カテゴリー

カテゴリー「やはり俺の青春ラブコメはまちがっている。」の26件の投稿

2015年6月26日 (金)

やはり俺の青春ラブコメはまちがっている。続 TBS(6/25)#13終

最終回 第13話 春は、降り積もる雪ノ下にて結われ、芽吹き始める。
Cixe460veaqgzvx
雪乃が先日の母親の件を詫びて手作りクッキーを
 準備して結衣にプレゼント。
八幡には準備していない様子で、皿に盛ったクッキーを渡す。
家族の話で小町が同じ高校の入学試験を受ける。
兄が俺のようなやつだと知られると拙いと自虐的な八幡。
Cixft8zukaasqpq
帰りに八幡に手作りクッキーを手渡そうとする雪乃。
しかし取り出せない雪乃に気づいた結衣が気を利かせる。
そこに陽乃が迎えに来る。
Cixf_p5uaaahyro
母からの命令で同居することになったらしい。
今まで自由だったが陽乃の真似をしただけで自分なんて
 あったのかしら?
姉妹喧嘩は自宅で行うべきだと言うと喧嘩ではない。
結衣が自宅に二人を招待する。
Cixgm8oumaavupu
結衣の母は八幡に興味津々、良く話を聞かされるみたい。
雪乃が泊まると姉に電話すると八幡に優しいのねと伝言。
Cixgofiumaaiieh
雪乃はどうしたい?
明日デートしよう。
Cixhox1umaagxw5
結衣からの電話で八幡も一緒に3人で葛西臨海公園に向かう。
大雪だったが水族館は関係ない。
Cixhxxquwaajl98
ハイテンションの結衣に八幡もハンマーヘッドシャークにハイテンション。
小町に自慢したい様子。
雪乃もようやく本調子に戻る。

ナーサリーフィッシュに理想の生き方を感じる八幡。
キモいけれど可愛いかも。
比企魚くん。
ネコザメの何処が猫に似ているか悩む雪乃。
猫大好きな雪乃だった。
フンボルトペンギンが気に入る結衣、ペアで一生
 連れ添うペンギンらしい。
私は皆が考えるほど優しくないよ。
Cixiez2veaatqdf
寄る辺がないと流されるだけの魚、自身と重ねる雪乃。
観覧車に向かう結衣、まだ帰りたくない。
Cixihprusaan8zs
これからどうしよう?
ユキノンと私と私達のこと。
Cixj3ujukaafph_
先日のお礼と手作りクッキーを八幡に手渡す結衣。
頑張って自分なりに作った、これが結衣のやり方。
私は全て欲しい、卑怯で狡い娘。
ユキノンの問題の答えが分かってしまった。
私が勝てば全てをもらう。
ずっとこのままで居たい、それで良い?
私はそれでも構わな・・・。
良いわけがない、雪ノ下の問題は雪ノ下自身が解決すべきだ。
例え間違っていたとしても、自分で苦しんで足掻いて答えを見つけるべきだ。
結衣は優しい、雪乃は強いと思い込もうとしていた。
ヒッキーならそう言うと思っていたよ。
私の依頼は覚えている?
Cixjddiueaa_img
比企谷くんの依頼も残っているわ。
私の依頼を聞いてもらえるかしら?
Cixkf1xveaamqve
もちろん。

---最終回---

結局は過保護の母親、それに準ずる姉の束縛から
 逃れられない雪乃といった構図になるのだろうか。
ここで終わるのかという凄い終わり方でした。

最後に3期の案内を行わなかったので、事前の分割では
 ないようですね。
そうなると3期があったとしても2年後でしょう。
このまま待てというのも酷い。

結衣、八幡が奉仕部に依頼して最後は雪乃の依頼。
その内容は自身の家族のことになるのでしょうね。
そして3人はこのまま現状を維持できれば一番良い感じ。
でも好きな気持は抑えられないのでしょうね。
結衣は母親にも八幡を語っているようで、雪乃が居なければ
 告白しそうですよね。
最終回 第13話 春は、降り積もる雪ノ下にて結われ、芽吹き始める。
Cixe460veaqgzvx
雪乃が先日の母親の件を詫びて手作りクッキーを
 準備して結衣にプレゼント。
八幡には準備していない様子で、皿に盛ったクッキーを渡す。
家族の話で小町が同じ高校の入学試験を受ける。
兄が俺のようなやつだと知られると拙いと自虐的な八幡。
Cixft8zukaasqpq
帰りに八幡に手作りクッキーを手渡そうとする雪乃。
しかし取り出せない雪乃に気づいた結衣が気を利かせる。
そこに陽乃が迎えに来る。
Cixf_p5uaaahyro
母からの命令で同居することになったらしい。
今まで自由だったが陽乃の真似をしただけで自分なんて
 あったのかしら?
姉妹喧嘩は自宅で行うべきだと言うと喧嘩ではない。
結衣が自宅に二人を招待する。
Cixgm8oumaavupu
結衣の母は八幡に興味津々、良く話を聞かされるみたい。
雪乃が泊まると姉に電話すると八幡に優しいのねと伝言。
Cixgofiumaaiieh
雪乃はどうしたい?
明日デートしよう。
Cixhox1umaagxw5
結衣からの電話で八幡も一緒に3人で葛西臨海公園に向かう。
大雪だったが水族館は関係ない。
Cixhxxquwaajl98
ハイテンションの結衣に八幡もハンマーヘッドシャークにハイテンション。
小町に自慢したい様子。
雪乃もようやく本調子に戻る。

ナーサリーフィッシュに理想の生き方を感じる八幡。
キモいけれど可愛いかも。
比企魚くん。
ネコザメの何処が猫に似ているか悩む雪乃。
猫大好きな雪乃だった。
フンボルトペンギンが気に入る結衣、ペアで一生
 連れ添うペンギンらしい。
私は皆が考えるほど優しくないよ。
Cixiez2veaatqdf
寄る辺がないと流されるだけの魚、自身と重ねる雪乃。
観覧車に向かう結衣、まだ帰りたくない。
Cixihprusaan8zs
これからどうしよう?
ユキノンと私と私達のこと。
Cixj3ujukaafph_
先日のお礼と手作りクッキーを八幡に手渡す結衣。
頑張って自分なりに作った、これが結衣のやり方。
私は全て欲しい、卑怯で狡い娘。
ユキノンの問題の答えが分かってしまった。
私が勝てば全てをもらう。
ずっとこのままで居たい、それで良い?
私はそれでも構わな・・・。
良いわけがない、雪ノ下の問題は雪ノ下自身が解決すべきだ。
例え間違っていたとしても、自分で苦しんで足掻いて答えを見つけるべきだ。
結衣は優しい、雪乃は強いと思い込もうとしていた。
ヒッキーならそう言うと思っていたよ。
私の依頼は覚えている?
Cixjddiueaa_img
比企谷くんの依頼も残っているわ。
私の依頼を聞いてもらえるかしら?
Cixkf1xveaamqve
もちろん。

---最終回---


結局は過保護の母親、それに準ずる姉の束縛から
 逃れられない雪乃といった構図になるのだろうか。
ここで終わるのかという凄い終わり方でした。

最後に3期の案内を行わなかったので、事前の分割では
 ないようですね。
そうなると3期があったとしても2年後でしょう。
このまま待てというのも酷い。

結衣、八幡が奉仕部に依頼して最後は雪乃の依頼。
その内容は自身の家族のことになるのでしょうね。
そして3人はこのまま現状を維持できれば一番良い感じ。
でも好きな気持は抑えられないのでしょうね。
結衣は母親にも八幡を語っているようで、雪乃が居なければ
 告白しそうですよね。
Cixll7mvaaaltxh_2
今期はシリアス寄りで、原作を端折っていると想像できるので
 笑いも少なく面白くなかったですね。

2015年6月19日 (金)

やはり俺の青春ラブコメはまちがっている。続 TBS(6/18)#12

第12話 未だ、彼の求める答えには手が届かず、
               本物はまちがい続ける。
Top_img
雪乃の進路を八幡に尋ねる陽乃。
雪乃ちゃんも君には教えるんだ。
でも、それは信頼ではないかも。
陽乃の雪乃評価には怒りを抑える八幡。
Chzcwrruyai9x2x
バレンタインも近くソワソワする男子。
葉山は誰からもチョコを受け取らないらしい。
手作りチョコは重い気がすると言われて心配な結衣。
昨年は手作りを失敗したのだった。
八幡が結衣に暇を尋ねると暇だけど即答を避ける結衣。
Chzdlqeueais3zt
部室にはいろはが入り浸っていた。
実はお菓子作りが得意のいろは。
葉山が誰からも受け取らないと知ってショック。
八幡は誰からももらえなさそうだからと茶化す。
結衣はそうでもないとフォローすると小町が居るからな。
先輩は甘いの好きですか、義理チョコの参考にします。
Chzdvubueaaoiax
三浦が海老名に付き添われて相談に訪れる。
手作りをチョコを教えて欲しい。
葉山の件を聞いて悩む三浦といろはは意見が一致。
小学校の頃は翌日がギスギスして大変だったらしい。
川崎も訪れて妹にチョコ作りを教えて欲しい。
調理が得意な川崎だがお菓子は得意ではなかった。
葉山には受け取らざるをえない状況を考えればいい。
例えば試食とか・・・。
一緒に作れば良いのだ。
Chzfix6vaaaz0n2
いろはが海浜総合の玉縄に連絡して合同開催していた。
両校主催にすれば費用も少なく済む。
そして陽乃も呼んでいた。
川崎の妹、京華はうなぎが好きだった。
葉山と戸部は味見役で参加。
Chzfw16ucaaqqlz
折元が今年はチョコをプレゼントするよと八幡に告げる。
睨むヒロインズに川崎も含まれていた。
葉山は小学生の頃、雪乃からチョコをもらった。
雪乃ちゃんは誰にチョコをあげるのとからかう陽乃。
戸塚、平塚先生も参加。
Chzfp6cuaaagmdu
結衣が八幡に味見を頼む。
それが本物?今の君は詰まらないと陽乃。
前の雪乃ちゃんが好きだったな。
Chzgm6sveaaldmw
帰り道で、違和感を慣れてきたのだと考えていた。
もっと、おぞましい何かなのかも。
母親が心配して駆けつけてきた。
信じていたから自由にさせていたのに。
間違った道に進まないか心配。

本当の俺達は何処にいるのだろう。
雪乃を送り届けて八幡が結衣を送ろうと告げるが
 ズルい気がすると断られる。

---次回 「春は、降り積もる雪の下にて結われ、芽吹き始める。」---

何が言いたいのか全然分からない。
しかも小町の出番が今回も無かった・・・。
TBSアニメは12話が実質上の最終回で13話はおまけだが、
 これで2期が終わりなのだろうか。

2校合同の調理教室に参加者が20名程度っておかし過ぎる。
数百人が参加してもおかしくないので、予行演習?
しかも先生まで引率で参加しているのに。
川崎も八幡を気にしてる様子だったけれど、何かあったのだろうか。
芋の煮っころがしネタは、必要なかったと思う。

3期のための完全なつなぎに思えるのと、シリアスばかりで、
 設定にも納得できなかった2期だった。
次回は雪乃と結衣の字がサブタイに含まれているけれど、
 二人の対決になるのだろうか。

2015年6月12日 (金)

やはり俺の青春ラブコメはまちがっている。続 TBS(6/11)#11

第11話 いつでも、葉山隼人は期待に応えている。
Oregairu
高校2年生は3年生で進路に依ってクラス分けされるので
文系、理系を決める日が近づいてきた。
葉山が雪乃と付き合っているとの噂が広まっていた。
誰がそんな無責任な噂を建てたと怒る。

昼休みに二人で居るのを目撃した子が居るとか。
1月3日は雪乃の誕生日、結衣やいろはがプレゼントを渡して祝う。
いろはは4月が誕生日と抜け目ない。
葉山と雪乃が付き合っているとの噂を確かめる。
その所為で、確認してアピールする子が増えているらしい。
八幡に付き合っている子は居ますかと実際に試すいろは。
可愛くてドキッとしてしまう。

雪乃がメガネを掛ける、ブルーライトカット用。
八幡に似合うと言われて喜ぶ雪乃。
結衣も嫉妬して掛けようかな。
三浦優美子が部室を訪れる。
雪乃と葉山の関係を確認する。
過去を話す必要はないと冷たい態度に怒る三浦。
葉山の態度がおかしい、隣に一緒に居たい。
葉山の進路を知りたい三浦。
教えないのは知られたくないから、嫌がられても良いのか?
八幡が直接尋ねるからと依頼を引き受ける。

八幡の問に素直には応えない葉山。
姉が訪れたので雪乃は葉山の進路を尋ねる。
自分で考えなさい。
八幡に送らせる陽乃、見つけてくれることを期待しているのかなと
 陽乃は葉山を評価する。

戸塚はテニス関連の仕事に就きたい。
推薦がもらえるのは葉山くらいらしい。
戸塚に頼み事をする。
マラソン大会、トップの葉山に並んで問いかける。
三浦は女避けに良かっただろう?
理系を選べ。
皆の望む葉山を辞めたいのだろう。
俺は君が嫌いだ、劣っているとは感じたくない。
俺は君と同格でいたいから、君の忠告には乗らない。

結局は立ち止まって八幡と話しても優勝した葉山。
優美子、いろは、ありがとう。
雪乃と付き合っている噂は消滅する。
保健室で転んで擦りむいた膝の手当にやって来た八幡。
雪乃が座っていた、休んでいたら、棄権させられたらしい。
膝の傷を手当してくれる。
雪乃に進路を尋ねる八幡、文系らしい。
葉山の進路は理系ではないらしい。
結衣がドアの外で聞いていた様子。
クラスで打ち上げを行うので奉仕部も参加する。

雪乃に噂を謝罪する葉山。
陽乃さんの影を追わなくなって彼女は変わった。
気づいていないのかい?
俺もお前が嫌いだと葉山に告げる八幡。

たかが進級では何もリセットできないよ。
八幡はリセットが可能らしい。
俺は何も選ばない、それが一番良い方法だと思ってる。
自己満足だよ。

---次回 「未だ、彼の求める答えには手が届かず、
                本物はまちがい続ける。」---

モテる男子は皆のもの、皆の風早くんみたいです。

結局、何を描きたかったエピソードなのだろう。
三浦優美子は葉山が好きだけど、告白はしない。
雪乃が八幡を好きなのに葉山は気づいたのかな。
陽乃の八幡への頼みや、マラソンで尋ねるなど意味不明ばかり。
このエピソードで次回に何か進展するのだろうか。

結局、細部が不明なので色んなエピソードが気色悪い。
着々とハーレム化している八幡ですね。
小町の出番が無かったのは問題です。

2015年6月 5日 (金)

やはり俺の青春ラブコメはまちがっている。続 TBS(6/04)#10

第10話 それぞれの、掌の中の灯が照らすものは。
Oregairu
泣いて走り去ったいろは。
葉山に真意を尋ねる八幡。
君は周りの人間を変えて、凄いな。
君を褒めるのは俺のためだ。

3人でいろはと一緒に電車で帰る。
海浜幕張で雪乃と結衣は降りるが八幡はいろはに付き合う。
ダメなのも分かっていながらも告白したいろは。
私も本物が欲しいから。
先輩のせいですから、責任とってくださいね。

総武高校生徒会を集めて対策を論じる奉仕部。
もう時間がない、問題は責任者を決めない会議にある。
彼らの意見に反対し、勝ち負けをハッキリ決めると八幡。
いろはもしょぼいことは嫌だと、八幡の提案に乗る。

会議で演劇をしたいと提案するいろは。
玉縄たちの意見にも負けずに頑張って提案する。
自分は出来るはずだと思い上がってた、間違いを認められない。
間違いを誤魔化すために策を弄して責任を回避しただけだ。
ごっこ遊びをしたいなら他所でやって。
覚えたての言葉を使いたいだけで中身が無いごっこ遊び。
私達の時間をこれ以上奪わないで。

別々に演劇と音楽で実行しようととりなす結衣。
言っていることは正論だけれど、どうして空気を読まないで
 言っちゃうんですかと八幡と雪乃を注意するいろは。
折本が比企谷は変わったと評価する。
留美が依然として一人で作業していた。
手伝おうとする八幡を拒否する。
演劇に出てみないかと誘う。

生徒会書記が頑張ってシナリオを完成させた。
雪乃はケーキ作り、結衣には触らせない。
1期OPが流れる中、老人ホームで歌と演劇を披露する。

無事にイベントも成功した。
八幡にはクリスマスプレゼントのマグカップが送られる。
依頼を成功させてありがとうと礼を述べる八幡。
まだ終わってないと雪乃、結衣も分かる気がする。
クリスマスパーティしようよ。

与えられるもの、もらえるものは偽物でいつか失う。
だから俺は求め続ける。

4人で初詣、雪乃の誕生日プレゼント購入を
 相談する結衣、明日一緒に行こう。
優美子からの電話で合流する結衣。
雪乃は人混みが苦手だからと帰る、小町は気遣って
 お守りを買いに戻る。
俺も一緒にと言う八幡に何言ってるの。
八幡だからと言う意味不明の罵倒が雪乃には受けていた。
雪乃と一緒に帰る、今年もよろしくね。

結衣とプレゼントを選ぶ八幡。
小町はまたもや適当に消えていた。
陽乃と葉山に遭遇する。
二人は新年のお食事会の途中。
両家は仲が良くて毎年の恒例行事らしい。
雪乃に電話して切られそうだが、八幡に代わって呼び出す。
合流した雪乃、結衣が八幡とショッピングに反応する。
母親が見つけて近づいてくる。
雪乃の誕生日の意味も兼ねているのだからと
 同行を求める。
行きたくなくて、サボっていたが、行かざるを得ない状況の雪乃。

---次回 「いつでも、葉山隼人は期待に応えている。」---

いろはの告白は八幡の所為なので責任とってと言う。
実はいろはも八幡が気になってますね。
雪乃、結衣ともわだかまりが消えて元通りに戻った奉仕部でした。

海浜総合高校との合同イベントは案外とあっさり終わりました。
留美のアフターフォローもこれで終わり?な感じでした。
一緒に演劇に出演すれば仲良くなれるの?でした。
海浜総合に言いたいことを言って終わりとは、なんか拍子抜けでした。
1期OPが流れたのは懐かしくて良かったですね。

玉縄を評した八幡の言葉は自分にも言ってますよね。
同様に雪乃も。
自分のことを見つめなおして、一歩先に進めた二人だったのでしょう。

ここでは終わらず、雪ノ下家の新年行事を欠席した雪乃。
上手く陽乃に利用された八幡でした。
葉山も実は問題を抱えているようですね。
でも彼は陽乃が好きだが相手にされていない恋愛に
 起因しているだけに思える。
八幡に対する思いは複雑ですが嫉妬なのでしょう。

2015年5月29日 (金)

やはり俺の青春ラブコメはまちがっている。続 TBS(5/28)#09

第9話 そして、雪ノ下雪乃は。
Oregairu
思いの丈を告白した八幡は思い出しても恥ずかしい。
のた打ち回る姿を小町に見られてアイデンティティクライシスだ。
そんな姿も理解している小町だった。

部室で雪乃と二人、ぎこちない。
結衣は端から上機嫌で雪乃にべったり。
いろはと4人で会議に出席するが、覚悟しろと脅す。
予想以上にイラツイた雪乃、為す術は思いつかない。

いろはと奉仕部の3人とで平塚先生を尋ねる。
課題はクリアしたようだな。
結婚式で2回並んでディスティニーランドの入場チケットを
 4枚ゲットしたのでとプレゼントされる。
クリスマス仕様なら参考になるはずだから。
パンさん好きで年間パスポートを持つ雪乃だった。
余った一枚で葉山を誘ういろは。
舞浜駅では戸部、三浦、海老名も同行することになった。

パンさんのアトラクションは本気で無駄口を一切禁止する雪乃。
それでも3人で遊べるのが嬉しい結衣は終始上機嫌。
いろはと三浦は葉山を巡って密かに争っている。
アトラクションはお互いに気まずい戸部と葉山のペアになる。
海老名は最近までの気まずい雰囲気を理解していた。
自分の所為だったら申し訳なかったと告げる。

混んでいる場所には行きたくない八幡だがランドじゃない
 新しい場所なら空いているので良いと結衣に答える。
人酔いで歩幅がゆっくりの雪乃を気遣って遅れてしまう。
パレードは見られないが落下系のアトラクションに2人で乗る。
いつか私を助けてね。
実は落下系が苦手な雪乃、姉が幼いころにちょっかいを出して
 きたので、苦手になった様子。
幼い頃から明るくて聡明だった姉、何でも出来るので憧れた。
しかし姉には成れないことに気づいて無いものを持とうと探していた。
八幡にも同様の気持ちだった。

パレードも終わって結衣が撮ったパンさんの写真をチェックする雪乃。
花火が始まり、いろはと葉山が会話するのが視えた。
涙を浮かべて走り去るいろは。

---次回 「それぞれの、掌の中の灯りが照らすものは。」---

本編で出番が無いのでアバンで登場する小町。
小町はスタッフに愛されている気がする。
雪乃、結衣も参加して奉仕部としていろはの依頼に
 対処することになった。
雪乃も頑なな態度を改めて打ち解けました。
そんな雪乃の状態に嬉しくてべったりな結衣です。

奉仕部としては事態は好転したのですが、いろはの依頼、
 クリスマス合同イベントは未だ出口が見えない。
雪乃でも海浜総合高校の玉縄たちの対処は難しい。
キレて怒鳴るのかとも思いましたが最初は自重したようですね。
参考にとデスティニーランドのチケットをもらう4人。
そこで雪乃も自身の過去を少し告白。
いい状況だったのに、いろはが何やら告白した様子。
またもや問題発生のようですね。
恋愛関係ならどうでも良さそうです。
最近の葉山が少しおかしいような気もします。

パンさんが好きな雪乃、でも人混みに酔うのも不思議。
年間パスポートを持っているのに、今まではどうしていたのだろうか。
お目当てのパンさんだけ見て帰っていたのだろうか?

2015年5月22日 (金)

やはり俺の青春ラブコメはまちがっている。続 TBS(5/21)#08

第8話 それでも、比企谷八幡は。
Oregairu
雪乃に無理して部室に来なくても良いわよと
 引導を渡された八幡。
茫然自失な状態の彼に声を掛けたのは平塚先生だった。
Cfi0thlwmaa8uh9
愛車のアストンマーチンで寄り道に誘われる。
着いたぞ、調子はどうだ?
結構ヤバくて、問題は時間です。
玉縄も一色も責任を取りたくなくてなすりつけ合いをしている。
誰が一番かを先に決めなかったのが問題です。
相変わらず、良く見ているな。
でも人の感情を理解していない。
人は感情があるから間違うこともある、でも本質は同じ、心だ。
それに雪ノ下と由比ヶ浜のことを言ったつもりだった。
Cfi0tzhuuaaycss
もっと計算して計算し尽くして悩め。
人の感情は計算しても分からない、だから私は結婚できないのだが。
先生が結婚できないのは、相手に見る目がないからですよ。
オレが10年早く生まれて10年早く知り合っていたら、口説いていた。
赤くなって照れる平塚先生、特別にヒントをあげよう。
君は誰かを傷つけないために遠ざけた。
大切な人だから傷つけたくない。
しかし、それは無理な注文だ。
人は無自覚に他人を傷つけている。
いずれ雪ノ下に踏み込む者が現れるかもしれない。
しかし私は、それが君と由比ヶ浜であって欲しい。
今こそ、考え、悩み、苦しみ、もがく時だ。
Cfi2q6fuiaanoh4
生徒会選挙の対応に小町のためだと理由を欲した。
しかし、それは俺が間違ったのだ。
本当の理由とは・・・欲しいものがあったからだ。
正式な依頼に部室を訪れる八幡。
いつもの定位置ではなく、依頼者の席に座る。
クリスマスの合同イベントが行き詰まってやばい状態。
俺のやり方が間違った所為だ、助けて欲しい。
千葉村の夏合宿で会った鶴見留美も相変わらずな状態だ。
Cfi4grhviaebea4
貴方一人のやり方が間違っていたのなら貴方の問題でしょう。
貴方一人が解決すべきでしょう。
ヒッキーだけが悪いわけじゃない、私達も賛同した。
そんな言い方をするユキノンはズルい。
今ここでそれを言う由比ヶ浜さんもズルい。
言わないと分からない。
言われても分からない者もいる。
俺は本物が欲しいと涙ぐむ八幡に気圧される雪乃と結衣。
私には分からないと走り去る雪乃。

何してるの、今直ぐ追いかけないとダメ。
言われて気づいた八幡は自らの意志で追う。
いろはが外で入りづらくて立ち聞きしてしまった。
今日の会議は休みだと告げに来たのだった。
後でと話して先を急ぐ結衣と八幡。
雪ノ下先輩は上に行ったと教えてくれる。

雪乃を発見して声を掛ける結衣。
私も良く分からないから、もっと良く話そう。
今の儘は嫌だよ。
何故泣くの、由比ヶ浜さんはやはり卑怯だわ。
貴方の依頼を引き受けるわ。

---次回 「そして、雪ノ下雪乃は。」---

ようやく真意に気づいて雪乃と結衣に助けを求める八幡でした。
つまり、奉仕部に愛着が湧き仲間意識を既に持っていたのですね。
なのに気づかないフリで他の理由を求めていた。
でも平塚先生の言葉で傷つけても良いと言われて
 3人で解決に向かうことに決めました。

前回、戸塚も八幡にヘルプすると言ってくれたのに頼らなかった。
やはり彼が八幡のメインのアイドルですね。

平塚先生の愛車はアストンマーチンのようですね。
元々は英国の会社なので、右ハンドルがあります。
なのに左ハンドルを購入したのですね。
一人住まいではなく、親元で暮らしていないと購入は難しいでしょうね。
それともローンで購入したのだろうか。
それ程に、良い女性だと思うのなら、10年早く生まれていたらとか、
 言わずに八幡は彼女と結婚すれば良いのに。

2015年5月15日 (金)

やはり俺の青春ラブコメはまちがっている。続 TBS(5/14)#07

第7話 されど、その部屋は終わらぬ日常を演じ続ける。

公式サイトから
合同クリスマスイベントをともに催す相手校の生徒会は「意識高い」生徒たち。
フラッシュアイディア飛び交うブレストでシナジーを意識した
グランドデザインに口々に「それ、アグリーだね!」などと言うばかり。
その実、具体的なことは一切決められないまま、イベントの日は迫る。
さすがの八幡も追い詰められる。
一方、いろはとふたり、この難題に取り組むうちに互いに
微妙な絆も生まれてきたような…?
Oregairu
小町からはクリスマスプレゼントのリストと洗剤の
 購入を求める手紙が入っていた。
チキンとケーキを注文しなければいけない。
しかし白物家電を欲しがる小町って。

未だ部室に行きづらい結衣、いろはの手伝いは知っていた。
しばらくは早く帰る日もあると八幡。
生徒会室にも、サッカー部にも居ないいろはを探す。
ようやく発見して海浜総合高校との会議に出席。
既に小学校に話して生徒が訪れていた。
具体的に何をしてもらうかが決まっていない。
仕方ないので八幡が飾り付けの作成を決めていろはに指示。
夏休みの林間学校で出会った鶴見留美もいた。
内容会議で音楽関係のアイデアが多数提案される。
後日、内容を話し合って決めよう。

戸塚と偶然出会う、何かあったの?
八幡は一人で頑張って格好良いね。
何か手伝えることが有ったら言ってね。
予算が足りない、飾り付けも完成、次は?
これでは八幡がメインになっているので拙い。
玉縄に早く内容を決めないと何も出来ないと催促する。
予算的な観点から実現可能なリストを手渡す。

何もすることがないので、一人で飾り付けを作る鶴見留美を
手伝う八幡。
終わったらツリーの制作に向かわせる。

雪乃と出会う。
いろはの手伝いは彼女も知っていた。
貴方なら一人で解決できる。
私は違う、分かっているつもりなだけだった。
私達に気を使っている。
もう無理して部室に来なくても良いわ。

---次回 「それでも、比企谷八幡は。」---

着々と深みにハマる八幡でした。
海浜総合の玉縄にリーダーシップと決断力が無いのが
 問題ですが、会議の何処かでスケジュールを確認すべきでした。
各催しのデッドエンドを調べれば、自ずといつまでに
 何をすべきかが決まるのですが。

鶴見留美って結局どんな解決をしたのか覚えていない。
八幡の解決がベストではないことの歪でも生じ始めているのだろうか。
ここで鶴見が再登場するとは思わなかった。
いろはの生徒会長は歪みが生じているのも事実のように思う。
3人で生徒会を運営していれば雪乃も含めて、こうは
 なっていなかったと思わせて、逆転の奇策はあるのだろうか。

雪乃は面倒な女に成り下がってますね。
やはり仕事を与えて自信を復活させるしか無いのだろうか。
流石にメインヒロインの戸塚は出番がありますね。

2015年5月 8日 (金)

やはり俺の青春ラブコメはまちがっている。続 TBS(5/07)#06

第6話 つつがなく、会議は終わり、されど進まず。

公式サイトから
生徒会長選挙のあと、自らの選択が正しかったのか一抹の
わだかまりを感じる八幡。
そこへいろはが持ち込んできた依頼は他校の生徒会との
合同クリスマスイベント。
依頼を受けようという結衣に対し自らの意志で判断を下せない雪乃。
八幡は、奉仕部としては依頼を断りながらも、いろはを会長に
仕立てた責任から、雪乃と結衣には言わず自分一人でいろはを
手伝うことにするが…。
Oregairu
クリスマスも近づく、結衣が部室に一人で入れない。
八幡に一緒に行こうねと誘う。
いろはが奉仕部に依頼してきた。
海浜総合高校との合同クリスマスイベント、断りたかったが
 平塚先生が了承することを望んだ。
城廻先輩に相談しろよ。
受験生の手を煩わせたくない。
結衣はやる気だったので雪乃も受諾を決めようとする。

八幡は生徒会の初めての仕事だから受けるべきではない。
引け目を感じて八幡が個人的に依頼を了承する。
葉山には相談しないのかと尋ねると煩わしい問題は
 頼むと迷惑を掛けてしまうから。
早速、コミュニティセンターで待ち合わせする。

生徒会長の玉縄が司会でブレインストーミングを開始する。
相手は全員が横文字を使いたがるが内容は一切ない。
いろはと副会長や書記とは上手く馴染めていなかった。
良いようにあしらわれて、厄介事を押し付けられている感じ。
相手の高校に折本も参加していた。
生徒会ではない有志の参加者だった。

次回の会議でも纏まる兆しはない。
話を広げるだけでまとめない。
八幡も対抗して横文字の単語で対応して発言する。

折本がいろはを狙っているのと話しかけてくる。
先日の雪乃と結衣のどちらかと付き合っていると思われていた。
部活の奉仕部で笑われてしまう。

---次回 「されど、その部屋は終わらぬ日常を演じ続ける。」---

あれから雪乃と上手く関係が構築できていない様子の八幡。
結衣もなんだかギクシャクした感じの関係だった。
そこに新しい依頼が舞い込む。
いろはの依頼で裏では平塚先生が関与していた。
平塚先生の狙いは八幡と雪乃のような気がしますね。
いろはに代わって生徒会の実質的な運営を望んでいる感じですね。

結衣は3人で活動したいと素直な様子。
特に雪乃が元に戻れば良いと思っている様子。
雪乃は結衣の賛同によって決めようとするのは、
急に意志薄弱になったようにも感じられる。

今回の件で折本が絡んでくるので、前回も絡ませたのですね。
メインヒロインの戸塚はなんとか出番がある感じですが
 材木座や腐女子の海老名は依頼しないと出番が無いですね。
もうギャグ路線ではないようですね。
いろはを生徒会長にしたのが失敗だったと言わせたいような
 トラブルメイカーに描かれてます。
この合同イベントも無理過ぎて既に、八幡の頑張り次第になってます。
ここからどうやって自虐的解決を描くのだろうか。

この作品は千葉押しですが、提供絵もMAXコーヒを常に
 持たせてますね。
あっちこっち、も千葉が舞台なのに扱いが違う。
この作品は需要と供給がピッタリと噛み合った感じです。

2015年5月 1日 (金)

やはり俺の青春ラブコメはまちがっている。続 TBS(4/30)#05

第5話 その部屋には、紅茶の香りはもうしない。
Oregairu
公式サイトから
誰にも生徒会長選挙と奉仕部のことを相談できなかった
八幡だったが、妹の小町との会話によって、ようやく
動き出すきっかけを得る。
「雪乃と結衣に奉仕部に 残ってもらいたい」と願う小町に、
八幡は自分にできることを探すことに。
しかし一方で選挙に向けて着々と動く結衣、意志を変えない
雪乃に対し、打開策を思 いつけず苦悶する八幡。
いろは、材木座を巻き込んで、八幡がたどりついた逆転の解決方法とは?
Storyimg0
未だ怒って話そうとしない小町。
相談があると話しかける。
お互いに謝って妹だから許してあげる。
少し長いぞと全てを話す。
八幡の行動を理解できるのは妹の小町だから。
15年も一緒なのだから。
Storyimg1
雪乃も結衣も好きだから奉仕部は残して欲しい。
小町のために、小町の友達のために頑張って欲しい。
小町のためにと奉仕部を守る理由が見つかった。
しかし二人を生徒会長にしない方法が見つからない。
図書室で材木座と出会う、相談する。
小町も協力したいと戸塚と川崎を連れてきた。
Storyimg2
小町のためにも、雪乃と結衣の奉仕部流出を防ぐのが最優先。
それには、一色の依頼を叶える必要がないと気付く。
全てが小町最優先で考える。
Storyimg3
架空の葉山くん応援アカウントを作成して署名を求める。
戸塚、川崎応援アカウントも架空で作成して、全校生徒の1/3を
 越える署名が集まった。
材木座との共同作業だったが、アカウント名を一色いろはに
 変更する。
その数を見せていろはをその気にさせる。
いろはを冗談で推薦した奴らを見返したくないか?
葉山も手伝ってくれれば一緒に帰れるぞ。
八幡のあの手この手の口車に敢えて乗る決意をするいろは。
Storyimg4
いろはを応援する名簿を雪乃と結衣に見せる八幡。
これで立候補しなくても良いはずだ。
選挙準備もしていたので、悪かったなと結衣に話す。
ヒッキーは頑張ったね、ゆきのんに勝てないことも、
 勝っても部活ができなくなることも分かっていた。
裏で何をやっていたかは知らないけれど、表でやったことは評価する。
でも罪悪感は消えないよね。
Storyimg5
問題を与えて理由を与えないと行動できないものがいる。
一色が生徒会長に承認される。
生徒会室を去る城廻先輩、本当は雪乃に生徒会長、
 結衣が副会長で八幡が庶務と成ることを望んでいた。

---次回 「つつがなく、会議は踊り、されど進まず。」---

小町が一番でしたね。
お互いに大好きな二人でした。

結局、雪乃と結衣の立候補を諦めさせるには、依頼を捨てる。
いろはを炊きつけて口車に乗せて、恋愛を利用する。
騙してでも、その気にさせて生徒会長にすれば良い。
そのための理由づくりが少し酷い。
犯罪行為にも近い方法です、あの行為には喫煙シーンを隠したり
 エロ行為を規制するのと同様に字幕で説明を入れるべき。
犯罪助長行為にも思える。

まあ、今まで足りなかった小町成分の補給エピソードでした。
城廻は雪乃の生徒会長を願っていて、いろはの依頼を
 応援した腹黒のようですね。
平塚先生は、どう考えていたのだろうか。
教師で、あの依頼を認めた言い訳は欲しかった。

2015年4月24日 (金)

やはり俺の青春ラブコメはまちがっている。続 TBS(4/23)#04

第4話 そして、由比ヶ浜結衣は宣言する。

公式サイトから
生徒会長選挙に解決策を見いだせないまま、葉山の頼みと陽乃の
脅しにより、折本&仲町の女子2名と葉山とのデートに
つきあうことになった八幡。
途中、ふだんから葉山を気にかけている三浦優美子やいろはとニアミス。
入ったカフェでは雪乃と結衣が現れる。
そこへさらに陽乃も加わり、またしても事態は思わぬ方向に。
そして雪乃は、生徒会選挙に対し独自の決断をする。
それを知った結衣は…。
Oregairu
土曜日の打ち合わせをしようと話しかける葉山。
折本とのデートに誘われていない比企谷。
付き合って欲しいと頭を下げるが断る。
小町経由の電話で陽乃から土曜日に付き合えと脅される。
君は理性の化け物、自意識の化け物だよ。

ショッピングモールで海老名と三浦、戸部といろはと遭遇する。
いろははデートしていないで仕事しろと暗に脅される。
カフェでも比企谷を引き合いに出して貶める折本。
そう言うの好きじゃないな、君たちのことだよ。
雪乃と結衣がやってきた。
表面だけ見て勝手なことを言うのは止めてくれ。
彼は君たちよりもっと素敵な子と仲が良い。
比企谷を貶める折本を非難する葉山、折本たちは帰る。

選挙の立候補を頼みに来た雪乃と結衣だった。
そこに陽乃も居た、自分の手を汚さないやり方は母親と同じだと
 雪乃を避難する。
妹がいるので少し分かりますが、やり過ぎでしょう。
君は何でも分かるんだね。
言葉や行動の裏を読む君は面白い、葉山よりも。
三人が帰って葉山と比企谷だけが残る。

僕は僕ができることをしたまでだよ。
僕が君に依頼して君が壊してしまったものを
 取り返す方法を考えていた。
君や周囲の者は、君の価値をもっと正しく認識するべきだ。
俺のやり方は当たり前のことだ、いつも一人だから。
誰かを助けるのは、誰かに助けられたいと思っているからじゃないのか。

俺のやり方を自己犠牲だとは言わせない。
誰がお前たちのためなんかに。

平塚先生から雪乃が生徒会長に立候補すると伝えられる。
まだ誰にも話していない、それで君はどうするんだ?
雪乃に尋ねると今話そうと思っていたの。
この部活にも出席する、すべての人が貴方を嫌うなんて自意識過剰よ。
結衣が比企谷と一緒に帰る、自分も立候補することを伝える。
いろいろ考えてこれしかないと思った。
私には何も無いから。
勝手なのは皆だよ。
いつもヒッキーに頼っていた、今度は私が頑張る番だと思った。
雪乃は一つのことに集中すると部活が無くなるから。
私はこの部活が好きだから、バイバイ、ヒッキー。

納得した上での選択なら構わないが・・・ただ。
未だ小町は怒っていた。

---次回 「その部屋には、紅茶の香りはもうしない。」---

比企谷が密かに言ってましたが彼の行為を自己犠牲と
 言うのは少し違う気がする。
彼の犠牲で、彼の近しい人、仲の良い人が利益を
 被るのが自己犠牲。
葉山グループと彼は仲が良いとはいえない。
むしろお互いに嫌っている感じもする。
彼らのために行う行為は自虐的とでも呼べば良いのだろうか。

今回の雪乃、結衣が立候補するしかないのは予想の範囲内。
平塚先生は暗に比企谷にも求める行動は立候補でしょうね。
先生としては比企谷が会長で雪乃が副会長、結衣が書記か会計で
 奉仕部が生徒会に移行するのがベストなのでしょうね。
そう出来ると考えて敢えて先生と城廻先輩は精神異常者としか
 思えない行動をとったのでしょうか。

でもいろはの依頼はおかし過ぎる。
例えば、対立候補者が存在して、勝ちたいと城廻や平塚先生に
 嘘をついて奉仕部に依頼する。
いろはに詳細を尋ねると実は嘘で落選したい設定なら有り得るし
 理解も出来る。
立候補取り下げをすると担任教師も含めて余計に
 虐められるので出来ない。
対立候補者が、その後に立候補取下げにすれば良い。
こんな理詰めで有り得る設定にして欲しい。
そうでないと、厨二異能バトルと同じに思える。

ここで比企谷は意表をついて材木座を担ぎあげて欲しいものです。

陽乃って母親と同じで自分の手を汚さない腹黒人物で
 雪乃にはそうなってほしくないから行動しているのだろうか。
どう考えても、生徒会長にもなっていないので、手を汚さないタイプ。
葉山の行動も他校の生徒に意見しても被害は少ない。
それに過去のことを今更正しても意味が無い。
頑張ったのだろうが、効果は薄いよね。

その他のカテゴリー

30歳の保健体育 | AKB0048 | Angel Beats | Another | Aチャンネル | BLAZBLUE ALTER MEMORY | BLOOD-C | Brave10 | BTOOOM! | C | C3-シーキューブ- | Charlotte | Classroom☆Crisis | Coppelion | D.C. | Devil Survivor2 | DOG DAYS | Fate/Zero Stay Night | Free! | GANGSTA. | GATE 自衛隊 彼の地にて、斯く戦えリ | GJ部 | Go!プリンセスプリキュア | God Eater | GOSICK | ISUCA | K | LUPIN the Third峰不二子という女 | M3-ソノ黒キ鋼- | Mr. BRAIN | No.6 | PSYCHO-PASS | RAIL WARS! | RDGレッドデータガール | Rio-Rainbow Gate- | ROBOTICES:NOTES | selector infected WIXOSS | SHIROBAKO | Star Driver輝きのタクト | Steins;Gate | TARI TARI | TERRAFORMARS | The IDOLM@STER | The Unlimited兵部京介 | Thunderbirds | Tiger & Bunny | TVドラマ | UN-GO | Wake Up, Girls | WHITE ALBUM2 | WORKING | Z/X IGNITION | ZETMAN | あそびにいくヨ | あっちこっち | あの夏で待ってる | あの日見た花の名前を僕たちはまだ知らない | あまがみSS | いつか天魔の黒ウサギ | いなり、こんこん、恋いろは。 | うさぎドロップ | うしおととら | うたわれるもの | うぽって | えとたま | えびてん | えむえむっ! | おそ松さん | おとめ妖怪ざくろ | お兄ちゃんだけど愛さえあれば関係ないよねっ | お兄ちゃんのことなんかぜんぜん好きじゃないんだからね | お勧めできないアニメ | お笑い | がっこうぐらし | きんいろモザイク | ぎんぎつね | けいおん!! | げんしけん | この中に一人、妹がいる | これはゾンビですか? | ご注文はうさぎですか? | さくら荘のペットな彼女 | ささみさん@がんばらない | さばげぶっ! | さんかれあ | しろくまカフェ | じょしらく | すべてがFになる | そにアニ | そふてにっ | そらのおとしものf | それが声優 | それでも世界は美しい | それでも町は廻ってる | たまこまーけっと | たまゆら | ちはやふる | つり球 | とある科学の超電磁砲 | とある飛空士への恋歌 | とある魔術の禁書目録Ⅱ | となりの怪物くん | ぬらりひょんの孫 | のうりん | のんのんびより | はぐれ勇者の鬼畜美学 | はたらく魔王さま! | ばらかもん | ひだまりスケッチ | まおゆう | ましろ色シンフォニー | まじもじるるも | まよチキ! | まりあ†ほりっく あらいぶ | みつどもえ増量中 | みなみけ | めだかボックス | もしドラ | もっとToLOVEる | もやしもん | やはり俺の青春ラブコメはまちがっている。 | ゆゆ式 | ゆるゆり | よんでますよ、アザゼルさん。 | アウトブレイク・カンパニー | アオハライド | アカメが斬る! | アクエリオン | アクセル・ワールド | アスタロッテのおもちゃ | アニサン劇場 | アニメ その他 | アニメ・コミック | アニメ個人評価 | アブソリュート・デュオ | アルドノア・ゼロ | インフィニット・ストラトス | ウィザード・バリスターズ 弁魔士セシル | ウイッチクラフトワークス | エウレカセブンAO | エスカ&ロジーのアトリエ | オーバーロード | カンピオーネ | ガッチャマン クラウズ | ガリレイドンナ | ガリレオ | ガンスリンガーストラトス | ガンダムAGE | ガンダムGのレコンギスタ | ガールズ&パンツァー | ガールフレンド(仮) | キャプテン・アース | キューティクル探偵因幡 | キルミーベイベー | キルラキル | ギルティクラウン | クイーンズブレイド | クロスアンジュ 天使と竜の輪舞 | グラスリップ | グリザイアの果実・迷宮・楽園 | ケイオスドラゴン 赤竜戦役 | ココロコネクト | コネタマ | コメット・ルシファー | コンクリート・レベルティオ | ゴールデンタイム | サムライフラメンコ | サンダーバード | サーバントXサービス | シドニアの騎士 | シモネタという概念が存在しない退屈な世界 | ジョジョの奇妙な冒険 | スイートプリキュア | ステラ女学院高等科C3部 | ストライクウィッチーズ2 | ストライク・ザ・ブラッド | スペース☆ダンディ | スマイルプリキュア | セイクリッドセブン | セキレイ Pure Engagement | ゼロの使い魔 | ゼーガペイン | ソウルイーターノット! | ソードアートオンライン | ダンガンロンパ | ダンジョンに出会いを求めるのは間違っているだろうか | ダンタリアンの書架 | テルマエ・ロマエ | ディーふらぐ! | デス・パレード | デッドマンワンダーランド | デュラララ!! | デンキ街の本屋さん | デート・ア・ライブ | トリアージX | トリニティセブン | トータル・イクリプス | ドキドキ!プリキュア | ドラゴンクライシス | ニセコイ | ノブナガン | ノブナガ・ザ・フール | ノラガミ | ノーゲーム・ノーライフ | ハイキュー | ハイスクールDxD | ハナヤマタ | ハピネスチャージプリキュア | ハマトラ | ハヤテのごとく | ハートキャッチプリキュア | バカとテストと召喚獣 | バクマン | バディコンプレックス | パソコン・インターネット | パパのいうことを聞きなさい! | パンチライン | ビビッドレッド・オペレーション | ピンポン | ファイブレイン | ファンタジスタドール | フォトカノ | フラクタル | フリージング | ブラック★ロックシューター | ブラック・ブレット | ブラッドラッド | ブレイクブレイド | ブレイドアンドソウル | プピポー | プラスティック・メモリーズ | プリズマ☆イリヤ | ヘヴィーオブジェクト | ベン・トー | ペルソナ4 | マギ | マケン姫っ! | ミカグラ学園組曲 | メカクシティアクターズ | モモキュンソード | モンスター娘のいる日常 | モーレツ宇宙海賊 | ヤマノススメ | ヤングブラックジャック | ユリ熊嵐 | ヨスガノソラ | ヨルムンガンド | ラストエグザイル-銀翼のファム- | ラブライブ! | リトルバスターズ | ルパン三世 | レベルE | レーカン! | ロウきゅーぶ! | ログ・ホライズン | ローゼンメイデン | ローリング・ガールズ | ワルキューレロマンツェ | ワンパンマン | 一週間フレンズ。 | 下ネタという概念が存在しない退屈な世界 | 世界でいちばん強くなりたい | 世界征服~謀略のズヴィズダー~ | 世紀末オカルト学院 | 中二病でも恋がしたい | 乃木坂春香の秘密 | 乱歩奇譚 Game of Laplace | 京騒戯画 | 人類は衰退しました | 会長はメイド様 | 侵略!イカ娘 | 信長協奏曲 | 俺、ツインテールになります。 | 俺がお嬢様学校に「庶民サンプル」としてゲッツされた件 | 俺の妹がこんなに可愛いわけがない | 俺の彼女と幼馴染が修羅場すぎる | 俺の脳内選択肢が、学園ラブコメを全力で邪魔している | 俺物語!! | 健全ロボ ダイミダラー | 偽物語 | 僕はHができない | 僕は友達が少ない | 僕らはみんな河合荘 | 八犬伝 | 六畳間の侵略者!? | 六花の勇者 | 冴えない彼女の育てかた | 凪のあすから | 君と僕 | 君に届け 2nd Season | 君のいる町 | 咲-saki- | 問題児たちが異世界から来るそうですよ? | 喰霊-零- | 四月は君の嘘 | 坂道のアポロン | 城下町のダンデライオン | 境界の彼方 | 境界線上のホライゾン | 変ゼミ | 変態王子と笑わない猫 | 夏目友人帳 | 夏色キセキ | 夏雪ランデブー | 夜ノヤッターマン | 夜桜四重奏 | 夢喰いメリー | 大図書館の羊飼い | 天体のメソッド | 失われた未来を求めて | 好きっていいなよ | 妖狐X僕SS | 学戦都市アスタリスク | 宇宙兄弟 | 宇宙戦艦ヤマト2199 | 実は私は | 寄生獣 | 対魔導学園35試験小隊 | 山田くんと7人の魔女 | 幕末義人伝 浪漫 | 干物妹うまるちゃん | 幸腹グラフィティ | 幻影を駆ケル太陽 | 弱虫ペダル | 彼女がフラグをおられたら | 心霊探偵 八雲 | 快盗天使ツインエンジェル | 恋と選挙とチョコレート | 恋愛ラボ | 悪魔のリドル | 惡の華 | 戦国コレクション | 戦国乙女~桃色パラドックス~ | 戦姫絶唱シンフォギア | 探偵オペラ ミルキィホームズ | 探偵ナイトスクープ | 攻殻機動隊 | 放浪息子 | 放課後のプレアデス | 断裁分離のクライムエッジ | 新世界より | 新参者 | 新妹魔王の契約者 | 日常 | 日記・コラム・つぶやき | 星刻の竜騎士 | 星空へ架かる橋 | 映画・テレビ | 普通の女子高生が【ろこどる】やってみた。 | 暁のヨナ | 暗殺教室 | 曇天に笑う | 最近、妹のようすがちょっとおかしいんだが | 月の恋人 Moon Lovers | 月刊少女野崎くん | 有頂天家族 | 未来日記 | 未確認で進行形 | 東京ESP | 東京レイヴンズ | 東京喰種トーキョーグール | 桜Trick | 棺姫のチャイカ | 極黒のブリュンヒルデ | 機巧少女は傷つかない | 櫻子さんの足元には死体が埋まっている | 武装神姫 | 残響のテロル | 氷菓 | 波打際のむろみさん | 灼眼のシャナIII Final | 牙狼 | 物語シリーズ | 犬とハサミは使いよう | 猫神やおよろず | 琴浦さん | 甘城ブリリアントパーク | 生徒会の一存 | 生徒会役員共 | 男子高校生の日常 | 異国迷路のクロワーゼ | 異能バトルは日常系のなかで | 白銀の意思 アルジェヴォルン | 百花繚乱 | 監獄学園 プリズンスクール | 相棒 | 真剣で私に恋しなさい!! | 神のみぞ知るセカイ | 神撃のバハムート | 神様のメモ帳 | 神様はじめました | 神様ドォルズ | 私がモテないのはどう考えてもお前らが悪い! | 精霊使いの剣舞 | 純潔のマリア | 終わりのセラフ | 結城友奈は勇者である | 絶園のテンペスト | 緋弾のアリア | 緋色の欠片 | 織田信奈の野望 | 繰繰れ!コックリさん | 美少女戦士セーラームーン | 翠星のガルガンティア | 聖剣使いの禁呪詠唱 | 聖痕のクェイサー | 艦隊これくしょん-艦これ- | 花咲くいろは | 落第騎士の英雄譚 | 蒼き鋼のアルペジオ | 蒼穹のファフナー | 蟲師 | 血界戦線 | 謎の彼女X | 貧乏神が! | 赤髪の白雪姫 | 超次元ゲイム ネプテューヌ | 超訳百人一首 うた恋い。 | 輪るピングドラム | 輪廻のラグランジェ | 這いよれ!ニャル子さん | 進撃の巨人 | 銀の匙-Silver Spoon- | 銀河機攻隊マジェスティックプリンス | 銃皇無尽のファフニール | 鋼の錬金術師 | 長門有希ちゃんの消失 | 閃乱カグラ | 電波女と青春男 | 青の祓魔師 | 革命機ヴァルヴレイヴ | 響け♪ユーフォニアム | 食戟のソーマ | 鬼灯の冷徹 | 魔乳秘剣帖 | 魔弾の王と戦姫 | 魔法少女まどか☆マギカ | 魔法少女リリカルなのは | 魔法戦争 | 魔法科高校の劣等生 | 魔界王子 devils and realist | 黄昏乙女Xアムネジア | 黒子のバスケ | 龍ヶ嬢七々々の埋蔵金

2017年2月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28        

Right

Down

  • VividRed
    ビビッドレッド・オペレーション
  • Lagrange
    輪廻のラグランジェ 応援バナー
  • The IDOLM@STER
    THE IDOLM@STER
  • 電波女
    テレビアニメ「電波女と青春男」 公式サイト
  • Steins;Gate
    TVアニメ『シュタインズ・ゲート』
  • あの花
    あの日見た花の名前を僕達はまだ知らない。
  • アスタロッテ
    TVアニメ「アスタロッテのおもちゃ!」公式サイト
  • 超電磁砲
    とある科学の超電磁砲 公式サイト
  • 俺妹
    俺の妹がこんなに可愛いわけがない
  • あそびにいくヨ
    TVアニメ「あそびにいくヨ!」7月より放送開始!

OnDemand

  • NetMile
  • Small
  • s2

BlogPP

Afiliate

AfiliateA

YearSeasons

PV

  • MuraPV
無料ブログはココログ