カテゴリー

カテゴリー「ボールルームへようこそ」の18件の投稿

2017年11月 6日 (月)

ボールルームへようこそ TokyoMX(11/05)#18

Heat. 18 背番号13

東京都民ダンスコンテストが始まる。
参加者全員を捲くって優勝するつもりで気合の入った千夏。
格好良い衣装に強そうでしょ。
2度の予選で参加55組から36組が選出される。
準決勝が行われ、決勝戦となる。
5ヒートを踊って審査される。
Dn4cpsyvwaaiu_t1
踊った後では言い合いする2人。
賀寿、清春、雫、真子も観戦に来ていた。
言い合いする2人は喧嘩じゃなくてダンスを決めるための重要な儀式。
ダンサーの宿命だと言い放つ清春。
1次予選は全種目でフルマーク突破。
初めてなので記念撮影する多々良。
明が接近、多々良が千夏に言い返せるまでに成長した。
明の接近に怒る千夏。
明の父親が千夏の家族やパートナーの家族に声を掛けた。
ちょっと恥ずかしいが、多々良は今で父親には話していなかった。
多々良は良い奴だと思うが、臆病。
Story_ep18_041
気合が入って暴れたがっている千夏、多々良は抑えるのに必死。
今日もバラバラで見ている方がハラハラ。
多々良は千夏に振り回されて面白くない。
清春は予選では失敗しても決勝で修正できれば良い。
バラバラなのにホールドは崩れず、ボディバランスも良い。
不思議な2人に感心する清春。
清春が多々良を注目するのは三笠杯で感情むき出しで踊る多々良に
目を奪われたから。
 
多々良が自分の意思を表示すると千夏に気持ち悪い思いが侵入してくる。
早くじゃじゃ馬を乗りこなして見せてみろ。
問題を抱えて歪んだままで進化し続けろ、楽しむ清春だった。
 
---次回 「敵」---
 
 
今回はよく動いてましたね。
ここまで作画カロリーを押さえて準備してきましたからね。
でも多々良の思考やダンスの表現が良く分からない。
未だに同じことを言って、行っている気がする多々良。
良い結果が得られているので、結果往来ですが、
 何が良くなって、何が駄目なのか一切不明。
何というか、台詞が映像と一致しない。
なので台詞が抽象的になると、そうなの?凄いの?と思うしかない。
そんな意味では作品をほんとうの意味では理解できていないのかも。
この調子でこの大会を引っ張って描くだろうから、大丈夫なのか心配。
4話程度は引っ張って描きそう。

2017年10月30日 (月)

ボールルームへようこそ TokyoMX(10/29)#17

Heat. 17 表現者

多々良と千夏は喧嘩してしまう。
マリサは忙しいので清春に任せる。
お互いのダンスが違いすぎる。
千夏は自室に篭って後悔していた。
清春が千夏を連れ出してブラインドダンスを提案する。
雫が目を瞑って相手のリードに任せる。
千夏は多々良を信じられないので怖い。
そんな二人を大笑いを噛み殺している清春。
雫は女性をリードするには骨盤からと教えてくれる。
原因は多々良にあると指摘する清春。
Story_ep17_041
体内のリズムが合っていないとテストする。
雫と清春は目を瞑ってイメージでダンスするとぴったり同じ時間に終わる。
千夏と多々良では5小節もズレていた。
真子は千夏をどう思っているか多々良に尋ねる。
真子には素晴らしいリーダーだった。
多々良はパートナーに頼りすぎてリードできていないと指摘する清春。
 
翌日は千夏が嫉妬して一緒にダンスしない。
賀寿が気分転換が必要だと遊びに誘う。
しかし言い合いが始まりケンカ別れとなる。
多々良はパートナーに依存しすぎ、雫に挑発されてムキになっているだけと清春。
真子が千夏を追いかけてフォローする。
ムカつくと言われて羨ましい、対等の関係になっているから。
ダンスは男性のリードで決まる場合もあって悔しい思いをしてきた千夏。
大会に出場できなくて観客席からよく見てきたのでリードだけのペアも居た。
真子は自分のことを打ち明ける。
兄は才能豊かで自分が追いつけていないことも分かっている。
多々良が自分の才能を引き出して自信を与えてくれた。
でも兄が最高のパートナーであり、いつか追いつきたい。
Dnubiexvoaanegj1
雫は軽井沢で会った多々良が変わっていたと告げる。
アスリートになっていたが息苦しそうだった。
自分の宣言が迷惑だったら忘れて。
僕はダンスを舐めてもいないし軌跡で勝てるとも思っていない。
ただ大好きな君たちと同じフロアで踊りたい。
多々良は時々、とんでもないことを言う。
心に刻みこむダンス、そんな一瞬がある。
 
千夏が戻る、どうするの?多々良が尋ねる。
私は自分が厄介だと自覚している。
だから大会で勝てなかったらペアを解消してもいいよ。
そんな宣言にどう対処すれば良いのか・・・。
でもペア解消は嫌に決まってる。
今まで多々良以上に千夏を見てくれた人は居なかったことも自覚していた。
二人の衝突は変わらないが、前進はした。
釘宮は喧嘩ばかりの二人に辟易していた。
優勝するのはあなた達よ、でも彼らは来るわよとマリサ。
 
駒沢公園で第66回東京都民ダンススポーツ大会が開催される。
 
---次回 「背番号13」---
 
 
ようやく誤解も解けて?前向きに喧嘩できるようになった二人。
対等の立場だから言い合いが出来る。
真子は賀寿には言えるようになったのかな。
ポチパートナーって兄の言うことは素直に聞くって意味なんですね。
ダンスって明らかに男性のリードが全てな部分はあるのですね。
でも今時なら、男装女子のリードも有りかなと思う。
 
真子ちゃんに素晴らしいパートナーと言われると拗ねて
 嫉妬するのは仕方ない気もする。
自分よりも上手な人だと尊敬してましたからね。
ただ残念なのは練習での上達が分からないこと。
例えばお互いに同じ時間にイメージダンスが終わるとか、
ブラインドダンスで少しは踊れるようになったとか、
 そんな出来なかったことが可能になるシーンが欲しい。
そこを描かず結果だけを見せるので、頑張りが分からない。
まあ作画カロリーを減らしたいのでダンスシーンは本番だけに
 限定しているのでしょう・・・。
 
結構、原作の残りが少ないらしいので、天平杯の如く
 意味不明なダンスシーンや台詞で大会を盛るのだろうか。
とらドラみたく盛るよー?

2017年10月23日 (月)

ボールルームへようこそ TokyoMX(10/22)#16

Heat.16 四本足

マリサの命令を無視して静岡グランプリに出場する多々良。
しかし賀寿ペア、清春ペアはドイツの大会に出場。
お目当ての二人が居ないので目標を見失う。
それでも千夏と向き合うチャンスとばかりに集中する。
参加者は実力者なのは立ち振舞と肉体で分かる。
自分が場違いなのは一番分かっていた。
釘宮、明のペアも出場していた。
Dmvumuqaiusjx1
マリサの教えを思い出してチェックしながら踊る。
ワルツはマシだったが、タンゴの出来は酷いと感じる。
足を滑らせて千夏をホールドした瞬間、不思議に感覚に囚われる。
体が重いが心地いい、4本の足が存在する異様な感覚だった。
4種のダンスが総合されるが、3種目目を出られずに棄権扱いになる。
千夏に声を掛けられてようやく正気に戻る。
 
棄権したことで失格となり怒る千夏。
帰ってマリサに報告するが大会運営者から既に知らされていた。
次に出る試合を決めるので、優勝してもらいます。
練習は軽井沢の別荘で行われる。
別荘には雫、清春、賀寿、真子も呼ばれていた。
ワルツとタンゴではフルマークされていた多々良。
3、4種目を出場していれば1時予選は通過できていたはず。
多々良は、あの時の4本足の感覚を話す。
賀寿も清春も感じた経験があった。
4本足はパートナーと一体になった感覚らしいと知る。
実は普通に生じる最高の状態だったと知らされる。
Dmwcsbtvqaazdvb1
8月25日に開催される東京都民ダンス大会A級戦に出場してもらいます。
本来は春先に開催される大会で、今回はランキング対象ではない。
審査員からフルチェックされるならB級以上の実力者だから
 出場しても恥ずかしくない。
その大会に優勝したらグランプリ出場も許可します。
釘宮も出場するので優勝は無理ですよ。
千夏に電話、明も出場するので是が非でも勝つと千夏は燃えていた。
 
千夏を練習に誘う、清春、雫、賀寿、真子に見られるだけでも緊張する千夏。
マリサに師事するのも実は怖い。
マリサがタンゴベーシックでは退屈なのでバリエーションを加えましょう。
新たなステップを二人で繰り返し練習する。
覚えは多々良が上だが、千夏に気を使いすぎていた。
強引にリードする気持ちが多々良には足りなかった。
それを知っているマリサは2週間後の大会に出場させたのだった。
多々良くんはいつになったら千夏ちゃんを乗りこなすのかしら。
清春は二人の問題点を把握していた。
どうして教えてあげないの?
 
練習中に遂にキレて走り去る千夏。
自分よりもフォローが上手い、多々良が分からない。
多々良も追いかけて呼び戻せなかった。
 
---次回 「表現者」---
 
 
何故だか、突然の多々良の覚醒でした。
練習とか、足掻き苦しみを描かないので納得できない天才多々良。
ある日突然覚醒する競技ダンス・モンスターでした。
競技会で練習以上の結果を出せるのは天才です。
 
正直言って面白くない展開です。
できれば、審査員が解説して欲しかった。
この作品は見るだけでは何も分からない。
後の台詞での解説がようやく理解できるまどろっこしさがある。
なので、常に誰かが解説して欲しい。
 
千夏は普通のダンス少女なのでグランプリに出場できる
 清春、雫、賀寿、真子は特別な存在なのでした。
これが普通の感覚ですよね。
多々良が怖いもの知らずで、おかしいのですよね。
 
月刊マガジンCMは、密かに曽田正人推しですね。
彼のバレエ漫画、昴は面白かった。

2017年10月16日 (月)

ボールルームへようこそ TokyoMX(10/15)#15

Heat. 15 じゃじゃ馬ならし

D級に昇格した多々良と千夏。
賀寿は素直に喜んでくれるがカップル練を暫く止めたい。
多々良はマリサの言葉が気になって兵藤ソシアルダンススクールを訪れる。
そこで清春に会う。
釘宮は同じノービスで1位になったペア。
実は負傷で暫くダンスから離れていた。
実力的には三笠宮に出場できる。
リードが上手いから見学に来たと思っていた。
Dml9vnqvwaa8ihv1
マリサに先日の言葉を確かめに来た。
ダンスは男が女を従えるもの。
ゼッケンも男子だけが付ける。
出場申請も男子がメインで女子はおまけのような記述。
審査員は予選ではリードする男子しか見ない。
決勝で初めてペアとして審査する。
 
多々良が釘宮をリードして踊ってみて。
相手を気遣う多々良のリードは下手、フォローの真似事は止めろ。
このリードは、クズだ。
交代して踊ると、多々良の実力など関係なし。
釘宮のリードは相手を振り回して関係なく同じダンスを相手に躍らせる。
ペアの意識が一致してベストなダンスを踊る、多々良の目標とは
 大き異なるダンスで彼のリードには憧れない。
Dmljbtvwaabezt1
千夏はフォローの練習をしていた。
負けたら全て僕の所為にして良いから。
私を騙せるの?
日本インターナショナルダンス選手権大会に出場するために
 仙石が帰国した。
外国の強豪選手も出場する。
仙石ペアは3位、1,2位は外国人選手だった。
日本で唯一外国に通用するのは仙石ペアだけ。
帰りに仙石に兵藤ソシアルダンススクールで学ぶことを報告する。
環が小笠原ダンススクールは競技大会に向けて練習するには
 相応しく無いと勧めてくれた。
仙石に教わったことを思い出して頭を下げる。
踊りまくれ。
 
多々良には覚えることがたくさんあった。
基礎練習は今の2倍、体幹強化も取り入れなさい。
静岡グランプリに出場したいと告げるが、B級以上を求めているので無理。
それでも勝手に登録して出場する多々良。
兵藤、花岡ペアに現状を見せたい、そんな気持ちの多々良だった。
 
---次回 「四本足」---
 
 
多々良の目指すダンス、リードは理想的だが、
 現実には足りないものが多すぎる。
彼のパートナーを活かすダンスは決勝戦でしか通じない。
そこに到達するには、リードを上手く踊れないといけない。
今でも千夏のほうが上手いリードを本気で上達する気になった多々良。
そして競技ダンスで上位を目指すなら兵藤ソシアルダンススクールが向いている。
今まで面倒を見てくれていた仙石との別れ、卒業でした。
ラッキーで色々と教えてくれた仙石が実は偉大すぎるほど偉大な選手でした。
 
そういえば、賀寿の学ぶダンススクールってどこだろう?
多々良の理想とする選手は誰だろう?

今回は仙石ペアの最初の10秒?程度だけダンスしてましたね。
その後はダンスシーン一切なし。
これなら、最後までグランプリとか競技大会に出場しないほうが楽しめる。
作画カロリー抑制のためのダンスシーンカットは悲しい。

2017年10月 9日 (月)

ボールルームへようこそ TokyoMX(10/08)#14

Heat. 14 結成

千夏は誘っても踊ってくれない。
多々良はカップル練ばかりを始めるが披露が凄い。
パートナーによって披露の度合いも変わるらしい。
環が子供たちのダンスを見せてくれた。
子供のダンサーは女子が圧倒的に多い。
なので女子でもリードをする子供が多いらしい。
千夏もリード専門だったのではと推測された。
Story_ep14_031
レッスン代を稼ぐためにバイトを始めた多々良。
今だにダンスを忘れられない千夏、シューズや衣装の
 不要な品は甲本妹にプレゼントするため整理する。
音楽もダンスに向いていると考えてしまうほど好きで
 諦めきれなかった。
 
バイトの喫茶店の娘が甲本明で千夏の元パートナー。
三笠宮杯に出場したいから仙台大会に応援に来てよ。
明と千夏は今では犬猿の仲だった。
応援には行かない、グランプリには多々良と出るから。
売り言葉に買い言葉、勢いで行動する千夏だった。
ペア登録してノービス級で大会に出場する。
場所は錦糸町駅前のすみだ産業会館8F。
B、C、D級も同じ会場で催される。
ノービス級は12組、2位までに入ればD級にランクアップできる。
明もB級で参加していた。
ペアの男性は、一人キレキレのダンスで目立っていた。
Dln5swrvwaa_fot1
ワルツのダンスが始まるが、明に負けたくないと気合の入った千夏。
大きいステップで踊り始めるが、2週間を千夏と合うように踊ったのが
 無駄になる千夏のダンスだった。
邪魔な多々良を骨盤で押しのけて踊るのだった。
多々良には彼女の踊りに合わせることが難しい。
怒って文句を言っても言い訳して反省はしない千夏。
予選は多々良も1位で4組が並んでいた。
千夏は当然の如く決勝戦に出る準備で確認もしない。
強気で自分勝手な千夏に多々良も覚悟を決める。
今できる最高の共同作業に見せかける。
リードを逆に千夏に任せる、彼女の意思を感じ取って
 合わせるダンスだが、千夏が思い通りにダンスできるのだった。
明には、千夏のダンスが変わったのが理解できない。
 
当然の如く優勝だと思っている千夏。
しかし釘宮ペアが優勝でオナーダンスの栄誉が与えられる。
彼らを指導したのは兵藤の母親マリサだった。
わざとやってるの?女の子にばかり働かせてズルい子ね。
 
---次回 「じゃじゃ馬ならし」---
 
 
千夏とペア結成。
それは昔のパートナー、明の挑発から決まった。
でも今だにダンスを諦めきれずにいたのも事実。
勝ち気な千夏は大会会場でも明が居るので気合が入る。
多々良など眼中にないダンスでした。
それでもペアのダンスが揃わないといけない。
多々良の額縁以上の額縁になるダンス、パートナーに
 合わせるダンスで対抗しました。
でも彼ら以上の強敵が偶然にも居合わせて優勝を攫われるのでした。
でも2位にはなれたのでしょうね、D級に昇格でしょう。
次回は千夏を多々良がリードするための練習でしょう。
それにしても偶然は恐ろしい、バイト先に、大会にと、
 重要人物が居合わせるのは多々良の強運がなせる?

2017年10月 2日 (月)

ボールルームへようこそ TokyoMX(10/01)#13

Heat. 13 お見合い

仙石ファンの中に緋山千夏を発見するが、学校では話しかけないでねと
 冷たい態度。
翌日は仙石組が格好いいよねと話しかけてくる。
でもルックスが好きなだけでダンスには興味ない。
Dldzkggvaaaccvr1
雫に挑戦されて応えるにはパートナーが必要。
仁保友親に相談するとおアートな~は関係者から紹介されて、
 踊って決める、お見合いが一般的。
番場可憐も明日はお見合い、劇的に痩せていた。
賀寿と仙石の話で盛り上がる多々良。
それを聞きつけて小笠原ダンススクールまで尾行してきた千夏。
偶然にも千鶴のバイクに載せてもらって仙石も登場。
千鶴が千夏を指導、素人ではない様子。
多々良とペアにして後はお二人でご自由に。
 
ホールドで素人じゃないと分かる。
踊れるならダンスをバカにしてきたことが許せない多々良は
 馬鹿にするなよと言ってしまう。
いつでもオープンしてるから踊りたくなれば来ると良いよ。
踊りたくならないから。
それでもサインもらったらとフォローすると大喜びでサインをねだる。
特に本郷千鶴の大ファンだった。
 
賀寿から大会で兵藤清春・花岡雫ペアがぶっちぎりの優勝だったことを知らされる。
本題は清春からの伝言、雫の挑戦状を聞いて大笑いで楽しみだと。
パートナーも見つからない多々良は挑戦に応じられないと落ち込んでいる。
グランプリは始まったばかりだと教えられる。
環に相談すると三笠宮杯までは5つの競技大会がある。
しかしDランクにアップしないと自由な出場がままならない。
先ずはノービス級で出場してランクアップを目指すこと。
Dld5bsevoaa2ibw1
授業が終わって思い切って千夏に声を掛ける。
ペアで練習したいの?良いよとあっさり付き合ってくれる。
千夏は長い首に小さな頭背筋も伸びており、どこから見てもダンサー。
多々良はダンスを初めて7ヶ月、千夏は辞めちゃった。
多々良のリードで踊るが伝わらずに言い合いとなる。
仙石が役割チェンジを命じてみる。
千鶴が多々良に正しいフォローの姿勢を教える。
案外と意思するのも難しい姿勢だった。
千夏はリードに慣れていた、先ほどとは見違えるダンス。
千夏のリードで教わっていないステップ、フィガーを踊れる多々良だった。
 
---次回 「結成」---
 
 
今回は緋山千夏エピソード。
ダンスを踊る多々良をキモいとバカにするけれど経験者。
しかもリードに関しては多々良よりも実力者だった。
そんな彼女は仙石組のファンで本郷千鶴の大ファン。
 
抱きしめて欲しいと飛びつく千夏のシーンがとても良かった。
作画も動画も今日一番の出来だったように思う。
千鶴に向かって駆け寄るシーン、
足をバタバタ動かしながら千鶴に振り回されるシーン。
ダンス経験者なのに辞めた彼女の過去が気になるところ。
子供の頃に女子とペアで踊っていてトラブルがあったのだろうか。
作画カロリーの低い、動きの少ないエピソードは楽しめる。
予算的にかなり厳しいのでしょうね。

2017年9月25日 (月)

ボールルームへようこそ TokyoMX(9/24)#12

Heat. 12 出会い

晴れて高校に進学した多々良。
クラスで自己紹介、父親にも言えていないが好きなことでダンスと告げる。
社交ダンス、競技ダンスです。
前の席の女子、緋山千夏にダッサーと言われてしまう。
 
廊下を歩いていてパシリにされてしまった。
偶然にも賀寿と同じ高校、パシリから助けてくれた。
赤城賀寿は中学時代も有名だった様子。
通っているダンススクールの近くの叔父さんの家に住んでいるらしい。
真子がブラを付けたのは多々良のせいだとか言われてしまう。
ケーバンを交換しよう、俺達はダンス仲間だから。
Dkf07bxueaakgav1
スクールで雫と話すと天平杯のビデオが届いていた。
自分のダンスを初めて見る多々良、色々と恥ずかしい。
ダンスを始めるのに早い、遅いはないよ。
富士田くんは決して遅くないよ。
清春の脚の故障を気づけなかった自分が悔しい。
でもそれ以上に教えてもらえなかったのは辛かった。
清春の足の治療も兼ねて留学を1年伸ばした。
三笠宮杯で国内チャンプを取ってから留学。
またダンスで勝負しよう、1年以内に、それ以上は待ってあげない。
 
雫の挑戦に答えるにはパートナーを見つけないといけない。
どうやって見つけるのか分からない。
環からメールが届く、仙石が戻って東京ダンスグランプリに出場する。
チケットあるわよと誘われる。
賀寿と二人で後楽園ホールに向かう。
二人を見つけて挨拶代わりのステップで側に来る。
仙石はアマで世界ファイナリストになった賀寿の憧れの選手。
日本で唯一の世界レベルの選手。
 
下を向く多々良によく見とけと告げて控室に戻る。
次はワルツ、見逃さないようにと見つめる多々良。
仙石のステップが大きくて反ってもホールドが外れない。
自分とは大きく違うことを実感する。
スタンダードは身長が高いほど有利。
身長の高さは持って生まれた素質とでも言われているようで辛い。
こんな凄い人に教わっていたのかと認識を新たにする。
Dkf1sqvu8aaedkp1
控室ではパートナーの本郷千鶴とケンカが始まる。
多々良と聞いておいでと犬扱い。
可愛いと抱きしめてキスの嵐。
その後の決勝で当然の如く優勝する。
ファンが仙石を追いかけて雪崩れ込む。
倒れたファンの中に緋山千夏を発見する。
 
---次回 「お見合い」---
 
 
多々良の高校生活が始まって雫からライバル視される。
でもパートナーが不在。
賀寿と同じ学校で友達が居るのは心強い。
仙石が帰国してのグランプリを観戦。
新ためて仙石の凄さを知る。
 
OPでもEDでもネタバレですが、多々良の前の席の緋山千夏。
最初の出会いは最悪、社交ダンスをダサいと一瞥するだけ。
そんな彼女が仙石のファンのようですね。
基本的にはスポーツ選手なだけに自分が一番と思う人が多いのかな。
 
今回から後半でOP,EDが変わりました。
OP映像はよく動いていて良いですね。
仙石のダンスも動いていて良かった。
それだけに天平杯は引っ張りすぎたのだろうか?
あのシリーズは作画も演出も酷くて最低だったので、今回と同じ会社とは思えない。

2017年9月18日 (月)

ボールルームへようこそ TokyoMX(9/17)#11

Heat.11 評価

決勝戦の最終種目はクイック・ステップ。
最初は軽快に踊る多々良だったが、脚に疲労を感じる。
それからはフォームも崩れて下手さが目立ち始める。
背中のゼッケンにシワが寄って初心者だと分かる。
審査員の天平は彼の何が見たかったのか分からなくなる。
Dj7umddueaifj71
どうしてこんな下手くそに負けたのか腹が立つ。
でも目で追ってしまうだけに、余計に腹立たしい
気持ちで踊る多々良。
仙石のバリエーションは最高に格好いい。
皆に見て欲しい。
多々良の気持ちで踊るダンスが観客にストレートに伝わる。
それこそが天平がチェックを入れた理由だった。
観客も次第に拍手を始めて視線が2分される。
賀寿も多々良に釣られて笑顔になっていた。
Dj7umltu8aescvl1
仙石も清春も踊りたくてウズウズしてしまう。
終わると疲労困憊の賀寿と多々良。
俺に勝つなど100万年早い。
表彰式が始まり順番に名前が呼ばれる。
賀寿、雫ペアが優勝だった。
多々良は自分の下手さ加減に悔しがりながら踊っていた。
結局、最下位の7位だった多々良、真子ペア。
最後にボールルームクイーンが選ばれる。
真子が選ばれる、君がこのフロアのクイーンだ。
賀寿はおかしいと怒る。
本気で踊ったから、リベンジさせてね。
また二人で頑張ろう、さあ、おうちけぇるべ、賀寿の手を引く真子だった。
負けて悔しくないわけがない、トイレで泣く雫、下手くそ。
多々良はダンスが大好きですと仙石に告げる。
無事に高校に合格した多々良だった。
 
---次回 「出会い」---
 
 
今回はなんとか動いてアニメーションでした。
この作品はスポ根アニメの応用で、セリフや印象で魅せる
 場面は静止画ですね。
動いている時は良いけれど、ダンスとも思い難い時がある。
それもこれも、フロアを再現していない。
踊る種目の課題曲が聞こえないのだ。
ワルツやタンゴの曲が流れて踊り始めるが、その曲が一切流れない。
なのでダンスなのか何なのか分からない。
ちょっと動かしては静止画、袖や髪だけが動いていたり
 汗だけが飛び散っていて誤魔化している。
 
予算の関係上、3DCGで動かすのは無理なのだろうが、
苦労して動画を減らして、ダンスに見せているアニメとも言える。
正直、多々良が下手なのか上手なのかも分からない。
セリフで初心者だと言わせて思わせているだけなので、
 色々と難しいアニメになっている。
ただ視聴者もダンスに詳しくないと動作では分からず
 セリフに頼るしか無いのも事実。
 
ここまでが原作の4巻で、これなら、2クールもネタは大丈夫そう。
ただし、冗長な繰り返しも増えそう。

2017年9月11日 (月)

ボールルームへようこそ TokyoMX(9/10)#10

Heat. 10 ボルテージ

幼い頃、真子がダンスに興味を持って教室に通いたがった。
女子と手を繋ぐのが恥ずかしい兄の賀寿は断った。
でも食い入るようにダンス教室を覗く真子。
一緒にやりたいと説得されて了承したのだった。
初めて見ると案外とハードだった。
負けん気の強い賀寿は本気になった。
ある大会で清春、雫ペアに続いて2位となった。
審査員から賀寿は将来有望だと褒められた。
それからは1ダンス一筋に打ち込んできた。
真子の成長が遅く、身長差が開いて不釣り合いになってきた。
パートナーのチェンジを打診された賀寿。
Story_ep10_011
多々良の真子を花として魅せるための額縁に徹したダンス。
それは額縁が見えない程の花を魅せるダンスだった。
真子の笑顔とダンスを見てしまって賀寿の調子が狂う。
雫の行き先を防いでしまい、完全に雫との呼吸を忘れてしまった。
自分の失敗に不甲斐なくて悔し泣きする賀寿。
今からでも3種類のおさらいをすれば呼吸は合わせられる。
負かしてやるからなと、逆の立場になってしまう。
 
真子には兄に返したいものがたくさんあった。
だからもう一度組みたいので、今回は勝ちたい。
出場ペア7組のソロが終わって3種類のダンスを続けて踊る。
 
タンゴ、賀寿の歩幅は広く、雫でも苦しい。
真子ならついていくのも難しいはずで感心する。
清春は雫をパートナーではなくライバルとして見ていた。
いつも一人で練習している雫。
それは清春が先に上手くなるから。
Story_ep10_031
スローフォックストロット、ゆっくりしたダンスは実力が明らかになる。
前回に清春が意識したのは多々良。
多々良は他人を焚き付けるのが上手い。
雫がリードして観客の視線を奪う、素人とは思えないダンスを披露する。
雫は完全に清春のライバルとして踊っていた。
そのダンスに触発された清春はウズウズして踊りたい様子。
 
最後は思いっきり踊りましょうと真子が話しかける。
しかし暗い表情の多々良、仙石を見つめる。
予選ではバリエーションを踊るなと止められたのだ。
今回は、肉体的にも余裕があるので大丈夫だから踊りたい。
そんな訴えを必死で目で送ると仙石も了承する。
花を魅せる額縁のダンスを辞めて、踊りたいように踊る。
2ヶ月間、バリエーションを練習してきたのだった。
 
最後のクイックステップが始まる。
賀寿と雫も気合が入っていた。
多々良、真子ペアを除けるためにホールドの手を離す。
そんな二人に押され気味だった。
 
---次回 「評価」---
 
 
全然動かないダンス。
今回は台詞で誤魔化した感じで、アニメじゃなかったですね。
ストーリーも進展しなかったので、面白くなかった。
幼い真子が可愛かっただけ。
ダンスなら、モーションキャプチャーして3Dモデルを動かしたほうが
 良いと思う。
セル画に拘る必要性が分からない。
今回のような紙芝居なら、辞めて欲しい。
3Dモデルを動かせるCG会社に製作して欲しい。
 
次回は動くようなので、今回は動画を控えたようです。
ストーリー的にも、この天平杯が前半のヤマのようですが、
 はっきり言って冗長で飽きてしまった。
何というか、前半の良さがもう見られない。
残りの2話?が不安で仕方ない。
多々良の顔も1部で潰れて寸詰まりの丸顔になってましたね。
 
動かない絵で台詞だけで説明されても良く分からない。
酷いと言える話数だった。
BD収録時には、早送りで収録した方が良いと思う内容の酷さだった。

2017年9月 4日 (月)

ボールルームへようこそ TokyoMX(9/03)#09

Heat. 9 花と額縁

決勝戦は4種目を連続で踊るので、体力の配分に気をつけろ。
そして1分間のソロ審査がある。
踊る種目はクイックステップのはずが、清春の母、マリサの
 お願いでワルツに急遽変更される。
其のための仙石の振り付けのステップだったが残念になる。
多々良と真子は2番目のエントリー。
ステップはベーシックが中心。
Diznzquvaaary0j1
普段は気弱な多々良だが、本番に開き直って思わぬ実力を発揮する。
ベーシックなダンスだが、時折アレンジを加える。
清春のステップを単発で混ぜるのだった。
それが程よく観客には見せ場となっていて受けていた。
本来なら、即興でアレンジを加えても失敗するはずなのだ。
 
真子は兄に踊りたいダンスを尋ねられても邪魔にならないようにと
 答えるだけだった。
そんな真子の答えに苛立ちを覚えた賀寿だった。
それが多々良が邪魔にならないようにと真子を躍らせる。
真子を花にするダンス、徹底してリードが隠れて見えない。
審査員もパートナーしか見えていない。
リーダーのダンスを思い出せない。
これが多々良の考えた額縁のダンスだった。
Dizrecpumaeoevp1
真子の能力の高さに今更ながら驚く賀寿。
清春も良いパートナーだと考えていた。
今までの真子は額縁が派手過ぎて見えなかった。
 
全審査員がパートナーの評価しか与えていなかった。
これをどのように評価するかは判断が問われるかもしれない。
 
---次回 「ボルテージ」---
 
 
なんだろう、急にスローペースになった感じ。
真子の素晴らしさは伝わったが、それだけでは贅沢過ぎる
 尺の使い方に思える。
見せたい部分にフォーカスしているのだろうが、多々良の練習や
 失敗ももっと描いても良かった気がする。
現状では、多々良が気付き難いがレアな能力持ちに感じる。
 
ずぶの素人から始めたのだから、もう少し成長を丁寧に
 描くべきだと思う。
いきなりの天才の開花演出は如何なものかと思う。
 
SIN 七つの大罪のベリアルに見える兵藤マリサと
 最後の真子の両手を広げたポーズは蛇喰夢子のED?

その他のカテゴリー

18if | 30歳の保健体育 | 3月のライオン | 91DAYS | ACCA13区監察課 | AKB0048 | AKIBA'S TRIP | Angel Beats | Another | Aチャンネル | BanG Dream! | BLAZBLUE ALTER MEMORY | BLOOD-C | Brave10 | BTOOOM! | C | C3-シーキューブ- | CHAOS;CHILD | Charlotte | Classroom☆Crisis | Coppelion | D.C. | DAYS | Devil Survivor2 | DOG DAYS | DRIFTERS | Fate/Zero Stay Night | Free! | GANGSTA. | GATE 自衛隊 彼の地にて、斯く戦えリ | GJ部 | Go!プリンセスプリキュア | God Eater | GOSICK | GRANBLUE FANTASY | ID-0 | Infini-T Force | ISUCA | Just Because! | K | LUPIN the Third峰不二子という女 | M3-ソノ黒キ鋼- | Mr. BRAIN | NEW GAME! | No.6 | Occultic;Nine | orange | PSYCHO-PASS | RAIL WARS! | RDGレッドデータガール | Re:CREATORS | Re:ゼロから始める異世界生活 | ReLIFE | Rewrite | Rio-Rainbow Gate- | ROBOTICES:NOTES | selector infected WIXOSS | SHIROBAKO | sin 七つの大罪 | Star Driver輝きのタクト | Steins;Gate | TARI TARI | TERRAFORMARS | The IDOLM@STER | The Unlimited兵部京介 | Thunderbirds | Tiger & Bunny | TVドラマ | UN-GO | URAHARA | Wake Up, Girls | WHITE ALBUM2 | WORKING | Z/X IGNITION | ZETMAN | あそびにいくヨ | あっちこっち | あの夏で待ってる | あの日見た花の名前を僕たちはまだ知らない | あまがみSS | あまんちゅ! | あんハピ♪ | いつか天魔の黒ウサギ | いなり、こんこん、恋いろは。 | いぬやしき | うさぎドロップ | うしおととら | うたわれるもの | うどんの国の金色毛鞠 | うぽって | うらら迷路帖 | えとたま | えびてん | えむえむっ! | おそ松さん | おとめ妖怪ざくろ | お兄ちゃんだけど愛さえあれば関係ないよねっ | お兄ちゃんのことなんかぜんぜん好きじゃないんだからね | お勧めできないアニメ | お笑い | がっこうぐらし | きんいろモザイク | ぎんぎつね | くまみこ | けいおん!! | けものフレンズ | げんしけん | このはな綺譚 | この中に一人、妹がいる | この素晴らしい世界に祝福を! | この美術部には問題がある! | これはゾンビですか? | ご注文はうさぎですか? | さくら荘のペットな彼女 | ささみさん@がんばらない | さばげぶっ! | さんかれあ | しろくまカフェ | じょしらく | すべてがFになる | そにアニ | そふてにっ | そらのおとしものf | それが声優 | それでも世界は美しい | それでも町は廻ってる | たまこまーけっと | たまゆら | だがしかし | ちはやふる | つうかあ | つぐもも | つり球 | とある科学の超電磁砲 | とある飛空士への恋歌 | とある魔術の禁書目録Ⅱ | となりの怪物くん | ぬらりひょんの孫 | のうりん | のんのんびより | はぐれ勇者の鬼畜美学 | はじめてのギャル | はたらく魔王さま! | はんだくん | ばくおん!! | ばらかもん | ひだまりスケッチ | ひなこのーと | ふらいんぐうぃっち | まおゆう | ましろ色シンフォニー | まじもじるるも | まよチキ! | まりあ†ほりっく あらいぶ | みつどもえ増量中 | みなみけ | めだかボックス | もしドラ | もっとToLOVEる | ももくり | もやしもん | やはり俺の青春ラブコメはまちがっている。 | ゆゆ式 | ゆるゆり | ようこそ実力至上主義の教室へ | よんでますよ、アザゼルさん。 | ろんぐらいだぁす! | アイドル事変 | アウトブレイク・カンパニー | アオハライド | アカメが斬る! | アクエリオン | アクションヒロイン チアフルーツ | アクセル・ワールド | アクティヴレイド | アスタロッテのおもちゃ | アトム ザ・ビギニング | アニサン劇場 | アニメ その他 | アニメガタリズ | アニメ・コミック | アニメ個人評価 | アブソリュート・デュオ | アホガール | アリスと蔵六 | アルドノア・ゼロ | アンジュ・ヴィエルジュ | インフィニット・ストラトス | ウィザード・バリスターズ 弁魔士セシル | ウイッチクラフトワークス | エウレカセブンAO | エスカ&ロジーのアトリエ | エロマンガ先生 | オーバーロード | カンピオーネ | ガッチャマン クラウズ | ガリレイドンナ | ガリレオ | ガンスリンガーストラトス | ガンダムAGE | ガンダムGのレコンギスタ | ガヴリールドロップアウト | ガーリッシュ ナンバー | ガールズ&パンツァー | ガールフレンド(仮) | キズナイーバー | キノの旅 | キャプテン・アース | キューティクル探偵因幡 | キラキラ☆プリキュア アラモード | キルミーベイベー | キルラキル | ギルティクラウン | クイーンズブレイド | クオリディア・コード | クジラの子らは砂上に歌う | クズの本懐 | クロスアンジュ 天使と竜の輪舞 | クロックワーク・プラネット | クロムクロ | グラスリップ | グリザイアの果実・迷宮・楽園 | ケイオスドラゴン 赤竜戦役 | ゲーマーズ | ココロコネクト | コネタマ | コメット・ルシファー | コンクリート・レボルティオ | ゴールデンタイム | サクラクエスト | サクラダリセット | サムライフラメンコ | サンダーバード | サーバントXサービス | シドニアの騎士 | シモネタという概念が存在しない退屈な世界 | シュヴァルツェスマーケン | ジョジョの奇妙な冒険 | ジョーカーゲーム | スイートプリキュア | スクールガールストライカーズ | ステラのまほう | ステラ女学院高等科C3部 | ストライクウィッチーズ2 | ストライク・ザ・ブラッド | スペース☆ダンディ | スマイルプリキュア | セイクリッドセブン | セイレン | セキレイ Pure Engagement | ゼロから始める魔法の書 | ゼロの使い魔 | ゼーガペイン | ソウルイーターノット! | ソードアートオンライン | タブー・タトゥー | ダンガンロンパ | ダンジョンに出会いを求めるのは間違っているだろうか | ダンタリアンの書架 | チェインクロニクル | テイルズ オブ ゼスティリア | テルマエ・ロマエ | ディバインゲート | ディメンジョンW | ディーふらぐ! | デス・パレード | デッドマンワンダーランド | デュラララ!! | デンキ街の本屋さん | デート・ア・ライブ | トリアージX | トリニティセブン | トータル・イクリプス | ドキドキ!プリキュア | ドラゴンクライシス | ナイツ&マジック | ナンバカ | ナースウイッチ小麦ちゃんR | ニセコイ | ネトゲの嫁は女の子じゃないと思った? | ノブナガン | ノブナガ・ザ・フール | ノラガミ | ノーゲーム・ノーライフ | ハイキュー | ハイスクールDxD | ハイスクール・フリート | ハナヤマタ | ハピネスチャージプリキュア | ハマトラ | ハヤテのごとく | ハルチカ | ハンドレッド | ハートキャッチプリキュア | バカとテストと召喚獣 | バクマン | バチカン奇跡調査官 | バッテリー | バディコンプレックス | バトルガール ハイスクール | パソコン・インターネット | パパのいうことを聞きなさい! | パンチライン | ビッグオーダー | ビビッドレッド・オペレーション | ピンポン | ファイブレイン | ファンタシースターオンライン2 | ファンタジスタドール | フォトカノ | フラクタル | フリップフラッパーズ | フリージング | フレームアームズ・ガール | ブブキ・ブランキ | ブラック★ロックシューター | ブラック・ブレット | ブラッドラッド | ブレイクブレイド | ブレイドアンドソウル | ブレンド・S | プピポー | プラスティック・メモリーズ | プリズマ☆イリヤ | プリンセス・プリンシパル | ヘヴィーオブジェクト | ベルセルク | ベン・トー | ペルソナ4 | ボールルームへようこそ | マギ | マクロス | マケン姫っ! | ミカグラ学園組曲 | メイドインアビス | メカクシティアクターズ | モブサイコ100 | モモキュンソード | モンスター娘のいる日常 | モーレツ宇宙海賊 | ヤマノススメ | ヤングブラックジャック | ユリ熊嵐 | ヨスガノソラ | ヨルムンガンド | ラクエンロジック | ラストエグザイル-銀翼のファム- | ラブライブ! | リトルウイッチアカデミア | リトルバスターズ | ルパン三世 | レガリア | レベルE | レーカン! | ロウきゅーぶ! | ロクでなし魔術講師と禁忌教典 | ログ・ホライズン | ローゼンメイデン | ローリング・ガールズ | ワルキューレロマンツェ | ワンパンマン | 一週間フレンズ。 | 三者三葉 | 下ネタという概念が存在しない退屈な世界 | 世界でいちばん強くなりたい | 世界征服~謀略のズヴィズダー~ | 世紀末オカルト学院 | 中二病でも恋がしたい | 乃木坂春香の秘密 | 乱歩奇譚 Game of Laplace | 亜人 | 亜人ちゃんは語りたい | 京騒戯画 | 人類は衰退しました | 会長はメイド様 | 侵略!イカ娘 | 信長協奏曲 | 俺、ツインテールになります。 | 俺がお嬢様学校に「庶民サンプル」としてゲッツされた件 | 俺の妹がこんなに可愛いわけがない | 俺の彼女と幼馴染が修羅場すぎる | 俺の脳内選択肢が、学園ラブコメを全力で邪魔している | 俺物語!! | 健全ロボ ダイミダラー | 偽物語 | 僕だけがいない街 | 僕の彼女がマジメ過ぎるしょびっちな件 | 僕はHができない | 僕は友達が少ない | 僕らはみんな河合荘 | 八犬伝 | 六畳間の侵略者!? | 六花の勇者 | 冴えない彼女の育てかた | 凪のあすから | 十二大戦 | 君と僕 | 君に届け 2nd Season | 君のいる町 | 咲-saki- | 問題児たちが異世界から来るそうですよ? | 喰霊-零- | 四月は君の嘘 | 地獄少女 | 坂本ですが? | 坂道のアポロン | 城下町のダンデライオン | 境界の彼方 | 境界線上のホライゾン | 変ゼミ | 変態王子と笑わない猫 | 夏目友人帳 | 夏色キセキ | 夏雪ランデブー | 夜ノヤッターマン | 夜桜四重奏 | 夢喰いメリー | 大図書館の羊飼い | 天体のメソッド | 天使の3P! | 天鏡のアルデラミン | 失われた未来を求めて | 好きっていいなよ | 妖怪アパートの幽雅な日常 | 妖狐X僕SS | 妹さえいればいい。 | 学戦都市アスタリスク | 宇宙兄弟 | 宇宙戦艦ヤマト2199 | 宝石の国 | 実は私は | 寄生獣 | 対魔導学園35試験小隊 | 小林さんちのメイドラゴン | 少女たちは荒野を目指す | 少女終末旅行 | 少年メイド | 山田くんと7人の魔女 | 幕末義人伝 浪漫 | 干物妹うまるちゃん | 幸腹グラフィティ | 幻影を駆ケル太陽 | 幼女戦記 | 弱虫ペダル | 彼女がフラグをおられたら | 徒然チルドレン | 心霊探偵 八雲 | 快盗天使ツインエンジェル | 恋と嘘 | 恋と選挙とチョコレート | 恋愛ラボ | 恋愛暴君 | 悪魔のリドル | 惡の華 | 戦国コレクション | 戦国乙女~桃色パラドックス~ | 戦姫絶唱シンフォギア | 探偵オペラ ミルキィホームズ | 探偵ナイトスクープ | 攻殻機動隊 | 放浪息子 | 放課後のプレアデス | 政宗くんのリベンジ | 文豪ストレイドッグス | 断裁分離のクライムエッジ | 新世界より | 新参者 | 新妹魔王の契約者 | 日常 | 日記・コラム・つぶやき | 星刻の竜騎士 | 星空へ架かる橋 | 映画・テレビ | 昭和元禄落語心中 | 普通の女子高生が【ろこどる】やってみた。 | 暁のヨナ | 暗殺教室 | 曇天に笑う | 最弱無敗の神装機竜 | 最近、妹のようすがちょっとおかしいんだが | 月がきれい | 月の恋人 Moon Lovers | 月刊少女野崎くん | 有頂天家族 | 未来日記 | 未確認で進行形 | 東京ESP | 東京レイヴンズ | 東京喰種トーキョーグール | 桜Trick | 棺姫のチャイカ | 極黒のブリュンヒルデ | 機巧少女は傷つかない | 櫻子さんの足元には死体が埋まっている | 正解するカド | 武装少女マキャベリズム | 武装神姫 | 残響のテロル | 氷菓 | 波打際のむろみさん | 灰と幻想のグリムガル | 灼熱の卓球娘 | 灼眼のシャナIII Final | 無彩限のファントム・ワールド | 牙狼 | 物語シリーズ | 犬とハサミは使いよう | 猫神やおよろず | 琴浦さん | 甘々と稲妻 | 甘城ブリリアントパーク | 生徒会の一存 | 生徒会役員共 | 田中くんはいつもけだるげ | 甲鉄城のカバネリ | 男子高校生の日常 | 異世界はスマートフォンと共に。 | 異世界食堂 | 異国迷路のクロワーゼ | 異能バトルは日常系のなかで | 白銀の意思 アルジェヴォルン | 百花繚乱 | 監獄学園 プリズンスクール | 相棒 | 真剣で私に恋しなさい!! | 神のみぞ知るセカイ | 神撃のバハムート | 神様のメモ帳 | 神様はじめました | 神様ドォルズ | 私がモテないのはどう考えてもお前らが悪い! | 競女!!!!!!!! | 精霊使いの剣舞 | 紅殻のパンドラ | 純潔のマリア | 終わりのセラフ | 終末なにしてますか?忙しいですか?救ってもらっていいですか? | 終末のイゼッタ | 結城友奈は勇者である | 絶園のテンペスト | 緋弾のアリア | 緋色の欠片 | 織田信奈の野望 | 繰繰れ!コックリさん | 美少女戦士セーラームーン | 翠星のガルガンティア | 聖剣使いの禁呪詠唱 | 聖戦ケルベロス | 聖痕のクェイサー | 舟を編む | 艦隊これくしょん-艦これ- | 花咲くいろは | 落第騎士の英雄譚 | 蒼き鋼のアルペジオ | 蒼の彼方のフォーリズム | 蒼穹のファフナー | 蟲師 | 血界戦線 | 装神少女まとい | 謎の彼女X | 貧乏神が! | 賭ケグルイ | 赤髪の白雪姫 | 超次元ゲイム ネプテューヌ | 超訳百人一首 うた恋い。 | 輪るピングドラム | 輪廻のラグランジェ | 迷家 | 這いよれ!ニャル子さん | 進撃の巨人 | 銀の匙-Silver Spoon- | 銀河機攻隊マジェスティックプリンス | 銃皇無尽のファフニール | 鋼の錬金術師 | 長門有希ちゃんの消失 | 閃乱カグラ | 電波女と青春男 | 霊剣山 | 青の祓魔師 | 革命機ヴァルヴレイヴ | 響け♪ユーフォニアム | 風夏 | 食戟のソーマ | 鬼平 | 鬼灯の冷徹 | 魔乳秘剣帖 | 魔弾の王と戦姫 | 魔法つかいプリキュア! | 魔法使いの嫁 | 魔法先生ねぎま! | 魔法少女まどか☆マギカ | 魔法少女リリカルなのは | 魔法少女育成計画 | 魔法戦争 | 魔法科高校の劣等生 | 魔界王子 devils and realist | 魔装学園HxH | 黄昏乙女Xアムネジア | 黒子のバスケ | 龍ヶ嬢七々々の埋蔵金

2017年12月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            

Right

Down

  • VividRed
    ビビッドレッド・オペレーション
  • Lagrange
    輪廻のラグランジェ 応援バナー
  • The IDOLM@STER
    THE IDOLM@STER
  • 電波女
    テレビアニメ「電波女と青春男」 公式サイト
  • Steins;Gate
    TVアニメ『シュタインズ・ゲート』
  • あの花
    あの日見た花の名前を僕達はまだ知らない。
  • アスタロッテ
    TVアニメ「アスタロッテのおもちゃ!」公式サイト
  • 超電磁砲
    とある科学の超電磁砲 公式サイト
  • 俺妹
    俺の妹がこんなに可愛いわけがない
  • あそびにいくヨ
    TVアニメ「あそびにいくヨ!」7月より放送開始!

OnDemand

  • Potora
  • NetMile
  • Small
  • s2

BlogPP

Afiliate

AfiliateA

YearSeasons

PV

  • MuraPV
無料ブログはココログ