カテゴリー

カテゴリー「幼女戦記」の12件の投稿

2017年3月25日 (土)

幼女戦記 TokyoMX(3/24)#11

第11話 抵抗者

グランツが狙撃されて落ちた。
連合王国の航空魔導大隊の襲撃だった。
中隊規模でも突撃して迎撃するしかない。
第203航空魔導中隊は交戦する、増軍は600秒後。
C7shzjivqaadtj21
アンソン大佐は条約違反の武装。
一度、雲に隠れて体制を立て直す。
再び、交戦を開始する。
遂にターニャとの一騎打ちが始まる。
ケーニッヒ、ノイマン中隊長がターニャを守ろうと狙撃するが防がれて
 逆に撃墜される。
ヴァイスもターニャを助けようとするが2人の戦闘が激しくて狙えない。
そのヴァイスが狙われる、ターニャが助けて自信は強大な
 シールドで敵の術式攻撃を防ぐ。
11_51
再びアンソンとのドッグファイト、遂に対峙する。
こいつは以前の戦線で戦った相手だと気付く。
胸を貫いて勝利したと思ったが不敵に笑うアンソン。
相手が存在Xだと確信する、手を掴まれて振りほどけない。
自爆シーケンスが開始する、背後から貫通したヴィーシャの銃弾が
 ターニャの左腕をも負傷させる。
しかし腕を離されたターニャがアンソンを徹底的に撃つ。
自爆するが無事だったターニャ。
増援が駆けつけて連合王国軍は撤退する。
撃墜された者も命に別状はなかった。

地上軍も掃討作戦に移行して帝国軍の勝利となる。
共和国は首都パリースィイを無血で明け渡す。
休暇で男たちはビーチでBBQ。
共和国海軍は撤退するらしい。
共和国軍本部は終戦と言ったのか?
停戦と言ったことを考えてブレスト軍港を襲撃する。
全員を非常招集しろ。

方面軍の上官に出撃を要請するが許可されない。
参謀本部から許された強行偵察任務を独断専行します。
V-1の出撃準備を要請していたターニャ。
参謀本部が停戦命令を下しましたとターニャを止めるヴィーシャ。
全てを手に入れるか、失うかの瀬戸際なのだぞ。
あと少しで終戦だったのに。

共和国軍は戦艦で方舟作戦を実施した。

---最終回 「」---

連合王国航空魔導大隊との対戦、結局はアンソンとの
 一騎打ちでしたね。
つまりは存在Xとの戦いでした。
ドッグファイトと成りましたが、お互いに飛び抜けた機動力で
 一歩も引かない戦闘でした。

共和国の首都が開放されて勝利となった帝国軍。
しかし共和国軍は重要な資料や武器を戦艦に積載して撤退する方舟作戦を実行。
それに気づいたターニャですが、殲滅することは叶いません。
この甘さが命取りとなり、亡命した軍隊が再び敵として向かってくる。
それが分かっているだけに悔しい、災いの種は全て刈り取らないと
 平和は訪れない。
そんな理論ですね。
以前にグランツに告げた言葉でもあります。
職業軍人は死ぬために戦う、ここで戦艦の出港を見逃したことで
 戦況が変わるのでしょうね。

ヴィーシャのデザインがある意味秀逸で、彼女が登場すると
 画面に安堵感が流れる。
現実からかけ離れた顔が緊張感を緩和する。
ターニャの願いは叶いそうにありませんが
 次回でどんな終わり方をするのでしょう。

2017年3月18日 (土)

幼女戦記 TokyoMX(3/17)#10

第10話 勝利への道

最高統帥会議で戦況を高級官僚たちに糾弾される
 ゼートゥーアとルーデルドルフ。
ライン戦線を後退させたので西方工業地帯が共和国の
 射程距離に入りそうだった。
このままでは軍を維持できない。
10_31
ターニャたち第203航空魔導部隊の精鋭は3箇所に無事に
 到着していた。
急襲して司令部を破壊する衝撃と畏怖作戦が開始される。
ターニャ率いるA班が侵入した拠点1はハズレだったが拠点なので
 燃焼術式で燃やし尽くす。
ヴァイス中尉率いるB班が襲撃した拠点2が正解、司令部を破壊。
ケーニッヒ率いるC班はハズレだが弾薬庫を破壊。
全員速やかに撤収、潜水艦にて帰還。

ゼートゥーア准将にターニャたちの作戦成功が伝えられる。
衝撃と畏怖作戦は完遂、更なる続報をお待ち下さい。
高級官僚たちに満面の笑みを讃え得意気に語るゼートゥーア。

ライン戦線を一部撤退させて、奥深く共和国軍を侵入させた帝国軍。
その間も塹壕の地下を掘り進み、共和国軍の地下に大量の
 地雷を設置していた。
それを一気に点火、戦場に巨大な爆音と共に爆発が生じる。
司令部は破壊され、共和国軍の通信は不通状態。
そこを帝国の機甲部隊と機械化歩兵大隊が進行する。
解錠作戦が成功する、次の回転ドア作戦が問題。
戦争芸術の歴史に我々の作戦が記述されるな。

潜水艦で帰還するターニャたちにも解錠作戦の成功が通告される。
ターニャだけが知る作戦を部下に説明する。
司令部を急襲する衝撃と畏怖作戦。
右翼を地雷で全滅させた解錠作戦。
敵陣を突破した機甲部隊と機械化歩兵隊が敵主力を
 回り込んで包囲する回転ドア作戦。
これで戦争は終結する。
包囲撃滅戦に我々も参加すると飛行する。
10_61
帰還途中の捜索撃墜任務、敵を見つけたら撃つ程度の作戦だ。
エリア42で識別不明の魔導反応が観測される。
付近で連合王国との戦闘が報告されているらしい。
グランツが狙撃され落下する。
アンソン大尉が1騎撃墜。

---次回 「」---

帝国の作戦が次々に成功して共和国軍を蹂躙する状況で
終戦できると喜ぶターニャ。
しかし復讐鬼と化したアンソンに狙われる。
ここまで生き延びたグランツでしたが残念なことになりました。
Cパートではヴィーシャの面倒を見る不幸な面も描かれてました。

アバンで銃弾に魔力を込めるアンソン。
なのはA’sでシャマルがベルカ式カートリッジ弾に魔力を込める
 シーンと重なりましたね。
通常弾ではない魔力の篭った弾丸なのでか音も大きく
 異なってました。
今回は連合国の装備で出撃なので、ソリのような形状でした。
帝国軍本体の共和国との決戦は雌雄を決した感じで
 大成功にも思えますがターニャたちの部隊は既に
 作戦を完遂したので、ここで落とされても支障はないのですよね。
ただ、連合王国が参戦してきたので、この先の戦いでは
 制空権を失うと拙いことになります。
さて第203航空魔導部隊の精鋭11名とアンソン率いる
 連合王国魔導部隊とのドッグファイトでしょうか。
カロリー高そうな映像を期待できそうです。

2017年3月11日 (土)

幼女戦記 TokyoMX(3/10)#09

第9話 前進準備

アレーヌ市での戦闘を終えて鉄道で移動するターニャ。
軍大学同期で12騎士だったが娘のために後方支援部隊に
 移動すべきと提言して追い払ったウーガ少佐と邂逅する。
彼は参謀本部鉄道部に配属されていた。
ターニャに参謀本部の作戦をこっそりと教えてくれる。
共和国殲滅のためにあえて自陣に招き入れて囲い込んで掃討するらしい。
その殿をターニャの部隊が命じられると教えてくれる。
今はゼートゥーア准将の使いっ走りだよ。
9_31
ゼートゥーア准将は作戦会議で従来の戦争ではもはや勝利はないと
 新たな戦闘を提案する。
敵の武力を破壊して戦争を継続できなくすることが一番の近道だと提案する。
そのための準備も計画中だった。

第203航空魔導大隊は苦戦していた。
第4中隊は6割の兵力を失い、後方に撤退。
第2中隊も半分を失った。
第3中隊も被害は甚大。
強襲魔導大隊は高射砲で苦戦していた。
陽動のための偽装なので作戦の中止が伝えられているが、
 即座の撤収は敵に作戦を見抜かれると戦闘を継続するターニャ。

ヴィーシャを手当するグランツは気もそぞろに考えていた。
少佐は責任を負うのは指揮官で部下には責任がないと
 言いたかったのではと気持ちを和らげる。
レルゲンから作戦は大成功だと礼を言われるターニャ。
新たな作戦の指示書を手渡される。
共和国には帝国は追い詰められていると嘘のプロガンダを行っていた。
アレーヌからの補給も途絶えがちで帝国を撃つなら今と
 共和国も噂を信じて一気に攻める作戦だった。
しかし、共和国を倒すには新たな戦略が必要だとターニャ。
敵司令部を即時に攻撃できるならライン戦線の膠着状態などは
 存在しないはずだから。
その会議場にドクトル・シューゲルが乱入する。
9_41
彼は新兵器V-1を開発、量産していた。
新たな5基のエンジンを搭載して切り離せばマッハ1.5の
 巡航速度を誇る。
曲がる必要など無い、まっすぐ飛べばいい。
その際の振動や衝撃波は魔力で押さえ込めと何も考えてなど居なかった。
これに乗って共和国の司令部に突撃する作戦だった。

ターニャは11名を選抜して人間ロケットでの突入を実行する。
前夜は緊張と不安で眠れないヴァイスとグランツだった。
眠れるものなど居ない、ヴィーシャは酔って眠っていた。

ゼートゥーアとルーでルドルフも夕食で無言、緊張していた。
帝国には前進しか道がないのだ。
V-1が発射されターニャたちは敵の司令部にめがけて音速を
 超えて飛行する。

腐ったじゃがいもを食べて退役する傷痍軍人の家族宛の手紙を書くターニャ。

---次回 「勝利への道」---

協商連合は降伏させたが、共和国、連合国など敵は多い。
当面は共和国を倒すことに注力する帝国。
ただ他国も支援するので、簡単でもない様子。
そんな現状を打破するための作戦が敵に帝国が弱っていると
 噂を流して信じ込ませるプロパガンダを実施。
それにターニャたち強襲部隊が押されていると信じ込ませて
 攻め込ませて誘導する。
気づけば包囲されて殲滅となる。
ただそのためにも司令部を急襲して指示を行えなくする。
そのための特攻兵器とも言えるV-1に搭乗するターニャたち

現実のV-1は無人の飛行爆弾で戦闘機でも撃ち落とせる兵器。
V-2がICBMで陸軍の兵器。
これらをミックスしたようなアニメのV-1でした。
でも多分にアニメ的で、音速飛行するターニャたちの輸送機のような
 役割なのでしょうか。
現実的には止まることのほうが遥かに大変で実用したら特攻兵器ですよね。
桜花、菊花のようなもので、連合国の日本ではV-1と同じ
 エンジンで梅花の設計計画があったらしい。
正直ドクトル・シューゲルは天災ですね。
そして突撃前夜に眠れるヴィーシャも肝が座っている。
前話のゼートゥーアの終結を任せるの意味がV-1でした。
中々に非情で狂気に満ちた作戦です。

2017年3月 4日 (土)

幼女戦記 TokyoMX(3/03)#08

第8話 火の試練

協商連合との戦闘が一段落尽いて再び激戦地の
 ライン戦線に投入された第203航空魔導大隊。
晴れ時々砲弾日和、あはようからおそようまで砲弾と一緒。
朝に目覚めると隣の友人が遺体になっていることも珍しくない。
そんな帝国開戦地で最激戦地区への転属だった。
8_11
アレーヌ市でパルチザンが蜂起して帝国軍が捕虜となった。
そこは後方支援部隊の経路にあり、補給が届かなくなる恐れがある。
急遽、ターニャに奪還命令が下る。
アレーヌでは民兵が決起して立て籠もっている。
国際法上、非戦闘員への攻撃は禁止されている。
しかも捕虜も奪還しなければならない。
唯一、建物への砲撃だけは許されている。
非戦闘員と戦闘員を識別して攻撃しないといけない市街戦、
 かなりの無理な作戦。
既に避難勧告は送信済み、残存するのは共和国民だけ。

共和国軍の航空魔導師を排除するために市内を飛行する。
しかし民兵がターニャたちを攻撃する。
それでも魔導師を建物に押し込んで、降伏勧告を行う。
逃亡した捕虜を殺害する民兵の映像を記録する。
後方からの砲撃が開始される、目標はあくまで兵士の
 立て篭っているであろう屋敷。
容赦ない攻撃に魔導師部隊は市民の避難誘導を最優先に行う。
8_41
魔導師部隊が帝国軍の観測係を倒すので性格な砲撃が不可能となる。
ターニャに5分以内の速やかな排除を求める。
逃亡する市民を攻撃することが出来ない兵士がターニャに直訴する。
撃ち漏らした者が帝国民を殺すかもしれない。
新たな憎しみが芽生えて敵を増やすことにもなる。
上からの命令には背けない。
非情なまでに兵士に銃を取れと告げるターニャ。

レルゲンはゼートゥーア専務参謀次長に今回の作戦の
 参考となった論文を利用したか確認する。
その論文は国際法上の盲点を突く作戦で大学時代に
 ターニャが提出したものだった。
デグレチャフ少佐は優秀だ、共和国との戦争終結の大役を任せようと思う。

アンソンは生きていた、神の光を見た。
神は、あの悪魔を討ち滅ぼせと言った。
彼の右目が金色に光るのだった。

---次回 「前進準備」---

ノルデン上陸作戦が成功して協商連合との戦闘は
 勝利する目処が付いた。
それで終わるわけもなく、最激戦地のライン戦線に投入されたターニャ。
この状況は、将にどうしてこうなった?ですね。
安全な後方で待機など有り得ない状態。
なにせエース・オブ・エースのような遊撃部隊ですからね。
弱い戦線を立て直すべく、激戦地巡りの日々が始まりました。

均衡した戦場では夜も昼もなく、休む間もなく、戦闘し続けている。
そこに不幸が重なって補給路が絶たれる可能性が出てきた。
急遽、民間兵との市街地戦。
非戦闘員は攻撃してはいけない。
そんな無理な命令にも対処しなければならない。

逃走する女、子供まで巻き込むことは人情的にはしたくない。
でも誰が恨みを持って立ち上がるかは分からない。
また民間兵が武器を捨てて一般市民に紛れて逃走するかもしれない。
彼らは職業軍人でないだけに質が悪い。
命令もなく、敵を一人でも多く倒したいだけ。
人道的な国際法も知らない。
そう考えると民間人だからと安易に助けるのも考えものです。
甘ちゃんは戦場では長生きできないという教訓でした。

普段は糸目のゼートゥーア参謀次長が目を開きました。
悪い顔でしたね。
そして生き延びたアンソン、神の力を手に入れたようですね。
ヴァイス中尉がヴィーシャを褒めるのは意外でした。
ターニャの隣は並大抵のものでは務まらないと理解していました。
まあ彼はマニュアル的過ぎると叱責されてましたからね。
ヴィーシャも隣が嫌なのも笑える。
結構面倒見てもらっているのにね。

2017年2月25日 (土)

幼女戦記 TokyoMX(2/24)#07

第7話 フィヨルドの攻防

北方司令部でターニャは今後の作戦を提案。
根本的に意見が食い違い愚弄して去るターニャ。
参謀司令本部のルーデルドルフとレルゲンが到着して
 新たな命令が降される。
北方戦線では陽動に思える作戦の意味を考えて推理するターニャ、
 一部の将校しか知らない。沿岸部への上陸作戦だった。
オースフィヨルドの奇襲を任される第203航空魔導大隊。
7_51
現地へは輸送機で移動する、先ずは無線通信をジャミングして孤立させる。
作戦は30分で全固定砲台の破壊。
協商連合も魔導部隊を配置していたので迎撃に大隊が飛来する。
今回の作戦は時間との勝負、30分で砲台を破壊できなければ
 最悪の場合は艦隊が引き返すこともありうる。
ターニャは1個中隊で敵の航空魔導大隊を迎撃する。

協商連合の魔導部隊を率いるのはターニャとは縁のあるアンソンだった。
研修で自爆を行って銀翼章を得た時の隊長だった。
ターニャを見て突撃するアンソン、彼もまた立派な能力を持つエースだった。
しかし3個中隊が砲台の破壊に成功して定時退社だと撤退を指揮する。
そこに艦隊が侵入して艦砲射撃を行い残存兵の一掃を行う。
帝国の侵攻作戦を防げなかったアンソン、それでもまだだと
 ターニャ単騎を狙っての突撃を敢行する。
鬼気迫る突撃に冷静に判断するターニャ。
相手のスピードを利用して銃剣で貫く。
7_61
アンソンの持つ、娘から貰った新型の短機関銃は少し早い
 自分へのクリスマスプレゼントには丁度良いとほくそ笑む。

まだ敗北が確定したわけではないと力なく述べる協商連合本部。
北と南からの挟撃に協商連合首都の陥落も時間の問題だった。

---次回 「火の試練」---

今回は、どうしてこうなった?ではなくて、ターニャの明晰な頭脳が
 明らかになったエピソードでした。
レルゲンは驚きすぎですよね、これでターニャは彼の中で
 今まで以上に要注意人物と目されるようになる気がする。
アンソンとの一騎打ちでも銃剣で貫くところが戦い慣れている感じ。
移動しながら動く標的を撃ち落とすのは無理がある。
いくら魔術弾で広範囲に被害を与えられても当たらないのが普通。
そう考えたのか、相手のスピードも利用しての刺殺は
 理に適っている。
彼の娘、メアリーが中の人的にも再登場して立ち塞がりそう。
イニシャル入りの彼の銃を持つことのデメリットが発生するのでしょう。

地図を使っての説明で背が足りずプルプルするターニャが
 何とも言えず微笑ましかった。

2017年2月18日 (土)

幼女戦記 TokyoMX(2/17)#06.5

第6.5話 戦況報告

今回は総集編。
この作品は作画レベルも高水準で安定しており、
 CGも上手く取り込んでいる。
流石に12話を放送するのは辛いのか、今回は
 一先ずおやすみ回でした。
ただ丁度、真ん中の話数なので、早い時期で予定していた感じがする。
まあしょうもない中の人が集まって行うゲームよりは遥かに素晴らしい。
内容も6話までをダイジェストで繋いで分かりやすい。
これにもう少し追加して劇場版で公開してもいいと思えるくらいに面白い。
65_21
ターニャの「どうして、こうなった」を振り返る。
基本的には優秀で所謂出来るサラリーマン。
しかも部下を持ちプレゼンテーションも得意。
営業かマーケッティング部勤務だったのだろうか。
なまじ出来る人間で、あったのが幸いしているとも言える。
目指すは安全な後方での勤務。
それには出世は必須。
バカだと思われれば1兵卒として最前線に送られるかもしれない。
それ故、優秀であることを誇示しなければならない。
しかし、やりすぎてしまうのが災いする。

計算高い人間が策を弄して失敗する、策士策に溺れるを
 描いた作品であるのが面白い。
現代の人間だけに過去の大戦の歴史を学んでいる。
詳しくなくとも、それなりに理解できる。
そして現代の知識もあるので暗号化通信などの
 重要性も容易に理解している。
航空戦も理解しており、高度を制する意味も知っている。
それだけにどうやって安全な後方勤務になることを目指すかが鍵。
軍隊大学に入ったまでは正しかった。
まあ、その前に勲章をもらったのは余計だったかもしれない。
それでも作戦参謀方部に目を付けられたのが不幸の始まりだったのかもしれない。
65_41
そこで、上手く立ち回って参謀本部に入れれば念願の結果と
 なったのかもしれない。
でも航空魔導師としての実力も高いのでどうしても前線の援護には
 使いたいですよね。

なのはさんみたいに戦技教導隊に入って指導者となるのが
 ベストだったのかもしれない。
でも非常時にはエース・オブ・エースとして駆り出されるのは必須でしょうけれど。

現状は彼女の技術や能力が抜きに出ているので負けたり、
 落とされる心配はないが、強敵も後には現れるらしい。
そう言えば副題が Saga of Tanya the evil。
直訳すると邪悪なターニャの伝説、存在Xから見れば信仰心を持たない
 ターニャは悪となるのでしょうね。
少尉から始まって、中尉、大尉と昇進して少佐となり大隊を
 率いるターニャ、異例の出世ですよね。
帝国軍では4人で小隊、3個小隊で中隊、4個中隊で48名の大隊と
 なるようですね。

2017年2月11日 (土)

幼女戦記 TokyoMX(2/10)#06

第6話 狂気の幕開け

参謀本部作戦局では戦線の現状報告を検討していた。
航空魔導大隊7万でダキア公国の60万の部隊を壊滅させた。
そして首都も陥落させて、制圧も可能な状況。
しかし協商連合と共和国との戦線は依然として終結していない。
こうなれば叩ける方を先に叩いて戦線を減らすしか無い。
協商連合軍を先に叩きたいが北方の補給が捗っていない。
もう目一杯の状態で、これ以上は難しい。
ルーデルドルフ次長はゼートゥーア次長にお願いをする。
君の虎の子を借りたいと。
6_31
協商連合軍は既に疲弊しているが共和国軍、他の列強各国からの
 支援を受けて戦線を持ちこたえていた。
ターニャに参謀本部から司令が届く、北方のノルデン補給集合地への
 参戦を求められた。
その集合地を守る航空魔導部隊は迎撃するが、協商連合に
 加えて共和国の魔導部隊も増援。
それに加えて爆撃機も参戦すると疲弊した部隊では維持も難しい。
要撃機の増援と即時撤退を求めるが難しい。
そこに第203航空魔導大隊、コードネーム、ピクシーが到着する。
北方のViper02,迎撃部隊は撤退を認められる。
ターニャは部下たちの士気高揚を計るためにも要撃機の増援は
 手出し無用と断っていた。
成績最下位の中隊には戦闘後の慰労会費用を全て払って
 もらうと告げる、既に高級ワインを注文したらしい。

ターニャは常々疑問を抱いていた。
なぜダキア公国は侵攻してきたのか。
なぜ協商連合は戦えるのか。
列強各国が協商連合に手を貸していると、そしてその裏には
 存在Xの意思が働いているのではないかと。
6_51
敵の義勇軍の魔導部隊は強い、下からの狙撃でも十分な
 殺傷能力を持っている。
増援部隊はヴィーシャに任せてターニャは爆撃機を単騎で掃討に向かう。
鈍重な鉄の塊ではダンスも踊れまい。
高度9千、1万Km上空に逃げても追いつくターニャ、隊長機を手榴弾で爆破する。
逃走する爆撃機は散弾爆裂術式で掃討する。
落とした爆撃機の乗員を捕虜として確保に向かうが死亡していた。
存在Xがターニャに告げる、神への信仰心は生まれていない。
これからもより過酷な戦争に巻き込む予定らしい。
存在Xの意思がターニャを更生させるためだけに世界を巻き込む戦争に
 拡大していくのだった。

戦闘の情報を収拾する部隊が存在した。
ターニャの時速300Kmを超える速度に高度1万Kmを越える
 飛翔能力を記録していた。
間違いありません、ラインの悪魔です。
膨大な魔力反応が発生しています。
観測波を受信したヴィーシャ、ターニャが他国の観測部隊小屋を
 一撃で破壊する。

参謀本部に報告するターニャ、君には特別任務を与える。
存在Xの介入を知りやる気満々のターニャだった。
しかし参謀本部では分煙を希望していた。
それもそのはずで全員がタバコを吸うので室内は煙っていた。

---次回 「戦況報告」---

存在Xが戦争に介入していたのでした。
ただターニャに神への信仰心を芽生えさせるためだけに。
でも負けることが嫌いなターニャですから無理な作戦ですよね。
神の意思は逆効果と言わざるをえない。
疑惑が真実になり俄然やる気になったターニャにどんな窮地が
 待ち受けているのでしょうね。

そして自らの希望とは正反対の最前線に近づいてますね。
大学でゼートゥーア次長に話したとおり、世界大戦規模に
 戦線が拡大して長期化すると重要なのは補給線の確保。
それが現実になりつつ有りますね。

事実上はターニャ無双の兵力ですが、彼女の弱点が
 存在するのか。
思わぬ失敗があるのかが楽しみですね。

2017年2月 4日 (土)

幼女戦記 TokyoMX(2/03)#05

第5話 はじまりの大隊

ゼートゥーア参謀次長から命じられた魔導大隊の設立。
出来ることは編成を遅らせて出動を遅らせるだけ。
幸いなことに山のような出願書が届いた。
しかし、それに対して手は打たれていた。
ヴィーシャが少尉に昇進して副官として着任した。
手の空いた衛兵に頼んでダース単位で手伝ってもらえるように交渉済みだった。
5_31
続いて光学魔法で偽の大佐を見せて相手の力量を図った。
39組中33組が脱落した、大隊の編成が遅れていると報告する。
それならば能力の劣る者を訓練するしかないだろう。
1ヶ月で訓練すると約束して受理される。
新兵の教練には通常なら2年は要するのだから。

1ヶ月の即席教練ならば過酷で厳しいと予測していたヴィーシャ。
いきなりの砲撃から36時間耐えることを命じられる。
その後、48時間以内に行軍完了を告げる。
有無をも言わさぬターニャの命令に従うが不平不満は募っていた。
遂に山中で爆発して大声で叫ぶものが現れた。
運悪く雪崩が発生してしまう。
これで大量の脱落者が出現して再編成を目論んでいたが
 兵士たちは行軍を続けるのだった。

1ヶ月後、頑張って48名が大隊の兵士として徴用される。
帝国軍人は死ぬために存在する。
帝国は永遠だ、諸君らの思いも不滅だ。
大隊の設立が完了して後悔するターニャ。

第203航空魔導大隊に作戦本部からレルゲンが訪れる。
出撃するには練度が足りない、半年は必要だ。
南東方面への出撃を命じられる。
帰り際にダモアの言葉も覚えると良いと忠告される。
共和国連合以外にダモア公国も注意が必要ということなのか?
5_61
ダモア公国が国境線を破って侵攻してきた。
しかしダモアは航空戦力を持っていない。
通信も暗号化されていないことに驚く。
出撃の訓示として実弾演習を行うと告げる。
3個師団が侵攻しているが陸戦部隊で騎士の時代の戦闘スタイルのようだった。
航空魔導大隊は蹂躙する。
3個師団は誤りだな、5万弱の暴徒制圧が正しい表現だ。
集まって歩兵が航空魔導師を狙うが当たるわけがない。
ターニャが手榴弾を投下して制圧する。
通信が暗号化されて劣らず、出力も絞られていない。
時代錯誤も甚だしい軍隊だった。

第7航空部隊が向かってくるので、残存兵の殲滅は任せて
 首都に向かう。
航空兵力を持たぬダモア公国、難なく首都に到着。
国際法に則って軍事施設だけを攻撃する。
先ずは事前通達を行う、ターニャが子供の声で行う。
ダモア軍人は子供のイタズラだと思い込み油断している。
共和国と提携した兵器工場を攻撃する。
誘爆が起こりまるで花火のようだった。
ダモア公国には実弾演習に協力してくれて
 花火まで打ち上げてくれるとは感謝しないとな。

---次回 「」---

航空魔導大隊の編成を遅らせて前線へは出撃したくないターニャ。
色々な策を弄しますが、兵士たちは真面目で一途でした。
結局1ヶ月で編成完了、実践に投入されます。
作戦本部のレルゲンは彼女を嫌っているようで、なるべく
 遠方の戦場に送り込みます。
それが騎士の時代のような時代錯誤も甚だしい軍隊で
 圧勝どころか蹂躙です。
一応は鉄砲も持って入るのですが、魔法術式を用いる
 存在を知らないようです。
正直1個小隊でも火力が尽きなければ勝てる相手でした。

全ての目論見が裏目に出る、もしくは逃げ場を防がれて
 大隊が編成完了して実戦投入。
こうして図らずも出世していきそうですね。

2017年1月28日 (土)

幼女戦記 TokyoMX(1/27)#04

第4話 キャンパス・ライフ

帝都ベルンの軍大学に通うターニャ。
喜々として学問に励んでいる。
卒業すれば安全な後方支援部隊への配属が約束されている。
4_21
図書館で戦務参謀次長のゼートゥーアに呼び止められる。
図書館通いを続けた甲斐があったというもの。
君はこの戦争をどう見るかね?
主観を自由に述べよ。
全世界を巻き込む大戦に発展するでしょう。
我軍の軍事的有利は圧倒的で大陸を掌握するでしょう。
それにより他国から妬まれることでしょう。
補給に気をつけ、慎重に事を運ぶ事が重要。
君は我軍が勝つ必要が無いと言うのかね。
これは拙いと勝つ算段を述べる。
魔導師大隊を組織して有効活用する術を提案する。
社会人にとってプレゼンは手慣れたものだった。
相手に伝える術は心得ていた。
正式に書面にまとめて提出してくれたまえ。
これで、自分の有能さを軍上層部にアピールできたと喜ぶ。
4_61
ターニャの論文を読むレルゲン、過激な内容だが
 否定できないのだった。
そしてどこかで経験した論調だった。

安全な生活を堪能するターニャを訪れるウーガ大尉。
何故軍に志願したのか、もっと安全な道を勧める。
女児が産まれてターニャを我が子のように心配してくれるのだった。
彼は12騎士に最も近いと言われていた。
あなたこそ娘さんのために後方に下がるべきだと提案する。
どこかのファシストの言葉、無防備な者ほど洗脳しやすいを
 実感するターニャだった。

ライン戦線は立て直して双方の睨み合いが続くが
 反面に西方戦線が手薄で陥落しそうな状況だった。
ゼートゥーアは即応部隊の新設を提案する。
魔導大隊の創設に目星も付けていると作戦会議で提案する。

ターニャも卒業となり12騎士に選定された。
人事局大佐がゼートゥーア次長の自宅に配属先のリストを持参してきた。
どれも後方支援部隊で満足な部署だった。
人事局は選択には一切口を挟まない。
参謀本部からも1つ、配属先があるらしいと帰っていく。
人事局の配属先は立て前で初めから選択肢などなかった。
即応部隊の設立を任せたい。
中尉では大隊を指揮できない。
編成官の辞令で大尉に昇進して後に少佐にする。
全ての手筈は整えた。
上司は居ない、48名以下なら好きに編成したまえ。
君は人を選びすぎると批判がある。

選抜に時間を掛けて出撃を遅らせようと考える。
しかしエリートのはずの魔導師の推薦状が山のように届いていた。
1人では無理だ、これを理由に遅らせよう。
ヴィーシャが訪れる。

---次回 「はじまりの大隊」---

安全な後方支援部隊への配属となるはずだったターニャ。
しかし目立ってしまって戦務参謀次長に声を掛けられる。
無能に徹すればよかったのですがつい、有能さをアピールしてしまう。
それが現実的に有効と判断され前線へ舞い戻ることになりそうです。
しかも即応部隊、所謂、何処にも属さない遊撃部隊。
弱い部隊を応援、支援する部隊。
弱いのですから激戦地区ばかり。
望む配属とは最も正反対の部隊を率いる事になりました。

有能さ故の悲劇ですね。
異例の出世もしているのですが、上はまだまだ遠いですからね。
現場では最上位でしょうが、最も危険な地区を渡り歩くことですから
 命がいくつあっても足りない状況になりそうです。
生き延びて戦果を上げれば上げるほどに需要が高まる。
将に最悪な配属ですね。
昼行灯と呼ばれていれば望む結果になった気がする。
民間のサラリーマンの悲劇であり、元公務員だったら
 この結果はなかったのかも知れない。

負けず嫌いな性格が災いしてレルゲンの提案をも跳ね除けそう。

2017年1月21日 (土)

幼女戦記 TokyoMX(1/20)#03

第3話 神がそれを望まれる

ターニャは戦技教導隊への配属が決まる。
優秀な魔導師を最前線で消耗したくはない軍の意向だった。
後方支援部隊なのでほくそ笑むターニャ。
しかし、そこでは新型演算宝珠の試験運用を任される。
開発するドクトルは将に紙一重の存在だった。
安全性など度外視した四基の宝珠を同調させる危険な品だった。
度重なる爆発と失敗でドクトルを信用しないターニャ、欠陥品だ。
これでは最前線のほうがマシではないか。
ターニャは遂に転属願いを提出する。
上部は娘と同じ年齢のターニャを気遣う。
ドクトルの試験への費用はストップ、研究も凍結と決まる。
3_21
未だ神への信仰心が芽生えないとは嘆かわしい。
ターニャに問いかける存在X、なぜ創造主に祈りを捧げない?
恩寵を与えるべきだな、奇跡という名の。
神がそれを望まれる、と置き手紙を発見する。

ドクトルは最後ならば控えてきた最後の試験を行いたい。
無謀な挑戦だが拒否する術もなく渋々試験を遂行する。
昨夜、神の声を聞いたとドクトルが叫ぶ。
演算宝珠の同調が乱れ失敗、しかし魔力カットも演算停止も出来ない。
神への祈りを捧げるしかない状況。
心に信仰が芽生えるだろう、神の奇跡は偉大なり。

祈りで宝珠が安定稼働を始める。
性能は素晴らしいが、呪われている。
生き残るためには神に祈りを捧げるしかないターニャ。
存在Xに災いあれ。
3_41
レルゲンはターニャの学校での行動を知っていて
彼女の危険さを軍上層部に解く。
新型宝珠も彼女しか使えない。

ヴィーシャを将校コースへの転属を進言した。
ターニャ自身は中尉に昇格、帝都の軍大学への配属が決まる。
これで最前線のラインから撤退できるのだった。
もはや存在Xが哀れに思える。

戦況は決して思わしくない帝国、ターニャの資料を眺める士官が居た。
ヴィーシャからは餞別としてワンピースを貰った。

---次回 「キャンパス・ライフ」---

最前線のラインで戦う前にドクトルの新型宝珠開発の
 試験パイロットとなったターニャ。
将に紙一重の人で、ターニャでなければ亡くなっていたかもしれない。
そんな危険な品物でも、神のご加護で祈りを捧げれば動く。
これは神自体の行いが間違っているのでは?
死にたくなければ祈りを捧げろ。
無理やり祈りを強要する神など既に悪魔かもしれない。
それ程に神なんて気まぐれ聖人でもなく必要のない存在として
 描きたいのかもしれない。
それにターニャは合理主義の権化の様な存在なので、
 知的で論理的。
その反対の存在として君臨させるしか手はないので、
 そんな横暴で強制的な存在になったのかもしれない。

次回は一時の休息回のようなサブタイですが、
 切羽詰まった戦線の士官が彼女に頼るのでしょうね。
こうして何度も最前線に駆り出されるお助けマンと成り果てるのだろうか。
今回の一連の作戦でヴィーシャが一番特をした感じですね。
彼女が将校に相応しいとは思えないが、ターニャの理想的な
 軍人を装うための材料と化しました。

より以前の記事一覧

その他のカテゴリー

30歳の保健体育 | 3月のライオン | 91DAYS | ACCA13区監察課 | AKB0048 | AKIBA'S TRIP | Angel Beats | Another | Aチャンネル | BanG Dream! | BLAZBLUE ALTER MEMORY | BLOOD-C | Brave10 | BTOOOM! | C | C3-シーキューブ- | CHAOS;CHILD | Charlotte | Classroom☆Crisis | Coppelion | D.C. | DAYS | Devil Survivor2 | DOG DAYS | DRIFTERS | Fate/Zero Stay Night | Free! | GANGSTA. | GATE 自衛隊 彼の地にて、斯く戦えリ | GJ部 | Go!プリンセスプリキュア | God Eater | GOSICK | ISUCA | K | LUPIN the Third峰不二子という女 | M3-ソノ黒キ鋼- | Mr. BRAIN | NEW GAME! | No.6 | Occultic;Nine | orange | PSYCHO-PASS | RAIL WARS! | RDGレッドデータガール | Re:ゼロから始める異世界生活 | ReLIFE | Rewrite | Rio-Rainbow Gate- | ROBOTICES:NOTES | selector infected WIXOSS | SHIROBAKO | Star Driver輝きのタクト | Steins;Gate | TARI TARI | TERRAFORMARS | The IDOLM@STER | The Unlimited兵部京介 | Thunderbirds | Tiger & Bunny | TVドラマ | UN-GO | Wake Up, Girls | WHITE ALBUM2 | WORKING | Z/X IGNITION | ZETMAN | あそびにいくヨ | あっちこっち | あの夏で待ってる | あの日見た花の名前を僕たちはまだ知らない | あまがみSS | あまんちゅ! | あんハピ♪ | いつか天魔の黒ウサギ | いなり、こんこん、恋いろは。 | うさぎドロップ | うしおととら | うたわれるもの | うどんの国の金色毛鞠 | うぽって | うらら迷路帖 | えとたま | えびてん | えむえむっ! | おそ松さん | おとめ妖怪ざくろ | お兄ちゃんだけど愛さえあれば関係ないよねっ | お兄ちゃんのことなんかぜんぜん好きじゃないんだからね | お勧めできないアニメ | お笑い | がっこうぐらし | きんいろモザイク | ぎんぎつね | くまみこ | けいおん!! | けものフレンズ | げんしけん | この中に一人、妹がいる | この素晴らしい世界に祝福を! | この美術部には問題がある! | これはゾンビですか? | ご注文はうさぎですか? | さくら荘のペットな彼女 | ささみさん@がんばらない | さばげぶっ! | さんかれあ | しろくまカフェ | じょしらく | すべてがFになる | そにアニ | そふてにっ | そらのおとしものf | それが声優 | それでも世界は美しい | それでも町は廻ってる | たまこまーけっと | たまゆら | だがしかし | ちはやふる | つり球 | とある科学の超電磁砲 | とある飛空士への恋歌 | とある魔術の禁書目録Ⅱ | となりの怪物くん | ぬらりひょんの孫 | のうりん | のんのんびより | はぐれ勇者の鬼畜美学 | はたらく魔王さま! | はんだくん | ばくおん!! | ばらかもん | ひだまりスケッチ | ふらいんぐうぃっち | まおゆう | ましろ色シンフォニー | まじもじるるも | まよチキ! | まりあ†ほりっく あらいぶ | みつどもえ増量中 | みなみけ | めだかボックス | もしドラ | もっとToLOVEる | ももくり | もやしもん | やはり俺の青春ラブコメはまちがっている。 | ゆゆ式 | ゆるゆり | よんでますよ、アザゼルさん。 | ろんぐらいだぁす! | アイドル事変 | アウトブレイク・カンパニー | アオハライド | アカメが斬る! | アクエリオン | アクセル・ワールド | アクティヴレイド | アスタロッテのおもちゃ | アニサン劇場 | アニメ その他 | アニメ・コミック | アニメ個人評価 | アブソリュート・デュオ | アルドノア・ゼロ | アンジュ・ヴィエルジュ | インフィニット・ストラトス | ウィザード・バリスターズ 弁魔士セシル | ウイッチクラフトワークス | エウレカセブンAO | エスカ&ロジーのアトリエ | オーバーロード | カンピオーネ | ガッチャマン クラウズ | ガリレイドンナ | ガリレオ | ガンスリンガーストラトス | ガンダムAGE | ガンダムGのレコンギスタ | ガヴリールドロップアウト | ガーリッシュ ナンバー | ガールズ&パンツァー | ガールフレンド(仮) | キズナイーバー | キャプテン・アース | キューティクル探偵因幡 | キラキラ☆プリキュア アラモード | キルミーベイベー | キルラキル | ギルティクラウン | クイーンズブレイド | クオリディア・コード | クズの本懐 | クロスアンジュ 天使と竜の輪舞 | クロムクロ | グラスリップ | グリザイアの果実・迷宮・楽園 | ケイオスドラゴン 赤竜戦役 | ココロコネクト | コネタマ | コメット・ルシファー | コンクリート・レボルティオ | ゴールデンタイム | サムライフラメンコ | サンダーバード | サーバントXサービス | シドニアの騎士 | シモネタという概念が存在しない退屈な世界 | シュヴァルツェスマーケン | ジョジョの奇妙な冒険 | ジョーカーゲーム | スイートプリキュア | スクールガールストライカーズ | ステラのまほう | ステラ女学院高等科C3部 | ストライクウィッチーズ2 | ストライク・ザ・ブラッド | スペース☆ダンディ | スマイルプリキュア | セイクリッドセブン | セイレン | セキレイ Pure Engagement | ゼロの使い魔 | ゼーガペイン | ソウルイーターノット! | ソードアートオンライン | タブー・タトゥー | ダンガンロンパ | ダンジョンに出会いを求めるのは間違っているだろうか | ダンタリアンの書架 | チェインクロニクル | テイルズ オブ ゼスティリア | テルマエ・ロマエ | ディバインゲート | ディメンジョンW | ディーふらぐ! | デス・パレード | デッドマンワンダーランド | デュラララ!! | デンキ街の本屋さん | デート・ア・ライブ | トリアージX | トリニティセブン | トータル・イクリプス | ドキドキ!プリキュア | ドラゴンクライシス | ナンバカ | ナースウイッチ小麦ちゃんR | ニセコイ | ネトゲの嫁は女の子じゃないと思った? | ノブナガン | ノブナガ・ザ・フール | ノラガミ | ノーゲーム・ノーライフ | ハイキュー | ハイスクールDxD | ハイスクール・フリート | ハナヤマタ | ハピネスチャージプリキュア | ハマトラ | ハヤテのごとく | ハルチカ | ハンドレッド | ハートキャッチプリキュア | バカとテストと召喚獣 | バクマン | バッテリー | バディコンプレックス | パソコン・インターネット | パパのいうことを聞きなさい! | パンチライン | ビッグオーダー | ビビッドレッド・オペレーション | ピンポン | ファイブレイン | ファンタシースターオンライン2 | ファンタジスタドール | フォトカノ | フラクタル | フリップフラッパーズ | フリージング | ブブキ・ブランキ | ブラック★ロックシューター | ブラック・ブレット | ブラッドラッド | ブレイクブレイド | ブレイドアンドソウル | プピポー | プラスティック・メモリーズ | プリズマ☆イリヤ | ヘヴィーオブジェクト | ベルセルク | ベン・トー | ペルソナ4 | マギ | マクロス | マケン姫っ! | ミカグラ学園組曲 | メカクシティアクターズ | モブサイコ100 | モモキュンソード | モンスター娘のいる日常 | モーレツ宇宙海賊 | ヤマノススメ | ヤングブラックジャック | ユリ熊嵐 | ヨスガノソラ | ヨルムンガンド | ラクエンロジック | ラストエグザイル-銀翼のファム- | ラブライブ! | リトルウイッチアカデミア | リトルバスターズ | ルパン三世 | レガリア | レベルE | レーカン! | ロウきゅーぶ! | ログ・ホライズン | ローゼンメイデン | ローリング・ガールズ | ワルキューレロマンツェ | ワンパンマン | 一週間フレンズ。 | 三者三葉 | 下ネタという概念が存在しない退屈な世界 | 世界でいちばん強くなりたい | 世界征服~謀略のズヴィズダー~ | 世紀末オカルト学院 | 中二病でも恋がしたい | 乃木坂春香の秘密 | 乱歩奇譚 Game of Laplace | 亜人 | 亜人ちゃんは語りたい | 京騒戯画 | 人類は衰退しました | 会長はメイド様 | 侵略!イカ娘 | 信長協奏曲 | 俺、ツインテールになります。 | 俺がお嬢様学校に「庶民サンプル」としてゲッツされた件 | 俺の妹がこんなに可愛いわけがない | 俺の彼女と幼馴染が修羅場すぎる | 俺の脳内選択肢が、学園ラブコメを全力で邪魔している | 俺物語!! | 健全ロボ ダイミダラー | 偽物語 | 僕だけがいない街 | 僕はHができない | 僕は友達が少ない | 僕らはみんな河合荘 | 八犬伝 | 六畳間の侵略者!? | 六花の勇者 | 冴えない彼女の育てかた | 凪のあすから | 君と僕 | 君に届け 2nd Season | 君のいる町 | 咲-saki- | 問題児たちが異世界から来るそうですよ? | 喰霊-零- | 四月は君の嘘 | 坂本ですが? | 坂道のアポロン | 城下町のダンデライオン | 境界の彼方 | 境界線上のホライゾン | 変ゼミ | 変態王子と笑わない猫 | 夏目友人帳 | 夏色キセキ | 夏雪ランデブー | 夜ノヤッターマン | 夜桜四重奏 | 夢喰いメリー | 大図書館の羊飼い | 天体のメソッド | 天鏡のアルデラミン | 失われた未来を求めて | 好きっていいなよ | 妖狐X僕SS | 学戦都市アスタリスク | 宇宙兄弟 | 宇宙戦艦ヤマト2199 | 実は私は | 寄生獣 | 対魔導学園35試験小隊 | 小林さんちのメイドラゴン | 少女たちは荒野を目指す | 少年メイド | 山田くんと7人の魔女 | 幕末義人伝 浪漫 | 干物妹うまるちゃん | 幸腹グラフィティ | 幻影を駆ケル太陽 | 幼女戦記 | 弱虫ペダル | 彼女がフラグをおられたら | 心霊探偵 八雲 | 快盗天使ツインエンジェル | 恋と選挙とチョコレート | 恋愛ラボ | 悪魔のリドル | 惡の華 | 戦国コレクション | 戦国乙女~桃色パラドックス~ | 戦姫絶唱シンフォギア | 探偵オペラ ミルキィホームズ | 探偵ナイトスクープ | 攻殻機動隊 | 放浪息子 | 放課後のプレアデス | 政宗くんのリベンジ | 文豪ストレイドッグス | 断裁分離のクライムエッジ | 新世界より | 新参者 | 新妹魔王の契約者 | 日常 | 日記・コラム・つぶやき | 星刻の竜騎士 | 星空へ架かる橋 | 映画・テレビ | 昭和元禄落語心中 | 普通の女子高生が【ろこどる】やってみた。 | 暁のヨナ | 暗殺教室 | 曇天に笑う | 最弱無敗の神装機竜 | 最近、妹のようすがちょっとおかしいんだが | 月の恋人 Moon Lovers | 月刊少女野崎くん | 有頂天家族 | 未来日記 | 未確認で進行形 | 東京ESP | 東京レイヴンズ | 東京喰種トーキョーグール | 桜Trick | 棺姫のチャイカ | 極黒のブリュンヒルデ | 機巧少女は傷つかない | 櫻子さんの足元には死体が埋まっている | 武装神姫 | 残響のテロル | 氷菓 | 波打際のむろみさん | 灰と幻想のグリムガル | 灼熱の卓球娘 | 灼眼のシャナIII Final | 無彩限のファントム・ワールド | 牙狼 | 物語シリーズ | 犬とハサミは使いよう | 猫神やおよろず | 琴浦さん | 甘々と稲妻 | 甘城ブリリアントパーク | 生徒会の一存 | 生徒会役員共 | 田中くんはいつもけだるげ | 甲鉄城のカバネリ | 男子高校生の日常 | 異国迷路のクロワーゼ | 異能バトルは日常系のなかで | 白銀の意思 アルジェヴォルン | 百花繚乱 | 監獄学園 プリズンスクール | 相棒 | 真剣で私に恋しなさい!! | 神のみぞ知るセカイ | 神撃のバハムート | 神様のメモ帳 | 神様はじめました | 神様ドォルズ | 私がモテないのはどう考えてもお前らが悪い! | 競女!!!!!!!! | 精霊使いの剣舞 | 紅殻のパンドラ | 純潔のマリア | 終わりのセラフ | 終末のイゼッタ | 結城友奈は勇者である | 絶園のテンペスト | 緋弾のアリア | 緋色の欠片 | 織田信奈の野望 | 繰繰れ!コックリさん | 美少女戦士セーラームーン | 翠星のガルガンティア | 聖剣使いの禁呪詠唱 | 聖戦ケルベロス | 聖痕のクェイサー | 舟を編む | 艦隊これくしょん-艦これ- | 花咲くいろは | 落第騎士の英雄譚 | 蒼き鋼のアルペジオ | 蒼の彼方のフォーリズム | 蒼穹のファフナー | 蟲師 | 血界戦線 | 装神少女まとい | 謎の彼女X | 貧乏神が! | 赤髪の白雪姫 | 超次元ゲイム ネプテューヌ | 超訳百人一首 うた恋い。 | 輪るピングドラム | 輪廻のラグランジェ | 迷家 | 這いよれ!ニャル子さん | 進撃の巨人 | 銀の匙-Silver Spoon- | 銀河機攻隊マジェスティックプリンス | 銃皇無尽のファフニール | 鋼の錬金術師 | 長門有希ちゃんの消失 | 閃乱カグラ | 電波女と青春男 | 霊剣山 | 青の祓魔師 | 革命機ヴァルヴレイヴ | 響け♪ユーフォニアム | 風夏 | 食戟のソーマ | 鬼平 | 鬼灯の冷徹 | 魔乳秘剣帖 | 魔弾の王と戦姫 | 魔法つかいプリキュア! | 魔法少女まどか☆マギカ | 魔法少女リリカルなのは | 魔法少女育成計画 | 魔法戦争 | 魔法科高校の劣等生 | 魔界王子 devils and realist | 魔装学園HxH | 黄昏乙女Xアムネジア | 黒子のバスケ | 龍ヶ嬢七々々の埋蔵金

2017年3月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  

Right

Down

  • VividRed
    ビビッドレッド・オペレーション
  • Lagrange
    輪廻のラグランジェ 応援バナー
  • The IDOLM@STER
    THE IDOLM@STER
  • 電波女
    テレビアニメ「電波女と青春男」 公式サイト
  • Steins;Gate
    TVアニメ『シュタインズ・ゲート』
  • あの花
    あの日見た花の名前を僕達はまだ知らない。
  • アスタロッテ
    TVアニメ「アスタロッテのおもちゃ!」公式サイト
  • 超電磁砲
    とある科学の超電磁砲 公式サイト
  • 俺妹
    俺の妹がこんなに可愛いわけがない
  • あそびにいくヨ
    TVアニメ「あそびにいくヨ!」7月より放送開始!

OnDemand

  • NetMile
  • Small
  • s2

BlogPP

Afiliate

AfiliateA

YearSeasons

PV

  • MuraPV
無料ブログはココログ