カテゴリー

カテゴリー「オーバーロード」の13件の投稿

2015年10月 1日 (木)

オーバーロード TokyoMX(9/30)#13終

最終回 第13話 PVN(Player versus NPC)
Overload3
PVP,プレイヤー同士の対戦では炎属性が弱点なのに
 耐えてみたり、神聖属性ではないのに効果を装ってみたり
 騙し合いを演じた。
不浄衝撃盾などは温存されると厄介だから。
13_3
アインズは最後には近接格闘を考えて準備していた。
たっち・みーから託された大会優勝者にのみ与えられる純白の鎧をまとう。
13_1
パーフェクト・ウォーリアーにより使用可能となっている。
課金アイテムの為せる技だった、NPCは知らないのだった。
シャルティアがスキルの一つでも残していれば厄介だった。
武人武御雷の大太刀、武御雷八式で攻撃、左腕を粉砕する。
弐式炎雷の小太刀、天照と月読を使用する。
ペロロンチーノの弓ゲイ・ボウで攻撃する。
シャルティアとしては防御を捨てて攻撃に特化して
 接近戦を仕掛けるしか手はなくなった。
どんな武器が繰り出されるかが分からない、スポイト・ランスで
 接近してHPを吸収しながら戦いたい。
13_2
発動に時間のかかる超位魔法が発動可能となる。
ようやくシャルティアの殺害に成功する。
マーレが勝利を確定した時点でアウラと撤退する。
13_4
玉座の間でシャルティアの復活の儀式を執り行う。
それでも反逆するなら守護者がシャルティアを討ち滅ぼすと言う。
アインズはそれでも仲間にしたいが、今回は彼らの言葉に逆らわない。
アインズ様は唯一残られた至高の御方、この場に居るだけで良いのです。
そうだな、一人は辛い。

金貨5億枚を使用して復活、精神支配の様子もない。
目覚めたシャルティアは普段通りの様子で記憶を失っていた。
最後の記憶はセバスと町を探索した時点のものだった。

シャルティアを抱きかかえるアインズに喜んで抱きつくが
 アルベドが怒りながら諌める。
守護者たちがシャルティアを口々に叱るつけるが本人には
 記憶も自覚もない。
そんな様子を眺めるのも楽しいアインズだった。
アルベドが手を引いて和の中に招き入れる。
今回の件でシャルティアに罪はない、全ては配慮が足りなかった
 私の問題だ。
周囲にナザリックに敵対できるワールドクラスの武器の持ち主が
 居る可能性を警戒できなかった自分に思慮が足りなかった。
13_5
ナザリックの警戒レベルを引き上げ、強化を命じる。
アインズも自身の魔法でアンデッド軍団の設立を考える。
その魔法にはレベル40以上の物が必要なので、リザードマンの
 集まる良い場所がございます。
その集落を滅ぼしましょうと提案するアルベド。
セバスは呼び戻さずに囮として利用する。

バレアレを護衛するナーベ、カルネ村には仲間がお世話します。
プレアデスのルプスレギナだった。
スレイン法国では漆黒聖典が報告、シャルティアをカイレが
 精神支配に成功するが死亡。
その後はシャルティアを倒せなかった。
スレイン法国でも陽光聖典を失いシャルティアの排除に避ける
 人員は確保できないので捨て置かれる。
13_6
王国戦士長ガゼフは路地裏で行き場もなく雨に濡れる
 ブレインを発見する。
アダマンタイト級に昇格したモモンは職を求めるが
 現状は該当するものがない。
連絡が届き、全守護者で行くとしよう。

---最終回---

無事にシャルティアを倒して復活させて元どうりとなりました。
彼女の直前の記憶が失われているので詳細不明で終わりです。
スレイン法国の漆黒聖典の一団との戦闘でワールドクラス魔法を
 施されて精神支配を受けたようですね。
その後のシーンも描かれましたが2期があれば重要な
 シーンも有るのでしょうね。

この作品はアルベドを楽しみに視聴していました。
彼女のヤンデレ風の顔芸などが楽しかったです。
アインズ・ウール・ゴウンの死を司る悪の部分をもう少し
 描いて欲しかった気がする。
モモンガが直接、町で戦うよりも先に情報を入手してから
 繰り出して欲しかった。
ただゲーム世界の町を探検して暮らすならログホラと似通ってしまう。
もっと政治的で駆け引きなどを駆使するような独自色を見てみたい。
この後の展開には期待したい、そしてアニメ化も期待。

原作が200万部を越える大ヒットらしいですね。
納税は重要ですから、脱税は辞めましょうね。

2015年9月24日 (木)

オーバーロード TokyoMX(9/23)#12

第12話 鮮血の戦乙女
Overload3
アウラとマーレにワールドアイテムを持たせて
 罠に対する対策を準備する。
伏兵が潜んでいるなら対応するが数が多ければ撤退せよ。
ワールドアイテムは奪われてはいけない。
Cpmkx61uyaehvct
二人を残してシャルティアの下に向かうアインズ。
仲間同士は戦わせたくなかった。
12_1
デミウルゴスを招いたアルベド。
アインズの行動をナザリックから観戦する。
一人で戦いに向かうことを承諾したことを怒り責める。
アインズ様が一人で戦うと仰った、戻ってくることも約束して
 いただけたので女の勘で了承した。
主人を信じることも部下の勤めですわ。
例え後で叱責されても陰ながらお命をお守りするのが努めだ。
12_2
部下を引き連れて駆けつけようとするがコキュートスが止める。
仕方なく、その場に居座るデミウルゴス。
コキュートスの目算では3対7でアインズ様の不利。
12_3
シャルティアに対峙するアインズ、敵対行動に反応する様子。
それならばと事前に上位魔法で準備する。
最後には至高の仲間の能力も借りるため準備する。
12_4
いきなり上位魔法で先制攻撃を仕掛ける。
敵対行動に目覚め反応するシャルティア。
中々に痛かったですよ、アインズ様。
12_5
お前の主人は誰だ?
私はどうしてアインズ様と戦うの?
攻撃されたからとしか分からない、新たな主人は居ない様子。
Cpmoyo1uyaacpb1
自身のMPが尽きる前にシャルティアのHPを可能な限り削りたい。
神聖属性のアインズには神聖特性スキルは効果的だった。
清浄投擲槍で攻撃される。
シャルティアには蘇生アイテムをペロロンチーノが
 密かに持たせていた。
戦闘ではペロロンチーノが上だったと認めてしまう。
攻撃では弱点を突くのは常識、シャルティアはアインズの弱点を
 探すべく多種の攻撃を仕掛ける。
Cpmqtrruwaanfoz
今までは戦闘などすることもなかったアインズはギルドのために
 戦う今の状態に満足感を得ていた。
シャルティアが最大の切り札を使用する。
合わせて眷属を多数召喚して、ライフを奪って自身を回復させる。
Cpmqasjveaavf_6
アインズの攻撃で全てを消滅させる。
命なき者にすら死を与える力を目にした感想はどうだ?
眷属は全て亡くなり蘇生アイテムで自身だけは無事。
お互いにMPもなくスキルも残り少ない。
でもHPは満タンですよ、ここまで良く戦いましたね。
12_6
お前が慎重に戦っていれば、ここまで上手く事は運ばなかった。
礼を言うぞ。

---最終回 「」---

遂に始まったシャルティアとアインズの戦闘。
3対7で圧倒的に不利なアインズ。
しかも蘇生アイテムまで密かに持たされていた。
準備はしたが、MPにも限界がある。

遂にアイズのMPが尽きたがシャルティアのHPは満タン。
勝利を確信したかのようなシャルティアに戦闘を
 褒められる。
しかし、ここでアインズの発言、何か奥の手がある様子。
それも突拍子もない攻撃のようですね。

シャルティアは術者を倒したので、自動人形のような
 状態だったのだろうか。
良く分からないけれど、攻撃者に自動反応するようですね。
戦闘シーンは、何が何やら詳細不明ながら攻撃していたとしか
 分からない。
まあ、詳細を説明されても流れが悪くなるのも事実で
 描き方が難しいですね。

2015年9月17日 (木)

オーバーロード TokyoMX(9/16)#11

第11話 混乱と把握
Ckpykofuaaa1yjw
シャルティアの居場所が判明、手にはゴッズ級アイテム。
そこまで追い込まれていたのかと考える。
ナーべからの連絡でご冒険者組合長が緊急の面会を
 求めていることを知る。
議題はエ・ランテル郊外に出現したヴァンパイヤの件だった。
11_1
他の冒険者3名と共に話を聞くアインズは自分が探し求めていた
 ヴァンパイアだから任せて欲しい、報酬もオリハルコンクラスにと
 先に全てを取り決める。
11_3
アインズの言動や賞賛に不満の冒険者が一人尾行する。
しかし行動と秘密を知られたくないので捕まえて実験材料にする。
マーレが彼を連れ帰る。
11_2
アルベドとともにシャルティアに対峙するが動かない。
まるで誰かの命令を待っているかの様だった。
第10位階魔法の指輪でシャルティアに掛けられた全ての
 魔法の効力を無効化する。
このアイテムは発動条件もなく、体力も消費しない優れもの。
しかし壊れて効果は何もない。
取り急ぎアルベドと転送、避難する。
11_5
ワールドクラスのアイテムが使用されたと考える。
緊急でナザリックに最大レベルの警戒体制を命じる。
ユリとアルベドと共に、宝物庫の奥にある霊廟に向かう。
そこには宝物庫の管理人、パンドラズアクターが居る。
その名の通り彼は何にでも化けられる。
ワールドアイテムを受け取りに来たのだった。
実は彼を作成したのは自分なので色々と恥ずかしい。
その頃は最高に格好いいと考えて作ったが今では黒歴史。
11_4
霊廟は他の仲間、至高の御方をゴーレムとして祀っていた。
退会していった仲間がアイテムを託して去っていった。
それを保管している場所でもあった。
ワールドクラスの中でも最高の20のアイテムを仕えば
 シャルティアは簡単に助けられる。
しかし一度しか使用できないので、この世界にも敵がいると
 分かった現時点では容易には使用したくない。
今回求めたワールドアイテムは守護者を守るため。
11_6
今回はシャルティアを助けるために単騎で戦闘するつもりだった。
ワールドクラスアイテム保有者の存在を忘れていた自身の
 戒めのため、罠の可能性が高い、シャルティアを殺すためにも
 単騎での戦闘を決意した。
シャルティアの戦闘に関する設定は最強だが、それは
 アルベドたちが知るゲーム設定と情報だけ。
アルベドたちが知らない設定、状況があるようだった。

ペロロンチーノさんとは仲が良かったので、戦闘は大丈夫。
戦闘は始まる前に終わっている。
私はシャルティアを倒して此地に戻る。

---次回 「鮮血の戦乙女」---

未だシャルティアの状況が不明ですね。
ワールドクラスアイテムの影響らしいので、アインズも
 警戒を強めて対応する。
今回の戦闘では戻れないかもしれないと考えて
 戻ることを願うアルベド。
今までのヤンデレ状態とは異なり、主を信頼し帰りを心配する
 健気な従者でしたね。
この状況下では狂気に満ちた心配って描きようが無いですよね。
今回は従順に健気なアルベドの涙が全てだったような気がする。

パンドラズアクター、中の人の軽いノリと厨二病的な演技が
 良いですね、カッツェにも似ている演技です。
ミリオタ、特にドイツ好きは厨二病と言わんばかり。

次回はOPに描かれた甲冑姿のシャルティアとの戦闘が
 見られるのでしょうか。
このシーンがネタバレと分かるのは既読者、原作厨だけだと思う。
これでネタバレが許されるとは思わない。

次回が最終回ではないのに驚いた。

2015年9月10日 (木)

オーバーロード TokyoMX(9/09)#10

第10話 真祖 True Vampire
Overload
セバスとソリュシャンは王都、エ・ランテルで魔法や武技を
 持つ人間を集めるシャルティアの手伝いをしていた。
御者で従者のザックが自分たちを襲う手引を行っていた。
馬車で待ちくたびれているシャルティアと共に出立する。
10_1
用済みのザックはソリュシャンが食べたいのでシャルティア様に
 後で相談しよう。
シャルティアとマーレが中が悪いのは製作者の兄弟の設定。
実はぺぺろんちーのさんは楽しみにしていたエロゲの声優が
 姉のぶくぶく茶釜だと知って萎えてしまった経験があった。
声優とは声を当てて生命を宿す創造主の職業。
そんな話をセバスに聞かせるシャルティアだった。
10_3
ザックが手挽きした傭兵くずれの盗賊に襲われるが
 シャルティアと従者のバンパイアが一掃する。
彼らの本拠地が判明、武技を持つブレインが頭らしい。
そちらに向かうシャルティア、セバスとソリュシャンは
 王都に戻って情報収集を再度行う。
盗賊のアジトで縦横無尽に暴れるシャルティア。
ブレインの武技も意に介さない、武技とも思わない。
スピード、胆力共に圧倒的だった。
10_4
自らの攻撃で倒せる相手ではないと悟ったブレインは
 仲間を見捨てて逃走する。
そうとも知らず盗賊団を殺戮するシャルティア、その異形の姿は
 八つ目ウナギと呼称される。
ブレインは抜け穴から逃走したことを知る。
そこに冒険者達が駆けつけてきた。
構わず蹂躙するシャルティア、ブリタが投げたポーションが
 シャルティアに傷をつける。
彼女だけを捉えて催眠で喋らせる。
一人を残して傭兵くずれの盗賊団を狩りに来たこと。
ポーションはアインズ様からもらったことを知る。

しかし見張りとブレインの二人を取り逃がしたことを
 恥じて眷属に森にいる人間の掃除を命じる。
その眷属が倒された、向かった先にはスレイン法国の
 軍団が控えていた。
構わず突進するシャルティア、魔法を使役するものが居た。
兵をなぎ倒し守る兵士ごと魔導師を貫くが、魔法の攻撃を
 身に受けてしまう。
10_2
シャルティアのステイタス表示に異変が発生していた。
死亡ではなく、精神支配を受けた状態。
アンデッドのシャルティアには精神攻撃無効化のスキルも
 持ち合わせている。
あり得ない状況に途方に暮れるアインズ。
アルベドはアインズ様に反旗を翻すなどとんでも無い。
直ぐにコキュートスとマーレを従えて討伐に向かうと断言する。
10_5
原因が不明なので全てのNPCで生じる可能性があるのかが
 気になるところ。
下手をすればナザリック自体の崩壊にも繋がる。
全員を愛していると発言したアインズだが、自分も愛されていると
 言われて桃源郷に済んでしまうアルベドはもう役立たず。
先ずは彼女の居場所を確認するのだ。
10_6
平原に一人、立つシャルティアだった。

---次回 「」---

シャルティアが反旗を翻した?
その説明エピソードでした。
内容的には良く分からないけれど、サブタイの真祖が全てを
 語っているのかもしれない。
シャルティアの真の姿が八目鰻ってブサイクで悲しい。
それなら、ゴスロリファッションのままで戦って欲しかった。
残酷に切断しまくっても良かったのに。
作画的にも、都条例的にも難しいのだろうけれど
 もっと狂気に満ちて蹂躙して欲しかった。
圧倒的な力の差を見せて欲しかった。

某GATEの亜神ロゥリィと並ぶゴスロリでハルバードを持てば
 どちらがどちらか分からない近似さですよね。
SDキャラのぷれぷれ ぷれあです4話がソリュシャンのお食事を
 描いていたのは今話のためだったのでしょう。

でも個人的には最後のアルベドが全てを持っていった。
ヤンデレ・アルベドは最高ですね。
もう彼女の暴走を見ているだけで楽しい。

シャルティアは近接戦闘最強らしいので、アルベドは自分も
 含めて3人係での討伐を提案するのでした。

人気取りのためにネタバレをサブタイに書くブロガーが居る、
 愚かな行為は辞めて欲しいものだ。

2015年9月 3日 (木)

オーバーロード TokyoMX(9/02)#09

第9話 漆黒の戦士
Overload1
ナーベの魔法でも無事だったカジット。
至高の宝玉で魔法耐性を持つスケリトル・ドラゴンを召喚する。
アインズの上からに注意せよ、その言葉を思い出す。
9_2
ならば殴り倒すのみ、剣の一撃でドラゴンを倒す。
ネガティブエナジーでドラゴンを強化する。
自身の防御を強化するナーべ。
死の宝玉でもう一体のスケリトル・ドラゴンを召喚する。
これで負のエネルギーは使い果たした。
9_1
剣士としてクレマンティーヌと戦うアインズ。
しかし体術だけで、武技と呼ばれる身体能力の向上はなかった。
クレマンティーヌは多数の武技を繰り出して相手の攻撃を避けて
 攻撃を仕掛ける。
ユグドラシルには存在しなかったので勉強になるな。
しかし遊びは終わりだと、ナーベラルγ、ナザリックの意を示せ。
9_3
アインズの言葉で戦闘メイド、プレアデスの一員として正体を
 明かして戦うナーべ。
9_4
転移魔法でカジットを指すことも出来ると意思表示。
スケリトル・ドラゴンの絶対魔法耐性は第6位階までが有効。
第7位階の魔法では無効化出来ない。
ドラゴン2体とカジットを電撃で破壊、倒す。
9_5
クレマンティーヌの攻撃を受けて捕まえて正体を明かす。
アンデッド、エルダーリッチなのか?
どんな死に方も同じだと抱きしめて絞め殺す。
ハムスケが忠誠を誓うと駆けつけるがナーベが踏みつけて止める。
各自の装備を没取して戦犯として遺体は放置せよ。
ンフィーレアの状態を確認してナザリックに連れ帰り調査したいが
 依頼されたのでとマジックアイテムを破壊して救出する。
さあ凱旋だ。
9_6
オリハルコン程度の昇格を期待していたモモン。
リジィは全てを差し出したのでカルデ村に移り住んでもらう。
ナザリックのためにポーションを作成してもらう。

伝言を思い出してアルベドに通話する。
シャルティアが反旗を翻しましたわ。
はぁ?

---次回 「」---

ズーラーノーンからンフィーレアの救出でした。
ナーべとドラゴンの戦闘は面白かったが、モモンと
 クレマンティーヌの戦闘は地味でしたね。

カジットの顔芸と驚きがナーべの存在をアシストしてくれて
 最後はプレアデスとしての活躍が見どころでした。

エントマからの伝言は守護者の反乱でした。
次回はアルベドも登場して狂態を期待しています。

2015年8月27日 (木)

オーバーロード TokyoMX(8/26)#08

第8話 死を切り裂く双剣
22_fig
森の賢王を魔獣登録したモモン。
名前はハムスケ、皆が凄いと感心する。
ンフィーリアの祖母、リジイがモモンに孫の護衛の
 冒険者かと尋ねる。
孫が戻ったと知って、共に自宅に向かう。
8_1
ンフィーリアを待っていたのは彼のタレントを狙うクレマンティーヌ。
彼のどんなマジックアイテムでも使用できるタレントでアンデス・アーミーを
 使ってアンデッドをサモンして欲しい。
彼女のただならぬ雰囲気にンフィーリアを守ろうと立ち塞がる漆黒の剣。
しかし彼女の敵ではなかった。
8_2
戻ったモモンは異様な状況を察知して奥の薬草倉庫に向かう。
そこには漆黒の剣が倒されてゾンビとして襲ってきた。
一人、ニニャだけはゾンビ化しなかった、実は女性だった。
彼らを倒して残された遺体から情報を探る。
探索するためにはこちらの正体が知られると拙い。
カウンター魔法などの対策を講じてンフィーリアの居場所を探る。
なぜだか漆黒の剣のプレートが全て持ち去られていたので
 探すのは容易だった。
プレアデスのエントマから通信が入るが、後ほどと伝える。
墓地にアンデッドが多数召喚されているのが見えた。
リジイに孫を取り戻したいなら俺を雇え。
報酬はお前の全てだ。
8_3
リジイには町の人々に状況を説明に向かわせる。
墓地を守る衛兵はアンデッドの大群に襲われ撤退を
 余儀なくされる。
8_4
そこに到着したモモン一行。
アンデッドの大群を次々に倒していく。
アンデッドは生命に反応するのでハムスケを担いで飛行するナーべ。
この作戦に疑問があると質問するナーべ。
流石に至高の御身と感心するが、隠密能力に長けたものを
 送り込んでタイミングを見計らっても良かったのでは。
彼女の策には言い返す言葉もなかった。
8_5
拉致があかないのでアンデッドを召喚して戦闘を委ねる。
集団でアンデッドを操るカジットに遭遇する。
プレートを持つ者がもう一人いるはずだ。
クレマンティーヌはアーマーにプレートを貼り付けていた。
8_6
カジットの対応はナーべに任せてクレマンティーヌと戦う。
お前は俺の名声を広める者を倒して不愉快だ。
お前にハンデを与えよう、私は絶対に本気を出さない。

---次回 「」---

少しストーリーが展開しました。
ンフィーリアを守ろうとした漆黒の剣は絶命。
カジット、クレマンティーヌとの対戦です。
エントマからの通信内容が気になります。
この世界では愛玩動物としてのハムスターは存在しないようですね。
ハムスケが聡明で強大な魔獣として讃えられると笑ってしまう。
しかも今回は役立たず、ナーベに担いでもらって飛行する
 申し訳無さそうなハムスケには笑うしかない。
視聴者的にはギャグポジですね。

冒険者の間にモモン伝説を広めてもらう作戦は
 水泡に帰しました。
衛兵にもモモンと名乗ったので、彼らが噂を広めてくれるのだろうか。
取り敢えず有名になってランクアップを狙っているのかな。
今回の戦闘も伝える人が居ないのはどうでしょうね。
ナーべの言うとおり、アンデッドが町に侵入するまで
 待っても良かったかもしれない。
被害を小さくして早期解決を測ると誰も見てくれない。
難しいですよね。
最後の台詞は伏線ですよね、思わぬ攻撃につい本気を
 出してしまうのでしょうね。

2015年8月20日 (木)

オーバーロード TokyoMX(8/19)#07

第7話 森の賢王
Overmomon
ニニャが新しいパーティが組めると言ったことに即座に否定したモモン。
それから気まずい雰囲気がパーティを包んでいた。
後悔するモモン、ニニャが話す竜の名前を調べて欲しいと依頼して
 ようやく気まずさから開放される。

カルネ村にしっかりとした柵が張り巡らされていた。
ゴブリンが現れてパーティを取り囲む。
以前とは異なる厳重な様子に戸惑うバレアレ。
彼の好きな少女、エンリが命令していた。
以前アインズとして助けて角笛を与えた少女だった。
彼女が告げた知り合いの薬師とはバレアレかと考える。
7_1
その角笛を利用して村を守る自衛手段を講じていた。
バレアレは彼女と結婚したいが言い出せないでいた。
この事態を尋ねるとアインズ・ウール・ゴウン様に再び会って
 お礼を言いたいと心酔している様子。
治癒に赤いポーションをくれた。
フルアーマーのアルベドさんを連れていたと聞いてモモン氏がアインズだと
 直感するバレアレ。
7_2
モモンに直接アインズさんですねと二人きりで尋ねる。
僕の大好きなエンリがいる村を助けてくれて
 ありがとうございますと礼を述べられる。
赤いポーションの秘密を知りたくて仕事を依頼したことを素直に明かす。
単純な興味で悪意がないなら問題ない。
このことは内密に。
ナーべは自分の軽はずみな発言が正体を知られてしまった原因だと分かり
 自害して罪を償うと言う。
お前の罪を全て許そう。

森で薬草を採取するバレアレ、森の賢王だけは倒さないで追い返して下さい。
カルネ村が他のモンスターに襲われないのは森の賢王がいるから。
7_3
森の周囲を警戒するとパーティから離れるモモン。
アウラがやって来たので、名前を広める手伝いをしてもらおう。
森の賢王を追い立ててモモンにけしかける。
森の賢王を倒せば一躍噂が広まる。
しかし危ないからとパーティを森の外に避難させて後悔する。
誰が勇姿を広めてくれるのか。
7_4
森の賢王は会話ができた。
正体はジャンガリアンハムスター種族だった。
巨大ハムスターに戦意を消失する。
もういい、戦わずに絶望のオーラ、レベル1で降伏させる。
パーティの前に配下の魔獣としてお披露目する。
強大な力と叡智を感じる、流石だと口々に褒め称える。
本当なのかと不思議に思う。
7_5
しかし森の賢王が持ち場を離れればカルネ村がモンスターに
 襲われるかもしれない。
エンリを危険に晒したくないバレアレはモモンのチーム入りたいと告げる。
カルネ村には守るための施策を施すことを誓う。
魔獣登録に向かうが観覧車に乗るおじさんみたいで羞恥プレイだと考える。
名前もどうしようか。
7_6
薬草を採取して戻ったバレアレ、自宅で待っていたのはクレマンティーネだった。

---次回「」---

カルネ村は自分たちで領土を守るために変貌していました。
アインズの角笛でゴブリンを使役出来るようになった少女エンリ。
柵を巡らせ戦闘訓練も行って自警団的な役割も準備し始めました。
アインズの行動が人々に影響を与え始めています。

ようやくクレマンティーネとバレアレの邂逅。
少しストーリーが進展しそう。
アルベドの出番がなかったのが悲しい。

森の賢王が大きいだけのハムスターだった悲しい真実。
これは遊びなのでしょう。
あれほど大きいと行動に制限が掛かりそうで大丈夫かと心配になる。

しかし原作厨のネタバレが酷い。
他サイトでエンリのゴブリン使役を記述していた者が居た。
ネタバレを書き込む者は許せない。

2015年8月13日 (木)

オーバーロード TokyoMX(8/12)#06

第6話 旅路
6_1
アインズの部屋を訪れるデミウルゴス。
ベッドにはアルベドが眠っていた。
しかも自作の抱き枕まで持ち込んでいた。
子供ために靴下や服も編んだらしく、5歳まで準備出来たらしい。
Cmnyxnuwaao89s
バレアレの薬草採集の護衛を受けたモモンとペテルの一行。
小川の側で休憩する。
Cmn2yqyuaaes1wp
モモンはフルプレート姿では魔法を使えない。
二振りのバスターソードだけで何処までやれるか試したい。
いざとなったらナーベが魔法でやっつける算段だった。
6_2
彼らをモンスターが襲ってきた。
ペテルたちのパーティは役割分担も決まっており
 モンスターにも的確に対処する。
6_3
モモンも自身の能力を試すつもりでバスターソードを振るう。
圧倒的な攻撃力でモンスター切断する。
その強さにモンスターが恐れて逃走する。
逃走するモンスターはナーべに任せる、雷撃で仕留める。
6_4
報奨金を受け取るために倒したモンスターの耳を集める。
倒してもドロップアイテムは獲得できない様子。
モモンの強さは冒険者では最高クラス、アダマンタイト級、
既に戦士長レベルだとペテル、モテるだろうね。
食事は食べられないモモンは宗教上の理由だと説明する。
6_5
モモンが強いのでバレアレの想い人も惚れると困る。
相手が誰だか気になるパーティメンバー。
パーティ名の漆黒の剣は13英雄の一人が持つ剣の名。
6_6
バレアレを探すクレマンティーヌ、相手を殺害してから
 アンデッドの術で情報を求める。
元漆黒聖典の第九席だった性格破綻者だと蔑むカジット。
彼はクレマンティーヌが殺害した人々をクリエイト・アンデッドの
 術で復活させる。

---次回 「」---

とりあえずはモンスター相手に戦闘能力の確認を
 済ませたモモンとナーべでした。
ルクルットはどんなに軽蔑の言葉を返されてもめげずに
 何度もナーべを口説くのでした。
でも視聴的には好い加減鬱陶しい。
ナルシスト・キャラのほうが楽しめたと思う。

バレアレを求めてクレマンティーネとの対戦になりそうです。
秘密結社ズーラーノーンとの確執や戦闘を丁寧に
 描かれても詰まらない。

アルベドは視聴者の期待に応えてくれますね。
今回は愛する至高の御身を思ってベッドで抱きまくらを
 抱いて悶々としてましたね。
アインズは眠らないのでベッドに忍び込まれても
 気づかないのだろうか。
現場を目撃でしても、苦笑するしかないのかも。

2015年8月 6日 (木)

オーバーロード TokyoMX(8/05)#05

第5話 二人の冒険者
Overload
スレイン法国のニグン隊長は捕虜として尋問中。
アウラが周辺を警戒中、大平原を通過して森に入った。
カルネ村とは今後も友好関係を維持したい。
仕事の報告も終わるアルベド。
愛情を込めた態度にドギマギするアインズ。
お前の性格は私が改変した、製作者に申し訳ない。
宜しいのではないのでしょうか。
製作者も娘を嫁に出すような気持ちでしょう。
5_1
シャルロッテが出立するので暫く会えないからと挨拶に訪れた。
アルベドとは直ぐに口喧嘩を始める。
5_2
リ・エスティーゼ王国の城塞都市エ・ランテルの町に
二人の冒険者が現れた。
アインズと戦闘メイド・プレアデスのナーベラルだった。
二人はモモンとナーべと名を偽って冒険者組合に加盟した。
最下層の冒険者、銅、カッパーからランクアップして情報を
 得ようと考えていた。
居酒屋兼宿屋で宿泊をするが居酒屋の客がいきなり
 ちょっかいを出してくる。
大したことのないレベルなのでいきなり殴り飛ばす。
その所為でようやく購入できたポーションが割れたから
 弁償しろと抗議する鉄ランクのブリタ。
面倒なので、モモンはポーションを渡す。
5_5
この世界のお金は大して持っていないので至急、仕事が必要だ。
職業斡旋所の文字は読めないので適当に交渉する。
規則があるので、無理なのは承知で交渉して、自分が
 働ける最高報酬の仕事を要求する。
銀ランクの漆黒の剣メンバーのペテルに声を掛けられる。
僕らの仕事を手伝ってくれませんか、周辺のモンスターハントです。
それで町から報奨金がもらえます。
共闘を約束してお互いに挨拶する。
漆黒の剣の残るメンバーはルクルット、ニニャ、ダイン。
ニニャは習得期間が半分で済む生まれついてのタレント持ち。
ここにはどんなアイテムも使いこなせるタレント持ちの
 薬師のバレアレがいる。
5_3
ブリタが薬師バレアレを訪れてモモンからもらったポーションの
 鑑定を頼む。
見たことのない赤いポーションに祖母のリィジーは
 興奮して交渉を持ちかける。
この世界では青いポーションしか製作技術を持たなかったのだった。
5_4
モモンに名指しの仕事が依頼された。
バレアレからの仕事で、カルネ村の近くまで薬草を獲りに行く。
その護衛を頼みたい。
警備の魔法を持たないモモン、カルネ村での行動は
 控えたいので漆黒の剣に参加を依頼する。
バレアレの仕事でモモンが漆黒の剣を雇う。
両者から了解を得る。
5_6
エ・ランテル共同墓地の地下に入る少女クレマンティーヌ。
奪ったアイテムは万人に一人しか使用できないので、
 バレアレのタレントを利用したいと考えていた。

---次回 「」---

いきなり、ゲームが始まった感じで面白くない。
一気に興味が失せた感じですね。
確かにゲーム世界の説明は必要ですが、この部分を
 描きすぎると死の支配者アインズ・ウール・ゴウンの
 優位性を失ってしまう。
ログ・ホライズンなどとの差別化を見せて欲しい。

国レベルの政治活動と末端の人間世界との両面を
 描きたいのでしょうが、面倒に思える。
もっと別の方法、新たな国を設立して政治的手腕を描いて欲しかった。
このままの方向性だけではない展開を期待します。

ナーベラルも人間は下等生物扱いなのですね。
彼女もアインズに絶対服従なので、他人には厳しい。
その落差と彼女の活躍は期待している。

2015年7月30日 (木)

オーバーロード TokyoMX(7/29)#04

第4話 死の支配者
Overload
カルネ村を取り囲んだのは他国の騎士を装ったスレイン法国の
マジック・キャッスルたちだった。
六大神が治める六色聖典の一人、陽光聖典隊長
 ニグン・グリッド・ルーインがリ・エスティーぜ王国戦士長ガゼフを
 倒すための仕業だった。
アインズを雇おうとするが断られ村人の保護を依頼する。
マジックアイテムを代わりに授けられ出撃する。
4_1
ガゼフは武技を使いこなしアークエンジェルをも切断する。
しかし多数に無勢、魔法で出現するアークエンジェルの切断に
 体力を使い果たし、遂には力尽きる。
4_2
最後の場面で魔法が発動、村人が避難する倉庫に転送される。
入れ替わりにアインズとアルベドがニグンと対峙する。
4_3
お前たちは、抵抗すること無く命を差し出せ。
ユグドラシルのアークエンジェルフレイムの攻撃など魔法は
 全てユグドラシルと同じだった。
彼らの使う魔法の起源が気になる。
4_4
上位物理無効化魔法で相手の攻撃は無力。
ネガティブバーストでニグンたちのアクーエンジェルを一掃する。
上位天使もヘルフレイムで瞬殺。
奥の手の魔封じの結晶で最高位天使を召喚する。
この程度のお遊びを俺は警戒していたのかと嘆く
くだらん。
4_5
最高位天使の攻撃を受けて痛みを知って感動する。
アルベドが至高のお方の御身を傷つけたことを下等生物のくせにと激怒する。
ブラックホールで瞬殺。
本国がニグンを監視していたが結界で破壊される。
4_6
我が名はアインズ・ウール・ゴウン。
命乞いする相手を倒して帰る道すがらアルベドがアインズに感動していた。
やっべー、アインズ様かっけー。
どうして私に殲滅を指示されなかったのですか。
この世界を知るために、あの人間を利用されたのですね。
己が身を危険に晒すのは大丈夫だと分かっていても心配です。

ナザリックに戻り我が名はアインズ・ウール・ゴウンと改名することを
 宣言する。
これでこの世界に居るかもしれない友に知らせたい。
我ら至高の御身に仕える死の支配者オーバーロード。
デミウルゴスがアインズとともに世界を眺めた時に
 話した言葉を伝える。
世界はまるで宝石箱のようだ、世界征服も面白いかもな。
我らの役割は、この世界の宝石をアインズ様に
 お渡しすることだと知れ。

---次回 「」---

バハルス帝国のカルネ村襲撃に見せかけたスレイン法国の
 陽光聖典隊。
マジックキャッスルに対してもガゼフ戦士長は強かった。
しかし数が多過ぎた、遂にこれで終わりとピンチの時に
 マジックアイテムが発動してアインズの登場。

ここからは彼の見せ場で独壇場。
桁違いの強さで相手を圧倒、最後の命乞いするニグンが
 格好悪くて、そこが良い、現実的過ぎる。
人間の世界を少し知ったアインズ、自分たちのギルドの名を
 襲名して再び世界にしらしめる。
それで同じ境遇の人が見つかるかもしれない。
それまでは世界征服を実行する。
これで当座の目標が決まりました。

ヤンデレ、アルベドの時代がかったたいそうな行動が、
顔芸が面白すぎる。
アルベドを見ているだけで飽きないですね。
世界征服と言っても武力行使では直ぐに決着しそうです。
今回の戦闘で名が知れ渡って厄介事が生じるのだろうか。
そこは次回のお楽しみですね。

その他のカテゴリー

30歳の保健体育 | AKB0048 | Angel Beats | Another | Aチャンネル | BLAZBLUE ALTER MEMORY | BLOOD-C | Brave10 | BTOOOM! | C | C3-シーキューブ- | Charlotte | Classroom☆Crisis | Coppelion | D.C. | Devil Survivor2 | DOG DAYS | Fate/Zero Stay Night | Free! | GANGSTA. | GATE 自衛隊 彼の地にて、斯く戦えリ | GJ部 | Go!プリンセスプリキュア | God Eater | GOSICK | ISUCA | K | LUPIN the Third峰不二子という女 | M3-ソノ黒キ鋼- | Mr. BRAIN | No.6 | PSYCHO-PASS | RAIL WARS! | RDGレッドデータガール | Rio-Rainbow Gate- | ROBOTICES:NOTES | selector infected WIXOSS | SHIROBAKO | Star Driver輝きのタクト | Steins;Gate | TARI TARI | TERRAFORMARS | The IDOLM@STER | The Unlimited兵部京介 | Thunderbirds | Tiger & Bunny | TVドラマ | UN-GO | Wake Up, Girls | WHITE ALBUM2 | WORKING | Z/X IGNITION | ZETMAN | あそびにいくヨ | あっちこっち | あの夏で待ってる | あの日見た花の名前を僕たちはまだ知らない | あまがみSS | いつか天魔の黒ウサギ | いなり、こんこん、恋いろは。 | うさぎドロップ | うしおととら | うたわれるもの | うぽって | えとたま | えびてん | えむえむっ! | おそ松さん | おとめ妖怪ざくろ | お兄ちゃんだけど愛さえあれば関係ないよねっ | お兄ちゃんのことなんかぜんぜん好きじゃないんだからね | お勧めできないアニメ | お笑い | がっこうぐらし | きんいろモザイク | ぎんぎつね | けいおん!! | げんしけん | この中に一人、妹がいる | これはゾンビですか? | ご注文はうさぎですか? | さくら荘のペットな彼女 | ささみさん@がんばらない | さばげぶっ! | さんかれあ | しろくまカフェ | じょしらく | すべてがFになる | そにアニ | そふてにっ | そらのおとしものf | それが声優 | それでも世界は美しい | それでも町は廻ってる | たまこまーけっと | たまゆら | ちはやふる | つり球 | とある科学の超電磁砲 | とある飛空士への恋歌 | とある魔術の禁書目録Ⅱ | となりの怪物くん | ぬらりひょんの孫 | のうりん | のんのんびより | はぐれ勇者の鬼畜美学 | はたらく魔王さま! | ばらかもん | ひだまりスケッチ | まおゆう | ましろ色シンフォニー | まじもじるるも | まよチキ! | まりあ†ほりっく あらいぶ | みつどもえ増量中 | みなみけ | めだかボックス | もしドラ | もっとToLOVEる | もやしもん | やはり俺の青春ラブコメはまちがっている。 | ゆゆ式 | ゆるゆり | よんでますよ、アザゼルさん。 | アウトブレイク・カンパニー | アオハライド | アカメが斬る! | アクエリオン | アクセル・ワールド | アスタロッテのおもちゃ | アニサン劇場 | アニメ その他 | アニメ・コミック | アニメ個人評価 | アブソリュート・デュオ | アルドノア・ゼロ | インフィニット・ストラトス | ウィザード・バリスターズ 弁魔士セシル | ウイッチクラフトワークス | エウレカセブンAO | エスカ&ロジーのアトリエ | オーバーロード | カンピオーネ | ガッチャマン クラウズ | ガリレイドンナ | ガリレオ | ガンスリンガーストラトス | ガンダムAGE | ガンダムGのレコンギスタ | ガールズ&パンツァー | ガールフレンド(仮) | キャプテン・アース | キューティクル探偵因幡 | キルミーベイベー | キルラキル | ギルティクラウン | クイーンズブレイド | クロスアンジュ 天使と竜の輪舞 | グラスリップ | グリザイアの果実・迷宮・楽園 | ケイオスドラゴン 赤竜戦役 | ココロコネクト | コネタマ | コメット・ルシファー | コンクリート・レベルティオ | ゴールデンタイム | サムライフラメンコ | サンダーバード | サーバントXサービス | シドニアの騎士 | シモネタという概念が存在しない退屈な世界 | ジョジョの奇妙な冒険 | スイートプリキュア | ステラ女学院高等科C3部 | ストライクウィッチーズ2 | ストライク・ザ・ブラッド | スペース☆ダンディ | スマイルプリキュア | セイクリッドセブン | セキレイ Pure Engagement | ゼロの使い魔 | ゼーガペイン | ソウルイーターノット! | ソードアートオンライン | ダンガンロンパ | ダンジョンに出会いを求めるのは間違っているだろうか | ダンタリアンの書架 | テルマエ・ロマエ | ディーふらぐ! | デス・パレード | デッドマンワンダーランド | デュラララ!! | デンキ街の本屋さん | デート・ア・ライブ | トリアージX | トリニティセブン | トータル・イクリプス | ドキドキ!プリキュア | ドラゴンクライシス | ニセコイ | ノブナガン | ノブナガ・ザ・フール | ノラガミ | ノーゲーム・ノーライフ | ハイキュー | ハイスクールDxD | ハナヤマタ | ハピネスチャージプリキュア | ハマトラ | ハヤテのごとく | ハートキャッチプリキュア | バカとテストと召喚獣 | バクマン | バディコンプレックス | パソコン・インターネット | パパのいうことを聞きなさい! | パンチライン | ビビッドレッド・オペレーション | ピンポン | ファイブレイン | ファンタジスタドール | フォトカノ | フラクタル | フリージング | ブラック★ロックシューター | ブラック・ブレット | ブラッドラッド | ブレイクブレイド | ブレイドアンドソウル | プピポー | プラスティック・メモリーズ | プリズマ☆イリヤ | ヘヴィーオブジェクト | ベン・トー | ペルソナ4 | マギ | マケン姫っ! | ミカグラ学園組曲 | メカクシティアクターズ | モモキュンソード | モンスター娘のいる日常 | モーレツ宇宙海賊 | ヤマノススメ | ヤングブラックジャック | ユリ熊嵐 | ヨスガノソラ | ヨルムンガンド | ラストエグザイル-銀翼のファム- | ラブライブ! | リトルバスターズ | ルパン三世 | レベルE | レーカン! | ロウきゅーぶ! | ログ・ホライズン | ローゼンメイデン | ローリング・ガールズ | ワルキューレロマンツェ | ワンパンマン | 一週間フレンズ。 | 下ネタという概念が存在しない退屈な世界 | 世界でいちばん強くなりたい | 世界征服~謀略のズヴィズダー~ | 世紀末オカルト学院 | 中二病でも恋がしたい | 乃木坂春香の秘密 | 乱歩奇譚 Game of Laplace | 京騒戯画 | 人類は衰退しました | 会長はメイド様 | 侵略!イカ娘 | 信長協奏曲 | 俺、ツインテールになります。 | 俺がお嬢様学校に「庶民サンプル」としてゲッツされた件 | 俺の妹がこんなに可愛いわけがない | 俺の彼女と幼馴染が修羅場すぎる | 俺の脳内選択肢が、学園ラブコメを全力で邪魔している | 俺物語!! | 健全ロボ ダイミダラー | 偽物語 | 僕はHができない | 僕は友達が少ない | 僕らはみんな河合荘 | 八犬伝 | 六畳間の侵略者!? | 六花の勇者 | 冴えない彼女の育てかた | 凪のあすから | 君と僕 | 君に届け 2nd Season | 君のいる町 | 咲-saki- | 問題児たちが異世界から来るそうですよ? | 喰霊-零- | 四月は君の嘘 | 坂道のアポロン | 城下町のダンデライオン | 境界の彼方 | 境界線上のホライゾン | 変ゼミ | 変態王子と笑わない猫 | 夏目友人帳 | 夏色キセキ | 夏雪ランデブー | 夜ノヤッターマン | 夜桜四重奏 | 夢喰いメリー | 大図書館の羊飼い | 天体のメソッド | 失われた未来を求めて | 好きっていいなよ | 妖狐X僕SS | 学戦都市アスタリスク | 宇宙兄弟 | 宇宙戦艦ヤマト2199 | 実は私は | 寄生獣 | 対魔導学園35試験小隊 | 山田くんと7人の魔女 | 幕末義人伝 浪漫 | 干物妹うまるちゃん | 幸腹グラフィティ | 幻影を駆ケル太陽 | 弱虫ペダル | 彼女がフラグをおられたら | 心霊探偵 八雲 | 快盗天使ツインエンジェル | 恋と選挙とチョコレート | 恋愛ラボ | 悪魔のリドル | 惡の華 | 戦国コレクション | 戦国乙女~桃色パラドックス~ | 戦姫絶唱シンフォギア | 探偵オペラ ミルキィホームズ | 探偵ナイトスクープ | 攻殻機動隊 | 放浪息子 | 放課後のプレアデス | 断裁分離のクライムエッジ | 新世界より | 新参者 | 新妹魔王の契約者 | 日常 | 日記・コラム・つぶやき | 星刻の竜騎士 | 星空へ架かる橋 | 映画・テレビ | 普通の女子高生が【ろこどる】やってみた。 | 暁のヨナ | 暗殺教室 | 曇天に笑う | 最近、妹のようすがちょっとおかしいんだが | 月の恋人 Moon Lovers | 月刊少女野崎くん | 有頂天家族 | 未来日記 | 未確認で進行形 | 東京ESP | 東京レイヴンズ | 東京喰種トーキョーグール | 桜Trick | 棺姫のチャイカ | 極黒のブリュンヒルデ | 機巧少女は傷つかない | 櫻子さんの足元には死体が埋まっている | 武装神姫 | 残響のテロル | 氷菓 | 波打際のむろみさん | 灼眼のシャナIII Final | 牙狼 | 物語シリーズ | 犬とハサミは使いよう | 猫神やおよろず | 琴浦さん | 甘城ブリリアントパーク | 生徒会の一存 | 生徒会役員共 | 男子高校生の日常 | 異国迷路のクロワーゼ | 異能バトルは日常系のなかで | 白銀の意思 アルジェヴォルン | 百花繚乱 | 監獄学園 プリズンスクール | 相棒 | 真剣で私に恋しなさい!! | 神のみぞ知るセカイ | 神撃のバハムート | 神様のメモ帳 | 神様はじめました | 神様ドォルズ | 私がモテないのはどう考えてもお前らが悪い! | 精霊使いの剣舞 | 純潔のマリア | 終わりのセラフ | 結城友奈は勇者である | 絶園のテンペスト | 緋弾のアリア | 緋色の欠片 | 織田信奈の野望 | 繰繰れ!コックリさん | 美少女戦士セーラームーン | 翠星のガルガンティア | 聖剣使いの禁呪詠唱 | 聖痕のクェイサー | 艦隊これくしょん-艦これ- | 花咲くいろは | 落第騎士の英雄譚 | 蒼き鋼のアルペジオ | 蒼穹のファフナー | 蟲師 | 血界戦線 | 謎の彼女X | 貧乏神が! | 赤髪の白雪姫 | 超次元ゲイム ネプテューヌ | 超訳百人一首 うた恋い。 | 輪るピングドラム | 輪廻のラグランジェ | 這いよれ!ニャル子さん | 進撃の巨人 | 銀の匙-Silver Spoon- | 銀河機攻隊マジェスティックプリンス | 銃皇無尽のファフニール | 鋼の錬金術師 | 長門有希ちゃんの消失 | 閃乱カグラ | 電波女と青春男 | 青の祓魔師 | 革命機ヴァルヴレイヴ | 響け♪ユーフォニアム | 食戟のソーマ | 鬼灯の冷徹 | 魔乳秘剣帖 | 魔弾の王と戦姫 | 魔法少女まどか☆マギカ | 魔法少女リリカルなのは | 魔法戦争 | 魔法科高校の劣等生 | 魔界王子 devils and realist | 黄昏乙女Xアムネジア | 黒子のバスケ | 龍ヶ嬢七々々の埋蔵金

2017年7月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          

Right

Down

  • VividRed
    ビビッドレッド・オペレーション
  • Lagrange
    輪廻のラグランジェ 応援バナー
  • The IDOLM@STER
    THE IDOLM@STER
  • 電波女
    テレビアニメ「電波女と青春男」 公式サイト
  • Steins;Gate
    TVアニメ『シュタインズ・ゲート』
  • あの花
    あの日見た花の名前を僕達はまだ知らない。
  • アスタロッテ
    TVアニメ「アスタロッテのおもちゃ!」公式サイト
  • 超電磁砲
    とある科学の超電磁砲 公式サイト
  • 俺妹
    俺の妹がこんなに可愛いわけがない
  • あそびにいくヨ
    TVアニメ「あそびにいくヨ!」7月より放送開始!

OnDemand

  • Potora
  • NetMile
  • Small
  • s2

BlogPP

Afiliate

AfiliateA

YearSeasons

PV

  • MuraPV
無料ブログはココログ