩緒。
案山子は破壊と殺戮しかできない。
それは中身が人間だからだ。

帰って来るなり怒ってる日々乃。
阿幾と会ったと言う詩緒。
部屋に籠る日々乃を心配して呼び続ける匡平。
どうして関係者は好き勝手言って、上から目線でお前は
 分かってないと言うのと怒ってる日々乃

匡平が煩いので暫く放っておいてと言うために
 ドアを開けると匡平と重なって倒れる。

慌てて身を引く匡平。
詩緒がスケベ、アホ、変態、浮気者と殴る蹴る。
抱き付いて泣きながら案山子は破壊と殺戮しか
出来ないって阿幾が言った。
中身が人間だからと。
良い事に使おうとしてもククリはそうなるの?
中身が人間ならお前次第だ。
ククリは良い神様だよ。

勾司朗と桐生が再び戻って来た。
靄子も一緒に。

次回 因縁の渦

確かに案山子の存在意義って何でしょうね。
神様なら色んな形が有って攻撃力があるのはなぜと
 思います。
それに禍々しい姿は神とは良い難いですね。
クラミツハや武未禍鎚は禍々しいですよね。

何でも高貴なもの、素晴らしいものの造形は
 綺麗ですからね。

確か最初に村を守ったり土木工事に使うと
 言ってましたね。
でもそれにしては効率的な形状でもないですよね。

さて 日向まひる いつ登場するのでしょうか?
公式サイトに案山子が描いてないので、案山子は登場
 しないのかな?
そうなると最終回に登場するだけかも・・・

2011年8月17日 (水)

神様ドォルズ テレビ東京(8/16)#07

第7話 追憶の肖像
07_image
07_eread
07_thumb
阿幾が連れている犬は自分たちの犬だと文句をつける
 枸雅篤史。
数人で阿幾を囲んでいる。
空守村に赴任してきた女教師が止めに入るも相手に
 されない。
お前はもう隻じゃない。
クラミツハの隻は枸雅の正統な跡取の俺、篤史だ。
飛ばすだけで精一杯、ふらついてるぞ。
クラミツハを止める匡平のククリ。
それが瀬能千波野との出会いだった。
産休の先生の代理でやって来た。

先生に言われて犬の面倒を見ている阿幾。
匡平のクラスメートの靄子。
阿幾が気になる様子。

枸雅篤史は瀬能先生に付き合おうと絡んでくる。
ビンタでその場を凌ぐが、校長先生から呼び出されて
 注意される。
枸雅と日向の家には逆らうなと言う校長。
閉鎖的な村でのしきたりらしい。

父に篤史のことを話して校長を何とかして欲しいと
 頼む匡平。
お前が篤史に言えば良い、お前は隻なんだから。
村で匡平の父は力もなく、やる気もない存在らしい。
祖父は枸雅家の頭首なのにね。
俺が先生を守るとククリでやって来る匡平。
先生は大人で自分の事は自分で面倒を見れると
 匡平に言う。

篤史は瀬能の悪口を吹聴したせいか?
 生徒の親も近づくなと生徒に言っている。

校長は阿幾は小動物をたくさん殺している、いずれ
 人間も殺すと隻を辞めさせられたと告げる。

遅かったな、犬の散歩は終わったぜ。
学校には来ないの?
わざわざ忌み嫌われるためにか?
ここは外れた者には厳しい。
とっくに一人だよ。

瀬能は父兄とデキタ 不倫教師
 と黒板に大きく書かれていた。

泣きながら教室を走り去る瀬能先生。

文字を消しながら誰が書いたと怒る匡平。
この子たちが書くわけないと靄子。
クラスは小学生のようですから知らない漢字も
 書いてますね。

阿幾と出会うが戻る先生。
入れ違いに匡平がやって来る。
篤史の嫌がらせを話すと直接話せば?
お前もオヤジと同じ事を言う。
隻が話せるのは案山子の件だけ。

村での評判は落ち、誰も瀬能先生を相手しなくなる。
篤史が再度、瀬能先生に手を出してくる。
阿幾が助ける。
父子家庭の父親とデキタ。
それを息子に見られて息子は飛び出して車と事故。
命は取り留めたが関係は終わった。

阿幾と関係する瀬能先生。
貞操観念の弱い女性ですね。
一緒に逃げようと言う瀬能先生。
俺はここでやることが有る、クラミツハは俺のものだ。

阿幾を見つめる靄子。
瀬能先生に告白しようとする匡平。
阿幾君とは友達で居てね。

阿幾との性交を写真に撮って校長に密告
 したものが居た。
誰とは言わない校長、学校を辞める決意をする。

荷物をまとめていると外で犬の悲鳴が聞こえる。
犬を探す瀬能先生、クラミツハで誘拐する篤史。

犬の死体に阿幾を呼び出す手紙を置いた篤史。
そこには数人で輪姦された瀬能千波野が居た。
篤史に纏わりついていた男達。

クラミツハで阿幾を刻もうとした篤史。
瀬能先生が阿幾を守るがクラミツハに殺される。
来てくれて嬉しいと息を引き取る瀬能先生。
遠くに行きたかった。

二人を殺して心中に見せかけようとする篤史。
取り巻きの男子たちは既に恐れて逃げ越。
クラミツハを制御しようとする阿幾。

枸雅家の人間が駆け付ける。
瀬能先生の死体を見て篤史が隻だと言うもの。
阿幾が何故いるのかと言うもの。

阿幾の意思で動くクラミツハ。
その場に居る全員を殺す。
ククリで駆けつける匡平。
これでようやく元どうりと匡平に話しかける阿幾。

阿幾とクラミツハの関係は今でも不明。
先生を殺したのが阿幾ではないと後で聞いた。
そして俺は隻を辞めた。
日々乃に全てを話した匡平。
涙を流す日々乃。

次回 神様の役割

遂にスタッフが力を入れたキーストーリーの7話。
阿幾と匡平の過去回。
OP無しでスタッフロール、EDも別の曲でした。
確かに力が入ってました。

正直、横溝正史の世界?と思いました。
今から80年くらい前の戦前のストーリーですよ。
2000年頃のストーリーではないですよね。
幾ら閉鎖的な村でも警察は居ないの?
警察を凌ぐ権力を持った村なのかと思います。

この場合、案山子による殺人は無罪なのかも?
まあ、凶器とも良い難いし、精神波で制御も罪を問えるかと
 言うと難しいかも・・・
法律の範疇に案山子のような物は含まれてないですからね。

そして貞操観念の無い先生、瀬能千波野。
寂しい目をしてると抱かれるの?
以前、それで失敗しているのに又同じ過ちをするのですね。

相手を好きな先生を無理やりというストーリーも有りがちですね。
少年ウルフガイを思い出しました。

瀬能先生に暴行を働いた時点で、社関係者は助けなかった。
瀬能先生は暴れ叫ばなかったのでしょうか?
クラミツハが先生を殺害した時には駆けつけました。
4,5人で口を押えたのかな?
暗黙の了解で見逃していた?

まあ枸雅篤史と取り巻きは、語る必要もない屑でした。
しかし匡平の家は枸雅の末席なのですね。
桐生の件は父か兄に聞けと言ってましたね。
この父も隻でなかった?のか世間を恨んでるやる気の無い
 負け犬の駄目人間ですね。

阿幾は元通りクラミツハの隻になってどうしたいの?
瀬能先生を殺したのが阿幾じゃなければ、日々乃を
 先生に似ていると言われて怒って阿幾を殴った匡平の
 心情が分からないな・・・
てっきり阿幾が先生を襲ったからだと思ってました。

OP、EDを歌う方の過去作を思い出す鬱でした。

2011年8月10日 (水)

神様ドォルズ テレビ東京(8/09)#06

第6話 空守村
Goddolls
06_eread
実家に戻った3人。
母が詩緒を抱きしめる。
母の膝枕で眠る詩緒、お母さん、ただいま。
06_image
06_thumb
父に桐生の事を尋ねる匡平。
出産に立ち会っていないし、妻で二人の母も出産時の
 記憶が無いらしい。
知りたければオヤジ、祖父か兄に聞け。
本当の事なのに知りたくないのか?
本当のことなど知りたくもない。
お前だって詩緒に全部押し付けて逃げた癖に。

杣木さんが直ぐに出頭しろって。
祖父の言葉を伝える靄子。
匡平とは幼馴染。
日々乃の知らない人間関係、羨ましい?

直すには2,3日かかるらしい。
武未禍槌は勾司朗が持って来たらしい。
隻のことは靄子も知らないらしい。
かなり傷んでいるので直ぐには直らないらしい。
詩緒大好きな妹、由良子が登場して詩緒を抱きしめて
 側から離れない。
杣木家は器師で祖父が統領。
靄子が後を継いで、彼女の妹が由良子。

木材に神の血を浸透させて作る案山子。
神の血が案山子の血であり神経となるらしい。
裏山に案山子の木が生えているらしい。
匡平は行きたがらない。
木が繋がって伝達するネットワークのようなもので
コツを掴めばお互いの思っていることが伝わると靄子。
耳を抑えて止めてと叫ぶ日々乃。
耳を抑えても意味無いよ。
ふーーん悪い人じゃなさそうだね。
不意にある光景が日々乃に流れ込む。
涙がこぼれる、それはとても綺麗で悲しかった。

不始末だったな詩緒よ。
はい、お爺、お館様。
何か聞きたいことがあるのじゃろう?
桐生と言うのだそうだ、お前の弟だ。
生まれて直ぐに日向に引き取られた。
お前が大きくなればいずれ話すつもりだった。

勾司朗が桐生を連れ帰る。
迎える嫁、妻帯者だった。
この子は隠れて・・・隠し子と疑う嫁。
早く風呂に入って来い、上手いもの食わせてやる。
桐生の背中の傷を見て悟るが風呂に入れ。
食え、お前は大事な相棒だからな。
同じ生まれなのに詩緒と何が違うんだ。

ククリが直りテスト飛行等の動作チェック。
日々乃と靄子に生意気な年下に対するお姉ちゃんの
 対応を尋ねる詩緒。
飛んで帰ろう。
日々乃は怖くて悲鳴、あんたたちおかしいわよ。
桐生の事を考えてコントロールを失敗する詩緒。
匡平は落ちそうな日々乃の上着を持って支える。
ブラが丸見え状態。
詩緒は日々乃のパンツに捕まっている。
おへそも丸見えで下着が少し見える状態。
サービスですね。
詩緒と謝る匡平。
もう慣れてきた・・・

日々乃の外出に付き合う匡平。
実家の墓参りに行く日々乃。
父親はこの村の事を話さないらしい。
突然の雨で雨宿りすると透けブラの日々乃。
上着を貸す匡平。
サービスですね。
阿幾と先生のことを尋ねる日々乃。
もうそれくらい知っても良いよね?
あれは6年前・・・

次回 追憶の肖像

ククリを直すために器師を訪れる。
そこの娘が幼馴染の杣木靄子。
匡平に阿幾の事を尋ねたり、裏山で日々乃が見た
 阿幾の光景から気になっているのでしょうか?

そして桐生は双子の弟で日向家に引き取られたことが
 判明しました。
かつては双子は不吉と忌み嫌われたとか。
その名残なのでしょうか?
日向の親方の扱いは酷く背中が傷だらけでした。
それも含めて同じ生まれなのに、案山子の扱いも
 自分の方が美味いのにと詩緒を恨んでいるようです。

阿幾と言い桐生と言い幽閉?軟禁の好きな村ですね。
なにか隠して守るものがあるからでしょうか。
匡平は村が嫌で、案山子が嫌で東京に行きました。
でも父親も同じ考えのようですね。

次回に先生の事や阿幾とのことが判明するようです。
7話がスタッフ曰く注目回だそうです。

2011年8月 3日 (水)

神様ドォルズ テレビ東京(8/02)#05

第5話 故郷へ・・・
Goddolls
お兄ちゃんから離れろとククリで責める詩緒。
此処も離れろと日比野と匡平の間に割って入る。
05_thumb
あいつは?
知らない。

派手にやってるな、後始末することも考えろと勾司朗。

匡平たちを見て、あいつは爆破事件の関係者と
 久羽子の父に見られる。

街中での戦いでたくさんの人に見られる。
武未禍槌の電撃に劣勢のククリ。
剣で攻撃するも壊されるククリ。
近くの森に隠せと詩緒に指示する匡平。
05_image
からかうだけのつもりが本気になった桐生。
電撃を吸収して反撃するくくり、武未禍槌も
 壊れる。
ククリの壊れたパーツを持って来た勾司朗が
 桐生を連れて帰る。
そいつは。
答える権限は俺には無い。

ククリの部品をいじってる日々乃。
木材なのね。
実家に連絡している匡平。
気流の事も知らないと言われる。

私も一緒に行かせてくれない?
日比野の運転で帰る3人。
高校の同級生とすれ違う。
匡平に何しに来たんだと尋ねる同級生。
詩緒様を送って来たのか?

帰ったか桐生よ。
失望したぞと木刀で殴る親方様。
これはしつけだと言うが、木刀を使う必要はない。
 勾司朗が阿幾を逃したのは親方様?

双子を特別と考えるのは早計じゃないのか?
アマテラスを御する力を持った隻を見つけたい様子。

次回 空守村

どうやら桐生は詩緒と双子のようですね。
昔は忌み嫌われたこともあるので、そんな理由で
 一緒に育てられなかったのでしょうか?
日向の親方はアマテラスを制御できる隻を
 探しているようです。
アマテラスって特別な案山子なのでしょう。
次回は村でククリの修理です。
案山子が木製とは思わなかったです。

今回は阿幾が登場しなかったですね。
久羽子と暮らしているのでしょうか?

2011年7月27日 (水)

神様ドォルズ テレビ東京(7/26)#04

第4話 ヘルマ
Goddolls
前回、阿幾を拾った久羽子。
その前の戦闘シーン。
阿幾を攻撃する日向勾司朗。
日向に来い、枸雅に居ると一生座敷牢だぞ。
あんな小さな村でせせこましい権力闘争を何百年。
折角、神の力を手に入れたのに、バカバカしいとは
 思わないのか?
昔の人の言うことを信じて、せいぜい戦車一台分だろう。
勾司朗の案山子、宇輪砲は見えなくても阿幾を攻撃できる。
匂いか?
確証はないが暗密刀で攻撃する阿幾。
宇輪砲にはマーキング機能があるらしい。
勾司朗が危ない所を助ける少年。

そして落ちていき久羽子に持ち帰られる阿幾。

ククリは海水と泥で汚れていた。
お風呂で洗う日々乃と詩緒。

そのままお風呂に入る。
隻が居たと考える詩緒。
帰って来た匡平と話すが、悲鳴を聞きつけ
 風呂場のドアを開ける。
日々乃の裸を見てしまう匡平。

隻が居たと言う詩緒。
勾司朗か?
違う。
詩緒に日々乃を守って欲しいと頼む匡平。
阿幾が気になる事を言っていた。
自分で守れと言う詩緒に、お風呂の事で怒ってると
 言うので謝りに行く詩緒。
今日の事を匡平に相談したかったらしい。

久羽子が日々乃にこけしの関係者を見つけたと告げる。
それを匡平に話す日々乃。
詩緒を呼んで部屋に向かう2人。
詩緒はバスに乗れなくてククリでやって来る。

久羽子は部屋に阿幾を監禁していた。
何が何でも白状させてあげる。
エアガンで撃ちまくる久羽子。
しかし案山子を呼び出して立場は逆転する。
スタンガンで応戦する久羽子。
阿幾は抑えられない。

阿幾と会う匡平たち。
日々乃を見て、先生の面影があると告げる阿幾。
怒りだし阿幾を殴る匡平。
見ただろう、これがこいつの本性だ。
またなと阿幾が去る。

匡平君だけは阿幾君の友達でいてあげてねと回想。

阿幾を追いかける匡平、詩緒、日々乃。

阿幾は久羽子の部屋に戻ってきた。
此処が一番安全だ。

詩緒が自分と同じ顔の隻と出会う。
僕の事隠していたわけだ、枸雅は。
同じ血を分けた片割れ同士。
ククリを呼んで戦う。
ククリを弾き飛ばす。

公園で自身を痛めつける匡平、なだめる日々乃。
ククリが飛んでくる。
新たな案山子が登場する。
この音、武未禍槌。
詩緒ちゃん、と日々乃。
違うと止める匡平。
反対方向から走って来る詩緒。
お前は誰だ。
随分薄情な言い方だね、お兄ちゃん。

次回 故郷へ・・・

ん?
サブタイトルのヘルマって何?
今回も結果を先に見せて後から詳細を
 見せるのでしょうか?

詩緒と似た少年の謎。
そして先生と阿幾、匡平の関係。
謎がたくさんです。

登場人物が増えて面白くなってきました。
詩緒そっくりな少年は双子なのか、かれが阿幾を
 襲い、詩緒に高速道路から襲ったのですね。

他人に見られてはいけないと言いながら街中で
 戦ってます。
案山子ってかなりの数があるようです。
もっと少ないのかと思ってました。

久羽子がもっと掻き回すと面白くなりそう。
久羽子に期待です。

その他のカテゴリー

30歳の保健体育 | AKB0048 | Angel Beats | Another | Aチャンネル | BLAZBLUE ALTER MEMORY | BLOOD-C | Brave10 | BTOOOM! | C | C3-シーキューブ- | Charlotte | Classroom☆Crisis | Coppelion | D.C. | Devil Survivor2 | DOG DAYS | Fate/Zero Stay Night | Free! | GANGSTA. | GATE 自衛隊 彼の地にて、斯く戦えリ | GJ部 | Go!プリンセスプリキュア | God Eater | GOSICK | ISUCA | K | LUPIN the Third峰不二子という女 | M3-ソノ黒キ鋼- | Mr. BRAIN | No.6 | PSYCHO-PASS | RAIL WARS! | RDGレッドデータガール | Rio-Rainbow Gate- | ROBOTICES:NOTES | selector infected WIXOSS | SHIROBAKO | Star Driver輝きのタクト | Steins;Gate | TARI TARI | TERRAFORMARS | The IDOLM@STER | The Unlimited兵部京介 | Thunderbirds | Tiger & Bunny | TVドラマ | UN-GO | Wake Up, Girls | WHITE ALBUM2 | WORKING | Z/X IGNITION | ZETMAN | あそびにいくヨ | あっちこっち | あの夏で待ってる | あの日見た花の名前を僕たちはまだ知らない | あまがみSS | いつか天魔の黒ウサギ | いなり、こんこん、恋いろは。 | うさぎドロップ | うしおととら | うたわれるもの | うぽって | えとたま | えびてん | えむえむっ! | おそ松さん | おとめ妖怪ざくろ | お兄ちゃんだけど愛さえあれば関係ないよねっ | お兄ちゃんのことなんかぜんぜん好きじゃないんだからね | お勧めできないアニメ | お笑い | がっこうぐらし | きんいろモザイク | ぎんぎつね | けいおん!! | げんしけん | この中に一人、妹がいる | これはゾンビですか? | ご注文はうさぎですか? | さくら荘のペットな彼女 | ささみさん@がんばらない | さばげぶっ! | さんかれあ | しろくまカフェ | じょしらく | すべてがFになる | そにアニ | そふてにっ | そらのおとしものf | それが声優 | それでも世界は美しい | それでも町は廻ってる | たまこまーけっと | たまゆら | ちはやふる | つり球 | とある科学の超電磁砲 | とある飛空士への恋歌 | とある魔術の禁書目録Ⅱ | となりの怪物くん | ぬらりひょんの孫 | のうりん | のんのんびより | はぐれ勇者の鬼畜美学 | はたらく魔王さま! | ばらかもん | ひだまりスケッチ | まおゆう | ましろ色シンフォニー | まじもじるるも | まよチキ! | まりあ†ほりっく あらいぶ | みつどもえ増量中 | みなみけ | めだかボックス | もしドラ | もっとToLOVEる | もやしもん | やはり俺の青春ラブコメはまちがっている。 | ゆゆ式 | ゆるゆり | よんでますよ、アザゼルさん。 | アウトブレイク・カンパニー | アオハライド | アカメが斬る! | アクエリオン | アクセル・ワールド | アスタロッテのおもちゃ | アニサン劇場 | アニメ その他 | アニメ・コミック | アニメ個人評価 | アブソリュート・デュオ | アルドノア・ゼロ | インフィニット・ストラトス | ウィザード・バリスターズ 弁魔士セシル | ウイッチクラフトワークス | エウレカセブンAO | エスカ&ロジーのアトリエ | オーバーロード | カンピオーネ | ガッチャマン クラウズ | ガリレイドンナ | ガリレオ | ガンスリンガーストラトス | ガンダムAGE | ガンダムGのレコンギスタ | ガールズ&パンツァー | ガールフレンド(仮) | キャプテン・アース | キューティクル探偵因幡 | キルミーベイベー | キルラキル | ギルティクラウン | クイーンズブレイド | クロスアンジュ 天使と竜の輪舞 | グラスリップ | グリザイアの果実・迷宮・楽園 | ケイオスドラゴン 赤竜戦役 | ココロコネクト | コネタマ | コメット・ルシファー | コンクリート・レベルティオ | ゴールデンタイム | サムライフラメンコ | サンダーバード | サーバントXサービス | シドニアの騎士 | シモネタという概念が存在しない退屈な世界 | ジョジョの奇妙な冒険 | スイートプリキュア | ステラ女学院高等科C3部 | ストライクウィッチーズ2 | ストライク・ザ・ブラッド | スペース☆ダンディ | スマイルプリキュア | セイクリッドセブン | セキレイ Pure Engagement | ゼロの使い魔 | ゼーガペイン | ソウルイーターノット! | ソードアートオンライン | ダンガンロンパ | ダンジョンに出会いを求めるのは間違っているだろうか | ダンタリアンの書架 | テルマエ・ロマエ | ディーふらぐ! | デス・パレード | デッドマンワンダーランド | デュラララ!! | デンキ街の本屋さん | デート・ア・ライブ | トリアージX | トリニティセブン | トータル・イクリプス | ドキドキ!プリキュア | ドラゴンクライシス | ニセコイ | ノブナガン | ノブナガ・ザ・フール | ノラガミ | ノーゲーム・ノーライフ | ハイキュー | ハイスクールDxD | ハナヤマタ | ハピネスチャージプリキュア | ハマトラ | ハヤテのごとく | ハートキャッチプリキュア | バカとテストと召喚獣 | バクマン | バディコンプレックス | パソコン・インターネット | パパのいうことを聞きなさい! | パンチライン | ビビッドレッド・オペレーション | ピンポン | ファイブレイン | ファンタジスタドール | フォトカノ | フラクタル | フリージング | ブラック★ロックシューター | ブラック・ブレット | ブラッドラッド | ブレイクブレイド | ブレイドアンドソウル | プピポー | プラスティック・メモリーズ | プリズマ☆イリヤ | ヘヴィーオブジェクト | ベン・トー | ペルソナ4 | マギ | マケン姫っ! | ミカグラ学園組曲 | メカクシティアクターズ | モモキュンソード | モンスター娘のいる日常 | モーレツ宇宙海賊 | ヤマノススメ | ヤングブラックジャック | ユリ熊嵐 | ヨスガノソラ | ヨルムンガンド | ラストエグザイル-銀翼のファム- | ラブライブ! | リトルバスターズ | ルパン三世 | レベルE | レーカン! | ロウきゅーぶ! | ログ・ホライズン | ローゼンメイデン | ローリング・ガールズ | ワルキューレロマンツェ | ワンパンマン | 一週間フレンズ。 | 下ネタという概念が存在しない退屈な世界 | 世界でいちばん強くなりたい | 世界征服~謀略のズヴィズダー~ | 世紀末オカルト学院 | 中二病でも恋がしたい | 乃木坂春香の秘密 | 乱歩奇譚 Game of Laplace | 京騒戯画 | 人類は衰退しました | 会長はメイド様 | 侵略!イカ娘 | 信長協奏曲 | 俺、ツインテールになります。 | 俺がお嬢様学校に「庶民サンプル」としてゲッツされた件 | 俺の妹がこんなに可愛いわけがない | 俺の彼女と幼馴染が修羅場すぎる | 俺の脳内選択肢が、学園ラブコメを全力で邪魔している | 俺物語!! | 健全ロボ ダイミダラー | 偽物語 | 僕はHができない | 僕は友達が少ない | 僕らはみんな河合荘 | 八犬伝 | 六畳間の侵略者!? | 六花の勇者 | 冴えない彼女の育てかた | 凪のあすから | 君と僕 | 君に届け 2nd Season | 君のいる町 | 咲-saki- | 問題児たちが異世界から来るそうですよ? | 喰霊-零- | 四月は君の嘘 | 坂道のアポロン | 城下町のダンデライオン | 境界の彼方 | 境界線上のホライゾン | 変ゼミ | 変態王子と笑わない猫 | 夏目友人帳 | 夏色キセキ | 夏雪ランデブー | 夜ノヤッターマン | 夜桜四重奏 | 夢喰いメリー | 大図書館の羊飼い | 天体のメソッド | 失われた未来を求めて | 好きっていいなよ | 妖狐X僕SS | 学戦都市アスタリスク | 宇宙兄弟 | 宇宙戦艦ヤマト2199 | 実は私は | 寄生獣 | 対魔導学園35試験小隊 | 山田くんと7人の魔女 | 幕末義人伝 浪漫 | 干物妹うまるちゃん | 幸腹グラフィティ | 幻影を駆ケル太陽 | 弱虫ペダル | 彼女がフラグをおられたら | 心霊探偵 八雲 | 快盗天使ツインエンジェル | 恋と選挙とチョコレート | 恋愛ラボ | 悪魔のリドル | 惡の華 | 戦国コレクション | 戦国乙女~桃色パラドックス~ | 戦姫絶唱シンフォギア | 探偵オペラ ミルキィホームズ | 探偵ナイトスクープ | 攻殻機動隊 | 放浪息子 | 放課後のプレアデス | 断裁分離のクライムエッジ | 新世界より | 新参者 | 新妹魔王の契約者 | 日常 | 日記・コラム・つぶやき | 星刻の竜騎士 | 星空へ架かる橋 | 映画・テレビ | 普通の女子高生が【ろこどる】やってみた。 | 暁のヨナ | 暗殺教室 | 曇天に笑う | 最近、妹のようすがちょっとおかしいんだが | 月の恋人 Moon Lovers | 月刊少女野崎くん | 有頂天家族 | 未来日記 | 未確認で進行形 | 東京ESP | 東京レイヴンズ | 東京喰種トーキョーグール | 桜Trick | 棺姫のチャイカ | 極黒のブリュンヒルデ | 機巧少女は傷つかない | 櫻子さんの足元には死体が埋まっている | 武装神姫 | 残響のテロル | 氷菓 | 波打際のむろみさん | 灼眼のシャナIII Final | 牙狼 | 物語シリーズ | 犬とハサミは使いよう | 猫神やおよろず | 琴浦さん | 甘城ブリリアントパーク | 生徒会の一存 | 生徒会役員共 | 男子高校生の日常 | 異国迷路のクロワーゼ | 異能バトルは日常系のなかで | 白銀の意思 アルジェヴォルン | 百花繚乱 | 監獄学園 プリズンスクール | 相棒 | 真剣で私に恋しなさい!! | 神のみぞ知るセカイ | 神撃のバハムート | 神様のメモ帳 | 神様はじめました | 神様ドォルズ | 私がモテないのはどう考えてもお前らが悪い! | 精霊使いの剣舞 | 純潔のマリア | 終わりのセラフ | 結城友奈は勇者である | 絶園のテンペスト | 緋弾のアリア | 緋色の欠片 | 織田信奈の野望 | 繰繰れ!コックリさん | 美少女戦士セーラームーン | 翠星のガルガンティア | 聖剣使いの禁呪詠唱 | 聖痕のクェイサー | 艦隊これくしょん-艦これ- | 花咲くいろは | 落第騎士の英雄譚 | 蒼き鋼のアルペジオ | 蒼穹のファフナー | 蟲師 | 血界戦線 | 謎の彼女X | 貧乏神が! | 赤髪の白雪姫 | 超次元ゲイム ネプテューヌ | 超訳百人一首 うた恋い。 | 輪るピングドラム | 輪廻のラグランジェ | 這いよれ!ニャル子さん | 進撃の巨人 | 銀の匙-Silver Spoon- | 銀河機攻隊マジェスティックプリンス | 銃皇無尽のファフニール | 鋼の錬金術師 | 長門有希ちゃんの消失 | 閃乱カグラ | 電波女と青春男 | 青の祓魔師 | 革命機ヴァルヴレイヴ | 響け♪ユーフォニアム | 食戟のソーマ | 鬼灯の冷徹 | 魔乳秘剣帖 | 魔弾の王と戦姫 | 魔法少女まどか☆マギカ | 魔法少女リリカルなのは | 魔法戦争 | 魔法科高校の劣等生 | 魔界王子 devils and realist | 黄昏乙女Xアムネジア | 黒子のバスケ | 龍ヶ嬢七々々の埋蔵金

2017年4月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            

Right

Down

  • VividRed
    ビビッドレッド・オペレーション
  • Lagrange
    輪廻のラグランジェ 応援バナー
  • The IDOLM@STER
    THE IDOLM@STER
  • 電波女
    テレビアニメ「電波女と青春男」 公式サイト
  • Steins;Gate
    TVアニメ『シュタインズ・ゲート』
  • あの花
    あの日見た花の名前を僕達はまだ知らない。
  • アスタロッテ
    TVアニメ「アスタロッテのおもちゃ!」公式サイト
  • 超電磁砲
    とある科学の超電磁砲 公式サイト
  • 俺妹
    俺の妹がこんなに可愛いわけがない
  • あそびにいくヨ
    TVアニメ「あそびにいくヨ!」7月より放送開始!

OnDemand

  • Potora
  • NetMile
  • Small
  • s2

BlogPP

Afiliate

AfiliateA

YearSeasons

PV

  • MuraPV
無料ブログはココログ