カテゴリー

カテゴリー「プリンセス・プリンシパル」の12件の投稿

2017年9月25日 (月)

プリンセス・プリンシパル TokyoMX(9/24)#12終

最終回 第12話 case24 Fall of the wall

植民地兵の反乱、女王が出席する式典の天井を落す。
ゼルダはプリンセスがアンジェでないことを見抜いていた。
従わないなら、この場で射殺、弔い合戦に変更しても良い。
この革命の成功率は1割りにも満たない。
革命にプリンセスが関与してたことが重要だった。
これで王族は国民からの信用が失墜することになる。
真の目的が王国を揺るがせることだった。
Dkftqafumaafj2r1
飛行船の中でプリンセスの言葉に動揺してショックを隠せないアンジェ。
彼女のバッグに自分の幼い頃の帽子を発見する。
私が好きなのは昔のアンジェ。
彼女の言葉は嘘、真意を確かめないといけない。
飛行船を脱出する祭のパラシュートにメッセージが書かれていた。
 My turledove、Run and Live as Ange.
愛しいコキジバトのような人、逃げてアンジェとして生きて。
メッセージにプリンセスの真意を知る。
コントロールの一人を捕獲して真実を話させるアンジェ。
射殺しそうな所をドロシーが捕まえる。
諜報機関の内部抗争、政府と軍部の抗争に巻き込まれただけ。
依頼にない仕事はしない、でも友達としてなら手伝ってあげる。
ドロシーはベアトと共に密かに政府の依頼で動いていた。
アンジェの到着を待っていたドロシーだった。
19時からの式典に女王陛下も出席する。
そこにプリンセスも連れられているはず。
警備を突破するドロシー、ノルマンディ公に伝わり侵入者は排除命令が下る。
列車で追われて苦しいドロシー、ガゼルが厳重な警備で迎撃態勢を整えていた。
式典に公式参加した堀河公の警備の任務を一時離れるちせ。
ガゼルの包囲網から煙幕でドロシー達を救出。
ゼルダなら天井桟敷で見かけたと告げる、そこにプリンセスも居るはずだから。
アンジェとちせが救出に向かう。
ドロシーとベアトは天井裏で式典を混乱に巻き込んで強制終了させる。
Dkfucffu8ai8gkv1
プリンセスは植民地兵士のイングウェルから鍵を奪うがゼルダに発見されて拘束される。
革命に血を流してはいけません。
それでは怨嗟の連鎖は失くなりません。
私が女王となってこの国の壁を無くします。
最後の女王となって断頭台で宣言します。
プリンセスの足を撃って黙らせようとするゼルダ。
プリンセスを信じて守ろうとするイングウェル、ゼルダに射殺される。
次はプリンセスを撃とうとするところにアンジェとちせが到着する。
プリンセスは出血が酷いので今直ぐ手当が必要と脱出する。
ちせはゼルダを追い詰めるが彼女もCボールを保有していた。
窓から脱出されてしまう。
 
私は誓う、アンジェの心の壁も壊して笑える日が来るまで離れない。
アンジェたちは逃したがノルマンディ公はプリンセスの帽子などを
 手に入れて収穫があったと失態には気にも留めない。
コントロールは再びLがトップに交代する。
あと8時間でクーデターが成功するはずだった軍部の目論見は
 敢え無く終わってしまった。
カサブランカの隠れ家で療養するアンジェ達にLから新たな指示が届く。
 
---最終回---
 
 
見せ場となる熱く燃える展開もなく逆にプリンセスの説得を
 受け入れた直民地兵士とのやり取りがメインでしたね。
それだけに地味でしたが、内容的には十分でしたね。
クーデターを説得して思い止まらせたプリンセス。
今回のメインはプリンセス、アンジェは前回の言葉から落ち込んで
 弱気な面が演出されました。
でもメッセージを読んで真意を知ってスパイに戻りました。
メッセージは最初の単語が識別しにくかったが、
 My turledove、Run and Live as Ange.
コキジバトになるのかな?
おしどりのように雌雄で仲良い鳥らしい。
プリンセスはチーム白鳩と命名したり鳥好きに思える演出なので
 上記の単語が正解かなと思う。
でもおしどり夫婦の如く雌雄で仲の良い鳥ですが・・・。
 
今回はプリンセスが嘘をついた、ようやく一人のスパイになれたといった
 エピソードになるのかな。
ここまでとは逆で、アンジェが守られたエピソードでもありましたね。
それにしても、ちせは弾丸を全て刀で防げるのは凄すぎるが
 これは石川五エ門登場以来もはや、当たり前なのかもしれない。
 
カサブランカは戦時中の映画にちなんでのことだろうか?
作品的には残りの12話が放送されていないので、
 2期も十分期待できそう。
今季では文句なくトップの面白さだった。

2017年9月18日 (月)

プリンセス・プリンシパル TokyoMX(9/17)#11

第11話 case23 Humble Double

コントロールのトップが入れ替わり、司令者も Lからジェネラルに
 変更、軍部主体になった。
プリンセスの暗殺が言い渡される。
ドロシーは仲間だと抵抗するがアンジェは了承する。
黒蜥蜴星人だから、命令に従うだけ。
Dj7puxu8ayy0h1
アンジェはプリンセスの部屋を訪れるがコントロールからの
 護衛ゼルダに見つかってしまう。
今後の作戦実行は8名構成で指揮官はゼルダとなる。
ドロシーは既に移動させられていた。
ちせも転校になった、困っておることはないか?
我が国には一宿一飯の恩と言う言葉がある。
堀河公に仔細を尋ねると、海外植民兵士が不穏な動きをしているらしく
 中心にはお友達が居るらしいから。
 
学校でも聞かされていない護衛や見張りが存在する。
プリンセスの護衛にもコントロール関係者が含まれていた。
密かに密書を偲ばせるが、ゼルダに見つかってしまう。
7を呼び出してLに関して尋ねるがトップが変わったとしか教えられない。
まるで失敗することが前提のような作戦。
ゼルダは7と会ったことも知っていた。
明日、郊外で作戦を実行する。
 
ガゼルはノルマンディ公に海外植民地の兵士に不穏な動きがあることを伝える。
アンジェは作戦実行のためにプリンセスと二人で買い物。
はしゃぐプリンセスだがアンジェの沈んだ様子に気づいていた。
突然走り出す二人、尾行を見せて二人だけで行きたいところがあるからと
 入れ替わって逃走する。
プリンセスに変装したアンジェは煙幕を張ってコントロールの人間から逃れる。
飛行客船カサブランカこそアンジェが買った白い家だった。
二人での逃避行に反対するプリンセス。
私には壁をなくしてロンドンを統一する使命がある。
アンジェはいつも問題を起こして逃げる、後始末は自分。
そんな弱腰のアンジェが嫌いだったと一人で戻る。
アンジェは閉じ込められてカサブランカが出立する。
Dj7runhvyaydi_b1
アンジェとして戻ったプリンセス。
海外植民兵のイングウェルたちが女王を暗殺するので
 アンジェに女王として即位してもらいます。
コントロールが仕組んだ作戦でゼルダも仲間だった。
 
---最終回 「Case24 fall of the wall」---
 
 
プリンセス暗殺指令を受けたアンジェ。
チェンジリング作戦が既に完了していれば良かったのですが、
軍部はまどろっこしい作戦の終了を待っていられない。
クーデターを起こしてアンジェを女王に就任させて王国を乗っ取る。
そんな、歴史上は良くある軍部の反乱でもありました。
プリンセスは王位継承権4位なので1,2,3位の誰かも暗殺されているのでしょうね。
戦うことしか知らない愚かな軍部ですね。
 
ノルマンディ公をどの様に利用するかが鍵になりそう。 
女王の暗殺は阻止されそうですが、プリンセスがどう扱われるかですよね。
そう考えるとノルマンディ公の利用も難しい。
プリンセスはアンジェを思っての行動で自身の命は投げ出していそうですね。
ここまで常に笑ってきたプリンセスが伏線でもありました。
本来は入れ替わっているので、誰にも疑われないように
 良い人を演じ続けてきた。
今回、ゼルダを騙せたのは笑顔を辞めたからですね。
そういう意味では、プリンセスの笑顔やアンジェの学校での
 間の抜けた顔など、描き分けが上手い。
 
プリンセスとしては即位して裏切って壁を失くすと宣言すれば良いが
 直後に暗殺されそうですよね。
その前にアンジェが入れ替わって暗殺から逃れるのか・・・。
どんな展開もあり得るだけに予想がつきにくい。
Lがドロシーたちとクーデターを阻止するために動くことも有り得そう。
クーデターを唆したのが、ノルマンディー公の罠ということも考えられる。
早々に反乱分子の芽を絶つ的な発想ですね。
気になってのは1点、ベアトがプリンセスに同行しなかったことに
 どんな意味があるのかな、無いのか。
 
余談ですが、今の英国王室も曾孫の少女が王位継承権4位でした。

2017年9月11日 (月)

プリンセス・プリンシパル TokyoMX(9/09)#10

第10話 case22 Comfort Comrade

アンジェとドロシーは養成所、ファームの同期だった。

いつもトップのアンジェに2位のエレノア。
不適合者は即座に退去させられた。
Djxnq20uiaa1dm91
今回の任務は海軍卿から機密書類を奪うこと。
12月25日のクリスマスにエレノアが内通者で手引してくれる。
ベアトと3人で潜入する。
ベアトの姿勢が悪いと注意して4人で機密書類を隠す建物へ向かう。
最強の門番は犬だったが、ベアトの喉は犬笛の周波数帯域も対応していた。
大人しくさせてアンジェが侵入、任務に成功する。
 
4人で任務成功を乾杯する。
エレノアは真面目でまとめ役なので委員長と呼ばれていた。
未成年のアンジェとベアトは先に帰る。
委員長には二重スパイの容疑が掛けられていた。
そこでアンジェとベアトで自室を調べる。
その間はドロシーが委員長と飲んでいる。
委員長も、スパイの実績は高く、同期は3人しか残っていなかった。
クリスマスに、3人がチームで試験を課せられた。
委員長が尾行者を見失ってしまった。
ドロシーは移動遊園地に遊びに行こうと誘う。
アンジェが、その間に相手を発見、合格した。
なりたくても決してなれない人が居る委員長。
 
ちせとプリンセスは堀河公の大使館を訪れていた。
鹿威しとは何ですか?
スパイの証拠は見つからないので部屋を出るアンジェとベアト。
戻った委員長は室内に他人が入った痕跡を発見する。
直ぐ様、部屋を出る、駅に向かうはずだから挟み撃ちしよう。
シーボールは奥の手だから未だ見せたくないと走るアンジェ。
追いついたので独断で声をかける。
かつてのアンジェなら背後から有無をも言わさず撃っていた。
バッグに仕掛けがあり逃走される。
発砲音にドロシーが駆けつける、独断専行をなじる。
Djxnxiqv4aemznn1
自動車なら追いつける。
ドロシーが部屋を訪れる。
アンジェが優秀なのでシーボールを持たされていたので乗車出来た。
二重スパイには望んでなったが、薬も覚えさせられた。
委員長の憧れの人はドロシー。
初めての遊園地で遊んだことは今でも夢に見る楽しい思い出。
友達と呼んでくれたお礼にプレゼントをあげる。
友達の手を煩わさないようにと自ら頭を撃つ。
アンジェの独断専行は、ドロシーに友達を撃たせないためだった。
結果を報告する二人、Lは人事異動で新たな上司はジェネラル。
次の任務はプリンセス殺害だった。
 
---次回 「」---
 
 
今回も韻を踏んだサブタイで、同期の桜みたいなエピソード。
スパイが自室に痕跡を残すわけがないと、罠を仕掛けたアンジェでした。
誰もが想像した委員長の憧れの人はアンジェ。
でもドロシーだったと予想外の真実。
自由気ままに生きているように見えるドロシーが風のようで憧れた。
移動遊園地に遊びに行って憧れるエピソードは上手い。
 
スパイには適しているベアトの変声機。
逆に扱いづらいのが、ちせでした。
今回はプリンセスとお留守番。
鹿威しは野生の猪や鹿を脅して農作物を守る脅しで案山子の
 様な役割ですね。
二人のまったりとした空気感が良かったですね。
 
最後の任務が衝撃でした。
チェンジリング作戦を破棄するためにも上司を移動させた。
今回の上司は軍部の将軍?のようですね。
ただ、スパイ的な任務でもないので、ノルマンディ公との
 繋がりがあるのか?それとも利用されているのか?
王位継承権4位のプリンセスを暗殺することが不明で
 他国に嫁入させれば終わりなので暗殺の意図が分からない。
 
最後はアンジェをプリンセスが庇って絶命、入れ替わって
 王女となって、ロンドンの壁を撤廃して統一するのかなと
 予想してました。
アンジェは任務遂行のフリをして裏を調べそうですね。
ただし、最後まで描くかは不明で、ここまでシャッフル放送なので、
 最後は2期、もしくは劇場版もあり得るここまでの構成ですからね。
 
密林の予約ランキングでは、TV放送作品では2位の今作品。
1位は戦姫絶唱シンフォギアでイベント先行抽選券が目当てかも。
なので、ネットでの評判は低いらしいですが、売上は好調そう。

2017年9月 4日 (月)

プリンセス・プリンシパル TokyoMX(9/03)#09

第9話 case11 Pell-mell Duel

姉上に文を書くちせ。
同室のベアトは臭いと目覚める、前回は納豆、今回はぬか漬け。
堀河公に依頼されてスパイをスパイするちせ。
クィーンズ・メイフェア校に転入して半月。
食事は不味く慣れないので密かにおにぎり持参。
Dizgkgmvyaavjy1
授業では毛筆、英語は苦手、音楽では法螺貝しか吹けない。
体育は特異でクリケットでは好成績。
フェンシングは西洋剣術、他流試合だが勝負を挑むが止められた。
決闘の所作を間違えて覚えていた。
 
ちせは目立ちすぎると田舎者設定のアンジェ。
ドロシーは年齢詐称だけが問題。
アンジェは嘘つき、プリンセスは身についた笑顔が得体のしれなさを感じる。
ベアトは父親に改造された変声期が先端技術で本人も機械には強い。
ちせの博物倶楽部のメンバー評価だった。
 
プリンセスには学内でも護衛が付いて内務卿に報告されている。
判事の娘、リリも内務卿派閥で嫌味。
スパイの仕事では、ちせの出番が少ないのは悔しい。
堀河公には定期的に会って報告する。
日本は小国故に勝ち馬に乗らないと埋もれてしまう。
Dizjxhsvwaahyjd1
道で羽化する蝶を眺めると邪魔だとキャメロンが取り巻きを引き連れてやってきた。
それならばと蝶々を蹴って眺める必要もないと告げる。
怒りで決闘を申し込むちせ。
プリンセスが通りかかって、その場を収める。
アンジェには目立ち過ぎだと怒られる。
プリンセスが決闘の正式な作法を教えに訪れる。
正式な決闘が催され立会人はリリ。
キャメロンは銃に仕掛けを施して勝利を得ようと画策していた。
ちせの銃は不発で弾が飛ばなかった。
逆にキャメロンの銃は正確に発射される。
風呂敷で弾丸を包んで振り回しスリングとして投げる。
キャメロンの右腕に命中して倒れる。
痛みで負けを認め、謝罪する。
プリンセスが喜んでくれるが、他のメンバーは不在。
 
侍が勝利すると土俵入りして祝うのでしょうと4人でお祝い。
そんな不思議な勘違いが嬉しかった。
そして他のメンバーはリリの自室を調べて内務卿への直通電話を発見した。
実はちせの知らない裏で任務が実行されていた。
堀河公にはチェンジリング作戦の見通しは不明だが、
 仲間の勝利を願っていると報告するちせだった。
 
---次回 「」---
 
 
今回のサブタイも韻を踏んでますね。
向こう見ずな決闘、の意味でしょうか。
 
今回はちせ視点でのスパイメンバーの評価と日常。
そして仲良くなり始めたエピソードでした。
ロンドンでの暮らしには慣れないちせ。
食事は拙いが定評の英国ですからねぇ。
畳と布団の生活のちせには不自由も多いでしょうね。
双方の国の特徴が描かれているのも面白い。
クリケット、フェンシング、騎士の決闘、法螺貝、浮世絵、土俵入りなど。
今回は慣れないながらも決闘がテーマ。
フェンシングでの決闘はネタ振りで本番は男子貴族たちとの決闘。
そしてそれを利用したアンジェでした。
決闘繋がりでちせを描いて、実は知らぬ間に任務の一端を担いでいた。
そんなエピソードが上手い。
 
ちせの辛口メンバー評価も面白い。
Re:CREATORSの総集編でのメテオラのようでもあったが、
 本編で端的に描くのが上手い。
臭いと怒るベアト、くさやかと思ったら糠床でした。
発酵食品は確かに臭い。
ぬか漬けって精米後の糠の有効利用で生活の知恵とも言える、
 上手な利用方法ですよね。
この作品の一番で最大の問題点はアクタスが参加していることでしょうね。
事前の評価もアクタスが参加して居なければと思った人は多いと思う。

2017年8月28日 (月)

プリンセス・プリンシパル TokyoMX(8/27)#08

第8話 case20 Ripper Dipper

オ・ライリー卿が接触する人間を調べることが今回の任務。
恐らくはスパイだろうが、見張りが重要任務。
アンジェは公園で接触する者を見張る。
近所に家を借りて張り込む役にプリンセスが立候補する。
アンジェが即座にダメ出し、公務が疎かになる。
夜はアンジェが代行すれば良い。
公務ばかりで疲れて外に出たいと言われて了承する。
ベアトにはアンジェはプリンセスに甘いと思われている。
8__11
公園でスリを働く孤児が居た。
しかし失敗ばかりで見兼ねたアンジェが指南する、前からも死角がある。
プリンセスと衣装を交換して役割を交代する。
翌日は成功したとジュリが報告する。
アンジェに懐く孤児の幼女ジュリ。
何か、お話して欲しい、じゃあ、黒蜥蜴星の王女とスリの話。
公務の勉強ばかりで疲れた王女シャーロット。
ある日、外に出ると同じ顔の少女と遭遇する。
孤児のスリを連れ帰って食事を与えたり、入れ替わって遊ぶ。
そのうちに、外を知りたくなって長く入れ替わった。
そこはスラム街で親方が稼ぎのないアンジェを叱りつけた。
Dipelkxueaaophx1
プリンセスは毎日、語学、乗馬、ダンス、ピアノと勉強を怠らない。
ちせには楽しそうには見えず、修行僧のように見えた。
私は空っぽで何もないから続けないといけない。
ちせは好きだから剣の修行を毎日怠らない。
好きだから辛くもない。
黒いベールを被った女性がオ・ライリー卿を訪れる。
しかし顔が見えなくて追いかけるしか無い。
ジュリがスリを働くが事前に捕まって凄い力で投げ捨てられる。
相手が悪かったなと言い残す。
その女性こそノルマンディ公配下のガゼルだった。
アンジェは証拠隠滅だとジュリの親方を投げ飛ばす。
スタンフォードヒルの孤児院への紹介状を手渡す。
孤児を食い物にする、親方の八つ当たりの心配もない。
アンジェの指示通りに黒いベールの女性を狙ってくれたから。
ジュリは王女とスリの話が気になった。
王女とスリが入れ替わった日に革命が起こった。
慌ててて戻るが、入れ替わったままで暮らすことになる。
王女となったスリは教養など何も身に着けていない。
しかし事実が知られれば即座に処刑される。
毎日必死で、全てを勉強した。
血の滲むような努力を毎日行った。
王女は今では、7カ国語を操り、ピアノは国のトップレベル。
文学や歴史にも造詣が深い。
フリント警部はノルマンディ公の部下。
私なら壁の向こう側に安全に亡命させてあげられます。
オ・ライリー卿に話すプリンセス、ただのスパイですから。
久しぶりに連弾するアンジェとプリンセス、まるで昔のように。
再開した日に逃げようと言ったら、この国を変えたいと
 昔のアンジェの意思を引き継いだプリンセスだった。
 
---次回 「」---
 

サブタイは今回も韻を踏んでます、引き離す物と拾い上げる物。
今回は1話でプリンセスがアンジェをシャーロットと呼んだ意味、
 すなわち入れ替わりが明らかになったエピソード。
ドロシー、ちせも含めてメンバーのエピソードが多くなると
 スパイ任務はあっさり目になってしまうのは仕方ないところ。
それでも上手くまとめている。
今回は孤児でスリで稼ぐ幼女ジュリを通してアンジェとシャーロットの
 過去を紹介する。
アンジェとジュリは同じ環境なので貧乏が悪いのも良く分かる。
それでも生きるためにパンを与えるのではなく、スリを指南する。
結果としての最善策が、悲しい国の現状を描いていた。
 
二人の入れ替わりは1話で描いているので、今回は
 詳細な事実での確認となった。
そしてアンジェが語る大変だったのは王女でなくてスリ。
なぜなら慣れない勉強をして、自分で自分の身を守るしか
 生きる術がなかったから。
スリと入れ替わった王女は、本物以上に王女だった。
だからちせの言葉が効いてくる、今のプリンセスの毎日は
 まるで修行僧のようだと。
自身が行う毎日の剣の鍛錬は好きだから苦にならない。
どうやら、放送の最後が24話になりそうで少し不気味。
ドロシーやベアトが命を落とすエンドもあり得る。
 
個人的にはオ・ライリーと言われると技術書を思い出す。
この作品は今期では音楽も含めて一番面白い。
しかしネットでは話題になっていないらしい。
つまりアニメを語るネット民は作品を貶したいだけの幼稚な者が多いということの証。
ネットに頼ることは危険であることの証でもある。

2017年8月21日 (月)

プリンセス・プリンシパル TokyoMX(8/20)#07

第7話 case16 Loudly Laundry

ロンドンで毒ガスジャックと名付けられた暗殺者が出現した。
共和国寄りの要人ばかりを狙っている。
神経ガスを利用するが、ジュネーブ条約で使用禁止のはず。
それ以前に製造されたガスが軍の倉庫に眠っている。
そこには兵舎を通らないと到達できない。
Dhrclkyvwae4vpa1
男は洗濯しない、軍服の洗濯は全てが外部委託。
軍服に染み付いた毒ガスを検査薬で調べれば良い。
洗濯工場に潜入する5人、今回はプリンセスも面白がって参加。
隠れて検査したいのでアンジェは不良娘の設定で役作りする。
直ぐに休憩をとるので仕事が捗らない。
ちせはアイロン上手のマリラに弟子入りする。
その後は仕事を続けて休憩も取らない。
しかし休憩には意味があった、機械がポンコツで適度に休まないと
 事故が発生するのだった。
多くの少女が火傷を負っていた、日雇いなので負傷すると働けず
 給金が得られない。

金貸しのフランキーが借金を取り立てに来る。
それならばとプリンセスが工場を借金も含めて買い取った。
工場の問題点は機械が満足に整備されておらず、連続使用が不可能。
作業手順に沿った機械の配置となっていない。
移動はケイバーライトで簡単に可能。
ベアトが故障がちな機械を修理、整備する。
一晩で見違える状態になっていた。
早速仕事を始めると見違えるような作業効率となる。
ちせ発案の日本式は作業歌を全員で歌うことで意識統一、
 単純作業でのミス防止。
軍服の洗濯が終了してしまう。
洗濯工場での歌が外まで聞こえて有名になる。

もっとお金を稼ぎましょう、可愛い子を化粧させて、営業を行う。
新たな顧客開拓に成功する。
作業効率が上がり、売上が前年度比231%を達成する。
軍服も早めに配達できて新たに洗濯を依頼される。
普段は自分で洗濯する犯人の軍服を同僚が気を利かせて依頼した。
Dhreu4mu0aatz9z1
引きの強いプリンセスが検査薬に反応した軍服を発見する。
早速、犯人を捕まえに行こうと車を手配するドロシー。
しかし犯人が軍服を取り返しに訪れた。
気配を消して歩く軍人に異様さを感じたちせが対応する。
犯人を捕まえるがマリラに見られてしまう。

しばらく休んでいた5人。
プリンセスが訪れてマリラに社長を任せる。
マリラはちせに伝言を頼む、負けるなと。
もう十分に彼女たちは強いから大丈夫と新しい任務に勤しむ3人。

---次回 「」---

今回は女工哀史的なエピソードでしたね。
経営者が金儲けに走ると結局は儲からない的な教訓も含まれてました。
まさかの再登場は金貸しのフランキー。
中の人は、生前の広川さんお墨付きのモノマネを演じた方らしい。
でも前回のエピソードが18で今回の2話後になるのですね。
サブタイも韻を踏んでいて面白い。

そして可愛い女子の営業に男はイチコロ。
現実でもありますよね、コーヒーサーバーの営業に女性が訪れて、
 その後は一切タッチしないセールスレディなどが。

素直に教えを請えるちせ、そんな彼女の特殊性を知って
 黙って立ち去るマリラ。
でも応援していると伝言してくれる二人に友情的な何かが芽生えた気がする。
機械の上でお菓子を食べる女性はヤスミンカを思わせる。
整備後は機械の上で食べるなと張り紙されていて、前で食べていたのは
 止まらないのでしょうか。
今回のアンジェはギャグ担当でしたね。

神経ガスで腐乱した遺体は見るに耐えられない。
焼けただれたのか、ベアトが涙目でした。

2017年8月14日 (月)

プリンセス・プリンシパル TokyoMX(8/13)#06

第6話 case18 Rouge Morgue

ベアトにピッキングを指導するドロシー。
アンジェやちせでは教えるのは向いていない。
7からドロシーに仕事の依頼。
王国の暗号解読書を遺体から奪い去る。
回収してノルマンディ公に手渡すのがダニー・マクビーン、ドロシーの父だった。
Dhhxqadu0amfuwa1
連絡係としてベアトを連れて死体安置所、モルグ街に向かう。
早速、仕事を始める二人、死体の衣服を脱がせて裸にする。
身元が分かりそうな品や肉体の特徴を記述する。
そこで大声で揉めている男が居た。
彼こそドロシーの父親のダニーだった。

ロンドン中の遺体が集まるモルグ街。
そこで働く者は借金まみれや移民などの訳有が多い。
他人と関わりたくない者もいた。
面白くないことがあると人も物も構わず八つ当たりする。
そんな弱いダニーに父親らしく振る舞ってと怒るベアト。
逆ギレしてベアトの胸ぐらを掴む。
ドロシーが触らないでと怒ると急に泣き出す。
感情が制御できないのだった。
元は蒸気技師だったが右手の負傷で働けなくなった。
それからは生活が荒れて母親は出ていった。
ドロシーも殴られては、自分の行為に我に返り、泣きながら抱きしめられた。
そんな生活が嫌になって共和国に逃亡したら壁ができて帰れなくなった。
アンジェと違ってドロシーはベアトに身の上話をする。
これで本当のお友達になれた気がします。

酔った父親を自宅に送り届けるドロシー。
ベアトとノルマンディ公との連絡手段を探す。
壁一面にドロシーが子供の頃に描いた絵と写真を今でも貼っている。
酔ったダニーを目を覚ましてドロシー?
レイジーよ。
大儲けできる話がある、手に十字の傷のある遺体の歯に
 メモが隠されているので、見つけたら教えろ。
Dhhb0rduwaadthc1
ベアトが発見してドロシーが歯を引き抜いて暗号解読書を見つける。
書き写して元に戻す、父親に渡せば借金を返せる。
待ち合わせの幽霊通りのパブに向かうと借金取りと遭遇。
利息の代金として娘を差し出せと告げたが応じなかったダニー。
でもドロシーとベアトが訪れたので了承したと勘違いしたらしい。
ドロシーが3人を叩きのめす。
父親を待つドロシー、あの歌が二人共に好きだった。
父親のモノマネで歌い始めるベアト、地声で歌うと歓声が上がり
 パブのお客と合唱になる。

ノルマンディ公の秘書のガゼルに歯を渡すダニー。
娘のドロシーと二人で頑張ったので色を付けて欲しい。
暗殺されてモルグに運ばれた。

---次回 「」---

今回は18話ということで、2期も制作可能な話数ですね。
今期は2話封入のBDが6枚リリースの1クール作品です。
儲かったら2期の制作もありえるのでしょうね。

今回はドロシーの悲しい過去エピソードを描きながらも
スパイとしては成功ですが、肉親を失う不幸なエピソードでした。
ある意味で職人の悲しい末路かもしれない。
職人として働けなくなった後は、絵に描いたような、
 お定まりの転落人生を歩んだ父親でした。
そんな父親でも好きで何とかしたいが、どうにも出来ないドロシーでした。
亡くなったものとして突き放すことも出来ない。
それほどに昔は大好きな父親でした。
父も娘の絵を今も大事に壁に貼っていた。
娘を愛しているだけに更生できれば良かったのですが。
ガゼルが娘の存在を知ったのが気になりますね。
つい口が滑ったのが仇になりそう。

ベアトがゲスト男性の声真似を演じるのがお約束になってますね。
これは面白い趣向ですね。

プリンセスは女王になってロンドンの壁を失くすのが目的のようですね。
上手く王位を継承できるかは4位なので難しそうですね。
しかも王位を虎視眈々と狙うノルマンディ公は、邪魔なので
 ロシアに嫁がせようとしてますからね。

2017年8月 7日 (月)

プリンセス・プリンシパル TokyoMX(8/06)#05

第5話 Case7 Bullet and Blade's Ballad

日本から不平等条約の改定を求めて堀河公の使節団が訪れた。
プリンセスが出迎えて特別列車でロンドンまで送り届ける役を申し付けられる。
しかし藤堂十兵衛なる伝説級の暗殺者が狙っているらしい。
その騒ぎに巻き込まれるとプリンセスの生命も危険に晒される。
コントロールはアンジェたちを護衛に任命する。
ノルマンディ公は王位継承権4位のプリンセスが邪魔なので
 暗殺者たちを支援する。
11
列車は英国と日本の護衛隊が乗り込んで守っている。
列車の屋根に乗り移った者を感知するアンジェ。
彼女はちせ、対峙するアンジェ、ドロシーも駆けつけるが
 銃弾を弾き、投げ飛ばされる。
アンジェとのゲイバーライトを使用した戦闘が始まるが、
 どうやら堀河公の知り合いの様子で同行を許す。
アンジェは密航者など信用できぬと拒絶するが
 それならバディを組みなさいとプリンセスに命じられてしまう。

バディならお互いを知る必要がある。
佐賀藩出身で16才のちせ、2年前に父上を藤堂十兵衛に殺害された。
日本には月から来た姫君や神様もたくさん居る。
補給所を過ぎて不審人物を発見するドロシー。
撃って無力化するが、義足の爆弾で連結部を破壊される。
護衛の乗る車両は切り離される。
本来は反対車線は全て利用しないはずが、止まっている車両がある。
藤堂十兵衛の乗る列車だった。
銛で強制的に連結、走行の自由を奪う。
Dgjxqcyvyaegbuu1
並走車両から狙撃を開始する。
アンジェはちせを連れてケイバーライトで移動、相手の車両に乗り移る。
襲撃者たちを倒していくが、藤堂十兵衛が乗り移る。
ちせを放り投げて乗り移らせる。
プリンセスを守ろうとするベアトだったが首の変声器のお陰で
 一命を取り留める。
十兵衛と戦うちせ。
プリンセスは列車を止めようとアンジェに話しかける。
この先でレールが合流するので列車が脱線するから。
アンジェの指示で間一髪列車を止めることに成功する。
Dgjx76kv0au9ra1
ちせが藤堂十兵衛を討ち果たす。
2年前に強く優しかった父は亡くなった。
反政府側に寝返った藤堂十兵衛は父ではない、ただの暗殺者だ。
父を超えられて、むしろ誇らしい。
痛いの痛いの飛んでいけ、父から教わった呪いは全然効果がなく
 ちせの胸の痛みは収まらなかった。

転校生の藤堂ちせが部室に現れる。
堀河公をコントロールに引き合わせて共和国に寝返らせたドロシーだった。
これからは仲間、西洋式の挨拶を教えよう、握手だ。
西洋式も悪くないな。

---次回 「」---

時間は前回から少し巻き戻って、ちせ初登場です。
石川五エ門を意識せざるを得ないキャラですね。
今回のちせと藤堂十兵衛のバトルはよく動いて見応え充分でした。
日本刀同士の鍔競り合いでは刃毀れも描かれていて芸コマでした。
唐突な痛いの痛いの飛んでけの意味が後半で回収。
強がって見せても父親だったのも事実で上手い演出でした。
ベアトも肉体改造が微妙に役に立ってました。
色々と伏線が上手く噛み合っていて面白い。

日本人と黒蜥蜴星人の説明が噛み合っていないのも楽しめる。
黒蜥蜴は江戸川乱歩のオマージュ以上の意味があるのだろうか。
ちせは小柄故に重力無視な動きもあまり気にならない。
Apocryphaのジャックと同じで小柄ゆえの説得性を感じる。

OP映像と楽曲も良いので今期トップレベルの作品ですね。
ただ作画は結構厳しそうで微妙な作画もあるだけに頑張って欲しい。

2017年7月31日 (月)

プリンセス・プリンシパル TokyoMX(7/30)#04

第4話 Case9 Roaming Pigeons

王国が開発に成功したケイパーライトの小型制御装置。
それを奪取することが今回の任務。
王国には多大なるデメリットとなるだけにプリンセスが
 2重スパイであるかが判明するとドロシーに特別任務を指示するL。
共和国はケイバーライトの精錬技術では敵わない。
式典でプリンセスも参加すれば容易に潜入できる。
プリンセスが君たちの最大の武器だから。
Df_shebuaaihmmb1
ベアトリスはちせとアンジュを尾行する訓練。
しかしまだまだ、要訓練の結果だった。
式典に向かう一行、採掘所の警備は厳重。
アルビオン空中艦隊の要とも言えるケイバーライトだから当然。
プリンセスは祖母の女王陛下に呼ばれてちせを護衛に残す。
ノルマンディ公はプリンセスをロシアに嫁がせて政治利用する考え。
様子を尋ねられるちせ、王国と共和国のどちらをパートナーに選ぶかが肝心。

ドロシーの色仕掛け、ベアトリスの声真似で潜入に成功したアンジェ。
しかし地下の研究施設はもぬけの殻だった。
ケイバーライトで残滓を探ると地上に移動した痕跡があった。
追いかけると地上でコンテナを船に積載する船着き場に到達する。
全員で追いかける、グリニッチ辺りで追いつける。
Df_vbttvoaamngc1
船を先回りできたが、アンジェはドロシーと2人で潜入する。
今回も護衛で残されるので、ちせが参加を申し出る。
堀川公から預かった大事な身だから。
それなら私も参加すれば護衛は必要ないとプリンセス。
誰かが捕まればプリンセスも一網打尽で身分を剥奪される。
全員で潜入、プリンセスはアンジェと仲良く振る舞いたい。
過去を知られるのは拙いと慎重なアンジェ。

共和国のスパイが見つかって研究施設と人員を移動させたのだった。
作戦は無事に成功、試作品と研究者も確保できた。
プリンセスは白だと告げるドロシーだが黒とグレイが
 存在するだけ、白など居ないとL。
チーム名は白鳩はどうかしら?
鳩はスパイの隠語でもある。

---次回 「」---

今回はいきなりの9事件目。
これで最終回が24なら、2期で端折った事件を描くことも可能。
その場合、最終話で悲しい結果が待っていることも有り得そう。

一番気になったのはケイバーライトの小型制御装置が開発されたこと。
でもアンジェが既に持っている。
彼女は未来から来たの? ケイバーライトだけ過去に送れるの?

ストーリーは一気に飛んでちせが既に仲間入り。
堀川公から預かっているらしく、日本?のスパイのようですね。
王国と共和国、どちらをパートナーに選ぶかを決めるためのスパイ。
ケイバーライトの技術は何処の国も欲しいでしょうから。

ベアトリスの声真似は、今後も大御所が担当するのだろうか。
作画が危うくなり始めている気がする、頑張って欲しい。
OP曲は今期作品ではトップレベル、売れて欲しいが・・・。

2017年7月24日 (月)

プリンセス・プリンシパル TokyoMX(7/23)#03

第3話 CASE2 Vice Voice

西側から脱出するには、これしかなかった。
一緒に逃げよう、カサブランカに白い家も準備した。
私は行けません、約束どうり、私を女王にして下さい。
分裂したロンドンを昔のように1つに戻したい。
私が騙してあげる、世界も、あなたも、私自身も。
11
姫を部室に案内するドロシー。
友達の部屋を訪れるのに予約なんて要らない。
世間的に友達となったことの理由を考える必要がある。
ベアトリスは姫様が一番大事、アンジェたちは信用していない。
私が守ると決意するが、彼女は機械人形だった。
父親は機会好きが講じて娘を改造してしまった。
それが知られて虐められていた彼女と仲良くなったプリンセス。
今でも声帯を調整する必要があった。

コントロールから姫様の初任務が伝えられる。
共和国ポンドの原盤を航空戦艦から奪い返す。
ノルマンディ公は植民地で大量に印刷させてインフレを起こすつもり。
嫌ならアンジェが変装して乗り込む。

プリンセスが航空戦艦の視察と称してドライバーのドロシーと訪れる。
ドロシーが給水バルブを開けてアンジェはパイプに忍び込む。
アンジェを信用できないベアトリスは、行動を共にする。
姫様と私が似ているのは黒蜥蜴星では姉妹だったから。
ベアトリスを助けて忍び込んだアンジェ。
お前が捕まれば姫様が疑われるぞ。
スパイの拷問と尋問手口では素人は直ぐに喋ってしまう。

先ずは放送室に忍び込んで艦内通信を傍受する。
一度に多数の通信を聞き分けられるアンジェ。
艦長とノルマンディ公の部下の通信から居場所を判断する。
艦内を移動するのは難しいので、外から移動する。
スパイの手伝いはしたくないベアトリス。
失敗して拘束されれば姫様が危険に晒らされる。
ケイバーライトで戦艦側壁を移動するが落雷で気絶するアンジェ。
見張りに発見されてしまう、攻撃されるが目覚めた艦尾の
 目的地に急ぐ。
原盤を持つ部下を狙って戦闘を開始するが、ベアトリスが
 見つかりそうで命綱を滑り降りる。
その所為でアンジェが宙吊りになって動けない。
Dfbrkzxoaelikl1
ベアトリスが到着するとアンジェは負傷しているが、原盤は取り戻した。
それを持ってパラシュートで脱出せよと言われる。
外からは少佐を気遣う乗員の声。
ベアトリスが声を変えて大丈夫だと安心させる。
しかし1兵士がカマをかけて質問する。
君は別の兵士だと会話を伝えるアンジェ。
艦内通信で彼が彼女と通信している声と内容を覚えていた。

1つのパラシュートで脱出するベアトリスとアンジェ、ケイバーライトが
 壊れなければ無事に着地できる。
姫様が大好きです。
プリンセスなんて大嫌い。
アンジェさんは嘘つきです。
私は紅茶には塩派なんだ。
王国の塩です、高級品ですよ。

---次回 「」---

プリンセスが仲間に加わるエピソード。
プリンセスよりも難題はベアトリス。
彼女は機械化されていて、変声期を内蔵していた。
1話の声は彼女の変声機能でした。
それにしても酷い父親です。
そしてアンジェの黒蜥蜴星押しは本気なのか?
江戸川乱歩を思わせる黒蜥蜴はオマージュ?

この作品は嘘がテーマでもあるようです。
プリンセスが嫌い、は良いが、紅茶は塩はどうだろう?
流石にそれは無いので嘘が分かりやす過ぎる。
ベアトリスとの距離が縮まったエピソードとしては分かるが
 塩ではなく他の品はなかったのだろうか。

作品的には何度も何度も描かれる思わぬ計算外のトラブル。
今回もベアトリスがアンジェに同行したのが作戦的には失敗。
その後も命綱を渡ったので宙吊りになったのも失敗。
でも彼女のお陰で兵士を騙すことには成功した。
それも艦内通信傍受のお陰と思わぬ伏線もある。
ベアトリスが来なければ、任務も速やかに成功して
 無事に脱出できていたかもしれないけれど。
プリンセスがスパイに協力するので、ベアトリスは望まないけれど
 協力するしか無い構図も良い感じです。

アンジェがプリンセスのシャーロットで既に入れ替わっているので、
 現在のプリンセスは誰なのでしょうね。
幼い頃に里子に出された双子のような設定かもしれない。
前回は指輪型銃、今回は万年筆型銃とスパイの小物も面白い。
どちらも現存していたはず。

その他のカテゴリー

18if | 30歳の保健体育 | 3月のライオン | 91DAYS | ACCA13区監察課 | AKB0048 | AKIBA'S TRIP | Angel Beats | Another | Aチャンネル | BanG Dream! | BLAZBLUE ALTER MEMORY | BLOOD-C | Brave10 | BTOOOM! | C | C3-シーキューブ- | CHAOS;CHILD | Charlotte | Classroom☆Crisis | Coppelion | D.C. | DAYS | Devil Survivor2 | DOG DAYS | DRIFTERS | Fate/Zero Stay Night | Free! | GANGSTA. | GATE 自衛隊 彼の地にて、斯く戦えリ | GJ部 | Go!プリンセスプリキュア | God Eater | GOSICK | GRANBLUE FANTASY | ID-0 | Infini-T Force | ISUCA | Just Because! | K | LUPIN the Third峰不二子という女 | M3-ソノ黒キ鋼- | Mr. BRAIN | NEW GAME! | No.6 | Occultic;Nine | orange | PSYCHO-PASS | RAIL WARS! | RDGレッドデータガール | Re:CREATORS | Re:ゼロから始める異世界生活 | ReLIFE | Rewrite | Rio-Rainbow Gate- | ROBOTICES:NOTES | selector infected WIXOSS | SHIROBAKO | sin 七つの大罪 | Star Driver輝きのタクト | Steins;Gate | TARI TARI | TERRAFORMARS | The IDOLM@STER | The Unlimited兵部京介 | Thunderbirds | Tiger & Bunny | TVドラマ | UN-GO | URAHARA | Wake Up, Girls | WHITE ALBUM2 | WORKING | Z/X IGNITION | ZETMAN | あそびにいくヨ | あっちこっち | あの夏で待ってる | あの日見た花の名前を僕たちはまだ知らない | あまがみSS | あまんちゅ! | あんハピ♪ | いつか天魔の黒ウサギ | いなり、こんこん、恋いろは。 | いぬやしき | うさぎドロップ | うしおととら | うたわれるもの | うどんの国の金色毛鞠 | うぽって | うらら迷路帖 | えとたま | えびてん | えむえむっ! | おそ松さん | おとめ妖怪ざくろ | お兄ちゃんだけど愛さえあれば関係ないよねっ | お兄ちゃんのことなんかぜんぜん好きじゃないんだからね | お勧めできないアニメ | お笑い | がっこうぐらし | きんいろモザイク | ぎんぎつね | くまみこ | けいおん!! | けものフレンズ | げんしけん | このはな綺譚 | この中に一人、妹がいる | この素晴らしい世界に祝福を! | この美術部には問題がある! | これはゾンビですか? | ご注文はうさぎですか? | さくら荘のペットな彼女 | ささみさん@がんばらない | さばげぶっ! | さんかれあ | しろくまカフェ | じょしらく | すべてがFになる | そにアニ | そふてにっ | そらのおとしものf | それが声優 | それでも世界は美しい | それでも町は廻ってる | たまこまーけっと | たまゆら | だがしかし | ちはやふる | つうかあ | つぐもも | つり球 | とある科学の超電磁砲 | とある飛空士への恋歌 | とある魔術の禁書目録Ⅱ | となりの怪物くん | ぬらりひょんの孫 | のうりん | のんのんびより | はぐれ勇者の鬼畜美学 | はじめてのギャル | はたらく魔王さま! | はんだくん | ばくおん!! | ばらかもん | ひだまりスケッチ | ひなこのーと | ふらいんぐうぃっち | まおゆう | ましろ色シンフォニー | まじもじるるも | まよチキ! | まりあ†ほりっく あらいぶ | みつどもえ増量中 | みなみけ | めだかボックス | もしドラ | もっとToLOVEる | ももくり | もやしもん | やはり俺の青春ラブコメはまちがっている。 | ゆゆ式 | ゆるゆり | ようこそ実力至上主義の教室へ | よんでますよ、アザゼルさん。 | ろんぐらいだぁす! | アイドル事変 | アウトブレイク・カンパニー | アオハライド | アカメが斬る! | アクエリオン | アクションヒロイン チアフルーツ | アクセル・ワールド | アクティヴレイド | アスタロッテのおもちゃ | アトム ザ・ビギニング | アニサン劇場 | アニメ その他 | アニメガタリズ | アニメ・コミック | アニメ個人評価 | アブソリュート・デュオ | アホガール | アリスと蔵六 | アルドノア・ゼロ | アンジュ・ヴィエルジュ | インフィニット・ストラトス | ウィザード・バリスターズ 弁魔士セシル | ウイッチクラフトワークス | エウレカセブンAO | エスカ&ロジーのアトリエ | エロマンガ先生 | オーバーロード | カンピオーネ | ガッチャマン クラウズ | ガリレイドンナ | ガリレオ | ガンスリンガーストラトス | ガンダムAGE | ガンダムGのレコンギスタ | ガヴリールドロップアウト | ガーリッシュ ナンバー | ガールズ&パンツァー | ガールフレンド(仮) | キズナイーバー | キノの旅 | キャプテン・アース | キューティクル探偵因幡 | キラキラ☆プリキュア アラモード | キルミーベイベー | キルラキル | ギルティクラウン | クイーンズブレイド | クオリディア・コード | クジラの子らは砂上に歌う | クズの本懐 | クロスアンジュ 天使と竜の輪舞 | クロックワーク・プラネット | クロムクロ | グラスリップ | グリザイアの果実・迷宮・楽園 | ケイオスドラゴン 赤竜戦役 | ゲーマーズ | ココロコネクト | コネタマ | コメット・ルシファー | コンクリート・レボルティオ | ゴールデンタイム | サクラクエスト | サクラダリセット | サムライフラメンコ | サンダーバード | サーバントXサービス | シドニアの騎士 | シモネタという概念が存在しない退屈な世界 | シュヴァルツェスマーケン | ジョジョの奇妙な冒険 | ジョーカーゲーム | スイートプリキュア | スクールガールストライカーズ | ステラのまほう | ステラ女学院高等科C3部 | ストライクウィッチーズ2 | ストライク・ザ・ブラッド | スペース☆ダンディ | スマイルプリキュア | セイクリッドセブン | セイレン | セキレイ Pure Engagement | ゼロから始める魔法の書 | ゼロの使い魔 | ゼーガペイン | ソウルイーターノット! | ソードアートオンライン | タブー・タトゥー | ダンガンロンパ | ダンジョンに出会いを求めるのは間違っているだろうか | ダンタリアンの書架 | チェインクロニクル | テイルズ オブ ゼスティリア | テルマエ・ロマエ | ディバインゲート | ディメンジョンW | ディーふらぐ! | デス・パレード | デッドマンワンダーランド | デュラララ!! | デンキ街の本屋さん | デート・ア・ライブ | トリアージX | トリニティセブン | トータル・イクリプス | ドキドキ!プリキュア | ドラゴンクライシス | ナイツ&マジック | ナンバカ | ナースウイッチ小麦ちゃんR | ニセコイ | ネトゲの嫁は女の子じゃないと思った? | ノブナガン | ノブナガ・ザ・フール | ノラガミ | ノーゲーム・ノーライフ | ハイキュー | ハイスクールDxD | ハイスクール・フリート | ハナヤマタ | ハピネスチャージプリキュア | ハマトラ | ハヤテのごとく | ハルチカ | ハンドレッド | ハートキャッチプリキュア | バカとテストと召喚獣 | バクマン | バチカン奇跡調査官 | バッテリー | バディコンプレックス | バトルガール ハイスクール | パソコン・インターネット | パパのいうことを聞きなさい! | パンチライン | ビッグオーダー | ビビッドレッド・オペレーション | ピンポン | ファイブレイン | ファンタシースターオンライン2 | ファンタジスタドール | フォトカノ | フラクタル | フリップフラッパーズ | フリージング | フレームアームズ・ガール | ブブキ・ブランキ | ブラック★ロックシューター | ブラック・ブレット | ブラッドラッド | ブレイクブレイド | ブレイドアンドソウル | ブレンド・S | プピポー | プラスティック・メモリーズ | プリズマ☆イリヤ | プリンセス・プリンシパル | ヘヴィーオブジェクト | ベルセルク | ベン・トー | ペルソナ4 | ボールルームへようこそ | マギ | マクロス | マケン姫っ! | ミカグラ学園組曲 | メイドインアビス | メカクシティアクターズ | モブサイコ100 | モモキュンソード | モンスター娘のいる日常 | モーレツ宇宙海賊 | ヤマノススメ | ヤングブラックジャック | ユリ熊嵐 | ヨスガノソラ | ヨルムンガンド | ラクエンロジック | ラストエグザイル-銀翼のファム- | ラブライブ! | リトルウイッチアカデミア | リトルバスターズ | ルパン三世 | レガリア | レベルE | レーカン! | ロウきゅーぶ! | ロクでなし魔術講師と禁忌教典 | ログ・ホライズン | ローゼンメイデン | ローリング・ガールズ | ワルキューレロマンツェ | ワンパンマン | 一週間フレンズ。 | 三者三葉 | 下ネタという概念が存在しない退屈な世界 | 世界でいちばん強くなりたい | 世界征服~謀略のズヴィズダー~ | 世紀末オカルト学院 | 中二病でも恋がしたい | 乃木坂春香の秘密 | 乱歩奇譚 Game of Laplace | 亜人 | 亜人ちゃんは語りたい | 京騒戯画 | 人類は衰退しました | 会長はメイド様 | 侵略!イカ娘 | 信長協奏曲 | 俺、ツインテールになります。 | 俺がお嬢様学校に「庶民サンプル」としてゲッツされた件 | 俺の妹がこんなに可愛いわけがない | 俺の彼女と幼馴染が修羅場すぎる | 俺の脳内選択肢が、学園ラブコメを全力で邪魔している | 俺物語!! | 健全ロボ ダイミダラー | 偽物語 | 僕だけがいない街 | 僕の彼女がマジメ過ぎるしょびっちな件 | 僕はHができない | 僕は友達が少ない | 僕らはみんな河合荘 | 八犬伝 | 六畳間の侵略者!? | 六花の勇者 | 冴えない彼女の育てかた | 凪のあすから | 十二大戦 | 君と僕 | 君に届け 2nd Season | 君のいる町 | 咲-saki- | 問題児たちが異世界から来るそうですよ? | 喰霊-零- | 四月は君の嘘 | 地獄少女 | 坂本ですが? | 坂道のアポロン | 城下町のダンデライオン | 境界の彼方 | 境界線上のホライゾン | 変ゼミ | 変態王子と笑わない猫 | 夏目友人帳 | 夏色キセキ | 夏雪ランデブー | 夜ノヤッターマン | 夜桜四重奏 | 夢喰いメリー | 大図書館の羊飼い | 天体のメソッド | 天使の3P! | 天鏡のアルデラミン | 失われた未来を求めて | 好きっていいなよ | 妖怪アパートの幽雅な日常 | 妖狐X僕SS | 妹さえいればいい。 | 学戦都市アスタリスク | 宇宙兄弟 | 宇宙戦艦ヤマト2199 | 宝石の国 | 実は私は | 寄生獣 | 対魔導学園35試験小隊 | 小林さんちのメイドラゴン | 少女たちは荒野を目指す | 少女終末旅行 | 少年メイド | 山田くんと7人の魔女 | 幕末義人伝 浪漫 | 干物妹うまるちゃん | 幸腹グラフィティ | 幻影を駆ケル太陽 | 幼女戦記 | 弱虫ペダル | 彼女がフラグをおられたら | 徒然チルドレン | 心霊探偵 八雲 | 快盗天使ツインエンジェル | 恋と嘘 | 恋と選挙とチョコレート | 恋愛ラボ | 恋愛暴君 | 悪魔のリドル | 惡の華 | 戦国コレクション | 戦国乙女~桃色パラドックス~ | 戦姫絶唱シンフォギア | 探偵オペラ ミルキィホームズ | 探偵ナイトスクープ | 攻殻機動隊 | 放浪息子 | 放課後のプレアデス | 政宗くんのリベンジ | 文豪ストレイドッグス | 断裁分離のクライムエッジ | 新世界より | 新参者 | 新妹魔王の契約者 | 日常 | 日記・コラム・つぶやき | 星刻の竜騎士 | 星空へ架かる橋 | 映画・テレビ | 昭和元禄落語心中 | 普通の女子高生が【ろこどる】やってみた。 | 暁のヨナ | 暗殺教室 | 曇天に笑う | 最弱無敗の神装機竜 | 最近、妹のようすがちょっとおかしいんだが | 月がきれい | 月の恋人 Moon Lovers | 月刊少女野崎くん | 有頂天家族 | 未来日記 | 未確認で進行形 | 東京ESP | 東京レイヴンズ | 東京喰種トーキョーグール | 桜Trick | 棺姫のチャイカ | 極黒のブリュンヒルデ | 機巧少女は傷つかない | 櫻子さんの足元には死体が埋まっている | 正解するカド | 武装少女マキャベリズム | 武装神姫 | 残響のテロル | 氷菓 | 波打際のむろみさん | 灰と幻想のグリムガル | 灼熱の卓球娘 | 灼眼のシャナIII Final | 無彩限のファントム・ワールド | 牙狼 | 物語シリーズ | 犬とハサミは使いよう | 猫神やおよろず | 琴浦さん | 甘々と稲妻 | 甘城ブリリアントパーク | 生徒会の一存 | 生徒会役員共 | 田中くんはいつもけだるげ | 甲鉄城のカバネリ | 男子高校生の日常 | 異世界はスマートフォンと共に。 | 異世界食堂 | 異国迷路のクロワーゼ | 異能バトルは日常系のなかで | 白銀の意思 アルジェヴォルン | 百花繚乱 | 監獄学園 プリズンスクール | 相棒 | 真剣で私に恋しなさい!! | 神のみぞ知るセカイ | 神撃のバハムート | 神様のメモ帳 | 神様はじめました | 神様ドォルズ | 私がモテないのはどう考えてもお前らが悪い! | 競女!!!!!!!! | 精霊使いの剣舞 | 紅殻のパンドラ | 純潔のマリア | 終わりのセラフ | 終末なにしてますか?忙しいですか?救ってもらっていいですか? | 終末のイゼッタ | 結城友奈は勇者である | 絶園のテンペスト | 緋弾のアリア | 緋色の欠片 | 織田信奈の野望 | 繰繰れ!コックリさん | 美少女戦士セーラームーン | 翠星のガルガンティア | 聖剣使いの禁呪詠唱 | 聖戦ケルベロス | 聖痕のクェイサー | 舟を編む | 艦隊これくしょん-艦これ- | 花咲くいろは | 落第騎士の英雄譚 | 蒼き鋼のアルペジオ | 蒼の彼方のフォーリズム | 蒼穹のファフナー | 蟲師 | 血界戦線 | 装神少女まとい | 謎の彼女X | 貧乏神が! | 賭ケグルイ | 赤髪の白雪姫 | 超次元ゲイム ネプテューヌ | 超訳百人一首 うた恋い。 | 輪るピングドラム | 輪廻のラグランジェ | 迷家 | 這いよれ!ニャル子さん | 進撃の巨人 | 銀の匙-Silver Spoon- | 銀河機攻隊マジェスティックプリンス | 銃皇無尽のファフニール | 鋼の錬金術師 | 長門有希ちゃんの消失 | 閃乱カグラ | 電波女と青春男 | 霊剣山 | 青の祓魔師 | 革命機ヴァルヴレイヴ | 響け♪ユーフォニアム | 風夏 | 食戟のソーマ | 鬼平 | 鬼灯の冷徹 | 魔乳秘剣帖 | 魔弾の王と戦姫 | 魔法つかいプリキュア! | 魔法使いの嫁 | 魔法先生ねぎま! | 魔法少女まどか☆マギカ | 魔法少女リリカルなのは | 魔法少女育成計画 | 魔法戦争 | 魔法科高校の劣等生 | 魔界王子 devils and realist | 魔装学園HxH | 黄昏乙女Xアムネジア | 黒子のバスケ | 龍ヶ嬢七々々の埋蔵金

2017年10月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

Right

Down

  • VividRed
    ビビッドレッド・オペレーション
  • Lagrange
    輪廻のラグランジェ 応援バナー
  • The IDOLM@STER
    THE IDOLM@STER
  • 電波女
    テレビアニメ「電波女と青春男」 公式サイト
  • Steins;Gate
    TVアニメ『シュタインズ・ゲート』
  • あの花
    あの日見た花の名前を僕達はまだ知らない。
  • アスタロッテ
    TVアニメ「アスタロッテのおもちゃ!」公式サイト
  • 超電磁砲
    とある科学の超電磁砲 公式サイト
  • 俺妹
    俺の妹がこんなに可愛いわけがない
  • あそびにいくヨ
    TVアニメ「あそびにいくヨ!」7月より放送開始!

OnDemand

  • Potora
  • NetMile
  • Small
  • s2

BlogPP

Afiliate

AfiliateA

YearSeasons

PV

  • MuraPV
無料ブログはココログ