カテゴリー

カテゴリー「月刊少女野崎くん」の12件の投稿

2014年9月22日 (月)

月刊少女野崎くん テレ東(9/21)#12終

最終号 この気持ちが恋じゃないなら、きっと世界に恋はない。
Nozakikun
公式サイトから
バレンタインデーに渡すことのできなかった野崎へのチョコレートを
冷蔵庫の奥底で見つけた千代。
バレンタインデーはとうの昔に終わってしまったけれど、このチョコレートには
募り続けている野崎への恋心がつまっているのかもしれない。
アシスタントとして一緒に過ごす毎日に満足していた千代の心が再び動き出す。
P_00102
男に貰って嬉しかった品物で恋愛を判断しよう。
千代はサイン色紙。
辞めなよ、そんな男と全員に止められる。
P_00103
バレンタインチョコを冷蔵庫で発見して持って来た千代。
実は野崎が一人の時に手渡そうと考えていた。
でもネタの取材に走り回っていたので渡せなかった。
結月は3歳の時に岡田君に渡した・・・のは別のエピソード。
鹿島は堀先輩に渡した、手作りチョコ。
実は手作りが嫌いな堀のために、販売しているチョコと全く
 同じ品を手作りしたのだった。
鹿島は堀先輩の演技が好きで演劇部に入部した。
堀先輩が大好き、と軽く言える。
皆で食べるよりも、今渡して食べてもらったら?

今なら簡単に手渡せそうと歩いて野崎とぶつかって
 恋心の詰まったチョコが落ちてしまう。
千代が怒ってると思った野崎は落ちたチョコを食べる。
お詫びに何か奢らせてくれ。
じゃあ飴貰えると嬉しいな、ホワイトデーのお返しの要求だった。

声楽部室に居る結月と鹿島に報告する千代。
一葉は食べてもらったよ。
3人で一緒に帰る、今日は夏祭り、着替えてから一緒に行こうよ。
浴衣に着替えた千代、鹿島はミコリンを誘っていた。
しかし周囲に二人を誘いたい女子が集まっていた。
千代の浴衣を褒めるミコリン、実は自分を褒めて欲しかった。

日本人は祭りに浴衣は普通だろう。
男性で浴衣は珍しいね。
野崎は若松と一緒にやって来ていた、ネタ探し。
若松を発見して駆け寄ってくる結月。
鹿島と一緒だったのを彼氏と勘違いする。
いつものように若松を引っ張り回す結月、嫉妬したいのかと
 色々妄想する若松。

堀先輩も男友達とやって来ていたが、背景の資料に
 色んなアングルから写真を撮り始める。
千代は野崎とぶつかって出会う。
リボンの柄が違うが佐倉か?
じっくり見て良いか?
野崎君の行動が読めてきたから、期待しないようにしよう。

俯瞰の写真を撮りたいからと高台に公園に行く。
ジャングルジムで撮影後花火が始まる。
登れない千代を持ち上げてくれる。
実は入学式の日に遅刻した千代を持ち上げてくれたのが
 野崎と初めて出会ったエピソードだった。
校門をよじ登って眠っていた野崎。
千代を抱えて中に入れてくれたのだった。
眠くて休むつもりが胸に花を付けたかった。
ギャップに萌えた千代だった。

ジャングルジムは特等席、関係は進まないけれど
 仲良くなれた。
野崎君の事、好きです、花火の打ち上げが止まって
 聞かれてしまった?
花火が打ちあがる中で答える野崎。
聞こえないので尋ねると耳元で俺も好きだ、花火。
笑う千代、今はこれで良い。
ありがとう、一緒に居てくれて。
次のネタは花火だな。

---最終回---

最後は千代のエピソード。
野崎と出会って意識を始めた持ち上げられた真実が
 語られましたね。
実は入学式に遅刻した二人、校門を越えるために
 持ち上げてくれたのでした。

バレンタインの乙女エピソードから夏祭りでの花火エピソード。
今は好きと伝えられなくても親しくなれたことで満足。
これからもアシスタントとして頑張りながら機会を伺うのでしょうね。
いつか千代の気持ちが届けば良いよね。

やはり千代がメインヒロインですね。
この路線で千代のエピソードが続けば良いのですが、
 他キャラのエピソードが多いと千代の存在が薄まってしまう。
結月と若松ペアは、ワンパターンだがそれなりに面白い。
中の人のスキルかもしれないけれど。
恋愛少女漫画を描いているの朴念仁の野崎を好きに
 なってしまった千代の不幸はこれからも続くのでしょう。

2期があれば見たい作品ですね。

2014年9月15日 (月)

月刊少女野崎くん テレ東(9/14)#11

その11 米しよっ♡
Nozakikun
公式サイトから
鈴木とマミコのラブストーリーが展開としていまいち盛り上がらないと
悩む野崎は、手伝いに来ていた千代に何かアイディアはないかと尋ねる。
びっくりする展開やどっきりする展開はどうだろうかと答える千代。
野崎は「実際に試してみるから感想をよろしく」と千代に告げ、
学校でどっきりなことを仕掛けるのだが……。
P_01102
剣さんとは前の担当、前野から変わって1年。
27歳で読書と映画が趣味で前野と同い年、浪人したので
 後輩らしいと都先生から聞いた。
最初は険悪で雰囲気が悪かったが、野崎のマンガを
 読んできたのでキャラ名を知っていた。
それで信用できるように思って仲良くなった。
P_01103
ストーリー展開に不満な野崎。
千代に話すと、求めているのはびっくりしてドッキリする展開。
早速ネタを描くが少女マンガじゃなかった。
明日の学校で実際に試してみることになる。

学校で椅子に座ったら野崎だった。
花をプレゼントで喜ぶと、手が落ちてドッキリ。
プリント運びを手伝うが、全て持つと職員室でドッキリが試せない。
ランチでお弁当を渡される。
白米だけ?と思ったら下にはカレー。
二人で一緒に、しかも野崎手作りのお弁当を食べる。
こんな状況は考えられなかった、しっかりしろ。
頑張れ私と自分に自分でエールを送る。

廊下でいきなりのクラッカーと色々と試す野崎。
一日中のドッキリで飽きてきた千代。
放課後も一緒に帰るので身構えていた。
しかし一緒に帰りたかっただけと言われてしまう。
剣さんにお弁当ネタのネームを見せる。
これはグルメ漫画ですね。 恋しよっ、じゃなくて、米しよっ。

夏祭りの日に大雨、雨宿りに若松、ミコリン、堀が仕事場に訪れる。
堀は背景担当だとミコリンには知られたくない。
知られると鹿島に知られて、面倒な事になると妄想、恐れていた。
ヒマになるとお互いに仕事道具を出してしまう。
男3人ですることと言えば?
女の子談義だとグラビアを野崎に求めるがミコリン。
卒業アルバムで堀と若松の好みを尋ねるが不発。

3人の状況をマンガの女子ネタに変換している野崎。
でも会話だけで落ちはどうするのですか?
野崎は眠りたい3人に張り付いてネタ探し。
期待に応えようと無理やり恋バナの会話を始める。
鹿島、ローレライ、佐倉はどうだ?
野崎に尋ねると眠っていた。
ベッドに運ぶのは腕力勝負。

一緒に帰りたかっただけと野崎に言われて嬉しい千代。
冷蔵庫で野崎用のバレンタインチョコを発見する。

---最終回 「この気持ちが恋じゃないなら」---

ようやく千代エピソードですね。
乙女心に気付かずマンガのネタを相談、実行する
 野崎でした。
それでも一緒に帰りたかっただけと言った野崎の言葉に
 身もだえる千代が可愛かったですね。
そこに恋愛感情が無いのは千代以外は知っていますよね。
ネタのためには貪欲な野崎です。

そして冷蔵庫で発見したバレンタインチョコは前回に
 手渡せなかったチョコだろうか?
千代の気持ちは野崎に伝わるのだろうか。
今は完全にマンガ制作のパートナーですよね。
良き相談相手でJKの代表でしかないですからね。

この作品は突込みが居ないので、落ちを突っ込んで追われないので
 切れが悪い時があります。
今回でも、Bパートは野崎が一番最初に眠ってるで終われば
 切れが良いのですよね。
でも終わらずに俺が一番力持ちとか争うと余韻で落ちが消える。
Cパートも千代が嬉しくて身もだえるだけで終われば良いのに。
次回のネタフリを追加したので落ちが消える。
ここらは勿体ないなと思う。

2014年9月 8日 (月)

月刊少女野崎くん テレ東(9/07)#10

第十号 強まるのは、絆と手綱。
Nozakikun
雨の日ののエピソードが評判が良い。
剣さんからサブキャラでエピソードを考えてはと言われる。
でもオリジナルが結月と若松だから乗り気じゃない野崎。
若松が結月からチケットをもらったと相談に来る。
是非に行ってこい、あとで感想きかせて。
Bwwqyzhcaaaqxds
どうすれば勝てるかなと考えて漫画をヒントに
 服装を決める若松。
映画館では肘置きの所有権で揉めますよね。
そうなのかと結月は両方を自分のものにしている。
ジュース、ポップコーンを置いて領有権を主張するが駄目。
敵に感情移入しているのか?
誰かがやられると嬉しいのか?
結月の笑うポイントが理解できない若松。
途中で眠って、横になってポップコーンを食べるフリーダムさだった。
Bwv27sliiaauqmy
感想を言い合いたい結月、ドロドロ、ぐちゃぐちゃが好きな様子。
オムライスを頼んだ若松は食欲を失う。
次に誘う時は別の奴を誘うから。
女子全員に断られた絶叫コースターのチケットがある。
バスケ部の部員は止めてあげて、僕が付き合います。
P_00102
声楽部のローレライが気になる若松。
演劇部のオスカー等、鹿島の二つ名を張り合って考える堀。
堀が堂々と部室に入って行く。
今度はミュージカルが良いな。
P_00103
鹿島が落ち込んでいた。
次回作はミュージカル、歌以外は大丈夫だが・・・。
じゃあ上手い人に教えてもらおう。
結月に頼むと土下座して頼め。
実は頼まれるのが多くて嫌なので、断るために言っていた。
頼めば良いのかと慣れている鹿島。
実力を知りたいと歌ってもらうと酷い。
諦めろと結月、堀先輩が下手だなと笑う程度に上達すれば良い。
堀先輩にミュージカルを諦めさせる方が速い。

それでも部室で鹿島の練習に付き合う結月。
鹿島の歌を聞いて結月だと勘違いする若松。
酷い歌に可哀相と泣く。

次の演劇は堀が代役で出演する、ミュージカルではない。
堀の演技が大好きでついついにやけてしまう鹿島。
二人の対決シーンはお互いに演技を忘れて終らない。
代役に野崎を指名する堀先輩。
しかし演技も下手で台詞も棒読み。
衣装に着替えれば出来るかもしれない。
野崎の出演に喜んで期待する千代。
しかし野崎の体格に合うのはクマの着ぐるみだけ。
顔が見られなくて残念な千代だった。

友達に代役が出来る奴は居ないのか?
騙しやすくて調子の良い奴は?
ミコリンを推薦する野崎と千代。
それなりには熟せるミコリン。
しかし誰かに似ていると思う堀。
マミコだ、マ・御子柴くんいいよ、明日も来てね。
鹿島はミコリンを応援したので落ち込んでいた。

翌日にミコリンを練習に誘う堀。
しかし人見知りで仲良くなった状況が戻ってしまった。
また初めから慣らして下さい。
鹿島、やっぱ俺が出演するから、練習するぞ。

結月にもどこか良いところがあるはずだと陰から見守る若松。
その様子を誤解されるのだった。

---次回 「米しよっ」---

結月と若松のエピソード。
結月の変人さに振り回される苦労人の若松です。
この生真面目な若松が気づかって苦労するパターン。
映画や遊園地のチケットはどうしたのでしょうね。
結月が買ったのか、貰ったのか気になります。
そして二人のエピソードは漫画にする野崎です。
でも結月エピソードはラブコメだけど真実を知っているから
 野崎には全然色っぽくないのでした。

鹿島と堀先輩のエピソードにミコリンと結月が絡む
 新たなパターンですね。
そして最後に若松も絡むが世間的には二人は付き合っている
 ことになってるのでしょうね。
鹿島の堀先輩の演技が大好き過ぎる。
少しだけ千代の野崎大好きエピソードもありましたが
 本当に少しだけでした。

堀はミコリンがマミコのオリジナルだと気付いたのは流石です。
マ・御子柴呼びは定着するのだろうか。
若松がローレライの真実を知る時はあるのだろうか。

2014年9月 1日 (月)

月刊少女野崎くん テレ東(8/31)#09

第九号 ドキドキ、足りてる?
Nozakikun
公式サイトから
雨降りの放課後、傘を忘れてしまった千代と野崎は、少女漫画の
シチュエーションを参考に、上着で雨をしのいで帰ろうと試みるが、
すぐに雨に負けてしまい戻ってきてしまう。
そしてぐっしょりと濡れた上着を脱いだ野崎は、再びこの状況で
思いつく漫画のシチュエーションをぽつりぽつりと語り始めるのだが……。
P_001
放課後は土砂降り、降雨確率100%だったと後悔する千代。
でも野崎も忘れていた。
こんな時に上着を傘代わりにして帰るシーンがマンガにはある。
でもカバンが濡れる、絶対に濡れないスタイルを考えた野崎。
佐倉、入っていくか?何処によ。
でも雨が酷くて戻る、上着を濡らしただけになった。
P_00102
ネタでも考えよう、6月は梅雨ネタが使える。
こんな時、鈴木だったら女子が傘を貸してくれて・・・
 現実では鹿島が女子に囲まれて帰って行った。
結月が傘を貸してくれる、自身は走って帰る。
野崎と相合傘で帰る、妄想で浮かれる千代。
野崎の家は近い、もう少し一緒に居たいな。

野崎の家で暖まって着替えることになる。
セーラー服で次回の扉絵のポーズを期待する野崎だった。
梅雨ネタの漫画は結月のエピソードが採用されていた。
千代のエピソードは無く、結月に負けたのだった。

都ゆかりは大学生、ネタ帳を見られて彼氏への手紙だと
 友人にカン違いされる。
編集からの電話もバイトと誤魔化すが、友人には色々と勘違いされる。

都ゆかりの部屋を訪れる野崎と千代、
 自分は恵まれていることを実感する野崎だった。
前野の要求はタヌキを増やそう、男女ペアで。
主人公が破局してもタヌキはペア成立と矛盾を感じる。
タイトルが「たぬぽん」と提案された時は抵抗した。
ゆかり案はサブタイトルに採用、メインはたぬ☆ポン。

野崎も、タイトル「震える鼓動」が「ゆるゆる近藤」に変えられたことがある。
前野は誤植も多い、沽券が股間、シックスセンスがセックスセンス、
 事情が情事に間違ったらしい。
ゆかりが怒らないと新人はもっと大変になる。
怒って下さい、電話で怒るゆかり。
でも漢字が多過ぎです、謝って下さい、逆に謝るゆかりだった。

台詞に願望を込めるのはどうですか?
頭文字を拾うと、担当換えてになる。
逆にタヌキをやり過ぎなくらいに増やしてみては?
送ってみると素晴らしいと興奮した前野からの電話。
でも流石にイケメンがタヌキの着ぐるみは無いよ。
それならとキャラを変更して普通の設定にする。
微妙に野崎に似た設定に千代が気に入ってしまう。
野崎は担当編集が普通で良かったとしみじみ思うのだった。

面白みが足りないかなと宇宙人のアイデアを持参した野崎。
それならただのイケメンで良いとバッサリと切る剣さん。
そのアイデアが面白いと絶賛する前野。
ゆかりに描いてもらった色紙を喜ぶ千代。
少し悔しくて鈴木とマミコと交換してくれ。
じゃあタヌキも着せるから。
野崎くん、キャラは大事にしてあげてね。

ゆかりに呼ばれた二人、主人公を女子高生にしてみてはと
 言われたので、試しに描いてみた。
でも良く分からないので感想を聞きたいらしい。
ゆかりは最後にはモブキャラに設定を説明させれば良いと
 裏技を明かす。
野崎がその手法を使うとグダグダの言い訳過ぎる。
千代に最近はまっている物を尋ねる。
缶のコーンスープでコーンを全て飲み切れない。
結月が飲みきる方法をと話す千代の頭を撫でる二人。
幼かったのか、痛かったのか・・・。
あれ?

---次回 「強まるのは絆と手綱」---

佐倉千代と都ゆかりエピソードでしたね。
ゆかりのネタは、前野ネタでもありますね。

相合傘や雨も野崎にはマンガのネタなのでした。
そして相合傘がネタとして採用されたかと思ったら
 結月のネタが採用、負けた千代はショックでした。
野崎は千代をモデルとベタ塗りの友人としてしか
 見ていないのでしょうか。
セーラー服も資料として購入してました。
良く買えたと思いますが、ネット通販なら簡単ですね。

前野はタヌキが今も大好きなのですね。
そして誤植が酷い、酷過ぎる。
漢字が書けなくてもカナ漢字変換が勝手に選んでくれるのですが、
 手書きなのでしょうか。
それ以上に都ゆかりの作品は読者に支持されているのだろうか?
一周廻ってシュール作品として人気なら良いのですが。

2014年8月25日 (月)

月刊少女野崎くん テレ東(8/24)#08

第八号 学園の王子様(女子)の悩み
Nozakikun
最近、ホリちゃん先輩が冷たいと話す鹿島。
アピールが足りない、押して押しまくれとミコリン。
最近、鹿島が鬱陶しい。
P_00102
P_00103
堀は野崎のマンガをカバンに入れて持ち歩いている。
部活をサボる鹿島にカバンを投げて止める。
カバンから少女漫画がこぼれて、堀ちゃん先輩が
 付箋を貼って読み込んでいると勘違いする。
同じマンガを買ってしまった鹿島。
ミコリンに尋ねると、彼も詳しかった。
野崎に尋ねると恥ずかしさと後悔に押しつぶされそうに
 なりながらも成長に喜び、愛を感じる。

堀がこのマンガを好きな理由を考える。
女の子に感情移入はしていないはず。
でも女主人公になりたいのだろうか?
堀のズボンを履いて帰って、スカートを下駄箱に残して帰る。
履いて良いですよ。

次の演劇の配役を決める会議、堀をお姫様に推薦する鹿島。
怒られたが照れ隠しだと考える鹿島。
最近、鹿島に嫌われて嫌がらせを受けていると考える堀。
毎日、シャツやスカート、靴などが下駄箱に置かれている。
全身をコーディネートしていて、センスの良さが少し嬉しい堀だった。

堀が背景で悩んでいた。
野崎の指示が適当だった。
尋ねても深くは考えていなかった、千代とミコリンも
 参加しておかしくない様にストーリー展開を考える。
千代、ミコリン、野崎は背景が描けないので手伝えない。
野崎君は頑張ろうよ。

堀が悩むマンガ、鈴木とマミコの座席配置がコマで
 何度も入れ替わっていた。
剣さんなら指示してくれるよ。
担当さんに、そんな好い加減なネームは見せられない。
野崎が背景を描くと、浮いている鈴木。
これで良いだろうと箱に乗っている様に描きたす。
他にも立ち位置がおかしい、大丈夫箱が流行っていることにする。
実は入選などでは背景を描かずに胡麻化してきた野崎だった。

背景の資料として学内の写真を撮ろう。
野崎と千代では身長差が合って同じフレームに収まらない。
堀と千代ならピッタリ、丁度良い。
過去のシーンで代用しようよと堀がマンガを探す。
そのシーンを見て誤解する鹿島。

堀は今日は徹夜、良く泊まる。
私も背景が描けるように頑張るよと千代。
熱意を野崎に分けてやってくれ。
演劇の練習中、徹夜明けで眠い堀。
眠った堀を王子様の衣装でお姫様抱っこで
 保健室に運ぼうとする鹿島。
それだけは止めてあげて。
それなら高貴な馬で運ぼう。
しかし牛の被り物で運ぶ姿はロデオだった。
保健室で牛の被り物を脱いだ鹿島、格好良く見惚れる。

背景は俺が全て描いてやるから、
今度、牛にされた王子様の話を描いてくれ。

堀は鹿島をヒーローに成れると演劇部に勧誘した。
一度として女子と感じていなかったが、トイレで初めて知る。

---次回 「ドキドキ足りてる?」---

この作品の登場キャラで野崎が漫画家だと知らない
 キャラが鹿島と結月。
どちらも面白いキャラとしてミコリンと千代が野崎に
 紹介したことになっているキャラです。
彼女が勘違いするエピソード。
王子様として女子に人気の鹿島遊、堀にも絶大の
 信頼を置かれています、王子役として。
でも本人は天然系の大ボケで、自身の恋愛とは無関係の
 様なキャラです。

ただ彼女が輝くのは堀先輩との絡み。
そんなエピソードの数々、しかし堀先輩は女子とは
 考えていなかった。
将に彼女は、堀にとって王子様役者なのでしょうね。
でも最後の牛にされた王子様は面白くなさそう・・・。

2014年8月18日 (月)

月刊少女野崎くん テレ東(8/17)#07

第七号 漫画家脳野崎くん
Nozakikun
公式サイトから
めずらしく締め切りよりも早くに原稿が終わってしまった野崎は、
漫画から解放された自分の無趣味さを噛み締めていた。
そんな野崎を見かねて、千代はお休みっぽいことをしようと遊びに誘う。
しかし気軽に誘ってみたものの、もしかしてこれはデートなのではないかと
ドキドキとほのかな期待を胸にショッピング モールに向かうのだが……。
P_00102
珍しく帰りが遅い野崎。
原稿が早く上がって暇らしい。
普段は、部屋を片付けて道具の補充をして無趣味さを
 噛みしめるらしい。
それなら遊びに行こうと誘う千代。
これはもしかしてデートなのでは?

ショッピングモールに来た二人。
映画へ行こう、この映画のアングルが参考になる。
食事は次の参考にと写真を撮る。
仕事から離れようよ。
女性服はマミコに似合うかを考えてしまう。
千代にセーラー服を着て撮影させてくれ。
断られると自分が試着する。
しかし筋肉質の体が憎い、華奢になりたい。

じゃあ人形で代用しようと向かうとミコリンが居た。
美少女フィギュアが趣味だったらしい。
俺も持ってるぞ、布が一切無い、顔も無いけど。
デッサン人形のことだった。
正中線を引けばデッサンに使えるなと何かを買うつもり。
これで野崎君の趣味が分かると期待する千代。
鈴木のモデルにと男子フィギュアを買ってきた。
ミコリンに追い出される二人。

美術部の画材が買いたいから画材屋さんへ向かう。
野崎も補充の画材を購入。
油絵も描いてみようと考える千代。
野崎君も書いてみたら?
画集の発売まで妄想してしまった。

今日は家に行く必要が無くて寂しい。
時間が在れば家に来てくれないか?
野崎君も同じ気持ちなの?
作り過ぎた料理を食べて欲しかったのだった。
今日はありがとう、良かったら使ってくれ。
プレゼントはセーラー服だった、今直ぐ着替えて
 撮影させてくれても良いぞ。
P_00103
どうしてモデルしなかったのとミコリン。
うっかり目を瞑った顔を撮影されて見られるのは嫌。
ミコリンはモデルとして、野崎に良く協力していた。
美術部の先輩がモデルになって欲しいとミコリンに頼む千代。
あっさり断られるが別の女子が頼むとOK。
実は断れないらしく、千代に頼むが嫌です。

フィギュアのポーズが格好良いと考えるが
 美少女フィギュアしか持っていなかった。
部長は表情を厳しく要求するがポーズは何でも良かった。
2人目、3人目、4人目と状況設定を伝えるが具体的な
 ポーズは指定しない。
千代の要求は原稿を描く野崎だった。

休憩中は千代を顎で使うミコリン。
実は心細かったのだった。
もう帰りたいミコリン、でも言えない。
野崎が来て部室の写真を撮る。
マンガの参考にはならないと思ったら良いポーズで
 入部届を下さい。
野崎も参加、十股男の末路とマンガだった。
細かい人物背景も設定されていた。
野崎がポーズを指示することになる。
美術部員の全員に指示をする、美術部を乗っ取られた感じ。

ミコリンは人見知り、中途半端に仲良くなるといつも以上に
 軽口を叩く。
落ち込んでしまうミコリン、知ってるなら止めてあげようよ。
落ち込むな、ヌードモデルの時は呼んでくれ。

---次回 「学園の王子様(女子)の悩み」---

千代とショッピング、でもマンガのことばかり考えてしまう野崎。
職業病みたいなものですが、仕方ないですよね。
デートが出来ると思った千代には残念でした。
並んで歩くと遅れてしまい、小走りで横に並ぶ千代が可愛かった。

モデルを頼まれて断れないミコリン。
そして状況設定ばかりを依頼する美術部員。
なんだか全員が遊んでますよね。
そこに野崎も参加してミコリンは助かったと期待するが
 実は何の解決にもなりませんでした。

やはりミコリンは一人でもエピソードを引っ張る力があります。
結月は若松と、鹿島は堀とペアでないと機能しないキャラとは
 異なります。
やはりミコリンはメインヒロインなのだろうか。
千代はマミコの撮影モデルになれば良いのにね。

2014年8月11日 (月)

月刊少女野崎くん テレ東(8/10)#06

第六号 魔法をかけて、あ・げ・る♡
Nozakikun
公式サイトから
体育館で結月の餌食となっていたのは野崎の後輩の若松だった。
バスケ部の助っ人の結月によって散々な目にあっている若松は、
野崎に不眠症であることを伝える。
野崎は眠れないなら漫画の原稿を手伝って欲しいと告げるが、
いざ原稿に向かうと野崎が間違ってかけてしまったローレライの
歌声によって、若松は一瞬のうちに眠りの世界に誘われてしまい……。
P_00102
野崎の仕事部屋でBGMは持ち寄りが可能。
千代が持って来たのは癒し効果もある、美しい歌声。
ローレライの結月の声と知って止める野崎。
P_00103
実は中学はバスケット部だった野崎。
若松はバスケ部の後輩だった。
今は突き指するからバスケを辞めた野崎だった。
体育館で女子バスケット部の応援で暴走する結月。
いつも酷い目に合っている若松。
最近では結月が怖くて不眠症になってしまった若松。
じゃあ家に来るか?消しゴムかけでも手伝ってくれ。

知らずにローレライの曲を掛けてしまう野崎。
心地よくて寝入ってしまう若松。
その曲が欲しいと頼まれると結月のことなので迷う。
しかしマンガを手伝うと聞いて即座に手渡す。
若松が気になってしまう野崎、真実を伝えるべきだろうかと。

結月には困っていると対応している若松。
でもまるで懐いているみたい。
少女漫画で勉強して、結月に果たし状を送る。
下駄箱に丸文字で、まるでラブレター、屋上に呼び出した。
俺に言いたい事は分かっているな?
そろそろあだ名で呼んで欲しいのか?
もう女子バスケ部に来ないで下さい。
ワカで良いか?
俺にだけ絡むのは何故ですか?
先輩は酷い、声楽部のローレライさんとは違う。
もうあの人なしでは生きていけない、あの人は女神様です。
もう一回頼む。
手袋を投げつけるのではなく、手渡してしまう。

少女漫画で勉強しない方が良かったな。
プレゼントを渡すのが恥ずかしくて照れ隠しだったみたい。
プレゼントの手袋で虫を殺す結月。
シャイボーイだね。

野崎からSOSメールが千代に届く。
これは看病フラグかな、もう慣れたから締め切りが迫って
 忙しいんだと思って墨汁を買ってきた。
本当に風邪で寝込んでいた。
締切が近いので原稿を描かないといけない。
若松、堀部長も間違って呼ばれていた。
背景、ベタ塗り、消しゴムかけと作業は異なっていた。
残る作業はトーン貼。
カッターで斬って貼り付ける。
初めての作業で結構難しい。
素人に近い若松が一番上手だった。

人物のトーン貼が終わると背景の効果トーン。
これは人物の気持ちが分からないと何を貼るか分からない。
野崎にキャラの感情を尋ねる。
説明が長くて面倒な女なのは分かった。
身近な女性で気持ちを考えてみよう。
千代と若松の身近な女性は結月。
鈴木はイケメン、堀の身近なイケメンは鹿島。

風邪が治った野崎、トーン貼を頑張ろう。
出来上がった原稿を見るとトーンと感情が一致していなかった。
締め切り延ばしてもらおうかな。

ローレライの新曲を若松に渡す野崎。
どうやって手に入れてるのですか?
プライドと交換だ。
千代に頼んでいた、良い曲だと言うのが辛い。

---次回 「マンガ家脳野崎君」---

若松の紹介ですが、結月が効果的に効いている感じです。
運動万能だが猪突猛進の結月。
でも声楽部のローレライ、歌声は素晴らしい。
若松のストレスの原因と癒される歌は同一人物。
屋上の果し合いも効果なくプレゼントしか記憶の無い
 脳筋の結月でした。

そして野崎の病気で、経験のないトーン貼に挑戦する
 千代と堀と若松。
台詞が無くてキャラの感情が分からないので、
 身近な男女で代用する。
それが結月と鹿島。
ミコリンが居ないところがミソですね。
せめてミコリンが居ればもう少しまともな作品になっていたかも。

千代からローレライの曲を貰うのはプライドと交換だった野崎。
良い物は良いと素直になれば良いのに、
 結月は全否定したいようですね。

2014年8月 4日 (月)

月刊少女野崎くん テレ東(8/03)#05

第五号 恋を「思い」「描く」男子。
Nozakikun
公式サイトから
ある日、千代が野崎の家を訪れると、部屋がいつもより片付いていた。
思わず私が来るから片付けてくれたのかもと妄想する千代だったが、
どうやら特に理由はないようだった。
そんなとき野崎の携帯に一本の電話がかかってくる。
電話に出た野崎は激しく動揺し、より一層部屋を片付けなくてはと慌て始める。
どうやら 電話の主は野崎の担当編集らしいのだが……。
I_00102
今日は部屋が綺麗だった。
これって彼女が来るから掃除した、みたいな感じかなと
 浮かれる千代。
特に理由は無かったので残念、野崎に電話。
急に慌てて掃除を始める。
担当編集が来るらしい。
どんな人?
クールで大人。
対抗心を燃やす千代。
でも男性でライバルにもならなかった。
I_00103
宮前剣は無口で不愛想、でも野崎は大好きな様子。
野崎君、嫌われてない?
連絡が早いのは良い。
遅い人だと1年後とか・・・。
前の担当、前野さんは大変だった。

次回作は学園に通って新キャラを登場させようよ
それって当たり前だよな。
あれは僕のアイデアだよね?
その言葉が嫌で、新キャラはリストラされた。
前野の言葉を聞きたくなくて、季節ネタも変わってしまう。
もうすぐバレンタインだよね・・・。
豆まきネタを描いたのだった。
夏休みだよね・・・。
秋に季節が跳んでしまった。

それもあって、担当が剣さんに変わって安堵している野崎。
前野が担当している都ゆかりの作品を読む。
何故だか、意味もなくタヌキが描かれている。
実はタヌキが好きな前野の趣味だった。
都ゆかりの新作はミステリーで面白い。
しかしタヌキがいっぱい。
次回予告は担当が決めている、犯人は山本と書いていた。
前野を毛嫌いして雑誌を投げ捨てる野崎だった。

野崎と仕事場に向かう千代、借りた墨汁を返すと
 話しかける女性。
誰?と嫉妬する千代。
上の階に住む都ゆかり先生だった。
しかも本名だった。

部屋にお邪魔すると、前野から象も好きとか色んな
 無茶ぶりに健気に答えようとする都だった。
ブログを始めたと教えられるが、前野ブログだった。
しかも原稿の扱いがぞんざい。
そこに登場する、生前野。
野崎に1年前に頼まれた遊園地の写真を手渡す。
しかし自分ばかりが写っていて、背景が見えない。
資料価値が無かった。
忘れ物をしたから、取りに戻って来たのだった。
それは都の原稿だった。

剣さんに変わって良かった、何処に移っても付いて行くとメールする。
即座の返信、お前は少女マンガしか描けないだろう。
俺に少女漫画を極めろと言う事ですね。
剣さん大好きな野崎だった。

剣さんからの電話、マミコの鈴木君の台詞の連呼、違いが分からない。
もっと感情を表現して欲しいと言われる。

翌日、今日一日はマミコとして暮らすと宣言される。
お弁当を作り過ぎたからと千代に手渡す、マミコって呼んでね。
結月にも手渡す、5個も作っていた。
千代よりも料理が上手い野崎、美味しくてうれしそうな千代を
 見ているとハッピーに感じる。
しかし結月は桜デンブが嫌いで避けていた。

ミコリンにも手作り弁当をプレゼント、嫌だと言いながらも
 綺麗に盛り付けられて美味しくて感心する。
鹿島を台車に乗せて女子から逃走を手伝う野崎。
達成感を感じないのは、鈴木じゃないからか。
野崎に弄ばれた。
マミコとして過ごした一日を剣さんに伝える野崎。
それの何処でマミコの気持ちが分かったの。
今後の話をしよう。
少しは勉強した方が良いと思います。
マミコに勉強させるマンガ、何処かの教材CMになっていた。
頭を抱える剣さん。

---次回 「魔法をかけてあ・げ・る」---

野崎の担当は無口な男性だった。
そんな剣さんが大好きな野崎。
前の担当、前野は酷かった。
無口な男性と言えば、高倉健さんの演じる役柄の十八番。
それから剣さんなのでしょうね。

できれば前の担当、前野をもっとウザくてチャライ演出を
 強調すれば良かったのに。
案外あっさりで、言葉で誤魔化した気がする。
それと女性にはライバル視して嫉妬する千代ですが、
 ラブコメ成分が足りない。
もっと嫉妬しても、妄想しても良いかもしれない。

2014年7月28日 (月)

月刊少女野崎くん テレ東(7/27)#04

第四号 男には、戦わねばならない、時がある。

公式サイトから
野崎の家でいつものように漫画の原稿を仕上げていた野崎、
 千代、御子柴の三人。
一日分の作業が一段落したところで、今日はこのまま野崎のところに
 泊まっていくと言う御子柴。
そんな御子柴が羨ましい千代は、二人でいつもどんなことを
 しているのかを尋ねる。
すると御子柴は得意気に主に女のことで相談に乗って
 もらっていると話すのだが……。
00102
仕事が終わって泊まると言うミコリン。
いつも野崎には恋愛相談に乗ってもらっている。
恋愛シミュレーションゲームの相談だった。
実は3年前、女子とうまく話せなかった御子柴はゲームを始めた。
それから恋愛ゲームにはまってしまった。
いずれ2次元から3次元へ。
野崎にもゲームを勧めるミコリン。
名前の登録で鈴木三郎と自分のマンガの主人公名を使う。
女子との設問では全て最悪を選ぶ。
鈴木はマミコ意外に目移りしない。

自分のマンガから離れて始めよう。
でも名前を考えるのが苦手な野崎。
本名を登録する、クリアを優先で頑張る。
どうして友達を使わないんだ。
あんなのは信用できない。
でもミコリンのアドバイスで尋ねてみる。
色んな情報やアドバイスをくれて、手助けしてくれる。
そんな健気とも言える友人の友田。
気になって友田を追いかけると良い奴過ぎる。
そんな献身的な友田の幸せな姿を俺が描いてやる。

友田に合う彼女は・・・主人公?
徹夜で描いた友田のマンガは主人公ラブだった。
ミコリンは現実でも複数の女子を手玉にとれる。
女子と話すミコリンが佐倉にメール、助けて。
00103_2
終末の合コンに誘われるミコリン。
でも合コン経験が無い。
野崎と合コン練習を始める。
野崎が男子役じゃなくて、キャラを作って来る。
不気味なバニーがお酌する光景を見たことある佐倉は
 会計は30万円になります。
調理をする野崎、女子力高い。
トイレで佐倉と品定めする。
佐倉の自己紹介、好きなタイプは野崎。
ミコリンはカップルにはなりたくない。
佐倉と練習するが野崎の話題ばかり。
お前ら合コンには来るな。
トイレで佐倉と話すのにも参加するミコリン。
結局は女子会になっていた。

鹿島に合コンの代理を頼む。
鹿島のハーレムになる独り勝ち状態だった。

電話で担当が部屋を訪れると聞いて焦って掃除する。
彼女ならここまで焦らない。
彼女以上なの?


---次回 「恋を思い描く男子」---

ミコリンは女子にもてたいけれど、結局逆の方向に
 頑張った残念な人だったのね。
何だか佐倉には良い友人の関係になっている気がする。
そして鹿島のキャラがたってきた。
合コンで女性を連れていく男子が悪いよね。

野崎くんは自分のマンガが大好きなんですね。
そして名前を考えるのが苦手だから、主人公は
 鈴木三郎なのでした。
合コン落ちの女子会、この言葉が3人の関係を端的に
 語っているかもしれない。

2014年7月21日 (月)

月刊少女野崎くん テレ東(7/20)#03

第三号 バイオレンスVSプリンス
Nozakikun
マンガに登場できそうな友人、ミコリンが佐倉に紹介したのは
 学園の王子様、鹿島遊、演劇部の所属の女子だった。
女子に大人気でお姫様扱い、でも名前を憶えられなかっただけ。
そんな学園の有名人を知らない佐倉、野崎しか見ていなかった
 ので当たり前だった。
00314_2
ミコリンと鹿島は仲良し。
3人はクラスも違うのに仲良し、どんな関係と尋ねられる。
マンションの一室であれこれする仲だ。
放課後は王子様にはお迎えが来る。
演劇部部長の堀がサボる鹿島を拉致するのだった。
00315
野崎には部活が忙しくて夜だけの背景担当が居た。
ベタ塗りマークがネコとかブリーフ。
深夜に女子と二人きりだと勘繰る佐倉は嫉妬混じり。
でも女子はブリーフを描かない。
結月は描くのならブリーフが簡単と言う。

鹿島が美術部の佐倉に大道具の手伝いを頼む。
王子様目当ての女子はワザとミスをして一緒に描きたい。
それで埒が明かないので堀部長に怒られたらしい。
実は演技が一番上手い堀部長、しかし身長が足りない。
それで今は大道具担当。

佐倉がベタ塗り指定の猫マークを発見。
先輩はブリーフですか?
そうなんだ、実は私もです。
なんだ部長は下ネタOKなんだと勘違いする鹿島。

深夜に手伝う背景担当が男性で嬉しい佐倉。
堀がベタ塗り箇所にメッセージを書いていた。
じゃあお返事書きます。
佐倉、そこはベタ塗ってくれ。

作業部屋に堀部長がいる、野崎に台本を頼んでいた。
その代わりに背景を描いていた。
王子様、鹿島が主役の良い台本が無い。
野崎が鹿島と実際に会って、王子様と思えない。
それで王子様主役の台本が書けなくなった。

何度も書き直す野崎、その様子を見て仲が良いと思う鹿島。
二人の関係を怪しむ。
野崎君に部長が鹿島のために体で払っている。
正直に真実を言えない佐倉。
部長、私と野崎、どちらが可愛いですか?
野崎だ。
私も野崎君。
鹿島さんは部長とどうなりたいの?
結婚式に、呼ばれて演芸を披露したい。
絶対に呼びたくない、女子を取られてしまう。

出来上がった台本を佐倉と堀で読み合わせ。
堀の演技が上手過ぎる、佐倉も合わせて頑張る。
それをドアの影から覗き見るミコリン、修羅場だ。
ミコリンもメイド役で3人で読み合わせになる。
堀部長はミコリンの演技に何度も駄目だし。

台本の筆が進む野崎、ミコリン主役になってしまった。
ドジっ子メイドとスパルタ王子様。
鹿島は御子柴よりもイケメンと顔が大好きな堀部長だった。

自分が芝居をしたくないのか?
あいつが居るから大丈夫、見て行けよ、我が部自慢の王子様を。

---次回 「男には戦わねばならない時がある」---

今回は演劇部長の堀と王子様、鹿島遊の
 紹介エピソードでしたね。
ちょっと嫉妬する佐倉でしたが、ラブコメ成分は
 少なめでした。
もっとラブコメ成分が多いと楽しめると思いますね。

鹿島遊はおバカキャラ、でも顔だけは大好きな部長でした。
学園でも演劇でも王子様の鹿島でした。
結月も加えて変人キャラで笑わせる部分が多くなるのが心配です。
ネタとラブコメで笑わせて楽しませて欲しい。

そして既に普通の良い人になりつつあるミコリン。
実は不憫キャラになるのだろうか。

その他のカテゴリー

30歳の保健体育 | AKB0048 | Angel Beats | Another | Aチャンネル | BLAZBLUE ALTER MEMORY | BLOOD-C | Brave10 | BTOOOM! | C | C3-シーキューブ- | Charlotte | Classroom☆Crisis | Coppelion | D.C. | Devil Survivor2 | DOG DAYS | Fate/Zero Stay Night | Free! | GANGSTA. | GATE 自衛隊 彼の地にて、斯く戦えリ | GJ部 | Go!プリンセスプリキュア | God Eater | GOSICK | ISUCA | K | LUPIN the Third峰不二子という女 | M3-ソノ黒キ鋼- | Mr. BRAIN | No.6 | PSYCHO-PASS | RAIL WARS! | RDGレッドデータガール | Rio-Rainbow Gate- | ROBOTICES:NOTES | selector infected WIXOSS | SHIROBAKO | Star Driver輝きのタクト | Steins;Gate | TARI TARI | TERRAFORMARS | The IDOLM@STER | The Unlimited兵部京介 | Thunderbirds | Tiger & Bunny | TVドラマ | UN-GO | Wake Up, Girls | WHITE ALBUM2 | WORKING | Z/X IGNITION | ZETMAN | あそびにいくヨ | あっちこっち | あの夏で待ってる | あの日見た花の名前を僕たちはまだ知らない | あまがみSS | いつか天魔の黒ウサギ | いなり、こんこん、恋いろは。 | うさぎドロップ | うしおととら | うたわれるもの | うぽって | えとたま | えびてん | えむえむっ! | おそ松さん | おとめ妖怪ざくろ | お兄ちゃんだけど愛さえあれば関係ないよねっ | お兄ちゃんのことなんかぜんぜん好きじゃないんだからね | お勧めできないアニメ | お笑い | がっこうぐらし | きんいろモザイク | ぎんぎつね | けいおん!! | げんしけん | この中に一人、妹がいる | これはゾンビですか? | ご注文はうさぎですか? | さくら荘のペットな彼女 | ささみさん@がんばらない | さばげぶっ! | さんかれあ | しろくまカフェ | じょしらく | すべてがFになる | そにアニ | そふてにっ | そらのおとしものf | それが声優 | それでも世界は美しい | それでも町は廻ってる | たまこまーけっと | たまゆら | ちはやふる | つり球 | とある科学の超電磁砲 | とある飛空士への恋歌 | とある魔術の禁書目録Ⅱ | となりの怪物くん | ぬらりひょんの孫 | のうりん | のんのんびより | はぐれ勇者の鬼畜美学 | はたらく魔王さま! | ばらかもん | ひだまりスケッチ | まおゆう | ましろ色シンフォニー | まじもじるるも | まよチキ! | まりあ†ほりっく あらいぶ | みつどもえ増量中 | みなみけ | めだかボックス | もしドラ | もっとToLOVEる | もやしもん | やはり俺の青春ラブコメはまちがっている。 | ゆゆ式 | ゆるゆり | よんでますよ、アザゼルさん。 | アウトブレイク・カンパニー | アオハライド | アカメが斬る! | アクエリオン | アクセル・ワールド | アスタロッテのおもちゃ | アニサン劇場 | アニメ その他 | アニメ・コミック | アニメ個人評価 | アブソリュート・デュオ | アルドノア・ゼロ | インフィニット・ストラトス | ウィザード・バリスターズ 弁魔士セシル | ウイッチクラフトワークス | エウレカセブンAO | エスカ&ロジーのアトリエ | オーバーロード | カンピオーネ | ガッチャマン クラウズ | ガリレイドンナ | ガリレオ | ガンスリンガーストラトス | ガンダムAGE | ガンダムGのレコンギスタ | ガールズ&パンツァー | ガールフレンド(仮) | キャプテン・アース | キューティクル探偵因幡 | キルミーベイベー | キルラキル | ギルティクラウン | クイーンズブレイド | クロスアンジュ 天使と竜の輪舞 | グラスリップ | グリザイアの果実・迷宮・楽園 | ケイオスドラゴン 赤竜戦役 | ココロコネクト | コネタマ | コメット・ルシファー | コンクリート・レベルティオ | ゴールデンタイム | サムライフラメンコ | サンダーバード | サーバントXサービス | シドニアの騎士 | シモネタという概念が存在しない退屈な世界 | ジョジョの奇妙な冒険 | スイートプリキュア | ステラ女学院高等科C3部 | ストライクウィッチーズ2 | ストライク・ザ・ブラッド | スペース☆ダンディ | スマイルプリキュア | セイクリッドセブン | セキレイ Pure Engagement | ゼロの使い魔 | ゼーガペイン | ソウルイーターノット! | ソードアートオンライン | ダンガンロンパ | ダンジョンに出会いを求めるのは間違っているだろうか | ダンタリアンの書架 | テルマエ・ロマエ | ディーふらぐ! | デス・パレード | デッドマンワンダーランド | デュラララ!! | デンキ街の本屋さん | デート・ア・ライブ | トリアージX | トリニティセブン | トータル・イクリプス | ドキドキ!プリキュア | ドラゴンクライシス | ニセコイ | ノブナガン | ノブナガ・ザ・フール | ノラガミ | ノーゲーム・ノーライフ | ハイキュー | ハイスクールDxD | ハナヤマタ | ハピネスチャージプリキュア | ハマトラ | ハヤテのごとく | ハートキャッチプリキュア | バカとテストと召喚獣 | バクマン | バディコンプレックス | パソコン・インターネット | パパのいうことを聞きなさい! | パンチライン | ビビッドレッド・オペレーション | ピンポン | ファイブレイン | ファンタジスタドール | フォトカノ | フラクタル | フリージング | ブラック★ロックシューター | ブラック・ブレット | ブラッドラッド | ブレイクブレイド | ブレイドアンドソウル | プピポー | プラスティック・メモリーズ | プリズマ☆イリヤ | ヘヴィーオブジェクト | ベン・トー | ペルソナ4 | マギ | マケン姫っ! | ミカグラ学園組曲 | メカクシティアクターズ | モモキュンソード | モンスター娘のいる日常 | モーレツ宇宙海賊 | ヤマノススメ | ヤングブラックジャック | ユリ熊嵐 | ヨスガノソラ | ヨルムンガンド | ラストエグザイル-銀翼のファム- | ラブライブ! | リトルバスターズ | ルパン三世 | レベルE | レーカン! | ロウきゅーぶ! | ログ・ホライズン | ローゼンメイデン | ローリング・ガールズ | ワルキューレロマンツェ | ワンパンマン | 一週間フレンズ。 | 下ネタという概念が存在しない退屈な世界 | 世界でいちばん強くなりたい | 世界征服~謀略のズヴィズダー~ | 世紀末オカルト学院 | 中二病でも恋がしたい | 乃木坂春香の秘密 | 乱歩奇譚 Game of Laplace | 京騒戯画 | 人類は衰退しました | 会長はメイド様 | 侵略!イカ娘 | 信長協奏曲 | 俺、ツインテールになります。 | 俺がお嬢様学校に「庶民サンプル」としてゲッツされた件 | 俺の妹がこんなに可愛いわけがない | 俺の彼女と幼馴染が修羅場すぎる | 俺の脳内選択肢が、学園ラブコメを全力で邪魔している | 俺物語!! | 健全ロボ ダイミダラー | 偽物語 | 僕はHができない | 僕は友達が少ない | 僕らはみんな河合荘 | 八犬伝 | 六畳間の侵略者!? | 六花の勇者 | 冴えない彼女の育てかた | 凪のあすから | 君と僕 | 君に届け 2nd Season | 君のいる町 | 咲-saki- | 問題児たちが異世界から来るそうですよ? | 喰霊-零- | 四月は君の嘘 | 坂道のアポロン | 城下町のダンデライオン | 境界の彼方 | 境界線上のホライゾン | 変ゼミ | 変態王子と笑わない猫 | 夏目友人帳 | 夏色キセキ | 夏雪ランデブー | 夜ノヤッターマン | 夜桜四重奏 | 夢喰いメリー | 大図書館の羊飼い | 天体のメソッド | 失われた未来を求めて | 好きっていいなよ | 妖狐X僕SS | 学戦都市アスタリスク | 宇宙兄弟 | 宇宙戦艦ヤマト2199 | 実は私は | 寄生獣 | 対魔導学園35試験小隊 | 山田くんと7人の魔女 | 幕末義人伝 浪漫 | 干物妹うまるちゃん | 幸腹グラフィティ | 幻影を駆ケル太陽 | 弱虫ペダル | 彼女がフラグをおられたら | 心霊探偵 八雲 | 快盗天使ツインエンジェル | 恋と選挙とチョコレート | 恋愛ラボ | 悪魔のリドル | 惡の華 | 戦国コレクション | 戦国乙女~桃色パラドックス~ | 戦姫絶唱シンフォギア | 探偵オペラ ミルキィホームズ | 探偵ナイトスクープ | 攻殻機動隊 | 放浪息子 | 放課後のプレアデス | 断裁分離のクライムエッジ | 新世界より | 新参者 | 新妹魔王の契約者 | 日常 | 日記・コラム・つぶやき | 星刻の竜騎士 | 星空へ架かる橋 | 映画・テレビ | 普通の女子高生が【ろこどる】やってみた。 | 暁のヨナ | 暗殺教室 | 曇天に笑う | 最近、妹のようすがちょっとおかしいんだが | 月の恋人 Moon Lovers | 月刊少女野崎くん | 有頂天家族 | 未来日記 | 未確認で進行形 | 東京ESP | 東京レイヴンズ | 東京喰種トーキョーグール | 桜Trick | 棺姫のチャイカ | 極黒のブリュンヒルデ | 機巧少女は傷つかない | 櫻子さんの足元には死体が埋まっている | 武装神姫 | 残響のテロル | 氷菓 | 波打際のむろみさん | 灼眼のシャナIII Final | 牙狼 | 物語シリーズ | 犬とハサミは使いよう | 猫神やおよろず | 琴浦さん | 甘城ブリリアントパーク | 生徒会の一存 | 生徒会役員共 | 男子高校生の日常 | 異国迷路のクロワーゼ | 異能バトルは日常系のなかで | 白銀の意思 アルジェヴォルン | 百花繚乱 | 監獄学園 プリズンスクール | 相棒 | 真剣で私に恋しなさい!! | 神のみぞ知るセカイ | 神撃のバハムート | 神様のメモ帳 | 神様はじめました | 神様ドォルズ | 私がモテないのはどう考えてもお前らが悪い! | 精霊使いの剣舞 | 純潔のマリア | 終わりのセラフ | 結城友奈は勇者である | 絶園のテンペスト | 緋弾のアリア | 緋色の欠片 | 織田信奈の野望 | 繰繰れ!コックリさん | 美少女戦士セーラームーン | 翠星のガルガンティア | 聖剣使いの禁呪詠唱 | 聖痕のクェイサー | 艦隊これくしょん-艦これ- | 花咲くいろは | 落第騎士の英雄譚 | 蒼き鋼のアルペジオ | 蒼穹のファフナー | 蟲師 | 血界戦線 | 謎の彼女X | 貧乏神が! | 赤髪の白雪姫 | 超次元ゲイム ネプテューヌ | 超訳百人一首 うた恋い。 | 輪るピングドラム | 輪廻のラグランジェ | 這いよれ!ニャル子さん | 進撃の巨人 | 銀の匙-Silver Spoon- | 銀河機攻隊マジェスティックプリンス | 銃皇無尽のファフニール | 鋼の錬金術師 | 長門有希ちゃんの消失 | 閃乱カグラ | 電波女と青春男 | 青の祓魔師 | 革命機ヴァルヴレイヴ | 響け♪ユーフォニアム | 食戟のソーマ | 鬼灯の冷徹 | 魔乳秘剣帖 | 魔弾の王と戦姫 | 魔法少女まどか☆マギカ | 魔法少女リリカルなのは | 魔法戦争 | 魔法科高校の劣等生 | 魔界王子 devils and realist | 黄昏乙女Xアムネジア | 黒子のバスケ | 龍ヶ嬢七々々の埋蔵金

2017年10月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

Right

Down

  • VividRed
    ビビッドレッド・オペレーション
  • Lagrange
    輪廻のラグランジェ 応援バナー
  • The IDOLM@STER
    THE IDOLM@STER
  • 電波女
    テレビアニメ「電波女と青春男」 公式サイト
  • Steins;Gate
    TVアニメ『シュタインズ・ゲート』
  • あの花
    あの日見た花の名前を僕達はまだ知らない。
  • アスタロッテ
    TVアニメ「アスタロッテのおもちゃ!」公式サイト
  • 超電磁砲
    とある科学の超電磁砲 公式サイト
  • 俺妹
    俺の妹がこんなに可愛いわけがない
  • あそびにいくヨ
    TVアニメ「あそびにいくヨ!」7月より放送開始!

OnDemand

  • Potora
  • NetMile
  • Small
  • s2

BlogPP

Afiliate

AfiliateA

YearSeasons

PV

  • MuraPV
無料ブログはココログ