カテゴリー

カテゴリー「アオハライド」の12件の投稿

2014年9月23日 (火)

アオハライド TokyoMX(9/22)#12終

最終回 PAGE. 12
Aoharuride
俺は誰かに許されたかったんだ。
初めて洸の弱い部分を見た。
大人しくて可愛い、私の好きな洸の匂い。

洸が抱きしめたのは泣き顔を見られたくなかったからだ。
洸の心の支えになりたいという気持ちと、洸の泣き顔を見たいと
 いう邪な気持ちがせめぎ合ってる。
あっさりと双葉を見る洸の顔は泣き止んだ顔、
 私にしか見せない顔。
今こそ、告白すべきなんだと思うがお腹が鳴る。

何か食べて帰ろうか。
駄目だよ、田中先生が夕飯作って待ってるから。
洸に恨まれてるかもと言っていた。
大変な時に側に居てあげられなかったって言ってた。
そんなのお互い様じゃないか。
それを言ってあげれば良いと思う。

家に帰ると父親も帰ってきた。
夕飯を一緒に食べる洸に驚く兄。
父親も訪れて、洸の頭を撫でる。
3人揃った夕食に涙を流す兄、こんな光景を夢見ていた。
俺は母さんに出来なかったことを一人だけしても良いのかと
 考えていた。
お前たちの母親はそんな心の狭い奴ではなかったよ。
今日の夕飯は上手いな。
名字を戻すのは後にしたい。

昨日の行動が気恥ずかしい双葉、洸も同じだった。
そんな洸を可愛く思う。
昨日、黙って帰ったことを責める小湊。
今日は空いてると前向きな洸。
期末試験の結果は5人でトップの15位の洸。
夏休みの予定を立てようと話す双葉たち。
洸が既に教室に居ないので慌てて追いかける双葉と悠里。
修子は追い駆けない、捕獲は任せた。

修ちゃん、修子と呼ぶ友達が出来て嬉しい田中先生。
居場所が出来ても私の気持ちは変わりません。
受け止める発言の切り返しに思わず照れる修子。
村尾を傷つけるなと宣戦する小湊。
傷つけなければ良いんだろうと返される。

夏休みは本気で攻める発言の悠里に応える双葉。
夏休みのスケジュールを帰りに相談する5人。
そんなのメールのやり取りで十分だと迷惑そうな洸。

最初は一人だった、変わりたいと思った。
少しは変われたと思う双葉。

---最終回---

遂に洸の閉ざされた心の扉を開けることに成功した双葉でした。
洸は兄や父親とも少しは素直に話せるようになったのでした。
そして双葉たちの友達とも上手く関われるようになりました。

まだ双葉と洸が交際するまでは発展しませんでした。
でも付き合っているようなものですよね。
これで悠里を選んだら、それはそれで面白いですが。
双葉は今も姉の立ち位置で洸を見ているのですね。
中学生の洸を見た時から同じ気持ちのようですね。
公式サイトに菊池冬馬が掲載されている。
図書館で双葉が股間を触った彼ですね、成績発表の
 時に気付いた彼ですね。
実は原作では恋にでも発展するのかな。

上手くきれいにまとめましたね。
これ以上ない最終回だと思います。

2014年9月16日 (火)

アオハライド TokyoMX(9/15)#11

PAGE. 11
Aoharuride
母の病状を聞く洸。
離婚した父も兄も遠く長崎に居る。
親戚も居ないので洸が聞いた。
あまりのショックを隠したつもりだが隠せていなかった。
母親は風邪がうつると早く帰らせる。

兄に電話して洸の様子から駄目かもしれないと電話する。
母親は既に末期の肺ガンで他にも転移していた。
余命半年と宣告された。
母親に楽をさせるために勉強した洸。
兄に母を頼むと言われたが守れなかった、ごめんなさい。
間違えた、勉強じゃなくて二人の団らんを優先すべきだった。
もう間に合わない。

4人が洸に勉強を教えると図書館に誘う。
母親の夢を見て、気分が乗らない洸は逃げる。
あの野郎と、追いかけようとする双葉。
結局は見つけられず、ファーストフード店で相談する4人。
小湊は洸が好きだから夏休みは一緒に遊ぶ宣言。
でも近づいたり、遠ざかったり猫みたいな奴。

家を訪れる双葉、兄の田中先生がドアを開ける。
先生、洸君が心の扉を開けてくれません。
どうしたら良いですか?
お兄ちゃんも、それで困ってる。
だったら、ぶっ壊してやる。

夜の繁華街を探す双葉、まさかの洸を発見する。
洸に声を掛ける双葉。
いつまで続けるの?疲れないの?何の意味があるの?
やり直しの効くお前には分からない。
理屈では片が付かない。
毎日、世界から去る準備をするように細くなる母親を見ていた。

どうして踏み込んでくるんだよ、怖いんだよ。
もう手遅れだよ、失くすのが怖いの?
置き換える物を見つければ頑張れる理由になる。
洸が心から笑っても誰も責めない。

俺は心から何かをするのを許されたかったのかも。
本当はこんな嵐を待っていたのかもしれない。
泣きながら抱き合う二人。

---最終回 「PAGE.12」---

ようやく洸が変わった原因が明かされました。
母親の死、今まで頑張って来たことが間違いと思った。
母が望んだのは息子との団らん。
しかしそれを叶えずに将来のために勉強を頑張った。
今更、叶えられないことへの後悔。

それが勉強を今更頑張っても仕方ない発言の意味でした。
そして閉ざされた心を開けたいが分からないので体当たりの双葉。
開けられないなら壊す双葉でした。

ようやく、前進出来そうな二人でした。

2014年9月 9日 (火)

アオハライド TokyoMX(9/08)#10

PAGE. 10
Aoharuride
台所に様子を観に行った双葉。
洸と悠里の様子がおかしい。
気になって仕方ない双葉。
理解度は高いが勉強する必要が無くなったから
 勉強しないらしい。
進級できなくなると嫌だと力説する悠里。
次の期末で赤点だと補習になって夏休みが遊べなくなるぞ。
お盆以外でお願いしますと村尾も遊ぶ気になっている。
少し仲間意識が芽生えてやる気になる洸。

悠里と洸の態度が気になって仕方ない双葉は
 皆と別れても引き返して家を訪れる。
でも言い出せない双葉、意を決して尋ねる。
悠里と何があったの?
何も無い。
洸が変わった理由を知りたい。
母親の仏壇を見せる。
悠里の変な態度の原因がこれだと理解する双葉。
洸のプライベートだから勝手には話せない。
二人の仲を疑って嫉妬した自分が恥ずかしかった。
涙を流す双葉、学校辞めないでね。
田中先生が入って来て二人の様子に気を使う。

バイトに出掛ける洸。
田中先生が車で送ってくれる。
両親が離婚して洸は母親と二人暮らし。
その母親が入院した、田中先生は教師になりたてで忙しかった。
お見舞いには中々行けず、行く度に痩せ細る母親を
 見るのは辛かった。
洸は優しい子だから。
知ってます。
どんなに愛想なく、ぶっきら棒に振る舞っても
 最後に優しい事はばれているよ。
洸の発言、大事な物を作ると辛くなるは、
 失くすことの怖さを知る人の言葉だと思った。

悠里に自分の嫉妬も含めて謝る双葉。
悠里も自分だけが洸の特別になりたかった。
双葉と仲が良いと嫉妬すると打ち明ける。
同じ人を好きになるって嫌だね。
でも悠里は大好きだからねと抱き合う二人。

小湊が洸のために数学をまとめてきた。
私も化学をまとめようかな。
今度の勉強会はいつにする?

---次回 「PAGE. 11」---

なんだか洸の社会復帰プログラムの様相を呈してきましたね。
先ずは仲間がいる、友達に頼って良い、相談する。
それを教えるメンバーになってきていますね。

洸の過去、大好きで一緒に暮らしていた母親が離婚して亡くなった。
そこから始まった孤独感や不安感が彼を変えてしまったのでしょうか。
これから双葉の明るさが彼を変えていくのでしょう。

思ったよりも、暗い作風で演出ですね。

2014年9月 2日 (火)

アオハライド TokyoMX(9/01)#09

PAGE. 9
Aoharuride
公式サイトから
「大事な物を作ると色々しんどくなるから」
という洸の言葉が気にかかる双葉は、悠里と修子に打ち明ける。
学校の成績も下がっていることを知り、
ますます洸を心配する双葉と悠里は、
修子、小湊とともに「勉強会」と称して洸の家へ押しかける。
P09_ph_b02
昨日の出来事を悠里に話す双葉。
大事な物が増えると辛くなる、洸の言葉が気になっていた。
中間試験の結果は平均点以下で思わしくなかった。
田中先生が心配して洸と話していたのを聞いた村尾。
田中先生に心配かけさせる洸は悪い奴認定されていた。
P09_ph_b04
最近、双葉が綺麗になったと話す悠里。
双葉の顔が変わったと気付く洸。
吉岡のくせに生意気だ。
化粧は似合わないと唇のリップを拭う。
そんな二人の様子に割り込めないと落ち込む悠里。
P09_ph_b05
特進クラスの生徒が洸に話しかける。
田中先生のお陰で入れたのではと陰口を話す。
バカにされて怒る小湊。
不思議そうな洸。
P09_ph_b06
洸が心配で勉強を助けられないかなと双葉にメールする悠里。
小湊を誘って4人で光の自宅を訪れる。
小湊が今から行くと直前に電話したので、無事に侵入に成功する。
お菓子も買ってきたが乗り気じゃない洸。
田中先生に懺悔しなさい。
勝手に4人で勉強を始める。
小湊は意外にも数学が得意。
P09_ph_b01
ポテチに連れられて洸が参加しようとする。
双葉は意外にも化学が得意。
じゃあ教えて、早く。
二人のイチャイチャに嫉妬して邪魔をする悠里。
お茶のグラスを要求する。
台所で洗って拭く二人。
洸は双葉が好きなのか聞きたくても怖くて聞けない悠里。
P09_ph_b03
遅いので二人を手伝いに、様子見の双葉。
何か有ったの?
何も無いと言うが、そんな雰囲気じゃなかった。

---次回 「PAGE. 10」---

今回の作画は良かったですね。
TOHOアニメなので資金は十分だと思ってましたが
 過去に結構崩れていた本作品。
実写版とセットで出資したのかと勘繰りたくなる。

悠里に告白出来て元気な双葉、恋する乙女ですね。
逆にダークサイドに落ち込みそうな悠里。
何だか、情事のあとのような二人。
負傷した足に洸が絆創膏でも貼ったのかな。

中々スッキリとしない、じめじめした作風ですね。
こんな感じで小さな行き違いやトラブルが売りの感じです。
小湊君が何気に洸を友達と思ってフォローする
 良い奴でした。
でも村尾への恋は報われないでしょうね。
田中先生の声を瞬時に聞き分ける村尾は凄い。
そして洸の甘えにキュンとなる双葉は変態でした。

2014年8月26日 (火)

アオハライド TokyoMX(8/25)#08

PAGE. 8

公式サイトから
双葉は、悠里に洸への想いを告げる決心をする。
そして放課後、悠里と修子を前に、ついに正直な気持ちを話す。
その帰り道、双葉は洸が夜遅く出かけるところに遭遇する。
つい気になってついていくと、
繁華街でたむろする若者の中に、洸の姿があった。
Aoharuride
帰りに悠里が双葉を誘う。
打ち明けようと覚悟を決める双葉。
村尾さんも誘おうと追いかける悠里。
あんた、変わったねと明日美。
本当に槙田悠里とつるんでるんだね。
変わろうと思ってたから、褒め言葉と受け取っておく。
P08_ph_b03
村尾は暇なのでと一緒にドーナッツ屋に行く。
ただでさえ言い辛いのに村尾も一緒だと余計に言い辛い。
それでも言わないといけないと決心した双葉。
怖いけれど悠里は大事な友達、言わないといけない。
私も洸が好きなんだ、ごめんね。
双葉ちゃんもか、馬渕君、格好良いもんね。
でも私は不利だな。
私は好きじゃないと言われてるから。
中学の頃は両想いだったらしいんだ。
これから、どちらが付き合っても恨みっこなしだからね。
トイレに向かう悠里。
P08_ph_b04
案外に呆気なくて、怖かったのが嘘のよう。
ようやく言えて肩の荷が下りた感じ。
でもショックだった悠里、トイレで双葉の気持ち、
 言い出すのは辛かったと理解する。
戻って気丈に振る舞う悠里、でも目が赤いのが分かった。
P08_ph_b06
私、田中先生が好きと告白する村尾。
えーと驚く双葉、冷静な悠里に知っていたの?
黙っていてくれて、良い人だね。
二人の関係と思いやりを知って、頑張って言ってみた。
この二人になら知られても良いかなと思った。
私、高校に入って寄り道したの初めて。

選ぶのは馬渕君、二人共フラれることもある。
マジで趣味悪いよ。
P08_ph_b05
村尾が悠里と双葉とドーナッツ屋に入っているのを見掛る小湊。
友達が出来て少し嬉しそう。

帰りの咲ヶ谷駅で洸を発見。
あの捨て猫を見つけて可愛がっていた。
飼うのは駄目、大事な者が出来ると辛くなるから。
自分や学校は大事じゃないのかと不安に思う。
もう暗いのに、電車に乗る洸を尾行する双葉。

若者がたむろする場所に参加する洸。
怒って声を掛ける双葉。
双葉は可愛いからナンパしようとする男子たち。
双葉に駅を案内して歩く洸。
それでも尾行する双葉。
付いてくるなと言われても付いていく。
P08_ph_b01
時間つぶしに話しているだけ。
話したいなら、私や悠里や小湊君が居るよ。
あんなの友達ごっこだよ。
男、舐め過ぎ、襲われるぞ。
女が一人であんなところに来るな。
怖くて驚いて、キスされそうで恥ずかしくて泣いてしまう。
急に謝る洸、双葉はキスされそうでドキドキしたのは秘密。

---次回 「PAGE. 9」---

ようやく悠里に打ち明けられた双葉。
お互いに相手を思いやって気づかえる。
友情と愛情は別と対応できました。
そんな二人なら大丈夫と、村尾も好きな人を打ち明ける。
大人の田中先生が好きな村尾には洸は子供ですから
 趣味悪いと思えますよね。

それから洸の秘密を知った双葉。
何も打ち込めるものが無くてたむろする男子と
 バカ話して時間を潰す洸。
なんか尾崎豊の世界のようですね。
洸が好きな双葉は心配で離れない。
しかし夜に女一人は危険と襲う振りで危険さを
 教える洸。
洸なら襲われても良い的に受け入れる双葉でした。

洸の家庭環境、悩みが気になるBパートでした。
あなたが望むなら私何をされても良いわ♪
 そんな一節を思い出させるシーンでした。

2014年8月19日 (火)

アオハライド TokyoMX(8/18)#07

PAGE. 7

公式サイトから
洸が好きだと自覚する双葉。
一度は悠里に打ち明けようと決意するも、
中学時代の友達に偶然再会したことがきっかけで、
恋と友情の両立の難しさを思い知ることに。
それなら密かに想い続けようと思う双葉だったが、
悠里との会話はどこかぎくしゃくしてしまう。
P07_ph_b02
大切な友達と同じ人を好きになってしまった。
駅で気分が悪いと勘違いされるが訂正できない。
カバンの中は自ら作り上げたガサツキャラのままが恥ずかしい。
シャンプーの香に感心する洸。
悠里に罪悪感を感じる。
P07_ph_b06
悠里にハッキリ言おう。
中学時代の友人、由美と出会う。
中1の時にドロケイを洸と一緒にした、あの時の友人が
 由美だった。
中2で男子から人気の双葉は仲間外れにされた。
その時も唯一、話しかけてくれたのが由美だった。
しかし、ある時、口を利いてくれなくなった。
理由も言わずに離れていった。
内藤が好きだった由美、双葉と内藤が仲が良いと噂された。
洸のことを聞いたことが勘違いされたのだった。
私が先に好きになったと思うと腹が立った。
双葉が一人になるのは分かっていた。
結局、内藤ではなく別の人が好きになった。
中学時代のことを謝りたかった由美だった。
P07_ph_b01
それを聞いて悠里がどう思うか不安になる双葉。
どうして今、由美と会ったのか。
神様は試練を与えたいの。
P07_ph_b04
悠里は洸とメールする仲になっていた。
悠里に告白しようと決めて数日が経過していた。
やはり告白は出来なかった。
悠里は可愛いキャラだから良いなと嫉妬し始めていた。
悠里なら許してくれる。
洸とは別れたくないと思う自分は甘いのかな。
P07_ph_b03
双葉の様子がおかしいので、悠里は自分が悪い事をして
 不愉快に思われているのかなと心配する。
P07_ph_b05
帰りにドーナッツ屋さんに誘う悠里。
大事な友達だから言わないといけない。
今日大事な友達を失うかもしれない。

---次回 「PAGE. 8」---

悠里から洸が好きと言われて、自分も洸が好きだと
 再確認する双葉。
洸のことを諦められないから悠里にハッキリ言う決心をする。
でも、中々言い出せない。
心の中で自問自答して悩む双葉。
この一人で突っ込む双葉が良いですね。
そんなに直ぐに行動出来ないですよね。
この悩みこそが青春ですよね。

悶々とする双葉の様子がおかしいと逆に悠里が
 心配になります。
こんな悠里だからこそ大事にしたい。
もう少し双葉と悠里のエピソードがあれば良かったのにと思います。
少し二人の仲、信頼関係を描くのが足りないかなと思います。
でもお互いに相手を気づかう良い関係。
それだけに言いづらいのは良く分かります。

遂に双葉は告白できるのか。
それを聞いて悠里は友情を選ぶのか、嫉妬で鬼になるのか。

明日美がクレジットされていましたが、何処に?
由美に声を掛けた少女なのかな。
中学時代の未熟さ、下衆の勘繰り、妬み嫉みなどは
 今のネットを思わせる。

2014年8月12日 (火)

アオハライド TokyoMX(8/11)#06

PAGE. 6
Aoharuride
公式サイトから
悠里は双葉に「洸を好きになった」と打ち明ける。
        ようやく手に入れた友情と芽生え始めた恋心の間で、双葉は途方に暮れる。
        友達を失いたくない一心で自分の気持ちを抑えようとする双葉だったが、
        学級委員の仕事で洸と二人っきりになり……。
P06_ph_b04
悠里からのメールに返信を返さなかった双葉。
登校中に悠里と出会って尋ねられる。
双葉ちゃんも馬渕君が好きなんじゃないかって。
即座に否定する双葉。
P06_ph_b05
恋する乙女の悠里は可愛い。
村尾と3人でランチ。
中学時代の洸を訪ねる悠里。
あの頃は初々しくて可愛かったが今は大人びて
 意地悪で全力出していないとか格好つけてると話す双葉。
背後で聞いていた洸は双葉にヘッドロック。
女の子には、そんなことしないよ。
P06_ph_b01
悠里には双葉と洸の距離が近いと感じていた。
それが羨ましい。
リーダース研修のレポートを学級委員は提出。
二人きりが羨ましい悠里。
一人で書くからと話すが、無理だと二人で書くことになる。
悠里の発言で、洸を意識してしまう。
意識して何も書けない。
そして洸は双葉をよく見ていた。
匂いを嗅ぐ癖を知っていた、しかも中学の時の
 ことも覚えていた。
P06_ph_b02
村尾に洸の気持ちが気になると打ち明ける悠里。
恋する乙女になった悠里。
このまま二人でいると引き返せなくなる。
一人でレポートを提出する双葉。
しかし下駄箱で待っていた洸。
絶対好きになる。
P06_ph_b03
悠里のためにも好きになりたくない、でも好きでいたい。
忘れ物と嘘をつく、電車を降りるか降りないかで決めよう。
好きになる言い訳を考える双葉。
しかし双葉は知っていた、洸が降りて一緒に居てくれること。
分かっていたから言い訳に利用した。

悠里ごめん、私も洸が好き。

---次回 「Page. 7」---

悠里の好き発言で双葉の気持ちも加速されましたね。
好きだけど、今までは意識していなかった。
それが好きにならない様に押さえれば押さえるほどに好きになる。
我慢しようとしても、逆に止まらない。

好きだとは言えないけれど、気持ちは好き。
中々難しいところですね。
でも明らかに洸は双葉が好きですよね。
悠里が告白したら全てが分かってしまいますよね。

見事な三角関係ですね。
田中先生、村尾、小湊は完全に皆が一方通行です。
さて双葉は悠里とどう付き合うのだろうか。

2014年8月 5日 (火)

アオハライド TokyoMX(8/04)#05

PAGE. 5

公式サイトから
洸のことが気になり始める双葉。
修子が田中先生に想いを寄せていることを偶然知る悠里。
それぞれの思いを抱えつつ、研修を通してチームは徐々に心を通わせ始める。
その矢先、オリエンテーリングで森に入った5人は道に迷ってしまう。
Aoharuride
オリエンテーリング開始。
ハイテンションでやる気の双葉。
しかし小湊以外はやる気なし。

最初にチェックポイントは田中先生のミックスジュースの
 材料当てクイズ。
10種類の材料が含まれている。
洸はセロリが嫌いなので直ぐにセロリを識別する。
田中先生の手作りと聞いて飲む村尾。
タイムが入っていることを識別する。
セロリとタイムを当てたのはあなた達だけよと言われる。

俄然やる気になるメンバー。
トップになろうと思うが制御できない双葉。
小湊の野生の直観で次々にチェックポイントをクリア。
一番大きな池、が集めたヒントの答え。
池を目指したいが、現在位置が分からない。
そんなの風景と太陽の位置で分かるはず。
P05_ph_b06
完全に道に迷ってしまう。
双葉が川のせせらぎの音を認識する。
大きな森から川に向かえば池にも近づくはず。
川を発見して横断する。
しかし悠里は怖いと川を渡れない。
洸が悠里を助けて合流。
P05_ph_b04
双葉が転んだ所為で足を痛めてしまった。
洸が気づいておんぶしてくれる。
ようやく外灯のある舗装道路に辿り着く。
結局最下位だった。
その夜に悠里に話しかける双葉。
村尾との件を訪ねようとして辞める。
一人でいるのは、寂しい時もある、平気じゃない。
双葉に声を掛けられて嬉しかった。
双葉を一人にはしないから。
双葉も一人の寂しさは分かるから双葉を一人にしないと約束する。
P05_ph_b05
深夜に目が覚めて水を飲むと、洸が外を歩いているのを発見する。
洸のような空、優しいのか優しくないのか分からない。
双葉のようで、ヘタレだか根性があるのか分からない。
そうだと2-2のメンバーを呼び出して一緒に朝日を眺める。
恥ずかしい言葉を叫べる小湊だった。
P05_ph_b01
母親が迎えに来てくれる双葉。
その間、一緒に待ってくれる洸。
P05_ph_b03
16歳の洸が分かったきた。
一緒に待ってくれて、ありがとう。
悠里からメール、馬渕君が好き。

---次回 「PAGE.6」---

ようやく16歳の洸が分かってきた双葉。
良い感じの二人ですが、そこに、悠里も参加です。
一緒に居る、一人にしないと約束しただけに辛い状況ですね。
ここで軽く、私も洸が好き、格好良いよねと言えれば
 何も問題は無いのですが、軽く言えないのでしょう。

悠里を応援する立場に回るのでしょうね。
恋愛の過程でおんぶは必須ですよね。

村尾は分かりやすいギャグのような存在ですね。
大好きな先生が作ったなら飲んでみたい。

でもオリエンテーションの会場で現在位置が不明って
 難しいような気がする。
大きな会場であれば、あるほど施設名の案内や現在位置を
 表す看板が何か所にも設置されている筈。
それにチェックポイントを何か所もクリアしていれば、
 相対的な位置が分かると思う。
分からなければチェックポイントの先生に聞けば良いと思う。

別に迷子にしなくても成立するエピソードだと思う。
例えばショートカットで舗装道路を外れて川に怯える、転んで足を
 負傷するでも良かったと思う。

2014年7月29日 (火)

アオハライド TokyoMX(7/28)#04

PAGE. 4

公式サイトから
新しいクラスで学級委員に立候補した双葉。
同じく学級委員の洸、イベント委員の悠里、村尾修子、小湊亜耶と
チームで泊まりがけのリーダース研修に参加することに。
ところが朝から早速トラブルに見舞われて先行き不安な上に、
何だかチームの空気も悪くて……。
Aoharuride
今日からリーダース研修。
洸の自宅を訪れて誘う双葉。
しかし色々とトラブル発生で遅刻する。
集英線の咲ヶ谷駅から大咲ヶ丘へ移動してバスに乗る。

二人は反省文を書く羽目になる。
洸が問題を起こすと田中先生が困るから気を付けてと
 洸を叱責する村尾。
村尾に言い返すと彼女を庇う小湊。
険悪な雰囲気になる。
しかも昼食に付いていたカップケーキを食べないと
 勝手に槙田悠里から奪う小湊。
この怨み晴らさで置くべきか。
P04_ph_b01
学校行事の意義とは?
班単位で研修が進んでいくが協調感も連帯感も無かった。
反省文を書き終えた洸、双葉は真っ白。
洸は何でも適当に熟しているのが凄いと感心する双葉。
何事にも必死な双葉は空回りばかりで羨ましい。
どうして、こんな知らない人になったの。
3年間の間に何が在ったの。
洸の過去を知りたい双葉。
P04_ph_b02
お前、俺の事好きなの?
今の洸は好きじゃない、自意識過剰。
でも気になっている双葉。
過去にしがみついている。
P04_ph_b06
それからお互いに顔を合わせない二人。
小湊は悠里に未だ恨まれている。
小湊許すまじと一人で離れて考えている。
そこで田中先生の掃除を手伝おうとする村尾。
村尾の気持ちを知ってい乍ら応えられない田中先生。
村尾と顔を合わす悠里。
P04_ph_b05
双葉は怒っているのが図星を言われたからだと気付く。
P04_ph_b04
謝ろうとして告白されている洸。
見ないようにする双葉が3年生に告白と勘違いされる。
俺の彼女ですからと手を引いて行く洸。
彼女は居ないと聞いて安心する双葉。

---次回 「PAGE.5」---

3年前の中学の頃の田中が好きな双葉。
今は変わってしまった洸。
でも気になる、好きな双葉ですね。
将に恋愛マンガですね。

そんな二人の周囲には先生を好きな村尾。
悠里が癒しの存在かと思ったら結構黒い部分もあったりします。

珍しく沿線の鉄道会社とコラボしていない。
集英線の咲ヶ谷駅でしたが、実写を基に作画する方が楽なのに。
そして年末に実写の劇場版が公開されるのですね。
この手の実写映画って良かった試しがないような・・・。

2014年7月22日 (火)

アオハライド TokyoMX(7/21)#03

PAGE. 3

公式サイトから
田中先生が洸の兄だと知り、
双葉は洸に家族の話を聞こうとする。そして中学時代の夏祭り、
洸が待ち合わせ場所に来なかった理由を初めて知るのだった。
2年生になり、新しいクラスでまた一から頑張ろうと決意する双葉。
そこへなぜか特進クラスのはずの洸が現れる。
Aoharuride
目が合うと必ず一度そらして、また合わす中一の頃の二人。
洸を探していた双葉、下駄箱で発見。
友達とは駄目だった、また一からやり直す。
P03_ph_b03
田中先生が飯作りに行って泊るから。
実は兄だったことを知る。
二人は付き合っているの?
中学の時好きだったくせに。
P03_ph_b06
吉岡双葉の名前を聞いて何かを思い出したが、
 教師が女子高生をナンパしていると叫ぶ洸。
双葉の手を引いて逃走した。
中一の頃は双葉が大好きでノートに走り書きしているのを
 見た記憶が蘇ったのだった。
P03_ph_b01
突然居なくなって突然現れて聞きたい事がたくさんある。
まだ頭の中が整理できていない。
夏休みのお祭りの約束に行けなくてごめんと謝る。
ずっと待っていたのにと涙を流す。
行くつもりだったが家庭の事情で行けなくなった。
P03_ph_b02
洸が自分のことを話してくれて少し嬉しい双葉。
兄は夕食を作って待っていたが帰らない弟。
2-2で新たに一から始めるつもり、槙田悠里と同じクラス。
そして特進クラスの洸も同じだった。
P03_ph_b04
1年の頃の槙田の噂、女子にハブられていたと話す女子。
孤立させないためにも明るく話しかける。
一年の女子全員と喧嘩したと噂される双葉。
村尾に話しかけるが、これ以上構わないでオーラを醸し出す。
それでも無理やり話しかける男子、小湊。
P03_ph_b05
田中先生が双葉に話しかける、思い切って学級委員を
 やってみるのも良いかも。
一歩踏み出す勇気が無い、初日で非力さを知った。
クラスの学級委員とイベント委員を決める。
しかし誰も立候補しない。

新たな一歩のために立候補する双葉。
それならと洸も立候補する。
学級委員が決まると槙田がイベント委員に立候補する。
そして村尾修子も立候補、それなら当然、小湊も立候補。
リーダース研修に参加することになっている。
泊りがけで引率は田中先生。

---次回 「PAGE. 4」---

1年生は2学期までは女子に気に入られようと
 頑張って演出していた双葉。
3学期に洸と出会って、周囲が変わり始める。
槙田悠里を知って、本音を喋ってしまう。

かつての友達が離れて行ってしまうが2年生からは再出発。
洸も特進クラスから同じクラスに。
ようやくEDの5人が揃いましたね。

ここからが始まりな感じです。
双葉が告白すれば洸と交際できそうですが、
 ここから試練が始まるのでしょうね。
まだ槙田とランチを一緒に食べないのが不思議でした。
そして洸の家庭に何が在ったのか、離婚の原因に
 関係しているのでしょうか。
洸が変わった理由は明かされるのでしょうか。
特典で描かれているらしいので、本編では明かされないのかな。

より以前の記事一覧

その他のカテゴリー

30歳の保健体育 | AKB0048 | Angel Beats | Another | Aチャンネル | BLAZBLUE ALTER MEMORY | BLOOD-C | Brave10 | BTOOOM! | C | C3-シーキューブ- | Charlotte | Classroom☆Crisis | Coppelion | D.C. | Devil Survivor2 | DOG DAYS | Fate/Zero Stay Night | Free! | GANGSTA. | GATE 自衛隊 彼の地にて、斯く戦えリ | GJ部 | Go!プリンセスプリキュア | God Eater | GOSICK | ISUCA | K | LUPIN the Third峰不二子という女 | M3-ソノ黒キ鋼- | Mr. BRAIN | No.6 | PSYCHO-PASS | RAIL WARS! | RDGレッドデータガール | Rio-Rainbow Gate- | ROBOTICES:NOTES | selector infected WIXOSS | SHIROBAKO | Star Driver輝きのタクト | Steins;Gate | TARI TARI | TERRAFORMARS | The IDOLM@STER | The Unlimited兵部京介 | Thunderbirds | Tiger & Bunny | TVドラマ | UN-GO | Wake Up, Girls | WHITE ALBUM2 | WORKING | Z/X IGNITION | ZETMAN | あそびにいくヨ | あっちこっち | あの夏で待ってる | あの日見た花の名前を僕たちはまだ知らない | あまがみSS | いつか天魔の黒ウサギ | いなり、こんこん、恋いろは。 | うさぎドロップ | うしおととら | うたわれるもの | うぽって | えとたま | えびてん | えむえむっ! | おそ松さん | おとめ妖怪ざくろ | お兄ちゃんだけど愛さえあれば関係ないよねっ | お兄ちゃんのことなんかぜんぜん好きじゃないんだからね | お勧めできないアニメ | お笑い | がっこうぐらし | きんいろモザイク | ぎんぎつね | けいおん!! | げんしけん | この中に一人、妹がいる | これはゾンビですか? | ご注文はうさぎですか? | さくら荘のペットな彼女 | ささみさん@がんばらない | さばげぶっ! | さんかれあ | しろくまカフェ | じょしらく | すべてがFになる | そにアニ | そふてにっ | そらのおとしものf | それが声優 | それでも世界は美しい | それでも町は廻ってる | たまこまーけっと | たまゆら | ちはやふる | つり球 | とある科学の超電磁砲 | とある飛空士への恋歌 | とある魔術の禁書目録Ⅱ | となりの怪物くん | ぬらりひょんの孫 | のうりん | のんのんびより | はぐれ勇者の鬼畜美学 | はたらく魔王さま! | ばらかもん | ひだまりスケッチ | まおゆう | ましろ色シンフォニー | まじもじるるも | まよチキ! | まりあ†ほりっく あらいぶ | みつどもえ増量中 | みなみけ | めだかボックス | もしドラ | もっとToLOVEる | もやしもん | やはり俺の青春ラブコメはまちがっている。 | ゆゆ式 | ゆるゆり | よんでますよ、アザゼルさん。 | アウトブレイク・カンパニー | アオハライド | アカメが斬る! | アクエリオン | アクセル・ワールド | アスタロッテのおもちゃ | アニサン劇場 | アニメ その他 | アニメ・コミック | アニメ個人評価 | アブソリュート・デュオ | アルドノア・ゼロ | インフィニット・ストラトス | ウィザード・バリスターズ 弁魔士セシル | ウイッチクラフトワークス | エウレカセブンAO | エスカ&ロジーのアトリエ | オーバーロード | カンピオーネ | ガッチャマン クラウズ | ガリレイドンナ | ガリレオ | ガンスリンガーストラトス | ガンダムAGE | ガンダムGのレコンギスタ | ガールズ&パンツァー | ガールフレンド(仮) | キャプテン・アース | キューティクル探偵因幡 | キルミーベイベー | キルラキル | ギルティクラウン | クイーンズブレイド | クロスアンジュ 天使と竜の輪舞 | グラスリップ | グリザイアの果実・迷宮・楽園 | ケイオスドラゴン 赤竜戦役 | ココロコネクト | コネタマ | コメット・ルシファー | コンクリート・レベルティオ | ゴールデンタイム | サムライフラメンコ | サンダーバード | サーバントXサービス | シドニアの騎士 | シモネタという概念が存在しない退屈な世界 | ジョジョの奇妙な冒険 | スイートプリキュア | ステラ女学院高等科C3部 | ストライクウィッチーズ2 | ストライク・ザ・ブラッド | スペース☆ダンディ | スマイルプリキュア | セイクリッドセブン | セキレイ Pure Engagement | ゼロの使い魔 | ゼーガペイン | ソウルイーターノット! | ソードアートオンライン | ダンガンロンパ | ダンジョンに出会いを求めるのは間違っているだろうか | ダンタリアンの書架 | テルマエ・ロマエ | ディーふらぐ! | デス・パレード | デッドマンワンダーランド | デュラララ!! | デンキ街の本屋さん | デート・ア・ライブ | トリアージX | トリニティセブン | トータル・イクリプス | ドキドキ!プリキュア | ドラゴンクライシス | ニセコイ | ノブナガン | ノブナガ・ザ・フール | ノラガミ | ノーゲーム・ノーライフ | ハイキュー | ハイスクールDxD | ハナヤマタ | ハピネスチャージプリキュア | ハマトラ | ハヤテのごとく | ハートキャッチプリキュア | バカとテストと召喚獣 | バクマン | バディコンプレックス | パソコン・インターネット | パパのいうことを聞きなさい! | パンチライン | ビビッドレッド・オペレーション | ピンポン | ファイブレイン | ファンタジスタドール | フォトカノ | フラクタル | フリージング | ブラック★ロックシューター | ブラック・ブレット | ブラッドラッド | ブレイクブレイド | ブレイドアンドソウル | プピポー | プラスティック・メモリーズ | プリズマ☆イリヤ | ヘヴィーオブジェクト | ベン・トー | ペルソナ4 | マギ | マケン姫っ! | ミカグラ学園組曲 | メカクシティアクターズ | モモキュンソード | モンスター娘のいる日常 | モーレツ宇宙海賊 | ヤマノススメ | ヤングブラックジャック | ユリ熊嵐 | ヨスガノソラ | ヨルムンガンド | ラストエグザイル-銀翼のファム- | ラブライブ! | リトルバスターズ | ルパン三世 | レベルE | レーカン! | ロウきゅーぶ! | ログ・ホライズン | ローゼンメイデン | ローリング・ガールズ | ワルキューレロマンツェ | ワンパンマン | 一週間フレンズ。 | 下ネタという概念が存在しない退屈な世界 | 世界でいちばん強くなりたい | 世界征服~謀略のズヴィズダー~ | 世紀末オカルト学院 | 中二病でも恋がしたい | 乃木坂春香の秘密 | 乱歩奇譚 Game of Laplace | 京騒戯画 | 人類は衰退しました | 会長はメイド様 | 侵略!イカ娘 | 信長協奏曲 | 俺、ツインテールになります。 | 俺がお嬢様学校に「庶民サンプル」としてゲッツされた件 | 俺の妹がこんなに可愛いわけがない | 俺の彼女と幼馴染が修羅場すぎる | 俺の脳内選択肢が、学園ラブコメを全力で邪魔している | 俺物語!! | 健全ロボ ダイミダラー | 偽物語 | 僕はHができない | 僕は友達が少ない | 僕らはみんな河合荘 | 八犬伝 | 六畳間の侵略者!? | 六花の勇者 | 冴えない彼女の育てかた | 凪のあすから | 君と僕 | 君に届け 2nd Season | 君のいる町 | 咲-saki- | 問題児たちが異世界から来るそうですよ? | 喰霊-零- | 四月は君の嘘 | 坂道のアポロン | 城下町のダンデライオン | 境界の彼方 | 境界線上のホライゾン | 変ゼミ | 変態王子と笑わない猫 | 夏目友人帳 | 夏色キセキ | 夏雪ランデブー | 夜ノヤッターマン | 夜桜四重奏 | 夢喰いメリー | 大図書館の羊飼い | 天体のメソッド | 失われた未来を求めて | 好きっていいなよ | 妖狐X僕SS | 学戦都市アスタリスク | 宇宙兄弟 | 宇宙戦艦ヤマト2199 | 実は私は | 寄生獣 | 対魔導学園35試験小隊 | 山田くんと7人の魔女 | 幕末義人伝 浪漫 | 干物妹うまるちゃん | 幸腹グラフィティ | 幻影を駆ケル太陽 | 弱虫ペダル | 彼女がフラグをおられたら | 心霊探偵 八雲 | 快盗天使ツインエンジェル | 恋と選挙とチョコレート | 恋愛ラボ | 悪魔のリドル | 惡の華 | 戦国コレクション | 戦国乙女~桃色パラドックス~ | 戦姫絶唱シンフォギア | 探偵オペラ ミルキィホームズ | 探偵ナイトスクープ | 攻殻機動隊 | 放浪息子 | 放課後のプレアデス | 断裁分離のクライムエッジ | 新世界より | 新参者 | 新妹魔王の契約者 | 日常 | 日記・コラム・つぶやき | 星刻の竜騎士 | 星空へ架かる橋 | 映画・テレビ | 普通の女子高生が【ろこどる】やってみた。 | 暁のヨナ | 暗殺教室 | 曇天に笑う | 最近、妹のようすがちょっとおかしいんだが | 月の恋人 Moon Lovers | 月刊少女野崎くん | 有頂天家族 | 未来日記 | 未確認で進行形 | 東京ESP | 東京レイヴンズ | 東京喰種トーキョーグール | 桜Trick | 棺姫のチャイカ | 極黒のブリュンヒルデ | 機巧少女は傷つかない | 櫻子さんの足元には死体が埋まっている | 武装神姫 | 残響のテロル | 氷菓 | 波打際のむろみさん | 灼眼のシャナIII Final | 牙狼 | 物語シリーズ | 犬とハサミは使いよう | 猫神やおよろず | 琴浦さん | 甘城ブリリアントパーク | 生徒会の一存 | 生徒会役員共 | 男子高校生の日常 | 異国迷路のクロワーゼ | 異能バトルは日常系のなかで | 白銀の意思 アルジェヴォルン | 百花繚乱 | 監獄学園 プリズンスクール | 相棒 | 真剣で私に恋しなさい!! | 神のみぞ知るセカイ | 神撃のバハムート | 神様のメモ帳 | 神様はじめました | 神様ドォルズ | 私がモテないのはどう考えてもお前らが悪い! | 精霊使いの剣舞 | 純潔のマリア | 終わりのセラフ | 結城友奈は勇者である | 絶園のテンペスト | 緋弾のアリア | 緋色の欠片 | 織田信奈の野望 | 繰繰れ!コックリさん | 美少女戦士セーラームーン | 翠星のガルガンティア | 聖剣使いの禁呪詠唱 | 聖痕のクェイサー | 艦隊これくしょん-艦これ- | 花咲くいろは | 落第騎士の英雄譚 | 蒼き鋼のアルペジオ | 蒼穹のファフナー | 蟲師 | 血界戦線 | 謎の彼女X | 貧乏神が! | 赤髪の白雪姫 | 超次元ゲイム ネプテューヌ | 超訳百人一首 うた恋い。 | 輪るピングドラム | 輪廻のラグランジェ | 這いよれ!ニャル子さん | 進撃の巨人 | 銀の匙-Silver Spoon- | 銀河機攻隊マジェスティックプリンス | 銃皇無尽のファフニール | 鋼の錬金術師 | 長門有希ちゃんの消失 | 閃乱カグラ | 電波女と青春男 | 青の祓魔師 | 革命機ヴァルヴレイヴ | 響け♪ユーフォニアム | 食戟のソーマ | 鬼灯の冷徹 | 魔乳秘剣帖 | 魔弾の王と戦姫 | 魔法少女まどか☆マギカ | 魔法少女リリカルなのは | 魔法戦争 | 魔法科高校の劣等生 | 魔界王子 devils and realist | 黄昏乙女Xアムネジア | 黒子のバスケ | 龍ヶ嬢七々々の埋蔵金

2017年3月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  

Right

Down

  • VividRed
    ビビッドレッド・オペレーション
  • Lagrange
    輪廻のラグランジェ 応援バナー
  • The IDOLM@STER
    THE IDOLM@STER
  • 電波女
    テレビアニメ「電波女と青春男」 公式サイト
  • Steins;Gate
    TVアニメ『シュタインズ・ゲート』
  • あの花
    あの日見た花の名前を僕達はまだ知らない。
  • アスタロッテ
    TVアニメ「アスタロッテのおもちゃ!」公式サイト
  • 超電磁砲
    とある科学の超電磁砲 公式サイト
  • 俺妹
    俺の妹がこんなに可愛いわけがない
  • あそびにいくヨ
    TVアニメ「あそびにいくヨ!」7月より放送開始!

OnDemand

  • NetMile
  • Small
  • s2

BlogPP

Afiliate

AfiliateA

YearSeasons

PV

  • MuraPV
無料ブログはココログ