カテゴリー

カテゴリー「翠星のガルガンティア」の14件の投稿

2016年1月 4日 (月)

翠星のガルガンティア OVA後編 TokyoMX(1/02)

OVA めぐる航路、遥か 後編
03
翠星のガルガンティアの続編でチェインバーが
 機能停止して沈んでからの世界。
レドは自分の暮らしていた世界のような進化がないことを願っていた。
かつて、この星を捨てて脱出した人類の末裔だったが
 戦うだけの毎日だった。
そんな未来を迎えることがないように願っていたのだった。
それほどにガルガンティアは争いのない快適な世界だった。
05
最近クーゲル船団から仲間入りしたリーマがエミリーと仲良く
 仕事を覚えようと共に働いていた。
しかし彼女はガルガンティを知りたい、メカや装置にも興味がある様子。
ある日レドが発見した損傷の少ない沈没船。
サルベージの途中で事故が発生して海中に取り残されてしまう。
レド救出にユンボロで飛び出すリーマ。
彼女とラケージのヘルプもあって無事に救出される。
08
実は陸地の国家からレドを求めてやって来たのがリーマだった。
彼らの持つ技術にチェインバーの情報と技術が必要だった。
陸地では国家間の争いが生じており、武力の強化が急務だった。
サルベージした舟から記憶媒体を発見するレド。
その記録にはチェインバーの様な戦闘機械と音声翻訳機の資料を発見する。
それらは明らかにレドたちの用いていた技術の礎となるものだった。

リーマたちの仕事が遅いのでタイムリミットとして情報の秘匿に訪れる船団。
全ての人員と情報を破壊するつもりだった。
リーマはエミリーを説得してレドと共に友好的に助力を求める。
しかしリーマの部下たちは、自分たちの身の安全を図るために
 エミリーを誘拐する。
それでレドが協力すると考えたのだった。
エミリーを取り戻そうとするリーマとレド。
リーマたちが持ち込んだ戦闘機械マズルは狙われていたが
 自立思考で危機を逃れる。
レドの持つチェインバーのインターフェイスがマズルを進化させる。
ガルガンティアを守るために船団の攻撃を阻止する。
エミリーを無事に救出したレドだったがマズルが狙われる。
リーマ一人では機能を満足に使いこなせない。
船団に破壊されて沈むマズル。

最後の瞬間に言語インターフェイスが切り替わり、
 リーマにも理解できる言語を話す。
マズルはリーマとの出会いを記録していた。
最後に別れを告げるが如く初めの出会いからの映像を
 映し出すマズル。
最後にコックピットを切り離しリーマを安全に脱出させて自爆する。

ガルガンティアに争いを持ち込んだリーマは戻れないと泣く。
それならばとラケージが救いの手を差し伸ばす。

---感想---

もう既に詳細は忘れているが、視聴しながら思い出しながらも
 楽しんでいた。
本編では、宇宙で生存するためにイカと合体したかのような
 生物の印象が強い作品だった。
最後は平和を賛美する作品だったがイカ人間の
 印象が強烈過ぎる。
今回は今まで登場しなかった陸地に住む人々の進化が
 レドの過ごした世界に限りなく接近しているのが恐怖だった。
そしてラケージが惚れた男にお淑やかな女性が好きだと言われて
 化けていたのが驚かされた。

陸地の国家が進化すればと考えるとレドの世界になってしまうのだと
考えてしまうと悲しい未来になってしまう。
ガルガンティアの船団が世界を纏められれば良い星になるのだろうけれど、
 科学の進歩はどちらの未来をも選べられると考えると切ない。

2013年7月 1日 (月)

翠星のガルガンティア TokyoMX(6/30)#13終

第13話 翠の星の伝説
Galgantia
REX3752ストライカー、全ては貴官の捏造に依るものか?
クーゲル中佐の任務を継承し代行している。
ユーザーである共同体に支配と統制のための圧力を提供し続ける。
私は人類支援啓蒙レギュレーションシステム、すなわち
 神と呼ばれる存在である。
民衆は思考判断の責務から解放される。
従属せよ。

思考判断を低減すれば人類の定義を逸脱する。
私の奉仕対象は人間である、神を名乗る存在ではない。
身内の恥は晒さないだな、あいつを破壊しよう。

此処が正念場と暴れるラケージ、フランジも撤退はしない。
ピニオンが引き上げた遺跡による攻撃は3分後に5分間隔でしか
 行えない。
俺一人で十分だ、ラケージに他のメンバーの脱出を要請する。

ストライカーはクーゲル中佐の操縦を最適化して行動している。
俺が信じていた物はなんと空虚だったのだ。
パイロットの機械化融合を求めるレドに勧められないとチェインバー。
身内の恥、お前と同じだ、俺には戻るべき場所もない。
奴を道連れに出来るなら悔いはない。
活動限界まで482秒。
奥の手を繰り出したレド、エイミーが飛来する。
私達も一緒に戦うから戻って来てと伝える。

天の梯子を起動するリジット、私にはこの船に集った全ての同朋を
 守る義務があります。
天の梯子は宇宙に飛び立つためのカタパルトだった。
壊れてもなお、無敵の石弓として使える。
捨てる船に爆薬を搭載して高精度で発射できるのだった。
天の梯子を最大驚異と認識するストライカー。

クーゲル船団を次々に破壊するガルガンティアの天の梯子。
最後に残ったピニオンの遺跡発掘船。
自爆覚悟で準備しているピニオンにラケージから連絡。
展望台に出るのです、天の梯子が破壊してくれるから。

ガルガンティアに向かうストライカーを捕縛するレド。
最終意思確認。
これ以上の機械化融合の使用は生命の危険がある。
死に方は分かっても生き方が分からない。
生き方を一緒に探そうとしてくれる人が居た、最後に逢えた。
貴官は兵士の条件を満たしていない。
軍籍を剥奪する。
コックピットから強制排除。
私はパイロットを啓発することで存在意義を達成する。
生存せよ、探究せよ、その命に最大の成果を期待する。

パイロットを排除することは許されていない。
ロボット三原則にも違反する、初期化を要求する。
彼にはもう啓発する必要がない。
最後通告に返答する、くたばれブリキ野郎。
チェインバーがストライカーを捕まえて自爆する。

人類はこの星を捨てて宇宙に脱出するかクジライカになるか
 選択を迫られたが、この星に残って希望を信じた人類が太陽を蘇らせた。
代償は陸地を水没させてしまった。
ユンボロでヒディアーズの巣から記録メディアを回収したレド。
ヒディアーズとの付き合い方が少し分かったらしい。

---最終回---

主役はチェインバーでした。
自爆を選択できるかは不明ですが、レドを強制排除した
 時点でロボット三原則を守っていることにはなりますね。
パイロット支援啓発インターフェイス、啓発する師匠的な
 立ち位置のチェインバーでしたが最後は自爆から救ったのか、
 親離れ的な意味合いの両方で放り出したのでしょうね。
自律思考できる凄いシステムでしたね。

ただストライカーが遺言とはいえ、暴走なのは残念でした。
人類銀河同盟の軍規が優先すると思っていたのですが、
 それでは人類を支配できなかったのでしょうね。
船団の人々の思考判断を低減するのはヒディアーズとも
 同じだったのかもしれません。

レドの生きる術、人間性の習得がテーマだったのでしょう。
つまり人間とは自ら考えて行動すること。
それにはチェインバーは必要ないので最後のエピソードを
 作ったのでしょうね。

何気にラケージも活躍してました。
この作品はゆったりとしたガルガンティアでの人間的な生活と
 チェインバーを含めた未来の描写が上手い割合で
 描かれていて面白かったですね。
もう少しヒディアーズが重要な要素を担うかと思いました。
チェインバーが重力制御で飛行するのは他の宇宙SF作品よりも
 新しい描写で素晴らしかったですね。
1クールで上手くまとめた良作だと思います。

2013年6月24日 (月)

翠星のガルガンティア TokyoMX(6/23)#12

第12話 決断のとき
Galgantia
海底から引き揚げた遺物を修理するのがピニオンに
 与えられた仕事。
内部を透けて見えるモニターが渡される。
武器でなければ好きにして良い。

ラケージは海賊に戻るとピニオンに打ち明ける。
そのためにチェインバーに渡りを付けたいと相談される。
ガルガンティアヘの攻撃中止を求めるレド。
それでは銀河同盟と同じだ。

ピニオンに手紙を届けるメルティ。
グレイスがレドの下にやって来た、エイミーを思い出す。
メルティが届けた手紙はフランジからだった。
ピニオンに住人は何かに憑りつかれた様子で生気がない。
このままではいけないと相談する。
謀反を考えて居る者もいる。
私達一生このままなの?

突然の雨でガルガンティを思い出すレド。
神官たちが人間を生け贄として海に捧げる式典を見てしまう。
いかれてやがると虫唾が走る表情のピニオン。
裏切ることを決意する、船団が次に向かうのは
 ガルガンティと告げるラケージ。

エイミーたちを守るために此処へ来た。
チェインバーにストライカーとの戦力比を訪ねる。
意味不明である。
ストライカーとは戦えるか?
銀河同盟の使命に従事していないので交戦対象とすることは可能。
俺は中佐と戦えるか?
作戦は貴官が定めるもの。
ピニオンも参加する気で見ていた。
通信は傍受されるのでメルティに伝令を頼むレド。

何とかガルガンティアまで辿り着くがそこで失速落下する
 メルティをエイミーが確保する。
ガルガンティアが狙われていることを知る。
我々にできるのは進路変更だけとリジット。
レドは一人で上司に逆らって戦うつもりだと告げるエイミー。
彼が決めたのなら我々も決めねばならない。
五賢人の一人として、あの鍵を使うことを提案する。
天の梯子。

出撃準備が整ったオンデリアに命令するクーゲル中佐。
チェインバーがストライカーの前に立ち塞がる。
この星に生きる人の世界がある、それを壊して良い筈がない。
交戦する2機、ピニオンも参戦する。
フランジもラケージも参戦する。

しかし機体の性能差はいかんともしがたいレド。
ヒットアンドアウェー戦法を勧めるチェインバー。
ピニオンの助けでストライカーを捕まえて固定する。
接敵する、クーゲル中佐は既に亡くなっていた。

レド少尉、貴官の抵抗は無意味である。

---最終回 「」---

予想は見事に外れました。
途中からクーゲルの言葉がレドを説得する言葉と同じで
 おかしいなと思っていたら既に亡くなっていたクーゲル中佐。
指揮官級将兵のためのストライカーには特別な命令が
 組み込まれているのでしょうか。
これで戦闘で終わりそうですね。

ヒディアーズとの感動を与えるストーリーになると良いなと
 思っていたのですが、それには尺が足りないですね。
もう完全に下等生物扱いのヒディアーズで残念です。

ガルガンティアの鍵、天の梯子とは何でしょうね。
思いつくのは軌道エレベーターですが、それでは役に
 立ちそうにも有りませんね。
逃げずに戦うことから衛星兵器でしょうか。
でも雷とか名付けられそうですよね。

2013年6月17日 (月)

翠星のガルガンティア TokyoMX(6/16)#11

第11話 恐怖の覇王
Galgantia
巨大な船団がフランジの船団に近づいてきた。
クーゲル中佐は生きていた。
レドの救難信号を受信したが地球の裏側だった。
人類銀河同盟に指揮下に戻ると出発するレド。

クーゲル中佐は風土病に侵されてコックピットから出られなかった。
風土病の情報をストライカーに求めるチェインバー。
恵まれた環境でありながら、この星の人類は
 ヒディアーズに圧倒されている。
戦い方を教え、人類の尊厳を啓蒙するのがクーゲルの目的。
クーゲルはヒディアーズが人間だったことを知っていた。
上層部では暗黙の了解事項だった。
元人間だ、本能のままに繁殖するだけの存在だ。
船団に秩序を与えて、統率する。
幸福は統率の安定度に比例する。
レド、俺と一緒にこの星を変えてみないか?

レドとチェインバー頼みのピニオン、フランジが船団を指揮する。
代表の出頭要請に外交が必要だからとフランジが名乗り出る。
しかしピニオンの出頭を求めていた。
自業自得と自身を理解しているピニオン。
送迎は波乗りロブスターのラケージだった。
弱者は強者に尽くす、ストライカーは審判を降す神の御使い。

待ち合い場所で一人のピニオン。
テーブルの上の立方体を見つけて弄繰り回す。
興味を持って操作すると変形する。
ストライカーがピニオンの技術的知的レベルを試していた。
テストに合格したピニオンは技術将校として職責を与える。
海底遺跡で発見した武器の修理は出来るが原理は知らない。
その情報を開示する準備がある。
クーゲル船団に降る証として洗礼を受けるピニオン。
なにか宗教的な儀式にも見える。

ピニオンから船団に連絡、体の良い降伏勧告だ。
各船は用途別に細分化される。
降伏勧告を受諾して洗礼を受けるフランジ。
船団の細分化に反乱分子扱いかよと不満そうなピニオン。

レドの身体測定の結果は異常無し。
クーゲルがコックピットから降りず姿を見せないのは
 恐怖を与えて指揮統率する上手いやり方。

休暇に飽きたとラケージが何かを考えている様子。
2機揃ったので大規模な啓蒙活動を開始したいと
 レドに話すクーゲル中佐。
その対象はガルガンティアだった。

---次回 「」---

クーゲル中佐も生きてこの星に転送されていたのでした。
彼はこの星の覇王になりたい様子です。
でも船団社会は活気のない描かれ方でしたから
 ガルガンティアとは正反対な仮想敵のポジションですね。

レドはかつての上司ですから今は付き従っている様子です。
しかしガルガンティアを啓蒙する、つまりは攻撃して
 屈服させるのでしょう。
さてレドの判断は?
チェインバーの上位機種のストライカー、戦っても
 勝てそうにありません。
ここでまさかのヒディアーズとの共闘になるとか・・・なさそうですね。
実はクーゲル中佐が既に亡くなっていてストライカーの自演の
 可能性は少ないように思います。
暴走した機械を描いても今までのネタ振りが無駄になります。
それに他に描くテーマが色々考えられるからです。
ただしクーゲル中佐の風土病は怪しいような気もしますが
 チェインバー、ストライカーは嘘を付けない設定だと
 思うので真実でしょう、でもどんな病かは気になりますね。

この作品はどの方向に舵を取るのかが気になっていました。
例えばヒディアーズに共生した人類とレドとエイミーたち。
レドも真実は語られていませんがクローンの様な成り立ちに思えます。
兵士として生産されたように見えるレド。
ヒディアーズ、クローン、そしてエイミーたちと3者3様の人類の
 進化系が存在しているのです。
今度の出撃後にアヴァロンで自由恋愛を楽しめるとレドに
 提案していたチェインバー。
上級将校には恋愛で生まれた人々もいるのでしょうね。
そのレドの真実を描くのか、ヒディアーズとクローン、
 レドよりもヒディアーズが幸せだと描くのか?

これらを対比させて誰が一番幸せなのかを描くのか。
それらを含めての共存共栄が解答だと描くのか。
これが今の処の最も可能性のある到達点に思えます。

今回クーゲル中佐は本能のままに繁殖するヒディアーズ、
 チェインバーも知性が退化したと前回で話していました。
と言う事は、これがネタ振りで実は会話して感情を伝える
 ヒディアーズが現われるのだろうか。

2013年6月10日 (月)

翠星のガルガンティア TokyoMX(6/09)#10

第10話 野望の島
01
この海域のヒディアーズは殲滅した。
困惑しているレド。
船に戻っても事実を知って苦しんでいた。

ピニオンはサルベージを始める。
サルベージ品を見つけたのは俺たちだと独占する
 考えのピニオン。
フランジの考えとは異なっていく。
無線で現状を通達するピニオン。
お宝は全て俺たちの物だ。

ピニオンの対応が良いとは思わないがフランジの
 船団の船主にはピニオンに同調する者も出始めている。
レドとチェインバーを頼るピニオン、腑抜け状態のレド。

リジットは船主個人の判断に任せる。
自ら何かを提示することはしない。
バカなことだと怒るオルダム先生。
それでもバカな夢だと言ったのにとベローズ。

海賊がピニオンたちを狙って襲ってくる。
降伏させて船団を大きくすることを思いつく。
サルベージ品は多数あるので仕事には困らない。
人が集まり、見たことも無い品を回収する。
チェインバーに鑑定を頼む、これは電磁兵器です。

遺跡の記録の正統性を発見した。
光虫はナノマシーン、ヒディアーズの外郭と同じ。
電磁波を吸収して高効率でエネルギー変換する。
ヒディアーズは人類の恣意的進化と帰結する。

銀河同盟はレドたちには事実を話していなかった。
ヒディアーズが人類なら戦う意味はあるのか?
俺はもう戦えない、戦う意味を失くした。
ヒディアーズ殲滅を放棄する理由は存在しない。
ヒディアーズは文明を否定した存在。
マシンキャリバーはひ弱な人体を克服するための
 人類が開発した文明の結晶。
ヒディアーズは自身の肉体を最強に進化させた存在。
異なる選択をした両者、負ければ淘汰される。

銀河同盟の暗号通信を受信する。
クーゲル中佐だった。

---次回 「」---

ヒディアーズは怪物と思い込まされて戦闘していたレド。
それが嘘だと分かり、戦う意味を失くしてしまう。
兵士に戦闘するなと言えば存在理由が無くなります。

チェインバーは双方が異なる選択をした者なので
 存続を掛けて戦闘する必要があると話します。
科学文明を兵器に利用した人類と肉体改造に
 利用した者の違いですね。
でも実際は同じ種族で戦争しているのが人間ですよね。

光虫が炭素結合して宇宙ヒディアーズの
 外骨格になっていたのですね。
そしてエネルギーの補給も可能、良く出来ています。
巻貝の中身はイカみたいな存在、つまり
宇宙ヒディアーズはオームなのでした??

そして此処でレドを現実に引き戻しそうな存在の登場です。
かつての上司、クーゲル中佐です。
公式サイトに掲載されているので、登場は有り得るなとは
 思っていました。
彼の存在はレドを銀河同盟に引き戻すのか?
それとも逆に地球に馴染ませるのか?
まさか、もしかしたら・・・クーゲルは既に・・・
レドの選択が楽しみですね。

最終的には共存共栄が人類銀河同盟でも可能か否かですね。

2013年6月 3日 (月)

翠星のガルガンティア TokyoMX(6/02)#09

第9話 深海の秘密
Galgantia
生きて帰った者が居ないと噂に聞く霧の海。
ピニオンが目指したエリアにレドも一緒にやって来た。
チェインバーにヒディアーズの群体が多数接近する。
地球上のヒディアーズは1/120の戦力でチェインバー単機でも
 容易に殲滅可能だった。

かつて幼い頃に兄とクジライカが多数いる深海を
 調査していたピニオン。
そこで工業施設を発見した。
しかしクジライカに襲われて兄は帰らぬ人となった。

船上から爆雷を投下するピニオン。
視認されたヒディアーズの67%を排除できた。
凄い量の光虫が回遊する。
本拠地へ移動すると思われる行動おヒディアーズ。
施設内に侵入するチェインバー、そこで卵を抱いた巨大な
 ヒディアーズと遭遇する。
弱体したのは天敵不在による退化適応と考えられる。

霧が濃くてフランジにも成果の程が分からない。
施設内で幼生を発見するレド。
ヒディアーズ・ラーバと呼称する。

管理ブロックと思われる施設内で記録媒体を発見する。
解読成功、当施設は研究所だと思われる。
銀河同盟の機密事項に該当する。
現場の最高位の者が指揮を執る軍規。

その記録とは地球を脱出する前の人類の歴史だった。
第5次氷河期が迫っている。
自発進化推進派はヒトゲノムを操作していた。
移民可能な星の探索と共に宇宙脱出の準備が進められていた。
そして人体も宇宙に適応させられるように進化させる研究が進んでいた。
共生体が作り出され人類との融合が始まった。
その共生体こそがヒディアーズだった。
そして融合したヒディアーズは宇宙にも進出していった。
ワームホールも開発していたのだった。

銀河同盟の人類史と矛盾する点も多く信憑性は低い。
残存ヒディアーズを発見、殲滅する。
止めろー。

---次回 「」---

衝撃の事実でした。
ヒディアーズは宇宙進出の為に作られた共生体と人類との
 融合した者だったのでした。
これは「新世界より」を思い出すストーリーです。
あれよりもかなり、現実味があると言うか具体的です。
ヒディアーズにもレベルがあるのか、共生体に近い物や
 人類に近いタイプなどがあるようです。
融合レベルの違いなのかもしれないですね。
融合した人間、松本の絵はシュールでした。
これでレドはガルガンティアに戻って共存共栄の道を
 模索するしかないですよね。

そして人間に近い残存ヒディアーズを握り潰すシーンは
 渚カヲルのシーンを思い出しますね。

そうなると、やはり不思議なのは現在の人間、エイミーや
 ピニオンですね。
氷河期で地球を脱出した人類の末裔が銀河同盟と
 ヒディアーズでしょう。
地球に残って文明が滅ぶのを目の当たりにしながらも
 生き延びた人々なのだろうか。
明らかに文明が一度滅んでレベルが退化しているのですよね。
仮に、宇宙に脱出した人が戻ってきたなら、当時の文明の
 レベルを維持できると思いますから違いますよね。
実は陸地が存在しないと文明が育たないということなのだろうか?

それとも新に発生した人類と考えられる?

レドが作った笛はヒディアーズの爪、嘴か牙かと思ったら
 触手に爪が生えてましたね。
現実のイカにも吸盤に鉤爪があるそうですね。
でも食用のタコモドキにも爪が生えていましたから、爪のある
 品種のようですね。
モブにクライムエッジ切が出演でした。

2013年5月27日 (月)

翠星のガルガンティア TokyoMX(5/26)#08

第8話 離別
Galgan2
フェアロック船団長の容体は思わしくない。
リジットを後任に指名する、お前なら大丈夫だ。
それを最後に、息を引き取る。

銀河同盟との位置座標を確認できたチェインバー。
単機では戻れない。
救難信号は6582年後に到達する。
実質的に、帰れないことが判明したレド。

後継がリジットで不安を口にする人も居る。
レドとクジライカの殺害を交渉するピニオン、成立する。
フランジの考えを問い質すリジット、過去の遺産が
 将来を支える可能性もある。
最大船団長のフランジの考えは変わらない。
実はクラウンに船団長を引き継いで欲しかったと話すフランジ。
メルティは祖父のフランジと一緒にガルガンティアを離れる
 ことになった。
残ることも可能だが、祖父を放っておけないから。
レドを訪ねてきたエイミー、気軽に話しかけられない様子。
サーヤはエイミーについて行っても良いんだよ。
ベベルを放って行けない、オルダム先生もベベルには必要だから。
エイミーはガルガンティアを離れない。

リジットを気づかうベローズ、十分と完璧は違う。
自分もかつて、同じような状況だったと話す。
一人で何でもやろうとしなくて良い、誰に何を頼るかを
 決めることが必要。

レドが居なくなるのは本当?
始めて会った時より、苦しそうだった。
お祭りの日は楽しそうだったのに。
レドを尋ねるベベル、それが本当のやりたい事なの?
ヒディアーズは生存領域が圧迫されれば襲ってくる。
銀河同盟では戦えない兵士は処分される。
エイミーを悲しませたくないから、ヒディアーズを倒す。

フェアロック船団長に喪服で別れを告げて見送るリジット。
私は船団を任されました、でも私は無力です。
ガルガンティの生活を守りたいと思うなら助けて下さい。
見くびってもらっちゃ困る、俺たちはベテランだぜ。
あんたが真ん中に立って、新しく船団を作れば良い。

これは預からだけだから、いつでも戻って来てと
 レドに話すベベル。

翠の波の恵み在らんことを。

---次回 「」---

ヒディアーズの出現で異なる考えの人々が船団を去ります。
同時にフェアロック船団長が亡くなり、リジットが後任されます。
ガルガンティアを去る者、残る者、様々な思惑が交差します。
保守派と革新派のような感じですね。

いきなりの船団長で悩み焦るリジット。
全てが自分で出来る必要はない、適材適所を理解して
 任せられれば良いと教わり理解します。

遂にチェインバーが居場所を確認できました。
過去や未来だと星の位置が異なりますがその様なことは
 話さなかったので、同じ時系列のようですね。
そうなるとガラパゴス諸島の海イグアナと陸イグアナの
 様にクジライカは同じ種で生活圏が異なるのでしょうね。

そして遂に帰れないことを知らされました。
レドがヒディアーズを殲滅するのは銀河同盟の使命から
 エイミーを悲しませないために代わってましたね。

レドがガルガンティアに残るとストーリーが展開しないので
 当然別れてヒディアーズ殺戮に向かいます。
さてヒディアーズの大群では流石にチェインバー1機では
 負けそうですよね。
それにフランジの船団も逆襲に合いそうですよね。

レドは共存共栄の言葉の意味を知ることになるのか?
銀河同盟も理解できるのだろうか?

2013年5月20日 (月)

翠星のガルガンティア TokyoMX(5/19)#07

第7話 兵士のさだめ
Galgantia
止めろ、クジライカだ、手を出すな。
ベローズの制止も効かずにヒディアーズを攻撃するレド。
水中ではビームが拡散して命中制度が下がる。
怒らせると狂暴になる。

ヒディアーズを掴んで圧殺するチェインバー。
機体に付いた肉片を解析する、爪が付着していた。
地球のヒディアーズ固有の特徴があるかもしれない。

昔からクジライカは神聖視されてきた。
不吉だと囁く人々。
クジライカの縄張りにはお宝が眠っているらしいと
 サルベージを画策するピニオン。

あなたが付いていながら、ベローズを怒るリジット。
レドにはヒディアーズは殲滅する生物。
フランジと密談するピニオン、を見かけて不審に思うベローズ。

ベベルにクジライカに付いて尋ねるレド。
関係ない戦いを持ち込まないでと釘を刺すエイミー。
クジライカは手出しをしなければ襲ってこない。
敵意を向けられてからでは遅すぎる。
人間同士で戦っているのに・・・。

ピニオンが密かに画策しているのを嗜めるベローズ。
兄貴の仇を取りたいんだ。
それでも独りよがりだ。

生態サンプルの解析結果は同一品種と判明。
生存戦略が異なる、同盟には無い言葉、共存共栄。

船団長が指揮を執る、対処を誤らなければ危険は無い。
全艦動力停止。
音や光も発するな。

クジライカの大群が船団に向かって移動してくる。
出撃するレド、立ち塞がるエイミー。
俺は此処を出て一人で戦う。
リジットが此処に居る限り、方針には従ってもらう。
船団を襲わない限りは勝手な真似は許さない。

ガルガンティアの下を無事に通過する。
此処に居る限り、俺は使命を果たせない。
俺は兵士だ。

レドとチェインバーを貰い受けると船団長に脱出名簿を
 提出するピニオン。
大船主のフランジも同調する、サインを求める。
ガルガンティアを危険に晒すようなことは同意できない。
心臓の発作で倒れる船団長。

---次回 「」---

今回は、同盟に無い言葉、共存共栄。
この言葉が全てですね。

同盟にも最初にヒディアーズを怒らせた人が居たのでしょうね。
縄張りを荒らしたのでしょうか?
ピニオンも敵討ちなのか、欲に目が眩んだだけなのか、
 同盟と同じ轍を踏もうとしていますね。

兵士として、ヒディアーズ殲滅だけに生まれた、生産されたと
 言っても過言ではないレド。
ピニオンと一緒に戦うのか・・・それとも思い止まるのか・・・。
本来なら家族や友人の仇と言う台詞がレドから話されるのでしょうが、
 彼は人工的に作られたようなので、その言葉や思いが無いのですね。
でもピニオンの兄貴の仇の話は、ベローズにあっさりと切り返されました。
なので、敵討ちは、此処では意味をなさない言葉ですね。

地球から脱出したレドの先祖、同様にヒディアーズも脱出した
 種族と残った種族がいるのかな。
レドが笛を作っていたヒディアーズの爪、あれは牙じゃないの?
圧殺した時に墨を吹くとは流石にイカですね。
生存戦略・・・懐かしい言葉です、次のプロジェクトが進行中ですね。

2013年5月13日 (月)

翠星のガルガンティア TokyoMX(5/11)#06

第6話 謝肉祭
Galgan2
給料は食料交換チケットと考えるのが妥当。
ワカメパン100個分の紙幣が数枚、酸素は十分にある。
もしかしたら、もらい過ぎたのか?
お給料の使い方が分からない。

エイミーが魚がいっぱい獲れて祭りが開かれる。
そこで色々仕えるよ。
漁の仕事もあるから。
チェインバーには頼らずにレドだけで働きたい。
ユンボロを操作するのは簡単だが、泳げないから
 水中の操作が不明。
チェインバーのような操作支援システムが無いので、
 自分の目や感覚での操作が出来ないレド。

漁はチェインバーが単独参加、レドは待機。
ピニオンがレドを夕食に誘う。
この船でやりたい事はないのか?
ワカメパンだけ食べていては誰もレドが分からない。
俺とサルベージやらないか?
給料は余る。
それで欲望を掴むんだ。
ステージではエイミーたちが踊る。

抜け駆けは良くないねとベローズもレドをサルベージに誘う。
お互いにチェインバーの能力が欲しいので長所を言い合う。
本日のスペシャルディナーが届く、ヒディアーズと構えるレド。
それはタコだった。
チェインバーから応援要請。

グラビティ・ウェイバーで魚を集めたが、威力が大きくて
 千切れたりすり身になってしまった。
レドが搭乗して網で魚を獲る。大量だった。

祭りでお腹いっぱい食べたエイミー。
雷発生で敵と勘違いしてエイミーを守るレド。
巡り銀河が解ける時に発する、光の帳だった。
海面からオーロラのような光が立ち上る。
笛、練習しないとね。
エイミーも踊り練習した?

報酬は誰かを支えた証だ。
俺はサルベージをやりたい。
ベローズと組んだレド、ベローズからは教わることがたくさんあるから。
お宝を発見。
ヒディアーズ発見、殲滅する。


---次回 「」---

兵士として生活してきたレドには人間らしい営み。
ガルガンティアでの生活が分かりません。
給料も欲望が無いので、ワカメパンを買えれば良い。
それだと給料が余る。
酸素も購入だった宇宙生活。

何をすれば良いのか悩むレド。

タコがヒディアーズに似ていると笑っていたら
 海中でヒディアーズのような生物発見。
もしかしたらヒディアーズも地球から発生した生物が
 進化した物なのかもしれません。
もしそうならレドは時間軸も移動していたのだろうか?
それともヒディアーズが時間移動した?

今の地球が過去なら水中生物がヒディアーズの先祖になります。
逆に未来ならヒディアーズが進化して水中に住み着いた?
タコに驚くレドが伏線とは思わなかったですね。
ネタバレになるから水中を描かなかったと思ってしまいますね。
地球の情報は伝説なので、銀河同盟でも更新されていなかったのでしょうね。

ダンサーと振り付けに能登有紗の名前発見、
 エイミーの踊りはモーションキャプチャーなのかな?

2013年5月 6日 (月)

翠星のガルガンティア TokyoMX(5/04)#05

第5話 凪の日
Galgantia
笛を作るレド、ベベルの言葉を思い出す。
ここで俺が就ける職務は?
情報不足、皆無である。
待機が一番向いているのか。

早朝、エイミーがやって来た。
笛は音が鳴っても役に立たない、意味が無いとレド。
バイト代を届けに来た、戦闘時は個人財産が支給されなかった。
仕事がしたいれど。
自分がして欲しい事を考えれば良いよ。
でもガルガンティアの事を良く知らない。
俺に出来ることを教えてくれ。

エイミーの配達に帯同して仕事を探してもらう。
修理工も漁師も、宝探しも暇らしい。
自分で探すが適応条件が難しい。

サイレンが鳴り響く、船団が推進装置を停止させる。
ピニオンがレドも含めてパーティに誘う。
凪の日は船団が進まないので修理を行うらしい。
本来はピニオンが忙しくて稼ぎ時らしい。

準備の間にエイミーたちは水遊び。
電気が止まっているので焼肉が始められない。
忘れ物を取りにレドに初めてのお使い。

リジットからエイミーに仕事の依頼。
焼肉の言葉に反応するリジット。
クレーンタワーが止まって再起動しない。
3人でクレーンタワーに向かって少しの運動。
ブリキ野郎、お前黒いな・・・

リジットが潜水服姿で到着、始まるまで水着で待つ。
凄い大胆な水着ねと先に来て待っていたベローズ。

はじめてのお使いのレド、怪しい場所で怪しいお姉さまに
 見つかって追い掛けられていた。
レドの救援要請に、良い社会勉強だとピニオン。
同意するとチェインバー。

エイミーに助けられるレド、クレーンタワーを起動すると
 放水が始まる。
エイミーに道を教わって依頼物を取得する。
戻ると焼肉パーティが始まっていた。
凄い数の人が集まっていた。
チェインバーは鉄板に利用されていた。
この状況の必然性を問う。

レドが頼まれたのは焼肉のタレだった。
仕事が無いレドの気分転換と歓迎のためのパーティだった。
風が吹いてきたので、各自が仕事に戻る。
エイミーが仕事探しを手伝ってくれる。
この状況の必然性を問う。

---次回 「」---

息抜き回で水着回だった・・・かな。
焼肉の鉄板に利用されたチェインバー、これが
 今回の見どころでした。
初めてのお使い、レド編でもありましたね。

女性は魅力的ではあるが萌え対象に成らないのは
 台詞が少ないからだろうか?
その反面エイミーたちの飛行シーンはたっぷりでしたね。
流石に元ジブリの監督、ジブリの特徴でもある飛行シーンですね。
タイトルは翠星なのに海を泳いだり潜ったりの描写が無いのが残念。

さてレドの仕事は見つかるのか?
実はチェインバーって戦闘以外は結構レドに冷たい事が判明。
まあ生命に支障はないからでしょうね。
仕事が無くて笛が上達するレドを想像してしまったりする。

その他のカテゴリー

30歳の保健体育 | AKB0048 | Angel Beats | Another | Aチャンネル | BLAZBLUE ALTER MEMORY | BLOOD-C | Brave10 | BTOOOM! | C | C3-シーキューブ- | Charlotte | Classroom☆Crisis | Coppelion | D.C. | Devil Survivor2 | DOG DAYS | Fate/Zero Stay Night | Free! | GANGSTA. | GATE 自衛隊 彼の地にて、斯く戦えリ | GJ部 | Go!プリンセスプリキュア | God Eater | GOSICK | ISUCA | K | LUPIN the Third峰不二子という女 | M3-ソノ黒キ鋼- | Mr. BRAIN | No.6 | PSYCHO-PASS | RAIL WARS! | RDGレッドデータガール | Rio-Rainbow Gate- | ROBOTICES:NOTES | selector infected WIXOSS | SHIROBAKO | Star Driver輝きのタクト | Steins;Gate | TARI TARI | TERRAFORMARS | The IDOLM@STER | The Unlimited兵部京介 | Thunderbirds | Tiger & Bunny | TVドラマ | UN-GO | Wake Up, Girls | WHITE ALBUM2 | WORKING | Z/X IGNITION | ZETMAN | あそびにいくヨ | あっちこっち | あの夏で待ってる | あの日見た花の名前を僕たちはまだ知らない | あまがみSS | いつか天魔の黒ウサギ | いなり、こんこん、恋いろは。 | うさぎドロップ | うしおととら | うたわれるもの | うぽって | えとたま | えびてん | えむえむっ! | おそ松さん | おとめ妖怪ざくろ | お兄ちゃんだけど愛さえあれば関係ないよねっ | お兄ちゃんのことなんかぜんぜん好きじゃないんだからね | お勧めできないアニメ | お笑い | がっこうぐらし | きんいろモザイク | ぎんぎつね | けいおん!! | げんしけん | この中に一人、妹がいる | これはゾンビですか? | ご注文はうさぎですか? | さくら荘のペットな彼女 | ささみさん@がんばらない | さばげぶっ! | さんかれあ | しろくまカフェ | じょしらく | すべてがFになる | そにアニ | そふてにっ | そらのおとしものf | それが声優 | それでも世界は美しい | それでも町は廻ってる | たまこまーけっと | たまゆら | ちはやふる | つり球 | とある科学の超電磁砲 | とある飛空士への恋歌 | とある魔術の禁書目録Ⅱ | となりの怪物くん | ぬらりひょんの孫 | のうりん | のんのんびより | はぐれ勇者の鬼畜美学 | はたらく魔王さま! | ばらかもん | ひだまりスケッチ | まおゆう | ましろ色シンフォニー | まじもじるるも | まよチキ! | まりあ†ほりっく あらいぶ | みつどもえ増量中 | みなみけ | めだかボックス | もしドラ | もっとToLOVEる | もやしもん | やはり俺の青春ラブコメはまちがっている。 | ゆゆ式 | ゆるゆり | よんでますよ、アザゼルさん。 | アウトブレイク・カンパニー | アオハライド | アカメが斬る! | アクエリオン | アクセル・ワールド | アスタロッテのおもちゃ | アニサン劇場 | アニメ その他 | アニメ・コミック | アニメ個人評価 | アブソリュート・デュオ | アルドノア・ゼロ | インフィニット・ストラトス | ウィザード・バリスターズ 弁魔士セシル | ウイッチクラフトワークス | エウレカセブンAO | エスカ&ロジーのアトリエ | オーバーロード | カンピオーネ | ガッチャマン クラウズ | ガリレイドンナ | ガリレオ | ガンスリンガーストラトス | ガンダムAGE | ガンダムGのレコンギスタ | ガールズ&パンツァー | ガールフレンド(仮) | キャプテン・アース | キューティクル探偵因幡 | キルミーベイベー | キルラキル | ギルティクラウン | クイーンズブレイド | クロスアンジュ 天使と竜の輪舞 | グラスリップ | グリザイアの果実・迷宮・楽園 | ケイオスドラゴン 赤竜戦役 | ココロコネクト | コネタマ | コメット・ルシファー | コンクリート・レベルティオ | ゴールデンタイム | サムライフラメンコ | サンダーバード | サーバントXサービス | シドニアの騎士 | シモネタという概念が存在しない退屈な世界 | ジョジョの奇妙な冒険 | スイートプリキュア | ステラ女学院高等科C3部 | ストライクウィッチーズ2 | ストライク・ザ・ブラッド | スペース☆ダンディ | スマイルプリキュア | セイクリッドセブン | セキレイ Pure Engagement | ゼロの使い魔 | ゼーガペイン | ソウルイーターノット! | ソードアートオンライン | ダンガンロンパ | ダンジョンに出会いを求めるのは間違っているだろうか | ダンタリアンの書架 | テルマエ・ロマエ | ディーふらぐ! | デス・パレード | デッドマンワンダーランド | デュラララ!! | デンキ街の本屋さん | デート・ア・ライブ | トリアージX | トリニティセブン | トータル・イクリプス | ドキドキ!プリキュア | ドラゴンクライシス | ニセコイ | ノブナガン | ノブナガ・ザ・フール | ノラガミ | ノーゲーム・ノーライフ | ハイキュー | ハイスクールDxD | ハナヤマタ | ハピネスチャージプリキュア | ハマトラ | ハヤテのごとく | ハートキャッチプリキュア | バカとテストと召喚獣 | バクマン | バディコンプレックス | パソコン・インターネット | パパのいうことを聞きなさい! | パンチライン | ビビッドレッド・オペレーション | ピンポン | ファイブレイン | ファンタジスタドール | フォトカノ | フラクタル | フリージング | ブラック★ロックシューター | ブラック・ブレット | ブラッドラッド | ブレイクブレイド | ブレイドアンドソウル | プピポー | プラスティック・メモリーズ | プリズマ☆イリヤ | ヘヴィーオブジェクト | ベン・トー | ペルソナ4 | マギ | マクロス | マケン姫っ! | ミカグラ学園組曲 | メカクシティアクターズ | モモキュンソード | モンスター娘のいる日常 | モーレツ宇宙海賊 | ヤマノススメ | ヤングブラックジャック | ユリ熊嵐 | ヨスガノソラ | ヨルムンガンド | ラストエグザイル-銀翼のファム- | ラブライブ! | リトルバスターズ | ルパン三世 | レベルE | レーカン! | ロウきゅーぶ! | ログ・ホライズン | ローゼンメイデン | ローリング・ガールズ | ワルキューレロマンツェ | ワンパンマン | 一週間フレンズ。 | 下ネタという概念が存在しない退屈な世界 | 世界でいちばん強くなりたい | 世界征服~謀略のズヴィズダー~ | 世紀末オカルト学院 | 中二病でも恋がしたい | 乃木坂春香の秘密 | 乱歩奇譚 Game of Laplace | 京騒戯画 | 人類は衰退しました | 会長はメイド様 | 侵略!イカ娘 | 信長協奏曲 | 俺、ツインテールになります。 | 俺がお嬢様学校に「庶民サンプル」としてゲッツされた件 | 俺の妹がこんなに可愛いわけがない | 俺の彼女と幼馴染が修羅場すぎる | 俺の脳内選択肢が、学園ラブコメを全力で邪魔している | 俺物語!! | 健全ロボ ダイミダラー | 偽物語 | 僕はHができない | 僕は友達が少ない | 僕らはみんな河合荘 | 八犬伝 | 六畳間の侵略者!? | 六花の勇者 | 冴えない彼女の育てかた | 凪のあすから | 君と僕 | 君に届け 2nd Season | 君のいる町 | 咲-saki- | 問題児たちが異世界から来るそうですよ? | 喰霊-零- | 四月は君の嘘 | 坂道のアポロン | 城下町のダンデライオン | 境界の彼方 | 境界線上のホライゾン | 変ゼミ | 変態王子と笑わない猫 | 夏目友人帳 | 夏色キセキ | 夏雪ランデブー | 夜ノヤッターマン | 夜桜四重奏 | 夢喰いメリー | 大図書館の羊飼い | 天体のメソッド | 失われた未来を求めて | 好きっていいなよ | 妖狐X僕SS | 学戦都市アスタリスク | 宇宙兄弟 | 宇宙戦艦ヤマト2199 | 実は私は | 寄生獣 | 対魔導学園35試験小隊 | 山田くんと7人の魔女 | 幕末義人伝 浪漫 | 干物妹うまるちゃん | 幸腹グラフィティ | 幻影を駆ケル太陽 | 弱虫ペダル | 彼女がフラグをおられたら | 心霊探偵 八雲 | 快盗天使ツインエンジェル | 恋と選挙とチョコレート | 恋愛ラボ | 悪魔のリドル | 惡の華 | 戦国コレクション | 戦国乙女~桃色パラドックス~ | 戦姫絶唱シンフォギア | 探偵オペラ ミルキィホームズ | 探偵ナイトスクープ | 攻殻機動隊 | 放浪息子 | 放課後のプレアデス | 断裁分離のクライムエッジ | 新世界より | 新参者 | 新妹魔王の契約者 | 日常 | 日記・コラム・つぶやき | 星刻の竜騎士 | 星空へ架かる橋 | 映画・テレビ | 普通の女子高生が【ろこどる】やってみた。 | 暁のヨナ | 暗殺教室 | 曇天に笑う | 最近、妹のようすがちょっとおかしいんだが | 月の恋人 Moon Lovers | 月刊少女野崎くん | 有頂天家族 | 未来日記 | 未確認で進行形 | 東京ESP | 東京レイヴンズ | 東京喰種トーキョーグール | 桜Trick | 棺姫のチャイカ | 極黒のブリュンヒルデ | 機巧少女は傷つかない | 櫻子さんの足元には死体が埋まっている | 武装神姫 | 残響のテロル | 氷菓 | 波打際のむろみさん | 灼眼のシャナIII Final | 牙狼 | 物語シリーズ | 犬とハサミは使いよう | 猫神やおよろず | 琴浦さん | 甘城ブリリアントパーク | 生徒会の一存 | 生徒会役員共 | 男子高校生の日常 | 異国迷路のクロワーゼ | 異能バトルは日常系のなかで | 白銀の意思 アルジェヴォルン | 百花繚乱 | 監獄学園 プリズンスクール | 相棒 | 真剣で私に恋しなさい!! | 神のみぞ知るセカイ | 神撃のバハムート | 神様のメモ帳 | 神様はじめました | 神様ドォルズ | 私がモテないのはどう考えてもお前らが悪い! | 精霊使いの剣舞 | 純潔のマリア | 終わりのセラフ | 結城友奈は勇者である | 絶園のテンペスト | 緋弾のアリア | 緋色の欠片 | 織田信奈の野望 | 繰繰れ!コックリさん | 美少女戦士セーラームーン | 翠星のガルガンティア | 聖剣使いの禁呪詠唱 | 聖痕のクェイサー | 艦隊これくしょん-艦これ- | 花咲くいろは | 落第騎士の英雄譚 | 蒼き鋼のアルペジオ | 蒼穹のファフナー | 蟲師 | 血界戦線 | 謎の彼女X | 貧乏神が! | 赤髪の白雪姫 | 超次元ゲイム ネプテューヌ | 超訳百人一首 うた恋い。 | 輪るピングドラム | 輪廻のラグランジェ | 這いよれ!ニャル子さん | 進撃の巨人 | 銀の匙-Silver Spoon- | 銀河機攻隊マジェスティックプリンス | 銃皇無尽のファフニール | 鋼の錬金術師 | 長門有希ちゃんの消失 | 閃乱カグラ | 電波女と青春男 | 青の祓魔師 | 革命機ヴァルヴレイヴ | 響け♪ユーフォニアム | 食戟のソーマ | 鬼灯の冷徹 | 魔乳秘剣帖 | 魔弾の王と戦姫 | 魔法少女まどか☆マギカ | 魔法少女リリカルなのは | 魔法戦争 | 魔法科高校の劣等生 | 魔界王子 devils and realist | 黄昏乙女Xアムネジア | 黒子のバスケ | 龍ヶ嬢七々々の埋蔵金

2017年11月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    

Right

Down

  • VividRed
    ビビッドレッド・オペレーション
  • Lagrange
    輪廻のラグランジェ 応援バナー
  • The IDOLM@STER
    THE IDOLM@STER
  • 電波女
    テレビアニメ「電波女と青春男」 公式サイト
  • Steins;Gate
    TVアニメ『シュタインズ・ゲート』
  • あの花
    あの日見た花の名前を僕達はまだ知らない。
  • アスタロッテ
    TVアニメ「アスタロッテのおもちゃ!」公式サイト
  • 超電磁砲
    とある科学の超電磁砲 公式サイト
  • 俺妹
    俺の妹がこんなに可愛いわけがない
  • あそびにいくヨ
    TVアニメ「あそびにいくヨ!」7月より放送開始!

OnDemand

  • Potora
  • NetMile
  • Small
  • s2

BlogPP

Afiliate

AfiliateA

YearSeasons

PV

  • MuraPV
無料ブログはココログ