カテゴリー

カテゴリー「銀河機攻隊マジェスティックプリンス」の26件の投稿

2016年10月 1日 (土)

銀河機攻隊マジェスティックプリンス BS11(9/30)#25

特別編 第25話 未来への翼
S25_011
チームフォーンのセイ、クリス、ユイ、アンは学園で
 憧れのチームラビッツを目標に頑張っていた。
アンジュとは同学年だが、先を越されてしまった。
そんな学園で学ぶ彼らもオペレーション・ヘブンズゲートには
 各チームが実戦に配属されていく。
しかし彼らの配属先はなし、学園で待機を命じられる。

スズカゼ教官と同期のスギタ教官は彼らの奢りが心配だった。
実はチームフォーンには新型のアッシュが準備されていたが
 完成間近で時間切れとなった。
西園寺レイカはヘブンズゲートに参加したので、生徒たちが
 続きの開発調整を行った。
その結果、完成して出撃となる。
その頃、既にオペレーション・ヘブンズゲートは始まっていた。

1時間の後半は日笠陽子さんと井口裕香さんによる
 劇場版、覚醒の遺伝子の紹介。
それ程開示された情報は多くない。
元永慶太郎監督のコメントが目新しい。
CGを担当するオレンジが進歩したので、アッシュのバトルシーンは
 より凄いことになっているらしい。
この作品は、それがウリでもあるわけで、あまりの高速描写は
 見ても分からない領域になっていそう。
作画やCG映像は素晴らしいのだが、脚本や設定が
 残念な作品だったが・・・。

11月4日から2週間の公開らしい。
ひよっちが2度ほどフリップを折ったのが印象的だった。
一度目は、念願の出演が叶ったスギタ役の杉田智和さんのフリップだった。
流石に芸人コンビといえるかもしれない。
彼女は結婚して痩せましたね。

2013年9月20日 (金)

銀河機攻隊マジェスティックプリンス TokyoMX(9/19)#24終

第24話 宇宙に散る花

公式サイトから
レッド5の出撃により事態は好転した。
だが、ドルガナによりストラグルレーザーが破壊。
万策尽きたかと思ったその時、シモンは最大質量となるスターローズを
ゲートに直接ぶつける決断を下す。
これが今できる最善の策なのか。
一方イズルは、「みんなを護りたい」という想いを強くすることで
ハーモニックレベルを上昇させ、ジアートに肉迫。
だがそれは、アッシュの攻撃本能に飲み込まれる危険性も孕んでいた。
Mjp5
今出来る最善の決意をした。
ドルガナも目的を理解した。
Photo232
ジアートは作戦など無視して、イズルと戦いたいだけ。
戦え、の声に支配されるイズル。
Photo234
スターローズを守る艦隊。
弾切れのタマキ、荷電粒子砲が発熱し過ぎたイズル。
双方は補給に戻る。
レッド5と一体化したイズル、アッシュはオーバーヒート気味。
あの獲物を狩るんだ。
戦え、戻るんだ、戦え。
ジュリア・システムとせめぎ合うイズル。
ケイがイズルを助けに向かう、必死に叫ぶケイ。
テオーリアとダニールはスターローズを守る。
ケイの説得に耳を貸さないイズル、3人が次々に罵倒。
ようやく元に戻るイズル。
Photo231
撤退を始めるチームラビッツ。
しかしジアートがイズルの前に立ち塞がる。
ケイの救出を任せて再び戦うイズル。
死にたくない、大切な人を守るために、ヒーローになるために。
アッシュの力を使いこなす、レッド5が変改する。
これがジュリア・システムの真の力。
ジアート機も変形する。
ゲートまで100、全艦後退。
Photo240
テオーリアはスターローズと共に突っ込む。
ジアートとイズルの戦闘は終わらない。
シモンは脱出する気が無い。
ダニールはテオーリアを守るために随行する。
全軍に撤退命令を降すルメス。
ゲートを絶対に守るとドルガナ。

遂にスターローズがゲートに体当たりする、
無事だったジアートがイズルを襲う。
アッシュを破壊されながらも戦うイズル、イェーガーを
 パージしてジアート機にぶつける。
コアでジアート機に貫手で終わる戦闘。
私達は、まだまだ先に行けるぞ。

遂に辿り着いたな、我々に新たな進化の道が開けた。
テオーリアとダニールがシモンを脱出させて帰還する。
また死に損ねたなジュリア。
そして全てを失った。

行方不明のイズルを懸命に捜索、発見する。
前期OP曲からスタッフロール。

---最終回---

ゲート破壊に成功したGDF軍でした。
ウルガルのガルキエ皇帝は人類が少し戦えたので
 DNAを採集することに値するかもと考えているようですね。
まだまだ余裕の態度です。

イズルは前回からジアートと戦闘中。
ジュリア・システムに取り込まれながらも戻って、最後は
 逆に使いこなすことが出来ました。
それでもジアート機も変形、互角ですね。
なんか翼どうしで戦ってましたね。

今回もオレンジ3DCGスタッフは14名と頑張ってました。
13,14,14名とお疲れ様です。
前回と今回を混ぜて一気に展開すれば、燃える展開に
 なった気がします。
視聴者はスターローズの特攻とイズルの出撃、覚醒は
 予想出来てましたから。
前回からの戦闘はチームラビッツを生き残らせるための
 演出が良く分かりましたね。

オレンジが頑張って良く動く戦闘が特徴の作品でした。
イェーガーの換装などもなく逆に、コアでも動けるのが
 特徴だったのだろうか・・・
イェーガーの設定は有効に使えていなかったですね。
萌え要素が無いのは残念でしたね、ケイは不細工なので
 結局リンリンが担当していたような気がする。
全てが決着していないので、次に繋がる最後でした。

2013年9月13日 (金)

銀河機攻隊マジェスティックプリンス TokyoMX(9/12)#23

第23話 アーレア・ヤクタ・エスト

公式サイトから
ゲートに命中はしたものの、高エネルギー障壁により地球艦隊最大の
武器ストラグルレーザーは無力化されてしまった。
実体弾なら障壁は通過出来るものの、遠距離からの攻撃では簡単に撃破されてしまう。
次の一手に悩むスズカゼたち。
その頃、最前線で戦うチームラビッツの前にジアート、
ウルガル屈指の将ドルガナまでが出現。
このままでは……。
5人の窮地に、アッシュへの搭乗を禁止されたイズルは…。
Photo221
ウルガル次元ゲートへの攻撃にルメスも出撃。
ストラグルレーザーは充填まで6時間。
多数の実体弾で制御部破壊を提案するアマネ。
亜光速誘導弾として全弾発射もウルガル1の防御を誇るルメス隊の
 防御で防がれる。
Photo223
チームラビッツのエネルギー、弾薬が残り僅かで補給の
 為に撤退を指示する。
ジアートはイズルの出撃を誘うために出撃、アサギたちの退路を断つ。
ブルー1はゴディニオンに帰艦できないので、ブースターで補給。
ドルガナが出撃してブースター破壊。
余剰戦力も武器もないゴディニオン。
僕が出ます、僕は皆が好きです、家族が出来たから死にません、多分。
此処は出す場面ですよ、反撃するにはそれしかない。
Photo224_2
ジアートと対戦するイズル、アッシュの生存本能を
 押さえるのではなく利用するんだ。
アンジュはドルガナ機と交戦中、あしらわれている。

圧倒的な不利な状況でラケッシュと増産型アッシュが到着。
全艦一斉に集中砲撃、ルメス隊のフィールド展開から掃討。
ラダ隊、クレイン隊も指揮するルメス。
アマネ艦をゲート制御部に特攻を考える。
ゴディニオンの前部攻撃部を切り離してブースターと
 共にタマキが特攻を試みる。
Photo229
ストラグルレーザー発射準備2分前で時間稼ぎにテオーリア機が
 出撃、全ウルガルに後退するように命じる。
それがあなたの意思ですね、ルメスがドームを解除。
それを知って全艦防衛に指示するドルガナ。
ゴディニオンとブースターが制御部に激突。
ストラグルレーザー発射、ドルガナ機が破壊。

もう残る手は無い。
覚醒したレッド5で道をつくり、艦隊最大質量をぶつける。
スターローズをぶつける作戦を提案するシモン指令。

---最終回 「宇宙に散る花」---

各所で戦闘してました、遂にスターローズでの特攻を決めました。
そんな感じですね。
ルメスの防御を解いた行動が不可解です。
テオーリアの言葉に従ったのだろうか。
彼の行動がいつも良く分からない、いつも誰かの言葉に即座に従う。
自らの意思も目的も途中で捨てるのですよね。
まあルメスの行動も地球側に有利に働いてますね。

前回、スルガの兵装と化したゴディニオン前部攻撃部が
 普通に戻ってましたね、そして特攻の武器として再登場。

ドルガナ機の兵装が凄すぎてどうしてアンジュを屠らないのか
 不思議です。
彼の機体はステルスと光学迷彩が使えるのでケレス大戦でも
 ストラグルレーザーを破壊していました。
今回も同じ役でしたがアンジュとラケッシュの攻撃に
 防戦だけでしたね。
ウルガル1の戦士だそうですが・・・。
このまま、スターローズも破壊しそうですよね。
大きいだけにゲートに無事にたどり着けそうには無いでしょうから、
 被弾しても質量を維持できるかが鍵になりそう。

OPでスターローズから羽を広げるシーンはテオーリア機の
 映像でした、何かを思い出すシーンですね。

EDのタマキ声の歌唱は止めて欲しい、思わず笑ってしまう。
普通に歌えば上手いのにね。
今回は前回以上の14名での3DCGでした、お疲れ様でした。

2013年9月 6日 (金)

銀河機攻隊マジェスティックプリンス TokyoMX(9/05)#22

第22話 オペレーション・ヘブンズゲート

公式サイトから
オペレーション・ヘブンズゲートが開始された。
チームラビッツの最終目的は、〈ゲート〉を破壊する兵器
〈ストラグルレーザー〉用のマーカーを打ち込むこ と。
先行するローズ3、ブルー1、ブラック6を、パープル2とゴールド4が支援。
その5機を大艦隊が援護する。
想定の倍を数える敵艦船の中、徐々に進んで 行くチームラビッツ。
その最中、チームドーベルマンと対峙したウルガル機の出現に、タマキの猛攻が始まる。
Photo212
ウルガルの次元ゲートにマーカーを撃ち込むのが
 チームラビッツの役目。
しかしウルガルの出撃と遭遇。
チームラビッツのブルー1、ローズ3、ブラック6が先行して
敵陣を突破、ゴールド4とパープル2が後方支援。
ルティエルが艦隊から出撃して単身ラビッツを攻撃する。
Photo213
ジアートはイズルの出撃待ち、今回の作戦では観戦を決め込む。
タマキをパトリックを落としたルティエル機を発見して
 任務を無視して仇討に変更する。
しかしルティエル機に速度でも攻撃力でも適わない。
ルティエルにはタマキのDNAは魅力的には写らない。
Photo216
タマキの代わりにアサギがマーカーを打つ任務を引き継ぐ。
地球艦隊もラビッツ援護の中距離射撃。
スルガは弾切れ、ゴディニオンの前部攻撃部を切り離して
 ゴールド4に操作を任せる。
Photo215
ドルガナの指示でルティエルはアサギのブルー1を迎撃に
 変更させられる。
ブルー1の支援にブラック6、ローズ3も参戦して3対1の
 交戦が始まる。
それでも仕留められないがゴールド4の射撃で
 ルティエル機に隙が生まれる。
初めて見るロープでルティエル機を絡め取り、固定された
 ところをゴールド4の射撃で消滅。
Photo217
ブルー1が制御部分にマーカーの打ち込みに成功する。
それをターゲットにストラグルレーザー発射。
高エネルギー障壁で守られている次元ゲート。
ストラグルレーザーは無効化された。
Photo220
作戦は失敗、ラビッツはウルガル軍に囲まれる。

---次回 「アーレア・ヤクタ・エスト」---

GDF軍の作戦の失敗とルティエルの最後でした。
地球艦隊の数を描きたいのは分かりますが一面に艦を
 散りばめた絵はイマイチですね。
もっと遠近法を用いて隊列を描いて欲しかったですね。
途中の進行で隊列が描かれましたが、それを統一して欲しかったですね。

今回は作戦が失敗する必要があるのでラビッツは無傷で
 無双状態でした。
2時間以上の交戦でも弾切れもエネルギー切れもない、
 ルティエルともウルガル軍の中で4対1で戦闘できる
 ある意味、ご都合主義ですね。

この現場で最後に残ったドルガナ、彼は慎重タイプで
各自に指示してますが、彼の策が足を引っ張ってますね。
グランツェーレ都市学園での侵攻でも、彼の存在が
地球軍に有利に働いています。
ある意味、コミネと同じマイナス要因ですね。
自分勝手な存在のウルガルにチーム戦を求めるのが
 失敗でしょう。

今回も長距離射撃のために相手を固定する必要が
 あるのは分かりますが、急にロープが登場するのは違和感。
都市学園戦でも固定してましたが、無理な展開に感じます。
一瞬の隙をついて発射して欲しいですね。

ゴディニオンの荷電粒子砲は湾曲して射出してますね。

次元ゲートの高エネルギー障壁を破るためには
 実体弾が必要だけど艦隊には数が足りない。
もう完全にスターローズ特攻の伏線ですね。

2013年8月30日 (金)

銀河機攻隊マジェスティックプリンス TokyoMX(8/29)#21

第21話 決戦前夜

公式サイトから
極秘だったテオーリアの存在とアッシュの情報開示という切り札は
あったものの、人類存続の命運が掛かった戦いを前に、これまで
バラバラだった各経済園が一 丸となった大艦隊がついに組織された。
作戦名はオペレーション・ヘブンズゲート。
作戦開始の時間が近づく中、体調が戻らないイズルにシモンは退艦を命ず る。
Mjpphoto1
ウルガル次元ゲート破壊の大艦隊戦。
ストラグル・レーザーで破壊するには充電が問題だし、
 発射準備が長時間になる。
それまで前線が絶えるしかないわね。
Photo202
イズルの出撃は主治医としては許可できない。
イズルに退艦命令を降すシモン。
次にアッシュに乗ると命が危ない。
僕も皆と戦いたい。
ゴディニオンの搭乗だけは許可する。
イズルは弟だから僕が守ります。

チームラビッツは家族だと思ってるよ。
イズルは待機して応援してね。
アンジュは出撃できる。

ウルガルも狩りを開始するとガルキエ皇帝が決断する。
人間の自己犠牲が理解できないとドルガナ。
Photo205
オペレーション・ヘブンズゲート、
ラビッツが前線で戦闘してゲートにマーカーを打つ。
それを目標にストラグル・レーザーを発射する。
各国の戦闘準備は整った。
イズルは待機、スターローズは避難勧告が出される。
アサギのピットクルー、アンナが行方不明。
一人地上で待機するはずだったのに。
思い出の公園で発見、誰も知り合いのいない地上で皆の
 無事を祈るだけなんて嫌。
家族を危険な目には合わせたくない。
それでもゴディニオンの家族と一緒を選ぶアンナ。
Photo206
テオーリアも出撃する、私達は遺伝子に振り回された。
遺伝子に逆らい、時には心に従うのが人間。
それが分かっただけでも人間を知って良かった。

スターローズに全艦を収容する、総指揮官はシモン。
テオーリア機をスターローズの機関に直結した。
これをストラグル・レーザーのコアとする。

---次回 「オペレーション・ヘブンズゲート」---

今回は家族の絆を描きたかったようです。
アンナを無事に地上に避難させたい家族、本人は
 家族と一緒に居たい。
どちらも、正論ですね。

シモン指令がようやく仕事をしましたね、でもそうなると
 リンリンの出番が減るのは嫌だなぁ。

アンジュは大丈夫ですが、イズルは出撃不可。
アンジュとイズルの症状が違うようですね。
アンジュは恐らくネタキャラでたまたま再検査に
 なっただけなのでしょうね。
イズルはゴディニオン搭乗を許されたので、ピンチで出撃は
 確定ですね。

大艦隊が準備されていましたが、かつての
 地球防衛ライン突破時には残存勢力0に近かったはず。
各経済圏が頑張れば生産能力は残っているのですね。
それなのに、GDFは生産能力が無いようです。
アッシュ増産はどこへ?
GDFが国連のような名ばかりの組織なんでしょうね。

そう言えば、ジアートがテオーリアに伝えたかった言葉って・・・
この伏線は回収されるのだろうか?
そのためにDNA回収を諦めたルメスが間抜けに見える。

今までも使ってきたレーザーの束に初めて名前が尽きました。
ストラグル・レーザーです、3回目にして初めて命名です。
この作品って名前や名称の使い方に問題ありますよね。
アンジュがスルガ監修の銃に言ったフォトン・レーザーって
 発言が恥ずかし過ぎる。
レーザーはフォトンしかない。

決算説明会でセカンドシーズンも説明されたようですね。
でも予定は未定です、流石に東宝と言うしかない。
ちなみに円盤の売り上げは 3,874枚、3,444枚と惨敗です。
VVVは 8,295枚、6,387枚 ほぼダブルスコアで負けています。

2013年8月23日 (金)

銀河機攻隊マジェスティックプリンス TokyoMX(8/22)#20

第20話 宿命の遺伝子

公式サイトから
ウルガル地球侵攻軍の生命線〈ゲート〉の位置情報を得たMJP機関。
そのミッションの直後、突然イズルが倒れてしまう。
遺伝子異常を知ったルーラは、シモンに遺伝子情報の開示を求める。
一方、手に入れた〈ゲート〉の情報を活かすため、アマネはとある計画を発案する。
Photo191
チームドーベルマン、ランディとパトリックの死。
一人、生き残ったラケシュは二人の死を信じられない。
パトリックの遺品にタマキへのプレゼントを発見する。
地球産の高級イカの塩辛だった。
まだ気持ちの整理はついていない。

ウルガルの次元ゲート座標が判明した。
これを攻撃破壊する作戦はアマネが担当する。
問題は全経済圏の説得。
Photo194
タマキはケイと一緒に眠る。
パトリックが自分を好きなのは知らなかった。
如何したら良いのかな?
今までどおりで良いのよ。
Photo195
イズルに異変が生じる。
テロメアが短い。
細胞が再生しない、老化の様な物。
アッシュが覚醒したから?
アンジュも再検査となる。
イズルの遺伝子情報お開示をシモン指令に求める。
Photo196
イズルの代わりにレッド5の搭乗を求められるアサギ。
DNAが組み込まれているので、起動しない筈が起動するレッド5。
Photo197
ウルガルの次元ゲート破壊作戦を全経済圏に説明するアマネ。
了承を得るためにテオーリア皇女のフォログラムを公開する。
それでも信用しない代表も存在する。
ウルガルの機体を操り登場するテオーリア皇女。
友好政策も、譲歩案も無駄であることを説明する。
機体の情報の開示を約束する。
Photo199
アサギはレッド5が起動したことをスズカゼに説明を求める。
御認識だと話すが納得できないアサギ。
ウルガルからもたらされたDNAを用いてアサギ達クローンを作った。
イズルのDNAはテオーリア皇女のDNAが使われた。
アサギとイズルは父親側のDNAが同じ。
シモン指令ですね。
Photo200
イズルの部屋を訪れるアサギ。
俺たちは言いたい事があれば、伝えておいた方が良いんだ。
俺とお前は同じ遺伝子を持つ、いわば兄弟なのだ。
お兄ちゃん。

アマネの指揮でウルガル次元ゲート破壊作戦が決定される。

---次回 「決戦前夜」---

最後の謎と言うべきイズルとテオーリアの関係が明かされました。
イズルはテオーリアのDNAを持っていたのでした。
そして父親のDNAはシモン指令でした。
これってクローンのイメージとは異なりますね。
恐らくは作中では二人のDNAマップを混ぜてイズルたちを
 作ったことになるのでしょうね。
単一遺伝子や細胞からコピー作成するのがクローンですが、
 ちょっと異なるようですね。
どちらかというと、イメージは単なる体外受精ですよね。

そして「新世界より」でもあったテロメア、老化を司ると
 言われているらしいですね。
まだ細胞老化と個体老化の因果関係は明らかでもないようですね。

イズルの操るアッシュが覚醒して、異常が発見される。
同じくアンジュも再検査です。
彼女もテオーリアのDNAが使われている?
アッシュの覚醒もウルガルのDNAに起因するのでしょうね。
ジアート機も覚醒してましたから。

イズルの中の人、最後のアサギとのシーンがちょっと残念でした。
真面目で沈んだり、はしゃいだりの演じ分けが悲しかった。

そしてテオーリアの機体の情報開示で何処かの経済圏が
 とんでもない機体を作って逆に宇宙の脅威になったり
 することを想像してしまった。

そう言えばテオーリアはジアートと会うのでしょうか。
それで何かが始まるのでしょうか。

2013年8月16日 (金)

銀河機攻隊マジェスティックプリンス TokyoMX(8/15)#19

第19話 ディープリーコン

公式サイトから
初めて行われた地球への直接攻撃。地球防衛のため配備された戦力の壊滅的損傷。
ウルガルに対抗出来る唯一の兵器・アッシュもほぼ全損。
この待ったなしの状況を打破すべく、シモンは外宇宙から木星付近へ
伸びる次元の穴・ゲートの破壊作戦を立案する。
ウルガル地球侵攻軍の補給を担うこのゲートがなければ、
長時間の戦闘を好まないウルガルは自滅する。
その情報を得るため、人類未踏の地・海王星へ偵察ミッションが計画された。

宇宙兵力で地球を守れと一般市民のデモ発生。
それは自滅だ、ライノスのラインでアッシュを増産する。
Photo181
アッシュの修復率は28%だった。
中ボス撃破なら次はパワーアップだろう。
いやヒーローなら特訓だろう。
Photo182
チームドーベルマンとエロビデオ鑑賞になるが
 アンジュも参加していた。
思わず停止するが途中で止められるのが一番嫌いだと
 強気モードのアンジュだった。
ラケシュには婚約者が居たが、フォログラムではお母さんみたい?
Photo183
一方GDF艦隊は充足率30%、特に熟練パイロットの損失が痛い。
パイロットの教育は簡単ではない。
アマネとスズカゼは居酒屋で愚痴の言い合い。
レイカは修理で大忙しで来られない。
今度もラビッツを前線で矢面に立てるしかないと自己嫌悪。

ウルガルの飛来する経路を考えるシモン指令。
木星から海王星付近が怪しい。
彼らの次元ゲートを発見して破壊すれば補給が断たれて
 襲撃も収まるだろうと推測する。
テオーリアとも相談、イズルの不調が心配。
Photo187
チームドーベルマンに超長距離索敵を命じる。
人類初の土星越えのミッション。
亜高速の10%までブースターで加速する。
往路は良いが復路は木星の重力ターン中、
 敵に発見される可能性がある。
ゴディニオンでは加速も難しく、ライノスでしか実行できない。
Photo184
タマキに告白しようとするが、出来なかったパトリック。
レーザー照射で加速するライノス・ブースター。
木星以降は太陽嵐の影響で通信が通じなくなる。
一路、海王星を目指す、到着後はスイングバイで
 ブースターの切り離し。
そこでウルガルの次元ゲートを発見。

後は無事に帰還して報告するだけだが、ウルガル艦隊と遭遇する。
次元ゲートの座標報告が最優先ミッション。
ランディが一人残って、ウルガルと対戦して二人を先に行かせる。
しかし軍団長ルティエルと遭遇する、パトリックを先に行かせて
 自身は戦闘で時間を稼ぐラケッシュ。
しかし即座に破壊され、足止めも出来ない。
帰還を急ぐパトリックを砲撃するルティエル。
Photo189
パトリックと連絡が取れず、死亡を確認するラケッシュ。
何とか帰還しようとするが機体が動かない。
ウルガルの攻撃が迫って来るがランディが傷つきながらも
 現われる。
ラケッシュを守って敵と交戦、弾切れで限界、爆発。
Photo190
何とかゴディニオンを目指すラケッシュ。
ドーベルマンと合流地点に向かうゴディニオン。
敵との交戦を知り、迎撃を考えるが有効な手段がない。
スルガとケイがアッシュの指示系統をゴディニオンに接続する。
レーザー照射でゴディニオンを加速する。
ゴディニオンを利用して迎撃態勢を構築する。
ラケッシュを守るゴディニオンからの砲撃に、
 ルティエルは美しくない戦闘だと撤退する。

SP ED

---次回 「宿命の遺伝子」---

チームドーベルマン戦死でしたね。
ラケッシュ以外は亡くなったように見えますね。
ランディが男を見せたストーリーでしたね。
でも海王星でのスイングバイなどは引きで映像を
 見たかったですね。

軍団長機と兵士の兵力差がパワーバランスが気に
 なりますが作画的には辛いのでしょう。
流石にED曲は、キャラソンじゃなくて石川智晶さんの
 しっとりした曲でした。

今回は光学兵器じゃなくてレーザーと言っていたのが気になります。
最後のゴディニオンからの攻撃はいかにもなレーザーの描写でした。
でもブースターやゴディニオンへの照射描写は
 それらしくなかったですね。
マルチ砲門をまとめたからの描写でしょうか。
前回の超長距離射撃と同じような描写でしたね。
あれも謎の光学兵器でレーザーじゃないのですよね。
光学兵器はレーザーしかないのですが、あれは
 爆発する描写でしたからね。
レーザーでは高熱による切断、融解が正しいのです。

そしてレーザー照射による発進加速、それ程のパワーが得られるのか
 気になります。
描写ではエネルギー変換ではなく、光圧で推進してますよね。

そう言えば、モーパイは星雲賞メディア部門受賞ですね。

2013年8月 9日 (金)

銀河機攻隊マジェスティックプリンス TokyoMX(8/08)#18

第18話 都市学園防衛線(後編)

公式サイトから
地球に降下したウルガル機は、グランツェーレ都市学園に迫っていた。
だが、宇宙空間からその機体を静かに、確実に狙う眼差しがあった。
長距離砲を装備したゴールド4だ。
だが、第一射は失敗。
第二射を放つためのエネルギー充填には時間がかかる。
それまで敵機を学園に向かわせてはならない。
焦りと苛立ち、そし て緊張の中、各パイロットにこれまでにない
ハーモニックレベル値が観測される。
Photo172
しまった、まずった。
ゴールド4の遠距離射撃は照準を外してしまった。
Photo174
俺たちの学園に手出しさせないとクレイン機に立ち塞がるレッド5。
ブルー1とローズ3もイズルに合流して。
しかしローズ3は大気圏突入時の故障で姿勢制御が
 ままならない状態だった。
Photo176
再度充電するゴールド4、15分が必要。
パープル2、ピット艦からもマイクロ波で送電して急速充電する。
急速充電でオーバーロード寸前、次が最後になる。

タマキ、ローズ3で背後から体当たりして、そこをゴールド4で
 射撃して。
ブルー1とレッド5はタマキの脱出をサポートして、
 パープル2から作戦の指示。
クレイン機と戦闘中のレッド5と合流したブルー1。
Photo179
ブレードでクレイン機を刺し貫いて固定するアサギとイズル。
そこに突貫するローズ3は、イェーガーを強制排出して
 コアで脱出。
レッド5とブルー1がサポートして離れる。
ゴールド4の遠距離射撃がクレイン機に直撃する。

陽動のドルガナ隊は撤退を始める。
待機していたルメスはそのまま帰還する。
あのお方の策を実施する時が来たようだ。

アッシュは全機が被害甚大で徹夜で修理が必要。
グランツェーレ学園も被害は甚大。
こんな被害状況に怒るスズカゼ艦長、でも無事に
 帰還できたことを素直に褒める。

地球側の残存戦力は殆ど無い壊滅状態とアマネが
 シモンに連絡。
ウルガルに通用するのはアッシュだけ。
取り急ぎアッシュの増産を求めるアマネ。

ルメスからテオーリアに秘匿回線で連絡が届く。
兄君が連絡を待っています。

クレイン隊は全滅、軍団長の器ではなかっただけ。
しばし様子を見るべきだとルメスの提言。
地球人の己を犠牲にして他を庇い合う行動は予測不能です。
ウルガル人には無い行動です。
他の脅威が無くて全体で個を成長させているように感じる。
地球人は異質な存在で興味深いとジアートと話すルメス。
ルメスの家系は代々ジアートに仕えていた。
ガルキエには内緒の会話を盗み聞きしていたラダ。
Photo180
ラダが氾濫したとガルキエに報告するルメス。
ワームゲートに逃走するラダを粛清と殺害するジアートだった。

---次回 「ディープリーコン」---

軍団長クレインとラダが退場となりました。
特にラダは軍団長とも思えない悲惨な最後でした。
イズルとクレインの戦闘は動いてましたね。
もうこれだけが特徴の作品ですね。
これ以外に見せ場が無い。

えーと、遠距離射撃が必要だったのか?
レッド5とブルー1がブレードで串刺しにしてましたが、
 あれでも倒せないウルガル機?
串刺しから切断しても駄目なの?
 ラダは切断されて破壊されてましたよね。
ルメスは何しにやって来たの?
都市学園に別働隊としてステルスで侵入しないのはなぜ?

地球艦隊も壊滅状態で、ブラック6とハイモブ以外は
 相手にならないのなら今が狙い目じゃないの?
どうして追撃じゃなくて様子見なの?

結局ウルガルの戦力が圧倒的なのに、内乱や油断で
 負けるストーリーなのでしょうね。
戦闘は戦力が5:5、6:4なら良いですが、それ以上の戦力差だと
 運や油断を取り込まないと勝負を描けないのでしょう。

シモン指令がもう少し策略家で色々とGDFを政治で
 操るのかと思ったら出番が少ないですね。
やはり活躍するなら、中の人もそれなりなのでしょうね。

今回の見せ場は、姿勢制御が出来なくて背景で飛び回っている
 ローズ3ですね。

マイクロ波をキャリアとした送電システムは現実に研究されています。
宇宙からの送電が少しずれて受電システムを外れれば
 町が消失するとか課題も有ります。

2013年8月 2日 (金)

銀河機攻隊マジェスティックプリンス TokyoMX(8/01)#17

第17話 都市学園防衛線(前編)

公式サイトから
それはいつも通りの出撃ではなかった。
戦いの主宙域とは別の場所でウルガル部隊が捕捉されたのだ。
その狙いはグランツェーレ都市学園。
学園にDNAサンプルがあることの情報がウルガルへ流出したのか?
地球への初めての直接攻撃を防ぐべくゴディニオンが動く。
しかし、高性能の防御システムを備えた敵機に通常の射撃はいっこうに当たらない。
悩むスズカゼは、レイカのアイデアを実戦に投入する。
Photo162
グランツェーレ都市学園に向かう別働隊を発見。
クレインが独断で参戦して来たのだった。
陽動のドルガナはルメスにしばし待機を命じる。
ルメスはジアートの妹テオーリアが地球に居ることを密かに
 伝えていた。
そのジアートの保険かもと考えるルメス。
地球に最も近いゴディニオンが迎撃に向かう。
アンジュは既に出撃、防衛に一人向かっていた。
Photo164
クレインの部隊は荷電粒子砲も実体弾も防御されて効果が無い。
レイカのアイデアで遠距離射撃の光学兵器を試すことになる。
ゴールド4が呼び戻されてパーツの交換。
Photo165
数機が地球の大気圏に突入するクレイン舞台。
追い掛けられるのはローズ3だけだが、レッド5とブルー1が
 背後のシールドに囲まれて突入可能。
ウルガルは都市学園で行われたDNA操作のためのサンプルを
 狙っていると思われる。
クレイン舞台の高速稼働に手を焼く3人。
Photo166
遠距離射撃に入るスルガ、宇宙から地球上のクレインを
 狙うので大気、重力の影響に補正が必要。
射撃できるようにイズルがクレインを地面に叩きつけて
 動きを止める。
Photo169
イズルの射撃が命中する、しかい立ち上がるクレイン。

---次回 「都市学園防衛線(後編)」---

緊張感も臨場感も無い演出でストーリーも進まなかったですね。
何だろう?中休み回?

スルガの右腕が完全に光学兵器に換装されましたね。
ゴールド4のイェーガーのコア設定てどうなってるのでしょう。
右腕はコアも外れるのでしょうね。
光学兵器と言うならデザインもそれなりに描いて欲しかったですね。
以前アサギガ使った兵器と似ていましたね。
ガンバスターのヱクセリオンなどでは砲身にレンズを描いてました。

タマキの行ってきマングース、行ってきマンモスが全てなストーリーでした。
地球の戦艦は砲門も少なくクレイン戦隊に破壊されるだけでしたね。
この辺のパワーバランスが悲しい。
クレインはどうして今回はオーバーテクノロジーの
 ステルスと光学迷彩を使わなかったのでしょう。
イズルたちが対応してた様子も台詞も無かったです。

2013年7月26日 (金)

銀河機攻隊マジェスティックプリンス TokyoMX(7/25)#16

第16話 君のヒーロー

公式サイトから
病院を抜け出し出撃したイズルが、またも変になっているのでは
ないかと心配するチームラビッツのメンバーたち。
だが、今回変になったのはイズルではなくア ンジュだった。
いつもとは違い何故かしおらしくなったアンジュに、イズルは
保留していたアンジュの歓迎会を改めて開くことを提案する。
チームドーベルマン やオペレーターの二人まで参加した歓迎会。
だが、その賑わいを避けるようにアサギはその場から立ち去るのだった。
Mjpphoto2
コアでの出撃を無茶過ぎると怒るレイカ。
スズカゼが命令したと取り成す。
Photo153
検査の結果、イズルに問題は無い。
しかしスズカゼの命令で後日精密検査を行う予定。
イズルを心配して待っていたケイ。
しかしアンジュも心配していた様子。
Photo151
前回のイズルがおかしかったので、確認するメンバー。
ただしアサギの部屋で。
元のイズルに戻って安心なメンバー。

今度のGDF会議でスズカゼと通信するアマネ。
シモンからスズカゼには連絡されていなかった。
秘匿回線に切り替えて、アッシュの秘密を話すスズカゼ。
ウルガルから亡命したテオーリアがもたらした技術であることは
 アマネ、GDFは知らなかった。
MJP内での機密事項。
各国はアッシュの技術開示を求めると想像できる。
Photo152
イズルのヘルプに礼を述べるアンジュ、歓迎会を開こう。
タマキがオペレータを招待したら、ドーベルマンも参加。
三角関係が形成されているタマキとジュリアーノ、パトリック。
アッシュに搭乗すると性格が変わるアンジュ。
本人も良く分からないし覚えていないらしい。
Photo154
エースが二人の言葉に立場が無いアサギ。
密かに会を抜け出すアサギを見つけてアイスを奢らせるアンナ。
パイロットとして、あの二人には叶わない。
何時の間に、こんな差がついたのだろう。

ダニール経由でテオーリアがイズルを食事に招待する。
デートだとタマキ、スルガが対策を検討し始める。
Photo155
GDF会議では各国が防衛費を増資するのでアッシュの技術
 開示を求めて来る。
司令長官は生産ラインも稼働するライノスなら可能だと
 切り返す。
パイロットもベテランならライノスは制御可能だから。
今はアッシュを増産すべきだと話すアマネ。
環太平洋各国は宇宙での利権を求めて躍起になっていた。
米欧は戦艦をこの後に売り込みたい。
ベラロッシュは情報を盗んでアッシュモドキを既に製造している。
Photo156
シモンがイズルとアサギを呼び出して教官の選択も
 可能だと告げる。
二人ともアッシュのパイロットを希望する。
アサギは自分が役に立たないので呼ばれたと
 スズカゼに相談する。
Photo158
アサギと共にテオーリアの会食に参加すると
 お好み焼き店、赤色彗星だった。
地球人は豊かな心と感情を持つことを知らなかった。
イズルの身が心配だと話すテオーリア。
二人に出撃命令が下る。
Photo160
ウルガル軍が地球の絶対防衛ラインを突破した。
ドルガナ軍が前面で陽動してルメスが秘密行動を
 行う作戦の様子。
Photo157_2
---次回 「都市学園防衛線(前編)」---

落ち込むアサギでした。
そしてケイだけでなくアンジュもイズルに惚れた?ようですね。

ジュリアシステムに取り込まれる、イズルとアンジュ。
つまり二人は人格が入れ替わるような様子ですね。
でもアンジュはアッシュを降りても強気の時がありますが
 イズル同様、暫くハーモニックレベルが下がらないと
 入れ替わったままのようですね。
アッシュを降りたアンジュのハーモニックレベルは変わらないのでしょうか?
彼女の問題は気にされていないようです。

だからアサギは二人には叶わない。

アンジュのブラック6にピットクルーが必要ないのは、これ以上
 キャラを増やしたくないからと邪推してしまいますね。

そしてルメスは都市学園を狙うようですね、優秀なDNAを
 求めていますからね。

ジュリアシステムは地球側で開発したはずですが、テオーリアも
 何か知っていそうですね。
それで今回はイズルの身を心配したと言うストーリーなのでしょう。
久し振りに山田ペコさん登場でした。

GDFの艦隊がケレス大戦から変わっていないようですね。
内部は変わっているのかもですが、全滅のようですね。
敗戦を糧に出来ていない。
各国がバラバラに開発しているから、最高の物は出来ない。
弱くて当たり前の説明回でもありましたね。

EDが男性のキャラソンでした。
今後はソロが流れるのでしょうか・・・それは嬉しくない。

その他のカテゴリー

30歳の保健体育 | 91DAYS | AKB0048 | Angel Beats | Another | Aチャンネル | BLAZBLUE ALTER MEMORY | BLOOD-C | Brave10 | BTOOOM! | C | C3-シーキューブ- | Charlotte | Classroom☆Crisis | Coppelion | D.C. | DAYS | Devil Survivor2 | DOG DAYS | DRIFTERS | Fate/Zero Stay Night | Free! | GANGSTA. | GATE 自衛隊 彼の地にて、斯く戦えリ | GJ部 | Go!プリンセスプリキュア | God Eater | GOSICK | ISUCA | K | LUPIN the Third峰不二子という女 | M3-ソノ黒キ鋼- | Mr. BRAIN | NEW GAME! | No.6 | orange | PSYCHO-PASS | RAIL WARS! | RDGレッドデータガール | Re:ゼロから始める異世界生活 | ReLIFE | Rewrite | Rio-Rainbow Gate- | ROBOTICES:NOTES | selector infected WIXOSS | SHIROBAKO | Star Driver輝きのタクト | Steins;Gate | TARI TARI | TERRAFORMARS | The IDOLM@STER | The Unlimited兵部京介 | Thunderbirds | Tiger & Bunny | TVドラマ | UN-GO | Wake Up, Girls | WHITE ALBUM2 | WORKING | Z/X IGNITION | ZETMAN | あそびにいくヨ | あっちこっち | あの夏で待ってる | あの日見た花の名前を僕たちはまだ知らない | あまがみSS | あまんちゅ! | あんハピ♪ | いつか天魔の黒ウサギ | いなり、こんこん、恋いろは。 | うさぎドロップ | うしおととら | うたわれるもの | うぽって | えとたま | えびてん | えむえむっ! | おそ松さん | おとめ妖怪ざくろ | お兄ちゃんだけど愛さえあれば関係ないよねっ | お兄ちゃんのことなんかぜんぜん好きじゃないんだからね | お勧めできないアニメ | お笑い | がっこうぐらし | きんいろモザイク | ぎんぎつね | くまみこ | けいおん!! | げんしけん | この中に一人、妹がいる | この素晴らしい世界に祝福を! | この美術部には問題がある! | これはゾンビですか? | ご注文はうさぎですか? | さくら荘のペットな彼女 | ささみさん@がんばらない | さばげぶっ! | さんかれあ | しろくまカフェ | じょしらく | すべてがFになる | そにアニ | そふてにっ | そらのおとしものf | それが声優 | それでも世界は美しい | それでも町は廻ってる | たまこまーけっと | たまゆら | だがしかし | ちはやふる | つり球 | とある科学の超電磁砲 | とある飛空士への恋歌 | とある魔術の禁書目録Ⅱ | となりの怪物くん | ぬらりひょんの孫 | のうりん | のんのんびより | はぐれ勇者の鬼畜美学 | はたらく魔王さま! | はんだくん | ばくおん!! | ばらかもん | ひだまりスケッチ | ふらいんぐうぃっち | まおゆう | ましろ色シンフォニー | まじもじるるも | まよチキ! | まりあ†ほりっく あらいぶ | みつどもえ増量中 | みなみけ | めだかボックス | もしドラ | もっとToLOVEる | ももくり | もやしもん | やはり俺の青春ラブコメはまちがっている。 | ゆゆ式 | ゆるゆり | よんでますよ、アザゼルさん。 | アウトブレイク・カンパニー | アオハライド | アカメが斬る! | アクエリオン | アクセル・ワールド | アクティヴレイド | アスタロッテのおもちゃ | アニサン劇場 | アニメ その他 | アニメ・コミック | アニメ個人評価 | アブソリュート・デュオ | アルドノア・ゼロ | アンジュ・ヴィエルジュ | インフィニット・ストラトス | ウィザード・バリスターズ 弁魔士セシル | ウイッチクラフトワークス | エウレカセブンAO | エスカ&ロジーのアトリエ | オーバーロード | カンピオーネ | ガッチャマン クラウズ | ガリレイドンナ | ガリレオ | ガンスリンガーストラトス | ガンダムAGE | ガンダムGのレコンギスタ | ガーリッシュ ナンバー | ガールズ&パンツァー | ガールフレンド(仮) | キズナイーバー | キャプテン・アース | キューティクル探偵因幡 | キルミーベイベー | キルラキル | ギルティクラウン | クイーンズブレイド | クオリディア・コード | クロスアンジュ 天使と竜の輪舞 | クロムクロ | グラスリップ | グリザイアの果実・迷宮・楽園 | ケイオスドラゴン 赤竜戦役 | ココロコネクト | コネタマ | コメット・ルシファー | コンクリート・レボルティオ | ゴールデンタイム | サムライフラメンコ | サンダーバード | サーバントXサービス | シドニアの騎士 | シモネタという概念が存在しない退屈な世界 | シュヴァルツェスマーケン | ジョジョの奇妙な冒険 | ジョーカーゲーム | スイートプリキュア | ステラのまほう | ステラ女学院高等科C3部 | ストライクウィッチーズ2 | ストライク・ザ・ブラッド | スペース☆ダンディ | スマイルプリキュア | セイクリッドセブン | セキレイ Pure Engagement | ゼロの使い魔 | ゼーガペイン | ソウルイーターノット! | ソードアートオンライン | タブー・タトゥー | ダンガンロンパ | ダンジョンに出会いを求めるのは間違っているだろうか | ダンタリアンの書架 | テイルズ オブ ゼスティリア | テルマエ・ロマエ | ディバインゲート | ディメンジョンW | ディーふらぐ! | デス・パレード | デッドマンワンダーランド | デュラララ!! | デンキ街の本屋さん | デート・ア・ライブ | トリアージX | トリニティセブン | トータル・イクリプス | ドキドキ!プリキュア | ドラゴンクライシス | ナースウイッチ小麦ちゃんR | ニセコイ | ネトゲの嫁は女の子じゃないと思った? | ノブナガン | ノブナガ・ザ・フール | ノラガミ | ノーゲーム・ノーライフ | ハイキュー | ハイスクールDxD | ハイスクール・フリート | ハナヤマタ | ハピネスチャージプリキュア | ハマトラ | ハヤテのごとく | ハルチカ | ハンドレッド | ハートキャッチプリキュア | バカとテストと召喚獣 | バクマン | バッテリー | バディコンプレックス | パソコン・インターネット | パパのいうことを聞きなさい! | パンチライン | ビッグオーダー | ビビッドレッド・オペレーション | ピンポン | ファイブレイン | ファンタシースターオンライン2 | ファンタジスタドール | フォトカノ | フラクタル | フリップフラッパーズ | フリージング | ブブキ・ブランキ | ブラック★ロックシューター | ブラック・ブレット | ブラッドラッド | ブレイクブレイド | ブレイドアンドソウル | プピポー | プラスティック・メモリーズ | プリズマ☆イリヤ | ヘヴィーオブジェクト | ベルセルク | ベン・トー | ペルソナ4 | マギ | マクロス | マケン姫っ! | ミカグラ学園組曲 | メカクシティアクターズ | モブサイコ100 | モモキュンソード | モンスター娘のいる日常 | モーレツ宇宙海賊 | ヤマノススメ | ヤングブラックジャック | ユリ熊嵐 | ヨスガノソラ | ヨルムンガンド | ラクエンロジック | ラストエグザイル-銀翼のファム- | ラブライブ! | リトルバスターズ | ルパン三世 | レガリア | レベルE | レーカン! | ロウきゅーぶ! | ログ・ホライズン | ローゼンメイデン | ローリング・ガールズ | ワルキューレロマンツェ | ワンパンマン | 一週間フレンズ。 | 三者三葉 | 下ネタという概念が存在しない退屈な世界 | 世界でいちばん強くなりたい | 世界征服~謀略のズヴィズダー~ | 世紀末オカルト学院 | 中二病でも恋がしたい | 乃木坂春香の秘密 | 乱歩奇譚 Game of Laplace | 亜人 | 京騒戯画 | 人類は衰退しました | 会長はメイド様 | 侵略!イカ娘 | 信長協奏曲 | 俺、ツインテールになります。 | 俺がお嬢様学校に「庶民サンプル」としてゲッツされた件 | 俺の妹がこんなに可愛いわけがない | 俺の彼女と幼馴染が修羅場すぎる | 俺の脳内選択肢が、学園ラブコメを全力で邪魔している | 俺物語!! | 健全ロボ ダイミダラー | 偽物語 | 僕だけがいない街 | 僕はHができない | 僕は友達が少ない | 僕らはみんな河合荘 | 八犬伝 | 六畳間の侵略者!? | 六花の勇者 | 冴えない彼女の育てかた | 凪のあすから | 君と僕 | 君に届け 2nd Season | 君のいる町 | 咲-saki- | 問題児たちが異世界から来るそうですよ? | 喰霊-零- | 四月は君の嘘 | 坂本ですが? | 坂道のアポロン | 城下町のダンデライオン | 境界の彼方 | 境界線上のホライゾン | 変ゼミ | 変態王子と笑わない猫 | 夏目友人帳 | 夏色キセキ | 夏雪ランデブー | 夜ノヤッターマン | 夜桜四重奏 | 夢喰いメリー | 大図書館の羊飼い | 天体のメソッド | 天鏡のアルデラミン | 失われた未来を求めて | 好きっていいなよ | 妖狐X僕SS | 学戦都市アスタリスク | 宇宙兄弟 | 宇宙戦艦ヤマト2199 | 実は私は | 寄生獣 | 対魔導学園35試験小隊 | 少女たちは荒野を目指す | 少年メイド | 山田くんと7人の魔女 | 幕末義人伝 浪漫 | 干物妹うまるちゃん | 幸腹グラフィティ | 幻影を駆ケル太陽 | 弱虫ペダル | 彼女がフラグをおられたら | 心霊探偵 八雲 | 快盗天使ツインエンジェル | 恋と選挙とチョコレート | 恋愛ラボ | 悪魔のリドル | 惡の華 | 戦国コレクション | 戦国乙女~桃色パラドックス~ | 戦姫絶唱シンフォギア | 探偵オペラ ミルキィホームズ | 探偵ナイトスクープ | 攻殻機動隊 | 放浪息子 | 放課後のプレアデス | 文豪ストレイ・ドッグス | 断裁分離のクライムエッジ | 新世界より | 新参者 | 新妹魔王の契約者 | 日常 | 日記・コラム・つぶやき | 星刻の竜騎士 | 星空へ架かる橋 | 映画・テレビ | 昭和元禄落語心中 | 普通の女子高生が【ろこどる】やってみた。 | 暁のヨナ | 暗殺教室 | 曇天に笑う | 最弱無敗の神装機竜 | 最近、妹のようすがちょっとおかしいんだが | 月の恋人 Moon Lovers | 月刊少女野崎くん | 有頂天家族 | 未来日記 | 未確認で進行形 | 東京ESP | 東京レイヴンズ | 東京喰種トーキョーグール | 桜Trick | 棺姫のチャイカ | 極黒のブリュンヒルデ | 機巧少女は傷つかない | 櫻子さんの足元には死体が埋まっている | 武装神姫 | 残響のテロル | 氷菓 | 波打際のむろみさん | 灰と幻想のグリムガル | 灼熱の卓球娘 | 灼眼のシャナIII Final | 無彩限のファントム・ワールド | 牙狼 | 物語シリーズ | 犬とハサミは使いよう | 猫神やおよろず | 琴浦さん | 甘々と稲妻 | 甘城ブリリアントパーク | 生徒会の一存 | 生徒会役員共 | 田中くんはいつもけだるげ | 甲鉄城のカバネリ | 男子高校生の日常 | 異国迷路のクロワーゼ | 異能バトルは日常系のなかで | 白銀の意思 アルジェヴォルン | 百花繚乱 | 監獄学園 プリズンスクール | 相棒 | 真剣で私に恋しなさい!! | 神のみぞ知るセカイ | 神撃のバハムート | 神様のメモ帳 | 神様はじめました | 神様ドォルズ | 私がモテないのはどう考えてもお前らが悪い! | 競女!!!!!!!! | 精霊使いの剣舞 | 紅殻のパンドラ | 純潔のマリア | 終わりのセラフ | 終末のイゼッタ | 結城友奈は勇者である | 絶園のテンペスト | 緋弾のアリア | 緋色の欠片 | 織田信奈の野望 | 繰繰れ!コックリさん | 美少女戦士セーラームーン | 翠星のガルガンティア | 聖剣使いの禁呪詠唱 | 聖戦ケルベロス | 聖痕のクェイサー | 艦隊これくしょん-艦これ- | 花咲くいろは | 落第騎士の英雄譚 | 蒼き鋼のアルペジオ | 蒼の彼方のフォーリズム | 蒼穹のファフナー | 蟲師 | 血界戦線 | 装神少女まとい | 謎の彼女X | 貧乏神が! | 赤髪の白雪姫 | 超次元ゲイム ネプテューヌ | 超訳百人一首 うた恋い。 | 輪るピングドラム | 輪廻のラグランジェ | 迷家 | 這いよれ!ニャル子さん | 進撃の巨人 | 銀の匙-Silver Spoon- | 銀河機攻隊マジェスティックプリンス | 銃皇無尽のファフニール | 鋼の錬金術師 | 長門有希ちゃんの消失 | 閃乱カグラ | 電波女と青春男 | 霊剣山 | 青の祓魔師 | 革命機ヴァルヴレイヴ | 響け♪ユーフォニアム | 食戟のソーマ | 鬼灯の冷徹 | 魔乳秘剣帖 | 魔弾の王と戦姫 | 魔法つかいプリキュア! | 魔法少女まどか☆マギカ | 魔法少女リリカルなのは | 魔法少女育成計画 | 魔法戦争 | 魔法科高校の劣等生 | 魔界王子 devils and realist | 魔装学園HxH | 黄昏乙女Xアムネジア | 黒子のバスケ | 龍ヶ嬢七々々の埋蔵金

2017年4月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            

Right

Down

  • VividRed
    ビビッドレッド・オペレーション
  • Lagrange
    輪廻のラグランジェ 応援バナー
  • The IDOLM@STER
    THE IDOLM@STER
  • 電波女
    テレビアニメ「電波女と青春男」 公式サイト
  • Steins;Gate
    TVアニメ『シュタインズ・ゲート』
  • あの花
    あの日見た花の名前を僕達はまだ知らない。
  • アスタロッテ
    TVアニメ「アスタロッテのおもちゃ!」公式サイト
  • 超電磁砲
    とある科学の超電磁砲 公式サイト
  • 俺妹
    俺の妹がこんなに可愛いわけがない
  • あそびにいくヨ
    TVアニメ「あそびにいくヨ!」7月より放送開始!

OnDemand

  • Potora
  • NetMile
  • Small
  • s2

BlogPP

Afiliate

AfiliateA

YearSeasons

PV

  • MuraPV
無料ブログはココログ