カテゴリー

カテゴリー「ロクでなし魔術講師と禁忌教典」の12件の投稿

2017年6月21日 (水)

ロクでなし魔術講師と禁忌教典 TokyoMX(6/20)#12終

最終回 Lecture XII 見つけた居場所

システィはルミアとリィエルの秘密を立てにレオスからの求婚を断れない。
突然の結婚式にクラスメイトも同様を隠せない。
ルミアにも事情を説明できないシスティ。
ルミアはグレンに知りうる全ての情報を伝える。
俺に任せろと言ったきり行方不明。
リィエルもレオスは気に入らないと感じて切りたい様子。

結婚式当日、レオスの参列者は一人も居ない異様な状態。
グレンが駆けつけて花嫁強奪、クラスメイトも嬉しそう。
グレンは昔の自分を取り戻して戦うための準備を行っていた。
それ程にやばい相手だが、レオスの目的が不明。
システィも心当たりはない。
天使の塵の末期患者が命令で二人を襲う。
何処かに誘導されている感じはセラの時と似ている。
殺害も厭わないグレンの非情な戦闘に恐れをなすシスティ。
もう一緒には居られないとグレンを拒否。
アルベルトたち宮廷魔導士も生徒たちを守る。
Dcxrv0fumaa9woo1
二人の前に現れたレオス、しかし正体は元宮廷魔導士No.11のジャティス。
レオスは天使の塵患者で魔導兵団戦の後に既に死亡していた。
ジャティスは己が正義に準じる男。
禁忌経典を手に入れれば正義の執行が可能となる。
しかし己が正義の執行者としては唯一敗れたグレンの存在が認められない。
グレンに勝利して最強こそが正義の執行者に相応しい、それが一連の行動だった。
もうシスティは用無しなので逃げろと告げる。
非情なグレンの攻撃にも対応できるジャティス。
先読みの能力を持ち、前回はセラのお陰で勝てた。

グレンが怖くて逃げたシスティ、でもグレン先生を取り戻したいと戻ってきた。
彼女の魔法がグレンをジャティスの攻撃から守る。
お前だけは助けると告げるグレンに二人して生きて帰るとツーマンセルを
 受け入れるシスティ。
システィの自己改変魔法でジャティスの攻撃を打払いグレンのパンチが炸裂する。
最終奥義とも言うべきレディ・ジャスティスを発動するが、完了前に
 壊すシスティ。
そのお陰でジャティスを殴り飛ばす。
しかしシスティもマナ欠乏症で限界だった、ここは負けとして引くジャティス。
この国はいずれ潰されねばならぬ、誤った理の上に構築されている。
Dcxr1kxuaae1lq_1
生徒たちが駆けつけ先生として生きることを決意するグレン。
その覚悟を知ったのか、セリカはライフワークの地下迷宮探索に
 本腰を入れると学園を去る。
アルベルトにジャティスを仕留められなかったと告げるが、
 本来はグレンの仕事ではない。
ただ分からないのは禁忌経典のことだった。

---最終回---

超駆け足で描いてなんとか幕を引いた感じです。
でも全体的に後3,4話は欲しかったですね。
そうすれば、十分に視聴して納得できる終わり方になったと思う。
今回のエピソードで不明なのが、レオスの正体、錬金術を
 見てグレンは理解できなかったのかということ。
一度対戦しているようだから、戦闘でレオスがジャティスだと
 気づかなかったのが分からない。
リィエルの過去エピソードももう少し丁寧に描いて欲しかった。
それに学園でのリィエルを含めた学園ギャグをもっと描いて欲しかった。
セリカの魔法での出番が無いのも残念だった。
それらを含めて少し短かった。
セラ、ジャティスを描かずに、原作者監修でアニメオリジナルの
 エピソードで終わらせるのも良かったかもしれない。

リィエルと兄、レオスとジャティスなどは、ミスリードが上手く
 逆に思わせる描き方が楽しめた。

2017年6月14日 (水)

ロクでなし魔術講師と禁忌教典 TokyoMX(6/13)#11

Lecture XI 決戦!魔導兵団戦

グレンとレオスは魔導兵団戦でシスティを賭けた勝負を行う。
近代魔導戦は3人一組で、攻撃、防御、支援を行う。
近代の戦闘では突出したヒーローは必要ない。
対するグレンの2組は3人チームもさえも作るのは難しい。
だったら2人1組で数で対抗する。
完全な指揮者のレオス、罠を仕掛けて森に誘い込むグレン。
リィエルも協力して狙撃班を倒す。
一糸乱れぬ統率を撹乱するグレンの戦術、あとは各自が終わりまで逃走。
3時間で結果は得られず引き分けとなる。
Dcnifwpvwaa1_9e1
勝てなかったことを生徒の失態だと責めるレオス。
作戦の失敗は現場ではなく指揮官の失態だとグレン。
その言葉にレオスがグレンに決闘を申し込む。
今度は1対1の決闘、了承するグレン。
逆玉の言葉に納得できないシスティは思わずビンタする。
私は物じゃない。

町では天使の塵の中毒患者が次々に亡くなっていた。
思ったよりも拡散、浸透が早い。
レオスの狙いは分家筋が本家を上回ることだった。
Dcnmo5dv0aep50w1
グレンに真意を訪ねるシスティ。
セラと似ているシスティ、血塗られた軍隊の魔導士の現実に
 夢を諦めたグレン。
グレンの夢は正義の味方の魔導士、それを唯一応援してくれたのがセラ。
だからシスティの夢をバカにしたレオスが許せなかった。
学問だけの魔導士だとレオスをバカにしていたグレン。
グレンの過去を知るレオスはシスティの前で過去を話す。
怒りで決闘を始めてしまうグレン。
レオスも軍隊式格闘技をマスターしており、タルパ、錬金術で
 空想を具現化出来るの術もマスターしていた。
錬金術ではグレンの魔法封じの愚者は通用しない。
敗北して去っていく。

追いかけようとするシスティの手を取って花嫁となるように告白する。
言うことを聞かないシスティにルミアとリィエルの秘密をバラスと
 脅して大人しくさせる。
翌日の決闘には現れず学院からも姿を消したグレンだった。

---最終回 「」---

生徒による魔導兵団戦ではズルい方法で引き分けに持ち込んだグレン。
しかし学問主体で魔導では勝てると思っていたレオンが思いの外
 グレンを調べていた。
彼の長所を封じる術で対抗してきたのでした。
レオスは顔色が悪くなったこともあり、天使の塵常用者なのでしょうね。
その薬は能力のレベルアップが可能なのかもしれない。
なので錬金術で大技を発動してグレンを圧倒できたのかもしれない。
ただ尺が足りないのか淡々と描くだけで何が凄いのか、凄くないのか
 分からない演出は勿体無い。
色々と策を弄したりと丁寧な仕込みがあるのかもしれないが
 駆け足でバトルして勝利を描きたいだけに思える。
この辺りがラノベアニメの限界にも思える。

もう少しセラが描かれると思ったら殆ど出番なしで残念。

2017年6月 7日 (水)

ロクでなし魔術講師と禁忌教典 TokyoMX(6/06)#10

Lecture X 逆玉!?

システィはセラ・シルヴァースと似ていると話すアルベルト。
エレノアは大導師様に報告、ルミアの能力は完成近い。
暫く静観するようにと伝えられる。
天の知慧にはエルニアナ王女の転生を目論む者も居るらしい。
Dbphhuyv0aachbd1
システィの幼馴染で将来を近い会ったレオスが講師として赴任する。
優秀な成績なので信じられない教師陣。
講義も完璧で軍用魔術への転用に気づく生徒も多い筈。
それほど怖さを覚える説明でもあった。
グレンの教えを学んだ生徒なら大丈夫と言うルミアも
 危ない転用方法に気づいていた。
Dbphicquiaa6aqu1
レオスがシスティを呼び出して結婚を申し込む。
彼女には祖父の夢、メルガリウスの天空城の謎を解く。
そのためには学ぶことも多く、断るのだった。
魔法を考古学などに使うのは愚の骨頂と晩年の
 祖父の功績を貶めるレオス。
覗き見していたグレンたちはレオスが振られて飛び出す。
システィは咄嗟にグレンが恋人だと説明する。
グレンも昨夜も一緒だったと乗ってしまう。
グレンは夫として相応しく無いと認めないレオス。
それなら決闘を申し込むグレン。

勝負は講義内容で決める。
グレンは逆玉、無職で引き籠めるとノリノリ。
クラスにも協力を要請するが賛同者は居ない。
アルベルトが天使の塵が持ち込まれたと伝える。
協力は認めないアルベルト。
かつてセラが、その事件に関わって命を落としたからだった。
人の意識を奪って使役させる危険な麻薬。

レオスは怪しげな男の手先だった。

---次回 「」---

新たな人物が尽く敵で分かりやすい構成。
それは尺が足らないからでしょう。
アバンの生徒たちのビーチバレーを何度も描くのはどうかと思う。
それなら前回のリィエルの過去に尺を使って欲しかった。
セラの名前を今回で使いたかったからでしょうが、前回に描く必要はなかった。
それ程に前回のリィエルの過去描写不足は致命的だと思う。

今回が最終エピソードなのでOPで登場する全キャラが
 登場するようです。
セラ・シルヴァースは白犬と呼んでいたようでシスティが白猫。
微妙な酷似に外見も似ている様子。

この作品も続編を考えて色々と仕込んでますが、
全てが明らかになることはなさそうですね。
2期があればいいと思いますが、無理でしょうね。
特に近年は円盤の売上が著しく減少している。
有料ネット配信で儲かるのだろうか。
その数字が明らかになる術がほしい。
スポンサーの出版社としては謎が残れば売り上げも増えると考えているのだろうか。

2017年5月31日 (水)

ロクでなし魔術講師と禁忌教典 TokyoMX(5/30)#09

Lecture IX 生きる意味

システィの膨大な魔力で回復したグレン。
アルベルトは白金研究所長と天の知慧研究所との繋がりを
 調査、資金の流入が明らかになった。
ルミアの救出に立ち塞がるならリィエルも倒すことを厭わないアルベルト。
グレンは殴ってでもリィエルを連れ戻す覚悟。

外出するグレンとアルベルトを見かけた生徒が
 ルミアが誘拐されたことを知り騒ぎ出す。
足手まといになるからと止めるシスティ。
Dbffjjhuqaaozxa1
白金研究所長バークスはプロジェクト・リヴァイヴライフの研究を続けていた。
ルミアの異能、感応増幅を利用してプロジェクトを推進する。
アルベルトはルミアに施した探知魔法は解除されているが
 エレノアに施した術が気づかれていなかった。
駆けつける二人にバークスのキマイラが迎撃する。
エレノアはバークスの研究成果を持って早々に立ち去る。
ルミア救出に向かうグレンの前に立ち塞がったのはリィエルだった。
彼女の兄は2年前に亡くなった。
しかし記憶を失っているのか兄の名さえ分からないのだった。
グレンとの戦闘で記憶を蘇らせる。
Dbfgxclvyaaxgqk1
かつてプロジェクト・リヴァイヴライフを研究するシオン、イルシア、ライネル。
事の非道さに研究を中止して帝国に保護を願ったシオン。
グレンがシオンに相談されて保護に向かったが完成を求める
 ライネルにシオンは殺害されてしまった。
そして残されていたイルシアの被験体がリィエルだった。
ライネルはバークスの技術で新たに3体のリィエルを生み出していた。
彼女たちは感情を持たない操り人形だった。
真実を知り立ち直ったリィエルは彼女たちを倒す。

---次回 「」---

色々と駆け足でしたね。
バークスはどうでも良いのであっさりとカットされていたのは良いのですが
 リィエルとシオン、ライネルの件はもう少し丁寧に描くべきだと思う。
特にリィエルが復活する部分は描写が足りず意味も不明。
イルシアはシオンの妹なのでしょうが、彼女が被験体になった
 理由や少なくともリィエルがイルシアじゃないと気付く描写は欲しい。
視聴者的には分かるが、彼女が自分で気付く描写が無いように思える。
シオンに化けていたのもライネルのようですが判りにくい。
ライネルがシオンに魔法で化けていたのだろうか?

今回は出番の無かったシスティも生徒たちと描いて
 全体的なバランスは良かったとは思う。
まあTVの尺と描きたいストーリーとの兼ね合いですが。

リィエルの脳筋大食大剣キャラって舞HIMEの命と同じかも。

2017年5月24日 (水)

ロクでなし魔術講師と禁忌教典 TokyoMX(5/23)#08

Lecture VIII 愚者と星

遠征学習で白金魔導研究所に向かう。
リィエルはシルフィとルミアが悪いと考えていた。
2人に嫌いだと告げる。
リィエルは子供なんだと取りなすグレン、ルミアは仲良くなることを諦めない。
しかし暫くは様子見に徹する。
Dahbuicwaaabp_61
白金魔導研究所は白魔術と錬金術を融合する研究所。
キメラの研究なども行っていた。
これを続けると外道魔導士に堕ちそう。
人体蘇生術に関しても尋ねるシルフィ。
コピーとコピーを掛けわせてコピーを作るプロジェクト
 リヴァイヴライフは封印された。
一人を蘇生するために多数の人間が必要となる効率の悪い術。
天の知慧研究会では成功したとの噂もあった。
最終的に成功させるには固有魔法が必要。

未だ一人で怒っているリィエル。
海岸で一人のところに兄が訪れる。
死んだはずだが、組織に助けられ囚われた。
助けるために協力して欲しい。
ルミアが必要でグレンが邪魔。
Dahcng3uaaa9ebg1
アルベルトはリィエルも監視していた。
敵の接触に拙いと行動するがエレノアが出現して邪魔をする。
エレノアはネクロマンサー、彼女の蘇生力には
 ただならぬ力を感じて、ここで捕らえたい。
二人の攻防が始まる。

グレンがリィエルの兄の間に入って奸計の阻止に動く。
固有魔法で攻撃を阻止するが背後からリィエルに貫かれる。
エレノアは状況を知って撤退する。
リィエルがルミアの誘拐に動く。
戻ったシルフィと遭遇するが、直接攻撃に躊躇う。
怖くて足が竦んだのだった。
リィエルはルミアを連れ去る。
アルベルトがグレンを担いで訪れる。
蘇生には膨大な魔力が必要でシルフィの力が必要。
呼吸が止まったので人工呼吸を行え。

---次回 「」---

いきなりのシリアス展開です。
リィエルの派遣は色々と問題が有り過ぎる。
なにゆえ彼女に任務を与えたのかが不明。
色々と酷すぎる気がする。

それにしても分かりやすいネタフリ。
人体蘇生術、プロジェクト・リヴァイヴライフ、ネクロマンサー、
 死んだはずの兄の出現。
気になるのはリィエルの任務を知る前から兄の蘇生を
 準備していたのだろうか。
それとも一晩で完了するのだろうか。
シルフィも直接攻撃するのではなくて、バインドなどの
 拘束系の魔法を習得していないのだろうか。

ルミアの能力と禁忌教典が関係するらしいが
 人体蘇生も関係するのだろうか。
研究所長も胡散臭すぎる。
リィエルが使用するのは魔法ではなく錬金術なのは
 最初に説明するべきだと思う。
なのでグレンの固有魔法発動でも影響を受けなかった?
エレノアも侍従姿ではなく、それらしい衣装に着替えても良かったと思う。

2017年5月17日 (水)

ロクでなし魔術講師と禁忌教典 TokyoMX(5/16)#07

Lecture VII 星降る海

グレンに格闘を教わるシスティ。
魔術の習得には格闘術も役立つらしい。
いずれ軍用魔術も教えてやる。

王室はルミアの警護にリィエルを派遣した。
グレンのクラスに転入してくる。
宮廷魔導士の身分は丸秘だが理解できていない。
兄が亡くなっている。
私はグレンのために生きると決めた。
31
魔術は苦手だが、錬金術は得意。
圧倒的なパワーに危ない人と思われる。
3日食べなくても平気だが、スイーツは大好き。
ルミアが学食に誘う。
シルフィとルミアが仲良くなってクラスメイトも打ち解け始める。

遠征学習はサイネリア島、ビーチがある。
複数の場所を選べるが、軍用魔術から一番遠い場所を選んだ。
ルミアの護衛は遠距離狙撃のアルベルトが本命。
リィエルには気をつけろと注意されるグレン。
11
ルミアとシルフィはリィエルと友達になった。
リィエル本人には良く分かっていない。
宮廷魔導士の頃は悲しい顔ばかりだったグレン。
だからリィエルはグレンを守ることに決めた。
いつも側に居ると決めたのに辞めてしまった。
ルミアとシルフィがグレンを辞めさせたのと勘違い。

エレノアは更なる策を暗躍していた。

---次回 「」---

リィエルがルミアの護衛でクラスに転入。
兄の死とグレンとの関係にエピソードが有りそうです。
彼女が操られるというよりも、ヤンデレ気味にグレンに
 懐いているのが問題のような気がする。
リィエルが自分の目標を見つけて成長する姿が
 見られるのか?取り敢えず納得で終わるのか気になる。
衣装は魔術学園の制服よりも宮廷魔導士の制服のほうが良い。

エレノアの暗躍で禁忌教典とルミアの関係などの詳細が
 明らかになりそう。
最近のグレンは良い講師でロクでなしには思えない。
尺の関係で見せ方が難しいのかもしれないが、タイトルだけに
 駄目な部分も描いて欲しいものですね。

2017年5月10日 (水)

ロクでなし魔術講師と禁忌教典 TokyoMX(5/09)#06

Lecture VI 邪悪なる存在

突然グレンを襲う宮廷魔導士団のリィエルNo.7<戦車>。
初撃は防ぐが2撃目は難しい、アルベルトNo.17<星>が狙撃して取り押さえる。
2人はグレンの元同僚、状況は把握しているが対応策はない。
グレンは元宮廷魔導士団ナンバー21<世界>のセリカの言葉を信じる。
ルミアを王女の前に連れていく。
その策に2人も協力してくれる。
C_zspn1umaaj_ie1
侍従のエレノアは王女のネックレスを条件付き呪殺具に
 交換していた天の知慧メンバーだった。
せりかは、そのことを知り何も言えなかった。

魔術競技祭はI組に逆転されて2位となったII組。
アルベルトがグレンの代行で指揮を執ると訪れる。
リィエルもシルフィに信じて欲しいとお願いする。
指揮が誰であってもII組は優勝したい。
勝てばグレン先生が豪華な食事を約束してくれる。
それにグレンに馬鹿にされるのは耐えられない。

II組は再び同点でI組に追いつく。
セルフイリュージョンに出場するリンはI組の高得点に自信を
 再び喪失気味だったがアルベルトが励ましてくる。
まるでグレン先生のようだ。
リンは時の天使ラ=ティリカで満点を取得する。
優勝は最後のI組とII組の直接決闘で決まる。
3人組の決闘で1対1、最終決戦でシルフィの固有魔法が
 相手を弾き飛ばして勝利する。

優勝チームは女王から直接表彰される。
表彰台に登ったアルベルトとリィエルはグレンとルミアのセルフイリュージョンだった。
セリカがすかさず結界を張って親衛隊の侵入を拒む。
それでもアリシア女王の言葉はルミアを討てだった。
ゼーロス親衛隊総隊長は事後に腹を切る覚悟だった。
なんとしても女王を守らねばならない。
セリカの言葉通り、女王の前に立ったが状況は変わらない。
グレンは考えを巡らせる。
女王のネックレスが普段と異なっていた。
綺麗ですね。私のお気に入りなの。
ゼーロスの攻撃を防ぎ固有魔法愚者の世界を発動する。
これにより、条件付き呪殺具は発動せず外すことが可能となった。

王室親衛隊を内定していた宮廷魔導士団のアルベルトとリィエルは
 エレノア・シャーレットが今回の事件の首謀者だと判明。
捕縛しようとするが逃亡される。
禁忌教典のための王女。
C_zwlcduaaa8gcq1
3年前にルミアが誘拐された時にアリシア女王はグレンに奪還を
 涙ながらに訴えた。
そんな彼女がルミアを討てと命じるわけがない。
助ける時に俺だけは味方だから泣き止んでとルミアに告げたグレン。
その約束は今回も守られた。
女王もルミアの想いを聞けて満足して帰る。

優勝祝賀会の支払いで報奨金と賭け金の給料三ヶ月分は相殺されて
 手元には何も残らなかった。

---次回 「」---

グレンがアルベルトに、ルミアがリィエルに入れ替わって
 行動していたのでした。
そのヒントがリンのセルフイリュージョン競技でしたね。
前回でグレンが発動して見せる、今回も同じ励まし方。
女王の前にルミアを連れいくために優勝する。
上手い展開だったと思う。
ただ気になったのは女王のネックレスが怪しいと気付く
 演出が欲しかった。
いつもルミアと同じペンダントを身につけていた。
その話は前回語られましたが、今回もシーンを描いて欲しかった。
そうすれば、グレンが気づいて対応したのも納得でした。

今回ようやくタイトルの禁忌教典の言葉が語られました。
ここまで、意味のないタイトルでしたから。
前回はルミアを拉致しようとした天の知慧研究会。
今回はルミアを処刑しようとした。
遺体でも役立つのでしょうか、今回の狙いは謎でした。

終わってみれば、さしたる綻びのない良いエピソードでした。
ここまでは厨二病アニメなのに珍しく楽しめている。
脳筋、無表情、大食い?のリィエルの再登場に期待ですね。

2017年5月 3日 (水)

ロクでなし魔術講師と禁忌教典 TokyoMX(5/02)#05

Lecture V 女王と王女

学院の魔術競技は総合でII組がトップに立った。
各出場者がクラスのためにと頑張ったからだった。
ランチタイムにグレンは昼食がなくてひもじい。
午後のセルフイリュージョンの競技に出場するリンが
 不安になってグレンに相談する。
手本にルミアに変身してアドバイスする。
C1rzc8xyae9ljl1
シルフィーが勘違いしてランチを持ってきた。
そのままの姿でランチを食べようとするがルミアが訪れて
 正体がバレて怒られる。
ルミアがシルフィーの作ったランチを持ってきてくれた。
朝早く起きて調理したらしいが捨てると言うのでもらってきた。
そこに女王アリシアがルミアに会いに来た。
元宮廷魔導士団に所属していたグレンには退職の経緯も
 考慮して労を労う。
3年前に病死したことになっているエルミアナ王女に
 会えて嬉しい。
しかしルミアは複雑な思いで素直に母とは呼べず走り去る。
簡単には許してもらえないと帰るアリシア。
ゼーロス親衛隊長が女王を拘束する。
侍従のエレノアがセリカに耳打ちする。
女王不在で観覧席は騒がしい。
C1tq0oxyaecngk1
宮廷魔導士のアルベルトはリイエルと王室親衛隊を監視していた。
不穏な動きがあると情報を得ていた。
アリシア女王を拘束したゼーロスたちの行動も分かっている。
ルミアが戻らない、自分の秘密は理解していた。
異能者の娘は王室に災いをもたらすと里子に出された。
それでも母親として甘えたい欲望はある。
育ててくれたシルフィーの両親に対する恩義を裏切る感じもある。
色んな思いが入り混じって素直に感情を伝えられなかった。
人は選択して後悔する生き物だ。
でも本音で行動すれば後悔も少ない。
女王もルミアと同じロケットを持っていたことを知るグレン。
もう一度、女王に会おう。

王室親衛隊がルミアを処刑すると捕まえる。
このために会いに来たのだと思い込むルミア。
グレンが救出して逃走する。
セリカに連絡するが何も言えない、何も出来ない。
お前だけが頼りだ。
王室親衛隊が守る女王の前にルミアを連れいくことは容易ではない。
一人では無理だと思う時、2人の影が見えた。
リィエルがグレンに攻撃を仕掛ける。

---次回 「」---

魔術競技祭、2-II組は順調に成績を伸ばして
 総合ランキングもトップ。
だが王室親衛隊の行動が不審。
どうやら異能者の娘ルミアを処刑したいようですね。
これも不安の種を刈り取る的な意味合いにも思える。
親衛隊を見張る宮廷魔導士団。
グレンの元同僚のアルベルトとリィエル。
勝手に相談なく辞めたグレンには言いたいことが山ほど
 ある様子です。
彼らの心情を描かなければ新たな敵かと視聴者には
 ミスリード出来たかもです。
EDでも歌っているリィエルが脳筋のようで大剣使い。
これは無口で大食いキャラなのでしょう。
今まで足りなかった力技キャラとして期待できそうです。

シルフィは順調にフラグを積み重ねてますね。
セリカはいつもグレンに頼られてますが、立場があって
 動けないことばかり。
彼女の本気も凄そうで発揮できる時を期待してます。

2017年4月26日 (水)

ロクでなし魔術講師と禁忌教典 TokyoMX(4/25)#04

Lecture IV 魔術競技祭

アルザーノ帝国魔術学院で魔術競技祭が開催される。
女王アリシアが競技を観戦する。
学院には病死として処理されて里子に出したルミアが通っている。
異能保有者故に放逐せざるを得なかった娘に会えると
 期待と不安で揺れる女王。
観戦には王室親衛隊の総隊長ゼーロスが護衛する。
021
落ちこぼれのII組は競技祭の出場メンバーが決まらない。
どうせI組には負けるからやる気がない。
特別賞与目当てに優勝を目論むグレンは各自に得意な競技の
 メンバーに決めていく。
生徒をよく見て特徴を把握しているとルミアは感心するのだった。
全員が出場できる様に割り振ったが失敗だった。
他のクラスは成績上位者が複数の競技に出場して優勝を目指す。
グレンも学生時代は出場できなかったので忘れていたのだった。
Crnaqquqaa8yon1
中庭で競技の練習を行うII組に場所を開けろとI組が割り込んでくる。
担任のハーレイ先生と勝負を持ちかけるグレン。
給料3ヶ月分を賭けて勝負だ。
I組は優秀で謝ろうと思うが、引くに引けない状況に陥る。
皆で頑張ろうと一致団結する。
グレンも食費獲得のために頑張って教える。
ルミアは育ての親のシスティの両親こそ、両親だと考えている。

アリシア女王が来賓されて魔術競技祭が開始される。
予想以上に落ちこぼれII組が健闘して、各競技で上位に食い込んでくる。
総合ランキングでも3位に位置していた。
セリカは予想外の状況を愉快だと楽しむ。
アリシア女王とは旧知の仲でアリスと親しげに呼ぶのだった。
ルミアは治癒系の白魔術が得意だが精神防御競技に出場する。
魔術のスキル云々よりも彼女の芯の強さが重要な競技だった。
前年度優勝者のV組のジャイルが強敵で一騎打ちになる。
最後の精神攻撃にはルミアも立っていられずに膝をつく。
危険なのでグレンが棄権すると止める。
お前はもう十分頑張った。
ジャイルは立ったままで気絶していた。
逆転勝利のルミア、総合順位も2位に躍進するII組。

---次回 「」---

テンプレの競技祭でクラスを優勝させたいと頑張る担任だが
 実は金欠で賞金狙い。
そんな競技祭に病死扱いのエルミアナ王女に会いたいと
 観戦して喜ぶアリシア女王でした。
この場を狙う誰かが存在するのか、宮廷魔導士の
 2人が密かに見張っているようです。

侍従の差し出したペンダントにどんな意味があるのか。
王室親衛隊総隊長は本当に味方なのか?など
 胡散臭い輩も見受けられます。
総合優勝が決まる次回では明らかになりそうです。
そして優勝は有耶無耶、もしくは無効になる予感。
3人目のヒロインも最後に顔見世してました。
彼女も含めてED曲と映像が初放送。
OP曲は放送回数が決まっていたりするらしいが、ED曲には
 制約はないのだろうか。

2017年4月19日 (水)

ロクでなし魔術講師と禁忌教典 TokyoMX(4/18)#03

Lecture III 愚者と死神

学園を襲った犯人は魔術結社、天の智慧研究会。
外道な組織で学園の結界を通過したことから手引者が存在する。
セリカに状況を伝えるが学会に参加しているので戻れない。
宮廷警備隊に連絡もできない。
C9tkkkiuaaa0e1h1
骸骨兵が召喚される、捕まえた犯人が口封じされる。
システィが拳を強化してくれるが多勢に無勢、脱出する。
足止めの魔法をかけている間に赤い結晶の力で爆裂魔法を放つグレン。
しかし代償としてマナが枯渇してしまう。

何とか倒せたと思った矢先に犯人の一人、レイクが出現。
厄介な5本の魔導器、剣を扱える。
システィを逃して戦闘が始まるが愚者の世界は発動できない。
拳で飛来する5本の剣を裁くのは無理、負傷する。

相手は省略詠唱が可能だがお互いにカウンターを狙う。
万策が付きたのか剣を肉体で受け止めるグレン。
システィが戻って剣を無効化する。
剣を奪って犯人に突き立てる。
帝国宮廷魔術団に凄腕の魔術師殺しが居たことを思い出す。
残った魔力でグレンの回復を行うが二人共に眠ってしまう。

セリカからの通信で目覚める。
転送魔法陣は使用できない。
それは脱出のために移動先を変更したんだ。
魔方陣がある塔に向かう。
そこにルミアが居たが、内通者も居た。
前任者のヒューリ先生だった。
彼が結界を解き学園を破壊すべく魔法陣を設置した。
起動は自身が人間爆弾でルミアにはサクリファイの魔法を仕掛ける。
先に愚者の世界を発動したが、ルミアの拘束を解くことが出来なくなる。
固有魔法、愚者の世界を解除して自らの血液を媒介として
 拘束を解き始める。
C9tol5kumaatsam1
正義の味方に成りたかったが魔術師の世界には薄汚れたものも居た。
彼らと戦い自らの手を汚してしまった。
拘束は5層の魔法陣で4層でマナが枯渇する。
最後の1層ならば苦痛に耐えればルミアの手が届く。
彼女は異能、魔力を高める事ができる感応増幅者だった。
グレンの魔力を高めて魔法陣を全て解除する。
ヒューリは組織に脅されて手を貸すしか無かったと泣く。

講師を続けるグレン、生徒たちの行く末を見てみたくなったから。
初めてのOP放送。

---次回 「」---

将に良い最終回だったと言えるほどの演出でした。
誰か魔法に詳しい人の実況が欲しいところですが
 魔法を魔法で打ち消したり相性があったりする様です。
今回は誰も説明してくれないので詳細は不明ですが、
 ストーリー的には王道的な展開で良かった。
ただ魔法で拘束して犯人逮捕ではなく、殺害するのが
 甘いだけのラノベ作品ではないところでした。
犯人が言った魔術師殺しの仕事を請け負っていたようですね。
そして正義の味方、魔術師に絶望したようです。
女性の絵も有りましたから愛する人も失ったのかもしれない。
適当で好い加減なロクでナシ講師の過去には重過ぎる
 絶望が隠されているようですね。
グレンの設定は衛宮切嗣と同じなのはどうだろうか?
正義の味方になりたかった魔術師殺し。

OP映像はネタバレになるので、ここまで流さなかったのでしょうね。
そして彼の持つ賢者の石のような物が気になります。
かなり細かな魔法設定があるようですが詳細不明。
公式サイトには2人が未登場、大剣を振り回す小柄な
 少女が大食いキャラに思える。
そして無愛想で毒舌キャラならテンプレどおり。

その他のカテゴリー

18if | 30歳の保健体育 | 3月のライオン | 91DAYS | ACCA13区監察課 | AKB0048 | AKIBA'S TRIP | Angel Beats | Another | Aチャンネル | BanG Dream! | BLAZBLUE ALTER MEMORY | BLOOD-C | Brave10 | BTOOOM! | C | C3-シーキューブ- | CHAOS;CHILD | Charlotte | Classroom☆Crisis | Coppelion | D.C. | DAYS | Devil Survivor2 | DOG DAYS | DRIFTERS | Fate/Zero Stay Night | Free! | GANGSTA. | GATE 自衛隊 彼の地にて、斯く戦えリ | GJ部 | Go!プリンセスプリキュア | God Eater | GOSICK | GRANBLUE FANTASY | ID-0 | ISUCA | K | LUPIN the Third峰不二子という女 | M3-ソノ黒キ鋼- | Mr. BRAIN | NEW GAME! | No.6 | Occultic;Nine | orange | PSYCHO-PASS | RAIL WARS! | RDGレッドデータガール | Re:CREATORS | Re:ゼロから始める異世界生活 | ReLIFE | Rewrite | Rio-Rainbow Gate- | ROBOTICES:NOTES | selector infected WIXOSS | SHIROBAKO | sin 七つの大罪 | Star Driver輝きのタクト | Steins;Gate | TARI TARI | TERRAFORMARS | The IDOLM@STER | The Unlimited兵部京介 | Thunderbirds | Tiger & Bunny | TVドラマ | UN-GO | Wake Up, Girls | WHITE ALBUM2 | WORKING | Z/X IGNITION | ZETMAN | あそびにいくヨ | あっちこっち | あの夏で待ってる | あの日見た花の名前を僕たちはまだ知らない | あまがみSS | あまんちゅ! | あんハピ♪ | いつか天魔の黒ウサギ | いなり、こんこん、恋いろは。 | うさぎドロップ | うしおととら | うたわれるもの | うどんの国の金色毛鞠 | うぽって | うらら迷路帖 | えとたま | えびてん | えむえむっ! | おそ松さん | おとめ妖怪ざくろ | お兄ちゃんだけど愛さえあれば関係ないよねっ | お兄ちゃんのことなんかぜんぜん好きじゃないんだからね | お勧めできないアニメ | お笑い | がっこうぐらし | きんいろモザイク | ぎんぎつね | くまみこ | けいおん!! | けものフレンズ | げんしけん | この中に一人、妹がいる | この素晴らしい世界に祝福を! | この美術部には問題がある! | これはゾンビですか? | ご注文はうさぎですか? | さくら荘のペットな彼女 | ささみさん@がんばらない | さばげぶっ! | さんかれあ | しろくまカフェ | じょしらく | すべてがFになる | そにアニ | そふてにっ | そらのおとしものf | それが声優 | それでも世界は美しい | それでも町は廻ってる | たまこまーけっと | たまゆら | だがしかし | ちはやふる | つぐもも | つり球 | とある科学の超電磁砲 | とある飛空士への恋歌 | とある魔術の禁書目録Ⅱ | となりの怪物くん | ぬらりひょんの孫 | のうりん | のんのんびより | はぐれ勇者の鬼畜美学 | はたらく魔王さま! | はんだくん | ばくおん!! | ばらかもん | ひだまりスケッチ | ひなこのーと | ふらいんぐうぃっち | まおゆう | ましろ色シンフォニー | まじもじるるも | まよチキ! | まりあ†ほりっく あらいぶ | みつどもえ増量中 | みなみけ | めだかボックス | もしドラ | もっとToLOVEる | ももくり | もやしもん | やはり俺の青春ラブコメはまちがっている。 | ゆゆ式 | ゆるゆり | よんでますよ、アザゼルさん。 | ろんぐらいだぁす! | アイドル事変 | アウトブレイク・カンパニー | アオハライド | アカメが斬る! | アクエリオン | アクションヒロイン チアフルーツ | アクセル・ワールド | アクティヴレイド | アスタロッテのおもちゃ | アトム ザ・ビギニング | アニサン劇場 | アニメ その他 | アニメ・コミック | アニメ個人評価 | アブソリュート・デュオ | アホガール | アリスと蔵六 | アルドノア・ゼロ | アンジュ・ヴィエルジュ | インフィニット・ストラトス | ウィザード・バリスターズ 弁魔士セシル | ウイッチクラフトワークス | エウレカセブンAO | エスカ&ロジーのアトリエ | エロマンガ先生 | オーバーロード | カンピオーネ | ガッチャマン クラウズ | ガリレイドンナ | ガリレオ | ガンスリンガーストラトス | ガンダムAGE | ガンダムGのレコンギスタ | ガヴリールドロップアウト | ガーリッシュ ナンバー | ガールズ&パンツァー | ガールフレンド(仮) | キズナイーバー | キャプテン・アース | キューティクル探偵因幡 | キラキラ☆プリキュア アラモード | キルミーベイベー | キルラキル | ギルティクラウン | クイーンズブレイド | クオリディア・コード | クズの本懐 | クロスアンジュ 天使と竜の輪舞 | クロックワーク・プラネット | クロムクロ | グラスリップ | グリザイアの果実・迷宮・楽園 | ケイオスドラゴン 赤竜戦役 | ココロコネクト | コネタマ | コメット・ルシファー | コンクリート・レボルティオ | ゴールデンタイム | サクラクエスト | サクラダリセット | サムライフラメンコ | サンダーバード | サーバントXサービス | シドニアの騎士 | シモネタという概念が存在しない退屈な世界 | シュヴァルツェスマーケン | ジョジョの奇妙な冒険 | ジョーカーゲーム | スイートプリキュア | スクールガールストライカーズ | ステラのまほう | ステラ女学院高等科C3部 | ストライクウィッチーズ2 | ストライク・ザ・ブラッド | スペース☆ダンディ | スマイルプリキュア | セイクリッドセブン | セイレン | セキレイ Pure Engagement | ゼロから始める魔法の書 | ゼロの使い魔 | ゼーガペイン | ソウルイーターノット! | ソードアートオンライン | タブー・タトゥー | ダンガンロンパ | ダンジョンに出会いを求めるのは間違っているだろうか | ダンタリアンの書架 | チェインクロニクル | テイルズ オブ ゼスティリア | テルマエ・ロマエ | ディバインゲート | ディメンジョンW | ディーふらぐ! | デス・パレード | デッドマンワンダーランド | デュラララ!! | デンキ街の本屋さん | デート・ア・ライブ | トリアージX | トリニティセブン | トータル・イクリプス | ドキドキ!プリキュア | ドラゴンクライシス | ナイツ&マジック | ナンバカ | ナースウイッチ小麦ちゃんR | ニセコイ | ネトゲの嫁は女の子じゃないと思った? | ノブナガン | ノブナガ・ザ・フール | ノラガミ | ノーゲーム・ノーライフ | ハイキュー | ハイスクールDxD | ハイスクール・フリート | ハナヤマタ | ハピネスチャージプリキュア | ハマトラ | ハヤテのごとく | ハルチカ | ハンドレッド | ハートキャッチプリキュア | バカとテストと召喚獣 | バクマン | バチカン奇跡調査官 | バッテリー | バディコンプレックス | バトルガール ハイスクール | パソコン・インターネット | パパのいうことを聞きなさい! | パンチライン | ビッグオーダー | ビビッドレッド・オペレーション | ピンポン | ファイブレイン | ファンタシースターオンライン2 | ファンタジスタドール | フォトカノ | フラクタル | フリップフラッパーズ | フリージング | フレームアームズ・ガール | ブブキ・ブランキ | ブラック★ロックシューター | ブラック・ブレット | ブラッドラッド | ブレイクブレイド | ブレイドアンドソウル | プピポー | プラスティック・メモリーズ | プリズマ☆イリヤ | ヘヴィーオブジェクト | ベルセルク | ベン・トー | ペルソナ4 | マギ | マクロス | マケン姫っ! | ミカグラ学園組曲 | メイドインアビス | メカクシティアクターズ | モブサイコ100 | モモキュンソード | モンスター娘のいる日常 | モーレツ宇宙海賊 | ヤマノススメ | ヤングブラックジャック | ユリ熊嵐 | ヨスガノソラ | ヨルムンガンド | ラクエンロジック | ラストエグザイル-銀翼のファム- | ラブライブ! | リトルウイッチアカデミア | リトルバスターズ | ルパン三世 | レガリア | レベルE | レーカン! | ロウきゅーぶ! | ロクでなし魔術講師と禁忌教典 | ログ・ホライズン | ローゼンメイデン | ローリング・ガールズ | ワルキューレロマンツェ | ワンパンマン | 一週間フレンズ。 | 三者三葉 | 下ネタという概念が存在しない退屈な世界 | 世界でいちばん強くなりたい | 世界征服~謀略のズヴィズダー~ | 世紀末オカルト学院 | 中二病でも恋がしたい | 乃木坂春香の秘密 | 乱歩奇譚 Game of Laplace | 亜人 | 亜人ちゃんは語りたい | 京騒戯画 | 人類は衰退しました | 会長はメイド様 | 侵略!イカ娘 | 信長協奏曲 | 俺、ツインテールになります。 | 俺がお嬢様学校に「庶民サンプル」としてゲッツされた件 | 俺の妹がこんなに可愛いわけがない | 俺の彼女と幼馴染が修羅場すぎる | 俺の脳内選択肢が、学園ラブコメを全力で邪魔している | 俺物語!! | 健全ロボ ダイミダラー | 偽物語 | 僕だけがいない街 | 僕はHができない | 僕は友達が少ない | 僕らはみんな河合荘 | 八犬伝 | 六畳間の侵略者!? | 六花の勇者 | 冴えない彼女の育てかた | 凪のあすから | 君と僕 | 君に届け 2nd Season | 君のいる町 | 咲-saki- | 問題児たちが異世界から来るそうですよ? | 喰霊-零- | 四月は君の嘘 | 坂本ですが? | 坂道のアポロン | 城下町のダンデライオン | 境界の彼方 | 境界線上のホライゾン | 変ゼミ | 変態王子と笑わない猫 | 夏目友人帳 | 夏色キセキ | 夏雪ランデブー | 夜ノヤッターマン | 夜桜四重奏 | 夢喰いメリー | 大図書館の羊飼い | 天体のメソッド | 天鏡のアルデラミン | 失われた未来を求めて | 好きっていいなよ | 妖怪アパートの幽雅な日常 | 妖狐X僕SS | 学戦都市アスタリスク | 宇宙兄弟 | 宇宙戦艦ヤマト2199 | 実は私は | 寄生獣 | 対魔導学園35試験小隊 | 小林さんちのメイドラゴン | 少女たちは荒野を目指す | 少年メイド | 山田くんと7人の魔女 | 幕末義人伝 浪漫 | 干物妹うまるちゃん | 幸腹グラフィティ | 幻影を駆ケル太陽 | 幼女戦記 | 弱虫ペダル | 彼女がフラグをおられたら | 徒然チルドレン | 心霊探偵 八雲 | 快盗天使ツインエンジェル | 恋と嘘 | 恋と選挙とチョコレート | 恋愛ラボ | 恋愛暴君 | 悪魔のリドル | 惡の華 | 戦国コレクション | 戦国乙女~桃色パラドックス~ | 戦姫絶唱シンフォギア | 探偵オペラ ミルキィホームズ | 探偵ナイトスクープ | 攻殻機動隊 | 放浪息子 | 放課後のプレアデス | 政宗くんのリベンジ | 文豪ストレイドッグス | 断裁分離のクライムエッジ | 新世界より | 新参者 | 新妹魔王の契約者 | 日常 | 日記・コラム・つぶやき | 星刻の竜騎士 | 星空へ架かる橋 | 映画・テレビ | 昭和元禄落語心中 | 普通の女子高生が【ろこどる】やってみた。 | 暁のヨナ | 暗殺教室 | 曇天に笑う | 最弱無敗の神装機竜 | 最近、妹のようすがちょっとおかしいんだが | 月がきれい | 月の恋人 Moon Lovers | 月刊少女野崎くん | 有頂天家族 | 未来日記 | 未確認で進行形 | 東京ESP | 東京レイヴンズ | 東京喰種トーキョーグール | 桜Trick | 棺姫のチャイカ | 極黒のブリュンヒルデ | 機巧少女は傷つかない | 櫻子さんの足元には死体が埋まっている | 正解するカド | 武装少女マキャベリズム | 武装神姫 | 残響のテロル | 氷菓 | 波打際のむろみさん | 灰と幻想のグリムガル | 灼熱の卓球娘 | 灼眼のシャナIII Final | 無彩限のファントム・ワールド | 牙狼 | 物語シリーズ | 犬とハサミは使いよう | 猫神やおよろず | 琴浦さん | 甘々と稲妻 | 甘城ブリリアントパーク | 生徒会の一存 | 生徒会役員共 | 田中くんはいつもけだるげ | 甲鉄城のカバネリ | 男子高校生の日常 | 異世界食堂 | 異国迷路のクロワーゼ | 異能バトルは日常系のなかで | 白銀の意思 アルジェヴォルン | 百花繚乱 | 監獄学園 プリズンスクール | 相棒 | 真剣で私に恋しなさい!! | 神のみぞ知るセカイ | 神撃のバハムート | 神様のメモ帳 | 神様はじめました | 神様ドォルズ | 私がモテないのはどう考えてもお前らが悪い! | 競女!!!!!!!! | 精霊使いの剣舞 | 紅殻のパンドラ | 純潔のマリア | 終わりのセラフ | 終末なにしてますか?忙しいですか?救ってもらっていいですか? | 終末のイゼッタ | 結城友奈は勇者である | 絶園のテンペスト | 緋弾のアリア | 緋色の欠片 | 織田信奈の野望 | 繰繰れ!コックリさん | 美少女戦士セーラームーン | 翠星のガルガンティア | 聖剣使いの禁呪詠唱 | 聖戦ケルベロス | 聖痕のクェイサー | 舟を編む | 艦隊これくしょん-艦これ- | 花咲くいろは | 落第騎士の英雄譚 | 蒼き鋼のアルペジオ | 蒼の彼方のフォーリズム | 蒼穹のファフナー | 蟲師 | 血界戦線 | 装神少女まとい | 謎の彼女X | 貧乏神が! | 赤髪の白雪姫 | 超次元ゲイム ネプテューヌ | 超訳百人一首 うた恋い。 | 輪るピングドラム | 輪廻のラグランジェ | 迷家 | 這いよれ!ニャル子さん | 進撃の巨人 | 銀の匙-Silver Spoon- | 銀河機攻隊マジェスティックプリンス | 銃皇無尽のファフニール | 鋼の錬金術師 | 長門有希ちゃんの消失 | 閃乱カグラ | 電波女と青春男 | 霊剣山 | 青の祓魔師 | 革命機ヴァルヴレイヴ | 響け♪ユーフォニアム | 風夏 | 食戟のソーマ | 鬼平 | 鬼灯の冷徹 | 魔乳秘剣帖 | 魔弾の王と戦姫 | 魔法つかいプリキュア! | 魔法少女まどか☆マギカ | 魔法少女リリカルなのは | 魔法少女育成計画 | 魔法戦争 | 魔法科高校の劣等生 | 魔界王子 devils and realist | 魔装学園HxH | 黄昏乙女Xアムネジア | 黒子のバスケ | 龍ヶ嬢七々々の埋蔵金

2017年10月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

Right

Down

  • VividRed
    ビビッドレッド・オペレーション
  • Lagrange
    輪廻のラグランジェ 応援バナー
  • The IDOLM@STER
    THE IDOLM@STER
  • 電波女
    テレビアニメ「電波女と青春男」 公式サイト
  • Steins;Gate
    TVアニメ『シュタインズ・ゲート』
  • あの花
    あの日見た花の名前を僕達はまだ知らない。
  • アスタロッテ
    TVアニメ「アスタロッテのおもちゃ!」公式サイト
  • 超電磁砲
    とある科学の超電磁砲 公式サイト
  • 俺妹
    俺の妹がこんなに可愛いわけがない
  • あそびにいくヨ
    TVアニメ「あそびにいくヨ!」7月より放送開始!

OnDemand

  • Potora
  • NetMile
  • Small
  • s2

BlogPP

Afiliate

AfiliateA

YearSeasons

PV

  • MuraPV
無料ブログはココログ