カテゴリー

カテゴリー「プラスティック・メモリーズ」の14件の投稿

2015年7月 2日 (木)

プラスティック・メモリーズ 考察

基本的には余命幾ばくも残されていない恋人との
 最後の人生を有意義に全うするストーリー。
結構、昔からあるラブストーリー設定。

しかし世界設定などに問題点や謎が多く残されている。
恐らくは4話程度のネタを12話に拡張したことで矛盾が生じたのだと思う。
 少年が好きになった少女がアンドロイドで余命が1ヶ月。
 それでも告白して最後を迎える4話(30分)のストーリーなら理解できる。
それなら、この適当な設定でも表現可能だと思う。
しかし12話なら、SF考証を専門家に依頼すべきだったと思う。

ギフティア、食事や排泄可能なアンドロイド
 対応年数10年、OSを入れ替えるので記憶が受け継がれない。
  寿命を経過すると見境なく暴走する。 ワンダラー化する。
  回収業者だけがウイルスを打ち込んで停止可能。
   しかも人間を襲う。
  夜間は充電する。

 なぜツカサのペアが決まっていなかったのか?
 なぜアイラのOSを任務前に入れ替えなかったのか?
 上記を指示しなかった課長は無能なのか?
  →公式設定では他部署から課長として赴任。
   この実務経験がなく、無能な設定のようです。
   彼が有能だと話が始まらない。
 なぜカズキはアイラとペアを解消したのか?
  →詳細は不明、これ以上アイラを傷つかせたくなかった様子。
 なぜカズキはアイラの回収方法を推奨したのか?
  →賛同者だが、代わりに実行することでアイラを守った?
 なぜアイラの運動性能は劣化しているのか?
  →言明はなかったが、想像すると、既に数回OSを
    入れ替えたので劣化が始まっているのかも?

時代背景、世界設定

 なぜ脱走したギフティアの捜索を人海戦術を使ったのか?
  →現在でも既に防犯カメラ、監視衛生を使って捜索が可能だと思う。
 ギフティアを製造できる技術力があるのに現代に近い世界なのか?
  →世界設定費をケチった??
    面倒な世界観を描きたくなかったから??
  →ギフティア、アンドロイドの製造技術だけが進化することはない。
    なぜなら単一の技術ではなく複数の秘術なので、それに合わせて
    世界が進化しているはず。
 なぜギフティアは自動停止出来ないのか?
  →可能なはずだが、ストーリーが進まないから仕方なく不能とした。
 ギフティアに発信機をつけることは人権の観点から禁止された。
  →それならば自ら寿命に達する前に出頭出来る。

 ギフティアは生体パーツを使用しているように思える。
 その影響で記憶を保存できないと言えば良い。
  OSをの入れ替えで記憶が引き継げない。
   コンピューターではそんなことはないので違和感がある。
  データを初期化する必要がある、フォーマットすると言えば
   違和感は薄れる。

寿命を越えると暴走して人間を襲う、運動性能は衰えないギフティア。
 これはどうにも頂けない、市販製品では有り得ない。
  人間を襲うなら即座に販売中止になる。
  それなら闇回収業者ではなく、逆に軍需払い下げ品を
   不法に転売する業者の存在が正しいと思う。
  まず一般市民が購入できる品ではFail Safeが求められる。
   最悪の事態でも人体には無害な設定を求められる。
   例えば緊急非常停止スイッチを誰もが押せる位置に取り付ける等。
   アシモフのロボット三原則は組み込まれているはず。
   これを考えると某シン○ラー社のエレベーター事件は問題。
  人を襲わせたいのなら兵器として製作されている必要がある。

種々の疑問を残したまま、終了した作品。
 シュタインズゲートの再放送も始まり、何か次のイベントが有るのだろうか。
 そのための布石なのだろうか。

2015年6月28日 (日)

プラスティック・メモリーズ BS11(6/27)#13終

最終回 第13話 いつかまた巡り会えますように
Plastic2
徹夜で話したふたり。
夜が明けて、最後の一日だよ。
部屋の掃除を始める二人。
そしてお風呂で自身も綺麗に洗う。
会社に向かう二人、アイラはツカサ宛の手紙をそっと置く。

出社するとアイラは全メンバー宛に手紙を書いて机の上に置く。
カズキが珍しく早朝に出社、早々に二人を追い返そうとする。
ここで働けて良かった、辛いこともあったけれど、それ以上に
 嬉しい事がいっぱいあったよ。
実は全社員が隠れていたのだった。

ハーブに水を撒いて遊びに行先を考える。
二人共に遊園地しか思い浮かばない。
全部のアトラクションと屋台を制覇するぞ。
一人だけの影に怯えるツカサ。
Cigiaikueaamkfu
閉園時間となる、帰ろうとしない二人。
観覧車に交渉して誘うアイラ。
もっと楽しい時間を過ごしていたかった。
ターミナルサービスの将来はどうなっているのかな。
ツカサはどこに行っても大丈夫。
何年後かには新しい恋人ができているかもね。
そうだねとしか答えられないツカサ。
Ciaztgumaax6pa
私にはツカサの好きなところがいっぱいある。
ツカサは私のどこが好き?
マニュアルを良く読むところ。
直ぐ転ぶところ。

不器用なところ。
背が小さいところ。
貶されているような気がする。
好きなところだよ。
辛いのに泣くのを我慢して笑顔でいるところ。
でもちょっと心配かな。

私はとっても幸せだったよ、夢の時間はそろそろ終わりなので。
最後の場所はここが良い、一周する前に。

泣き顔、初めて見せてくれたね。
ツカサは我慢しちゃう人なので。
私のために泣いてくれてありがとう。
指にリングを嵌めて、大切な人と、いつかまた巡り会えますように。
アイラが囁いてきた言葉を耳元で囁くツカサ。
キスをする。

アイラを抱えて歩くツカサ。
カズキがベンチで待っていた、最後まで良く頑張ったな。
抱きついて泣きじゃくるツカサ。

回収時にありがとうとお礼を言ってくれる人がいることが不思議だった。
でも自分が最後を迎えて良く分かった。
第1の皆が優しくて素敵な人達だったから。
私は第1ターミナルサービスで働けたことを誇りに思います。
カズキとの6年のペア、私の大切な想い出だよ。
最後にツカサ、あなたと会えて良かった。
ありがとう。

9ヶ月の研修から戻ったツカサ。
新しいパートナーと握手を交わす。

---最終回---

上手くまとまっていたとは思う。
観覧車でのお別れは辛かったですね。

でも何かが足りない、何かが勿体無い気がする。
二人で会社に行って手紙を置くだけにして
 カズキとのやりとりは必要だろうか。
カズキが二人を追い返すのは前話とエピソードが重なっている。
そして会社での想い出を見せる必要があっただろうか。
回想の演出が分かりづらかった。

観覧車をメインでツカサをもっと泣かせれば良かったのにと思う。
そしてアイラの手紙で終わっても良かったと思う。
最後の研修はセリフ無しで映像だけでよかったと思う。
もしくは、この部分は無くても良かった。

4話で足りるエピソードですよね。
泣かせたいのは分かるけれど、それ以外は酷い。
世界観の設定は無茶苦茶で小学生レベルで恥ずかしい。
科学を知ら無さ過ぎて、SF考証を雇うべきですよね。
スポンサーも、よく彼に出資したと思う。
新聞広告も行っているのですよね。

シュタインズゲートが再放送されたり、関係者が
 アニメを作ったりと騒がしい。
パンチラインの脚本家も1エピソードを作ったらしい。
来年にでも続編を制作するのだろうか。

2015年6月21日 (日)

プラスティック・メモリーズ BS11(6/20)#12

第12話 想い出が埋まってく
Ch9cqkmuwai_jki
急に一人が怖いと泣きながらツカサに抱きつくアイラ。
朝食は一緒に食べる。
Ch9dauhveae99sn
ミチルが映画のチケットをプレゼントする。
コンスタンスがレストランのチケットを譲ってもいい。
シェリーがディナーショーチケット。
ヤスタカは車を貸してやると所員に気遣われる二人。
皆が休んで良いと言ってるよとアイラに相談する。
Ch9d7jsueaad6wz
二人で映画を見る、ツカサの手を握るアイラ。
暗いところではツカサが居なくなってしまう気がするから。
映画のシーン、膝枕を真似てみたいアイラ。
Ch9ejepveaeilg
膝枕はツカサを感じられて安心できる。
夜に眠るのが怖いアイラ。
二度と目を覚まさない、二度とツカサに会えなくなると不安に襲われる。
Ch9gj4tuaaapmnb
明日はどうしよう?
ツカサに任せる、アイラの顔が曇ったのを見逃さない。
最後の夜を迎える不安がある。
今までどおりに過ごそうと決める。
不安なのか頻繁にアイラはボディのチェックをしていた。
二人を見ると泣きそうになるエルだった。
Ch9famluyaegheo
アイラの回収命令がカズキに届いた、ツカサに任せる。
それを聞いていたアイラはツカサにハーブやハーブティーの
 知識を説明する。
Ch9fx5puaaamwri
ハーブティーを入れることで居場所を見つけられた気がした。
もっと色々育てたかった。
Ch9fxvumaa5zw0
オフィスでハーブティーを入れるツカサ。
どうして休まないのと尋ねるミチル。
ツカサの寂しそうな眼を見逃さないミチル。
Ch9gkfbueaiasn1
アイラに回収命令を伝えるツカサ。
ツカサにサインして欲しい。
このまま二人で逃走しようと何度も考えた。
Ch9gsxrukaexbxq
辛い思いさせてるねと抱きしめるアイラ。
明日は二人の最後の仕事、サラの回収。
Ch9hjagvaaaliju
無事に完了するとミチルからメールが届いていた。
アイラのお疲れ会をするから暇だったら来ても良いわよ。
全員が仕事を早く終わらせて宴会になる。
はしゃぎ過ぎたと背負われて帰るアイラ。
今日も回収するサラに話しかけていたけれど、
 いつも何を話しているの?
Ch9h1dmucae17nc
大切な人といつかまた巡り会えますように。

---最終回 「いつかまた巡り会えますように」---

泣ける良いエピソードなのに、泣けない。
もっと盛り上げて感情を揺さぶられるのに、
 全体的にあっさりした淡白な演出ですね。

ミチルのツンデレって今更必要なのだろうか。
会社の部分がもはや必要ない気がする。
日常的なラブラブ演出と笑いの演出を試みたが
 笑いが下手だったと思う。
笑いをミチルに頼り過ぎな気がする。
そしてミチルのツンデレや変顔では笑えない。
もっとアイラにフォーカスして、その陰で密かに苦しむ
 ツカサを演出すべきだったと思う。

次回はどんなシーンとセリフで見せてくれるのだろうか。
ハンカチの準備は必要かな?必要であって欲しい。

2015年6月14日 (日)

プラスティック・メモリーズ BS11(6/13)#11

第11話 オムライスの日
Plastic00
昨日、大好きな人と恋人になりました。
日記にそう書いたアイラ、恥ずかしくて身悶える。
ツカサを起こして、胸や下着が見える姿が恥ずかしい。
朝食、ツカサは一緒に食べて欲しい。
目が合うとお互いに気恥ずかしい。

寮から出社するエレベーターでみちるやザップにからかわれる。
エルも告白を聞きたかった。
会社ではヤスタカにもからかわれる
恋人は相手を喜ばすサプライズが必要だ。

お互いに相手に何かしてあげたい。
アイラは食事作りを考えて、ミチルに相談する。
恋人になってから上手く話せなくなった。
ツカサの好物も知らないので、尋ねてみる。
それなら二人一緒に調理しては如何ですか?
ラブラブな世界を作る二人。

オムライスが好き、今夜一緒に作ろう。
先ずはお買い物、パジャマも欲しいアイラ、ペアルックを希望。
ハーブティーも買って帰る途中で、ツカサはサプライズを思いつかない。
アイラはいつもどおりが良い。
一緒に入られるだけで胸がドキドキする。

二人で一緒に作ったオムライスは不細工だったが美味しかった。
日記にオムライスの日として書き込むアイラ。
明日はカレーの日、にしよう。

---次回 「思い出が埋まってく」---

恋人として、ラブラブな生活の二人。
特別のことは必要ない。
一緒に入られるだけで良い。
ここが二人の頂点でしょうね。

この後は辛い別れに向かって展開するのでしょう。
この作品にハッピーエンドは要らない。

2015年6月 7日 (日)

プラスティック・メモリーズ BS11(6/06)#10

第10話 もう、パートナーじゃない
Plastic00
お前たち、パートナーを解消しろ。
ツカサは明日からコンスタンスと組め。
社内恋愛禁止だから。

アイラを連れ帰るが対応に困るカヅキは酒を飲む。
翌朝、目覚めるとカヅキは暴れた形跡が残っていた。
3年前から酒癖の悪さは治っていない。
お互いのためには離れるのが一番良いと話すアイラ。

パートナーを変更したくないツカサ。
二人を見ていられない、どうせアイラがグダグダ言ってるのだろう。
お前は覚悟を決めているのだろう?
私に任せろ、アイラの性根を叩き直してやる。

カヅキはアイラのこととなると冷静で居られなくなる。
ここの独特の回収方法はアイラが始めた。
カヅキがコンビ解消後に部内に推進した。
ツカサとペアを組んでアイラは変わった。
コンビ解消後、アイラは心を閉ざしてしまった。
最近は笑うようになったアイラの姿を見てカヅキは喜び
 ツカサに任せても良いと言っていた。

新たな仕事に従事するアイラ。
回収に際して、孫娘のギフティアには仕事を辞めて欲しい。
彼女と遊んで欲しいと依頼する顧客。
好きな人と一緒に過ごすのが一番嬉しいと顧客とも共に
 遊ぶことを要求するアイラ。

好きな人と一緒に過ごすのが一番嬉しいのなら、お前はどうなんだ。
アイラに尋ねるカヅキ。
私達の仕事は報われない、記憶を引き裂く代償。
お前も回収対象なんだよ。
このまま別れたらツカサには後悔しか残らない。
どうしてと一生自分を責め続ける。

カヅキと分かれて後悔ばかり、自分を責め続けたアイラ。
ようやくツカサの立場で考えることが出来たアイラ。

翌朝ツカサに話すアイラ。
私は思い出を増やしていけないと思った。
だから離れるべきだと思った。
でも将来ツカサは私を冷たい素っ気ないだけの女の子だと思い出す。
だから私はツカサと思い出を作りたい、最後まで一緒に居たい。
大丈夫だ、僕は何処にも行かないよ。
あなたのことが好きです。

---次回 「オムライスの日」---

ようやくアイラも納得してツカサと共に思い出を作ることに
 なりました。
アイラを実は一番よく知っているカヅキでした。
最終回に向けて二人のエピソードに突入ですね。
二人のイチャイチャや、思い出を作るための日々が始まるのでしょう。

でも3年前にコンビ解消した理由や、仕事を与えなかった理由は
 明かさずに暗に示しただけですね。
なんだろう、精神的にアイラが傷つくから回収を辞めさせたのだろうか。
そこは詳細に描いて欲しい。

結局はアイラとツカサを描けば良いのですが、
尺が余るのでミチルや他のエピソードを追加したら
 失敗した作品ですね。
つまりは4話しか描けない原案だった。
アニメの脚本家は絶対的に数が足りないようですね。
特にオリジナルを描ける人は少ないようですね。
ラノベ作家から転向させれば良いのにね。

2015年5月31日 (日)

プラスティック・メモリーズ BS11(5/30)#09

第9話 祭りの後
Plastic2
ツカサがアイラに告白したことは社内に知れ渡っていた。
ツカサは未だ魂が抜けた状態。
ヤスタカがいじっても無反応。
Cgonnvguiaeudxo
ミチルが告白を知ってアイラに訪ねる。
勢いで無理と言ってしまったらしい。
アイラから詳細な事情を聞いて対応を考える。
暫くツカサとは別の部屋で暮らしてみては。
Cgonn00uaaah5o9
カヅキは告白を知らなかった。
ふられた結果には分からない。
ミチルの部屋でツカサとザックを住まわせる。
アイラはエルとミチルが面倒を見る予定。
仕事とプライベートは別にすべきと世話を焼く。
一人になったミチルをカヅキが何度も訪れた。
父親の代わりには成れないが話し相手にはなれる。
そんなカヅキの対応にタームなるサービスに入社したミチル。
しかし食事を食べて話している間に眠ってしまったミチル。
Cgonovgukaakcch
翌朝起こされて部屋を出た所をアイラと鉢合わせする。
二人はお似合いだからと走り去るので追いかけて説明する。
仕事ではアイラのパートナーで居たい。
もう少し時間が欲しいアイラ、良く考えたいから。
Cgothcqviaab08i
ツカサの笑顔が気になっていたアイラ。
無理して笑っているのかもと考えた。
ツカサの役に立ちたいと思った。
ツカサのことを考えると胸がドキドキ、モヤモヤするようになった。
それなら答えは出ているわよ。
ツカサから離れる。
私のためにも、ツカサのためにも、そのほうが良い。
どうして、それは恋心よ。
私の残り時間は1ヶ月なので。

寿命を知らなかったミチルは泣いていた。
告白前に知っていたと告げるツカサ。
俺はアイラと思い出を作りたい。
それはお互いに辛いだけ、最後まで責任取れるの?
最後までアイラのパートナーで居ると決めた。
私が応援してあげる。

カヅキが二人を呼び出して、今からパートナー解消だ。

---次回 「もう、パートナーじゃない」---

やはりよく分からずに、断っていたアイラ。
でも結局は別れるべきだと判断します。
今回は何も知らないミチルが掻き回したエピソードでした。

寿命を知っても告白したツカサを応援するミチル。
実は世話女房タイプでした。
ちょっとお節介過ぎるのかもしれないですが。

ハッキリと自分の気持も分かったが、残り寿命を考えると
 別離を決意したアイラ。
カヅキもパートナー解消を命じます。
彼女の考えも同じでしょうね。
ツカサの覚悟、決意を知らないですからね。
ミチルには気遣っていたのに、アイラからは逃げていたカヅキ。
その理由は描いて欲しい。

ようやく本題に入ってきた感じですね。
ツカサの説得が周囲を動かすのか。
一番辛いのは彼ですからね。

2015年5月24日 (日)

プラスティック・メモリーズ BS11(5/23)#08

第8話 知らない花火
Imgbd01
ギフティアの回収作業を行うツカサとアイラ。
今回のケースではOSを入れ替えて継続使用する。
老女は少女のギフティア、ミラベルを何度も入れ替えて
 継続使用してきた。
記憶は引き継げなくても、変わらずに接してきた。

第3ターミナルサービスのマークスマンが出張で訪れる。
対応はツカサとアイラとなる。
なんでも担当のギフティアが逃走したらしく、
 この地区に潜伏している可能性があるらしい。
出張はギフティアのアンディが一人でやって来た。
アンディに、我が心の友、オリビアと呼んで抱きつくエル。
初対面ですと言われて、そうだったと去っていく。
入れ替わって記憶が失われたらしい。

脱走したギフティアを追い詰めて確保するツカサとアンディ。
ギリギリまで一緒に居たいと言うが、回収する。
私達は記憶を引き裂く仕事です。
強引な回収に納得出来ないツカサ。
しかしこれが普通で第1ターミナルサービスが異常だった。
3年前にカヅキが導入した双方の心のケアも行う方法。

オリビアはエルの近所に住むギフティアだった。
よく一緒に遊ぶ仲だったが数年前に回収されていた。
経費節約のために再利用されていた。

エルはオリビアじゃないことが気にならないのかなと
 考えるツカサ。
エルがツカサにヘルプを求める。
近所の祭りを話したら仲良くなったアンディが是非観たいと言う。
でも祭りはオリビアとの思い出がたくさんある。
オリビアと同じ顔のアンディと思い出の祭りに行くのは辛い。
是非ツカサも一緒に来て欲しい。
アイラを誘うツカサ。
アンディとエルも一緒だと聞くと少し嫌そう。

祭りを楽しむアンディ。
でも記憶は戻らない。
アンディとは別の場所で思い出を作る。
今この瞬間しか思い出は作れない。
アイラは放って置かれて不機嫌な様子。
写真を撮ろうと言ってもエラー。
迷わないように手を繋ごうと言っても子供じゃないと拒否。
しかしはぐれてしまう二人。

居なくなったアイラを探すツカサ。
ようやく発見する。
私はツカサを苦しめてる?
苦しめてまでパートナーは勤めたくない。
苦しいよ、苦しいから、ずっとパートナーで居たい。
俺はアイラが好きだから。
二人を覗いていたエルとアンディ。
赤くなって照れて恥ずかしくって無理です。

なんでじゃー。

---次回 「」---

アイラだけを試聴する作品です。
今回もアイラを見て楽しむと面白くて可愛かった。
それ以外の設定やエピソードは無視すべきですね。
そうしないと、どうしても嘘を感じてしまう。
遂にアイラに告白できたツカサでした。
告白しなくともいつも一緒なんだから、一緒に買い物や
 遊びに出掛ければ良いのにね。
正式に?告白しないと納得出来ない性格のツカサなのでしょうね。

内容的にはOSの再インストールでは記憶は失われ、
 何をしても復活することはない。
2話辺りで描くべき内容でした。
今回はOP無しで始まって最後にOPを流してムリと叫ぶアイラでした。

エルの反応を見れば無理しているのは分かるけれど、
 そこで理解できる賢いツカサだとエピソードが終わるので
 無理やり鈍感でアホな設定にされてしまいましたね。
花火の音が違和感でしたね。

2015年5月17日 (日)

プラスティック・メモリーズ BS11(5/16)#07

第7話 上手なデートの誘い方
Plastic00
アイラをデートに誘うことを決めるツカサ。
アイラはツカサの笑顔が見たいと洗濯や掃除に頑張る。
しかし上手くは行えない、ただツカサの役に立ちたいだけ。

社内で宣言するが、上手いタイミングが見つからない。
それでも、なんとかアイラをデートに誘う。
今度の休みに遊びに行こう。
それは何の仕事?
それはツカサの役に立つの?
それならと了承される。

カヅキには仕事も頑張れ半人前だからと励まされる。
ミチル、エル、ザップとデートのことを色々尋ねられる。
行き先はアイラが決めることになっていた。
遊園地しか知らないアイラ。
私服は破れているのでミチルが縫ってくれる。

カヅキとよく遊園地に行ったアイラ。
幸せそうな笑顔を観るのが好きだった。
当日は体調が良くないツカサ。
それでもカヅキといつも座ったベンチに向かう。
3年前に此処でペアの解消を言い渡された。
カヅキに迷惑をかけた、それからは訪れていない。

アトラクションには乗ったことがないので、色々と試してみる。
初めて会った日のことを覚えている。
それがパートナーになるとは思わなかった。

突然、観覧車で倒れるツカサ。
目覚めると自宅でアイラが心配そうに覗きこんでいた。
おそらく過労だろうとの判断だった。
ミチルはおかゆを作ったが、届けるために逡巡して諦める。
アイラが寿命が1ヶ月だとツカサに告げる。
僕は最後までパートナーでいたい。

翌朝は元気なツカサ、看病していたアイラは充電切れ寸前。

---次回 「」---

アイラをデートに誘って思い出をつくろうとするツカサ。
最後まで笑顔でいて欲しい。
アイラもツカサの笑顔が見たい。
お互いに気持ちが一歩通じて前進した二人。
最期の日まで、一歩ずつ積み重ねていくのでしょう。

この作品には詳細な設定は準備していないようで、
 描きたいのはツカサとアイラの関係だけのようですね。
色々と突っ込みどころ満載の設定なので、特別な
 エピソードを描くと粗が丸見えになります。
1クール描くにはエピソードが足りないのですよね。

こんな感じで二人の関係を最後の日を迎えるまで
 描ければ良いのですが。

2015年5月10日 (日)

プラスティック・メモリーズ BS11(5/09)#06

第6話 二人で、おかえり
Plasticmem_1
アイラはマーシャの回収時に倒れてしまってメンテナンス中。
ツカサがマーシャを撃ってソウタは無事。
マーシャも回収され闇回収業者も本社とR.Security社が
 協力して摘発された。
ツカサとアイラに非はないが、お咎め無しも問題だった。
責任を取る形でアイラの調整が終わるまでツカサは待機。

ミチルを育てた父親代わりのギフティアの回収に
カヅキはアイラを連れて行かなかった。
そして右足を負傷して義足となった。
アイラとのコンビを解消した。

意味は無いと言われながらもアイラの側で徹夜で付き添うツカサ。
眼を覚ましたアイラ、暫くは調整に通う必要がある。
ツカサは笑顔が似合うね。
いきなりの発言に戸惑うツカサ。
ミチルとエルがアイラを問い詰める。
最近、ツカサが気になって眼で追うようになっている。
それは恋よ、ツカサのストーキングをアイラに勧めるエル。
シェリーに見つかって追い出されるエル。

見かねてミチルが相談に乗る。
ツカサがマーシャの回収後に笑えるのが不思議。
人間には都合良く忘れることが出来るの?
ソウタに会いに行って謝罪して一緒に泣いたツカサだった。
ツカサは忘れていない、忘れない。
悲しいから笑うのかも。
ミチルは優しい時は優しいね。

アイラの調整も終わり現場復帰が可能。
何も出来なくて迷惑をかけるかもと臆病になっているアイラ。
迷惑なのかはツカサが決めることだ。
自宅に戻ってツカサを探すが不在。
会社でカヅキからアイラの寿命を聞かされる、残り千時間ちょっとだ。
約1ヶ月と聞いて愕然とする。
コンビを解消して新しいパートナーの到着を待つか?
お前はどうしたい?
アイラと組みたい、最後まで一緒に居たい。
聞いてしまったアイラ。

寮の部屋でツカサを出迎えるアイラ。
ご飯にする?お風呂にする?それともワ・タ・シ?
ツカサが購入した新婚マニュアルを読んだアイラだった。

---次回 「」---

アイラは既にガタガタのボディなので激しい戦闘などには
 耐えられず調整、修理が必要なのでした。
その間にアイラの寿命を教えられるツカサ。
それでもアイラを選ぶツカサでした。

この作品はツカサとアイラの悲劇のラブストーリーなのでしょう。
それなら社会人に設定するべきではなかったと思う。
そして4,5話で二人を描くだけで良かったと思う。
前回は、1クール12話で描くためにエピソードを増やしたら未設定と
 無知さの粗が視えた感じですね。
暴走して人間を襲う設定はやり過ぎでした。
記憶を失って何も分からなくなるだけで良かったと思う。

詳細に世界設定を考えていない作品のようですが、
警察は存在するのだろうか?
ヤスタカが本社の部長にR.Security社の介入を避難して
 問い詰めていましたが、介入は正解でしょう。

実は最後に壮大な落ちがあって、ツカサもミチルも人工生命体で
 失くなっても惜しくない兵士のような存在だったら面白い。
この作品の元ネタはブレード・ランナーかな?

2015年5月 3日 (日)

プラスティック・メモリーズ BS11(5/02)#05

第5話 守りたかった約束
Plasticmem_4
マーシャが帰ってこないとソウタから連絡。
マーシャの寿命までは残り24時間。
ソウタの話から闇回収業者に拉致された可能性が高い。
もしワンダラー化すれば3年ぶりとなる。
Ceatbriukaa1uw3
伍堂部長に連絡する山野辺課長、R.Security社に連絡される。
1課全員が総出でマーシャを探す。
闇回収業者が潜んでいそうなエリアの情報を入手する。
そこでR.Security社と遭遇する。
現場責任者の東雲とは顔見知りのカヅキ。
3年前の事件の恨みを逆手に取って情報交換する。

R.Security社はSAI社が契約している民間の警備会社。
今回は闇回収業者の摘発を命じられていた。
3年前のようなワンダラー排除命令は受けていない。
アンドロイド保護法で人権が保護されて発信機は
 ギフティアには装着されていない。
ワンダラー化するとリミッターが外れるので危険。
自動車など簡単に持ち上げる。
万が一のためにスポッターだけが扱えるソフトを破壊する
 道具を手渡される。
ウイルスを注入するようなもので、記憶も意識も破壊されて
 元には戻らない。

3年前にミチルの父親を回収されたくなくて逃走した。
ワンダラー化してR.Securityに破壊された。
その時の回収担当がカヅキ、右足を負傷して義足となった。

闇回収業者のアジトを発見するが負傷していた。
マーシャがワンダラー化した可能性が高い。
R.Security社にもワンダラー排除命令が下る。
カヅキが脅して30分だけ行動を遅らせてもらう。
R.Security社よりも先に発見して回収したいツカサとアイラ。
此処から先はアイラの仕事、戦う決意のアイラだった。

マーシャがアイラに体当たり、既にワンダラー化していた。
アイラが武器を構えるが弾き飛ばされる。
ソウタが駆けつけてきた、彼を連れて逃走するマーシャ。
アイラを治療するから動くなと命令するカヅキ。
それでもソウタのためにもマーシャを回収したいツカサ。
アイラも同行する、アイラの言葉の意味を尋ねる。

思い出は綺麗なほど、辛いこともある。
そんな悲しいこと言うなよ。
再びマーシャを発見する、ツカサが穏便に回収しようとするが
 目覚めたソウタの首を絞める。
やむを得ずソフト破壊銃を構えて発射するツカサ。
横から剣を構えて飛び込むアイラ。

アイラは出社していなかった。

---次回 「2人で、おかえり」---

闇回収業者に拉致されたマーシャがワンダラー化する。
ワンダラー化する前に回収したい。
ミチルの時のように、育てられた子供の目の前で射殺させたくない。
そんな思いでマーシャを探すターミナルサービス1課。
でも残念ながらワンダラー化したマーシャを破壊するしかない状況。
ツカサはソウタを助けるために撃ちますが、アイラも飛び込んだ。
さて結末は?と良いところで終わりました。

この世界の設定が良く分からない。
今現在、街には防犯カメラが存在します。
24時間営業のコンビニの前にもあります。
また携帯電話は一定時間ごとに発信します。
なので契約会社では最寄りの基地局からある程度の
 居場所が分かります。
どうして、これらを利用しないのだろうか。

そんな現在よりも退化した世界なのですね。
なのにギフティアと呼ばれる生体アンドロイドは存在する。
しかもアシモフのロボット三原則を組み込んでいない。
人命を脅かす可能性がある製品を販売するのもおかしい。
遠隔装置の非常停止スイッチが装備されているはずです。
それより寿命が尽きる前に自動停止するのが普通だと思う。
描かれている世界のテクノロジーが歪だと思う。
ギフティアだけが異常に進歩した世界なのだろうか。

泣きのストーリーを描きたいのは分かるが、現実離れした設定を
 無理やり描くのは頂けない。
9人も企画に参加していて、これらの世界観を考えなかったのだろうか?

3年前のミチルの父親代わりのギフティア回収担当者がカヅキ。
その時にアイラはどうしていたのでしょう。
今回は何も描かれませんでしたが、何か有ったのでしょう。
闇回収業者の目的は何だろう?
OSを再インストールして新品として売るのだろうか?
ID登録は無いのだろうか?

その他のカテゴリー

30歳の保健体育 | AKB0048 | Angel Beats | Another | Aチャンネル | BLAZBLUE ALTER MEMORY | BLOOD-C | Brave10 | BTOOOM! | C | C3-シーキューブ- | Charlotte | Classroom☆Crisis | Coppelion | D.C. | Devil Survivor2 | DOG DAYS | Fate/Zero Stay Night | Free! | GANGSTA. | GATE 自衛隊 彼の地にて、斯く戦えリ | GJ部 | Go!プリンセスプリキュア | God Eater | GOSICK | ISUCA | K | LUPIN the Third峰不二子という女 | M3-ソノ黒キ鋼- | Mr. BRAIN | No.6 | PSYCHO-PASS | RAIL WARS! | RDGレッドデータガール | Rio-Rainbow Gate- | ROBOTICES:NOTES | selector infected WIXOSS | SHIROBAKO | Star Driver輝きのタクト | Steins;Gate | TARI TARI | TERRAFORMARS | The IDOLM@STER | The Unlimited兵部京介 | Thunderbirds | Tiger & Bunny | TVドラマ | UN-GO | Wake Up, Girls | WHITE ALBUM2 | WORKING | Z/X IGNITION | ZETMAN | あそびにいくヨ | あっちこっち | あの夏で待ってる | あの日見た花の名前を僕たちはまだ知らない | あまがみSS | いつか天魔の黒ウサギ | いなり、こんこん、恋いろは。 | うさぎドロップ | うしおととら | うたわれるもの | うぽって | えとたま | えびてん | えむえむっ! | おそ松さん | おとめ妖怪ざくろ | お兄ちゃんだけど愛さえあれば関係ないよねっ | お兄ちゃんのことなんかぜんぜん好きじゃないんだからね | お勧めできないアニメ | お笑い | がっこうぐらし | きんいろモザイク | ぎんぎつね | けいおん!! | げんしけん | この中に一人、妹がいる | これはゾンビですか? | ご注文はうさぎですか? | さくら荘のペットな彼女 | ささみさん@がんばらない | さばげぶっ! | さんかれあ | しろくまカフェ | じょしらく | すべてがFになる | そにアニ | そふてにっ | そらのおとしものf | それが声優 | それでも世界は美しい | それでも町は廻ってる | たまこまーけっと | たまゆら | ちはやふる | つり球 | とある科学の超電磁砲 | とある飛空士への恋歌 | とある魔術の禁書目録Ⅱ | となりの怪物くん | ぬらりひょんの孫 | のうりん | のんのんびより | はぐれ勇者の鬼畜美学 | はたらく魔王さま! | ばらかもん | ひだまりスケッチ | まおゆう | ましろ色シンフォニー | まじもじるるも | まよチキ! | まりあ†ほりっく あらいぶ | みつどもえ増量中 | みなみけ | めだかボックス | もしドラ | もっとToLOVEる | もやしもん | やはり俺の青春ラブコメはまちがっている。 | ゆゆ式 | ゆるゆり | よんでますよ、アザゼルさん。 | アウトブレイク・カンパニー | アオハライド | アカメが斬る! | アクエリオン | アクセル・ワールド | アスタロッテのおもちゃ | アニサン劇場 | アニメ その他 | アニメ・コミック | アニメ個人評価 | アブソリュート・デュオ | アルドノア・ゼロ | インフィニット・ストラトス | ウィザード・バリスターズ 弁魔士セシル | ウイッチクラフトワークス | エウレカセブンAO | エスカ&ロジーのアトリエ | オーバーロード | カンピオーネ | ガッチャマン クラウズ | ガリレイドンナ | ガリレオ | ガンスリンガーストラトス | ガンダムAGE | ガンダムGのレコンギスタ | ガールズ&パンツァー | ガールフレンド(仮) | キャプテン・アース | キューティクル探偵因幡 | キルミーベイベー | キルラキル | ギルティクラウン | クイーンズブレイド | クロスアンジュ 天使と竜の輪舞 | グラスリップ | グリザイアの果実・迷宮・楽園 | ケイオスドラゴン 赤竜戦役 | ココロコネクト | コネタマ | コメット・ルシファー | コンクリート・レベルティオ | ゴールデンタイム | サムライフラメンコ | サンダーバード | サーバントXサービス | シドニアの騎士 | シモネタという概念が存在しない退屈な世界 | ジョジョの奇妙な冒険 | スイートプリキュア | ステラ女学院高等科C3部 | ストライクウィッチーズ2 | ストライク・ザ・ブラッド | スペース☆ダンディ | スマイルプリキュア | セイクリッドセブン | セキレイ Pure Engagement | ゼロの使い魔 | ゼーガペイン | ソウルイーターノット! | ソードアートオンライン | ダンガンロンパ | ダンジョンに出会いを求めるのは間違っているだろうか | ダンタリアンの書架 | テルマエ・ロマエ | ディーふらぐ! | デス・パレード | デッドマンワンダーランド | デュラララ!! | デンキ街の本屋さん | デート・ア・ライブ | トリアージX | トリニティセブン | トータル・イクリプス | ドキドキ!プリキュア | ドラゴンクライシス | ニセコイ | ノブナガン | ノブナガ・ザ・フール | ノラガミ | ノーゲーム・ノーライフ | ハイキュー | ハイスクールDxD | ハナヤマタ | ハピネスチャージプリキュア | ハマトラ | ハヤテのごとく | ハートキャッチプリキュア | バカとテストと召喚獣 | バクマン | バディコンプレックス | パソコン・インターネット | パパのいうことを聞きなさい! | パンチライン | ビビッドレッド・オペレーション | ピンポン | ファイブレイン | ファンタジスタドール | フォトカノ | フラクタル | フリージング | ブラック★ロックシューター | ブラック・ブレット | ブラッドラッド | ブレイクブレイド | ブレイドアンドソウル | プピポー | プラスティック・メモリーズ | プリズマ☆イリヤ | ヘヴィーオブジェクト | ベン・トー | ペルソナ4 | マギ | マケン姫っ! | ミカグラ学園組曲 | メカクシティアクターズ | モモキュンソード | モンスター娘のいる日常 | モーレツ宇宙海賊 | ヤマノススメ | ヤングブラックジャック | ユリ熊嵐 | ヨスガノソラ | ヨルムンガンド | ラストエグザイル-銀翼のファム- | ラブライブ! | リトルバスターズ | ルパン三世 | レベルE | レーカン! | ロウきゅーぶ! | ログ・ホライズン | ローゼンメイデン | ローリング・ガールズ | ワルキューレロマンツェ | ワンパンマン | 一週間フレンズ。 | 下ネタという概念が存在しない退屈な世界 | 世界でいちばん強くなりたい | 世界征服~謀略のズヴィズダー~ | 世紀末オカルト学院 | 中二病でも恋がしたい | 乃木坂春香の秘密 | 乱歩奇譚 Game of Laplace | 京騒戯画 | 人類は衰退しました | 会長はメイド様 | 侵略!イカ娘 | 信長協奏曲 | 俺、ツインテールになります。 | 俺がお嬢様学校に「庶民サンプル」としてゲッツされた件 | 俺の妹がこんなに可愛いわけがない | 俺の彼女と幼馴染が修羅場すぎる | 俺の脳内選択肢が、学園ラブコメを全力で邪魔している | 俺物語!! | 健全ロボ ダイミダラー | 偽物語 | 僕はHができない | 僕は友達が少ない | 僕らはみんな河合荘 | 八犬伝 | 六畳間の侵略者!? | 六花の勇者 | 冴えない彼女の育てかた | 凪のあすから | 君と僕 | 君に届け 2nd Season | 君のいる町 | 咲-saki- | 問題児たちが異世界から来るそうですよ? | 喰霊-零- | 四月は君の嘘 | 坂道のアポロン | 城下町のダンデライオン | 境界の彼方 | 境界線上のホライゾン | 変ゼミ | 変態王子と笑わない猫 | 夏目友人帳 | 夏色キセキ | 夏雪ランデブー | 夜ノヤッターマン | 夜桜四重奏 | 夢喰いメリー | 大図書館の羊飼い | 天体のメソッド | 失われた未来を求めて | 好きっていいなよ | 妖狐X僕SS | 学戦都市アスタリスク | 宇宙兄弟 | 宇宙戦艦ヤマト2199 | 実は私は | 寄生獣 | 対魔導学園35試験小隊 | 山田くんと7人の魔女 | 幕末義人伝 浪漫 | 干物妹うまるちゃん | 幸腹グラフィティ | 幻影を駆ケル太陽 | 弱虫ペダル | 彼女がフラグをおられたら | 心霊探偵 八雲 | 快盗天使ツインエンジェル | 恋と選挙とチョコレート | 恋愛ラボ | 悪魔のリドル | 惡の華 | 戦国コレクション | 戦国乙女~桃色パラドックス~ | 戦姫絶唱シンフォギア | 探偵オペラ ミルキィホームズ | 探偵ナイトスクープ | 攻殻機動隊 | 放浪息子 | 放課後のプレアデス | 断裁分離のクライムエッジ | 新世界より | 新参者 | 新妹魔王の契約者 | 日常 | 日記・コラム・つぶやき | 星刻の竜騎士 | 星空へ架かる橋 | 映画・テレビ | 普通の女子高生が【ろこどる】やってみた。 | 暁のヨナ | 暗殺教室 | 曇天に笑う | 最近、妹のようすがちょっとおかしいんだが | 月の恋人 Moon Lovers | 月刊少女野崎くん | 有頂天家族 | 未来日記 | 未確認で進行形 | 東京ESP | 東京レイヴンズ | 東京喰種トーキョーグール | 桜Trick | 棺姫のチャイカ | 極黒のブリュンヒルデ | 機巧少女は傷つかない | 櫻子さんの足元には死体が埋まっている | 武装神姫 | 残響のテロル | 氷菓 | 波打際のむろみさん | 灼眼のシャナIII Final | 牙狼 | 物語シリーズ | 犬とハサミは使いよう | 猫神やおよろず | 琴浦さん | 甘城ブリリアントパーク | 生徒会の一存 | 生徒会役員共 | 男子高校生の日常 | 異国迷路のクロワーゼ | 異能バトルは日常系のなかで | 白銀の意思 アルジェヴォルン | 百花繚乱 | 監獄学園 プリズンスクール | 相棒 | 真剣で私に恋しなさい!! | 神のみぞ知るセカイ | 神撃のバハムート | 神様のメモ帳 | 神様はじめました | 神様ドォルズ | 私がモテないのはどう考えてもお前らが悪い! | 精霊使いの剣舞 | 純潔のマリア | 終わりのセラフ | 結城友奈は勇者である | 絶園のテンペスト | 緋弾のアリア | 緋色の欠片 | 織田信奈の野望 | 繰繰れ!コックリさん | 美少女戦士セーラームーン | 翠星のガルガンティア | 聖剣使いの禁呪詠唱 | 聖痕のクェイサー | 艦隊これくしょん-艦これ- | 花咲くいろは | 落第騎士の英雄譚 | 蒼き鋼のアルペジオ | 蒼穹のファフナー | 蟲師 | 血界戦線 | 謎の彼女X | 貧乏神が! | 赤髪の白雪姫 | 超次元ゲイム ネプテューヌ | 超訳百人一首 うた恋い。 | 輪るピングドラム | 輪廻のラグランジェ | 這いよれ!ニャル子さん | 進撃の巨人 | 銀の匙-Silver Spoon- | 銀河機攻隊マジェスティックプリンス | 銃皇無尽のファフニール | 鋼の錬金術師 | 長門有希ちゃんの消失 | 閃乱カグラ | 電波女と青春男 | 青の祓魔師 | 革命機ヴァルヴレイヴ | 響け♪ユーフォニアム | 食戟のソーマ | 鬼灯の冷徹 | 魔乳秘剣帖 | 魔弾の王と戦姫 | 魔法少女まどか☆マギカ | 魔法少女リリカルなのは | 魔法戦争 | 魔法科高校の劣等生 | 魔界王子 devils and realist | 黄昏乙女Xアムネジア | 黒子のバスケ | 龍ヶ嬢七々々の埋蔵金

2017年5月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      

Right

Down

  • VividRed
    ビビッドレッド・オペレーション
  • Lagrange
    輪廻のラグランジェ 応援バナー
  • The IDOLM@STER
    THE IDOLM@STER
  • 電波女
    テレビアニメ「電波女と青春男」 公式サイト
  • Steins;Gate
    TVアニメ『シュタインズ・ゲート』
  • あの花
    あの日見た花の名前を僕達はまだ知らない。
  • アスタロッテ
    TVアニメ「アスタロッテのおもちゃ!」公式サイト
  • 超電磁砲
    とある科学の超電磁砲 公式サイト
  • 俺妹
    俺の妹がこんなに可愛いわけがない
  • あそびにいくヨ
    TVアニメ「あそびにいくヨ!」7月より放送開始!

OnDemand

  • Potora
  • NetMile
  • Small
  • s2

BlogPP

Afiliate

AfiliateA

YearSeasons

PV

  • MuraPV
無料ブログはココログ