カテゴリー

カテゴリー「甲鉄城のカバネリ」の12件の投稿

2016年7月 1日 (金)

甲鉄城のカバネリ フジ(6/30)#12終

最終回 第12話 甲鉄城

生駒と来栖は金剛郭に進入する。
無名を助け美馬を討つために。
菖蒲は金剛郭を脱出するつもりだった。
平民たちは検疫審査で入牢された甲鉄城関係者たちが悪いと
 逆恨みを行う。
銃の向ける先を誤らないで下さい。
撃つのは私達の弱い心です、菖蒲がまとめ上げて準備を始める。
Img011
無名をヌエから戻すには白結晶を射つしか無い。
しかし手元には1本しか無い。
狩方衆も倒す生駒と来栖、沙梁が操る駛城も謎の力で弾き飛ばす。
金剛郭も壊して次は何を壊そうかと考える美馬。
生駒の接近に喜びを感じる、瓜生の率いる狩方衆には
 脱出を命じる。

生駒と戦う美馬、胸を貫く。
しかし刀を壊して美馬を撃つ。
無名の存在を感じる生駒、背後から近づく。
無名の所在を感じる生駒、妹の石が落ちて所在を確認する。
白結晶を注射して人に戻すが倒れて目覚めない生駒。
そんな生駒を攻撃する美馬。
無名が美馬を刺す、私は穂積だよ。
Img041
来栖も到着、瓜生から3人の生存を教えられる菖蒲。
瓜生も脱出経路を交換条件に甲鉄城に乗車する。
鰍が3人に合流地点を伝える。
甲鉄城に無事に収容される3人。
生駒が目を覚ます、美馬が自分の白結晶を注射したらしい。
忘れ物だよと妹の石を生駒に返す。

---最終回---

無名も生駒も無事でした。
美馬もカバネリでした。
自らヌエになって暴れれば良かったのに。
白結晶で戻れるなら滅火も戻してあげれば良かったのにね。

結局カバネ化するウイルスの発生源は不明でした。
取り敢えず金剛郭から脱出した甲鉄城。
でも、この先に明るい未来が待っているわけでもないですよね。
作品的には、取り敢えず的な着地点でした。

無名が穂積に戻れて良かったですね。
菖蒲がチャイナ服に着替えていたのは、なぜでしょう、
視聴者サービスでしょうか。

2016年6月24日 (金)

甲鉄城のカバネリ フジ(6/23)#11

第11話 燃える命

逞生の死を悲しむ鰍、狩方衆も恐れない。
逆に気圧された狩方衆が撤収する。

美馬の父親で将軍の興匡は、幼い息子でさえも怖がった。
そんな金剛郭を破壊するため無名に投薬してヌエと化す。
過剰な情報は恐れを産むと黒ケブリをひた隠す将軍。
Img041
甲鉄城が入城を許される。
美馬のシナリオで磐戸駅を襲撃した反乱者を捕まえたと
 菖蒲が美馬を連行する。
金剛郭の検疫は3日間の入牢だった。

生駒は生きていたが逞生の死に絶望して虚無感に襲われていた。
来栖が荘衛を連行してきて出会う。
生駒から甲鉄城の現状を聞いて追いかける準備をする。
しかし生駒は腑抜け状態。
Img031
美馬は将軍に謁見する、幼いころに与えられた短剣を所持していた。
それで殺されれば本望です。
それが罠で将軍の手からカバネのウイルスが全身に広がる。
この中にもカバネが居ると同様を誘う美馬。
みるみるうちに変色する将軍の手、顔。
警備の兵士が将軍を射撃する。
カバネは一体ではない、他にも居るぞと同様を誘う美馬。
将軍にとどめを刺す美馬。

狩方衆が城門を開けて克城を招き入れる。
車内のカバネを金剛郭に撒き散らす。

生駒は無名に貫かれたが安全な場所を狙って刺したのだと
 来栖に教えられる。
あの時の無名には意識が存在したのだと知ると生駒は
 無名を助けるために立ち上がる。
荘衛にヌエとなった無名の救出方法を尋ねる。
心臓の鋼鉄皮膜を破って白芥子を射てば元に戻るかもしれない。
逆に生駒は、美馬を倒し、無名を助けるためだけに心臓に
 黒芥子を注入する。
最後の命の火を燃やすかの如く、肉体が活性化する生駒。

無名はヌエと化してカバネを取り込んで群体化を始めていた。

---最終回 「甲鉄城」---

壮大な異常な親子の喧嘩のようですね。

気になるのは、将軍に犯罪者が謁見するなら一息で届かない
 程度の距離を開けているし拘束も新たに厳重にするはず。
まあ親子の情がお互いに残っているので罠とも知らずに
 乗ったのでしょうね。

それしても狩方衆は強いですねぇ。
警備なんか簡単に倒せる。
それなら先に克城でカバネを撒き散らして追い詰めてから
 将軍を倒せば良いのにね。
直接手を下したいのでしょうが、あんなに簡単に
 罠に乗ると分かっていたかのような策略。

さて無名を助けた生駒は正気に戻れるのか?
これだけが気になります。
美馬を倒せても狩方衆は残りそうな気もする。
それにしても黒い羽が生えた姿はエヴァでしかない。
初号機対使徒の戦いが見られそう。

2016年6月17日 (金)

甲鉄城のカバネリ フジ(6/16)#10

第十話 攻め上ぐ弱者

強い者が生き残り弱い者が死ぬ、それが世界の理。
それを認める訳にはいかない、美馬を除くべきだ。
Img041
甲鉄城の人々は軟禁され採血される者とそうでない者に
 仕分けられていた。
克城の手伝いをする巣刈は裏切り者と思われていた。
美馬は菖蒲に金剛郭への入場に叔父の力を借りようと交渉する。
菖蒲の叔父は老中牧野だった。
12年前のカバネ討伐で置き去りにされた美馬。
それまではカバネを制圧できていたが突然、補給が絶たれた。
Img031
甲鉄城の人々の扱いに異論を唱える無名。
美馬は手厚く対応すると答えるが、分からなくなったからと恐れる無名。
滅火の群体化には疑問を持っていた無名。

反乱を計画する生駒。
鍵を奪って、克城の機関部を占拠する。
生駒たちの反乱に無名を制圧に指名するが拒否する。
無名にはカバネ化抑制剤を投与していた。
与える血液を減らしていたので、力の継続が出来ずに取り押さえられる。
意思を失って人形化させる薬を投与する。

生駒は機関部への鍵を奪ったが摩り替えられていた。
外から移動しようとするが美馬は反乱を見越していた。
美馬の弾丸から生駒を守る逞生。
感想を言ってみろよ、気に入ったら仲間にしてやる。
右腕を失い、ロボット化した無名に刺されて落下する生駒。

---次回 「燃える命」---

甲鉄城の人々から大量に採血する美馬の克城。
はっきり言って良く分からない。
血液は長期保存が難しい。
それほどに大量の血液が必要なら、今まではどうやって賄ってきたのでしょう。
それこそ、大量誘拐犯として疎まれると思うけれど。
戦勝品として人々をもらったのでしょうか?

最後の生駒が機関部に向かうところを美馬が駆けつける。
彼は何処からやってきたのでしょうか?
克城は2階建てなのでしょうか?
それとも、横に2両が合体したような構造でもしているのでしょうか?
基本的に甲鉄城も克城も車内は一本道に思える。
機関部まで生駒と逞生は美馬とは接触していない。
例えば最後尾から甲鉄城の反乱を鎮めて到達したのでしょうか。
列車の構造が不明。

さて美馬が悪役として際立ってきましたが、この先は
 金剛郭への入場となるのでしょうか。
無名と滅火の2名だけがカバネリ化に成功したのが不思議。
カバネを実験、研究している施設、人々の成果が
 乏しすぎる気がする。
もっとカバネを利用した兵器が存在してもおかしくないと思う。

どうやらノイタミナ枠では珍しく12話まであるようですね。

2016年6月10日 (金)

甲鉄城のカバネリ フジ(6/09)#09

第9話 滅びの牙

磐戸駅は金剛郭へ通じる最後の駅、
 美馬の入城を許さなかった。
これで狩方衆と別れられると少し安心する菖蒲。
生駒に無名を取り戻せと告げる菖蒲。
Img011
美馬は無名に皆が幸せになれると作戦を命じる。
城主の前田は美馬と会うがお供は女子供だけ。
菖蒲も侑那と登城する。
美馬は無名と滅火を連れて登城する。
無名が戻ったので私は使い捨てられるのね、それは今日?
Img021
警戒される美馬、無名がトイレに向かう。
そこから脱走して磐戸駅の跳ね橋を下ろす。
カバネが大量に侵入してくるので、橋を戻そうとするが
 十人衆がワイヤーを切断して操作不能にする。
待機していた黒城が磐戸駅に入場してくる。
カバネとの対戦が始まる。

それを合図に美馬が会談の前田家家臣を討つ。
菖蒲も薙刀を手に立ち向かうが侑那が身を庇って負傷する。
菖蒲が不在なので甲鉄城の親鍵がなくて動かせない。
来栖が菖蒲の救出に向かう。
菖蒲と侑那は黒城に捉えられる。
滅火にカバネの因子を矯正注入する美馬。
滅火がコアとなってカバネの融合群体、黒けぶりが出現する。
磐戸駅の壁を壊して金剛郭への道が開ける。
群体の維持は早々に終了するが滅火は暴走する。
美馬の前でようやく意識を取り戻すが美馬に貫かれる。

来栖は菖蒲を救出しようと黒城に乗り込む。
しかしカバネの研究者と共に落下する。
狩方衆が甲鉄城の人々を人質にする、血が必要らしい。

これが我々が求めた皆が等しく公正な世界だ。
臆病者は死に絶え力ある者だけが生き残れる。
金剛郭を倒して開放するのだ。

兄様、今までは嘘だったの。

---次回 「攻め上ぐ弱者」---

遂に正体を表した美馬、使い捨てられた滅火。
磐戸駅の人々や甲鉄城の人の血を何に使うのでしょうね。
カバネリを大量に制作するのでしょうか。
それならマッドサイエンティストのような男は
 無事なのでしょうか。
来栖と落下しましたが・・・。

父親の将軍の居城、金剛郭を襲撃したい美馬。
つまりは自分が将軍になりたいのでしょう。
かつて見捨てられた親への復讐かな。
ここからは無名が生駒たちを助けて脱出のターンとなるのでしょう。
そこで狩方衆との対戦は辛そうですね。
生駒たち、甲鉄城を助けるために無名が群体になりそう。
もう人には戻れないのを承知でカバネとなって大暴れしそう。

不況になると、ゾンビなどの絶望的な作品が増える気がする。
この手の作品はマヴラブなどと同じで人間の内輪揉めさえなければ
 勝てるが結論だと萎える。
もう飽きた気がする。

2016年6月 3日 (金)

甲鉄城のカバネリ フジ(6/02)#08

第八話 黙す狩人

無名が兄様と慕う狩方衆の美馬。
生駒を甲鉄城のカバネリとして紹介する。
体調検査のために恙見所に向かえ。
弱いものは死ぬしか無いと無名に教えた方ですよね。
生駒は美馬を信じられず、確かめるつもりだった。
菖蒲を黒城に招待する途中で蒸気機関を修理する。
生駒も手伝い、二人で話す。
生きるとは戦って勝つことだよ。
Img021
倭文駅に多数のカバネが迫ってきた。
群れの数は7つ、壁沿いなので群体になる恐れはない。
駿城で出撃する狩方衆。
焼夷弾を放ち、馬とバイクで出撃する。
カバネの遺体を盾にするカバネが出現、無名と滅火で倒す。
エノクが美馬に接近、もう一度働きたいと話しかけるが断られる。
お前は嘘をついたと殺める美馬。
命乞いをする相手を殺めたことを非難する生駒。
逞生と菖蒲が無礼を執り成す。
Img041
美馬を襲わせた男たちは美馬の配下に粛清される。
二人だけは拘束する。
甲鉄城を金剛郭まで牽引しましょうと美馬が菖蒲に提案する。
無名はカバネに噛まれたことがないと言っていた。
それは美馬にカバネリにされたことを意味する。

甲鉄城の親鍵を取ってきてくれと無名に命じる美馬。
10年前に俺たちをカバネの真ん中に置き去りにしたのは誰だ?
兵糧方なら知っているだろう。
一人を殺めると次の武士は上様だと口を割る。
菖蒲に親鍵を求める無名、通りかかった侑那が機転を利かせて
 ボイラー室の鍵を偽って持たせる。
ボイラー室の鍵だと分かる美馬、まだ信用されていないな。

狩方衆の駿城に多数のカバネが居ると感じる生駒。
駿城を訪れてカバネの存在を知らせる。
無名が対応に出向く、それは恙見所だよ。
やはり無名は自らカバネリになることを望んで施術されたのだった。
甲鉄城に戻ろう、あいつは信用出来ない。
美馬は英雄なんかじゃない。

---次回 「滅びの牙」---

将軍の息子で無名が慕う狩方衆の長の美馬。
カバネを退治している強い部隊のようですが、
 彼の目的は復讐のようですね。
私怨で行動しているようです。
それを微妙に感じ取る生駒。
無名を説得しますが無理なようですね。
でも親鍵を力づくでも奪ってこいは馬鹿すぎるでしょう。
直前で態度を変えるか、もっと神妙な嘘を付けば良いのにね。

親鍵を求める美馬、甲鉄城を利用して盾か囮にでも使うようです。
さて人類の生存、カバネの駆逐を求める生駒とは正反対の存在の美馬。
無名を助けて人間に戻せるのでしょうか。

流石に工数的に作画限界なのか、Wit Studioお得意の
 一枚絵が登場しましたね。
進撃の巨人でもあった、崩れた動画よりも綺麗な一枚絵。
残り4話ですが無理だったようです。
一枚絵でもセリフがなければ演出と思えますが、
 セリフ付きでは視聴が辛い。

この作品は11話でまとめられるのでしょうか。
金剛郭に到着して終わり?
将軍を倒すの?
いつか続編を制作するの?

2016年5月27日 (金)

甲鉄城のカバネリ フジ(5/26)#07

第七話 天に願う

甲鉄城は次の駅、倭文に到着した。
ここはカバネの攻撃を跳ね除けて町として機能していた。
菖蒲は領主と謁見して交渉をする。
各自は分担して必要な物を購入する。
今日が七夕であることを思い出す、笹を買おう。
Img011
無名は鰍が面倒を見て一緒に買い出し。
生駒は鉄砲鍛冶で火薬などを求めると武士と揉める。
菖蒲は領主からは突然の招かざる来訪者でしかなかった。
待たされるが噴流弾のデモンストレーションで交渉のテーブルに乗る。
設計図を用意していると聞いて食料と負傷者の受け入れを了承する領主。

倭文駅には解放者の耳、エノクが居た。
明日には解放者が倭文を訪れる。
中央の揉め事を持ち込んで欲しくないが遅かったらしい。
Img031
鰍が七夕の短冊を吊るす姿で母親を思い出す無名。
お弁当、血液を持たない無名に生駒が心配して届ける。
母親は穂積と無名を呼んだ、お腹一杯に米が
 食べられるように願った名前だ。
無名はカバネになることを不安視していた。
お前は人間に戻れ。

七夕に生き残ることを願う逞生。
そんなことではダメだ、夢を持て。
カバネを倒して村を土地を取り戻す。
菖蒲も顕金駅の再建を願っていた。
気分が高揚する、風習の花火が上がる。

狩方衆が到着する。
彼らはカバネ殲滅部隊で将軍の息子、美馬様が率いていた。
無名の兄様とは美馬様だった。
彼が真の英雄か確かめる必要があると思う生駒。
彼が無名に穂積の名を捨てさせて弱いものは死ぬしか無いと教えたから。

---次回 「黙す狩り人」---

戦闘の合間の一息ついた小康状態でした。
無名の過去を知って人に戻れと告げる生駒。
いつの間にか主従が逆転している二人。

何と言うか世界観が良く分からない。
この倭分駅は何故、カバネから無事なのだろうか。
例えば自然の要塞の如き地形だからとか理由が欲しかった。
それ以上にカバネは線路を破壊しないのは何故だろうか。
実は補習専門の部隊が存在するとか?
戦闘に長けたカバネは存在するが知性は失われるのだろうか?

来栖の願いは菖蒲との結婚だったりして?

2016年5月20日 (金)

甲鉄城のカバネリ フジ(5/19)#06

第六話 集う光

カバネの融合個体、黒ケブリに追われる甲鉄城。
一先ず避難線からドックに逃げこむ。
Img011
無名は瓦礫と岩に挟まれて身動きが取れなかった。
救出しようとするが生駒一人では難しい。
無名は血が足らずカバネ化しそう。
生駒が保有していた菖蒲の血を与え症状を押さえ込む。
カバネを恐れた武士が手当たり次第に殺戮、母親を殺害された無名。
そんな彼女を助けたものが居た。
カバネが迫ってくるので囮になって無名から遠ざけて戦う。
Img021
武士が無名を助けてくれる。
自分を助けた生駒を探す無名。
俺もお前も弱いが生きている。
甲鉄城から緊急の合図。
黒ケブリが出現、人もカバネも取り込んで大きくなっていた。

巣刈は48式銃を取りに行ったついでに生駒と無名を助けた。
仕事の失敗は仕事で取り返せ。
黒ケブリは心臓となったカバネを倒せば融合は解除される。
48式銃で心臓部を露出させて無名が心臓カバネを倒す作成。
生駒は給水塔の瓦礫を撤去。
群がるカバネを来栖と排除する。
ギリギリまで惹きつけた黒ケブリを逞生が射撃、無名が
 飛び込んで撃つ。

---次回 「天に願う」---

無名が兄上の爪として強くなることだけに固執するのを辞めて
人として弱さを受け入れて生きることを選んだのでした。
依然として兄上が誰で何を考えているのかは不明ですが。
生駒を信頼して仲間になったように思えます。
何より明るくなりましたね。

未だ甲鉄城の意思決定の場にいる世話役のような男。
一度、失敗しているのに今回も役に立たたない案を
 提出する無能さが良い感じです。
如何にも文句を言って自分が偉い、リーダーに成りたいが
 何も出来ない政治家のようなポジションです。
この男が無能さ故に他が引き立つ、良い感じの口だけの
 政治家のようで面白い。
脱出時に最後尾車両を1,2両失ったのが気になります。

前回、脱出するために給水塔の瓦礫に向って
 今回は黒ケブリに追われた。
避難線へどうやって向ったのか移動経路が気になります。
線路がないと方向転換も出来ないので、そう簡単に引き返せないはず。

2016年5月13日 (金)

甲鉄城のカバネリ フジ(5/12)#05

第5話 逃げられぬ闇

生駒と無名のカバネリを味方として考える菖蒲たち。
武士に噴流弾とカバネを利用してコーティングした日本刀を
 手渡す生駒。
武士たちとの共闘が始まる。
Img011
客車両では住民たちの揉め事が発生するが無名が
 男たちを力づくで黙らせる。
無名は用心棒だと云われて少し嬉しい。
八代駅に到着するが反応がなく、助けを求める狼煙を発見する。
カバネに襲撃された僅かな生存者から事情説明を聞く。
その中に捨てられた若様の耳を発見する無名。
幕府の役人が数日前にカバネではなく人を殺める武器を
 大量に購入したことを知らされる。
鈍ったなと無名の変化を忠告する、若様の爪だから。
Img041
線路に破壊された櫓が横たわって通行不能になっていた。
生駒がボイラーを点火してクレーンを起動して
 線路上の障害物の撤去を提案する。
無名は協力はするが、生駒の指示には従わない。
カバネの巣、ボイラー室に直接向って戦闘を始める。
カバネに気づかれないような隠密行動はまだるっこしい。
即座にカバネを倒すが、数は多い。
ボイラーを点火するが大量のカバネが迫ってくる。
単独でカバネと闘う無名、しかし不意打ちで落下、気絶する。

無名を助けに向かう生駒、クレーンが止まって撤去も途中になり
 甲鉄城が通行出来ない。
階下からクロケムリと呼ばれるガス状のカバネの集団が出現する。

---次回 「集う光」---

住民と、特に子供たちと仲良くなって人間らしくなる無名。
しかし、それはカバネを倒す兵器としては鈍ってしまう。
もう一度、若様の爪として単独でもカバネを倒せると
 策など郎せずに闘う無名。
しかし単独戦闘には無理がありすぎた。
そんな無名を助ける生駒でした。

恐らくは全11話なので、エピソードが極端過ぎますね。
登場人物は大半が嫌な奴で直情的。
守られるだけの住民も嫌なことがあると直ぐに毒づく。
こんな住民を守る必要があるのかとさえ思わせる描写。
こんな絶望的で世紀末的な状況では、人間は
 本能のままに生きる獣になる。
だから直ぐに怒る、キレやすい状態なのでしょうか。

はっきり言って極端過ぎるエピソードが不快です。
作画が安定しているのは、ノイタミナ枠なので資金が豊富だからですね。

2016年5月 6日 (金)

甲鉄城のカバネリ フジ(5/05)#04

第4話 流る血潮

菖蒲を襲う生駒、来栖が助ける。
カバネの集団が大挙して襲ってくる。
甲鉄城を出動させるしかない。
生駒と無名は最後尾車両に押し込められて施錠される。
Img021
人々は恐怖に駆られてカバネリがカバネを呼んだと
 騒ぎ立てる。
兄様の言うとおり、人々は弱いと理解する無名。
菖蒲のリーダーシップに不信を抱く民衆、
 菖蒲は自信を失い甲鉄城の鍵を手渡してしまう。
進路を金剛郭に近い山中に変更するがカバネが多くて危険な
 進路だった。
生駒を友人と話す逞生、鰍、巣刈も生駒と共に最後尾車両に押し込まれる。
男たちは最後尾車両を切り離そうと試みる。
そこをカバネの大群に襲撃されて、内部へ侵入されてしまう。
Img031
戦えない民衆は為す術なく屠られていく。
中に戦を経験して手強いワザトリも混じっていた。
菖蒲の側近の武士たちがカバネの襲撃から民衆を守る。
しかし多勢に無勢、カバネを一掃するだけの兵力は保有していなかった。
精々が民衆を守ることが精一杯だった。

生駒は列車の外から乗客車両に移動しようと考える。
トンネルがあるので簡単には屋根に移れない。
巣刈の記憶では途中でトンネルがしばらくは無い区画がある。
無名と屋根のカバネを倒すが、無名は眠りに落ちてしまう。
生駒も血液不足で眠い、誰か俺に血をよこせ、俺が倒す。
菖蒲が腕を切って血を与える、これは契約です。

菖蒲の血を求めて接近するワザトリ。
生駒がワザトリを倒しカバネを一掃する。
菖蒲は鍵を取り返してリーダーとして覚悟を決める。
カバネリは役に立つ、菖蒲が2人に血を与える。
鰍も逞生も、複数の人が手を挙げる。
子供たちと車両の掃除をしながらも手を翳して目礼する無名だった。

---次回 「逃げられぬ闇」---

カバネの大群を倒してようやく受け入れられた生駒でした。
民衆は恐怖が先に立って適当な噂を流します。
それを抑えきれない菖蒲の将としての技量と経験不足。
圧倒的に経験は不足してますよね、それに覚悟も足りなかった。

カバネリは肉体がカバネなので血液が必要らしい。
微量な血液で良いようですね。
でも遺体の血液を保存しておけば良いのにね。
来栖が腹を貫かれたが無事だった。
内蔵は傷つけていなかったのでしょうね。
そんな技術があるのに血液は保存できないのだろうか。
日本刀でもカバネを倒すことが出来れば、ここまで
 悲惨な状況にはなっていなかった気がする。
某か特別な刀、能力、技術が必要な設定でないと
 この状況の説明が難しい気がする。
描きたいことは分かるが論理的な説明が不足している。

2016年4月29日 (金)

甲鉄城のカバネリ フジ(4/28)#03

第3話 捧げる祈り

カバネは人の敵だと銃を構える来栖。
他人をカバネにしてしまうかもと降りようとする生駒。
ボイラー室から出ないから金剛郭に向かいたいから乗せてと無名。
菖蒲は彼らが守ってくれたと条件を飲む。
Img031
急遽、甲鉄城を出発させたので水も食料も不足気味。
金剛郭は菖蒲の叔父が納めているので無下には断らないだろう。
生駒もカバネ研究の最先端の金剛郭には興味があった。

無名は兄様と約束したので金剛郭まで生駒を盾となって欲しい。
長時間闘うと眠ってしまう弱点があるので。
格闘技の素養のない生駒を鍛える無名。
カバネの気配を感じて乗客の中を探す。
約束を破ったと揉める、亡くなった家族を弔いたいから止めろと
 言い出す老人たち。
給水タンクが壊れているので長くは走行ができないことが判明。
給水所で修理を始める。
止まったので合同で葬儀を執り行う。
Img041
カバネリはカバネだから殺せと迫ってくる農民たち。
無名は彼らと闘うつもりで飛び出す。
菖蒲が生駒を刺して真偽を問う、カバネを倒すだけと叫ぶ。
農民たちも納得する。
無名は赤ん坊をあやしていたがお腹が空いたので血を頂戴。
カバネが出現、剣で貫いて倒す。

気を失った生駒が血を求めて菖蒲を襲う。

---次回 「流る血潮」---

取り敢えずはカバネリもカバネと同じだと思う村人。
助けられたことを理解せずに銃を向ける武士。
生駒の行先は険しそうですね。
しかも血液を求める肉体。
これで金剛郭には到着できるのでしょうか。

武士はカバネに対してはジリ貧で守れていないのだから
 全員がカバネリと化して村人を守る戦闘員になるべきですよね
取り敢えず20人くらいをカバネリの実験に提供すれば良いのにね。

敵の力を利用して闘うヒーロー、デビルマンが最初だろうか。
サイボーグ009のほうが先かな。

その他のカテゴリー

30歳の保健体育 | 91DAYS | AKB0048 | Angel Beats | Another | Aチャンネル | BLAZBLUE ALTER MEMORY | BLOOD-C | Brave10 | BTOOOM! | C | C3-シーキューブ- | Charlotte | Classroom☆Crisis | Coppelion | D.C. | DAYS | Devil Survivor2 | DOG DAYS | Fate/Zero Stay Night | Free! | GANGSTA. | GATE 自衛隊 彼の地にて、斯く戦えリ | GJ部 | Go!プリンセスプリキュア | God Eater | GOSICK | ISUCA | K | LUPIN the Third峰不二子という女 | M3-ソノ黒キ鋼- | Mr. BRAIN | NEW GAME! | No.6 | orange | PSYCHO-PASS | RAIL WARS! | RDGレッドデータガール | Re:ゼロから始める異世界生活 | ReLIFE | Rewrite | Rio-Rainbow Gate- | ROBOTICES:NOTES | selector infected WIXOSS | SHIROBAKO | Star Driver輝きのタクト | Steins;Gate | TARI TARI | TERRAFORMARS | The IDOLM@STER | The Unlimited兵部京介 | Thunderbirds | Tiger & Bunny | TVドラマ | UN-GO | Wake Up, Girls | WHITE ALBUM2 | WORKING | Z/X IGNITION | ZETMAN | あそびにいくヨ | あっちこっち | あの夏で待ってる | あの日見た花の名前を僕たちはまだ知らない | あまがみSS | あまんちゅ! | あんハピ♪ | いつか天魔の黒ウサギ | いなり、こんこん、恋いろは。 | うさぎドロップ | うしおととら | うたわれるもの | うぽって | えとたま | えびてん | えむえむっ! | おそ松さん | おとめ妖怪ざくろ | お兄ちゃんだけど愛さえあれば関係ないよねっ | お兄ちゃんのことなんかぜんぜん好きじゃないんだからね | お勧めできないアニメ | お笑い | がっこうぐらし | きんいろモザイク | ぎんぎつね | くまみこ | けいおん!! | げんしけん | この中に一人、妹がいる | この素晴らしい世界に祝福を! | この美術部には問題がある! | これはゾンビですか? | ご注文はうさぎですか? | さくら荘のペットな彼女 | ささみさん@がんばらない | さばげぶっ! | さんかれあ | しろくまカフェ | じょしらく | すべてがFになる | そにアニ | そふてにっ | そらのおとしものf | それが声優 | それでも世界は美しい | それでも町は廻ってる | たまこまーけっと | たまゆら | だがしかし | ちはやふる | つり球 | とある科学の超電磁砲 | とある飛空士への恋歌 | とある魔術の禁書目録Ⅱ | となりの怪物くん | ぬらりひょんの孫 | のうりん | のんのんびより | はぐれ勇者の鬼畜美学 | はたらく魔王さま! | はんだくん | ばくおん!! | ばらかもん | ひだまりスケッチ | ふらいんぐうぃっち | まおゆう | ましろ色シンフォニー | まじもじるるも | まよチキ! | まりあ†ほりっく あらいぶ | みつどもえ増量中 | みなみけ | めだかボックス | もしドラ | もっとToLOVEる | ももくり | もやしもん | やはり俺の青春ラブコメはまちがっている。 | ゆゆ式 | ゆるゆり | よんでますよ、アザゼルさん。 | アウトブレイク・カンパニー | アオハライド | アカメが斬る! | アクエリオン | アクセル・ワールド | アクティヴレイド | アスタロッテのおもちゃ | アニサン劇場 | アニメ その他 | アニメ・コミック | アニメ個人評価 | アブソリュート・デュオ | アルドノア・ゼロ | アンジュ・ヴィエルジュ | インフィニット・ストラトス | ウィザード・バリスターズ 弁魔士セシル | ウイッチクラフトワークス | エウレカセブンAO | エスカ&ロジーのアトリエ | オーバーロード | カンピオーネ | ガッチャマン クラウズ | ガリレイドンナ | ガリレオ | ガンスリンガーストラトス | ガンダムAGE | ガンダムGのレコンギスタ | ガールズ&パンツァー | ガールフレンド(仮) | キズナイーバー | キャプテン・アース | キューティクル探偵因幡 | キルミーベイベー | キルラキル | ギルティクラウン | クイーンズブレイド | クオリディア・コード | クロスアンジュ 天使と竜の輪舞 | クロムクロ | グラスリップ | グリザイアの果実・迷宮・楽園 | ケイオスドラゴン 赤竜戦役 | ココロコネクト | コネタマ | コメット・ルシファー | コンクリート・レボルティオ | ゴールデンタイム | サムライフラメンコ | サンダーバード | サーバントXサービス | シドニアの騎士 | シモネタという概念が存在しない退屈な世界 | シュヴァルツェスマーケン | ジョジョの奇妙な冒険 | ジョーカーゲーム | スイートプリキュア | ステラ女学院高等科C3部 | ストライクウィッチーズ2 | ストライク・ザ・ブラッド | スペース☆ダンディ | スマイルプリキュア | セイクリッドセブン | セキレイ Pure Engagement | ゼロの使い魔 | ゼーガペイン | ソウルイーターノット! | ソードアートオンライン | タブー・タトゥー | ダンガンロンパ | ダンジョンに出会いを求めるのは間違っているだろうか | ダンタリアンの書架 | テイルズ オブ ゼスティリア | テルマエ・ロマエ | ディバインゲート | ディメンジョンW | ディーふらぐ! | デス・パレード | デッドマンワンダーランド | デュラララ!! | デンキ街の本屋さん | デート・ア・ライブ | トリアージX | トリニティセブン | トータル・イクリプス | ドキドキ!プリキュア | ドラゴンクライシス | ナースウイッチ小麦ちゃんR | ニセコイ | ネトゲの嫁は女の子じゃないと思った? | ノブナガン | ノブナガ・ザ・フール | ノラガミ | ノーゲーム・ノーライフ | ハイキュー | ハイスクールDxD | ハイスクール・フリート | ハナヤマタ | ハピネスチャージプリキュア | ハマトラ | ハヤテのごとく | ハルチカ | ハンドレッド | ハートキャッチプリキュア | バカとテストと召喚獣 | バクマン | バッテリー | バディコンプレックス | パソコン・インターネット | パパのいうことを聞きなさい! | パンチライン | ビッグオーダー | ビビッドレッド・オペレーション | ピンポン | ファイブレイン | ファンタシースターオンライン2 | ファンタジスタドール | フォトカノ | フラクタル | フリージング | ブブキ・ブランキ | ブラック★ロックシューター | ブラック・ブレット | ブラッドラッド | ブレイクブレイド | ブレイドアンドソウル | プピポー | プラスティック・メモリーズ | プリズマ☆イリヤ | ヘヴィーオブジェクト | ベルセルク | ベン・トー | ペルソナ4 | マギ | マクロス | マケン姫っ! | ミカグラ学園組曲 | メカクシティアクターズ | モブサイコ100 | モモキュンソード | モンスター娘のいる日常 | モーレツ宇宙海賊 | ヤマノススメ | ヤングブラックジャック | ユリ熊嵐 | ヨスガノソラ | ヨルムンガンド | ラクエンロジック | ラストエグザイル-銀翼のファム- | ラブライブ! | リトルバスターズ | ルパン三世 | レガリア | レベルE | レーカン! | ロウきゅーぶ! | ログ・ホライズン | ローゼンメイデン | ローリング・ガールズ | ワルキューレロマンツェ | ワンパンマン | 一週間フレンズ。 | 三者三葉 | 下ネタという概念が存在しない退屈な世界 | 世界でいちばん強くなりたい | 世界征服~謀略のズヴィズダー~ | 世紀末オカルト学院 | 中二病でも恋がしたい | 乃木坂春香の秘密 | 乱歩奇譚 Game of Laplace | 亜人 | 京騒戯画 | 人類は衰退しました | 会長はメイド様 | 侵略!イカ娘 | 信長協奏曲 | 俺、ツインテールになります。 | 俺がお嬢様学校に「庶民サンプル」としてゲッツされた件 | 俺の妹がこんなに可愛いわけがない | 俺の彼女と幼馴染が修羅場すぎる | 俺の脳内選択肢が、学園ラブコメを全力で邪魔している | 俺物語!! | 健全ロボ ダイミダラー | 偽物語 | 僕だけがいない街 | 僕はHができない | 僕は友達が少ない | 僕らはみんな河合荘 | 八犬伝 | 六畳間の侵略者!? | 六花の勇者 | 冴えない彼女の育てかた | 凪のあすから | 君と僕 | 君に届け 2nd Season | 君のいる町 | 咲-saki- | 問題児たちが異世界から来るそうですよ? | 喰霊-零- | 四月は君の嘘 | 坂本ですが? | 坂道のアポロン | 城下町のダンデライオン | 境界の彼方 | 境界線上のホライゾン | 変ゼミ | 変態王子と笑わない猫 | 夏目友人帳 | 夏色キセキ | 夏雪ランデブー | 夜ノヤッターマン | 夜桜四重奏 | 夢喰いメリー | 大図書館の羊飼い | 天体のメソッド | 天鏡のアルデラミン | 失われた未来を求めて | 好きっていいなよ | 妖狐X僕SS | 学戦都市アスタリスク | 宇宙兄弟 | 宇宙戦艦ヤマト2199 | 実は私は | 寄生獣 | 対魔導学園35試験小隊 | 少女たちは荒野を目指す | 少年メイド | 山田くんと7人の魔女 | 幕末義人伝 浪漫 | 干物妹うまるちゃん | 幸腹グラフィティ | 幻影を駆ケル太陽 | 弱虫ペダル | 彼女がフラグをおられたら | 心霊探偵 八雲 | 快盗天使ツインエンジェル | 恋と選挙とチョコレート | 恋愛ラボ | 悪魔のリドル | 惡の華 | 戦国コレクション | 戦国乙女~桃色パラドックス~ | 戦姫絶唱シンフォギア | 探偵オペラ ミルキィホームズ | 探偵ナイトスクープ | 攻殻機動隊 | 放浪息子 | 放課後のプレアデス | 文豪ストレイ・ドッグス | 断裁分離のクライムエッジ | 新世界より | 新参者 | 新妹魔王の契約者 | 日常 | 日記・コラム・つぶやき | 星刻の竜騎士 | 星空へ架かる橋 | 映画・テレビ | 昭和元禄落語心中 | 普通の女子高生が【ろこどる】やってみた。 | 暁のヨナ | 暗殺教室 | 曇天に笑う | 最弱無敗の神装機竜 | 最近、妹のようすがちょっとおかしいんだが | 月の恋人 Moon Lovers | 月刊少女野崎くん | 有頂天家族 | 未来日記 | 未確認で進行形 | 東京ESP | 東京レイヴンズ | 東京喰種トーキョーグール | 桜Trick | 棺姫のチャイカ | 極黒のブリュンヒルデ | 機巧少女は傷つかない | 櫻子さんの足元には死体が埋まっている | 武装神姫 | 残響のテロル | 氷菓 | 波打際のむろみさん | 灰と幻想のグリムガル | 灼眼のシャナIII Final | 無彩限のファントム・ワールド | 牙狼 | 物語シリーズ | 犬とハサミは使いよう | 猫神やおよろず | 琴浦さん | 甘々と稲妻 | 甘城ブリリアントパーク | 生徒会の一存 | 生徒会役員共 | 田中くんはいつもけだるげ | 甲鉄城のカバネリ | 男子高校生の日常 | 異国迷路のクロワーゼ | 異能バトルは日常系のなかで | 白銀の意思 アルジェヴォルン | 百花繚乱 | 監獄学園 プリズンスクール | 相棒 | 真剣で私に恋しなさい!! | 神のみぞ知るセカイ | 神撃のバハムート | 神様のメモ帳 | 神様はじめました | 神様ドォルズ | 私がモテないのはどう考えてもお前らが悪い! | 精霊使いの剣舞 | 紅殻のパンドラ | 純潔のマリア | 終わりのセラフ | 結城友奈は勇者である | 絶園のテンペスト | 緋弾のアリア | 緋色の欠片 | 織田信奈の野望 | 繰繰れ!コックリさん | 美少女戦士セーラームーン | 翠星のガルガンティア | 聖剣使いの禁呪詠唱 | 聖戦ケルベロス | 聖痕のクェイサー | 艦隊これくしょん-艦これ- | 花咲くいろは | 落第騎士の英雄譚 | 蒼き鋼のアルペジオ | 蒼の彼方のフォーリズム | 蒼穹のファフナー | 蟲師 | 血界戦線 | 謎の彼女X | 貧乏神が! | 赤髪の白雪姫 | 超次元ゲイム ネプテューヌ | 超訳百人一首 うた恋い。 | 輪るピングドラム | 輪廻のラグランジェ | 迷家 | 這いよれ!ニャル子さん | 進撃の巨人 | 銀の匙-Silver Spoon- | 銀河機攻隊マジェスティックプリンス | 銃皇無尽のファフニール | 鋼の錬金術師 | 長門有希ちゃんの消失 | 閃乱カグラ | 電波女と青春男 | 霊剣山 | 青の祓魔師 | 革命機ヴァルヴレイヴ | 響け♪ユーフォニアム | 食戟のソーマ | 鬼灯の冷徹 | 魔乳秘剣帖 | 魔弾の王と戦姫 | 魔法つかいプリキュア! | 魔法少女まどか☆マギカ | 魔法少女リリカルなのは | 魔法戦争 | 魔法科高校の劣等生 | 魔界王子 devils and realist | 魔装学園HxH | 黄昏乙女Xアムネジア | 黒子のバスケ | 龍ヶ嬢七々々の埋蔵金

2017年12月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            

Right

Down

  • VividRed
    ビビッドレッド・オペレーション
  • Lagrange
    輪廻のラグランジェ 応援バナー
  • The IDOLM@STER
    THE IDOLM@STER
  • 電波女
    テレビアニメ「電波女と青春男」 公式サイト
  • Steins;Gate
    TVアニメ『シュタインズ・ゲート』
  • あの花
    あの日見た花の名前を僕達はまだ知らない。
  • アスタロッテ
    TVアニメ「アスタロッテのおもちゃ!」公式サイト
  • 超電磁砲
    とある科学の超電磁砲 公式サイト
  • 俺妹
    俺の妹がこんなに可愛いわけがない
  • あそびにいくヨ
    TVアニメ「あそびにいくヨ!」7月より放送開始!

OnDemand

  • Potora
  • NetMile
  • Small
  • s2

BlogPP

Afiliate

AfiliateA

YearSeasons

PV

  • MuraPV
無料ブログはココログ