カテゴリー

カテゴリー「魔法少女リリカルなのは」の25件の投稿

2016年12月18日 (日)

Vivid Strike TokyoMX(12/17)#12終

最終回 第12話 繋いだ手の中で

目覚めたフーカ、隣にはリンネが眠っている。
イクスが訪れて二人を問診する。
ジルコーチが訪れたので気を利かせてシャンテ、ファビアと
 アインハルトの練習場に向かうフーカ。
ジルはリンネに謝罪する。
しかし意識が朦朧とした中で最高の一撃を放てたのはコーチのお陰。
これからもジルのもとで練習したい。
Cz46iavveaa9_9s1
アインハルトはジークとスパーリング。
明後日の決勝戦の対戦相手、フーカを倒す練習だから
 見ることは許しません。
フーカに伝言が届く、リンネとお茶でもと。
二人でお茶とお菓子を食べながら話し合う。
二人の試合の様子は関係各所に配信されていた。
リンネが対戦した8位の人、キャリーも視聴者の1人だった。
そしてリンネが対戦してフーカとの因縁ともなったライラも含まれていた。
彼女たちも二人の試合を観戦して感動していた。
これからは前向きに頑張ると約束するリンネ。

ジムに戻ったフーカ、ヴィヴィオたちが決勝戦に備えて
 練習に秘策にと協力する。
ノーヴェにジルコーチから通信が入る。
私はあなたが嫌いでした、でも間違っていたと謝罪する。
ノーヴェも才能は結果に対して言う言葉、それまでの過程を
 褒めることが大事だと考えていた。
Cz48jzvqaalujo1
決勝戦、ジル、リンネもフーカのセコンドに参列する。
そして始まる覇王流どうしの対戦。
ナカジマジム会長室には優勝者のトロフィーがあった。
記念撮影ではボロボロのフーカと無傷なアインハルトを囲んで
 全員が映っていた。

---最終回---

前回の対戦が事実上の最終回でした。
すっかり、闇が祓われて綺麗なリンネでした。
もっと皆に謝罪行脚に廻るのかと思ったら、そんなこともなく
 普通に仲直りして終わりました。
あのリンネをイジメた兄までも腐っていた家族が
 謝るシーンは無かったのでした。
8位の人、キャリーに出番があるとは、役得感がありましたね。

PVや1話を見てフーカが野良犬のごとくアインハルトと
 戦って1人で伸し上がっていくストーリーと思ってました。
でも意外にもナカジマジム入りして主役はリンネでしたね。
結局は虐められたら我慢せずに徹底的に立ち向かえが
 メッセージに感じられて仕方ない。
あれが一番強烈に記憶に残った作品でした。

作品的には、なのは、フェイトから切り離してヴィヴィオたちを
 独立させて中心に描きたかったのでしょうね。
それが面白いか否かは不明ですが。
ただ格闘技は作画的には苦しそうです。
魔法戦のほうが単発で作画的には優しいと思うし
 コロナの出番もあるので嬉しい。

来週は中の人が集まってのクリスマスパーティらしい。

2016年12月11日 (日)

Vivid Strike TokyoMX(12/10)#11

第11話 撃ち抜く一撃

2年前にフロンティアジムを訪れたリンネ。
身体能力の高さに喜ぶジルコーチ。
強くなりたいと望むリンネにジルが特別にコーチ。
選手としては小柄で負傷がちだったジル。
タイトルには怪我で手が届かなかったが学んだ理論は伊達ではない。
ジルのトレーニングは容赦なかった。
地獄を越えた先にこそ強さがある。
勝ち続けるリンネの才能に惚れて有頂天になったジルコーチ。
笑わないリンネが気にはなっていたが、勝ち続ければ
 いつか笑うと信じていた。
勝ち続けることがメインとなってメンタルケアを忘れてしまった。
Czu3aqeveaa5znh1
リンネの心は乱れていた、集中できていない。
フーカの攻撃に押され気味。
強さだけを求めたリンネ、その象徴がチャンピオンのアインハルトだった。
意識が薄れる中で思い出されるのはジルとの血反吐を吐いた特訓だった。
体が自然に反応する渾身の一撃がフーカを捉える。
フーカが弾き飛ばされるほどのアッパーだった。
Czu6grquqaaz_b51
それでも立ち上がり戦うフーカ。
もう迷いのない二人は幼馴染の殴り合いだった。
過去は変えられない、でも勝つことが嬉しかった。
格闘技が楽しかったと思い出すリンネ。
強さだけを求め続けたリンネの心が氷解する。
もう笑ってもいいの?
やっと綺麗な目に戻ったと思うフーカ。
二人は同じ孤児院の幼馴染、覇王流断空拳が決まり気絶するリンネ。
勝者はフーカ。

---次回 「繋いだ手の中に」---

ようやく二人の対決も終結しました。
色々と演出には疑問ですが、リンネの凍った心が溶けて
 昔のリンネに戻ったようです。

はっきり言って、メンタルケアを怠ったジルコーチの責任は重い。
何とか良い人に描こうとしているが大人の思考ではない。
あまりにもお子ちゃま過ぎる。

リンネが意識を失いかけて実は嬉しかった、楽しかったと
 気づいて氷解するシーンは演出が弱いと思う。
訓練を思い出して理想の一撃が放てた。
その記憶に引きずられるように感情も思い出せた。
何か分かったような分からないような不思議な気がする。

作画的には全て単発の攻撃で竜巻の中で打ち合うような
 手抜きシーンや、風や雨だけ動かしたりと
 アップ多めで誤魔化し続けた感じですね。
次回が最終回かな?
24日は中の人が集まってのクリスマス特番らしい。

そう言えばウラカンの声優さんが???だがビッグゲストだったりするのだろうか。
誰も話題にしていないが、なのはさん、フェイトちゃんの中の人だろうか。

2016年12月 4日 (日)

Vivid Strike TokyoMX(12/03)#10

第10話 雨

拳で会話する2人。
リンネは自分の気持ちは誰にも分からない。
誰にも伝えないから分からない。
フーカにはリンネの気持ちが分からない。
嫌なことから逃げているとしか見えない。
強くなれれば良い、競技には興味はない。
家族ができた、大好きだった、でも愛情を裏切ってしまった。
悪意を持って踏みにじった奴が居る。
辛い過去から逃げているだけ、世界中が敵に見えているのか。
Main_img10031
フーカにはアインハルトの古流武術とヴィヴィオやミウラの
 近代ストライクアーツを同時に教え込んだノーヴェ。
一見無茶苦茶だが、吸収力の速いフーカを直ぐに覚えてしまった。
フーカの固い拳は天性のギフト。
フーカの打撃がリンネを撃ち、骨が折れた様子。

もう止めるべきだが、立てる間は戦いを辞めないリンネ。
コーチは止めたいがジルだけは続けさせる、責任は全て持つから。

リンネが今でも夢に見るのは大好きな家族と笑い合う家庭。
でもそれは今は失われてしまった。
私があの時、対応を間違った。
もっと早く戦えば良かった。
許されたいけれど、許されちゃいけない。
私は世界中で誰より自分が嫌い。
Main_img100511
同じ頃に施設に引き取られたフーカとリンネ。
いつも一緒に行動していた。
あの頃は今とは逆でリンネが頑ななフーカの心を暖めてくれた。
どうしたら自分を許せる?あの頃のように笑える?
リンネは大切な幼馴染で友達。
辛いことがあれば半分背負ってやる、一緒に戦ってやる。

私が勝ったら、もう私に関わらないで。
儂が勝ったら・・・。

私はあの娘の接し方を間違った、もし戦い終わって私の元に
 帰ってきてくれるなら、もう間違わない。

---次回 「撃ち抜く一撃」---

お互いに拳で会話する青春ストーリーと言うには生々しい。
結局リンネを妬んで僻んで虐めた3人が元凶でしかない。
これはイジメに対しては耐えずに早期に反撃して
 相手を叩きのめせば良いという教訓アニメなのだろうか。

イジメた3人が謝っても祖父の死に目に立ち会えなかった事実は
 修正できないだけに根は深いかも。
フーカの拳がリンネの氷結した心を融かすかですね。
リンネがナカジマジムに入門していれば、ここまで酷い
 状況にはならなかった。
そういう意味ではジルに指導者としての責任はあるが
 悪人として描きたくない、無理があるように思える。

作監が12名で別に総作監が1名の凄まじい数のスタッフ。
ここに全てのリソースを注ぎ込んだ感じですね。

2016年11月27日 (日)

Vivid Strike TokyoMX(11/26)#09

第9話 再会

Aブロックは勝者のヴィヴィオが棄権したので
3位の選手が繰り上がりAブロックの代表として
 Bブロック1位のフーカと対戦する。
それに勝利したABブロック勝者のフーカと対戦するのは
 CDブロック勝者のアインハルトだった。
大会史上初の同門同流派での決勝戦となった。
Main_img09031
落ち込んで引き篭もるリンネをヴィクターが訪れる。
大会に勝利してアインハルトのタイトルにも挑戦する予定だったが
 全てがご破産となった。
負けて何も分からなくなったリンネ。
ただ強くなりたくて厳しい訓練にも耐えてきた。
しかし負けて弱いと分かって虚しい、続ける意味が分からない。

ジルもミウラとヴィヴィオの御見舞に訪れていた。
ノーヴェと出会って苦しい胸の内を明かす。
リンネの能力を最大限に活かす指導を行ってきたつもり。
同じ年下の選手に2度も負けて信頼を失った。
ヴィクターからの電話にリンネの元に駆けつけて説得するジル。
ジルの説得も功を為さず、ヴィクターからノーヴェに伝言が届いていた。

リンネは競技を辞めるとその場に居合わせた全員に告げるノーヴェ。
ハリーは簡単に辞めるリンネに怒っていた。
フーカには未だリンネと戦う意志は残っていた。
アインハルトが明後日にフーカと戦って勝てば自分が
 タイトルを賭けて戦う意志を伝える。
もう一度アインハルトと戦えるチャンスが訪れて
 戦う意欲を取り戻すリンネ。
あまりの急な試合に我儘過ぎると怒るノーヴェ。
Main_img09051
合宿先はルーテシアのホテルで試合会場でもあった。
ルールは投技、スタンディングの関節技ありでダウンは何度でもあり。
全員が集まって2人の対戦が始まる。
リンネの速攻、キックからの投げが決まる。
おまえは弱いとフーカが覇王断空拳を放つ。
吹き飛ぶリンネ、負けた相手を見下す、負けると辞めたいと
 投げ出す腐った性根を叩き直してやる。

---次回 「雨」---

DSAA・U-15決勝戦はフーカとアインハルトに決まる。
負けて落ち込むリンネは競技を辞めると言い出す始末。
ビクターとジルの説得も無駄だった。
そんな彼女に再度チャンスを与えるアインハルト。
それは強くなることだけが格闘技の目的ではないと
 教えることが真意なのでしょう。
そのためにも戦う意欲を取り戻させる餌を与える。
アインハルトのベルトへの挑戦権。
しかしタダでは与えられないので前哨戦としてフーカを指名する。
2人の因縁を解消させる場でもあった。
そもそも、フーカの当初の目的はリンネと互角以上に戦うこと。
戦って何かに取り憑かれたかのように凝り固まったリンネの
 心の闇を取り除くことですからね。
ようやく、その場が与えられたのでした。
それにしてもフーカの成長が半端ない。
素養があったにしても異常過ぎるのは見えない努力の
 賜物なのでしょう。

ようやく2人の対戦が始まった感じです。
当初から、この2人の対戦こそがメインと目されていたので
 やっと始まった感じですね。
ただ気になるのは作画と動画です。
特に動画には不満があるので心配です。
音を消すと何をしているのかが分からない動画ですから。
魔法戦なら単発の動きで良いのですが、格闘技は
 攻守の攻防が入れ替わるので頑張って欲しいものです。

2016年11月20日 (日)

Vivid Strike TokyoMX(11/19)#08

第8話 勝者と敗者

今日は勝たせてもらいます。
リンネがダウンする。
立ち上がって第1ラウンドが終了。
第2ラウンドはガードを高く構えるリンネ、珍しいスタイル。
それでもフリッカージャブを更に高速回転するヴィヴィオ。
下半身タックルが禁止された今大会はリンネの得意スタイルが
 封じられて苦しい。
襟口を掴んでもヴィヴィオのフックが死角から放たれて逆にピンチとなる。
終始ヴィヴィオのペースで第2ラウンドが終了する。
それで良い、倒れなければ良いのです。
Main_img08041
最終の第3ラウンド、打撃戦は相変わらずヴィヴィオのペース。
遂にチャンスとカウンターを放つヴィヴィオ。
しかし倒れないリンネ、肉体の強さ、打たれ強さこそが彼女の天賦の才能だった。
怯むヴィヴィオにパンチとキックを放つ。
ヴィヴィオは格闘技には向いていない、打たれ弱い肉体と軽い打撃。
それは自分でも分かっていた。
無いものを強請っても仕方ないと切り替えてノーヴェが教えてくれた
 長所を伸ばす練習。
ヴィヴィオの速い打撃と視力を活かした戦法だった。
リンネの攻撃はどれも重くダウンする。

それでも立ち上がるヴィヴィオ、何発も打ち込まれるが倒れない。
体勢を入れ替えて、まだ諦めてはいなかった。
リンネの思いを変えられるのはフーカだけ。
それでも自分も出来ることが有る。
フーカやアインハルトとも戦いたかったが、ここで終わりかな。
負傷した左足を下げてサウスポースタイルにスイッチする。
利き腕のフリッカージャブは左とは軌道も威力も異なる。
そして右ストレートで怯んだ隙に、準備してきたヴィヴィオの必殺技。
左右のアクセルスマッシュの連打。
10連発で完全に意識が飛んで気絶した。
Main_img08051
辛くも勝利するヴィヴィオだったが、ここで棄権となる。
治療のために病院に向かうヴィヴィオ。
ノーヴェはフーカの試合に向かい、集中しているか確認して送り出す。

負けて悔しいリンネだが、それ以上に悔しいジルコーチ。
この結果は完全に、私の敗北です。
リンネは戦えないかもしれない、少なくとも私の下では。
同じ相手に2度も負けた、私は弱い。
吐いて泣いて1人トイレで茫然自失なリンネだった。

---次回 「再会」---

どちらの勝利も有り得るような前回からの続き。
リンネが押し込んで一気に勝利するかと思われましたが、
 傷つき負傷しても頑張るヴィヴィオでした。
最後はサウスポースタイルにスイッチしてからの必殺技の
 アクセルスマッシュ・インフィニティで勝利しました。
でも敗れたリンネは弱いと落ち込み引きこもり。
ヴィヴィオも負傷で次試合は棄権となりました。
これでフーカが勝てば、ABブロックの勝者となり
 CDブロック勝者のアインハルトとの対戦となるのでしょう。
現状ではアインハルトの勝利でしょうね。
あくまでも、なのはVividの序列は崩さず、リンネとフーカを
 組み込んだストーリーですね。

さて大会では直接対決が叶わなかったフーカ。
リンネとの対戦は可能なのだろうか。

ある意味ボクシング漫画は多いので幾つか思い出される対戦でした。
ヴィヴィオはフリッカージャブとカウンター、真柴と宮田タイプ。
リンネがロープ際に追い込んだヴィヴィオを左右から
 連打するシーンはあしたのジョーで見た記憶が・・・。
まあ実戦でも有るシーンですよね。

ただ左フックから右フックの返しパンチなどの一連の
 動作を描くのを省いているので映像と結果が一致しない。
かなりの割合で作画を省いて効果だけで演出して誤魔化しているので
 動きに説得力がない。
リンネのカウンターを受けても物ともせずパンチを放つシーンも
 間が空きすぎてヴィヴィオが対処できそうなくらい。
パンチを引いて顔を描かずにそのままリンネがパンチを 
放てば説得力もでるのにと勿体無く感じる。
顔を描いて見せ過ぎるのですよね。
それもこれもどれも、作画カロリーを減らすため典型的な手段です。
取り敢えず綺麗な顔のアップさえ描けば良い的な手法ですね。

2016年11月13日 (日)

Vivid Strike TokyoMX(11/12)#07

第7話 高町ヴィヴィオ

リンネの勝利、ミウラは急ぎ緊急搬送される。
イクスは協会の治療師でもあるので、病院搬送に
 付き添いながらも理療魔法を施してくれる。
リンネもギリギリの勝利、ミウラの打撃は効いていた。
事前に封印すると宣言した掴み技で勝機を掴んだのだった。
Cxeoiehuqaaqimf1_2
アインハルトの対戦相手はデンドロビウム級の選手。
大会参加選手で最重量級クラスで190cmの上背。
今大会では下半身へのタックルは許されていない。
しかしジリジリと追い詰めてラリアット、張り手の攻撃をう受けるアインハルト。
鳩尾への正拳と頭部へのキックで勝利する。

初日が終わり参加40名の8名が勝ち残った。
ミウラを見舞うと案外と元気だった。
イクスの適切で素早い治療が功を奏したようだった。
フーカとの約束は果たせなかったが、それはヴィヴィオに託される。
ヴィヴィオはジムで少し練習したい。
アインハルトは次の相手の研究をするのでリオ、コロナ、
 フーカも同行する。
コロナからナカジマジム設立の話を教えてもらう。
体を壊して選手としては参加できなくなったノーヴェ。
それはジルも同じだった。
Main_img07041_2
格闘技が好きなヴィヴィオがノーヴェに教えてもらっていた。
公園では管理人に怒られたのでジム設立に至った。
そしてコロナやリオも誘われて参加するようになった。
ヴィヴィオは体格には恵まれていない。
しかし優れた動態視力を持って高速なパンチで補ってきた。

フロンティアジムの貴賓室で観覧するハリー、エルス、ヴィクトーリア。
ヴィヴィオとリンネはどちらが勝つか賭けようとハリー。
Dブロックはアインハルトの勝ち上がりで決定だな。
ヴィクトーリアはフロンティア事務所属選手。
ジークフリーデは来なかったらしい。
ミウラも元気に車椅子で観戦する。

二人の試合が始まる。
ヴィヴィオの高速なフリッカージャブの連打からのフックで
 容易に懐には飛び込めないリンネ。
飛び込めてもアッパーが待っているので厳しい状況。
ヴィヴィオの高速な打撃と体捌きには防戦一方。
それでも襟元を掴んでコーナーに押し込んでボディブローの連打。
セイクリッドハートが頑張って守ってくれる。
何とか体を入れ替えて離れて戦うヴィヴィオ。
リンネとは、もっと話し合いたい。
格闘技が好きじゃない様子に見える。
まるで何かから逃げるように強さを求めている。
それはかつて見たある人と似ている。
今日は勝ちます、勝ってフーカさんに託します。
その後で仲良くなれたら良いなって。

リンネがダウンを奪われる。

---次回 「勝者と敗者」---

ミウラはイクスの治癒魔法のお陰で大事には至らなかった様子。
でも、1人になると悔しくて涙が溢れてしまう。
このシーンはもう少し丁寧に演出して欲しかった。

ナカジマジム開設の歴史がコロナたちから語られました。
ヴィヴィオをちょっと教えるだけだったのがいつの間にか
 本職になったノーヴェでした。
そしてヴィヴィオとリンネの対戦。
ヴィヴィオの速い攻撃とカウンターに苦戦するリンネ。
喋のように舞い蜂のように刺す、でしょうか。
前回のミウラ戦と同様に打撃は劣るので襟を掴んでの
 接触技からの一撃で反撃したリンネです。
でも、ヴィヴィオ戦でも投技は封印なのだろうか。
見事に投げが決まれば圧倒的に優位だと思うけれど。
ヴィヴィオのパンチは軽そうなので、リンネのダウンも
 効いて無さそうです。
勝敗はどちらの可能性もありそうです。
セイクリッドハートがボディの防御に頑張ってました。
作画云々よりも、動画枚数が足りないので、動きが
 よく伝わらないですね。

2016年11月 6日 (日)

Vivid Strike TokyoMX(11/05)#06

第6話 ウインターカップ

フーカは予選に出場、1位で大会出場が決まる。
トーナメント表が届く。
参加選手40名でA,B,C,Dの4ブロックに分かれて対戦する。
Aブロックでミウラが初戦でリンネと対戦する。
Aブロックのヴィヴィオは他団体のチャンピオンと対戦するが
 勝利すると次はリンネ。
フーカはBブロックで新人との対戦。
Dブロックのアインハルト。
フーカがリンネと対戦することは無さそう。
ミウラが勝った場合は、フーカがリンネと対戦出来るように依頼する。
Main_img06041
今夜はミウラが泊まって夕食を作ってくれる。
実家は有名なシーフードレストラン、ミウラも料理上手。
ミウラはアインハルトと同じ14歳、U-15は最後なので
 ヴィヴィオと対戦したい、年下だけど特別な相手。
もちろん優勝してU-19に移行したい。

12月15日ウインターカップU-15のトーナメントが開催される。
オープニングは他団体チャンピオンと7位のヴィヴィオの対戦。
圧倒的な攻撃でヴィヴィオのKO。
新人のフーカは同じく初参戦の相手。
フーカが瞬殺する。
Main_img06061
ミウラとリンネの変身バンク、ミウラの流派は掴む投げるを
 持たない打撃だけ。
リンネもミウラに合わせて打撃だけで挑む。
ミウラが攻勢でダウンを奪う。
立ち上がったリンネに猛ラッシュを仕掛けるミウラ。
2度めのダウンを奪う、3ノックダウン制で後がないリンネ。
抜剣で仕留めにはいるが、耐えるリンネ。
実は体力、打たれ強さ、タフさを鍛えてきたリンネ。
その効果が如実に現れる。
抜剣を受け止めて逆襲するリンネ。
逆にミウラがピンチ、肋骨が折れて前のめりにダウン。
ノーヴェがタオルを投入する。

---次回 「高町ヴィヴィオ」---

いきなりウインターカップが始まりました。
3話程度を使って最後に描かれると思っていただけに意外でした。
トーナメントは明らかにリンネとフーカを対戦させて、最後は
 アインハルトが勝つのがよく分かる組み合わせでした。
ミウラとリンネがいきなり対戦するのも意外でした。
各選手を紹介するためにも初戦は無難に勝ち上がると
 思ってましたから。
恐らくはフーカとリンネが主役で他はおまけな扱いですね。

立ち技主体で掴む、投げるが可能なのでシュートボクシングルールに近いのかな。
でも2度ダウンして勝つのは感動的ではありますが
 打撃系では無理がある。
リンネの強さを描きたいのだろうが異常過ぎる。
ヴィヴィオの試合はアップばかりで明らかに手抜きでしたね。

攻撃を受ける特訓というと、背中に大木を当てて鍛えていた
 アストロ球団を思い出す。

2016年10月30日 (日)

Vivid Strike TokyoMX(10/29)#05

第5話 ウラカン

虐められた生徒を逆に叩きのめしたリンネの事件は
 当時はベルリネッタ家の家名もあり話題となった。
示談が成立して転校することが決まったリンネ。
しかしベルリネッタ家には戻れないと考えていた。
保護観察の下を脱走したリンネはフーカに連絡しようとして町を彷徨った。
そんな彼女を虐めて叩きのめされたサラの兄が発見して
 不良たちとリンネを拉致する。
それを発見した元プロ格闘家のジル・ストーラが追いかける。
追いついた彼女は隠れ家に殴り込む。
妹のサラは頬骨と鼻を折られて怖いと怯えている。
ちょっとイタズラしただけなのに。
だから同じ目に合わせるとナイフを抜く。
その嘘を聞いて怒るリンネ、逆に兄の腕を締め上げる。
家族には嘘を伝えているのは許せない。
サラって誰ですか?
Main_img05021
彼女を助けたのが現在のジルコーチだった。
保護司の下に戻り、家族の下にも戻った。
そんな過去を聞いやフーカ。
周囲は彼女が心配でならなかった。
練習後に駅前の新装開店のお風呂に誘うリオ。
そこでフーカの本音を訪ねる。
リンネの過去のいきさつは理解して納得した。
しかし弱者を見下す目が許せない。
だから戦って目を覚まさせる。
彼女の決意に安堵するのだった。
Main_img05061
アインハルトはフーカのデバイスを頼んでいた。
ファビアが豹型デバイスのウラカンを届ける。
2人はご先祖様繋がりらしい。
ノーヴェはスパーリング・パートナーをミカヤに依頼していた。
彼女と共に、エルス、ハリー、シャンテが到着する。
早速、ミカヤとスパーリングを始める。
初めてウラカン、ウーラを装着するフーカ。

---次回 「ウインターカップ」---

リンネの過去が終わったと思ったら、まだまだ続きます。
虐めて叩きのめされた少女サラの兄がリンネを拉致して暴行する。
そんな彼女を救出したのがコーチのジルでした。
ジルのエピソードも交えたかった感じですね。

サラの兄がリンネの顔を知っていたのは不思議。
未成年の少女の事件なので加害者の顔や名前は
 伏せられて公表されることはない。
それでも知っていたのは、ベルリネッタ家が富豪だったからだろうか。
通常は富豪であればあるほど、誘拐が懸念されて
 写真は公開されないのだけれど。

両親が通わせた学校の選択が間違っていたと思う。
現在通っている学校は制服からもいかにもな
 お嬢様学校だと予想される。
それに比べて事件が起きたブレザーの制服の学校は
 お嬢様学校には見えない。
現にイジメた生徒の兄は不良。
裕福な学校の生徒なら、ここは不良を金で雇って欲しかった。
なので、最初からお嬢様学校に通わせなかった両親の
 油断があったと推測される。
まあ、裏を返せば、この設定にしないと事件が発生
 せられないからでしょうね。

フーカのデバイスセットアップのバンクは力入ってましたね。
尺が長い。
サブタイのウラカンがデバイス名とは予想できなかった。
そしてインターミドルで戦った有力選手が合流。
もう人数が多すぎて、そろそろ飽和しそう。

2016年10月23日 (日)

Vivid Strike TokyoMX(10/22)#04

第4話 リンネ・ベルリエッタ

ユミネがリンネに関して調べた過去をまとめている。
フーカには辛いかも知れないが見てみることにする。

4年前、公園の除雪を行う孤児たち。
そんな皆に温かい飲み物を差し入れる老紳士。
リンネに里親の申込み者が現れる。
アパレルメーカーの社長、ベルリエッタの夫妻だった。
彼らの祖父こそ公園で会った老紳士だった。
今はベッドでの闘病生活が続いていた。
Main_img04011
リンネが成長して中学に通うことになる。
初めての制服が嬉しい。
祖父が作ったペンダントのスクーデリアは妻にプレゼントした
 思い出の品だった。
それは亡くなった妻から娘に託された。
そのペンダントをリンネがタイピンとして譲り受けた。
学校では有名アパレルメーカーのお嬢様と人気になる。
リンネの人気に嫉妬するクラスメート。
Main_img04021
ある日、体力測定でリンネの各数値が飛び抜けて素晴らしいことが判明する。
それからは運動部から引っ張りだこ。
祖父の調子が思わしくないので部活には入らずに
 真っ先に帰りたい。
何処にも所属しないリンネを快く思わないクラスメート。
嫉妬と妬みで嫌がらせを開始する。
耐えているリンネだが家族にはお見通しだった。
タイピンを着用しないので敢えて、仲良くなったふりをする。
ようやく仲直りできたとタイピンを着用すると体育の時間に
 奪われてトイレに投げ入れられる。
3人に捕まって嫌がらせをされる時に祖父の体調が急変した。

急を知らせる呼び出しに応えられなかったリンネ。
暴れて逆に反感を買って気絶させられる。
そのせいで祖父の死に目に会えなかった。

私が弱かったから、大切なものを守れなかった。
約束を守れなかった。
学校を辞めるつもりで嫌がらせをした3人に報復する。
情け容赦のない徹底した報復だった。

---次回 「ウラカン」---

リンネ・ベルリエッタの辛い過去でした。
目立つと嫉妬されて妬まれて狙われるのでした。
子供は欲望にストレートなので、この手のイジメは無くならないのでしょう。
7つの大罪の1つでもある羨望ですよね。
最悪の事態を招く前に耐えずに戦うことが必要だったのでしょう。

最後は報復の前に理由だけは告げて欲しかった。
後悔させて、精神的にも打ちのめして愕然とする相手を
 力技でも叩きのめすのもありですからね。
お爺ちゃんを返せと泣きながら叩きのめして欲しかった。
そうすれば彼女にも正義が生まれたのですが。
この事件で彼女は転校することになったようですね。
それまではよく笑う可愛い子供だったのでした。

今後、嫌がらせをした3人組は謝罪する場面を与えられるのでしょうか。
そうしないと後味が悪い作品になってしまいますよね。

2016年10月16日 (日)

Vivid Strike TokyoMX(10/15)#03

第3話 挑戦

大会当日も早朝練習を欠かさないリンネ。
両親と朝食を食べて大会に向かう。
専属コーチのジルが迎えに来る。
リンネが所属するフロンティアジムは全国展開する大手のジム。
そのジムが主催の試合で12試合が組まれている。
リンネはセミファイナルでU-15ランキング8位のキャリーと対戦する。
Main_img0302
ナカジマジムの控室はVIP待遇。
ノーヴェはフロンティアジムに挨拶に向かう。
以前、ノーヴェはフロンティアジムのコーチ、ジルと対談して
 意見が異なって話題になった。
結局、周囲が騒いで、教え子の勝敗で決着を着けることになってしまった。
それでも方針も意見もお互いに変わらない。
大人としてお互いに対応して仲良くする二人。

ジルの指導方針は持てる才能が全て。
持てる者が持てない者を蹂躙する。
キャリーは才能を持つバランスの良い選手。
しかしリンネのパワーが圧倒する。
ガードの上からの攻撃で押し切って相手を倒す。
将に瞬殺、良い試合ではありませんでしたが、壊れなくて良かった、8位の人。
リンネは初めからキャリーを見てなどいなかった。
マイクパフォーマンスでU-15最後の試合となるウインターカップで
 アインハルト、ミウラ、ヴィヴィオと対戦したいと宣言する。
Main_img03051
事前に準備していたTVクルーがナカジマジムの3選手を映す。
ヴィヴィオが挑発に乗って対戦を了承する。
アインハルトがフーカを紹介する。
格闘技を学んで1週間、リンネ選手に勝ちたい。
3人を招待したジルの目的はこれだった。
リンネの挑戦を3人に了承させるためだった。

帰りにリンネと出会うナカジマジム。
どうしてリンネ選手は強さを焦って求めるのですか。
戦う姿が辛そうで笑った顔が見られない。
祖父の死と学校でのイジメがリンネを変えた。
辛いことがあったら、1人で泣くなと言っただろう。
今更4年間の出来事を言っても仕方ない。

フーカを鍛えて3ヶ月後のウインターカップには
 戦えるように仕上げます。
それならばナカジマジム全員を叩きのめします。

---次回 「リンネ・ベルリネッタ」---

リンネとフロンティアジムからナカジマジムへの挑戦状。
受けて立つ3人ですが、フーカも参戦。
最終的にどうなるのかは分かりませんが、
 フーカとリンネのウインターカップでの対戦までを描くようですね。
その前にヴィヴィオ、ミウラはリンネと対戦するのか?
アインハルトは対戦しない気がする。
なにせワールドチャンピオンですから。
リンネの早朝トレーニングでは発達した上腕筋が描かれてました。
マッチョ的な作画は絵柄とマッチしないですね。

それにしても、不良に絡まれて喧嘩して職を失ったフーカ。
学校で虐められて強くなろうと決めたリンネ。
嫌な世の中ですね。
祖父の形見の品をイジメで壊され、デバイスとして修復したようですね。

最近は学校で虐められて性格が歪んだり、曲がったキャラが多い。
そして大人、教師は存在しないか役立たず。
現実的とは言え、嫌な学校ですね。
学校とは虐めを上手くかわす術を学ぶ場所として
 描かれているようにも思える。
最近のアニメでは学校ではイジメばかりが描かれて
 気分が悪いのも事実。

その他のカテゴリー

30歳の保健体育 | 3月のライオン | 91DAYS | ACCA13区監察課 | AKB0048 | AKIBA'S TRIP | Angel Beats | Another | Aチャンネル | BLAZBLUE ALTER MEMORY | BLOOD-C | Brave10 | BTOOOM! | C | C3-シーキューブ- | CHAOS;CHILD | Charlotte | Classroom☆Crisis | Coppelion | D.C. | DAYS | Devil Survivor2 | DOG DAYS | DRIFTERS | Fate/Zero Stay Night | Free! | GANGSTA. | GATE 自衛隊 彼の地にて、斯く戦えリ | GJ部 | Go!プリンセスプリキュア | God Eater | GOSICK | ISUCA | K | LUPIN the Third峰不二子という女 | M3-ソノ黒キ鋼- | Mr. BRAIN | NEW GAME! | No.6 | Occultic;Nine | orange | PSYCHO-PASS | RAIL WARS! | RDGレッドデータガール | Re:ゼロから始める異世界生活 | ReLIFE | Rewrite | Rio-Rainbow Gate- | ROBOTICES:NOTES | selector infected WIXOSS | SHIROBAKO | Star Driver輝きのタクト | Steins;Gate | TARI TARI | TERRAFORMARS | The IDOLM@STER | The Unlimited兵部京介 | Thunderbirds | Tiger & Bunny | TVドラマ | UN-GO | Wake Up, Girls | WHITE ALBUM2 | WORKING | Z/X IGNITION | ZETMAN | あそびにいくヨ | あっちこっち | あの夏で待ってる | あの日見た花の名前を僕たちはまだ知らない | あまがみSS | あまんちゅ! | あんハピ♪ | いつか天魔の黒ウサギ | いなり、こんこん、恋いろは。 | うさぎドロップ | うしおととら | うたわれるもの | うどんの国の金色毛鞠 | うぽって | うらら迷路帖 | えとたま | えびてん | えむえむっ! | おそ松さん | おとめ妖怪ざくろ | お兄ちゃんだけど愛さえあれば関係ないよねっ | お兄ちゃんのことなんかぜんぜん好きじゃないんだからね | お勧めできないアニメ | お笑い | がっこうぐらし | きんいろモザイク | ぎんぎつね | くまみこ | けいおん!! | げんしけん | この中に一人、妹がいる | この素晴らしい世界に祝福を! | この美術部には問題がある! | これはゾンビですか? | ご注文はうさぎですか? | さくら荘のペットな彼女 | ささみさん@がんばらない | さばげぶっ! | さんかれあ | しろくまカフェ | じょしらく | すべてがFになる | そにアニ | そふてにっ | そらのおとしものf | それが声優 | それでも世界は美しい | それでも町は廻ってる | たまこまーけっと | たまゆら | だがしかし | ちはやふる | つり球 | とある科学の超電磁砲 | とある飛空士への恋歌 | とある魔術の禁書目録Ⅱ | となりの怪物くん | ぬらりひょんの孫 | のうりん | のんのんびより | はぐれ勇者の鬼畜美学 | はたらく魔王さま! | はんだくん | ばくおん!! | ばらかもん | ひだまりスケッチ | ふらいんぐうぃっち | まおゆう | ましろ色シンフォニー | まじもじるるも | まよチキ! | まりあ†ほりっく あらいぶ | みつどもえ増量中 | みなみけ | めだかボックス | もしドラ | もっとToLOVEる | ももくり | もやしもん | やはり俺の青春ラブコメはまちがっている。 | ゆゆ式 | ゆるゆり | よんでますよ、アザゼルさん。 | ろんぐらいだぁす! | アイドル事変 | アウトブレイク・カンパニー | アオハライド | アカメが斬る! | アクエリオン | アクセル・ワールド | アクティヴレイド | アスタロッテのおもちゃ | アニサン劇場 | アニメ その他 | アニメ・コミック | アニメ個人評価 | アブソリュート・デュオ | アルドノア・ゼロ | アンジュ・ヴィエルジュ | インフィニット・ストラトス | ウィザード・バリスターズ 弁魔士セシル | ウイッチクラフトワークス | エウレカセブンAO | エスカ&ロジーのアトリエ | オーバーロード | カンピオーネ | ガッチャマン クラウズ | ガリレイドンナ | ガリレオ | ガンスリンガーストラトス | ガンダムAGE | ガンダムGのレコンギスタ | ガヴリールドロップアウト | ガーリッシュ ナンバー | ガールズ&パンツァー | ガールフレンド(仮) | キズナイーバー | キャプテン・アース | キューティクル探偵因幡 | キルミーベイベー | キルラキル | ギルティクラウン | クイーンズブレイド | クオリディア・コード | クズの本懐 | クロスアンジュ 天使と竜の輪舞 | クロムクロ | グラスリップ | グリザイアの果実・迷宮・楽園 | ケイオスドラゴン 赤竜戦役 | ココロコネクト | コネタマ | コメット・ルシファー | コンクリート・レボルティオ | ゴールデンタイム | サムライフラメンコ | サンダーバード | サーバントXサービス | シドニアの騎士 | シモネタという概念が存在しない退屈な世界 | シュヴァルツェスマーケン | ジョジョの奇妙な冒険 | ジョーカーゲーム | スイートプリキュア | スクールガールストライカーズ | ステラのまほう | ステラ女学院高等科C3部 | ストライクウィッチーズ2 | ストライク・ザ・ブラッド | スペース☆ダンディ | スマイルプリキュア | セイクリッドセブン | セイレン | セキレイ Pure Engagement | ゼロの使い魔 | ゼーガペイン | ソウルイーターノット! | ソードアートオンライン | タブー・タトゥー | ダンガンロンパ | ダンジョンに出会いを求めるのは間違っているだろうか | ダンタリアンの書架 | テイルズ オブ ゼスティリア | テルマエ・ロマエ | ディバインゲート | ディメンジョンW | ディーふらぐ! | デス・パレード | デッドマンワンダーランド | デュラララ!! | デンキ街の本屋さん | デート・ア・ライブ | トリアージX | トリニティセブン | トータル・イクリプス | ドキドキ!プリキュア | ドラゴンクライシス | ナンバカ | ナースウイッチ小麦ちゃんR | ニセコイ | ネトゲの嫁は女の子じゃないと思った? | ノブナガン | ノブナガ・ザ・フール | ノラガミ | ノーゲーム・ノーライフ | ハイキュー | ハイスクールDxD | ハイスクール・フリート | ハナヤマタ | ハピネスチャージプリキュア | ハマトラ | ハヤテのごとく | ハルチカ | ハンドレッド | ハートキャッチプリキュア | バカとテストと召喚獣 | バクマン | バッテリー | バディコンプレックス | パソコン・インターネット | パパのいうことを聞きなさい! | パンチライン | ビッグオーダー | ビビッドレッド・オペレーション | ピンポン | ファイブレイン | ファンタシースターオンライン2 | ファンタジスタドール | フォトカノ | フラクタル | フリップフラッパーズ | フリージング | ブブキ・ブランキ | ブラック★ロックシューター | ブラック・ブレット | ブラッドラッド | ブレイクブレイド | ブレイドアンドソウル | プピポー | プラスティック・メモリーズ | プリズマ☆イリヤ | ヘヴィーオブジェクト | ベルセルク | ベン・トー | ペルソナ4 | マギ | マクロス | マケン姫っ! | ミカグラ学園組曲 | メカクシティアクターズ | モブサイコ100 | モモキュンソード | モンスター娘のいる日常 | モーレツ宇宙海賊 | ヤマノススメ | ヤングブラックジャック | ユリ熊嵐 | ヨスガノソラ | ヨルムンガンド | ラクエンロジック | ラストエグザイル-銀翼のファム- | ラブライブ! | リトルウイッチアカデミア | リトルバスターズ | ルパン三世 | レガリア | レベルE | レーカン! | ロウきゅーぶ! | ログ・ホライズン | ローゼンメイデン | ローリング・ガールズ | ワルキューレロマンツェ | ワンパンマン | 一週間フレンズ。 | 三者三葉 | 下ネタという概念が存在しない退屈な世界 | 世界でいちばん強くなりたい | 世界征服~謀略のズヴィズダー~ | 世紀末オカルト学院 | 中二病でも恋がしたい | 乃木坂春香の秘密 | 乱歩奇譚 Game of Laplace | 亜人 | 亜人ちゃんは語りたい | 京騒戯画 | 人類は衰退しました | 会長はメイド様 | 侵略!イカ娘 | 信長協奏曲 | 俺、ツインテールになります。 | 俺がお嬢様学校に「庶民サンプル」としてゲッツされた件 | 俺の妹がこんなに可愛いわけがない | 俺の彼女と幼馴染が修羅場すぎる | 俺の脳内選択肢が、学園ラブコメを全力で邪魔している | 俺物語!! | 健全ロボ ダイミダラー | 偽物語 | 僕だけがいない街 | 僕はHができない | 僕は友達が少ない | 僕らはみんな河合荘 | 八犬伝 | 六畳間の侵略者!? | 六花の勇者 | 冴えない彼女の育てかた | 凪のあすから | 君と僕 | 君に届け 2nd Season | 君のいる町 | 咲-saki- | 問題児たちが異世界から来るそうですよ? | 喰霊-零- | 四月は君の嘘 | 坂本ですが? | 坂道のアポロン | 城下町のダンデライオン | 境界の彼方 | 境界線上のホライゾン | 変ゼミ | 変態王子と笑わない猫 | 夏目友人帳 | 夏色キセキ | 夏雪ランデブー | 夜ノヤッターマン | 夜桜四重奏 | 夢喰いメリー | 大図書館の羊飼い | 天体のメソッド | 天鏡のアルデラミン | 失われた未来を求めて | 好きっていいなよ | 妖狐X僕SS | 学戦都市アスタリスク | 宇宙兄弟 | 宇宙戦艦ヤマト2199 | 実は私は | 寄生獣 | 対魔導学園35試験小隊 | 小林さんちのメイドラゴン | 少女たちは荒野を目指す | 少年メイド | 山田くんと7人の魔女 | 幕末義人伝 浪漫 | 干物妹うまるちゃん | 幸腹グラフィティ | 幻影を駆ケル太陽 | 幼女戦記 | 弱虫ペダル | 彼女がフラグをおられたら | 心霊探偵 八雲 | 快盗天使ツインエンジェル | 恋と選挙とチョコレート | 恋愛ラボ | 悪魔のリドル | 惡の華 | 戦国コレクション | 戦国乙女~桃色パラドックス~ | 戦姫絶唱シンフォギア | 探偵オペラ ミルキィホームズ | 探偵ナイトスクープ | 攻殻機動隊 | 放浪息子 | 放課後のプレアデス | 政宗くんのリベンジ | 文豪ストレイドッグス | 断裁分離のクライムエッジ | 新世界より | 新参者 | 新妹魔王の契約者 | 日常 | 日記・コラム・つぶやき | 星刻の竜騎士 | 星空へ架かる橋 | 映画・テレビ | 昭和元禄落語心中 | 普通の女子高生が【ろこどる】やってみた。 | 暁のヨナ | 暗殺教室 | 曇天に笑う | 最弱無敗の神装機竜 | 最近、妹のようすがちょっとおかしいんだが | 月の恋人 Moon Lovers | 月刊少女野崎くん | 有頂天家族 | 未来日記 | 未確認で進行形 | 東京ESP | 東京レイヴンズ | 東京喰種トーキョーグール | 桜Trick | 棺姫のチャイカ | 極黒のブリュンヒルデ | 機巧少女は傷つかない | 櫻子さんの足元には死体が埋まっている | 武装神姫 | 残響のテロル | 氷菓 | 波打際のむろみさん | 灰と幻想のグリムガル | 灼熱の卓球娘 | 灼眼のシャナIII Final | 無彩限のファントム・ワールド | 牙狼 | 物語シリーズ | 犬とハサミは使いよう | 猫神やおよろず | 琴浦さん | 甘々と稲妻 | 甘城ブリリアントパーク | 生徒会の一存 | 生徒会役員共 | 田中くんはいつもけだるげ | 甲鉄城のカバネリ | 男子高校生の日常 | 異国迷路のクロワーゼ | 異能バトルは日常系のなかで | 白銀の意思 アルジェヴォルン | 百花繚乱 | 監獄学園 プリズンスクール | 相棒 | 真剣で私に恋しなさい!! | 神のみぞ知るセカイ | 神撃のバハムート | 神様のメモ帳 | 神様はじめました | 神様ドォルズ | 私がモテないのはどう考えてもお前らが悪い! | 競女!!!!!!!! | 精霊使いの剣舞 | 紅殻のパンドラ | 純潔のマリア | 終わりのセラフ | 終末のイゼッタ | 結城友奈は勇者である | 絶園のテンペスト | 緋弾のアリア | 緋色の欠片 | 織田信奈の野望 | 繰繰れ!コックリさん | 美少女戦士セーラームーン | 翠星のガルガンティア | 聖剣使いの禁呪詠唱 | 聖戦ケルベロス | 聖痕のクェイサー | 舟を編む | 艦隊これくしょん-艦これ- | 花咲くいろは | 落第騎士の英雄譚 | 蒼き鋼のアルペジオ | 蒼の彼方のフォーリズム | 蒼穹のファフナー | 蟲師 | 血界戦線 | 装神少女まとい | 謎の彼女X | 貧乏神が! | 赤髪の白雪姫 | 超次元ゲイム ネプテューヌ | 超訳百人一首 うた恋い。 | 輪るピングドラム | 輪廻のラグランジェ | 迷家 | 這いよれ!ニャル子さん | 進撃の巨人 | 銀の匙-Silver Spoon- | 銀河機攻隊マジェスティックプリンス | 銃皇無尽のファフニール | 鋼の錬金術師 | 長門有希ちゃんの消失 | 閃乱カグラ | 電波女と青春男 | 霊剣山 | 青の祓魔師 | 革命機ヴァルヴレイヴ | 響け♪ユーフォニアム | 風夏 | 食戟のソーマ | 鬼平 | 鬼灯の冷徹 | 魔乳秘剣帖 | 魔弾の王と戦姫 | 魔法つかいプリキュア! | 魔法少女まどか☆マギカ | 魔法少女リリカルなのは | 魔法少女育成計画 | 魔法戦争 | 魔法科高校の劣等生 | 魔界王子 devils and realist | 魔装学園HxH | 黄昏乙女Xアムネジア | 黒子のバスケ | 龍ヶ嬢七々々の埋蔵金

2017年5月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      

Right

Down

  • VividRed
    ビビッドレッド・オペレーション
  • Lagrange
    輪廻のラグランジェ 応援バナー
  • The IDOLM@STER
    THE IDOLM@STER
  • 電波女
    テレビアニメ「電波女と青春男」 公式サイト
  • Steins;Gate
    TVアニメ『シュタインズ・ゲート』
  • あの花
    あの日見た花の名前を僕達はまだ知らない。
  • アスタロッテ
    TVアニメ「アスタロッテのおもちゃ!」公式サイト
  • 超電磁砲
    とある科学の超電磁砲 公式サイト
  • 俺妹
    俺の妹がこんなに可愛いわけがない
  • あそびにいくヨ
    TVアニメ「あそびにいくヨ!」7月より放送開始!

OnDemand

  • Potora
  • NetMile
  • Small
  • s2

BlogPP

Afiliate

AfiliateA

YearSeasons

PV

  • MuraPV
無料ブログはココログ