カテゴリー

カテゴリー「DAYS」の24件の投稿

2016年12月19日 (月)

DAYS BS11(12/18)#24終

最終回 第24話 このチームでもっとサッカーがしたい

京王河原との対戦で君下がフリーキックを決めて3-2。
そのままタイムアップで準決勝に勝利する。
京王河原は強敵だった、丸岡は17番を褒める。
次も勝って俺達の強さを証明して欲しい。
021
3本のフリーキックをもらったのは、全て柄本だった。
生方が確認して気づくが、風間は柄本を理解していた。
帰りの柄本は元気がなかった。
新渡戸がレガースを部室に忘れたので取りに帰る。
柄本が1人で練習していた。
しかも悔しくて泣きながらボールを蹴っていた。
今日の柄本はFKを貰ったり、セカンドボールを奪ったりと
 頑張っていたと思う来須。
しかし本人はゴールもアシストも0だと悔しがっていた。
僕はまた何も出来なかった。
自分が周囲に守られているのが分かっているからこそ悔しい。
柄本に一番厳しいのが柄本自身だと風間も見守っていた。
サッカーを始めて半年の素人だと思ったら追い越される。
来須たちも練習に参加する。
生方も密かに柄本を見守っていた。

風間に東院学園の場所を尋ねて偵察してきた生方。
その映像を持ち帰って研究する。
生方も柄本の頑張りが感染していたのだった。
風間は足の負傷も順調で少しなら決勝戦に出場できそうらしい。
将来を考えるなら出場しないほうが良いらしいが。
柄本は自分で結論を出していた、風間くんとサッカーがしたい。
聖蹟の皆とサッカーがしたい。
僕はまだ聖蹟サッカー部に恩返しできていないから。
風間も柄本と一緒に出場することを決める。
041
Aブロック決勝戦で桜木高校は1-0の苦戦だった。
鳴神が緊張で動けなかったらしい。
決勝戦には魔物が居るぞ。
準決勝では緊張しなかった柄本が緊張していた。
生方が東院学園の分析結果をチームに伝える。
生方も聖蹟サッカー部の一員で勝てると告げる。

いよいよ、決勝戦が始まる。
俺はこのチームでもっとサッカーがしたいと水樹主将。

---最終回---

今回は京王河原との対戦と東院学園との
 対戦直前まででした。
続編は描くようですが、今回はここまで。
ハイキューと同じく決勝戦は次回となりました。
ただ1ゲームを10話で描くのもどうかなとは思う。

未だ公式戦ではノーゴールの柄本です。
フォワードとしては褒められる成績じゃない。
しかも大柴先輩に託されたのに結果を残せなかった。
十分に良い働きはしていますが、鳴神の言葉が
 気になっているのか得点、アシストに拘るのでした。
来須の言葉が正しいと思いますが、これで満足したら
成長できない。
一番下手なのだから頑張るしかない。
そんな柄本に影響されたのか生方も対戦相手を
 体を張って偵察して研究します。
その成果が役立てば良いですね。

いつも柄本を理解して見守っている風間。
ある種の柄本ストーカーかとも思える風間です。
青春を描く熱いサッカーストーリー、若干無理を感じる
 部分もありますが、次を期待ですね。

2016年12月12日 (月)

DAYS BS11(12/11)#23

第23話 僕だって、聖蹟サッカー部の一員なんだ

君下のフリーキックが決まって2-1とリードする。
京王河原はCFの二人も上がって怒涛のパワープレイを仕掛ける。
残り5分、守りきって勝つと判断する臼井。
聖蹟は全員で守る。
柄本がボールを持つと厄介、弱いので直ぐに倒れると思われている。
011
アディショナルタイムは3分。
臼井は丸岡を自由にはさせない。
クリアして終わりだと思った時に臼井の体力が限界に達する。
その隙に丸岡のシュートが決まって同点になる。
延長線を戦える状況ではない聖蹟は絶体絶命のピンチ。

柄本がボールを持って叫ぶ、聖蹟ファイット!
まだ終わっていない、素早いリスタートで得点を決めて勝つ。
その後姿に項垂れた聖蹟イレブンが奮い立つ。
残りは1分30秒。
臼井の指示で全員が上がって攻める。

パスカットされて丸岡がGK猪原と1対1になる。
ペナルティエリアのギリギリまで飛び出す猪原にループシュートを放つが
 読まれている、ジャンプで弾く。
こぼれ球を拾う柄本、甲斐がマークに付くがパスだと思って
 マークが甘くなる。
その隙を突いてゴールを目指す、シュートコースが見える。
思わず背後から掴んで倒してしまう。
再度、フリーキックを得る柄本。
041
君下の出番だがあまりに角度が無さすぎる。
誰に合わせるかが問題となる。
大柴が狙えと観客席から大声で叫ぶ。
柄本が気になる丸岡がマンマークに付く。
甲斐は君下が狙っていると分かる。
フリーキックの努力は裏切らない。
本気で狙ったフリーキックは鮮やかな弧を描いてゴールネットを揺らす。
来須には見たこともない綺麗なシュートに見えた。

---最終回 「このチームでもっとサッカーがしたい」---

2転3転と変わるゲームでした。
聖蹟が10人でピンチになるが、2-1で有利。
しかしパワープレイで同点にされる。
再び奮い立って全員攻撃を仕掛けるが奪われてGKと1対1になってしまう。
そして最後にFKのチャンス。
フォワード3人が不在で頼れるのは君下のフリーキック。
それを十分に描いたゲームでした。
でもFKでハットトリックは出来過ぎ感がある。

柄本つくしもマークされるくらいに危険な存在と
 思われるまでに成長しました。
相手DFが弱いからボールを奪いに強く当たれないと悩むのが面白い。
それほどに肉体は貧弱な柄本です。

これで決勝戦進出、東院学園にリベンジですが
 次で終わりとは・・・。
26話で最後まで放送して欲しかった。
これはハイキューと同じで決勝戦を10話とかは辞めて欲しい。

2016年12月 5日 (月)

DAYS BS11(12/04)#22

第22話 今は俺が聖蹟のキャプテンだ

SB灰原からのバックパスは完全にフリーの柄本。
シュートは惜しくもゴールバーに弾かれる。
京王河原は丸岡と甲斐の2人で攻め込んでくる。
GK猪原のスーパーセーブが連発する。
臼井も懸命に相手のチャンスを潰していく。
前半は1-0で聖蹟が京王河原の攻撃を凌いだ。
011
後半戦もメンバーチェンジはしない聖蹟。
守備を増やさず3バックを維持してきた。
臼井の活躍で攻撃を遮ってきた。
センターバックの吉田と山田は不甲斐ない丸岡と甲斐を
 激励する、守備は良いから上がって待てと。
守備は任せて得点を上げろと無言の指示だった。
今まで彼らに支えられてきたことを痛感する。
彼らの思いを知って初めて丸岡が得点を上げる。
これで1-1の同点、追い上げてきた京王河原には勢いがあった。
021
浮足立つ聖蹟イレブン、臼井が目を閉じて呼吸を整えろと指示。
俺達は誰だ?俺達は聖蹟サッカー部だ。
臼井の冷静沈着な言葉が皆の気持ちを落ち着け
 守備体系の混乱を直させる。
臼井とは常に冷静な男、主将と副主将の選択に悩んでいた時も
 彼は主将ではなく副主将を選んだ。
主将は一番強い奴がなり、補佐する冷静な者が副主将だと提案した。

臼井がボールを奪ってドリブルで駆け上がる。
それにつられてデフェンダーも敵陣に駆け上がる。
次々に突破してゴールを目指す臼井。
俺は主将の重責に恐れて逃げたのではないのか。
それを見越して水樹はキャプテンマークを任せたのではないのか。
それでも今は俺が聖蹟のキャプテンだと捕まっても振りほどいて
 突進するがボールを弾かれる。
そこをフォローしていたのは柄本だった。
ゴール前の絶好のボレーシュートチャンス。
ディフェンダーがファール覚悟のディフェンスで止める。
しかしファールでフリーキックを与えられる。

キッカーは君下、犬童の閃きや平のフィジカルには勝てない。
しかし聖蹟の10番を背負うからにはプレースキックでは絶対に
 誰にも負けられない。
超低空シュートでジャンプした味方選手の足元を抜いてゴールを決める。

---次回 「僕だって、聖蹟サッカー部の一員なんだ」---

一人少ない10人の聖蹟はピンチの連続。
京王河原に攻め込まれて幾度となくシュートを放たれるが
 臼井の先を読んだ守備と猪原のスーパーセーブで無得点に抑える。
ディフェンダーが減ったので守備がピンチ。
それでも3バックで後半戦に挑んだのはフォワードの
 3人が居ないからですね。
得点力が弱いのに1人減らすと余計に得点できない。
絶体絶命の状況です。
なので臼井の見せ場でもあり、彼のキャラクター紹介でも
ありました。
GKの猪原も大活躍ですがなにせGKで人と絡まないので
 エピソードが描きにくいのが不幸でした。

それにしても柄本の公式戦初得点はまたしても
 お預けとなりました。
何度もチャンスは訪れるのですが、産みの苦しみ状態です。
その分だけ初得点の感動は大きなものとなるのでしょうね。
でも次の試合に出番はあるのだろうか・・・。

2016年11月28日 (月)

DAYS BS11(11/27)#21

第21話 面白ぇよな、サッカーは

水樹のポジションを務める速瀬は左のドリブラー。
託されたポジションを努めようと左からカットイン。
今日の柄本は何かが違うと感じる臼井。
ゴール前で柄本が倒されてフリーキックを得る。
来須と柄本が壁になって君下が蹴ったシュートは超曲がるバナナシュート。
キーパーには蹴り出しが見えず、それも遠い位置から極端に曲がる。
それでは反応など出来るわけがない、先取点をゲット。
031
桜木高校も京王河原には勝てなかった。
9番の丸岡が要注意らしい。
CB臼井、GK猪原の活躍で丸岡の攻撃を止める。
3年生がいい働きをした。
柄本はビデオを見て感じたことがあった。
ボールを奪うチャンスは3つ、相手がミスした時。
皆で囲んで追い込んだ時。
そして攻守の切り替わりの空白時間、慢心や油断したとき。
021
またもや相手の油断を突いてボールを奪う柄本。
臼井が柄本に自分の利益を優先しろと言った、彼の指示で右ゴール隅を
 狙ってシュートを放つ、おしくもセーブされる。
それを見て限界だと話す風間。
今までのつくしは誰かのために走ってきたが限界だ。
少し上手くなると楽しくて止まらない。

新渡戸は焦っていた、始めて半年の柄本が活躍している。
10年サッカー一筋に取り組んできたのに。
フリーの丸岡を追いかける時に突然の肉離れで倒れてしまう。
それが丸岡を巻き込んでペナルティエリア内でのバックチャージ。
レッドカードの一発退場で、フリーキックも与えられる。
臼井はアクシデントと抗議するが受け入れられない。
悔しくて堪らない新渡戸。
フリーキックは猪原のスーパーセーブで無得点。

ようやく硬さの取れた来須にボールが届く。
君下張りの華麗なパスさばきでアピールしたいがセンスはない。
しかし監督は泥臭くボールをキープする力は認めていた。
SBの灰原が上がってボールを受け取って右サイドから
 ロビングと思わせてバックパス。
柄本に絶好のシュートチャンスとなる。

---次回 「今は俺が聖蹟のキャプテンだ」---

フォワード3人が出場できない非常事態でも君下や速瀬の
頑張りで何とか戦う聖蹟。
しかし運悪く新渡戸が肉離れでバックチャージの反則を取られて
 一発レッドの退場。
前半戦から10人で戦うことになる。
完全に絶体絶命のピンチ。

でも遂に覚醒の時が訪れる柄本。
今日の柄本は感覚が鋭い、相手の油断や慢心が理解できる。
ボールが奪える。
さてシュートは決まるのか?
でも前半戦が終わってないので後半戦は臼井の頑張り次第だろうか。

2016年11月21日 (月)

DAYS BS11(11/20)#20

第20話 聖蹟をなめるなよ

3回戦は最悪のグラウンドコンディション。
雨でグラウンドがぬかるんでパスが満足に届かない。
対戦相手の北東はチャンスとばかりにラフプレーを仕掛けてきた。
この状況では実力差が発揮できない。
万が一のラッキー狙いではあるが大柴が負傷交代。
それでもラフプレーが止まらず君下が狙われた。
遂に怒った水樹主将が君下を守って手を出してしまう。
当然イエローカードが提示され、累積2枚で次ゲームが出場停止になってしまう。
怒りの水樹のゴールも決まり試合は5-0で完勝だったが
 大柴も1週間の治療が必要で出場不可能となる。
決勝戦の相手と目される東院学園が偵察に来ていた。
011
聖蹟の3本の矢と恐れられたフォワード3人が揃って
 準決勝戦の出場が不可能になってしまった。
その相手は創部2年目だが勢いのある京王河原高校。
決勝戦では風間も戻り、昨年敗れた東院学園と戦える。
それだけに準決勝戦では負けたくない思いは強い。
041
水樹主将が見守るだけしか出来ないが、全員を送り出してくれる。
柄本には掛ける言葉を散々探すが思いつかずグーパンチで送り出す。
絶対に勝ちますから、少し頼もしくなった柄本だった。
思ったよりも落ち着いていた。
京王河原はフォワードを徹底的にマンマークしてパスコースを無くす。
いきなりパスが出せずに困る君下。
しかし中学の頃の君下はMFではなく誰よりも貪欲にゴールを
 狙うプレイヤーだった。
1人ドリブルでゴールを目指す、それを知る甲斐がようやく
 君下を止める。
しかし柄本が知らぬ間にボールを奪い返してゲームを続ける。
柄本からのパスを受ける君下、あまり聖蹟をなめるなよ。

---次回 「面白えよな、サッカーは」---

水樹主将がイエローカード累積で出場停止となるピンチ。
そこに大柴も負傷でフォワード3人が未出場の大ピンチ。
誰が点を取れるのかと思う状況で君下が居ました。
彼は元々ゴールを狙うプレースタイルだった。
今回は君下が活躍するのか。
柄本は今回もフォローに回ってますが、得点の可能性もあるかも。
来須がMFとして機能すれば君下と柄本の
 2トップもありえますね。

実は強豪校と言われる学校の強みはこんな時にこそ発揮されます。
部員数が多いので控えの選手でも上手い。
レギュラーとの差は小さく負けることがない。
でもピンチには変わりないので次回が楽しみですね。

高校生のスポーツアニメは対戦高の学校名を考えるのも
 結構手間だと思います。
現実に無い学校名を選ばないといけない。
作品に依っては校章も必要だったりと面倒ですよね。
それをサボってパクると問題になります・・・。

2016年11月14日 (月)

DAYS BS11(11/13)#19

第19話 ついて来い 全国まで一直線だ

柄本のシュートで聖蹟が勝利する。
4点取られたのはディフェンスの崩壊が問題だ。
もう一度立て直す。
樋口は大柴にも勝つための暴言だったと非礼を詫びる。
平は君下を褒める、聖蹟が勝つためには水樹の更なる成長が必要だ。
水樹には17番にやられたなと平。
031
風間くんに謝らなきゃと考える柄本。
ちょっと来いと手を引いて強引に連れていく風間。
母さんと黙って帰るところを呼び止める。
お互いに話しかけづらいが足の負傷は気づいていた母。
同じクラスの最高の友達なんだと母に紹介する。
母さんのお陰でこいつに会えた、ありがとう。
冬は全国に行くから、暇なら応援に来てよ。
強化合宿は8戦全勝で終了した。
夏休みが終わると東京都予選大会が始まる。
021
東京は2校が選出される。
予選のトーナメントが発表になる。
現在の東京は4強と言われている。
聖蹟、桜木、天王洲、東院、Aブロックは聖蹟と東院。
東院は3年連続全国出場の強豪校で絶対王者。
負けたら3年生の高校サッカーは終了する。
それを聞いて眠れなかった柄本、来須も同じだった。

ここまでは全国に行けなかったが無駄じゃなかった。
ついて来い、ここからは全国へ一直線だ。
初戦は水樹の活躍で勝利するが思わぬイエローカードを
 貰ってしまって後悔する君下。
東院は決勝まで勝ち進むだろうが、その前に思わぬ
 伏兵となりそうなのが京王河原だと考える。

次戦は雨で最悪のグラウンドコンディションだった。

---次回 「聖蹟をなめるなよ」---

柄本の初得点で勝利した青函との練習試合。
樋口は大柴への挑発を謝ります。
でも風間に先に謝るべきですよね。
反則は分かっていてのイエロー覚悟のバックチャージ。
しかも骨に当たった感触もあったのに。
その後にプレーを続けたから大丈夫との判断でしょうか。

中学、高校の3年間は短い。
今のメンバーでサッカーを続けたい柄本ですが、3年生は
最後の大会なので負けたら引退。
でも水樹主将は負ける気はない、全国に行く覚悟。
それにしても天然ボケをいつも担当する水樹。
今回は裸にユニフォームを後ろ前に着直すボケでした。
初戦のイエローカードが後で効いてくるのでしょうね。
出場停止になりそう、しかも風間が居ないのも大きい。

2016年11月 7日 (月)

DAYS BS11(11/06)#18

第18話 教えてくれよ君下 お前なら出来るだろ?

青函高校監督はフォワードを一人追加すると宣言する。
ワントップの火村はプライドを傷つけられて怒る。
平も反対して部活を辞めるとまで詰め寄る。
それなら10分だけ時間を与える。

俄然やる気の火村、風間に2得点されて火が付いていた。
浮き球でディフェンスをかわして、ボレーシュートを決める。
開始後の速攻で2点目を奪う。
開始10分で同点にされてしまった。
021
君下は悩んでいた、大柴と違い水樹には要求がない。
平との会話で60%しか満足していないことを考えていた。
聖蹟は君下が攻撃の中心、彼にボールが集中する。
彼が不調だと攻撃が成立しない、思わぬ弱点かもしれない。
水樹へのパスがカットされて平に渡り、火村がシュートする。
2-3と逆転を許してしまう。
平との接触で倒れる君下。

水樹とのコンビは良い関係で代表まであと一歩で敗れた昨年。
今年も桜木に負けて2年連続でインターハイに出られなかった。
脳震盪を起こしていた君下が水樹の水で目覚める。
水樹に俺では満足させられないかと訪ねる。
俺は誰も何も満足していない。
頭の中で声が聞こえる、お前ならもっとやれるはずだと。
水樹の言葉は君下にも平にも向けた言葉ではなかった。
ようやく理解した君下だった。
教えてくれよ、君下、お前なら出来るだろう。
常にパスに反応してゴールを狙うだけの水樹だった。
031
君下のパスに一人反応する水樹、遂に得点する。
これで3-3の同点になる。
柄本にフリーのシュートチャンス、しかし空振りの悪夢を
 思い出して一瞬躊躇してキーパーにセーブされる。
タオルを被って俯く風間に見る義務があると話す生方。
あいつは生真面目に不器用に生きていた。
息苦しい生活をしていたが太陽の下でプレイすることを
 喜びを教えたのはお前だろう。
柄本は約束を破っていなかった、破ったのは自分だ。

大柴にゴール前のシュートチャンスが訪れる。
しかしマークが厳しい、咄嗟にポストプレーでパスを送る。
そこに走り込むフリーの柄本。
またもや悪夢が蘇るが風間の応援が聞こえる。
シュートはキーパーに弾かれるがこぼれ球は生きている。
もう一度、振り抜くとシュートが決まる。
風間が抱きついて褒めてくれる。

---次回 「ついて来い 全国まで一直線だ」---

今回は駆け足なのか色々と不満の残る内容でした。
青函の火村がいきなり2得点決める理由が説明されておらず謎。
色んな説明を省いたのか、不思議で気持ち悪ささえ感じた。

君下から水樹のパスの映像が気持ち悪いCGの3Dモデルで
 描かれている場面があった。
あれは本来なら3Dモデルを下地にして手書きに置き換える
 ところをそのまま使用した感じ。
なんだか不思議な映像だった。
君下から水樹のパスのリターンに見えたのが平に届いて
 火村がゴールするシーンも雑で意味不明だった。
火村絡みの映像が色々と違和感を感じた。

最後の柄本のシュートもダイビングヘッドが良かったと思う。
そうでないとキーパーが先に確保すると思う。
内容は悪くないが、中途半端な演出で意味不明な感じになってしまった。
それならもっとカットして、火村が次々にゴールを決めるシーンだけを
 描くほうがスッキリして分かりやすくなった。
アレもこれも中途半端に詰め込んで、失敗する最近では多い作風。
どうせ原作ファンしか見ない、買わないと決めつけた映像にも思える。

2016年10月31日 (月)

DAYS BS11(10/30)#17

第17話 俺はこのチームが好きっス

青函高校の得点はゲーム開始直後と終了間際が多い。
開始早々に平からのシュートのようなロングパスを
 受けてシュートする火村。
ゴールネットを揺らすがオフサイドだった。
臼井の絶妙なトラップだった。
031
今度は風間がシュート、両チームの鍵は1年生が握っていた。
センターバックの樋口は大柴をピッタリとマンマーク。
コーナーキックも上手く利用されて防がれてしまう。
平にピッタリとディフェンスされる君下。
風間がボールを求めて一人で突破する。
平の動きもディフェンスの動きも他校と同じで、プレーを遅延させて
 ディフェンスに準備させてゴールから遠ざけるための連携。
それらは幾度となく経験した風間、強引にも平を抜いてディフェンスを
 突切ってゴールサイドからキーパーをかわすループシュート。
見事なまでの技術に驚く臼井。
この4ヶ月で一番成長したのは柄本だが風間も脅威の進歩だった。

君下は大柴を信じていた、パスに冷静さを取り戻す大柴。
樋口は大柴を怒らせて単調な行動を取らせるつもりだったが
 見抜かれて、シュートを放たれる。
011
この試合をフィールドサイドから見守る日傘の女性。
8年前に離婚した風間の母親だった。
弟を引き取って別れて住んでいる母親が見に来たのだった。
もう大丈夫だからと成長した自分を見せたい風間。
またもや風間がドリブルで突破する、これ以上は調子に乗らせると
 拙いと樋口が背後からの反則チャージで止める。
ゴール前m20mでのフリーキック。
君下と風間がキッカーとして準備するが、立ち位置が逆。
風間の右足の骨に当たってしまった感触があった樋口。
キーパーには君下が蹴ると右サイドの指示。
しかし風間の左足のシュートが反対側に決まる。

青函高校はここまで1失点だけだったが前半で2失点、聖蹟高校の
 実力を思い知るのだった。
終了、間際に再度風間がドリブルで持ち込んで左足のシュート。

風間の右足の負傷を一人、柄本だけが理解していた。
今日は大事な試合なので黙っていてくれ。
後ですべての事情を話すから。
風間くんは負傷しています。
絶対にお前を許さないからな。
二人の会話を偶然聞いてしまった生方、柄本は動揺していると思っていた。
しかし交代出場の柄本はしっかりとした対応だった。

---次回 「教えてくれよ君下、お前ならできるだろう」---

アバンのあらすじが長過ぎる、尺調整は分かるが長い。

離婚した母親が風間の成長を見にやってきた。
心配しないで大丈夫だからと成長した姿を見せる風間。
前半は大活躍だったが、反則のチャージで靭帯を負傷していた。
それでも無理やりプレーを続ける風間だったが、
 柄本は黙っていることはできなかった。
無理すれば復帰に時間がかかる、下手すれば選手生命にも関わる。
なので、頼みも無視して負傷を明らかにする。
将来を考えたら柄本の行為は正しいでしょう。

樋口の背後からのチャージってプロならイエローカードは確実で
 悪質ならレッドの一発退場もありうる。
それ程に危険な行為ですよね。
彼のディフェンダーとして上手さ、狡さ、ユニフォームを掴んだり
 肩を押したりと現実的なプレイをまともに描いてますね。
綺麗でフェアなプレイばかりでは勝てない。
言葉による挑発もそうですよね。
プロでは酷い言葉で挑発して殴られたディフェンダーも居ますからね。
そんな現実的な描写も含んだ作品ですね。
でも柄本のプレイは現実離れしていますが・・・。

2016年10月24日 (月)

DAYS BS11(10/23)#16

第16話 億千万と打ち寄せる波

合宿3日目の対戦相手は竜真学園。
1年生ゴールキーパー衣川から得点を奪うのは至難の業。
1点勝負と予想されていた。
しかし前半戦で既に2点を先取していた。
どういうことなんだ髭と監督に詰め寄る生方。
011
衣川は良く守っているが攻撃が止まらないのだった。
聖蹟のシュートは10本を超えていた。
早くボールを外に出してプレイを止めるんだ。
竜真学園監督の声も虚しく怒涛の波状攻撃が止まらない。
それは柄本がこぼれ球を拾っているからだった。
フォワードなのに一切の攻撃を捨ててフォローに回っていた。
今の柄本はフォワードではなくディフェンスだった。
敵陣でのディフェンスで味方の行動を理解していた。

母親の車椅子を押して町を通行することは至難の業だった。
町は車椅子に厳しい構造だったのだ。
それを気遣う優しいつくしだった。
相手のことを常に考えて行動しなさい。
優しいとは強いことなのよ、それが母親の教えだった。
幼い頃から他人とは争わない、気遣ってきた柄本だから
 可能な味方のフォローだった。
毎日の練習で味方の行動や考えを理解しているのだった。
021
そんな柄本のプレイに青函高校イレブンは驚いていた。
聖蹟の中澤監督も柄本の優しさは弱点だと思っていたが
 間違いだと気付かされたのだった。
試合に出場するためのチーム内の争いに対する柄本の
 答えが攻撃しないでフォローするプレイだった。
ゲームが終わって4-1の完勝、2アシストでフル出場した
 柄本だった。

青函高校は強豪、トップ下のMF平がプロ入りも決定している
 プレイヤーだった。
桜木高校の犬童と並ぶと評されていた。
同じチームにプロ入りが決定している水樹と平。
今のお前は60%も実力を発揮できていない。
俺ならお前を120%輝かせてみせる。

明日の対戦を前に風間は火村と大柴は樋口とやりあっていた。
いよいよ試合が始まる。
君下は水樹が十分に力を発揮できていないと平に言われたのを
 気にしていた。

---次回 「俺はこのチームが好きッス」---

柄本が出したチームに生き残るための役割。
それは自分の特徴を活かしたものでした。
相手のことを考えて行動する、前線での味方のフォローでした。
完全に攻撃を捨てた献身的なプレイでした。
MF的な役割ですが、走り回ってこぼれ球を拾うのは
簡単ではないですよね。
現実的にどこまで可能かは分かりませんが、実現できれば凄い。
しかし絶対的な得点能力を持つフォワードが居てこその
 役割でもあります。
聖蹟の水樹と風間は一人で得点できる能力を持っているから
 有効な役割だと思われます。
そうでなければフォワードが攻撃を放棄したら攻撃の枚数が
足りなくて相手ディフェンスを崩して得点なんか出来ませんから。

CMでもありましたが車椅子に町は厳しいのですよね。
最近、駅では車いす用のリフトやエレベーターが完備し始めましたが
 それだけですよね、まだまだ厳しいですよね。

2016年10月17日 (月)

DAYS BS11(10/16)#15

第15話 きっとこれ以上聖蹟にいてはいけない

前半戦のリードで勝利したが後半戦は無様な試合だった。
来須、新渡戸、白鳥がブラで遊んでいると怒る生方が1年生を集めて正座。
柄本は灰原先輩に今日の試合のビデオを借りに来た。
既に見ながら考えていた灰原。
体も小さいので考えてプレイしないと生き残れない。
大柴先輩のようになりたいと思う柄本。
同じ選手は必要ない、独自の武器を持たないといけない。
コピーはオリジナルには勝てない。
考えろとアドバイスされる。
011
玄武高校戦は昨日の最終メンバーで挑む。
柄本はディフェンダー、CBとして出場。
灰原の活躍でなんとか無得点だがジリ貧。
来須も新渡戸も柄本も灰原を頼る。
今までは後輩を指導することはしてこなかったが3年生になったと思い
 各自にアドバイスする。
フォワードの自分が嫌なことをしろ。
抜かれることが一番まずいと離れてデフェンスするが逆だった。
ディフェンダーは最初のフォワードだから勝負しろ。
021
積極的に相手に当たる柄本。
ボールをクリア出来た。
ディフェンスを経験してフォワードとして成長させたかった監督。
次はフォワードとして出場だ。
チーム内でも争いが起こりレベルアップが期待できる。
しかし争いごとは嫌いで、今までは避けてきた柄本。
そんな柄本はチームに居ても良いのかと悩む。
誰かを差し置いて出場するのはチームへの裏切りではないのか。
そんな心情を風間に話す。
風間は何かを言える立場には居ない、でも出会って4ヶ月。
風間は柄本に救われたのも事実、サッカーを辞めても友達。

相手のキーパーは、今まで無得点。
フォワードに期待がかかる、柄本はラストチャンス。
答えは出なかったが、最後まで考え続ける柄本。
覚悟とやることは決まっているから。

---次回 「億千万と打ち寄せる波」---

今回の合宿は各自のレベルアップも課題。
特に1年生の底上げが重要。
柄本も今までは周囲に支えられて活躍できてきたが
 今回は一人でも出来る武器が必要。
そのためにディフェンスに入って相手の立場を知る。
そして今度は鉄壁のキーパーから得点するメンバーの
 一人としてチャンスをもらう。

前回から続く、考える事。
自分を知り、課題を見つけ、武器を持つ。
考えないと居場所を失う。
特に対戦相手がある球技は考えることが重要。
さて柄本は武器を見つけられたのか。

より以前の記事一覧

その他のカテゴリー

30歳の保健体育 | 3月のライオン | 91DAYS | AKB0048 | Angel Beats | Another | Aチャンネル | BLAZBLUE ALTER MEMORY | BLOOD-C | Brave10 | BTOOOM! | C | C3-シーキューブ- | Charlotte | Classroom☆Crisis | Coppelion | D.C. | DAYS | Devil Survivor2 | DOG DAYS | DRIFTERS | Fate/Zero Stay Night | Free! | GANGSTA. | GATE 自衛隊 彼の地にて、斯く戦えリ | GJ部 | Go!プリンセスプリキュア | God Eater | GOSICK | ISUCA | K | LUPIN the Third峰不二子という女 | M3-ソノ黒キ鋼- | Mr. BRAIN | NEW GAME! | No.6 | Occultic;Nine | orange | PSYCHO-PASS | RAIL WARS! | RDGレッドデータガール | Re:ゼロから始める異世界生活 | ReLIFE | Rewrite | Rio-Rainbow Gate- | ROBOTICES:NOTES | selector infected WIXOSS | SHIROBAKO | Star Driver輝きのタクト | Steins;Gate | TARI TARI | TERRAFORMARS | The IDOLM@STER | The Unlimited兵部京介 | Thunderbirds | Tiger & Bunny | TVドラマ | UN-GO | Wake Up, Girls | WHITE ALBUM2 | WORKING | Z/X IGNITION | ZETMAN | あそびにいくヨ | あっちこっち | あの夏で待ってる | あの日見た花の名前を僕たちはまだ知らない | あまがみSS | あまんちゅ! | あんハピ♪ | いつか天魔の黒ウサギ | いなり、こんこん、恋いろは。 | うさぎドロップ | うしおととら | うたわれるもの | うどんの国の金色毛鞠 | うぽって | えとたま | えびてん | えむえむっ! | おそ松さん | おとめ妖怪ざくろ | お兄ちゃんだけど愛さえあれば関係ないよねっ | お兄ちゃんのことなんかぜんぜん好きじゃないんだからね | お勧めできないアニメ | お笑い | がっこうぐらし | きんいろモザイク | ぎんぎつね | くまみこ | けいおん!! | げんしけん | この中に一人、妹がいる | この素晴らしい世界に祝福を! | この美術部には問題がある! | これはゾンビですか? | ご注文はうさぎですか? | さくら荘のペットな彼女 | ささみさん@がんばらない | さばげぶっ! | さんかれあ | しろくまカフェ | じょしらく | すべてがFになる | そにアニ | そふてにっ | そらのおとしものf | それが声優 | それでも世界は美しい | それでも町は廻ってる | たまこまーけっと | たまゆら | だがしかし | ちはやふる | つり球 | とある科学の超電磁砲 | とある飛空士への恋歌 | とある魔術の禁書目録Ⅱ | となりの怪物くん | ぬらりひょんの孫 | のうりん | のんのんびより | はぐれ勇者の鬼畜美学 | はたらく魔王さま! | はんだくん | ばくおん!! | ばらかもん | ひだまりスケッチ | ふらいんぐうぃっち | まおゆう | ましろ色シンフォニー | まじもじるるも | まよチキ! | まりあ†ほりっく あらいぶ | みつどもえ増量中 | みなみけ | めだかボックス | もしドラ | もっとToLOVEる | ももくり | もやしもん | やはり俺の青春ラブコメはまちがっている。 | ゆゆ式 | ゆるゆり | よんでますよ、アザゼルさん。 | ろんぐらいだぁす! | アウトブレイク・カンパニー | アオハライド | アカメが斬る! | アクエリオン | アクセル・ワールド | アクティヴレイド | アスタロッテのおもちゃ | アニサン劇場 | アニメ その他 | アニメ・コミック | アニメ個人評価 | アブソリュート・デュオ | アルドノア・ゼロ | アンジュ・ヴィエルジュ | インフィニット・ストラトス | ウィザード・バリスターズ 弁魔士セシル | ウイッチクラフトワークス | エウレカセブンAO | エスカ&ロジーのアトリエ | オーバーロード | カンピオーネ | ガッチャマン クラウズ | ガリレイドンナ | ガリレオ | ガンスリンガーストラトス | ガンダムAGE | ガンダムGのレコンギスタ | ガーリッシュ ナンバー | ガールズ&パンツァー | ガールフレンド(仮) | キズナイーバー | キャプテン・アース | キューティクル探偵因幡 | キルミーベイベー | キルラキル | ギルティクラウン | クイーンズブレイド | クオリディア・コード | クロスアンジュ 天使と竜の輪舞 | クロムクロ | グラスリップ | グリザイアの果実・迷宮・楽園 | ケイオスドラゴン 赤竜戦役 | ココロコネクト | コネタマ | コメット・ルシファー | コンクリート・レボルティオ | ゴールデンタイム | サムライフラメンコ | サンダーバード | サーバントXサービス | シドニアの騎士 | シモネタという概念が存在しない退屈な世界 | シュヴァルツェスマーケン | ジョジョの奇妙な冒険 | ジョーカーゲーム | スイートプリキュア | ステラのまほう | ステラ女学院高等科C3部 | ストライクウィッチーズ2 | ストライク・ザ・ブラッド | スペース☆ダンディ | スマイルプリキュア | セイクリッドセブン | セキレイ Pure Engagement | ゼロの使い魔 | ゼーガペイン | ソウルイーターノット! | ソードアートオンライン | タブー・タトゥー | ダンガンロンパ | ダンジョンに出会いを求めるのは間違っているだろうか | ダンタリアンの書架 | テイルズ オブ ゼスティリア | テルマエ・ロマエ | ディバインゲート | ディメンジョンW | ディーふらぐ! | デス・パレード | デッドマンワンダーランド | デュラララ!! | デンキ街の本屋さん | デート・ア・ライブ | トリアージX | トリニティセブン | トータル・イクリプス | ドキドキ!プリキュア | ドラゴンクライシス | ナンバカ | ナースウイッチ小麦ちゃんR | ニセコイ | ネトゲの嫁は女の子じゃないと思った? | ノブナガン | ノブナガ・ザ・フール | ノラガミ | ノーゲーム・ノーライフ | ハイキュー | ハイスクールDxD | ハイスクール・フリート | ハナヤマタ | ハピネスチャージプリキュア | ハマトラ | ハヤテのごとく | ハルチカ | ハンドレッド | ハートキャッチプリキュア | バカとテストと召喚獣 | バクマン | バッテリー | バディコンプレックス | パソコン・インターネット | パパのいうことを聞きなさい! | パンチライン | ビッグオーダー | ビビッドレッド・オペレーション | ピンポン | ファイブレイン | ファンタシースターオンライン2 | ファンタジスタドール | フォトカノ | フラクタル | フリップフラッパーズ | フリージング | ブブキ・ブランキ | ブラック★ロックシューター | ブラック・ブレット | ブラッドラッド | ブレイクブレイド | ブレイドアンドソウル | プピポー | プラスティック・メモリーズ | プリズマ☆イリヤ | ヘヴィーオブジェクト | ベルセルク | ベン・トー | ペルソナ4 | マギ | マクロス | マケン姫っ! | ミカグラ学園組曲 | メカクシティアクターズ | モブサイコ100 | モモキュンソード | モンスター娘のいる日常 | モーレツ宇宙海賊 | ヤマノススメ | ヤングブラックジャック | ユリ熊嵐 | ヨスガノソラ | ヨルムンガンド | ラクエンロジック | ラストエグザイル-銀翼のファム- | ラブライブ! | リトルバスターズ | ルパン三世 | レガリア | レベルE | レーカン! | ロウきゅーぶ! | ログ・ホライズン | ローゼンメイデン | ローリング・ガールズ | ワルキューレロマンツェ | ワンパンマン | 一週間フレンズ。 | 三者三葉 | 下ネタという概念が存在しない退屈な世界 | 世界でいちばん強くなりたい | 世界征服~謀略のズヴィズダー~ | 世紀末オカルト学院 | 中二病でも恋がしたい | 乃木坂春香の秘密 | 乱歩奇譚 Game of Laplace | 亜人 | 京騒戯画 | 人類は衰退しました | 会長はメイド様 | 侵略!イカ娘 | 信長協奏曲 | 俺、ツインテールになります。 | 俺がお嬢様学校に「庶民サンプル」としてゲッツされた件 | 俺の妹がこんなに可愛いわけがない | 俺の彼女と幼馴染が修羅場すぎる | 俺の脳内選択肢が、学園ラブコメを全力で邪魔している | 俺物語!! | 健全ロボ ダイミダラー | 偽物語 | 僕だけがいない街 | 僕はHができない | 僕は友達が少ない | 僕らはみんな河合荘 | 八犬伝 | 六畳間の侵略者!? | 六花の勇者 | 冴えない彼女の育てかた | 凪のあすから | 君と僕 | 君に届け 2nd Season | 君のいる町 | 咲-saki- | 問題児たちが異世界から来るそうですよ? | 喰霊-零- | 四月は君の嘘 | 坂本ですが? | 坂道のアポロン | 城下町のダンデライオン | 境界の彼方 | 境界線上のホライゾン | 変ゼミ | 変態王子と笑わない猫 | 夏目友人帳 | 夏色キセキ | 夏雪ランデブー | 夜ノヤッターマン | 夜桜四重奏 | 夢喰いメリー | 大図書館の羊飼い | 天体のメソッド | 天鏡のアルデラミン | 失われた未来を求めて | 好きっていいなよ | 妖狐X僕SS | 学戦都市アスタリスク | 宇宙兄弟 | 宇宙戦艦ヤマト2199 | 実は私は | 寄生獣 | 対魔導学園35試験小隊 | 少女たちは荒野を目指す | 少年メイド | 山田くんと7人の魔女 | 幕末義人伝 浪漫 | 干物妹うまるちゃん | 幸腹グラフィティ | 幻影を駆ケル太陽 | 弱虫ペダル | 彼女がフラグをおられたら | 心霊探偵 八雲 | 快盗天使ツインエンジェル | 恋と選挙とチョコレート | 恋愛ラボ | 悪魔のリドル | 惡の華 | 戦国コレクション | 戦国乙女~桃色パラドックス~ | 戦姫絶唱シンフォギア | 探偵オペラ ミルキィホームズ | 探偵ナイトスクープ | 攻殻機動隊 | 放浪息子 | 放課後のプレアデス | 文豪ストレイドッグス | 断裁分離のクライムエッジ | 新世界より | 新参者 | 新妹魔王の契約者 | 日常 | 日記・コラム・つぶやき | 星刻の竜騎士 | 星空へ架かる橋 | 映画・テレビ | 昭和元禄落語心中 | 普通の女子高生が【ろこどる】やってみた。 | 暁のヨナ | 暗殺教室 | 曇天に笑う | 最弱無敗の神装機竜 | 最近、妹のようすがちょっとおかしいんだが | 月の恋人 Moon Lovers | 月刊少女野崎くん | 有頂天家族 | 未来日記 | 未確認で進行形 | 東京ESP | 東京レイヴンズ | 東京喰種トーキョーグール | 桜Trick | 棺姫のチャイカ | 極黒のブリュンヒルデ | 機巧少女は傷つかない | 櫻子さんの足元には死体が埋まっている | 武装神姫 | 残響のテロル | 氷菓 | 波打際のむろみさん | 灰と幻想のグリムガル | 灼熱の卓球娘 | 灼眼のシャナIII Final | 無彩限のファントム・ワールド | 牙狼 | 物語シリーズ | 犬とハサミは使いよう | 猫神やおよろず | 琴浦さん | 甘々と稲妻 | 甘城ブリリアントパーク | 生徒会の一存 | 生徒会役員共 | 田中くんはいつもけだるげ | 甲鉄城のカバネリ | 男子高校生の日常 | 異国迷路のクロワーゼ | 異能バトルは日常系のなかで | 白銀の意思 アルジェヴォルン | 百花繚乱 | 監獄学園 プリズンスクール | 相棒 | 真剣で私に恋しなさい!! | 神のみぞ知るセカイ | 神撃のバハムート | 神様のメモ帳 | 神様はじめました | 神様ドォルズ | 私がモテないのはどう考えてもお前らが悪い! | 競女!!!!!!!! | 精霊使いの剣舞 | 紅殻のパンドラ | 純潔のマリア | 終わりのセラフ | 終末のイゼッタ | 結城友奈は勇者である | 絶園のテンペスト | 緋弾のアリア | 緋色の欠片 | 織田信奈の野望 | 繰繰れ!コックリさん | 美少女戦士セーラームーン | 翠星のガルガンティア | 聖剣使いの禁呪詠唱 | 聖戦ケルベロス | 聖痕のクェイサー | 舟を編む | 艦隊これくしょん-艦これ- | 花咲くいろは | 落第騎士の英雄譚 | 蒼き鋼のアルペジオ | 蒼の彼方のフォーリズム | 蒼穹のファフナー | 蟲師 | 血界戦線 | 装神少女まとい | 謎の彼女X | 貧乏神が! | 赤髪の白雪姫 | 超次元ゲイム ネプテューヌ | 超訳百人一首 うた恋い。 | 輪るピングドラム | 輪廻のラグランジェ | 迷家 | 這いよれ!ニャル子さん | 進撃の巨人 | 銀の匙-Silver Spoon- | 銀河機攻隊マジェスティックプリンス | 銃皇無尽のファフニール | 鋼の錬金術師 | 長門有希ちゃんの消失 | 閃乱カグラ | 電波女と青春男 | 霊剣山 | 青の祓魔師 | 革命機ヴァルヴレイヴ | 響け♪ユーフォニアム | 食戟のソーマ | 鬼灯の冷徹 | 魔乳秘剣帖 | 魔弾の王と戦姫 | 魔法つかいプリキュア! | 魔法少女まどか☆マギカ | 魔法少女リリカルなのは | 魔法少女育成計画 | 魔法戦争 | 魔法科高校の劣等生 | 魔界王子 devils and realist | 魔装学園HxH | 黄昏乙女Xアムネジア | 黒子のバスケ | 龍ヶ嬢七々々の埋蔵金

2017年4月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            

Right

Down

  • VividRed
    ビビッドレッド・オペレーション
  • Lagrange
    輪廻のラグランジェ 応援バナー
  • The IDOLM@STER
    THE IDOLM@STER
  • 電波女
    テレビアニメ「電波女と青春男」 公式サイト
  • Steins;Gate
    TVアニメ『シュタインズ・ゲート』
  • あの花
    あの日見た花の名前を僕達はまだ知らない。
  • アスタロッテ
    TVアニメ「アスタロッテのおもちゃ!」公式サイト
  • 超電磁砲
    とある科学の超電磁砲 公式サイト
  • 俺妹
    俺の妹がこんなに可愛いわけがない
  • あそびにいくヨ
    TVアニメ「あそびにいくヨ!」7月より放送開始!

OnDemand

  • Potora
  • NetMile
  • Small
  • s2

BlogPP

Afiliate

AfiliateA

YearSeasons

PV

  • MuraPV
無料ブログはココログ